新着ニュース詳細

2018.08.23 【訃報】俳優の菅井きんさんが亡くなられました(享年92)

俳優の菅井きんさんが亡くなられました。享年92。

テレビ時代劇「必殺」シリーズをはじめ、映画「どですかでん」「お葬式」など

多くの名作で活躍された女優の菅井きんさんが8月10日に亡くなられていたことが分かりました。

92歳でした。

 

1926年東京生まれ。

1946年、東京芸術劇場研究所に入所し、翌年初舞台。

劇団解散後は俳優座に移籍し、1950年「風にそよぐ葦」で映画デビュー。

その後、川島雄三監督の「幕末太陽伝(1957)」、黒澤明監督の「悪い奴ほどよく眠る(1960)」「どですかでん(1970)」や

野村芳太郎監督「砂の器(1974)」など数々の名作映画に出演しました。

1973年に始まったテレビ時代劇「必殺」シリーズでは、主演の藤田まことさん演じる中村主水を

いびる姑・せん役を好演。「むこどの!」と、主水を呼びつけるシーンが作品の名物となり

シリーズを語る上で欠かせない存在となりました

他にも「太陽にほえろ」で松田優作さん演じるジーパン刑事の母親役や、安達祐実主演の「家なき子」の

鬼婆演技で話題を呼ぶなど、庶民的な女性の役を多数演じ、時代劇、現代劇を問わず名脇役として

高い人気を博しました。

1984年の伊丹十三監督「お葬式」で、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。

2008年『ぼくのおばあちゃん』では82歳にして映画初主演を飾り、

「世界最高齢映画主演女優」としてギネス認定もされました。

その他の出演映画に、「あげまん(1990)」「四万十川(1991)」「あの、夏の日 ~とんでろ じいちゃん~(1999)」

「理由(2004)」「春との旅(2010)」など。

1990年に紫綬褒章、96年には勲四等宝冠章を受章。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

 

日本映画専門チャンネルでは下記の菅井きんさん出演作品を放送致します。

3人家族(全26話)」 月~金 あさ6:20~放送中

「ジャッジⅡ 島の裁判官 奮闘記(全5話)」 10/5 深夜12:15~

img