終了のお知らせ

こちらの企画は終了いたしました。

5秒後に日本映画専門チャンネル公式サイトTOPへ飛びます。

日本映画専門チャンネル公式サイトTOPへ


ひき裂かれた盛装 「夜間飛行」より
製作:1967年   原作:黒岩重吾   監督:田中徳三    脚本:池田一朗
出演:藤村志保/安田道代/成田三樹夫/小沢栄太郎
黒岩重吾の小説「夜間飛行」を原作に、「悪名」シリーズなど男性ドラマに定評のある田中徳三監督が、金銭と愛、それぞれを求める対照的な女性2人をヒロインに描く異色作。美貌と才気を武器に男たちと渡り合う主人公を藤村志保が演じる。高級レストランのオーナー・かおり(藤村)は、実業家・佐倉(成田)と関係を持つ一方で、大会社の社長・納谷(小沢)をパトロンにしていた。納谷の一人娘・倫子は旅行先で佐倉と出逢い、強く惹かれ合う。納谷は部下を使って佐倉を脅すが・・・。  <未ソフト化>
高度経済成長期によく作られた映画に産業スパイものがある。とくに梶山季之原作の「黒の試走車」がヒットし、大映が得意とした。本作もその流れにある。成田三樹夫演じる一匹狼的な実業家が、ひそかに情報を操っては不動産を手に入れてゆく。・・・
緑の小筐 (こばこ)
製作:1947年   原作:島耕二   監督:島耕二   脚本:(脚色)島耕二/
(潤色)松下東雄    出演:夏川大二郎/相馬千恵子/浦辺粂子/山田春男
島耕二監督が、原作、脚本、音楽にも携わった、詩情溢れる意欲作。日本ならではの四季折々の美しい自然の風景を織り交ぜながら、ある家族の別離と再生を力強く情感豊かに描き出している。山で炭焼きをして暮らす夫婦に幸雄という男の子が生まれる。しかし、夫はこれから育つ息子の真の幸福を探すため「海で働き、広い世界を見てみたい」と言い、妻と息子を山に置いて、大海原で働くことに。しかし、夫の乗った漁船が難破し行方不明となる。成長した幸雄は、まだ見ぬ父親に、母親の急病を知らせるため、父が作った緑の小箱に手紙を入れ、川に流す。  <未ソフト化>
この映画を御記憶の方がいたらうれしい。子供の頃に見た忘れられない一本。いまではほとんど語られない作品だけに貴重な放映。信州あたりの山奥に妻と子供と暮らす炭焼きが海に出て働くことになる。しかし漁船が難破し行方不明になってしまう。・・・
俺たちの荒野
製作:1969年   監督:出目昌伸   脚本:重森孝子
出演:黒沢年男/酒井和歌子/東山敬司/原知佐子
アメリカに行くことを夢見て渡航費用を貯めるため精力的に働く哲也(黒沢)、米軍基地の脇にある空き地に自分の城を建てることを夢見る純(東山)。そんな二人はある日、両親のいな天真爛漫な少女・由希(酒井)と出会う。米軍基地を舞台に、若者の夢と挫折、友情と恋愛をみずみずしく描いた青春映画の名作。  <未ソフト化>
地方から東京に出て来て働く二人の若者、黒沢年男と東山敬司が、町の美容院で働く娘、酒井和歌子を愛してしまう。二人の男性と一人の女性という設定はフランソワ・トリュフォーの「突然炎のごとく」を意識している。米軍横田基地周辺でロケ。・・・

霧の音
製作:1956年    監督:清水宏    出演:上原謙 , 小暮実千代
北条秀司が新国劇のために書き下ろした戯曲を、依田義賢が脚色。信州高原の山小屋を舞台に、三年ごとの中秋の名月の度に、運命のいたずらに翻弄されて出逢いと別れを繰り返す男女の顛末を、気心の知れた上原謙と木暮実千代を主演に、名匠・清水宏監督が情感豊かに描くメロドラマ。戦後間もなく、植物学者の一彦(上原)は、ひとり訪れた信州で、つる子(木暮)と恋におちるが、妻子ある男性との関係に悩む彼女は、黙って姿を消す。
小津安二郎と同世代の監督、清水宏は戦前の名作「有りがたうさん」(36年)や、戦後の、実際の戦災孤児を起用して作った「蜂の巣の子供たち」(48年)などで知られる。子供と地方ロケが大好きだった。この映画も、信州安曇野の高原に建つ山小屋でロケされている。遠くに雷をかぶった日本アルプスの山々が見える。その小屋で、戦後の混乱期を逃れ、世捨人のような暮しをする初老の植物学者が、三年ごとの中秋の名月に会うことを約しながらついに結ばれなかった美しい女性(木暮実千代)のことを回想してゆく。植物学者役の上原謙は「有りがたうさん」で伊豆の気のいいバスの運転手を演じている。原作は「王将」で知られる劇作家、北条秀司が新国劇のために書いた戯曲(島田正吾が演じた)。
西城家の饗宴
製作:1951年    監督:鈴木英夫    出演:菅井一郎 , 若山セツ子
新藤兼人の脚本を、大映を離れる前の鈴木英夫監督が巧みにさばいた。家長の権威が失墜しつつあった、敗戦後間もない日本の社会情勢を踏まえつつ、女優志願の娘などをからめて展開するてんやわんやを、時にシニカルに、時にハートウォーミングに綴った異色ホームドラマ。終戦を迎え、西城家では、職を失ってしまった元海軍大佐で一家の長・晋作(菅井)に代わり、銀行勤めの長男が、戦死した次男の嫁らを含む大家族を養っていた。
新藤兼人のオリジナル脚本による家庭劇。戦前は豊かだった家庭が、戦後、父親が海軍大佐だったため職を失い、苦労する。当時の世相を反映している。父親役が小津安二郎監督「麦秋」(51年)で父親を演じた菅井一郎であるため、どこか、かの名作に似ている。「麦秋」の舞台が鎌倉だったのに対し、こちらは隣りの逗子。どちらも戦前は豊かな家が多かった。戦争で死んだ次男の嫁(三條美紀)は、小津の「東京物語」(53年)の原節子が戦争未亡人であったことを思わせる。昭和二十六年といえば、占領下。小市民の暮しにまだ戦争の影が色濃く落ちていた。次女の若山セツ子が映画会社のニューフェイスに応募するのも当時の世相。監督の鈴木英夫は近年「その場所に女ありて」(62年)など評価が高くなっている。
生きている画像
製作:1948年    監督:千葉泰樹    出演:大河内伝次郎 , 藤田進
ヒットメーカーとして定評のある千葉泰樹監督が、新東宝で撮った佳篇。大河内伝次郎が好演する、破天荒で酒飲みだが人情味豊かな洋画壇の大家を軸に据え、その周辺を取り巻く対照的な弟子や、彼らを陰で支える女性たちが織り成す人間模様が、木目細やかに描き出されていく。飄人先生(大河内)の門下生の田西(藤田)は、秋の帝展で落選ばかりしていたが、片や入選した同門の南原は、粘り強い田西の眠れる才能に脅威を抱く。
時代劇でしか語り伝えられない、大物大河内伝次郎演ずる、西洋画の大家を中心とした、その周辺の人々のなんということもない日常ドラマ。だが、敗戦後間もなくの昭和23年のこの頃を、しごく丁寧に演ずる俳優たちの層と実力の凄さ!笠智衆、藤田進、江川宇礼雄、田中春男、鳥羽陽之助、清川荘司、古川緑波などのほか、とりわけコリ性の寿司屋夫婦を演じた河村黎吉と清川虹子の素晴らしいのなんの!! この翌年の黒沢作品『野良犬』や、社長シリーズの出発点『三等重役』(昭和27年)の彼の名演は、こんな俳優たちのごく当然の層と実力からの産物だったのだ。敗戦直後だからこその、このリッチさ!日本文化って、凄い!!
