必見!イチオシ企画

【おとなの2時間サスペンス】10月「最後の自画像 「駅路」より」ほか 11月「弁護士 朝日岳之助1」ほか

映画以上に映画的!2時間サスペンスは、名監督による作品や実験的手法の宝庫!おとなを満足させるサスペンス作品を平日毎日3作品お届けします。

棲息分布
放送日:10月22日、11月12日
1977年・TV・カラー    原作:松本清張   監督:(演出)和田勉   脚本:石堂淑朗  
出演:滝沢修/佐藤慶/津島恵子/横山道代/中山麻里/渡辺文雄  

政財界の人間たちのあくどい腹の探り合いを歯切れ良く描いた内幕ドラマ。ロッキード事件の背景を連想させ、原作者・松本清張が結婚式の祝辞を述べる評論家役で特別出演。戦後の混乱期に富を築いた井戸原(滝沢)は、会社の乗っ取りで私腹を肥やしている。戦時中に井戸原が物資を横領した過去を知る元憲兵の根本(佐藤)はそれをネタに金儲けをたくらみ、怪しげな記者もそこに絡み…。

「棲息分布」(C)NHK
最後の自画像 「駅路」より
放送日:10月23日、11月13日
1977年・TV・カラー    原作:松本清張「駅路」   監督:(演出)和田勉   脚本:向田邦子  
出演:いしだあゆみ/加藤治子/内藤武敏/乙羽信子/山内明/吉行和子/目黒祐樹  

松本清張の原作小説「駅路」を向田邦子が脚本化し、和田勉が演出したテレビドラマ。真面目一筋に生きてきた男が蒸発し。その足取りを追うと意外な素顔が見えてくる。男(山内明)が、銀行を定年退職した翌日に姿を消した。刑事(内藤)が男の足取りを追ううちに、会社一筋で生きる反面、ゴーギャンの絵に魅せられた男の真の姿=自画像が明らになる。

「最後の自画像 「駅路」より」(C)NHK
依頼人
放送日:10月24日、11月14日
1977年・TV・カラー    原作:松本清張   監督:(演出)高野喜世志    脚本:山内久  
出演:太地喜和子/小沢栄太郎/沖雅也/二木てるみ  

弁護士界の内幕と女性の愛憎を描いた松本清張原作のサスペンス。主人公・伊佐子(太地喜和子)はある会社会長の愛人。美容院をあてがわれ、妹とともに経営をしていたが、相続問題で土地を奪われることになる。間に入った弁護士の沼田(小沢栄太郎)は、美しい伊佐子の相談に乗るふりをしながら、裏でそろばんをはじき、あわよくば彼女をわがものにしようとする。常に男に頼らなければ生きてこられなかった、はかなくも悲しい女・伊佐子を太地喜和子が妖艶に演じる。

「依頼人」(C)NHK
たずね人
放送日:10月25日、11月15日
1977年・TV・カラー    原作:松本清張   監督:(演出)重光亨彦   脚本:早坂暁  
出演:林隆三/鰐淵晴子/河津清三郎/小山明子/島村佳江/戸浦六宏  

かつて日本の軍人であった父を持つインドネシア人の女性の出生をめぐり、彼女をモデルとする写真家、彼女の実の父、政治家の側近など、様々な立場の人々が参院選間近の状況の中錯綜する松本清張原作によるサスペンスドラマ。オランダから帰国したカメラマン・綾村省三(林隆三)は、オランダ女性ルキア(鰐淵晴子)も一緒に連れていた。日本軍人との間に生まれた彼女は、終戦直後に離れてしまったその父を捜すために来日したのだ。綾村はテレビのワイドショーを通じて、ルキアの父親捜しに協力するのだが…。原作者の松本清張が政界の

「たずね人」(C)NHK
天城越え
放送日:10月26日、11月16日
1978年・TV・カラー    原作:松本清張   監督:(演出)和田勉   脚本:大野靖子  
出演:大谷直子/佐藤慶/鶴見辰吾/中村翫右衛門/宇野重吉/玉川良一/荒井注  

大正末期、天城山中で起きた少年と娼婦との悲しい愛と殺人を描いた松本清張の原作を和田勉演出でドラマ化。第33回芸術祭大賞受賞作品。子役時代の鶴見辰吾が事件の鍵となる少年を演じ、松本清張もお遍路役で特別出演した。どしゃ降りの天城山中で男の死体が発見され、その前日3人の旅人の姿が目撃された。殺された流れ者の男(佐藤慶)、女郎屋から逃げてきた娼婦(大谷直子)、そして家出少年(鶴見辰吾)。警察は娼婦を逮捕するが…。ドラマは、現代と当時を振り返りながら真相を明らかにしていく。

「天城越え」(C)NHK
おばさん会長・紫の犯罪清掃日記!ゴミは殺しを知っている
放送日:10月1日
2000年・TV・カラー    監督:(演出)中山史郎   脚本:橋本以蔵  
出演:中村玉緒/さとう珠緒/すまけい/梅宮辰夫/山下容莉枝/宇梶剛士   

清掃員として働く大会社の女会長と女性社員が、連続殺人事件の真相を解き明かすサスペンスドラマ。清掃業務や警備保障を中心とする企業グループ「熊谷コンツェルン」の会長・熊谷紫(中村玉緒)は役職を隠し、取引先の「スーパーオーイケ」で清掃員として働いている。ある日、社内不倫が露呈し本社から異動となった花巻奈々子(さとう珠緒)と共に、開店前のトイレで店長代理・野辺の他殺体を発見する。スーパー内には横領疑惑が浮上、また営業妨害を目的とする中傷や嫌がらせを受けていた。

「おばさん会長・紫の犯罪清掃日記!ゴミは殺しを知っている」(C)ファイン/TBS
おばさん会長・紫の犯罪清掃日記!ゴミは殺しを知っている2
放送日:10月2日
2001年・TV・カラー    監督:(演出)中山史郎   脚本:橋本以蔵  
出演:中村玉緒/さとう珠緒/梶原善/三橋達也/五代高之  

清掃業務や警備保障を中心とする企業グループ「熊谷コンツェルン」の会長・熊谷紫(中村玉緒)は役職を隠し、福島県飯坂温泉の老舗旅館「月乃瀬」で清掃員として働いている。社内不倫が露呈し本社から現場へ異動となった花巻奈々子(さとう珠緒)もまた、月乃瀬で清掃の仕事をしている。ある日、紫と奈々子が旅館で知り合ったコンパニオン・宮島雅世が自宅に大量の血痕を残し行方不明となった。雅世が所属していたコンパニオン会社社長・百合奴と流れ者の板前・沼田の密会現場に居合わせた紫と奈々子は二人を追跡するが、目を離したすきに百合奴が殺害されてしまう。

「おばさん会長・紫の犯罪清掃日記!ゴミは殺しを知っている2」(C)ファイン/TBS
おばさん会長・紫の犯罪清掃日記!ゴミは殺しを知っている3
放送日:10月3日
2002年・TV・カラー    監督:(演出)中山史郎   脚本:橋本以蔵   
出演:中村玉緒/さとう珠緒/高橋克実/平泉成/梨本謙次郎/羽田惠理香/梅宮辰夫  

清掃業務や警備保障を中心とする企業グループ「熊谷コンツェルン」の会長・熊谷紫(中村玉緒)は役職を隠し、清掃員として現場を巡回している。紫は清掃仲間・奈々子(さとう珠緒)と商店街の清掃を請け負うことに。ある夜、中川房江(音無美紀子)と樹里(羽田恵理香)母娘が切り盛りする中華料理店の厨房で、料理長・小野が死体で見つかった。早速、紫は「熊谷コンツェルン」の社長・御乃木(梅宮辰夫)に協力を要請。厨房のゴミの分析を依頼すると、毒キノコが検出される。

「おばさん会長・紫の犯罪清掃日記!ゴミは殺しを知っている3」(C)ファイン/TBS
おばさん会長・紫の犯罪清掃日記!ゴミは殺しを知っている4
放送日:10月4日
2003年・TV・カラー    監督:真船禎   脚本:橋本以蔵  
出演:中村玉緒/さとう珠緒/美木良介/南田洋子/原久美子/長門裕之/梅宮辰夫  

清掃業務や警備保障を中心とする企業グループ「熊谷コンツェルン」の会長・熊谷紫(中村玉緒)は役職を隠し、取引先のスポーツクラブで清掃員として働いている。ある日、紫と清掃仲間・奈々子(さとう珠緒)は、屋上から転落した女性会員・美鈴の死体を発見。そこには、ブレスレットの破片が落ちていた。駆けつけた夫・野中靖浩(美木良介)は、美鈴は偽名で本名は野中みどりだと告げる。さらに、彼女は会員の会社社長・原田と不倫関係にあった。

「おばさん会長・紫の犯罪清掃日記!ゴミは殺しを知っている4」(C)ファイン/TBS
おばさん会長・紫の犯罪清掃日記!ゴミは殺しを知っている5
放送日:10月5日
2003年・TV・カラー    監督:(演出)中山史郎   脚本:いとう斗士八   
出演:中村玉緒/さとう珠緒/今井雅之/由美かおる/梅宮辰夫  

清掃業務や警備保障を中心とする企業グループ「熊谷コンツェルン」の会長・熊谷紫(中村玉緒)は役職を隠し、清掃員として現場を巡回している。紫は清掃仲間の奈々子(さとう珠緒)とシティーホテルの清掃を請け負うことに。ある朝、ツアーコンダクターの豊彦と、集合時間に現れない恵を捜していた紫と奈々子は、恵と熊谷コンツェルン社長・御乃木(梅宮辰夫)のツーショットを目撃。その夜、ツアー客・源太がホテル近くの路上で、恵の死体を発見する。

「おばさん会長・紫の犯罪清掃日記!ゴミは殺しを知っている5」(C)ファイン/TBS
上条麗子の事件推理 1
放送日:10月1日
2001年・TV・カラー    監督:鷹森立一   脚本:土屋斗紀雄  
出演:眞野あずさ/船越英一郎/増田恵子/野村昭子/藤岡弘、/秋本奈緒美   

聡明な女性会計士・上条麗子が、専門知識や天性のカンを駆使して殺人事件の解明に挑むサスペンスドラマ。公認会計士・上条麗子(眞野あずさ)の事務所に勤める大次郎(船越英一郎)が、殺人容疑で任意の事情聴取を受ける。大次郎の依頼人・女性実業家の里沙子が自宅で殺され、第一発見者となった大次郎に嫌疑がかかったのだ。証拠不十分で釈放された大次郎の無実を証明し、事務所の信用を取り戻そうと麗子は、独自に調査に乗り出す。

「上条麗子の事件推理 1」(C)TSP/TBS
上条麗子の事件推理 2
放送日:10月2日
2002年・TV・カラー    監督:鷹森立一   脚本:土屋斗紀雄  
出演:眞野あずさ/船越英一郎/野村昭子/北原佐和子/田山涼成/藤岡弘、  

聡明な女性会計士・上条麗子が、専門知識や天性のカンを駆使して殺人事件の解明に挑むサスペンスドラマ。

公認会計士・上条麗子(眞野あずさ)の元にサカエ商事を早期退職し喫茶店を開業したいという男・樫村と妻であるという幸枝が経営の相談にやってきた。が、その数日後、麗子と大次郎(船越英一郎)が借店舗へ訪れると樫村は何者かに殺害されていた。彼が用意した契約金の100万円と持参していた小切手800万円は現場から消えていた。その上、事情聴取に訪れた樫村の妻が幸枝とは違う人物・伸子であった事に麗子らは驚く。

「上条麗子の事件推理 2」(C)TSP/TBS
上条麗子の事件推理 3
放送日:10月3日
2003年・TV・カラー    監督:鷹森立一   脚本:土屋斗紀雄  
出演:眞野あずさ/船越英一郎/野村昭子/高橋かおり/藤岡弘、/河原崎建三  

聡明な女性会計士・上条麗子が、専門知識や天性のカンを駆使して殺人事件の解明に挑むサスペンスドラマ。

女性公認会計士・上条麗子(眞野あずさ)は同僚の大次郎(船越英次郎)と、亡き父との思い出の地・長野を訪ね、父の旧友・椎名(河原崎建三)のわさび園へ。経営コンサルタント・服部学にそそのかされた椎名の息子・公平が父親のわさび園を担保にしてレストランを開業しようとしているという。

「上条麗子の事件推理 3」(C)TSP/TBS
上条麗子の事件推理 4
放送日:10月4日
2004年・TV・カラー    監督:鷹森立一   脚本:土屋斗紀雄  
出演:眞野あずさ/船越英一郎/未來貴子/山田スミ子/野村昭子/布川敏和  

聡明な女性会計士・上条麗子が、専門知識や天性のカンを駆使して殺人事件の解明に挑むサスペンスドラマ。

公認会計士・上条麗子(眞野あずさ)の同僚・仙波大次郎(船越英一郎)に彼の昔の同僚で、現在、介護センターの社長をやっている津山弥生(未來貴子)から、豊かな老後の生き方について講演を依頼される。その壇上で大次郎は「人殺し!」と3人の老婆・大滝ハル(山田スミ子)、長谷川梅子(長内美那子)、白井光代(弓恵子)にヤジられ、講演は中止になってしまう。会計事務所はそれをきっかけに信用失墜。麗子たちは信用回復のため、3人の老婆たちの行方を追う。

「上条麗子の事件推理 4」(C)TSP/TBS
上条麗子の事件推理 5
放送日:10月5日
2006年・TV・カラー    監督:鷹森立一   脚本:外村朋子  
出演:眞野あずさ/赤井英和/阿知波悟美/須藤温子/鈴木ヒロミツ/加藤貴子/若林豪  

