終了のお知らせ

こちらの企画は終了いたしました。

5秒後に日本映画専門チャンネル公式サイトTOPへ飛びます。

日本映画専門チャンネル公式サイトTOPへ

HOME > 今月・来月のオススメ! > 【2.23「遺体 ~明日への十日間~」公開連動】「誰も守ってくれない」/「誰も守れない(TVドラマ)」
今月・来月のオススメ!

【2.23「遺体 ~明日への十日間~」公開連動】「誰も守ってくれない」/「誰も守れない(TVドラマ)」

2月17日(日)よる9時ほか

 

東日本大震災後に設置された遺体安置所の真実を描いた「遺体 ~明日への十日間~」(原作:石井光太「遺体 震災、津波の果てに」 監督・脚本:君塚良一 出演:西田敏行 緒形直人 勝地涼 国村隼 佐藤浩市ほか)の2月23日公開に合わせて、君塚良一監督作「誰も守ってくれない」と、その前日譚となるドラマスペシャル「誰も守れない」を、日曜邦画劇場で2週にわたって放送。

誰も守れない(TVドラマ)
放送日:2月17日、2月24日、2月27日、2月28日
2009年・TV・カラー    監督:(演出)杉山泰一   脚本:君塚良一  
出演:佐藤浩市/松田龍平/木村佳乃/佐野史郎  

君塚良一監督「誰も守ってくれない」の4ヶ月前に遡る、スピンオフ・ドラマ。暴走しがちなマスコミやインターネットに依存する現代社会を背景に、加害者家族が主となる映画に対し、被害者家族の保護を主題に据えつつ、佐藤と松田が好演する凸凹刑事のバディものとしても、観応えあるドラマに仕上がった。大企業の副社長の傷害事件を担当する刑事の勝浦(佐藤)と三島(松田)だが、その娘は、勝浦が診療を受ける精神科医だった。

「誰も守れない(TVドラマ)」(C)フジテレビジョン
誰も守ってくれない
放送日:2月24日
2009年・映画・カラー    監督:君塚良一   脚本:君塚良一/鈴木智  
出演:佐藤浩市/志田未来/松田龍平/柳葉敏郎  

※日曜邦画劇場の本編前後には、君塚良一監督インタビューをお届けします。(下の「上映時間」は、本編のみの時間です。ご注意ください。)
ある日突然、殺人犯の妹となった少女と、彼女を保護する刑事の逃避行の行方。「踊る大捜査線」シリーズの脚本家・君塚良一が、長年温めてきた題材を自ら監督も兼任して映画化した。未成年の長男が小学生姉妹を殺害した犯人として逮捕された船村家。容疑者家族の保護を命じられた刑事・勝浦(佐藤)は、一家の長女15歳の沙織(志田)を担当する。世間の目から沙織を守るため勝浦は手を尽くすが、マスコミは執拗に沙織を追跡する。

「誰も守ってくれない」(C)2009 フジテレビジョン 日本映画衛星放送 東宝
植村直己物語
放送日:2月8日、2月11日、2月14日、2月16日、2月21日、2月25日
1986年・映画・カラー    原作:植村直己   監督:佐藤純彌   脚本:岩間芳樹/佐藤純彌  
出演:西田敏行/倍賞千恵子/古尾谷雅人/若林豪  

2月23日(土)「遺体 ~明日への十日間~」で主演を務めた、西田敏行が冒険家を演じた一作。
※2月放送時の本編前後には、西田敏行インタビュー(聞き手:笠井信輔)をお届けします。(下の「上映時間」は、本編のみの時間です。ご注意ください。)
1984年にアラスカのマッキンレー山で消息を絶った冒険家・植村直己の生涯を描く。エベレスト登頂から北点到達まで、己との戦いとして冒険に賭けた彼の半生と足跡を西田敏行主演で劇的に再現したヒューマン・ドキュメンタリー。夫人との出会いや、夫人から見た真の植村直己像もクローズアップされる。

「植村直己物語」(C)電通・毎日放送
視聴サービス一覧
bs視聴バナー
スカパー!5ch選んで1980円/月

PR

  • 衛星放送協会
  • 不正視聴防止キャンペーン
  • スカパー!映画部
  • J:COMスマートテレビ with タブレット
ページトップへ戻る