ある大阪の女
製作:1962年    監督:須川栄三    出演:団令子 , 藤原釜足 , 川崎敬
巨匠・溝口健二の名作「浪華悲歌」を須川栄三監督が独自の解釈でリメイクした傑作。現実の波に翻弄されながら強く生き抜くヒロインを、団令子が熱演している。大阪の問屋街。アヤ子(団)は会社の同僚である西村進(川崎)と婚約しているが、いろいろ障害があって中々結婚できずにいた。そんな折、アヤコの弟でヤクザの建二(勝呂)が勤め先の品物に手をつけてしまい、その穴埋めのため金貸しからお金を借りる羽目になってしまう。
東宝の人気女優、団令子は「お姐ちゃん」シリーズの明るい娘役のイメージが強かったが、新境地を見せたのが、この初単独主演作。男から男へと身体を張って生きるたくましい女性を体当りで演じた。監督は大藪春彦原作「野獣死すべし」でモダンな感覚を見せた須川栄三。須川は大阪出身、団は京都出身。関西弁が生き生きと使われている。また本町の問屋街、安治川河口の工場街、大阪球場(南海-西鉄戦)など庶民の町・大阪でのロケが効いている。町に当時のヒット曲、坂本九の「上を向いて歩こう」や渡辺マリの「東京ドドンパ娘」が流れるのが懐かしい。戦前の名作、溝口健二監督、依田義賢脚本、山田五十鈴主演の「浪華悲歌」(36年)の現代版。「浪華悲歌」は、銀座の女給を描いた永井荷風の「つゆのあとさき」(31年)に想を得ている。
心に花の咲く日まで
製作:1955年    監督:佐分利信    出演:芥川比呂志 , 淡島千景
監督としても才能を発揮する名優・佐分利信が手掛けた、濃密な人間ドラマ。夫が失業中の一組の夫婦の姿を軸に、様々な人間模様が綴られ、製作にも名を連ねている文学座の錚々たる顔触れの座員たちが、役柄の大小にこだわらずに、がっちりと脇を固めている。三吉(芥川)は失職中の身の上で、妻・すず子(淡島)の稼ぎが頼みの綱であったが、近所では、作家志望の美青年と同棲中の人妻など、ワケありな住人が暮らしていた。
「松竹」専属だった大女優で先日87歳にて亡くなった淡島千景以外は、杉村春子、芥川比呂志といった新劇の演技派がズラズラ並んだ、それでも地味な印象の「大映」の小市民ドラマ。こういった新劇の劇団人達は、当時各映画会社が抱える映画スターを支えるために駆り出される人々であり、私のような幼い映画ファンは、映画のオープニングタイトルでその所属団体名がカッコの中にあったことから「カッコつき」と呼んでいた。この映画はそのカッコのひとつ「文学座」と「大映」の提携作品。だからその劇団員が総出演という、演劇史としての快挙!でも後の名優たちには、演技はともかく、スクリーン上でのハナはなく、こんな地味な印象となった。自分も「松竹」の大物スターだった佐分利信の実験的な監督作。
殺人者(ころし)を追え
製作:1962年    監督:前田満州夫    出演:小髙雄二 , 上月左知子
助監督として腕を磨いてきた前田満州夫が初監督を務めた、本格派サスペンス。若い熱血漢とベテランとの凸凹コンビが容疑者の愛人を張り込むという、オーソドックスな刑事ものの体裁をとりつつ、ある団地内で追う者と追われる者がスレスレで交錯する緊迫感や、幼稚園の送迎バスを巧みに使ったアクションなど、見所も多彩。強盗殺人犯を追う数馬(小髙)らは、その愛人(上月)の住むアパート内で、盗聴も辞さず張り込みを続けていた。
刑事が恋人のところに現れる犯人を待って張込む。松本清張原作、野村芳太郎監督の秀作「張込み」と同じ設定だが、違っているのは舞台が東京多摩地区の団地になっていること。上月佐知子演じる犯人の恋人はキャバレー勤めで団地に住んでいる。そこで小高雄二と織田政雄が演じる二人の刑事は向かいの棟に部屋を借りて彼女を見張る。団地がまだ新しい住居として庶民の夢だった頃。さらに面白いのは刑事たちとは別に、仲間割れした三人の男たちがやはり見張ること。三つ巴のサスペンスが展開する。前田満州夫監督のデビュー作。真夏の暑いさなかの張込みというのも効いている。まだクーラーの普及していない頃だから刑事も三人の男たちも汗だくになる。黒澤明監督の「野良犬」を思わせる。
献身
製作:1961年    監督:田中重雄    出演:叶順子 , 宇津井健
丹羽文雄の同名小説を、新藤兼人が脚色した、文芸調のラブロマンス。妻子あるろくでなしとの、切りたくても切れない腐れ縁に縛られ続ける美女と、そんな彼女に急激に惹かれていく検事との悲恋を、後に「女賭博師」シリーズなども手掛けるベテラン・田中重雄監督が、情感豊かに映し出した。東京へ向かう列車で乗り合わせた朝子(叶)と偶然再会した柏木(宇津井)は恋心を抱くが、彼女には、麻薬所持の疑いで拘留中の愛人がいた
「新東宝」のトップスターだったにもかかわらずその俳優管理の下手さで不遇だった宇津井健。この映画は、その会社倒産の結果、他社「大映」での出演の初成果!「大映」の川崎敬三演じる家柄を鼻にかける女狂いの道楽息子に、なぜか異常に献身する、やはり「大映」の売れっ子女優叶順子。そして「彼女は古いのか?新しいのか?」と混乱しながらも愛してしまう検事を誠実に好演する宇津井健。ドラマ自体と同様に混乱した映画界における自分自身のように役を演じた彼の実力、それが以降のこの人のスター性を決定し、「大映」でのミステリー物「黒」シリーズなどの同様な役割で本当のスターとして歩み出した。倒産がプラスとなった「新東宝」スタアは、丹波哲郎や池内淳子など数多い。
結婚の夜
製作:1959年    監督:筧正典    出演:小泉博 , 安西郷子
円地文子の『黒髪変化』を映画化した、スリラー・タッチのラブストーリー。小泉博が飄々と演じる、一見誠実そうなプレイボーイへの一途な愛情ゆえに、次第に狂気すら見せ始める結婚願望の強い女性を、安西郷子が美しくも怪演した。デパートの時計売り場で働く敦夫(小泉)は、客として訪れた長い黒髪が印象的な蓮子(安西)に興味を抱きデートを重ねるが、ドライな関係を好む彼は、蓮子には内緒で、他にも複数の女性と付き合っていた。
上質のサスペンス映画。ともかく怖い。ほとんど語られない作品だが一度見たら怖くて忘れられない。女性の長い黒髪の妖しさをうまく使っている。原作は意外や「女坂」「朱を奪うもの」などで知られる純文学作家円地文子の初期の短編「黒髪変化」。原作の方もほとんど忘れられている。現在、創元推理文庫の「日本怪奇小説傑作集2」に収められているくらい。小泉博演じる遊び人のデパートの店員が、安西郷子演じる店に来た髪の長い女性と親しくなる。女性は本気になるが男の方にその気はなく、環三千世演じる金持ちの娘と結婚してしまう。裏切られた女性の復讐が始まる。彼女はある珍しいアルバイトをしている。それがわかる瞬間は本当に怖い。
地方記者
製作:1962年    監督:丸山誠治    出演:フランキー堺 , 白川由美
地元に密着した地方記者の仕事ぶりを、ユーモアを交えつつ丹念に描く。赴任したての新人記者を厳しくも温かく鍛え上げる、郷土愛溢れるベテラン記者を、フランキー堺が味わい深く快演し、仕事一筋の夫を陰で支える妻をチャーミングに演じた白川由美とともに、理想の夫婦像を体現する。のどかな田舎町で、地道に取材を続ける東朝新聞の記者・中野(フランキー)は、大小様々な事件を通して、新入りの後輩に仕事のいろはを教え込む。
大手の新聞社には地方に通信部というものがある。支局よりはるかに小さい。人数は二、三人。一人しかいないところもある。家族も一緒に住んでいる。朝日新聞社の通信部のスタッフが書いた手記をもとにしている。フランキー堺演じる通信員は妻の白川由美と暮らしている。妻も電話番などで働く。そこに新任の記者、夏木陽介が赴任してくる。地方記者の暮しが丹念に描かれてゆく。撮影されたのは昨年の大地震で被害を受けた茨城県の北茨城市から福島県のいわき市にかけて。アンコウで知られる平潟漁港や海沿いを走る常磐線の列車がとらえられていて地震後のいま見ると感慨が深い。
舞妓と暗殺者
製作:1963年    監督:三隅研次
出演:高田美和 , 津川雅彦 , 成田純一郎 , 松本錦四郎
新藤兼人によるオリジナル脚本を、名匠・三隅研次が監督したメロドラマ。技芸に秀でた実力者集団であった当時の大映京都のスタッフが結集し、幕末の京都を舞台に繰り広げられる男女の悲恋を、様々なアプローチを試みながら、ドラマティックに盛り上げている。祇園の舞妓のひな菊(高田)は、長州を脱藩して倒幕派に加わった下級武士の進二郎(津川)と心を通わせ合うが、彼の上官による裏切りなど、様々な障害がふたりを襲う。
雷蔵と勝新のあの「時代劇の大映」が、彼らとは別な美男子系の剣士スタアを・・・と、「松竹」から借りた新進の津川雅彦主演の異色時代劇。監督は、勝新の『座頭市物語』をすでに出発させ、雷蔵の代表作『斬る』も同年に完成させている才人・三隅研次。刀の持つ妖異美を描いてユニークなこの監督の映像が、その刀に頼る時代の終る頃の幕末の苦悩の青春像を描いて、どう出たか!? 津川雅彦は同じ年にあの大物の長谷川一夫とも共演させられ、この『江戸無情』も当然の異色作。後の演技派・津川雅彦、つまりさらに後の映画監督・マキノ雅彦への変貌には、この時の悩みは色々と役に立ったことだろう。

*「美男子系の」⇒読みは「イケメンけいの」
スチャラカ社員
製作:1966年    監督:前田陽一
出演:ミヤコ蝶々 , 長門勇 , 中田ダイマル , 中田ラケット
関西で放送されていた人気テレビ番組を基に、職人肌の前田陽一監督が映画化。当時の関西で活躍していた錚々たる芸人たちが様々な役柄で登場し、一筋縄ではいかない前田監督のシュールな世界に、見事に溶け込んでいる。大阪の片隅で、倒産寸前の状態に追いつめられた都田物産では、社長(ミヤコ)が全国を金策に駆けずり回る中、部長(長門)以下社員たちは、ドジを踏みつつ、同じビル内のライバル会社に対抗すべく奔走する。かしまし娘、夢路いとし・喜味こいし、都はるみも出演。
60年代「番頭はんと丁稚どん」「てなもんや三度笠」等々、テレビ人気爆発の関西喜劇。当然ながら次々と映画化された。その一つが『スチャラカ社員』で、ミヤコ蝶々の女社長を狂言まわしとした、中田ダイマル・ラケット、かしまし娘、夢路いとし・喜味こいしら関西喜劇人の大サービス!だから蝶々さんの「まとめ」的な貫禄が実感出来て貴重である。なにしろ後の国民的シリーズ『男はつらいよ』では、なんと寅さんを捨てて関西に行っちゃった、あの“母親”を演じて強烈な存在感のヒト!! その当然の抜擢は、この作品を見ればわかるよね。主演者の長門勇も、歌手で出演の都はるみも、あっちのシリーズのゲストだったよ。その辺、必見!!