上条麗子(眞野あずさ)は、婿入り寿退社してしまった公認会計士・仙波大二郎(船越英一郎)が担当していたクライアントからの依頼で、北海道へ出張することに。運転手を頼んでいた風間望(須藤温子)がバイクの事故で怪我をしてしまい、その代わりに望の母・風間文江(阿知波悟美)の弟で、元質屋の宝田銀平(赤井英和)が出張に同行することに。麗子はクライアントである三島不動産の社長の三島岳彦(石橋蓮司)から、監査ではなく、グループ会社内での横領の調査の依頼を引き受けるが…。

「上条麗子の事件推理 5」(C)TSP/TBS
上条麗子の事件推理 6
放送日:10月9日
2009年・TV・カラー    監督:津崎敏喜   脚本:外村朋子   
出演:眞野あずさ/松原智恵子/中村梅雀/三原じゅん子/野村昭子/須藤温子  

公認会計士の上条麗子(眞野あずさ)は、営業マンから転身した新人の会計士・山本武蔵(中村梅雀)と共に佐渡へ向かう。大手通信販売会社が佐渡の名産品を扱うことになり、商品を納める業者を監査するためである。二人は、商工会の職員、小谷比呂志(西川忠志)の案内で店舗を巡る。しかし監査を受けることができるのは一部の業者だけ。監査から漏れた人々には不満もあるようだ。 現地で調査を進めながら、麗子と武蔵は、産業廃棄物処理場の建設計画を巡って島では意見が分かれ、激しく対立していることを知った。

「上条麗子の事件推理 6」(C)TSP/TBS
上条麗子の事件推理 7
放送日:10月10日
2010年・TV・カラー    監督:津崎敏喜   脚本:外村朋子  
出演:眞野あずさ/東ちづる/渡辺徹/田中実/芦川よしみ/内田春菊/馬渕英俚可  

公認会計士の上条麗子(眞野あずさ)は会計士見習いの尾崎健作(渡辺徹)を伴い、美容室チェーン店の財務監査のため、富山県を訪れた。美容室のオーナー、瀬川亜沙美(東ちづる)の依頼で系列店の業務を見直し、効率化を計るためだ。亜沙美には小西ユリ(馬渕英俚可)、石崎和恵(水谷ケイ)、山岡良之(森宮隆)ほかの弟子がおり、それぞれ独立して美容室を構えている。麗子と健作は女将の古谷恭子(芦川よしみ)が営む大牧温泉の旅館に滞在し、監査作業を始める。その矢先、旅館の従業員、苑田常子(内田春菊)が何者かに首を絞められて殺された。

「上条麗子の事件推理 7」(C)TSP/TBS
上条麗子の事件推理 8
放送日:10月11日
2011年・TV・カラー    監督:津崎敏喜   脚本:外村朋子  
出演:眞野あずさ/渡辺徹/中山忍/河相我聞/有坂来瞳/デビット伊東/山下規介  

公認会計士の上条麗子(眞野あずさ)は、会計士志願の尾崎健作(渡辺徹)と共に秋田県の角館を訪れる。公共施設の改修計画を立てるために、麗子の力を借りたいと担当職員の佐竹賢吾(デビット伊東)は語る。施設の設計は大阪の建築士、北島聡史(河相我聞)が担当することになっていた。田沢湖駅に着いた麗子と健作は、中原茜(中山忍)が運転するタクシーでホテルに到着する。すると、茜を待ち構えていた伊藤満寿夫(本城丸裕)が、異様な剣幕で茜を罵り、その様子に麗子と健作は驚く。その翌朝、伊藤の死体が発見された。





「上条麗子の事件推理 8」(C)TSP/TBS
上条麗子の事件推理 9
放送日:10月12日
2011年・TV・カラー    監督:津崎敏喜   脚本:外村朋子  
出演:眞野あずさ/渡辺徹/荻野目慶子/寺田農/小沢真珠/阿知波悟美/須藤温子  

公認会計士の上条麗子(眞野あずさ)は、会計士志望の尾崎健作(渡辺徹)と共に滋賀県の近江八幡へ出張する。県の所有地を民間に払い下げることになり、入札を希望している複数の会社の財務調査をすることになったのだ。 地元を代表して、近江牛の味噌漬の老舗業者、武村雅之(寺田農)が、麗子の事務所を訪ねてきた。顧客を大切にする近江商人気質の武村は、儲けだけを考える会社が落札しては困ると語る一方で、麗子の前任の会計士、三好直子(平淑恵)が不審なケガを負って入院したと打ち明ける。

「上条麗子の事件推理 9」(C)TSP/TBS
上条麗子の事件推理 10
放送日:10月15日
2012年・TV・カラー    監督:津崎敏喜   脚本:外村朋子  
出演:眞野あずさ/渡辺徹/池上季実子/長谷川初範/中本賢/市井紗耶香/金井勇太  

公認会計士の上条麗子(眞野あずさ)と見習いの尾崎健作(渡辺徹)は、銀座の宝石店社長、胡桃沢正義(長谷川初範)の紹介で、三重県志摩市の真珠養殖業者、水谷伸夫(中本賢)の事業計画立案を手伝うことになり、志摩へ向かう。麗子と健作は水谷の案内で施設を巡るが、この時、観光客の磯貝祐二(前田耕陽)とシルビア(黒宮ニイナ)の二人が遠慮なく写真を撮る横柄な態度が麗子は気になった。翌日、磯貝が刺殺され死体で発見されて…。

「上条麗子の事件推理 10」(C)TSP/TBS
タクシードライバーの推理日誌5
放送日:10月1日
1995年・TV・カラー    原作:笹沢左保    監督:吉田啓一郎   脚本:竹山洋  
出演:渡瀬恒彦/風見しんご/高橋惠子/深水三章/平田満   

「行き先のない乗客 人を殺したとその女は言った…」

元刑事のタクシー運転手・夜明(渡瀬恒彦)は、中原茜と名乗る女(高橋恵子)を乗せた。女は「人を殺してきました」と言い、抱いてと夜明に迫った。自殺でもしかねない様子だったため、夜明は女と同宿する。翌朝、女は指輪を残し姿を消した。間もなく、その指輪とペアの指輪をした男の片腕が発見された。被害者は多門(下元史朗)というリゾート会社社長だった。

「タクシードライバーの推理日誌5」(C)NEP
タクシードライバーの推理日誌6
放送日:10月2日
1995年・TV・カラー    原作:笹沢左保    監督:吉田啓一郎   脚本:坂田義和  
出演:渡瀬恒彦/風見しんご/平田満/阿木燿子/阿藤海/服部妙子/鍵本景子  

「再会した女 湘南-松本、500キロの殺人!?」

元刑事のタクシードライバーの夜明日出夫(渡瀬恒彦)。ある日、若い女性が乗車してくるなりラジオをつけてくれと言う。DJは大町千沙という大学教授で女性客、律子の従姉妹だという。目的地のラジオ局に到着すると、ちょうど千沙が出てきてファン達に囲まれているところだった。大町千沙は夜明を見るなり驚いた。なんと夜明は千沙の初恋の相手で二人は高校時代に付き合っていたのだった。

「タクシードライバーの推理日誌6」(C)NEP
タクシードライバーの推理日誌7
放送日:10月3日
1997年・TV・カラー    原作:(原案)笹沢左保    監督:(演出)吉田啓一郎   脚本:坂田義和  
出演:渡瀬恒彦/美保純/平田満/西岡徳馬/風見しんご/遠藤憲一/内田春菊  

「真夜中の殺人招待状!夢を捨てた女の危険な誘惑…」

刑事を辞め、現在はタクシードライバーとして働いている夜明日出夫(渡瀬恒彦)。ある日、夜明は差出人に覚えがない葬式の案内状を受け取った。それは夜明が6年前に逮捕した男・木村哲夫の葬儀で、案内状を出したのは哲夫の妹・藍子だった。葬式の帰り、夜明に車で送ってもらう途中、「兄は無実だ」と言う藍子。さらに翌朝、当時哲夫に不利な証言をした男・徳山が焼死したと知らされた夜明は、真相究明のために現場へと向かった。

「タクシードライバーの推理日誌7」(C)NEP
タクシードライバーの推理日誌8
放送日:10月4日
1998年・TV・カラー    原作:(原案)笹沢左保    監督:吉田啓一郎   脚本:坂田義和  
出演:渡瀬恒彦/田中美奈子/平田満/風見しんご/秋野太作/あいだもも/小林健  

「東京-新潟350キロを死体が走った!?愛と死の殺人迷路に誘う女…」

元刑事のタクシードライバー、夜明(渡瀬恒彦)はある日、経営コンサルタントの美也子(田中美奈子)を乗せた。数日前、ある男性客から彼女の尾行を頼まれただけに彼女の乗車に驚く。夜明は彼女の希望通り越後湯沢に向かい、四日間の貸し切りを引き受けた。ところが翌日、刑事の東山(風見しんご)が現れ、美也子が東京で起こった殺人事件の容疑者になっているという。

「タクシードライバーの推理日誌8」(C)NEP
タクシードライバーの推理日誌9
放送日:10月5日
1998年・TV・カラー    原作:(原案)笹沢左保   監督:吉田啓一郎   脚本:坂田義和  
出演:渡瀬恒彦/洞口依子/平田満/風見しんご/小林健/林美穂  

「過去から来た女」

元刑事のタクシー運転手・夜明(渡瀬恒彦)は、新聞記者の麻里子(洞口依子)から殺人犯の護送車追跡を頼まれた。途中で、夜明のタクシーを追い越したトラックが護送車に接触。犯人は死亡し、護送車を運転していた刑事の東山(風見しんご)も負傷する。

「タクシードライバーの推理日誌9」(C)NEP
タクシードライバーの推理日誌10
放送日:10月9日
1998年・TV・カラー    原作:笹沢左保   監督:吉田啓一郎   脚本:坂田義和  
出演:渡瀬恒彦/佐藤友美/平田満/風見しんご/小倉一郎/斉藤暁  

「黒いひまわりの女 伝説の湖だけが知るアリバイ崩しの謎とは?神戸-別府湯布院殺人ルート」

元警部補でタクシードライバーの夜明日出夫(渡瀬恒彦)は、幼なじみでアパレルメーカー社長の折原江里子(佐藤友美)と再会した。彼女は夜明をタクシーごと貸し切りたいと申し出る。夜明のタクシーで別府へ向かった江里子は、副社長の関沢康夫(春田純一)らに携帯電話で指示を与えていた。

「タクシードライバーの推理日誌10」(C)NEP
タクシードライバーの推理日誌11
放送日:10月10日
1999年・TV・カラー    原作:笹沢左保   監督:吉田啓一郎    脚本:坂田義和   
出演:渡瀬恒彦/伊藤蘭/平田満/風見しんご/火野正平/斉木しげる  

「亡霊殺人!盗まれた指紋、追尾された走行軌跡…驚異の罠を仕掛ける見えない敵の正体は…!?」

渡瀬恒彦扮する元敏腕刑事で、今はタクシードライバーの夜明日出夫が、持ち前の推理力を生かして事件の謎に挑むシリーズ第11弾。刑事を辞め、タクシードライバーに転身した夜明日出夫(渡瀬恒彦)。当時、夜明が刑事を辞めるキッカケとなった事件の殺人犯・豊田が出所した。豊田は大手ゼネコンの強請に失敗した腹いせに、社長の娘を撲殺したのである。ある夜、夜明のタクシーにその豊田が乗り込んできた。驚く夜明。豊田は横浜まで乗車して去ったが、その直後に撲殺されて発見される。一緒のところを目撃された夜明は、犯人の容疑をかけられてしまう…。

「タクシードライバーの推理日誌11」(C)NEP
タクシードライバーの推理日誌12
放送日:10月11日
2000年・TV・カラー    原作:笹沢左保   監督:吉田啓一郎   脚本:坂田義和  
出演:渡瀬恒彦/国生さゆり/平田満/風見しんご/松重豊/モロ師岡/高橋克実  

「殺意のハンドル 美人ドライバーに殺人容疑が…腹に2つ背に1つ、3つの刺し傷の謎とは?」

タクシー運転手の夜明日出男(渡瀬恒彦)は、営業所の新人運転手・南条秋子(国生さゆり)を紹介され、驚く。奇遇にも秋子は、夜明が刑事だった12年前、張り込みに使わせてもらった南条家の娘だったのだ。当時、秋子の父・昭一(木村元)は貿易会社の社長で、一家は裕福だった。数日後、立花登(モロ師岡)という男の他殺体が見つかった。

「タクシードライバーの推理日誌12」(C)NEP
タクシードライバーの推理日誌13
放送日:10月12日
2000年・TV・カラー    原作:笹沢左保   監督:吉田啓一郎   脚本:坂田義和   
出演:渡瀬恒彦/風見しんご/秋本奈緒美/平田満/小倉一郎/内田春菊/遠藤憲一  

元刑事のタクシードライバー・夜明日出夫は不倫とおぼしき一組のカップルを山中湖まで乗せる。ところが、翌日カップルは死体で発見され、地元警察は心中と断定。夜明のもとに死亡した男の妻が現れ夫と同一のルートで山中湖へ行ってほしいと要求する。その頃、都内でフリージャーナリストの死体が発見されたことから、事態は思わぬ方向へ…。

「タクシードライバーの推理日誌13」(C)NEP
タクシードライバーの推理日誌14
放送日:10月15日
2001年・TV・カラー    原作:笹沢左保    監督:吉田啓一郎   脚本:坂田義和  
出演:渡瀬恒彦/細川直美/平田満/風見しんご/本田博太郎/岡まゆみ/深水三章  

