年末年始 特別編成 日本映画専門CH・時代劇専門CH 戦後70年共同企画
総力特集・ゴジラ 総力特集 俳優・妻夫木聡 特集 女優・前田敦子
次へ
今月・来月のオススメ!
無宿
「無宿」(C)東宝
1月
俳優・高倉健さんを偲び「居酒屋兆治」「駅 STATION」他
主演8作品を追悼放送いたします。
【追悼 菅原文太】太陽を盗んだ男
「【追悼 菅原文太】太陽を盗んだ男」(C)東宝
1月
俳優・菅原文太さんを偲び、日本映画史に残る傑作
「太陽を盗んだ男」を追悼放送いたします。
チ・ン・ピ・ラ
「チ・ン・ピ・ラ」(C)1984 プルミエ・インターナショナル/フジテレビジョン
1月
ミュージシャン・俳優のジョニー大倉さんを偲び、
出演作2作品を追悼放送いたします。
世界を変えた知られざる日本人「バンクーバーの朝日」
「世界を変えた知られざる日本人「バンクーバーの朝日」」(C)2014「バンクーバーの朝日」製作委員会
12月~
12月公開のフジテレビ開局55周年記念作品「バンクーバーの朝日」。
その公開を記念した特集企画を3ヶ月に渡ってお届け!
12月・1月は「バンクーバーの朝日」で主演を務めた妻夫木聡出演作を
一挙お届けします!
映画 謎解きはディナーのあとで
「映画 謎解きはディナーのあとで」(C)2013東川篤哉・小学館/「謎解きはディナーのあとで」製作委員会
12~1月
年末は2014年お送りしたさまざまな特集放送の中から、特にリクエストの
多かった企画を年末に一挙アンコール放送!
年始は戦後それぞれの時代の日本の家族を描いた映画を大特集。
さらに新春3箇日の連日よる9時からは近年のメガヒット作品を集中放送!
ニッポン無責任時代
「ニッポン無責任時代」(C)東宝
1月~
開局以来、数多くのリクエストを頂きながら実現に至らなかった、
チャンネル初放送4作品を含む東宝クレージー映画全30作品の
完全放送がスタート!
東遊記
「東遊記」(C)東宝
1月
2014年9月に亡くなった女優・李香蘭、山口淑子。
戦時中は中国人“李香蘭”として、戦後は日本人“山口淑子”として
激動の時代を生きた稀代の偉大なる映画女優の軌跡を辿る。
「ある日本映画史~長門裕之と津川雅彦の場合~」特別番組
「「ある日本映画史~長門裕之と津川雅彦の場合~」特別番組」(C)日本映画衛星放送
1月~
日本映画の父”と呼ばれる牧野省三を祖父に持つ、
長門裕之と津川雅彦の俳優を特別番組と併せ特集放送。
二人の俳優のフィルモグラフィーを照らし合わせてみると、
“ある日本映画史”が鮮やかに浮かび上がってくる。
Seventh Code :セブンスコード
「Seventh Code :セブンスコード」(C)2013 AKS
1月~
2013年ローマ国際映画祭で監督賞と技術貢献賞の2冠を獲得した
話題作「Seventh Code :セブンスコード」をTV初放送でお送りするほか、
前田敦子出演作を特集放送。
宇宙兄弟
「宇宙兄弟」(C)2012 「宇宙兄弟」製作委員会
1月
劇場公開から間もない最新作を中心に放送。
支配人・軽部真一による名解説と共にお楽しみ下さい。
幻の光
「幻の光」(C)テレビマンユニオン
1月~
1月から6月までの半年に渡り、世界が注目する映画監督・是枝裕和
映画全10作品および傑作テレビドキュメンタリー作品を特集放送。
1月
映画をこよなく愛する猛者達が、一つのテーマをお題に自分だけのオススメ
ポイントをアツくプレゼン!独断と偏見、そして愛情に満ちた討論によって、
番組独自の「BEST」作品を決定するトークバラエティが半年ぶりに復活!
リバースエッジ 大川端探偵社
「リバースエッジ 大川端探偵社」(C)「リバースエッジ 大川端探偵社」
1月
監督や出演者など”日本映画の現在”を感じるドラマ作品を絶賛放送中!
1月は「モテキ」の大根仁による話題の深夜ドラマが早くも登場!!
ネオ・ヒロイック・ファンタジア アリオン
「ネオ・ヒロイック・ファンタジア アリオン」(C)安彦良和・THMS
1月
大人が楽しめる名作アニメーション映画を月に2本ずつ絶賛放送中!
1月は安彦良和監督によるSF超大作を初HD放送でお届け!!
『女の小箱』より 夫が見た
「『女の小箱』より 夫が見た」(C)KADOKAWA 1964
2月
3つのテーマに沿って、ほぼ同時代に作られた女性主役の映画作品を
洋画、邦画それぞれ選出し放送。そこで描かれる女性たちの姿、映画の背景、時代性などを見比べ、それぞれの映画の魅力を徹底解体するオリジナル
番組も含め、2チャンネルで2/22(日)午後2時~よる9時に同時放送!
龍が如く 劇場版
「龍が如く 劇場版」(C)2007「龍が如く」フィルムパートナーズ
2月
2015年1月より放送されるBSスカパー!初の本格的オリジナル連続
ドラマ「破門(疫病神シリーズ)」。その放送を記念し主演のひとり北村
一輝出演の作品を特集!
ページトップへ戻る

「ゴジラVSビオランテ」TM &(C)1989 TOHO CO.,LTD.、「大菩薩峠(1960年)」(C)KADOKAWA 1960、「海峡」(C)東宝、「ニッポン無責任時代」 (C)東宝、「上海の女」(C)東宝、「『ある日本映画史~長門裕之と津川雅彦の場合』特別番組」(C)日本映画衛星放送、「七人の侍」(C)1954 TOHO CO., LTD.、「「ゴジラVSキングギドラ」」TM & (C)1991 TOHO CO.,LTD.、「ジャッジ!」(C)2014「ジャッジ!」製作委員会、「Seventh Code : セブンスコード」(C)2013 AKS、「昼顔」(C)Investing Establishment / Plaza Production International / Comstock Group、「『女の小箱』より 夫が見た」(C)KADOKAWA 1964、「ゴジラ(1954年)」TM & (C)1954 TOHO CO.,LTD.


スマートフォン版

スマートフォン版

PC版

PC版