月下の若武者
製作:1957年    監督:冬島泰三
出演:長門裕之 , 津川雅彦 , 沢村國太郎 , 浅丘ルリ子
『平凡』誌に連載されていた大林清の原作を、スケール豊かに映像化。平安京を舞台にした時代劇で、長門裕之と津川雅彦が実生活そのままに兄弟役で初共演を果たしたのに加え、日活初のシネマスコープ、総天然色作品としても話題を集めた。京を上っている最中に、領地の若狭とその留守を守る両親の命を奪われた小太郎(長門)とその弟の千寿丸(津川)は、それぞれに親の仇討ちをする機会を狙いつつ、対照的な人生を歩む。
戦後、昭和29年に製作を再開した日活のスケールの大きな時代劇。平安朝を舞台に、京都の貴族、田舎侍と馬鹿にされる地方からやってきた兄弟の若武者、贅沢な暮しに溺れる貴族に反感を持つ野盗の群れらが入り乱れ、争う。監督の冬島泰三は若き日の長谷川一夫の売り出しに力があった時代劇のベテラン。衣装考証に名が出ている甲斐荘楠音は戦前、退廃的な美人画を描いたため「穢い絵」とそしられ画壇を去った異端の画家。その後、溝口健二と親交があったことから映画界に入り、時代劇の衣装、風俗考証に力を発揮した。溝口の名作「元禄忠臣蔵」、「雨月物語」などを手がけた。この映画も、豪華な衣装が目を惹く。

読み   甲斐荘楠音=かいのしょうただおと   穢い=きたない
目白三平物語 うちの女房
製作:1957年    監督:鈴木英夫
出演:佐野周二 , 望月優子 , 久慈あさみ , 団令子
国鉄勤めで作家でもあった中村武志の原作を、井出俊郎が巧みに脚色。多彩な作品で手腕を発揮する鈴木英夫監督が、さりげないシーンを丹念に積み重ねながら、ごくごく平凡な中流家庭のささやかな幸せを情感豊かに描き出した、密やかな名篇。平均的なサラリーマンの三平(佐野)は、旅先の箱根で隣り合わせた自殺志願の青年を慰めたり、嫁入り前の奔放な娘との浮気を妻に疑われたりしながら、家族たちとの絆を深めていく。
昭和三十年代に人気があった中村武志のサラリーマン小説の映画化。中村武志は丸の内の国鉄本社に勤めていただけに勤め人の哀歓にリアリティがあった。「目白三平」ものは五本作られた。うち四本は笠智衆の主演だが本作だけは佐野周二。監督は「その場所に女ありて」など近年再評価の高い鈴木英夫。卓袱台、火鉢、縁側、障子、あるいは商店街を行くチンドン屋、ダンスパーティ、子供たちが遊ぶ近所の原っぱ、お兄さんが作る鉱石ラジオなど昭和三十年代の庶民の暮しが懐かしい。音楽の宅孝二は戦時中、永井荷風と親交のあったクラシックの作曲家。戦後、映画音楽も手がけ、さらにその後ジャズに転じた異色の音楽家。

読み   宅孝二=たくこうじ
対決
製作:1963年    監督:安田公義
出演:藤巻潤 , 藤村志保 , 稲垣美穂子 , 小林勝彦
南条範夫の『無明逆流れ』を原作に、永遠の宿敵の剣士同士の闘いを描く。秘剣が重要な場面で登場するなど、近年の時代劇ブームを支える藤沢周平原作の作品に通じる要素もあり、いわゆるチャンバラの醍醐味に加え、剣豪の内なる闘志の描写も、見所のひとつ。江戸時代、東海随一の道場きっての剣の達人・清玄(藤巻)は、師匠の愛人・いく(藤村)と結ばれたことから、怒った師匠の秘剣で両目の視力を失い、道場を追われてしまう。
かつて各映画会社は、東京近辺に一つ、そして京都にもう一つ、撮影所を持っていた。そしてそれぞれの分担は、東京が現代劇、京都が当然時代劇。この地理的分担が日本特有の映画文化を生んだ。この「対決」を作った大映も、その典型的な一社で、でも東と西はこんな面白い交流もあった。師の怒りをかい、盲目となる不遇の剣士を演じたのが、東京の明朗型二枚目の藤巻潤。そんな彼の生涯のライバルが、京都時代劇には欠かせない小林勝彦で、だから“対決”の結果はまるで予測がつかないという事。藤巻剣士には京都女優藤村志保、小林剣士には逆に東京型の稲垣美穂子が寄りそうものだから、ますます決着が読めず! その辺が面白く、だから新鮮ではあった!!