病院長の城山(本田博太郎)の娘が誘拐された。犯人は電話で身代金1億円を城山と看護婦の早智子(細川直美)に運ぶよう指示。翌日、元警部補でタクシードライバーの夜明(渡瀬恒彦)が二人を乗せるように頼まれる。

「タクシードライバーの推理日誌14」(C)NEP
タクシードライバーの推理日誌15
放送日:10月16日
2001年・TV・カラー    原作:笹沢左保   監督:吉田啓一郎   脚本:坂田義和   
出演:渡瀬恒彦/藤真利子/平田満/正司歌江/中山仁/風見しんご  

元警部補のタクシー運転手の夜明(渡瀬恒彦)は、介護タクシーの研修のため静岡・浜松のタクシー会社を訪ねる。そんな折、東京のマンションで男性の他殺体が発見された。被害者はその部屋の住人の同棲相手だった。

「タクシードライバーの推理日誌15」(C)NEP
タクシードライバーの推理日誌16
放送日:10月17日
2002年・TV・カラー    原作:笹沢左保    監督:吉田啓一郎   脚本:坂田義和  
出演:渡瀬恒彦/古手川祐子/平田満/風見しんご/渡辺梓/木下ほうか/小倉一郎  

元警部補のタクシー運転手、夜明(渡瀬恒彦)が乗せた美奈(三国由奈)という女子高校生が殺された。容疑者は彼女の担任教師の岡部(木下ほうか)。彼は美奈と交際していた上、金を借りていたという。夜明に裁判所から証人として出廷するよう呼び出し状が届く。岡部の弁護人の千鶴子(古手川祐子)は夜明に巧みな質問を浴びせる。

「タクシードライバーの推理日誌16」(C)NEP
出雲3号0713の殺意
放送日:10月9日
1989年・TV・カラー    原作:池田雄一    監督:山本迪夫   脚本:長野洋   
出演:賀来千香子/田中健/平淑恵/田中隆三  

『出雲3号0713の殺意 ブルートレインから消えた乗客? 婚約者を追って日本海へ』

みさき(賀来千賀子)は婚約者のカメラマン・信一(田中健)のアパートへ行くが、張り込み中の刑事から、支払いをめぐり信一に会社社長殺しの容疑がかかっていると聞かされる。その後、みさきのもとへ「俺を信じてくれ」と信一から電話がかかってくるが、特急出雲3号が発車するアナウンスが信一の声にダブっていた。時刻表で松江にいると判断し、松江に向かうみさきだったが…。

「出雲3号0713の殺意」(C)KADOKAWA
盗撮 覗かれた主婦
放送日:10月10日
2000年・TV・カラー    監督:(演出)長江俊和    脚本:野尻靖之   
出演:財前直見/河合美智子/山下真司/寺脇康文/田口浩正/佐戸井けん太/小松みゆき  

主婦の多恵(財前直見) は親友の元美容師由香(河合美智子) とひょんなことから興信所のアルバイトをすることになる。早速の仕事が、美容師社長高岡(山下真司) の依頼による美容室オーナーの三樹子夫人(小松みゆき) の浮気調査。多恵らが三樹子の予約していたホテルを盗撮張り込みをしているところに、現れたのは何と多恵の夫、広告代理店業の定則(石橋保) だった…。

「盗撮 覗かれた主婦」(C)共同テレビジョン
鏡の微笑
放送日:10月11日
2000年・TV・カラー    監督:木下亮   脚本:峯尾基三  
出演:西田ひかる/東幹久/斎藤陽子/田村亮/左時枝/美木良介/笹野高志  

仙台市の楽器店で働く奈津子(西田ひかる)の一卵性双生児の妹、有美子(西田ひかる・二役)が殺された。奈津子はかつて、有美子の恋人だったピアノ調律師の三上(東幹久)を奪い、姉妹の亀裂が修復されないまま有美子は一人、上京していた。犯人捜しを始めた奈津子は、プロのピアニストを目指す有美子が、夜はクラブで働いていたことを知る。

「鏡の微笑」(C)AX-ON
天使の居場所
放送日:10月12日
2000年・TV・カラー    監督:村田忍   脚本:塩田千種  
出演:滝田栄/浅田美代子/高橋かおり/村井国夫/大谷直子/宮崎あおい  

第18回ATP賞2001優秀賞受賞作品。元中学教師の国木田(滝田栄)が運営するフリースクールに昨年まで通っていた良美(林知花)が、東京郊外の河原で殺された。警察は、事件当日に彼女と遊んでいた生徒・光男(山崎裕太)に注目。光男は守信(沢木哲)に会っていたとアリバイを主張する。

「天使の居場所」(C)AX-ON
切り裂かれた夫婦
放送日:10月15日
2000年・TV・カラー    監督:下村優   脚本:石松愛弘  
出演:浅田美代子/宅麻伸/池内淳子/吉沢京子/下條アトム  

心の奥底に隠れていた古傷が突然牙を剥く恐怖を描くサイコサスペンス。中学教師・吉井朋子(浅田美代子)は、夫・英朗(宅麻伸)の母・絹代(池内淳子)が家に来てから英朗の表情が暗い事に気付く。そして英朗の態度は絹代に怒られた息子・和彦が家出した事から豹変。この事態に絹代は家を去るが、英朗の「暴力」は収まらなかった。まもなく朋子は英朗に暴力を振るわれた和彦の搬送を手伝った国崎(西沢利明)という男の妙な動きに首をひねる。朋子は国崎と話す絹代を目撃するが二人の関係が分らない。一方、国崎の出現で英朗の「症状」は更に悪化していた。そんな中、国崎が転落死する…。

「切り裂かれた夫婦」(C)AX-ON
妻の秘密・夫の不貞・姑の見栄
放送日:10月16日
2006年・TV・カラー    監督:吉本潤    脚本:洞澤美恵子   
出演:浅野温子/村田雄浩/池内淳子/中島ひろ子/渡辺典子/山田辰夫/蛍雪次朗  

結婚6年目にしてようやく子供を宿した38歳の出版編集者・松原真理子(浅野温子)。だが、喜びもつかの間、真理子は妙な女にぶつかられ、石段から転落して流産。だが、その女・羽賀恵子(渡辺典子)がホテルで殺されたと知った真理子は、入り婿である病院院長の洋二(村田雄浩)と恵子の思わぬ関係に気付いた。刑事の話によると、洋二はホテルの恵子の部屋を密かに訪ねていたらしいのだ。真理子の追及に、洋二は、研修医時代、真理子の妹・典子(中島ひろ子)と付き合っていた、と告白するが――。

「妻の秘密・夫の不貞・姑の見栄」(C)AX-ON
救急指定病院6
放送日:10月16日
1996年・TV・カラー    監督:油谷誠至   脚本:齊藤珠緒  
出演:池上季実子/角替和枝/野川由美子/林泰文/大寶智子/中村繁之  

小諸久美子(池上季実子)は救急指定病院の主任看護婦。ある日、看護婦副島の恋人であり救急隊員の友永が自転車の転倒事故で意識不明の重体で運ばれてきた。友永の親友で救急車の機関員、橋口は事故の当日は自分のアパートで友永と飲んでいたという。自転車には不審な箇所があり、事件の可能性があるとして警察も動き出した。

「救急指定病院6」(C)NEP
救急指定病院7
放送日:10月17日
1997年・TV・カラー    監督:山本厚   脚本:渡辺善則  
出演:池上季実子/角替和枝/野川由美子/大高洋夫/山下容莉枝/あめくみちこ  

救急病院に勤めるベテラン看護婦・小諸久美子の活躍を描いたシリーズの第七弾。久美子は夫に先立たれ、息子の大吾と姉との3人暮らし。大吾の担任の浜崎響子から、愛人と暮らす夫と別居中で、離婚を考えていることを打ち明けられていた久美子はある日、響子の自宅を訪ね、そこで濡れたまま扇風機をかけて倒れている男を発見する。久美子の応急処置で助かった男が響子の夫・保であることを知った久美子は、響子と保、そして愛人の靖絵が旧知の仲であることを知る。

「救急指定病院7」(C)NEP
救急指定病院8
放送日:10月18日
1998年・TV・カラー    監督:真船匡氏    脚本:渡辺善則  
出演:池上季実子/野川由美子/角替和枝/佐々木すみ江/根岸季衣/北村総一朗  

看護婦の久美子(池上季実子)が働く病院で、患者の克枝(佐々木すみ江)を狙う殺人未遂事件が発生。少し前、病院の内科医が襲われ、患者のデータが記録されたフロッピーディスクとパソコンが盗まれた。久美子は入院中の姉でフリーライターの菖子(角替和枝)とともに周囲から話を聞き、克枝の娘で、30年前に養女に出された初美(根岸季衣)の家族が怪しいとにらむ。

「救急指定病院8」(C)東北新社クリエイツ
救急指定病院9
放送日:10月19日
1998年・TV・カラー    監督:真船匡氏   脚本:渡辺善則  
出演:池上季実子/角替和枝/野川由美子/下條アトム/赤座美代子  

救急指定病院の看護婦・久美子(池上季実子)の部下で、准看護婦の美鈴(早勢美里)が殺された。美鈴は、風俗店でアルバイトをしていた。売春絡みの事件だと騒がれる中、久美子は美鈴の汚名をそそごうと真相究明に乗り出す。

「救急指定病院9」(C)東北新社クリエイツ
救急指定病院10
放送日:10月22日
1999年・TV・カラー    監督:増田天平   脚本:渡辺善則  
出演:池上季実子/野川由美子/寺島しのぶ/角替和枝/鶴見辰吾/三條美紀  

救急病院に勤めるベテラン看護婦・小諸久美子(池上季実子)の活躍を描いたシリーズ第10弾。久美子(池上季実子)が働く病院に、患者を殺すという脅迫状が届く。まもなく計画的な停電事故が発生。医療機器の停止で患者の会社社長の二階堂靖(佐渡稔)が昏睡状態に陥る。警察は、事故の経緯から社長の命を狙ったものと断定するが…。

「救急指定病院10」(C)東北新社クリエイツ
妻殺し
放送日:10月17日
2001年・TV・カラー    監督:(演出)雨宮望   脚本:鎌田敏夫   
出演:滝田栄/平淑恵/伊藤蘭/山下真司/長谷川初範/小野寺昭/水島かおり   

妻の殺害容疑を掛けられた検事が、警察の追跡をかわしながら無実を証明するため奔走する。地方検事の沢木(滝田栄)が、浮気をめぐる口論の末に妻で弁護士の百合子(平淑恵)を殺害したとして逮捕された。取り調べをした次席検事の古沢(小野寺昭)は法廷で争うよう勧めるが、身に覚えのない沢木は警備のすきを突き逃走する。真相を究明するため、元恋人の早苗(伊藤蘭)に協力を求める。百合子の同僚の山村(長谷川初範)に会った沢木が、妻の最近の行動を調査すると…。

「妻殺し」(C)NTV
浅見光彦スペシャル 貴賓室の怪人
放送日:10月18日
2002年・TV・カラー    原作:内田康夫「貴賓室の怪人」より   監督:猪崎宣昭   脚本:酒井直行   
出演:高嶋政伸/南果歩/高橋由美子/池内万作/沢口靖子/斉藤由貴/寿美花代/高嶋政宏/宮本信子  

警察庁の刑事局長を兄に持つルポライター・浅見光彦(高嶋政伸)が難事件を解決するスペシャルドラマ。事件の舞台となるのは、イタリアのベニスから出航しエーゲ海を一周する豪華客船。毒殺された捜査の依頼者の予言通り、船内で殺人事件が発生したことから、主人公は聞き込みに全力を上げる。日本から伝えられた驚きの情報とは…。ドラマは、アテネ市内、ミコノス島、ロードス島などエーゲ海の美しい風景をバックに展開する。

「浅見光彦スペシャル 貴賓室の怪人」(C)NTV
松原完治 お金ちょうだい致します
放送日:10月18日
2004年・TV・カラー    監督:(演出)雨宮望   脚本:金子成人  
出演:橋爪功/市毛良枝/左時枝/上杉祥三/美木良介/山田吾一   

消費者金融の営業所所長、崎山が殺された。崎山と面識があった特別税金徴収員の松原(橋爪功)は、事件に興味を抱く。そんな中、松原は税金を滞納する丸田(美木良介)が経営する店の常連客、宇田(山田吾一)と言葉を交わした。宇田は娘の寿子(高橋花衣)が東京で自殺したと知り、原因究明のために田舎を引き払ってきたらしい。間もなく松原は、借金が原因で寿子が崎山に体を奪われたと聞く。

「松原完治 お金ちょうだい致します」(C)NTV
人それを情死と呼ぶ
放送日:10月19日
1996年・TV・カラー    原作:鮎川哲也   監督:小野田嘉幹   脚本:吉田剛  
出演:栗原小巻/永島敏行/高田万由子/小野寺昭/風祭ゆき  

幸せな家庭の貞淑な妻・照子(栗原小巻)は、夫・遼吉(小野寺昭)の失踪で衝撃と困惑に陥っていた。それに追い打ちをかけるように夫の身に談合汚職の嫌疑がかけられていた。そんな中、遼吉と謎の美女の心中死体が発見される。照子は娘・由美(高田万由子)と共に夫の死を心中に偽装した殺人を直感。母娘と謎の美女のの夫・津山(永島敏行)との共同調査を始める。

