今、注目の新鋭監督 加藤拓也 映像作品「想い出が悴んでて」日本映画専門チャンネル開局20周年ステーションID

今、注目の脚本家、演出家、監督の加藤拓也の映像作品

【日本映画専門チャンネル開局20周年記念 ステーションID】

「想い出が悴んでて」

娘役として広瀬アリス、父親役として村上淳が熱演!
2分30秒のロングver.は日本映画専門チャンネルでご覧いただけます。

SNSで配信中のショートver.(約1分40秒)

<加藤拓也監督 コメント>
昔、14の日にチョコレートを貰った事がある。

高校生の時でも、中学生の時でも無く、小学生の時の話だ。当然だが小学校にお菓子を持ってくるのは禁止だった。
多分、僕らの小学生の時代って付き合う約束をする文化は少なかったと思う。
ちょっとませた女子は少女漫画で知識を得て、友達より一歩リードしたくて、付き合うに憧れたりはしていたかもしれない。
いや、彼氏を公言する女子は居たな。居た。でも、じゃあ付き合うってなんなの、なんて聞かれても何も答えられなかったと思う。
そんなレベルの付き合うが僕らの学年を走り出した頃、別に好きでもない、特別可愛くもない女の子からチョコレートを貰ったのだ。

本当の本当に、可愛くなかった。

可愛くなかったけど、チョコを貰う、嬉しい、好きになる。まで簡単だった。
男の子っていつもそう。
好きになる、友達があいつ好きらしいぜとか言う、そんなこと無いよ別に、むしろ嫌いになるまでも簡単だった。
男の子っていつもそう。

僕はチョコを捨てた。

それから何年も経って、その特別可愛くない子は風の噂で結婚したと聞いた。大変めでたくハッピーだし、幸せになってほしいと思う。
反対にどんな旦那さんなんだろうとも思う。いや、本当にイヤらしくない意味で。マジで。
もう何年も何年も会ってないし、連絡も取ってない、連絡先すら知らないし。
昔好きだった子~とか昔の彼女~が、どんどん結婚していく。ウェディングドレスを着て、スゴくキラキラしている。
重ねて言うが、別にそれ自体、本当に心からおめでとう、幸せな家庭を築いてくださいと願っている。でも、ふと当時を思い出すと自分が好きだった時、その子、相当キラキラしていたんじゃないかと思う。いや、本当イヤらしくない感じで。マジで。

喧嘩も楽しかった事もなんでも、僕らはずっと思い出を脚色していく。
だから、ずっとずっと好きでいてしまうのかもしれない。
抜け出しても、抜け出さなくてもいいかもしれないけれど。
長くなりましたが、そんな作品を作りました。

チョコは拾いに行きます。ごめんなさい

加藤拓也

加藤拓也

1993年生まれ、大阪府出身。17歳の時、ラジオ・TVの構成作家を始める。
18歳の時にイタリアへ渡り、映像演出と演劇について学び日本に帰国後、「劇団た組。」を立ち上げ舞台演出を始める。
23歳で三越劇場作演出家の最年少記録を樹立。若手演出家コンクール2017優秀賞受賞。

《舞台の脚本・演出作品》
2017年9月「壁蝨」シアタートラム版作・演出
8月「壁蝨」三越劇場版作・演出
6月「パーマネント野ばら」(新潮社刊)脚本・演出
4月「まゆをひそめて、僕を笑って」作・演出
1月「A、過程について。」作・演出
2016年11月「百瀬、こっち向いて」脚本・演出
7月「惡の華」(講談社刊)脚本・演出
6月「いなくなれ、群青」(新潮社刊)脚本・演出
3月「走馬灯株式会社」演出
2015年11月「博士の愛した数式」(新潮社刊)脚本・演出
6月「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」(新潮社刊)プロデュース・演出
2013年9月「弱者の吠えかた」演出(脚本:NON STYLE石田明)
《ドラマ》
CX 「平成物語」 脚本 出演:岡山天音/松本穂香/片山友希
《映像作品》
・「あおいろなおし」監督・脚本出演:夏帆/石黒英雄/松本圭未/太田正一/田中要次
・MV「BRIAN SHINSEKAI『ルーシー・キャント・ダンス』」企画・演出
《「劇団た組。」公演予定》
2018年7月「心臓が濡れる」(出演:北乃きい/柄本時生)

広瀬アリス

広瀬アリス

1994年生まれ、静岡県出身。
2008年、映画『死にぞこないの青』で女優デビュー。
主な出演作に、映画『銀の匙 Silver Spoon』(2014年)、『新宿スワンⅡ』(2017年)、『巫女っちゃけん。』(2018年)など。NTVドラマ『正義のセ』、YTV『探偵が早すぎる』(7月19日23:59スタート)、映画『ミッションイン:ポッシブル フォールアウト』(声優出演)が8月3日公開、映画『食べる女』が9月下旬に公開予定。

村上淳

村上淳

1973年生まれ、大阪府出身。
ドラマ『アルファベット2/3』(1992年)でデビュー。
主な出演作に、『新・仁義なき戦い』 (2000年)、『ヘヴンズストーリー』 (2010年)、『さよなら歌舞伎町』 (2015年)、『新宿スワン』 (2015年)、『新宿スワンⅡ』(2017年) 、『素敵なダイナマイトスキャンダル』(2018年)、『友罪』 (2018年)など。6/30(土)に『パンク侍、斬られて候』が公開 。

熱海国際映画祭
【2018セレクション インディペンデントワールド部門】
ノミネート!

7/1(日)あさ10時より、熱海商工会議所にて上映決定!

詳しくはこちら

Facebookでシェアする Twitterでシェア LINEを送る メールで送る