33号車応答なし
製作:1955年    監督:谷口千吉
出演:池部良 , 司葉子 , 志村喬 , 平田昭彦
警視庁全面協力による本格的なカー・アクションも満載の、異色サスペンス。脚本にも名を連ねた谷口千吉監督の的確な演出により、一夜に起こる悲喜こもごもの大小様々な出来事が伏線として複雑に絡み合い、予期せぬクライマックスへと、怒涛のごとくなだれ込む。にぎわいを見せるクリスマス・イヴの夜、新婚の刑事・村上(池部)は、ベテランの原田(志村)と夜間パトロールを続ける中で、社会の暗部を垣間見せる人間模様に遭遇する。
刑事ものは数多いが、これは珍しくパトロール・カーに乗る警官の地味な仕事を描いている。志村喬演じるベテランと池部良演じる若手がクリスマス・イヴの東京の町を走り、さまざまな事件に遭遇してゆく。警視庁が全面協力している。監督は黒澤明の盟友、谷口千吉。三船敏郎の出世作「銀嶺の果て」、三船敏郎、月形龍之介主演の「ジャコ万と鉄」などアクション映画に定評がある。また中国戦線での日本兵の苦難を描いた、田村泰次郎原作、池部良、山口淑子主演の「暁の脱走」も評価が高い。後半、平田昭彦演じる殺人犯がパトカーを乗っ取るあたりから、谷口監督らしいアクションが冴える。池部良の奥さん役は司葉子。
「廓」より 無法一代
製作:1957年    監督:滝沢英輔
出演:三橋達也 , 新珠三千代 , 宇野重吉 , 芦川いづみ
廊の実情をリアリティ豊かに綴った、西口克己のベストセラー「廓」を映画化。川島雄三監督作品などでも一筋縄ではいかないカップルを演じてきた、三橋達也と新珠三千代が、時代の波に翻弄される夫婦役で、息の合った熱演を披露している。明治時代末期、若狭で魚屋をしていた貫太(三橋)は、士族出身のお銀(新珠)と結ばれ、京都・伏見で有り金はたいて開いた遊廓の主人となり、地元のヤクザなどと抗争を繰り返しながら、成り上がっていく。
日本映画には遊郭ものという独特のジャンルがある。溝口健二「赤線地帯」、稲垣浩「女体は哀しく」、田坂具隆「五番町夕霧楼」などの秀作がある。この映画もそのひとつ。明治末、京都伏見の中書島にあった遊郭を舞台にしている。三橋達也と新珠三千代が演じる、若狭の田舎から出て来た叩き上げの夫婦が金をため遊郭を手に入れる。古手の主人たちややくざを相手にしながらのしあがってゆく。貧しい娘たちの身体を売って商売する。「俺は鬼になる」と居直る三橋達也が凄まじい。売られてきた娘を演じる芦川いづみの可憐さが泣かせる。原作は西口克己の「廓」。監督は戦前から活躍している滝沢英輔。幕府瓦解時の武士を描いた「江戸一寸の虫」は傑作の誉れが高い。
家庭の事情
製作:1962年    監督:吉村公三郎
出演:山村聡 , 若尾文子 , 叶順子 , 三条魔子
源氏鶏太の原作を新藤兼人が脚色した、ドライな味わいのホーム・コメディ。新藤脚本の映画化を多数手掛ける吉村公三郎監督が、大映東京が誇る華やかなキャスト陣の個性を活かしつつ、打算や裏切りの入り混じる男女の恋愛模様を、クールな視点で見つめている。長いサラリーマン生活を終え、定年退職を迎えた男やもめの平太郎(山村)は、上司と不倫中の長女(若尾)ら、嫁入り前の4人の娘と財産を分け合い、第二の人生を歩き出す。
若尾文子、叶順子、三条魔子、渋沢詩子と、大映東京撮影所の美人たちを姉妹役で並べ、それに根上淳、田宮二郎、川口浩、川崎敬三、藤巻潤といった二枚目男優たちを加えた、いわゆる「オールスター映画」。こういう作品は「まとめ役」が大切で、それが山村聰演ずる彼女らの父親。その定年と退職金が、娘たちの“家庭の事情”となるわけで、でもそれだけではスターたちのまとめは無理だろう。この山村聰の存在感は、いわゆる「劇団」の所属で、映画人ではなく、だからかなり早い時期から映画監督に挑戦している、そんな大貫禄につきる。この貫禄は、後に日米合作の超大作「トラ・トラ・トラ!」では、なんと日本側代表の山本五十六に大発展!「まとめ役」だよねえ!!
真昼の対決
製作:1957年    監督:田中重雄
出演:菅原謙二/山本富士子/志村喬/川崎敬三
ダムの工事で栄える、とある町に、牧師・種ヶ島権兵衛(菅原)がやって来る。ところが町は博打と暴力で溢れ、彼の教会も賭場になっている有様だった。そんなある日、飲み屋で働く千代(角梨枝子)が深酒から体を壊し、医大出身の種ヶ島は彼女を懸命に看護する。「小説倶楽部」に掲載された「激情」を小国英雄が脚色した異色アクション映画。 <未ソフト化>
西部劇を思わせる異色のアクション映画。高度経済成長が始まった頃、日本各地でダムが建設されていた。北アルプスの奥地でもダムが建設中。労働者や飲食店の女性たちが集まってきて、山奥に「ブームタウン」が出来ている。そこの人間模様。監督は「女賭博師」シリーズなどを手がけた田中重雄。荒くれ男たちが集まるダム現場になぜか教会があり、そこにある日、菅原謙二演じる若い牧師がやって来て、男たちの抗争に巻きこまれてゆく。柔道の有段者、菅原謙二がいつその腕をみせるかが見どころ。清純な山本富士子が脇にまわり、酒場の女、角梨枝子(すみりえこ)に菅原謙二を譲るのが珍しい。
もぐら横丁
製作:1953年    監督:清水宏
出演:佐野周二/島崎雪子/千秋実/宇野重吉
芥川賞作家・尾崎一雄の同名私小説を映画化。貧しさにめげず、愛妻の内助の功を得て、尾崎が芥川賞を受けるまでを描く。33歳の貧乏作家・緒方一郎(佐野)は、女学校を出たばかりの芳枝(島崎)と結婚し、薄汚い下宿・春光館で暮らしていた。そんなある日、春光館の経営者が代わり、部屋代3か月分を溜めていた一郎たちは、出ていくことになるが…。
庶民の平穏な暮しを愛した私小説作家、尾崎一雄の愛妻ものを映画化。監督は小津安二郎と同世代の清水宏。佐野周二演じる小説が売れない貧乏作家と島崎雪子演じるその妻の貧しくも、のどかな暮しがユーモラスに描かれてゆく。「お父ちゃん」「芳兵衛(よしべえ)」と呼び合う仲のいい夫婦。とりわけ島崎雪子が、貧しさのなかでもいつもほがらかな若い妻を好演している。堀越節子演じる二人に優しく接する女性作家のモデルは尾崎一雄と親交のあった林芙美子。森繁久彌が少ない出番ながら調子のいい隣人役で笑わせる。尾崎一雄夫妻の明るい貧乏生活はフランキー堺、司葉子主演、久松静児監督の「愛妻記」でも描かれている。
闇を裂く一発
製作:1968年    監督:村野鐡太郎
出演:峰岸隆之介/佐藤允/露口茂/加藤武
「赤ひげ」「天国と地獄」など黒澤明作品の脚本を多く手がけた菊島隆三のオリジナル脚本を、「早撃ち犬」の村野鉄太郎が監督したアクション映画。射撃選手としてオリンピック候補となっている若手刑事が、ベテラン刑事と組んで凶悪なライフル魔を追う三日間を描く。メキシコ五輪のピストル競技候補である刑事・本多(峰岸)は、極秘任務を与えられる。子供を人質に逃走中の、ライフル魔でもある殺人犯を72時間以内に逮捕しろ、というものだ。 ~まるで和製「ダーティハリー」!知られざるアクション映画の傑作~ <未ソフト化>
撮影所で事故死した日活の人気スター赤木圭一郎の、いわば穴埋めのように抜擢された峰岸徹つまり当時は峰岸隆之介の、数少ない代表作の一つ。斬新な刑事物のサスペンスだが、それもそのはずあの黒澤=三船の刑事サスペンス「野良犬」でデビューした菊島隆三の、これはオリジナル・シナリオだ。「野良犬」と同様、警官と銃器に関するこれも秀逸なドラマだが、峰岸さんは三船さんと異なり、赤木的な甘さが持ち味で、その辺を埋めてくれる彼をとりまく俳優たちがだから素晴しい!犯人役が佐藤允、峰岸刑事をサポートする先輩刑事が「太陽にほえろ」の露口茂、そして黒澤=三船映画の加藤武・・・・・・!! ちなみに峰岸さんはこの自作の話、とてもいやがった!!!