「人それを情死と呼ぶ」(C)俳優座/TBS
通いの天使 介護ヘルパー田野倉滋子
放送日:10月19日
2004年・TV・カラー    監督:(演出)雨宮望   脚本:ジェームス三木  
出演:三田佳子/淡路恵子/布施博/モト冬樹/阿知波悟美/有坂来瞳/森本レオ  

東京郊外にあるケアセンターに所属する介護士・田野倉滋子(三田佳子)が、少々認知症の症状が出ている83歳の花岡らん子(淡路恵子)を担当することになった。らん子と二人だけで暮らす息子の花岡哲夫(布施博)の依頼で、介護は1日9時間の1ヶ月間。建設会社に勤める花岡の要望は、家の2階部分には行かないで欲しい、ということだけ。滋子の人柄を気に入ったらん子は、数日もすると花岡に滋子と結婚するよう勧めはじめた。しばらくして、滋子はらん子の散歩中に顔を合わせた大橋敬三(モト冬木)という男に呼び出され、妙な話をされた。私立探偵だという大橋は、らん子と暮らす花岡が全くの別人だというのだ。

「通いの天使 介護ヘルパー田野倉滋子」(C)NTV
密室の死重奏
放送日:10月29日
1987年・TV・カラー    原作:藤原宰太郎   監督:村川透   脚本:篠崎好   
出演:中村雅俊/斉藤慶子/長門裕之/沖直美/仲谷昇/草薙幸二郎/岡本麗  

心中事件に見せ掛けた殺人。事件の裏側には、大学内の派閥争いが見え隠れしていた。

「密室の死重奏」(C)松竹
女検事 霞夕子1(桃井かおり主演)
放送日:10月23日
1985年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:渡邊祐介/大槻義一   脚本:石松愛弘  
出演:桃井かおり/新克利/大空眞弓/光石研  

敏腕検事の活躍を描く桃井かおり主演のサスペンスシリーズ第1作。資産家の宮内家の庭で近所の主婦・井沢津和子(加茂良子)が殺害される事件が発生。宮内家の主婦・宮内華江(大空真弓)は、津和子が自分のドレスを着ていたために誤って殺されたのだと主張する。華江は、数日前に宝石強盗を目撃し、逃亡中の犯人に脅されていたのだ。だが、担当となった女検事・霞夕子(桃井かおり)は、資産家の婦人である華江と貧しい津和子の関係に疑問を抱き……。

「女検事 霞夕子1(桃井かおり主演)」(C)ジャパンビジョン
女検事 霞夕子2(桃井かおり主演)
放送日:10月24日
1986年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:帯盛迪彦   脚本:石松愛弘  
出演:桃井かおり/星由里子/岡田英次/新克利  

敏腕検事の活躍を描く桃井かおり主演のサスペンスシリーズ第2作。生け花の流派と、タレント議員との癒着。それぞれの愛欲もからみ、複雑化する殺人事件に美人検事が挑む。生け花の家元・天沼(岡田英次)が、自宅の寝室で何者かに刺殺された。凶器は、アイスピック。事件を担当した検事の夕子(桃井かおり)が、警察と協力して捜査を開始する。

「女検事 霞夕子2(桃井かおり主演)」(C)ジャパンビジョン
女検事 霞夕子3(桃井かおり主演)
放送日:10月25日
1987年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:恩地日出夫   脚本:石松愛弘  
出演:桃井かおり/木内みどり/新克利/山口美也子/岸部一徳/石橋蓮司  

弁護士の秋子(木内みどり)はパソコン会社社長の美砂子(山口美也子)から海賊版ソフトの処理を依頼された。秋子の夫・寛(岸部一徳)はその社の顧問をしている。早速、ソフト屋に行って抗議したが、社長の沢野(石橋蓮司)は少しも動揺せず、夫と美砂子がホテルで愛しあっている写真を見せた。しかも美砂子は夫の子を宿していたのだ。

「女検事 霞夕子3(桃井かおり主演)」(C)ジャパンビジョン
女検事 霞夕子4(桃井かおり主演)
放送日:10月26日
1987年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:恩地日出夫   脚本:石松愛弘  
出演:桃井かおり/左時枝/大楠道代/新克利/深水三章/北村総一朗  

検事・霞夕子は、大学の同窓会で今をときめくファッションメーカーの社長夫人となった綱島邦子と再会した。一見幸せそうに見える綱島夫妻だが、昭は愛人に産ませた子供の認知を邦子に迫っていた。邦子は離婚して昭を会社から追放すると宣言したのに対し、昭も会社の実権を握るべく準備に取り掛かっていた。折りも折り、邦子は昭がガンで余命いくばくもない事実を知り、絶望からの自殺と見せかけて夫を殺害するという計画を練り始める。

「女検事 霞夕子4(桃井かおり主演)」(C)ジャパンビジョン
女検事 霞夕子5(桃井かおり主演)
放送日:10月29日
1988年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:恩地日出夫   脚本:石松愛弘  
出演:桃井かおり/大鶴義丹/吉行和子/高沢順子  

息子・良太の成績の悪さに業をにやした検事・霞夕子(桃井かおり)は、銀行の掲示板でたまたま知った東大生・宮野伸彦を家庭教師に迎えた。伸彦は母親・雪と2人暮らしで、雪は不動産会社社長の高遠謙作の愛人だった。高遠の本妻の三回忌を終えたことから、雪は当然自分が妻の座につけると考えていた。ところが、高遠が美貌の秘書・早川美砂子との再婚を宣言して…。

「女検事 霞夕子5(桃井かおり主演)」(C)NTV
京都慕情殺人事件
放送日:10月22日
1985年・TV・カラー    原作:山村美紗「扇形のアリバイ」   監督:松尾昭典   脚本:綾部伴子   
出演:水沢アキ/長門裕之/中山仁/山村紅葉/夏樹陽子  

古都・京都の季節のうつろいと祭を軸に展開される、山村美沙原作の推理サスペンス・ドラマ。秋の京都、御所を出た時代祭の行列の中で「紫式部」が殺され、現場に京扇子が残された。死因は草履に仕込まれていた毒針による中毒死。直前に支度をした歌舞練場で彼女に草履を渡したのは和装学院講師の白川由美子(水沢アキ)だった。その後も関係者が連続して不審な死を遂げるが、それぞれの現場には、いつも華やかな舞扇が残されていた。京都府警の刑事(長門裕之)が捜査を開始するが…。

「京都慕情殺人事件」(C)ユニオン映画
京都 花の宿殺人事件
放送日:10月23日
1988年・TV・カラー    原作:斎藤澪「花のもとにて」    監督:田中徳三   脚本:保利吉紀  
出演:岡江久美子/あべ静江/加藤治子/村井国夫/管田俊/江戸家猫八/清水めぐみ  

村井よし子(岡江久美子)は、夫から天然記念物のニドザクラの花が京都で咲いていると知らされる。15年前、この花の苗を持ったまま、婚約者の吾郎(菅田俊)が失踪して以来はじめてのことだった。現在の夫(村井国夫)と結婚はしたが、突然消えた吾郎のことは一日として忘れてはいなかった。よし子は、夫の許しを得て、京都の奥嵯峨にある宿を訪ねた。美しい女将(あべ静江)と老女中(加藤治子)の二人でひっそりと営む一軒宿には、秘めやかな悲劇の匂いがたちこめていた。

「京都 花の宿殺人事件」(C)松竹
苦い夜
放送日:10月24日
1999年・TV・カラー    監督:森崎東   脚本:佐伯俊道  
出演:渡瀬恒彦/大谷直子/大杉漣/永島暎子/冨樫真/松重豊/片桐竜次   

建設会社の二代目社長、相沢(渡瀬恒彦)が自宅で何者かに襲われた。状況から警察は仕事上のトラブルか恨みによるものと断定、相沢は犯人を推理する。相沢の家族は娘の千恵(富樫真)だけ。相沢はかつて愛人だったバーのママ、忍(永島暎子)を疑う。まもなく忍の指紋が別の殺人事件の現場から検出され、その殺人容疑と相沢の殺人未遂容疑で逮捕状が出る。

「苦い夜」(C)オセロット
北の椿は死を歌う
放送日:10月25日
1989年・TV・カラー    原作:皆川博子   監督:村川透   脚本:石松愛弘  
出演:神田正輝/かとうかずこ/高橋ひとみ/本田博太郎  

東京―新潟―庄内海岸。失踪した花嫁が残す不連続線。北国の旅情と花嫁失踪の謎とを見事に融合させた、皆川博子の直木賞受賞作をドラマ化したミステリー。東京・渋谷で画廊を経営する村上(神田正輝)は、同じビルの喫茶店に勤める斎原茜(高橋ひとみ)が絵を描くことを知り、急速に恋に落ちる。結婚することになった二人は、ホテルでの挙式当日に、この結婚になぜか反対する茜の両親と初めて会った。そして結婚式が始まる直前、茜はウェディングドレス姿のまま、忽然と姿を消した。

「北の椿は死を歌う」(C)国際放映
艶歌恋歌殺人譜
放送日:10月26日
1988年・TV・カラー    原作:草野唯雄「越後恋歌殺人譜」   監督:藤井克彦   脚本:勝目貴久   
出演:有森也実/安奈淳/岡本舞/八神康子/高岡健二/杉本哲太  

OLの純子(有森也美)は、姉・志乃(藤井佳代子)の三回忌の法事で、歌手・佳美(八神康子)に会った。志乃と佳美は寿美(安奈淳)が主宰する歌謡教室の生徒だった。友人の洋子(岡本舞)、佳美とスキーに出かけたとき志乃は事故死した。寿美の弟子である作曲家・村野(高岡健二)が作曲した“海つばめ”は、佳美が亡き友をしのび作詞したということでヒットしたが、純子は姉の死が利用されたようでいやな気分だ。ある日、佳美が公演先のホテルで髪を切られ殺されてしまう。

「艶歌恋歌殺人譜」(C)近代映画協会
うさぎと亀 桜の樹の下で
放送日:10月29日
2003年・TV・カラー    監督:雨宮望   脚本:石原武龍  
出演:市原悦子/淡路恵子/金久美子/萩原流行/松澤一之/あめくみちこ/大和田伸也  

小学校の給食部職員・愛川千代(市原悦子)は、人員削減の指示が伝わったことから、同僚で幼なじみの森島多恵(淡路恵子)に仕事を譲って辞め、仕事探しを始める。だが、学歴も資格もなく、64歳になる千代に仕事は見つからない。身寄りのない千代は困り果てる。そんな中、河川敷で焼死体が見つかり、遺留品などから、リストラされて求職中だった多恵の娘婿・大場文彦(萩原流行)の可能性が強まり…。

「うさぎと亀 桜の樹の下で」(C)NTV
うさぎと亀2 川の流れのように
放送日:10月30日
2004年・TV・カラー    監督:(演出)雨宮望    脚本:石原武龍  
出演:市原悦子/草笛光子/戸田恵子/李麗仙  

小学校のパート給食師をしている愛川千代(市原悦子)が通っているちぎり絵教室の生徒で、一人暮らしの盛田宏子(李麗仙)が他殺体が見つかる。宏子は陰で高利貸しをしていたとのこと。千代は、宏子と共に仲が良かった同僚の調理員・菊池亜希子(戸田恵子)の叔母の花井房枝(草笛光子)から話を聞くが、事件に繋がる話は聞けなかった。そんな中、亜希子の家と宏子との間に金にまつわるトラブルがあったと分かり―。

「うさぎと亀2 川の流れのように」(C)NTV
雨やどりの恋~うさぎと亀より~
放送日:10月31日
2006年・TV・カラー    監督:(演出)雨宮望   脚本:石原武龍   
出演:市原悦子/忌野清志郎/羽田美智子/小西美帆/宮川一朗太/相本久美子  

私立の小学校の給食師をしている愛川千代(市原悦子)は、家の前の軒先で雨宿りをしている男がケガをしていると気付き、家に上げて手当てをする。人相の悪い借金取りに追いかけられているらしい男の名は、平田紀彦(忌野清志郎)。千代は、この平田を匿ってあげるうち、次第に淡い恋心を抱くようになる。だが、平田を追いかけている女・三宅奈々(小西美帆)の話から、その正体が明らかになる。以前、小さな証券会社の社長をしていた平田は、自分が儲けるために、多くの客を詐欺のような手口で騙したらしいのだった…。

「雨やどりの恋~うさぎと亀より~」(C)NTV
婦人捜査官小森友子 少女Aの犯罪
放送日:10月30日
1998年・TV・カラー    監督:小野田嘉幹   脚本:鶴島光重/小林悦子   
出演:栗原小巻/柴田理恵/松村雄基/香坂みゆき/大塚道子  

女性警部の小森友子(栗原小巻)は、警視庁少年課に少年犯罪の防止を目的として設置された“白百合班”の班長。白百合班は友子のほか、清子や静香たち8人の婦人警官で構成され、少年センター勤務の大山刑事らのバックアップで少年少女の更生に尽力している。ある日、援助交際をしていた少女の指導を終え帰宅した友子は、娘・咲の物らしきブランド品を発見。咲に援助交際の疑いを抱く。だが、咲によればブランド品は中学時代の友人・山野久美子から預かった物だという。気になった友子は、久美子の家を訪ねるが…。

「婦人捜査官小森友子 少女Aの犯罪」(C)俳優座/TBS
ダイエット殺人事件
放送日:10月31日
1985年・TV・カラー    監督:村川透   脚本:篠崎好   
出演:市毛良枝/春川ますみ/塩沢とき/浦辺粂子/田島令子/村井国夫  