製作:1957年    原作:福田三郎「動物園物語」より 監督:山本嘉次郎
出演:榎本健一/小林桂樹/安西郷子/河内桃子
戦時中に上野動物園長代理だった福田三郎の実話を、山本嘉次郎監督自ら脚色。数々の喜劇で山本監督と組む榎本健一が、現実をありのまま見つめる真摯さが貫かれた本作の象徴的存在として、得意のコメディ演技を封印し、軍の命令と人間的良心との間で苦悩する飼育員の葛藤を、全身全霊で演じた。空襲が激化する太平洋戦争末期、上野動物園でも猛獣の毒殺が決まるが、象を世話する善さん(榎本)は、なかなか実行できずにいた。 <未ソフト化>
戦争中、上野動物園で働いていた福田三郎の実話「動物園物語」をもとにしている。監督は黒澤明の師として知られる山本嘉次郎。空襲がひどくなってから上野動物園では猛獣の扱いが問題になり、ついに市民の安全のためにゾウ、ライオン、ヒョウ、トラなどを薬殺することになる。十八歳になるメスのゾウ、ドンキーを長年、可愛がってきた、榎本健一演じる飼育係は、泣く泣くゾウを絶食で死なせる道を選ぶ。餌が欲しくて芸をして見せるドンキーの姿は涙なくしては見られない。エノケンが檻のなかに入り、ゾウに親しく接するのは驚く。ゾウがなついている。殺された動物たちのために供養が行われる場面があるのが救い。
落葉の炎
製作:1965年    監督:前田満州夫
出演:山内賢/和泉雅子/丹阿弥谷津子/小髙雄二
黒岩重吾の同名小説を、寡作の実力派・前田満州夫監督が情感豊かに映画化。当時の日活の純愛・青春路線の映画で、数多く共演した山内賢と和泉雅子が、お互いに心に傷を抱えながら愛し合うも、出逢いと別れを繰り返してしまう男女を、切なくも美しく好演している。あるクラブで、白人と黒人との諍いを颯爽と仲介した冬子(和泉)に強く引きつけられた信次(山内)は、後に再会した飾り気のない彼女にますます惹かれていくが、冬子は突然、彼の前から姿を消してしまう。
終戦後、最も遅く復興した、つまりは若々しい映画会社が日活。ここは当然のように若い世代が中心で、とりわけ彼等の演ずる不良型の非行青年たちのパラダイスだった。石原裕次郎、小林旭から高橋英樹、彼らにからむ北原三枝、浅丘ルリ子や吉永小百合たちの、ここは大スタジアム・・・・・・その中で最も若手(ジュニア)だったのが男優なら山内賢、女優では和泉雅子で、これはその二人の興味深い共演作だ。どういう風にかというと、彼らもまた先輩たちと同様に、主として生まれた境遇のせいで不良への道を辿って行くかどうか・・・・・・? これが、見ればわかるように、先輩たちを色々見習って・・・・・・ね!! 二人の同級生役で、次の世代の藤竜也がすでに登場しているのも見のがせないぞ!?
悪女の季節
製作:1958年    監督:渋谷実
出演:東野英治郎/山田五十鈴/岡田茉莉子/伊藤雄之助
菊島隆三の脚本を、時代を鋭く映す社会派コメディの名手・渋谷実が映画化。絶妙の掛け合いを見せる山田五十鈴と岡田茉莉子の悪女母娘の奮闘をあざ笑うかのように、殺し甲斐のある強欲爺さんを東野英治郎が貫禄たっぷりに怪演し、毒のある笑いの中にも人間の愚かさや狂気のにじむ、重厚な作品となっている。莫大な遺産を目当てに長年尽くしてきた内縁の妻・妙子(山田)は、一向に死ぬ気配のない八代(東野)を殺そうと画策する。。 <未ソフト化>
地価が安いと火葬場の隣に家を建てた老金持が東野英治郎、彼の死後の遺産が狙いの元芸者が大ベテラン山田五十鈴、その共犯者で老人の優秀な眼球だけがほしい運転手が怪優伊藤雄之助、元芸者の元気な欲ボケの連れ子が若手売れっ子の岡田茉莉子、その相棒が松竹入社第一回出演の後の実力派杉浦直樹!! この中で一体誰が老人の遺産を手に入れるか・・・・・・よりも、かなりバタくさいブラックなこのドタバタ喜劇に誰が一番似合うかなんていう見方の方が正しいかも。他にも三好栄子、片山明彦、岸田今日子なんていうそもそもヘンテコな怪優たちが、まだまだ出てくるからねえ!! 和服でライフルを構えるあのヒトかなぁ!?
ごんたくれ
製作:1966年    監督:村野鐵太郎
出演:宇津井健/吉行和子/五月女マリ/樋浦勉
神戸の定時制高校の、とある教師による報告記を基に映画化した学園もの。かつては自身も“ごんたくれ(手におえない乱暴者の意)”とのレッテルを貼られた過去をもつ熱血高校教諭が、問題児たちと直接触れ合う中で、ささやかな成長を遂げていく様を、宇津井健が真摯に好演している。落第の危機に立たされた生徒ばかりを集めた授業を行おうと使命感に燃える大介(宇津井)は、彼らの知られざる一面を目の当たりにしながら、様々な問題と向き合っていく。 <未ソフト化>
スター配分管理の、とても下手な新東宝に所属していた宇津井健。ある時はタイツ姿のヒーロー”スーパージャイアンツ”にされたと思えば、次は肉体女優の前田通子との激しいからみ。いたって素朴な外見の彼に、こんな役はカワイソウと思っていたら、会社がつぶれ、当然のことに他社でこの人に似合う企画が立てられ、人気は急上昇。その典型的な一本が、この定時制高校の非行生徒たちと素朴に戦う熱血教師を演じた大映作品。こんな"熱”路線で確実に大きくなっていった彼は、後に高倉健演ずる大犯罪者と徹底的に戦う鉄道管理官を快演した「新幹線大爆破」で、"熱血素朴"な代表傑作を生んだ。
風流交番日記
製作:1955年    監督:松林宗惠
出演:小林桂樹/志村喬/宇津井健/加東大介
交番勤務の巡査らの姿を通して、悲喜こもごもの人間模様をスケッチした逸品。後に「社長」シリーズで喜劇的センスを開花させることになる松林宗恵監督が、新橋駅前の交番を舞台に、何気ないエピソードを丹念に積み重ねながら、しみじみと心に訴えかけるヒューマン・ドラマに仕上げている。お人好しの和久井(小林)や、息子の家出が気がかりな大坪(志村)ら巡査たちの周囲では、一見平穏だが、それなりに劇的な事件が起きていた。
新橋駅の銀座口にあった交番に勤務する、志村喬、小林桂樹、宇津井健らが演じる警察官たちの日常をスケッチした人情もの。監督は仏門出身で学徒動員の体験がある松林宗恵。新橋駅前の交番は市川崑監督、池部良主演の「暁の追跡」の舞台にもなっている。駅周辺でロケされていて、石造りの堂々たる旧新橋駅、埋立てられる前の汐留川、そこに架かる、都電が走っている新橋、キャバレーのショウボート、川沿いにあった西洋の古城のような形をした映画館の全線座など、いまは消えた東京風景がとらえられている。のちに新東宝のスターになる天知茂やグラマー女優の三原葉子が傍役で出ているのも注目。新聞売りの子供を演じている伊東たかし(隆)は成瀬巳喜男監督の「おかあさん」や丸山誠治監督の「男ありて」に出演した名子役。
生きとし生けるもの
製作:1955年    原作:山本有三 監督:西河克己
出演:三国連太郎/山村聡/轟夕起子/笠智衆/山内明
松竹から日活に移籍しての第1作となる、西河克己監督念願の企画の映画化。戦前に五所平之助監督も映画化した山本有三の原作を、名脚本家・橋本忍が現代の要素を取り入れて脚色し、社会主義的テーマにメロドラマの要素を違和感なく溶け込ませている。曾根興業の社長の息子・夏樹(山内)が秘書に求婚したと知り、かねてより彼女を愛する平社員は身を引こうとするが、その態度を快く思わない弟は、やがて炭鉱ストを率いることに。 <未ソフト化>
原作は、「路傍の石」で知られる山本有三が大正末に発表した長編小説。石炭の会社に勤務する三國連太郎演じる実直な青年のボーナス袋に一万円多く入っていたことから物語は始まる。青年は事実を言えないまま、責任を取った南寿美子演じる経理の女性と愛し合うようになる。監督は新生日活で活躍する西河克己。戦前、五所平之助監督、大日方伝、川崎弘子主演で一度、映画化されている。後半の北海道の炭鉱風景は夕張や赤平で撮影されている。北海道の炭鉱が活況を呈していた頃。戦後、石炭の時代があったことがわかる。題名は紀貫之の「生きとし生けるもの いづれか歌をよまざりける」からとられている。社長秘書役はまだスターになる前の北原三枝。スタイルがよくはつらつとして美しい。
猛獣使いの少女
製作:1952年    監督:佐伯幸三
出演:江利チエミ/千秋実/岡譲二/根上淳
少女ジャズシンガーとして鮮烈に登場した江利チエミの映画デビュー作。アメリカで長年世話してくれた育ての父に感謝の念を抱きつつ、日本のどこかにいる本当の父を探し求める可憐な少女らしさと、15歳とは思えぬ洗練された歌唱力を披露する江利が、女優としての才能も印象づけた一本。親代わりの浩介(千秋)とともに来日中の米国サーカス団のマユミ(江利)は、米国人の母の妊娠を知らぬまま日本に戻った、生き別れの父を捜していた。 <未ソフト化>
きわめて珍しい掘出し物。十四歳の江利チエミのデヴュー作で、大映お得意の母もののヴァリエーション。アメリカで生まれ育った二世のチエミが、千秋実演じる育ての親と、岡譲二演じる実の親へのそれぞれの愛情に悩む。当時、実際に来日し、蔵前の国技館で興行したオール・アメリカン・サーカスが出演。チエミはその一員で綱渡りを見せたり、虎に芸をさせたりする。またナット・キング・コールが歌ってヒットした「トゥー・ヤング」を歌う。銀座のクラブで働く女性に新人時代の若尾文子が出演しているのも注目。監督の佐伯幸三は大映で母ものを、のちに東宝で駅前シリーズを手がけたプログラム・ピクチュアの名手。
ほらふき丹次
製作:1954年    監督:中川信夫
出演:藤田進/東野英治郎/安西郷子/稲葉義男
芥川賞作家・寒川光太郎の「ど、たいほう伝」を藤田進が映画権を手に入れ、自ら主演した人間活劇。大正中頃の北海道の開墾地に毎度毎度ほらをふいては人々に笑われる丹次という男がいた。ある日、丹次はふとしたことから監獄破りの殺人犯(稲葉)を捕える。しかも被害者(三津田)の娘・はつこ(安西)を引き取ることになり…。 <未ソフト化>
極北の地に生きる猟師を主人公にした「密猟者」で昭和十四年下半期の芥川賞を受賞した寒川光太郎は北海道の羽幌の生まれ。厳しい大自然のなかで生きる人間たちを描いた異色の作家だった。その寒川が戦後発表した猟師の物語「ど・たいほう伝」を藤田進が映画化権を手に入れ自ら主演した。近年評価が高まっている中川信夫監督のあまり知られていない貴重な作品。大正時代の北海道を舞台に、藤田演じるほら吹きだが気のいい猟師が、安西郷子演じる親を失った美しい娘を育ててゆく・・・。撮影は那須高原で行なわれている。村の純朴な巡査の東野英治郎がいい味を出す。他に稲葉義男、永田靖、左卜全ら。いわゆる僻地物の佳品。

寒川光太郎 さむかわこうたろう
羽幌 はぼろ
勝負は夜つけろ
製作:1964年    原作:生島治郎 監督:井上昭
出演:田宮二郎/久保菜穂子/川津祐介/小沢栄太郎
ある事件を軸に、浮き彫りになっていく人間模様を描いたアクション・スリラー。かつてヤクザの縄張り争いに巻き込まれ、左足を失った久須見(田宮)は、食料品などを船に納める会社を経営していた。金に困っていた彼は、密輸の用心棒を始めるが、その翌日、脅迫電話がかかってきて…。ミステリー評論家の生島治郎が書き下ろした処女作を映画化。 <未ソフト化>
チャンドラーのあまりに有名な「タフじゃなくては生きていけない。やさしくなければ生きている資格はない」(『プレイバック』より)の名訳で知られる生島治郎が書いたハードボイルド小説の映画化。横浜で、船相手の小さな会社を経営している田宮二郎が、高利貸の小沢栄太郎に金を借りたために密輸がらみの犯罪に巻き込まれる。左足が悪くいつも杖をついて歩き、その杖が時に武器になるのが工夫。謎めいた宿命の女、いわゆるファム・ファタルに新東宝出身の妖艶、久保菜穂子。さらに松竹出身の川津祐介が重要な役でからむ。田宮二郎の部下の役で、大映の名脇役、伊達三郎が出ているのも見逃せない。まだ未整備の荒涼とした横浜港周辺のロケも効いている。
雪の喪章
製作:1967年    監督:三隅研次
出演:若尾文子/中村玉緒/福田豊士/天知茂
水芦光子の原作を名匠・三隅研次が映画化した、男女の愛憎の絡む文芸映画。昭和初期から戦中、戦後へと続く激動の時代において、夫の裏切りや自身へと注がれる一途な愛に心揺さぶられながらも、たくましく生き抜いていくヒロインの波乱に富んだ半生を、若尾文子が凛々しく体現する。金沢の由緒正しい金箔商に嫁いだ妙子(若尾)を、姑も黙認の仲であるという夫の愛人で女中のせい(中村)の懐妊など、次々と苦難が襲いかかる。  <未ソフト化>
金沢出身の詩人・作家、水芦光子の代表作の映画化。昭和初期から戦争の時代を経て、戦後へ、雪国に生きる女性を描く「女の一生」もの。若尾文子が金沢の老舗の金箔商に嫁ぎ、苦労を重ねてゆく物語。冒頭の花嫁姿から最後、大きな男の子のいる母親までを演じる。若尾文子のふけ役は珍しい。金箔商には中村玉緒演じる愛妾がいて一緒に暮らすことになる。戦前のこと、旧家では妻妾同居が珍しくなかったのだろう。若尾文子を慕い続ける番頭の天地茂が印象的。大事な人間の死がいつも大雪の日なのは雪国ゆえか。
銀心中
製作:1956年    監督:新藤兼人
出演:乙羽信子/長門裕之/宇野重吉/殿山泰司
田宮虎彦の小説を新藤兼人脚本・監督により映画化。戦争によって運命を狂わされた男女の悲恋の物語。東京で理髪店を経営する喜一(宇野)と妻の佐喜枝(乙羽)のもとに、喜一の甥の珠太郎(長門)が弟子入りして来る。喜一は戦争に召集され、残された佐喜枝と珠太郎はいつしか互いを慈しみ合うようになるが、喜一の戦死の報が届き、珠太郎も出征。戦後、佐喜枝と珠太郎は再会し、初めて結ばれる。3年の月日が流れたある日、戦死したはずの喜一が現れ・・・。
『足摺岬』で知られる昭和の作家、田宮虎彦の中篇を新藤兼人が脚色・監督。宇野重吉演じる理髪店の主人が出征中、乙羽信子演じるその妻と長門裕之演じる主人の甥が関係してしまう。戦争が終わって夫が帰って来ても妻は若い甥のことを忘れることができない。「銀温泉」のモデルは花巻の山奥にある鉛温泉。最後、乙羽信子は長門裕之を追って雪深いこの温泉に来る。ここで小さな電車が出てくるのに注目。花巻と鉛温泉を結んでいた花巻電鉄。併用軌道を走る電車で、車の邪魔にならないように車体の幅が極端に狭い。正面から見ると馬の顔のようなので「うまづら電車」と呼ばれた。一九六九年に廃線。鉄道好きにはうれしい貴重な映像になっている。
愛と炎と
製作:1961年    監督:須川栄三
出演:三橋達也/司葉子/白川由美/森雅之/水野久美/志村喬/岸田今日子
国際的な石油争奪戦を背景に、石油事業に命を賭けた男と彼を愛する二人の女性の激情の恋を雄大なスケールで描いた、石原慎太郎の原作「挑戦」を新藤兼人が脚色、「野獣死すべし」の須川栄三が監督したラブロマンス。中近東クウェートに日本映画史上初めてロケを敢行した。  <未ソフト化>
石原慎太郎の「挑戦」を新藤兼人が脚色。監督は「野獣死すべし」「けものみち」で清新な感覚が冴えた須川栄三。戦後、日本の石油は英米を中心とする国産石油資本に抑えられていた。そんななか敢然と彼らに立ち向かい独立の道を選んだのが出光興産の出光佐三。一九五三年、石油国産化によって石油資本と対立していたイランから石油を買い入れるという思い切った手を打った。大資本への挑戦だった。この大事件をもとにしている。森雅之演じる石油会社の志ある社長のモデルが出光。三橋達也がその下で働く。劇中「イラン」は「アラク」と仮名になっている。クウェートではじめてロケされている、スケールの大きい人間ドラマ。三橋達也が戦中派という設定も効いている。