ヘルスクラブに勤める美人トレーナーの葉子のもとに、夫の泰男が浮気をしている、という脅迫めいた電話がかかった。冷えきった夫婦関係を送っていた葉子は、夫への疑いを打ち消せずにいた。そして、夫の不倫のショックからある男と一夜を共にしてしまう。翌朝、その男が死体で発見されるのだが……。

「ダイエット殺人事件」(C)国際放映
人情教授夏目龍之介 伊豆の踊子殺人事件
放送日:10月30日
1998年・TV・カラー    監督:井上昭   脚本:古田求/山口恵以子  
出演:橋爪功/森口瑤子/櫻井淳子/名古屋章/石橋けい  

女子大の文学部教授・夏目(橋爪功)は、妙子(櫻井淳子)ら4人の学生を連れて伊豆を旅行。その夜、木村という男がホテルにやってきた。メンバーの一人、亜紀(石橋けい)に異常な愛情を抱く彼は一行を執拗につけ回し、行く先々に現れる。そんな中、木村が殺され、前夜、彼を呼び出した妙子らに容疑がかかる。夏目は、妙子の姉でトラック運転手の貴子(森口瑤子)と事件の真相を調べ始める。

「人情教授夏目龍之介 伊豆の踊子殺人事件」(C)オセロット
坊っちゃん教授の事件簿 四国道後殺人事件
放送日:10月31日
1997年・TV・カラー    監督:井上昭   脚本:古田求  
出演:橋爪功/谷川清美/尾美としのり/美保純/吉見一豊/北村総一朗  

「坊っちゃん文学賞」の審査のため松山市を訪れた大学教授・夏目(橋爪功)は、かつての教え子・浩一に迎えられる。浩一は2年前に兄を事故で亡くした後、資産家で知られる実家の財産を相続していた。歓迎会の後、酔った浩一は幼なじみの宮下(吉見一豊)に自分の車を預け、夏目を別の店に誘う。店のママ・那美(美保純)は昨日、夏目が偶然出会った女性だった。翌朝、宮下の事故死体が発見された。

「坊っちゃん教授の事件簿 四国道後殺人事件」(C)オセロット
弁護士 朝日岳之助1
放送日:11月26日
1989年・TV・カラー    原作:姉小路祐   監督:藤井克彦   脚本:中島玲子/宮川一郎(構成)  
出演:小林桂樹/薬丸裕英/美保純/深水三章/岩本千春/佐藤仁哉/大杉漣  

九州なまりが残る人情派弁護士・朝日岳之助(小林桂樹)。ある日、塩川奈津子(美保純)が「兄が無実の罪で警察に逮捕されたので助けて欲しい」と事務所を尋ねてきた。塩川邦夫(佐藤仁哉)は12年前に殺人放火事件で無期懲役になり、2ヶ月前に仮釈放になったばかりだった。ビルの警備員をしていた灰野昌郎が殺された強盗殺事件で「自白調書を無理矢理とられたが、自分は無実」と邦夫は主張する。

「弁護士 朝日岳之助1」(C)国際放映
弁護士 朝日岳之助2
放送日:11月27日
1990年・TV・カラー    原作:姉小路祐   監督:藤井克彦   脚本:峯尾基三  
出演:小林桂樹/川上麻衣子/薬丸裕英/黒田福美/池田政典  

社長殺しの容疑者として娘の恋人の従業員が捕まった…。1%の逆転判決に賭けた恋人たちの真実の叫びが法廷に響く。社長の伊原が殺され、従業員の浩(池田政典)が捕まった。浩は伊原の娘・美佳子(川上麻衣子)と恋仲だが、結婚に反対され伊原と争うところを家政婦に見られている。庭の足型も浩の靴と一致した。浩の無実を信じる美佳子に依頼され、朝日(小林桂樹)が弁護を担当。調べると、ロッカーから浩の靴が盗まれていた。一方、伊原は商売変えをめぐり従業員とモメていた。朝日は「犯人はこの中だ」と法廷の傍聴席を見回す。

「弁護士 朝日岳之助2」(C)国際放映
弁護士 朝日岳之助3
放送日:11月28日
1991年・TV・カラー    原作:姉小路祐   監督:前田陽一   脚本:峯尾基三  
出演:小林桂樹/柴俊夫/竹井みどり/薬丸裕英/黒田福美/西村和彦  

無実の罪で起訴された仲間を救うべく弁護士になった朝日岳之助の活躍を描く人気シリーズ。冤罪を憎み、その弁護に人一倍の情熱で立ち向かっていく…。

道路事業の利権を巡って暗躍する市会議員の乗松と愛人がホテルの一室で殺された。逮捕されたのは道路開発課に勤める野々口浩一と弟・雄次。岳之助は、「雄次は絶対に無実」という浩一の妻・幸代から弁護の依頼を受ける。雄次の供述に不自然な所が多いが、岳之助は公判で無罪を主張。しかし雄次は全面自供。将田検事率いる検察側が有利なのは誰の目にも明らかだった。だが物的証拠は何もなく、岳之助は雄次の自供の裏に何かがあるとにらむ。

「弁護士 朝日岳之助3」(C)国際放映
弁護士 朝日岳之助4
放送日:11月29日
1992年・TV・カラー    原作:姉小路祐    監督:藤井克彦   脚本:峯尾基三  
出演:小林桂樹/とよた真帆/薬丸裕英/黒田福美/藤原稔三/阿部祐二  

岳之助(小林桂樹)は、東都大学文学部講師・前元敦史(藤原稔三)から、殺人容疑で逮捕された敦史の恋人・裕美子(とよた真帆)の弁護を頼まれる。裕美子は、敦史と同じ文学部講師・堀内克己(阿部祐二)とも交際していた。敦史の求婚を受け、克己に別れを告げた裕美子は、激怒した克己をカッターナイフで切りつけてしまったのだ。裕美子の連絡を受けた敦史は、助手の小河(和田緑郎)を現場に向かわせ、克己の死を確認した。

「弁護士 朝日岳之助4」(C)国際放映
弁護士 朝日岳之助5
放送日:11月30日
1993年・TV・カラー    原作:姉小路祐   監督:藤井克彦   脚本:峯尾基三   
出演:小林桂樹/白島靖代/薬丸裕英/笹野高史/黒田福美/ルビー・モレノ  

フィリピン留学生・アギーラ(ルビー・モレノ)が人材派遣会社の柳田殺しの容疑で逮捕された。妹のマテルダは柳田に売春を強要されたが断り、柳田に傷を負わせたことにより傷害で捕まっている。アギーラは友人の美紀子(白島靖代)の父・照雄(笹野高史)の工場でアルバイトをしていた。美紀子が営業の秋彦と一緒にアギーラの弁護を朝日に頼むが、照雄は弁護しないで欲しいと言ってきた。現場での目撃者もいて、アギーラは犯行を自白する。物的証拠である軍手が、実はもうアギーラが使っていなかった軍手だと突き止めた朝日は、冤罪を確信する。

「弁護士 朝日岳之助5」(C)国際放映
雨の中の殺人者
放送日:11月1日
1992年・TV・カラー    原作:森真沙子「眼のない人形たち」   監督:松島稔   脚本:猪又憲吾  
出演:中原理恵/萩原流行/土田早苗/小坂一也/宝生あやこ/深水三章/渡辺裕之  

『雨の中の殺人者 人妻を狙う黒いシルエット、西伊豆ツアーの中に犯人がいる…』

連続通り魔殺人が起き、知らない間にその殺人鬼を目撃していたことを知った主婦の恐怖。

「雨の中の殺人者」(C)国際放映
裏窓の花嫁
放送日:11月1日
1986年・TV・カラー    原作:小林 久三「シンデレラは眠れない」   監督:鷹森立一   脚本:猪又憲吾  
出演:桜田淳子/佳那晃子/藤岡琢也/清水章吾/加納竜  

新人女優覗きの代償! 霊枢車は深夜三度走る!
大学教授が殺された事件で容疑がかけられた下積み女優が、影なき殺人者の恐怖に脅える。

「裏窓の花嫁」(C)国際放映
下町『いろは湯』物語
放送日:11月1日
1995年・TV・カラー    監督:和泉聖治   脚本:柏原寛司  
出演:柳葉敏郎/叶和貴子/村田雄浩/阿藤海/仁藤優子/梅津栄/中本賢   

『下町「いろは湯」物語 サブちゃんの純情裏稼業・・・ボイラーマンはスゴ腕窃盗犯!?』

東京・下町の銭湯“いろは湯”のボイラーマン・三郎(柳葉敏郎)は暴力団の元幹部で前科者。“いろは湯”の経営者・夏子(叶和貴子)には、過去を隠して暮らしている。夏子は夫と別れ、息子の晋と一人で育てている。晋の所属する少年野球チームの監督をしている三郎。練習中に昔の仲間で、現在組長の伊豆山(阿藤海)が接触してきた。会員制秘密女装クラブの33番ロッカーの中身を盗み出して欲しいとのことだった。

「下町『いろは湯』物語」(C)国際放映
火の坂道
放送日:11月2日
1983年・TV・カラー    原作:小林久三    監督:須川栄三   脚本:猪又憲吾  
出演:近藤正臣/岡江久美子/仲谷昇/中村れい子/塩屋俊/菅野忠彦  

毎朝、坂道で会う美しい人妻に夢中になるサラリーマン。だが、その人妻の夫が殺されてしまう。満たされぬ愛と生活の中で揺れる夫婦愛と殺人事件を絡めて描く。妻・千江子(岡江久美子)との仲もうまくいかず、希望のない生活を送る勝一(近藤正臣)には思いを寄せる女性がいた。毎朝、坂道ですれ違う美貌の人妻だ。彼女は有名な弁護士・東田(仲谷昇)の後妻・美也子(中村れい子)。ある朝、いつもの坂道で勝一は初めて彼女に声をかけられる。

「火の坂道」(C)松竹
殺人銀行
放送日:11月2日
2001年・TV・カラー    監督:山本邦彦   脚本:扇澤延男   
出演:斉藤由貴/蟹江敬三/豊原功補/塩屋俊/水島かおり/桑野信義  

『殺人銀行 強盗たちはなぜ殺されたのか?密室の支店で4人全員が次々と謎の死!真相に迫る女課長を殺意のトリックが…』

若菜(斉藤由貴)は銀行の預金課長だったが、ある日の閉店直後に4人組の強盗に押し入られた。が、突然行内が停電し、犯人の一人が行員の道子(水島かおり)を連れて配電盤のある2階へ向かう。若菜はもう一人の犯人に促され地下金庫に向かった。だが、二組とも戻らないため残りの二人も1階を後にする。そこに白波刑事(蟹江敬三)ら警官隊が突入するが、強盗はすでに射殺されていて…。

「殺人銀行」(C)カノックス
見知らぬ夫
放送日:11月2日
1986年・TV・カラー    原作:馬場当    監督:村川透   脚本:馬場当  
出演:酒井和歌子/蟹江敬三/奥田瑛二/木之元亮/西岡徳馬  

荒木章子(酒井和歌子)は、一年前に夫、荒木竜夫を飛行機の墜落事故で亡くしていた。それ以来章子は息子のタカシと二人暮らし。ある日、隣の家に森(奥田瑛二)という男が引っ越してきて、章子は次第に心を惹かれていく。章子は森と付き合うようになるが、ある日、章子の自宅の前で見知らぬ男(蟹江敬三)が立っているのを見かけた。章子はその男の顔にまったく見覚えがなかったが、その男は章子に、自分は荒木竜夫だと名乗った…。

「見知らぬ夫」(C)国際放映
京都喰い道楽古本屋探偵ミステリー1
放送日:11月5日
2002年・TV・カラー    監督:本橋圭太   脚本:水野宗徳  
出演:榎木孝明/秋野暢子/森下涼子/あき竹城/柴俊夫/谷啓/チャーリー浜  

『京都喰い道楽古本屋探偵ミステリー1 井原西鶴伝説 ~好色一代男に秘められた謎~…すき焼き!ハモ料理!和菓子!京都を食べ尽くす道楽男とドケチ女将が追う芸者街の殺人!』



古本屋の大黒文治郎(榎木孝明)は、祇園のお茶屋「花牡丹」の長年のなじみ客で、女将のサヨ(秋野暢子)に生涯払い続けるほどの借金を背負いながらもウマの合う仲。京満銀行の高橋(チャーリー浜)も大黒に貸した金を返済してもらうのに一生懸命だ。「花牡丹」の座敷で古書ブローカーの町田が刺殺され、舞妓が逮捕されるという事件が起こる。大黒は古書「好色一代男」に一千万円もの値がついた秘密をさぐる。やがて、この本を町田から買った資産家の竹内和歌子も何者かに刺殺された。和歌子の夫(寺田農)は西鶴研究で知られる学者だ。西鶴には二人目のライターがいて「好色一代男」を代作したという伝説の裏には、執念の復讐劇がひそんでいた。

「京都喰い道楽古本屋探偵ミステリー1」(C)大映テレビ
京都喰い道楽古本屋探偵ミステリー2
放送日:11月6日
2004年・TV・カラー    監督:本橋圭太   脚本:水野宗徳  
出演:榎木孝明/秋野暢子/栗原小巻/谷啓/柴俊夫/あき竹城/チャーリー浜  