若い恋人たち
製作:1959年    監督:千葉泰樹 
出演:宝田明/司葉子/夏木陽介/団令子
笠原良三の脚本を、多彩なジャンルを手掛けてきた千葉泰樹が映画化した恋愛劇。数々の作品で共演してきた宝田明と司葉子が、なかなか結婚へと踏み出せない恋人役で安定感ある演技を披露する一方、画家の卵に恋をする宝田の妹役の団令子が溌剌とした魅力を振りまき、作品に絶妙なスパイスを利かせている。会社社長の御曹司である修一(宝田)は、周囲が決めた縁談を拒絶するべく家を出て、バー勤めの和代(司)と同棲を始める。  <未ソフト化>
宝田明と司葉子、東宝のゴールデンコンビによる青春映画。良家の子息の宝田明が、銀座のバーで働く司葉子を好きになったために起こる波紋。いつもはお嬢さん役の多い司葉子がバーの女性を演じているのが珍しい。宝田明とホテルに行って、シュミーズ姿を見せるのも当時としては大胆、シュミーズ姿の女性も現在では消えつつあるので懐かしい。監督の千葉泰樹も脚本の佐原良三も数々のプログラム・ピクチュアを手がけたベテラン。獅子文六原作、加東大介主演で大ヒットした「大番」四部作は千葉と笠原のコンビニよる。気のいい貧乏絵描きの夏木陽介と、陽気なお嬢さん団玲子の恋もさわやか。団玲子のはく落下傘スカートはこの時代ならでは。
競輪上人行状記
製作:1964年    監督:西村昭五郎
出演:小沢昭一/南田陽子/加藤嘉/高橋昌也/加藤武/渡辺美佐子
「団地妻」シリーズなどのロマンポルノの巨匠・西村昭五郎監督のデビュー作にして傑作。寺内大吉の原作を今村昌平らが脚色した。寺の跡を継ぐ兄の急死で、実家に呼び戻された教師の春道(小沢)は、本堂再建の資金稼ぎに買った車券で大穴を当てたことから、競輪にのめり込んでいく。バイタリティあふれる破戒僧の生きざまが爽快に描かれる。小沢昭一の快演も見もの。  <未ソフト化>
日活の隠れた傑作のひとつ。寺の住職が競輪に溺れ、ついには予想屋となって日本各地を流れてゆく。西村昭五郎監督のデビュー作。原作は、僧侶で直木賞作家の寺内大吉。脚本の一人が今村昌平だけに、人間の欲望、悪、弱さ、だらしなさなどが、ごった煮のようにまざり合っている。貧乏寺が犬の葬式を引き受け、その肉を飲み屋に売るなどその一例。小沢昭一が珍しくシリアスな、抑えた演技を見せる。それだけに静かな狂気が迫ってくる。最後、僧侶の姿で予想屋になるところは圧巻。南田洋子、渡辺美佐子の演技も見もの。西村昭五郎は、ロマンポルノの第一作、白川和子主演の「団地妻 昼下りの情事」が有名だが、この映画と倉本聰が脚本を書いた監督第二作「帰ってきた狼」も忘れてはならない。
つづり方兄妹
製作:1958年    監督:久松静児
出演:香川京子/森繁久弥/津島恵子/乙羽信子
貧しい生活の中で力を合わせて生きていく兄妹の様子を描いた人間ドラマ。枚方市のはずれにある小さな家に、8人家族が住んでいた。学校へ通う圭一(藤川昭雄)・まち子(竹野マリ)・文雄(頭師孝雄)は、みな作文が上手だった。三人揃って遙かモスクワへ、国際作文コンクールを送るが・・・。"駅前"シリーズの久松静児監督が、実話をもとに映画化した感動作。
作文がうまく数々のコンクールで賞を受賞し、当時話題になった実在の兄妹の物語。監督は森繁久弥主演の名作「警察日記」や永井荷風原作の「渡り鳥いつ帰る」などで知られる久松静児。台湾から引き揚げて来た貧しいブリキ職人の家には六人もの子供がいる。そのうち上の三人は作文を書くのが好き。生活が苦しいから作文が心の支えになっている。陽気な次男を演じている子役は頭師孝雄。弟の佳孝は後に黒澤明の「赤ひげ」と「どですかでん」に出演する。次男と仲がいい近所の女の子は「警察日記」の名子役、二木てるみ。久松静児監督に可愛がられた。大阪府の枚方市でロケされている。
六條ゆきやま紬
製作:1965年    監督:松山善三
出演:高峰秀子/神山繁/小林桂樹/大空真弓/杉村春子/フランキー堺
雪深い北国のある村を舞台に、格式を誇る六條紬の当主のもとに周囲の反対を押し切って嫁いだ温泉芸者・いねが、親類一族の中傷にも負けず、夫の死後、家とゆきやま紬再興に尽くす姿を描く。いねを演じる高峰秀子の凛とした存在感と美しさに圧倒される名編である。高峰の夫であり、「名もなく貧しく美しく」の松山善三脚本・監督。
高峰秀子主演、松山善三監督・脚本というおしどり夫婦による女性映画の佳作。極貧の漁師の娘が芸者に売られ、その後、六條家という紬作りの旧家の当主に見染められる。しかし身分違いのため、姑をはじめ一族にいじめ抜かれる。高峰秀子が耐える女の姿を好演。特筆すべきは詩情あふれる岡崎宏三のカメラ。深い雪におおわれた真白な世界の中を蓑帽子をかぶった村人たちが行きかう。どこかギリシャ悲劇のコーラスのよう。古い旧家の物語なのに映像は時に抽象絵画の新しさを見せる。嫁をいびる姑の毛利菊枝が底冷えするような怖さを見せる。戦前から舞台で活躍してきた名女優で、溝口健二監督「雨月物語」や木下恵介監督「女の園」などで知られる。

神山繁 こうやましげる
青春の海
製作:1967年    監督:西村昭五郎 
出演:吉永小百合/和泉雅子/渡哲也/小倉一郎
石坂洋次郎の原作を「河内カルメン」などの三木克巳が脚色、「涙くんさようなら」「競輪上人行状記」の西村昭五郎が監督した吉永小百合主演の青春映画。女教師・杏子(吉永)は、姉離れできない妹(和泉)と一緒に伊豆の漁師町に転任してくる。ある日家を飛び出しヤクザとなっていた隣家の次郎(渡)が町へ舞い戻り、杏子のクラスの問題児タケシ(小倉)の姉のバーへ転がり込む。次郎を敬遠する杏子だったが、二人はいつしか町中の噂となる。
石坂洋次郎原作のリメイク版の「若い人」や「青い山脈」で女学生を演じた吉永小百合が成長し、この映画では中学校の先生を演じる。少女から大人への転換期。伊豆の中学校に赴任した吉永小百合が、そこで思いがけず、町のやくざ、渡哲也に惹かれてゆく。学校の先生とやくざ。当然、小さな町は大騒ぎになる。伊豆の下田でロケされている。ここは今井正監督の「青い山脈」のロケ地でもある。最初と最後に登場する電車は、昭和36年に開通した伊東と下田を結ぶ伊豆急行。この電車が効果的に使われている。吉永小百合の妹になる和泉雅子が可愛い。姉妹愛は日活青春映画の特色だった。監督は「競輪上人行状記」の西村昭五郎。
君が青春のとき
製作:1967年   監督:斎藤武市   脚本:山田信夫/倉本聰/加藤隆之助
出演:吉永小百合/十朱幸代/山本圭/米倉斉加年
TV局の女性ディレクターとして活躍するヒロインが仕事と良心のはざまに立つ姿を描く日活青春映画。倉本聰が脚本に参加。初めて自分の企画が通り、ドキュメント番組「君が青春のとき」を手がけることになった木所香(吉永)。彼女は、原宿の若者たちの生態を捉えようと制作を開始するが、そこで彼女はチンピラのピン公(山本)と知り合う。
小林旭の渡り鳥シリーズで知られる斎藤武市監督の青春映画。脚本に若き日の倉本聰が参加している。テレビ局の新米ディレクターとなった吉永小百合が先輩たちに「お嬢さん」とやゆされながら若者たちの生態をとらえるドキュメンタリーを作ろうと意気ごむ。若さの勢いでかなり強引な手法で取材対象となる山本圭とその姉の十朱幸代を傷つけてしまう。青春ものとしてスタートしながら後半、報道とは何かにまで踏みこんでゆく。この映画が作られた昭和42年は若者たちが社会的発言を強めた時代。翌年には全共闘運動が始まる。報道のあり方が真剣に考えられるようになった時代でもあった。
アモーレの鐘
製作:1981年   監督:渡辺邦彦   脚本:渡辺邦彦/奈良正博
出演:城戸真亜子/松本秀人/河原崎次郎/織田あきら