『京都食い道楽!古本屋探偵ミステリー2 ~夏目漱石に秘められた哀しい恋文~ 女流作家の過去を暴く恋文の謎に京都厳選グルメ食通探偵が挑む!』

榎木孝明が演じる、飄々としたキャラクターが持ち味の古本屋が、京都を舞台に、本にからむ殺人事件の謎に挑む異色作第2弾が登場する。大黒文治郎(榎木孝明)は京都で古本屋を営んでいるが、本業そっちのけで、道楽三昧の毎日を送っている。あるパーティーで作家・浅村野薔薇(栗原小巻)と知り合い、一冊の夏目漱石の本探しを依頼される。実はその本には浅村の過去を暴く重要な一通の手紙が収められており、誰もがその行方を追っていた。その中の一人だった新進女流作家が何者かによって殺害された。大黒は、手紙に秘められた謎を追う。

「京都喰い道楽古本屋探偵ミステリー2」(C)大映テレビ
嫁・姑殺人事件
放送日:11月5日
1985年・TV・カラー    原作:小林久三「蒼ざめた試写会」   監督:池広一夫   脚本:岡田正代  
出演:丘みつ子/西田健/宝生あやこ/中村晃子/山本圭/村井国夫/島村佳江  

原作は「皇帝のいない八月」などで知られる推理作家・小林久三の「蒼ざめた試写会」。水口靖代(丘みつ子)は結婚して10年経っても子供が出来ないこともあり、夫・義和(西田健)の母・静江(宝生あやこ)と折合いが悪い。結婚記念日の翌日、荒川近くのタイヤ処理場で義和が他殺死体となって発見される。静江は、靖代と彼女の学生時代の知り合いである新聞記者の原田(山本圭)が共謀して義和を殺したのだと取り乱し、靖代を道連れにしてガス中毒自殺を図って死んでしまう。助かった靖代は、原田と共に真相を探り始める。

「嫁・姑殺人事件」(C)松竹
深夜高速バス
放送日:11月5日
1995年・TV・カラー    原作:江良至   監督:平山秀幸   脚本:丸内敏治   
出演:麻生祐未/永島敏行/内藤剛志/滝沢涼子/趙方豪/中村久美/尾美としのり  

絵美子(麻生祐未)は、同じ施設で育ち、実の妹のようにかわいがってきた真梨奈(滝沢涼子)をだましたサラ金の社員、君原(趙方豪)への復讐を決意。君原の恋人になりすまし、会社の金を横領させるが、君原は支店長を殺すという予定外の行動に出る。刑事・西影(永島敏行)は君原と恋人の絵美子をマークし出す。絵美子は君原から金を受け取るため、福岡行き深夜高速バスを使ったトリックを思いつく。

「深夜高速バス」(C)アルゴ・ピクチャーズ
白骨が愛した男
放送日:11月6日
1997年・TV・カラー    監督:片岡修二   脚本:江良至  
出演:渡辺梓/榊原利彦/北村和夫/本田博太郎/六平直政/小林千登勢/中原早苗  

歯科医の坂上が殺され、刑事の美香子(渡辺梓)らは捜査に乗り出した。まもなく、警察は坂上とトラブルのあった藤倉を指名手配。そんな中、現場を調べていた美香子は、2年前に見つかった白骨死体の法歯学資料が消えていることに気付く。被害者は綾子という女性。綾子は20年前、男と駆け落ちを計画し、夫を殺害していた。

「白骨が愛した男」(C)アルゴ・ピクチャーズ
十字路に立つ女
放送日:11月6日
1991年・TV・カラー    原作:逢坂剛   監督:池広一夫   脚本:柴英三郎   
出演:細川俊之/佳那晃子/菅原謙次/蟹江敬三/森口瑤子/伊佐山ひろ子/加藤和夫  

「百舌(もず)シリーズ」などで知られる逢坂剛の同名小説が原作。フリーライターの岡坂(細川俊之)は、顔見知りの助教授・理絵(佳那晃子)のマンションを訪ねるが、そこで暴行殺人犯・河野の脱走を報道するテレビを理絵が見て顔色を変えた。理絵は河野に暴行された被害者で、理絵の証言で河野は逮捕されたのだ。数日後、岡坂を訪ねてきた理絵を、河野が仕返しに襲って連れ去った。

「十字路に立つ女」(C)松竹
失踪・夫が消えた!
放送日:11月7日
1986年・TV・カラー    監督:(演出)藤田明二    脚本:和泉聖治/原田菜緒子  
出演:佐藤友美/平幹二朗/村井国夫/露原千草  

商社マンの夫・信一(村井国夫)が転勤先のロサンゼルスで消息を絶ってから3ヶ月。夫の行方を探しに転勤先のロサンゼルスを訪れた妻・涼子(佐藤友美)だったが、現地でトラブルに巻き込まれ、貿易商・桂木(平幹二郎)に助けられる。彼を頼りに夫の行方を追っていく中で、夫の失跡の秘密が明らかになっていく。

「失踪・夫が消えた!」(C)共同テレビジョン
同姓同名
放送日:11月7日
1998年・TV・カラー    原作:清水一行「単身赴任」より    監督:松島哲也   脚本:いずみ玲  
出演:大島さと子/益岡徹/田中美奈子/中本賢/並樹史朗/田山涼成/穂積隆信/尾形大作  

主婦の里子(大島さと子)に夫・勇(益岡徹)が交通事故に遭ったと嘘の連絡が入った。その後、娘の誘拐をにおわせる電話を受けた里子は恐怖心を募らせる。まもなく、勇と同姓同名の鈴木(並樹史朗)が刺殺される事件が発生した。鈴木にも脅迫電話がかかっており、警察は鈴木が勇と間違えて殺されたと判断。そんな中、鈴木がかつて学生運動の巻き添えで足にけがをしていたことが判明する。

「同姓同名」(C)Gカンパニー
家族ゲーム
放送日:11月7日
1982年・TV・カラー    原作:本間洋平    監督:池広一夫   脚本:中島丈博  
出演:岸本加世子/南田洋子/鹿賀丈史/ハナ肇/伊藤康臣/加賀まりこ  

松田優作主演の映画「家族ゲーム」や、長渕剛の同名テレビシリーズでおなじみの原作による、鹿賀丈史版の2時間ドラマ。脚本を中島丈博が手がける。団地住まいの沼田家。小さな工場を営む盛男(ハナ肇)・妙子(南田洋子)夫婦の自慢は、優等生の長女・晶(岸本加世子)だった。一方、弟の茂之(伊藤康臣)はいじめられっ子の劣等生で、家庭教師をつけることに。やって来たのはアフロヘアで大学7年生という吉本(鹿賀丈史)という男だった。やがて、吉本のスパルタ特訓で茂之の学力は上がっていくが、かわりに吉本の荒っぽさに惹かれた姉の成績が下がってしまう。

「家族ゲーム」(C)松竹
家族ゲームⅡ
放送日:11月8日
1984年・TV・カラー    原作:本間洋平   監督:池広一夫   脚本:中島丈博  
出演:岸本加世子/鹿賀丈史/山田邦子/岡本富士太/伊藤康臣/南田洋子/ハナ肇  

鹿賀丈史が風変わりな家庭教師を演じる2時間ドラマ「家族ゲーム」のその後を描く続編。沼田家では、女子大生の晶(岸本加世子)、高校生の茂之(伊藤康臣)、母の妙子(南田洋子)、父の盛男(ハナ肇)の誰もが奇妙な焦りといらだちの中で暮らしていた。ある日、晶は街で、かつて恋心を抱いた茂之の家庭教師・吉本(鹿賀丈史)に出会う。吉本は新宮寺(岡本富士太)という医者を連れていた。

「家族ゲームⅡ」(C)松竹
チャイドルママの事件簿-南紀白浜幽霊殺人事件-
放送日:11月8日
1998年・TV・カラー    監督:(演出)小野原和宏    脚本:福田靖  
出演:岡江久美子/布施博/前田愛/仲本工事/秋野太作/上村香子/河原さぶ  

その昔、『マコは名探偵』の主役・マコで人気子役だった如月冴子(岡江久美子)。今は子役タレントの事務所社長で、14歳のわが娘・七海(前田愛)を売り出そうと懸命だ。子役アイドルの母親、つまり“チャイドルママ”の冴子が、七海ともども事件に巻き込まれて名探偵ぶりを発揮していく。今回は、ロケ隊一行と南紀白浜へやってきた七海と冴子が、ロケ現場で首なし幽霊にからまる殺人事件に挑戦する。

「チャイドルママの事件簿-南紀白浜幽霊殺人事件-」(C)共同テレビジョン
有毒病棟
放送日:11月8日
1995年・TV・カラー    監督:長尾啓司   脚本:吉田剛  
出演:沢口靖子/内藤剛志/石橋蓮司/寺田農/秋本奈緒美/斉藤洋介/深浦加奈子  

美子(沢口靖子)は病院に勤務する外科医。ある夜、美子は入院中の少年・仁が点滴ミスでショック死する事件を目撃する。仁は医療機器の営業マン・奈良(斉藤洋介)の息子だ。翌日、院長・三波(寺田農)の元で緊急会議が開かれた。その席で副院長・森山(石橋蓮司)は、ミスを公表しないようにと主張。病院は医療法人・敬愛会との合併を控えていた。翌日、敬愛会の平井会長に腎臓移植手術が行われた。ドナーは仁少年だった。

「有毒病棟」(C)レオナ
京都ぽんと町殺人なべ料理 愛欲スクランブル
放送日:11月9日
1988年・TV・カラー    監督:山像信夫   脚本:岡本克己  
出演:浜木綿子/斉藤慶子/田村高廣/戸浦六宏/船越英一郎  

京都のふぐ料理屋の仲居・きぬ子(浜木綿子)は、夫に先立たれてから娘のマリ子(斉藤慶子)と二人暮らし。きぬ子は娘には内緒で和菓子屋の主人・山根(戸浦六宏)と付き合っていた。男やもめの山根は無類の女好きで、マリ子をきぬ子の娘と知らずに、言葉巧みに誘い出してレイプしてしまう。マリ子は山根を警察に訴えるが、山根から「あんたの娘に強姦罪で訴えられた」と聞かされたきぬ子はショックを受けて…。

「京都ぽんと町殺人なべ料理 愛欲スクランブル」(C)PDS
観光バスが消えた… 鳥羽・伊勢志摩ツアーの罠
放送日:11月9日
1995年・TV・カラー    原作:佐野洋   監督:前田陽一   脚本:佐伯俊道   
出演:片岡鶴太郎/藤田朋子/奈良富士子/夏木ゆたか  

静江(奈良富士子)をはじめ桜沢小のPTAが国松先生(越村公一)を含め17名でバス旅行に出かけた。ところがバス会社から学校に、予約したバスに一行が乗っていないと連絡が入る。そのころバスの中では、運転士の順吉(片岡鶴太郎)とガイドの志織(藤田朋子)が酔い止めだと言って配った薬で、皆が眠らされていた…。

「観光バスが消えた… 鳥羽・伊勢志摩ツアーの罠」(C)レオナ
万引夫人のとんでもない誤解
放送日:11月9日
1984年・TV・カラー    原作:日下圭介    監督:池広一夫   脚本:吉田剛   
出演:梶芽衣子/近藤正臣/中村晃子/森本レオ/桜むつ子/今福将雄  

デパートで高価な指輪を見ていた美保子(梶芽衣子)は、以前口説かれた井口(近藤正臣)に突然声をかけられた。驚いた美保子は井口の誘いを断り、そそくさと家に帰ってきた。だが、急ぐ余り指輪を間違って持ってきてしまった。翌日、美保子は指輪を返しにデパートへ行ったが…。江戸川乱歩賞作家、日下圭介の短編をドラマ化。

「万引夫人のとんでもない誤解」(C)松竹
棲息分布
放送日:10月22日、11月12日
1977年・TV・カラー    原作:松本清張   監督:(演出)和田勉   脚本:石堂淑朗  
出演:滝沢修/佐藤慶/津島恵子/横山道代/中山麻里/渡辺文雄  

政財界の人間たちのあくどい腹の探り合いを歯切れ良く描いた内幕ドラマ。ロッキード事件の背景を連想させ、原作者・松本清張が結婚式の祝辞を述べる評論家役で特別出演。戦後の混乱期に富を築いた井戸原(滝沢)は、会社の乗っ取りで私腹を肥やしている。戦時中に井戸原が物資を横領した過去を知る元憲兵の根本(佐藤)はそれをネタに金儲けをたくらみ、怪しげな記者もそこに絡み…。

「棲息分布」(C)NHK
最後の自画像 「駅路」より
放送日:10月23日、11月13日
1977年・TV・カラー    原作:松本清張「駅路」   監督:(演出)和田勉   脚本:向田邦子  
出演:いしだあゆみ/加藤治子/内藤武敏/乙羽信子/山内明/吉行和子/目黒祐樹  

松本清張の原作小説「駅路」を向田邦子が脚本化し、和田勉が演出したテレビドラマ。真面目一筋に生きてきた男が蒸発し。その足取りを追うと意外な素顔が見えてくる。男(山内明)が、銀行を定年退職した翌日に姿を消した。刑事(内藤)が男の足取りを追ううちに、会社一筋で生きる反面、ゴーギャンの絵に魅せられた男の真の姿=自画像が明らになる。

「最後の自画像 「駅路」より」(C)NHK
依頼人
放送日:10月24日、11月14日
1977年・TV・カラー    原作:松本清張   監督:(演出)高野喜世志    脚本:山内久  
出演:太地喜和子/小沢栄太郎/沖雅也/二木てるみ  

弁護士界の内幕と女性の愛憎を描いた松本清張原作のサスペンス。主人公・伊佐子(太地喜和子)はある会社会長の愛人。美容院をあてがわれ、妹とともに経営をしていたが、相続問題で土地を奪われることになる。間に入った弁護士の沼田(小沢栄太郎)は、美しい伊佐子の相談に乗るふりをしながら、裏でそろばんをはじき、あわよくば彼女をわがものにしようとする。常に男に頼らなければ生きてこられなかった、はかなくも悲しい女・伊佐子を太地喜和子が妖艶に演じる。

「依頼人」(C)NHK
たずね人
放送日:10月25日、11月15日
1977年・TV・カラー    原作:松本清張   監督:(演出)重光亨彦   脚本:早坂暁  
出演:林隆三/鰐淵晴子/河津清三郎/小山明子/島村佳江/戸浦六宏  

かつて日本の軍人であった父を持つインドネシア人の女性の出生をめぐり、彼女をモデルとする写真家、彼女の実の父、政治家の側近など、様々な立場の人々が参院選間近の状況の中錯綜する松本清張原作によるサスペンスドラマ。オランダから帰国したカメラマン・綾村省三(林隆三)は、オランダ女性ルキア(鰐淵晴子)も一緒に連れていた。日本軍人との間に生まれた彼女は、終戦直後に離れてしまったその父を捜すために来日したのだ。綾村はテレビのワイドショーを通じて、ルキアの父親捜しに協力するのだが…。原作者の松本清張が政界の

「たずね人」(C)NHK
天城越え
放送日:10月26日、11月16日
1978年・TV・カラー    原作:松本清張   監督:(演出)和田勉   脚本:大野靖子  
出演:大谷直子/佐藤慶/鶴見辰吾/中村翫右衛門/宇野重吉/玉川良一/荒井注  

大正末期、天城山中で起きた少年と娼婦との悲しい愛と殺人を描いた松本清張の原作を和田勉演出でドラマ化。第33回芸術祭大賞受賞作品。子役時代の鶴見辰吾が事件の鍵となる少年を演じ、松本清張もお遍路役で特別出演した。どしゃ降りの天城山中で男の死体が発見され、その前日3人の旅人の姿が目撃された。殺された流れ者の男(佐藤慶)、女郎屋から逃げてきた娼婦(大谷直子)、そして家出少年(鶴見辰吾)。警察は娼婦を逮捕するが…。ドラマは、現代と当時を振り返りながら真相を明らかにしていく。

「天城越え」(C)NHK
団地妻のさけび
放送日:11月12日
1983年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:藤井克彦   脚本:岡本克己  
出演:水沢アキ/中山仁/大和田獏/小坂一也/金沢碧/石濱朗  

かつて関係のあった男が殺された。夫に内緒にしていた妻に不気味な事件が起こるミステリー。

「団地妻のさけび」(C)日活株式会社
オフィス妻のさけび
放送日:11月13日
1985年・TV・カラー    監督:小沼勝   脚本:原教子  
出演:水沢アキ/山口果林/山口崇/丹阿弥谷津子/宮下順子/高橋昌也/松本ちえこ  

奈津子は、上司の三沢との不倫の現場を、ハイミスの千枝子に目撃されてしまう。しかし、千枝子は会社の前にある植込みに転落死し、約10日後になって発見される。死後、千枝子が私生活では派手な格好をし、ホストクラブに出入りしていたことが判明。更に、千枝子が部長の山崎と不倫していたらしいことが分かる。

「オフィス妻のさけび」(C)日活株式会社
片道切符の花嫁
放送日:11月14日
1985年・TV・カラー    監督:藤井克彦   脚本:須川栄三  
出演:黒木瞳/ハナ肇/村井国夫/広岡瞬/長門裕之/奈美悦子  

死んだ友人になりすました女は財産を手にする。しかし、友人には隠された過去があった。

「片道切符の花嫁」(C)日活株式会社
名無しの探偵 愛の復讐
放送日:11月12日
1987年・TV・カラー    原作:ビル・プロンジーニ「復讐」より   監督:村川透   脚本:柏原寛司  
出演:緒形拳/研ナオコ/小林稔侍/なべおさみ/土屋嘉男/風祭ゆき  

ある事件で誤って犯人を射殺してしまった事がきっかけで刑事を辞めて探偵を始めた名無し探偵。妻子に逃げられ寂しい暮らしを送っている俺に、今日も依頼がやってくる。人気ミステリー作家、ビル・プロンジーニの「名無しの探偵」シリーズを緒形拳主演でドラマ化。ある日、依頼にやってきたのは宮崎悦子。結婚詐欺に遭い、久松という男に探し出して欲しいという。田舎者まる出しの悦子は行く当てがないと言うので、事務所に泊めてやることにする。

「名無しの探偵 愛の復讐」(C)国際放映
名無しの探偵 愛の死角
放送日:11月13日
1988年・TV・カラー    原作:ビル・プロンジーニ「死角」   監督:工藤栄一   脚本:中岡京平  
出演:緒形拳/藤真利子/小林稔侍/大坂志郎/なべおさみ/山西道広  

ある事件で誤って犯人を射殺してしまった事がきっかけで刑事を辞めて名無し探偵を始めた男。妻子に逃げられ寂しい暮らしを送っている“俺”に、今日も依頼がやってくる。人気ミステリー作家、ビル・プロンジーニの「名無しの探偵」シリーズを緒形拳主演でドラマ化。“俺”は行き着けの喫茶店の常連客、倉持源三郎から、その店のママ・松森英子の素行調査を依頼される。倉持は、彼女に恋心を抱いていて、プロポーズしたいという。“俺”も英子に好意を持っていただけに戸惑うが、引き受けることに。翌日の閉店後、“俺”は英子を尾行するが、その日、事件が起きる。

「名無しの探偵 愛の死角」(C)国際放映
名無しの探偵 殺意のデッサン
放送日:11月14日
1989年・TV・カラー    原作:ビル・プロンジーニ   監督:工藤栄一    脚本:金子成人  
出演:緒形拳/小林稔侍/金沢碧/田中律子/なべおさみ/森山周一郎  

刑事を辞めて名無し探偵を始めた“俺”に、今日も依頼がやってくる。人気ミステリー作家、ビル・プロンジーニの「名無しの探偵」シリーズを緒形拳主演でドラマ化。刑事を辞めて探偵を始めた名無し探偵(緒形拳)は、妻子に逃げられ寂しい暮らしを送っている。仕事がなく事務所兼住居の家賃を滞納し追い出される“俺”。仕方なく、頼まれたアイドル歌手・山科千里の付き人のアルバイトをすることに。わがままな千里につい説教してしまうが、千里は俺に信頼を寄せる。山科千里の後援会のパーティーで20年ぶりに警察時代の同僚・横田に会う。

「名無しの探偵 殺意のデッサン」(C)国際放映
名無しの探偵 愛の虚構
放送日:11月15日
1990年・TV・カラー    原作:ビル・プロンジーニ   監督: 工藤 栄一    脚本:橋本以蔵   
出演:緒形拳/小林稔侍/渡辺えり子/一色彩子/なべおさみ/志水季里子   

人気ミステリー作家、ビル・プロンジーニの「名無しの探偵」シリーズを緒形拳主演でドラマ化。仕事がさっぱりこないので“俺”は探偵学校の講師になった。生徒の社長夫人・晴子から社の会計係・達彦の浮気調査を頼まれる。達彦は女とデート中、ビル工事の鉄材に直撃されて死ぬ。“俺”は殺しとにらんで晴子の夫を尾行。脱税した金を愛人の麻美のアパートに隠していた。麻美は達彦とデートしていた女だった。“俺”は晴子の本当のねらいを調べ始める。

「名無しの探偵 愛の虚構」(C)国際放映
名無しの探偵 愛の幻影
放送日:11月16日
1990年・TV・カラー    原作:ビル・プロンジーニ   監督:工藤栄一   脚本:畑啓美  
出演:緒形拳/島田陽子/小林稔侍/加藤治子/三橋達也/本田美奈子  

人気ミステリー作家、ビル・プロンジーニの「名無しの探偵」シリーズを緒形拳主演でドラマ化。女優のかほりがニューヨークでカムバック。65歳のはずが30歳の若さだ。かほりの昔の恋人・小暮に、「本物か調べてくれ」と頼まれ、俺はアメリカへ。マネージャーの律子に面会を断られ、外出したかほりをつかまえると「私、かほりじゃないんです」。かほりの主治医・石神の子・聡が殺された。石神の部屋には、かほりそっくりの響子の写真が・・・。

「名無しの探偵 愛の幻影」(C)国際放映
名無しの探偵 彼女の人生
放送日:11月19日
1992年・TV・カラー    原作:ビル・プロンジーニ   監督:井上昭   脚本:金子成人  
出演:緒形拳/渡辺梓/小林稔侍/なべおさみ/青木卓司/光石研/趙方豪  

人気ミステリー作家、ビル・プロンジーニの「名無しの探偵」シリーズを緒形拳主演でドラマ化。“俺”はさえない私立探偵。事務所の電話番号がテレクラの番号と一つ違いのため、間違い電話が多い。以前、仕事の依頼だと思って会った24歳の女が訪ねてくる。松山聖子といい、桐田幸恵という女を捜してほしいと依頼される。湯島のスナックで1、2度会い、金を貸してもらったが、来なくなったので返せなくなったからという。俺がスナックで調べると、幸恵は5日前にアパートで自殺していた。それでも聖子は、幸恵がどう生き、どう死んだか調べてほしいという。

「名無しの探偵 彼女の人生」(C)国際放映
名無しの探偵 ガーベラの女
放送日:11月20日
1993年・TV・カラー    原作:ビル・プロンジーニ   監督:井上昭   脚本:橋本以蔵  
出演:緒形拳/風吹ジュン/小林稔侍/平泉成/光石研/神保悟志  

人気ミステリー作家、ビル・プロンジーニの「名無しの探偵」シリーズを緒形拳主演でドラマ化。探偵の俺(緒形拳)は篠原警部から連続殺人捜査のオトリ役を押し付けられる。殺された男たちはエロ雑誌の交際欄の常連で、現場にはガーベラの花が残されていた。篠原は、犯人は交際欄を見て男に会った女に違いないという。俺が待つゲイバーに現れた女・いつみ(風吹ジュン)は、連絡先を教えてくれといい、すぐに去った。俺は偶然、いつみは連続殺人を書いた作家だと知る。

「名無しの探偵 ガーベラの女」(C)国際放映
名無しの探偵 少年
放送日:11月21日
1994年・TV・カラー    原作:ビル・プロンジーニ   監督:一倉治雄   脚本:畑啓美  
出演:緒形拳/余貴美子/小林稔侍/深水三章/上田耕一/神津はづき  

人気ミステリー作家、ビル・プロンジーニの「名無しの探偵」シリーズを緒形拳主演でドラマ化。売れない私立探偵の“俺”は、病院で幼い妹の診察を頼みにきた少年・信を見かける。診察を断られた信が気になり、兄妹の3人を尾行、信が万引きしたパンの代金を立て替えさせられる。数週間後、信の妹が餓死。友人の篠原警部に問い合わせると、母親の小夜子は行方不明で兄妹はすべて異父兄妹で戸籍もなく、学校にも通っていないという。オレは小夜子の失踪に事件のニオイを感じ、話を聞くために児童保護相談所を訪ねるが、信は脱走するところだった。

「名無しの探偵 少年」(C)国際放映
名無しの探偵 兄妹
放送日:11月26日
1996年・TV・カラー    原作:ビル・プロンジーニ    監督:中島紘一   脚本:畑啓美   
出演:緒形拳/有森也実/小林稔侍/藤真利子/長谷川哲夫/寺泉憲/高岡健二   

人気ミステリー作家、ビル・プロンジーニの「名無しの探偵」シリーズを緒形拳主演でドラマ化。俺(緒形拳)がガードマンをする料理学校の理事長・一生が伊豆の別荘で殺された。第一発見者は一生の妹・りえ(藤真利子)と事務長・高橋(長谷川哲夫)。現場の状況から警察は、学校の講師・松沢(高岡健二)をマーク。松沢を愛する女講師・光希(有森也美)は俺に真犯人捜しを依頼。だが、証拠が出て松沢は逮捕された。調査を進める俺は、一生とりえが実の兄妹ではないと知る。

「名無しの探偵 兄妹」(C)国際放映
名無しの探偵 ガラスの少女
放送日:11月22日
1995年・TV・カラー    原作:ビル・プロンジーニ   監督:一倉治雄   脚本:金子成人   
出演:緒形拳/市毛良枝/小林稔侍/浜﨑あゆみ/有沢妃呂子/芦川誠  

ラブホテルで若い女性の絞殺死体が発見される。捜査に乗り出した篠原警部(小林稔侍)だったが、所持品から被害者は女子高生・明子と判明。警察は明子の友人・名美(浜﨑あゆみ)から事情を聞く。2人はテレクラのバイト仲間だった。そして、名美は、16年前に篠原警部の元上司でもある俺(緒形拳)に射殺された強盗犯の娘でもあった…。

「名無しの探偵 ガラスの少女」(C)国際放映
冷たいのがお好き
放送日:11月15日
1987年・TV・カラー    原作:小泉喜美子   監督:小沼勝    脚本:井手俊郎  
出演:樹木希林/ちあきなおみ/中条きよし/松金よね子/光石研/篠沢秀夫/松本友里子  

橋本春恵(樹木希林)は人気の推理作家。友人で歌手の司まゆみ(ちあきなおみ)、編集者の北村美紀(松金よね子)らと、事故死にみせる殺人トリックについていつも話していた。まゆみは口癖のように、女ぐせの悪い恋人の高槇京介(中条きよし)を殺してやりたいと冗談を言っていた。高槙は音楽学校の校長でもあり、春恵の娘・理沙(松本友里子)は生徒のひとりだった。ある日、高槙が暴漢に襲われた。襲ったのはどうやら女のようだった。