信州の美ケ原高原を舞台に、年の離れた男女の束の間の触れ合いを描く。当時、化粧品会社のキャンペーンガールとして注目を集めていた城戸真亜子が、多感な思春期の少年の恋心をくすぐる憂いを帯びたミステリアスなヒロイン役で大人の色香を放ち、映画主演デビューを飾った。高原の土産物屋で働いていた龍一(松本)は、行方不明となった弟を探しに来たという、都会的な雰囲気の陵子(城戸)と出逢い、惹かれていく。  <未ソフト化>
化粧品のCMに出演して人気があった城戸真亜子を起用して作られた。ドラマというより詩的メルヘン。新人の松本秀人演じる信州の山で暮す少年が、白樺の林のなかに現われた、白いドレスの妖精のような女性に憧れを抱く。監督の渡辺邦彦は「白鳥の歌なんか聞えない」や「阿寒に果つ」などで知られる。「明治天皇と日露大戦争」を大ヒットさせた渡辺邦男監督の子息。全篇、美ヶ原で撮影された。空撮でとらえられた高原の美しさが見どころ。題名は美ヶ原高原美術館にある同名の鐘に拠っている。
海に降る雪
製作:1984年   原作:畑山博   監督:中田新一   脚本:石倉保志/中田新一
出演:和由布子/田中隆三/美保純/奥田瑛二
芥川賞作家・畑山博の同名小説を、本作で監督デビューを飾る中田新一監督らが脚色。89年に五木ひろしと結婚して引退することになる和由布子が、多くの女優が演じたがったという陰影に富んだヒロイン役を、体当たりながらも妖艶に演じて初主演を務め、その年の数々の新人賞に輝いた。秋田県で育った塩子(和)は、都会の片隅で山形県出身の裕一(田中)と出逢い、同棲を始めるが、複雑な過去や男性関係を知られ、一度は別れてしまう。
原作者の亡き畑山博は昭和47年に『いつか汽笛を鳴らして』で芥川賞を受賞したが、それまでは苦労の連続。新聞配達をしたり町工場で働いたりした。それだけに社会の片隅で生きる人間をよく描いた。和由布子演じる主人公は秋田県の田舎から東京に出て来た。旅行会社で働いている。他方、恋人の田中隆三は山形県から上京した。テレビ局で録音技師をしている。同棲することになる二人が狭いアパートで暮すのが、下積みの青春をあらわしている。二人の仲はうまくゆかず東京の暮しに疲れた和は故郷へと帰ってゆく。最後、彼女が降りた駅は日本海に面した五能線の轟木駅。「男はつらいよ 奮闘篇」では倍賞千恵子のさくらがやはりこの駅に降り立った。
浅草の肌
製作:1950年   原作:浜木浩   監督:木村恵吾    脚本:木村恵吾/岸松雄
出演:京マチ子/二本柳寛/若杉須美子/藤間紫
東京日日新聞に連載されていた浜本浩による同名小説の映画化。前年に組んだ「痴人の愛」で、京マチ子の堂々たるエロティシズムを開花させた木村恵吾監督が、本作でも、男性経験豊富なダンサー役にふんする京マチ子の妖しくも健康的なセクシーさを存分に引き出している。浅草六区の裏通りに佇む寂れたレビュー劇場で、プロデューサー兼演出家を務める香取(二本柳)は、自分に好意を寄せるクルミ(京)主演のショーで成功を収める。
戦後、映画館やストリップ劇場の人気でにぎわっていた頃の浅草を舞台にした踊子もの。OSK(大阪松竹歌劇団)出身の京マチ子が豊満な肉体、ダイナミックな踊りを見せる。同じ木村恵吾監督の前年の作品、谷崎潤一郎原作「痴人の愛」のナオミが大評判になり、それを受けて作られた。ルノワールの裸婦の絵を見て「私にそっくり」という場面があるが、京マチ子はこの時代の最高にセクシーな女優だった。のちに作られる永井荷風原作、清水宏監督の「踊子」でも浅草の踊子を演じている。原作者の浜本浩は浅草もので知られる作家。オペラはなやかりし頃の大正時代の浅草を描いた代表作「浅草の灯」は、戦前、名匠島津保次郎監督によって映画化されている。若き日の杉村春子がカルメンを踊る!
花の長脇差 (ながどす)
製作:1954年   監督:衣笠貞之助   脚本:衣笠貞之助
出演:長谷川一夫/高峰三枝子/進藤英太郎/入江たか子
女形から映画監督へと転身した衣笠貞之助が、自ら脚本も手掛けた芸道もの。林長二郎の芸名で、歌舞伎界から映画界入りした頃より衣笠監督と組み、スターへと育て上げられた長谷川一夫が、旅の一座の役者を好演し、幼少期より長年磨き続けてきた芸の数々を披露している。座長の遺志を継ぎ、旅をしながら一座を盛り立てる門次郎(長谷川)は、かつての恋人・お梶(高峰)と再会したり、名優のお墨付きを得て、役者道を突き進む。
長谷川一夫主演の芸道もの。プログラムピクチュアだが実によく出来ている。監督は、若き日の長谷川一夫、当時は林長二郎、を育てた名匠衣笠貞之助。この人は舞台の女形出身。草創期の映画に女優として出演したこともある(当時は男が女を演じた)。江戸時代。旅まわりの一座の花形役者、長谷川一夫が、江戸歌舞伎の名優に出会い、その教えを受けて成長してゆく。この名優を演じているのは二世市川猿之助。堂々たる貫録を見せる。戦前の名女優、入江たか子の美しさも見逃せない。黒白の映像が素晴しい。とくに後半の、悪役、進藤英太郎との立ち回りの場面はカメラの美しさに目を見張る。
貞操の嵐
製作:1959年   原作:牧逸馬   監督:土居通芳   脚本:村山俊郎/土居通芳
出演:高倉みゆき/高島忠夫/細川俊夫/久保菜穂子
百合(高倉)と稔(高島)は結婚を間近に控えていたが、稔の父の死を機に、フランスに留学中だった稔の兄・武彦(細川)が帰国。女遊びが派手で自分勝手な武彦は美しい百合を見るなり一目惚れし、ある時彼女を騙して肉体関係を持ってしまう。百合は呵責の念に耐えられなくなってしまうが・・・。牧逸馬の新聞連載小説を「地平線がぎらぎらっ」の土居通芳が監督。ドロドロの三角関係が楽しめるメロドラマ。
戦後、昭和22年に創立された新東宝は、当初、小津安二郎監督「宗方姉妹」、成瀬巳喜男監督「おかあさん」、溝口健二監督「西鶴一代女」などの秀作を製作したが、昭和30年に弁士出身の映画館主、大蔵貢が社長になってから、作品の質が低予算の娯楽映画へとがらりと変ってしまった。本作はこの大蔵時代の新東宝映画らしいメロドラマ。高倉みゆき演じるヒロインが婚約者、高島忠夫の兄、細川俊夫に、昔の言葉でいえば貞操を奪われてしまったために・・・。原作の牧逸馬は他に林不忘(「丹下左膳」)と谷譲次の計三つの筆名を持つ。あまりに多忙だったため昭和10年、35歳の若さで急逝した。大蔵新東宝は女優がきれいだった。この映画でも脇役として久保菜穂子、三ツ矢歌子、魚住純子が出演している。
夜の緋牡丹
製作:1950年   原作:八田尚之   監督:千葉泰樹   脚本:八田尚之
出演:伊豆肇/島崎雪子/田崎潤/月丘夢路
日雇い労働をしながら小説を書いている復員兵・小熊(伊豆)は、若く奔放な芸者・たい子(島崎)と仲良くなり同棲するようになる。病身の小熊は、たい子が生活の為に身を売っているのが耐えられなくなり何度か別れ話をもちかけるが、たい子は離れようとしない。ある日、小熊の小説が懸賞に入選、同じく入選した美樹(月丘)を知人より紹介された小熊は、彼女と関係を持ってしまう。千葉泰樹監督の前作「山のかなたに」で映画デビューを果たした島崎雪子の初主演作。無邪気で奔放な芸者を好演している。
貧しい作家志望の青年、伊豆肇が、知的美人の月丘夢路と、いたって気のいいアプレ芸者、島崎雪子のあいだを揺れ動く。月丘夢路のさえざえとした美貌と、島崎雪子の無邪気な愛らしさが対照的。島崎雪子は千葉泰樹監督の前作「山の彼方に」でデビューしたばかり。芸名は「青い山脈」で原節子が演じた女学校の先生からとられている。この映画が初主演作。サーカスの芸人出身の芸者という設定で、天井からさかさにぶらさがって伊豆肇とキスをする場面が話題になった。川遊びするところではターザンの真似までする。健康的なエロティシズム。脚本は戦前、石坂洋次郎原作の「若い人」や林芙美子原作の「泣虫小僧」などを手がけた八田尚之のオリジナル。