「冷たいのがお好き」(C)テレパック
インターホン症候群の女
放送日:11月16日
2008年・TV・カラー    原作:中津文彦   監督:山本邦彦   脚本:安本莞二   
出演:南野陽子/鶴見辰吾/根本りつ子/時任歩/一色彩子/長谷川初範/竜雷太/中尾彬  

化粧品会社のセールスレディをしている奈緒美(南野陽子)は、他人の家に忍び込んで生活をのぞき見ることを楽しみにしていた。ある日、以前に駐車場で車をぶつけてしまった相手・悦子(時任歩)とばったり会い、奈緒美を罵倒してきた。悦子の家を覗いてみたい衝動を抑えられなくなった奈緒美は、悦子の家にこっそり忍びこむが、寝室に自分の夫(鶴見辰吾)の腕時計を発見し…。

「インターホン症候群の女」(C)大映テレビ
六月の花嫁 偽りのドレス
放送日:11月19日
2004年・TV・カラー    監督:広瀬襄   脚本:西村タカシ   
出演:西田ひかる/宮地真緒/宅麻伸/川上麻衣子/細川茂樹/藤吉久美子/大杉漣/前田吟  

父の家出、母の死を乗り越えて9歳年下の妹・美佐子(宮地真緒)を嫁に出すことになった着物デザイナーの新庄久美子(西田ひかる)は、結婚式をわが事のように喜んでいたが、式の合間に、美佐子が式場の非常階段から転落。この事故がきっかけで、美佐子の妊娠が分かる。そんな中、美佐子の転落に疑問を抱いて仲人の坂本明彦(宅麻伸)宅を訪ねた久美子は、そこで妻・萌子(川上麻衣子)の他殺死体を発見し―。

「六月の花嫁 偽りのドレス」(C)テレパック
六月の花嫁 結婚の行方
放送日:11月20日
1991年・TV・カラー    原作:日下圭介    監督:和泉聖治   脚本:小木曾豊斗  
出演:若村麻由美/唐沢寿明/奈美悦子/夏八木勲/黒田福美/速水亮  

ミニコミ誌の記者・圭子(若村麻由美)は、軽井沢署の刑事の訪問を受けて撮影旅行中の恋人・宗彦(唐沢寿明)が殺人事件の容疑者として連行されたと伝えられる。被害者・夏子は旅行者風の男とホテルへ行った後、殴殺されていた。圭子は、宗彦が撮った写真のフィルムから無実を立証し、宗彦は釈放される。宗彦と圭子は、宗彦の上司・土屋(速水亮)が夏子のパトロンだったことを突き止める。

「六月の花嫁 結婚の行方」(C)仕事
ラブレター
放送日:11月21日
1995年・TV・カラー    監督:工藤栄一   脚本:塩田千種  
出演:市原悦子/有沢妃呂子/磯部弘/前田吟/米倉斉加年/高橋長英/松本留美  

定時制高校の教師をしている田村直美(市原悦子)は、教え子の相沢順が、交際相手の北山みどり(有沢妃呂子)にフラれて悩んでいるのを知り、自分の素直な気持ちをみどりにぶつけてみることをアドバイスした。翌日、相沢から電話があり、結婚するから仲人を頼むと告げられる、二人が仲直りしたのを知り喜ぶ直美。しかし、その数時間後、相沢はみどりの部屋で殺されてしまう。傍らにはみどりの姿があったが…。

「ラブレター」(C)国際放映
小野小町殺人事件
放送日:11月22日
1986年・TV・カラー    原作:山村美紗   監督:永野靖忠   脚本:石森史郎  
出演:片平なぎさ/田村亮/山城新伍/三浦布美子/岡崎二朗/鹿内孝  

大学院生の麻知子の父・高光は、小野小町の研究で知られる大学教授。その高光が、幻といわれる前向き姿の小野小町の絵があると教えられ、一億円を持って家を出るが殺害される。麻知子は恋人の伊吹と父が訪ねたと思われる根本に会うが彼も殺され、やがて事件は大学教授の座をめぐる殺人の様相をおび始める。

「小野小町殺人事件」(C)国際放映
フルムーン殺人旅行
放送日:11月22日
1983年・TV・カラー    原作:草野唯雄    監督:(演出)大槻義一    脚本:加瀬高之   
出演:柳生博/大信田礼子/岡田奈々/長門勇/中村晃子/千葉裕  

自慢の猫を連れて、フルムーン・ツアーに参加した中年夫婦。だが、猫が殺され妻も狙われる。

「フルムーン殺人旅行」(C)国際放映
見込み違い夫婦
放送日:11月29日
1985年・TV・カラー    監督:池広一夫   脚本:新藤兼人  
出演:平田満/中井貴恵/結城しのぶ/たこ八郎/谷隼人/原田大二郎/春やすこ/森川正太  

妻の美知子(結城しのぶ)に突然離婚宣告され、2人の子供を引き取った庄平(平田満)は家政婦を頼んだ。やって来た若い派遣主婦・葉子(中井貴恵)は仕事の手際が良く、子供たちのしつけもスパルタ式。やがて、庄平の生活はうまく行き始めた。が、そこへ美知子が戻ってくる。新藤兼人の脚本による2時間ドラマ。

「見込み違い夫婦」(C)松竹
死のハネムーン
放送日:11月30日
1990年・TV・カラー    原作:山浦弘靖   監督:山本邦彦   脚本:篠崎好  
出演:錦織一清/岡田奈々/布施明/網浜直子   

『死のハネムーン 東京発18時50分「出雲1号」のダブルトリック 花嫁は初夜に殺される…』

結婚式を挙げたばかりの花嫁が、寝台特急で刺殺された。同乗していた花婿は失踪してしまう。

「死のハネムーン」(C)国際放映
刑事野呂盆六1・完全犯罪の女
放送日:11月19日
1993年・TV・カラー    監督:長尾啓司   脚本:長坂秀佳  
出演:橋爪功/小川知子/仲谷昇/西田健/北見敏之/三谷昇  

風采の上がらない中年だが実は切れ者の警視庁捜査一課の刑事の活躍を、刑事コロンボのタッチで描く、橋爪功主演ドラマ。大学教授の国場が、バイオを駆使した画期的な研究を発表する直前に殺された。第一発見者、国場の息子・威一郎は同大学で助教授をしており、彼の妻・貴津も又、助教授だ。国場の死因は頭蓋骨殴打による打撲とみられ、現場には貴津のゴルフクラブが残されていた。数日前、国場は貴津が、強い殺傷力を持つウイルスを作りだしたのを指摘。科学者にあるまじき行為として辞表を出すよう命じていた。

「刑事野呂盆六1・完全犯罪の女」(C)国際放映/TBS
刑事野呂盆六2・殺意のマリア
放送日:11月20日
1994年・TV・カラー    監督:長尾啓司   脚本:長坂秀佳  
出演:橋爪功/島田陽子/有川博/石立鉄男/平栗あつみ  

風采の上がらない中年刑事だが実は切れ者の警視庁捜査一課刑事の活躍を、橋爪功主演で描く「野呂盆六」シリーズ第2弾。あるホテルの一室で、大物政治家・銭谷貫一(石立鉄男)が、「政界のプリンス」こと朝友政時(有川博)を弾みで殺してしまう。女優との醜聞を楯に政治的に有利な立場に立とうとする銭谷の要求を、朝友が拒んだ所為である。殺害後、我に返った銭谷は元愛人で、今を時めくマルチ評論家・景高水音(島田陽子)に電話し、犯行を自殺に見せかけるよう偽装を依頼する。

「刑事野呂盆六2・殺意のマリア」(C)国際放映/TBS
京都の女庭師風水探偵さくら子①
放送日:11月27日
2000年・TV・カラー    原作:姉小路祐   監督:長尾啓司   脚本:吉田剛  
出演:沢口靖子/近藤正臣/清水紘治/西川忠志/越智静香/仁藤優子/浜田光夫/火野正平  

庭師の桜子(沢口靖子)は、自宅で風水とガーデニングを教えている。大学時代の後輩・千夏(越智静香)の家で、庭の石灯籠が宙に浮く怪奇現象が。桜子は幼なじみの警部・龍彦(大柴邦彦)と千夏の実家・北大路家へ。北大路家は老舗の呉服問屋。現社長の千夏の母・亜矢子(長谷川稀世)が、婿養子の夫・彰(清水紘治)と経営にあたっている。そんな中、亜矢子が会社の専属モデル・瑛美(仁藤優子)を養女にすると宣言。瑛美は亜矢子の息子・春一郎(西川忠志)の恋人。養女になれば二人は結婚できない。やがて亜矢子が殺害される。

「京都の女庭師風水探偵さくら子①」(C)KADOKAWA
京都の女庭師風水ガーデニング探偵さくら子②
放送日:11月28日
2002年・TV・カラー    原作: (原案)姉小路祐    監督:石原興   脚本:保利吉紀  
出演:沢口靖子/近藤正臣/朝加真由美/尾形大作/石井トミコ  

さくら子(沢口靖子)は風水ガーデニング塾も主宰する庭師。ある日、資産家・山村(田畑猛雄)の屋敷の庭で、山村の二男・義之の死体を発見する。山村はほかに長男長女がおり、相続を巡る争いが繰り広げられていた。そんな中、信子が依頼した陰陽師・徳大寺が、庭の築山とほこらが災いの原因で、撤去する必要があると言い出す。庭はさくら子の父・徳右衛門(近藤正臣)が風水に照らして作り上げたものだった。

「京都の女庭師風水ガーデニング探偵さくら子②」(C)KADOKAWA
救急指定病院1
放送日:11月26日
1992年・TV・カラー    原作:斎藤澪「白衣のふたり 横浜コインロッカー殺人事件」(勁文社刊)   監督:油谷誠至   脚本:重森孝子  
出演:池上季実子/角替和枝/野川由美子/茅島成美/石丸謙二郎  

救急病院に勤めるベテラン看護婦・小諸久美子を池上季実子が演じたシリーズの第一弾。交通事故で緊急入院した患者・早川の担当をする看護婦・小諸久美子。早川の部下という男から執拗に、彼が持っていたらしい重要な「物」の行方を聞かれていた。そのうち早川が死亡してしまう。同じころ、久美子が気になっていた挙動不審の付添婦・加代が姿を見せなくなり、紹介所をやめていることがわかる。そしてその2日後、加代がトランク詰め死体で発見される。

「救急指定病院1」(C)NEP
救急指定病院2
放送日:11月27日
1994年・TV・カラー    原作:斎藤澪「ハモニカを吹く男」(勁文社刊)   監督:油谷誠至   脚本:清水喜美子  
出演:池上季実子/角替和枝/野川由美子/姿晴香/辰巳琢郎  

救急病院に勤めるベテラン看護婦・小諸久美子を池上季実子が演じた人気シリーズ。ある雨の日、新米医師が不注意から投薬ミスを起こしそうになるが、久美子の機転で未然に防ぐことができた。数日後、初期ガンのため、入院していた市会議員の岩倉が突然死亡、病院内では医療ミスではないかと噂が立つが病理解剖の結果、殺人事件と判明する。死亡した岩倉の過去を調べるうち、意外な事実が判明する。

「救急指定病院2」(C)NEP
救急指定病院3
放送日:11月28日
1995年・TV・カラー    監督:澁谷正行   脚本:渡辺善則  
出演:池上季実子/野川由美子/角替和枝/とよた真帆  

救急病院に勤めるベテラン看護婦・小諸久美子の活躍を描いたシリーズ第三弾。久美子は、若い後輩看護婦から見知らぬ男に襲われたという連絡を内密に受けた。幸い暴行は未遂に終わるが、その犯行の手口が、1年前に病院付近一帯を騒がせ、現在も指名手配中の連続強盗強姦犯と同一であることが判明し、病院内に波紋が起きる。

「救急指定病院3」(C)NEP
救急指定病院4
放送日:11月29日
1995年・TV・カラー    監督:油谷誠至    脚本:渡辺善則   
出演:池上季実子/野川由美子/角替和枝/山口果林/布川敏和  

救急指定病院は患者の大半は初対面、既往症やデータもわからないまま治療に挑むことになる。使用する薬品のアレルギーなどで、医療行為がたちまち死に至らしめる事態もあり得る。そして、第三者が故意に危険な薬を与えることによって、医療が殺人に手を貸す可能性もある。そんな中、久美子の勤務する救急病院で謎の死が発生する。

「救急指定病院4」(C)NEP
救急指定病院5
放送日:11月30日
1996年・TV・カラー    監督:油谷誠至    脚本:渡辺善則   
出演:池上季実子/野川由美子/角替和枝/馬渕晴子/渡部篤郎   

救急病院に勤めるベテラン看護婦・小諸久美子の活躍を描いたシリーズの第五弾。久美子の勤務する救急病院で、放火騒ぎが連続して発生。主任看護師として事態の究明に当たった久美子は、その放火日が以前から嫌がらせ電話を受けていた看護師の勤務日と一致することから、その看護師に交際を断られていた男の愛情がらみの仕打ちと推理するのだが…。

「救急指定病院5」(C)NEP
森村誠一の背徳の詩集
放送日:11月21日
1992年・TV・カラー    原作:森村誠一   監督:池広一夫   脚本:石原武龍  
出演:村上弘明/かたせ梨乃/藤田敏八/吉川十和子/中島ゆたか/平泉成  

複数の愛人関係を持つ渡瀬克己は、女社長・江上康子から妊娠を知らされる。その後、康子が5階から転落して…。

「森村誠一の背徳の詩集」(C)日活株式会社

視聴方法