【おとなの2時間サスペンス】9月「探偵・喜多嶋翔子の調査報告書(主演・室井滋)」ほか 10月「屋形船の女」ほか

映画以上に映画的!2時間サスペンスは、名監督による作品や実験的手法の宝庫!おとなを満足させるサスペンス作品を平日毎日3作品お届けします。

9月は室井滋がこの道15年のベテラン探偵に扮し、不可解な自殺事件の謎を追う「探偵・喜多嶋翔子の調査報告書(主演・室井滋)」を放送。
10月は坂口良子演じる船宿の女将・小松志保子が、夫の匠、母・清美らの協力で、ご近所で起こった難事件を解決するシリーズ「屋形船の女」を放送。

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
松本清張の老春(主演・井上順)
放送日:9月3日、9月10日
1990年・TV・カラー    原作:松本清張   監督:鷹森立一   脚本:大藪郁子  
出演:井上順/花沢徳衛/浅利香津代/岡本麗/野村昭子/七瀬なつみ/安孫子里香/早川勝也/里木佐甫良  

栄造は妻の比佐子と食器店を営んでいる。若い女店員、好子を雇うと、ボケ始めた同居の父、重吉が喜び、元気になった。重吉は、面倒見のいい好子を自分の女だと思い込む。

「松本清張の老春(主演・井上順)」(C)松竹
松本清張の知られざる動機(主演・藤真利子)
放送日:9月4日、9月11日
1983年・TV・カラー    原作:松本清張   監督:松尾昭典   脚本:大藪郁子  
出演:藤真利子/吉行和子/井川比佐志/内田朝雄/高岡健二/小松方正/茅島成美/木村夏江/伊庭剛/斉藤真  

夫になる男が自分の母親と関係があることを知らない娘。だが、その事実を知った父が、母に殺されてしまう。奔放な母と、母の血を嫌悪する娘が落ち込んでいく悲劇を描く。

「松本清張の知られざる動機(主演・藤真利子)」(C)松竹
松本清張スペシャル やさしい地方(主演・古谷一行)
放送日:9月17日、9月24日
1988年・TV・カラー    原作:松本清張   監督:松尾昭典   脚本:大野靖子  
出演:古谷一行/沢田亜矢子/加藤治子/沖直美/佐々木すみ江/草野大悟/三條泰子/小松方正/望月太郎/森篤夫  

沼地(古谷)は一介の弁護士としての人生に飽き足らず国会議員に立候補して当選する。予算委員会の代表質問で大臣の汚職を鋭く追及して華々しくマスコミに報道されるが、裏で黒い金を受け取り追及は尻つぼみとなる。

「松本清張スペシャル やさしい地方(主演・古谷一行)」(C)松竹
松本清張スペシャル 捜査圏外の条件(主演・古谷一行)
放送日:9月18日、9月25日
1989年・TV・カラー    原作:松本清張   監督:田中登   脚本:宮川一郎  
出演:古谷一行/伊藤蘭/前田吟/甲斐智枝美/瑳峨周平/若菜孝史/西川さくら/川島美津子/吹田明日香  

銀行員の忠男(古谷)は、夫を亡くした妹・光子(甲斐)と2人暮らし。ある日、光子が亡夫の墓参りに山形へ向かったが、予定を過ぎても帰宅しない。忠男は心配になり心当たりに連絡したが、行方がわからない。

「松本清張スペシャル 捜査圏外の条件(主演・古谷一行)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ1 京都周山殺人街道(主演・坂口良子)
放送日:9月28日
1988年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:田中登   脚本:安倍徹郎/保利吉紀  
出演:坂口良子/本田博太郎/若林豪/内田朝雄/芦川よしみ/加納竜/小野さやか/西田健/千原しのぶ  

毎朝新聞京都支局の記者・旦子(坂口)は京都・京見峠の茶屋付近で偶然、日本舞踏の洞院流家元夫人・由紀(芦川)の自殺未遂を目撃し記事にするが、本社の指示でボツにされる。

「京都・女性記者シリーズ1 京都周山殺人街道(主演・坂口良子)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ2 京都鞍馬殺人街道(主演・坂口良子)
放送日:9月28日
1989年・TV・カラー    監督:田中登   脚本:保利吉紀/上岡一美  
出演:坂口良子/姿晴香/若林豪/河原崎建三/三ツ木清隆/蜷川有紀/千原しのぶ/高峰圭二/山本清/早川純一  

毎朝新聞京都支局の記者・旦子(坂口)は、友人の優子(姿)から人を殺したと電話を受けた。優子は古美術店の主人・慎太郎の妻で、強盗ともみ合ううちに相手を刺したという。

「京都・女性記者シリーズ2 京都鞍馬殺人街道(主演・坂口良子)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ3 京都物集女(もずめ)殺人街道
放送日:9月28日
1990年・TV・カラー    監督:田中登   脚本:押川国秋  
出演:坂口良子/若林豪/黒田福美/島村佳江/山内としお/芦明香/早川純一/高峰圭二/朝日完記/千原しのぶ  

毎朝新聞京都支局の記者・旦子(坂口)を典子(黒田)という女が訪ねてきた。旦子が一年半前に記事にした殺人事件の犯人の妻で真犯人というのだ。当時アルバイトでコンパニオンをしていた典子は、マネージャーの浅井に言い寄られ持っていた包丁で殺したのだ。

「京都・女性記者シリーズ3 京都物集女(もずめ)殺人街道」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ4 京都大原殺人街道(主演・坂口良子)
放送日:9月29日
1991年・TV・カラー    監督:木下亮   脚本:安本莞二  
出演:坂口良子/若林豪/香坂みゆき/鷲生功/千原しのぶ/荒木雅子/西山嘉孝/吉本真由美/西園寺章雄/梓笙子  

人形師・真紀(吉本)が水死した。友人で毎朝新聞記者・旦子(坂口)は調査を開始する。真紀は妊娠していた。妹の夏子(香坂)は相手を捜すため、姉が勤めていた人形店に弟子入りする。

「京都・女性記者シリーズ4 京都大原殺人街道(主演・坂口良子)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ5 京都大石殺人街道(主演・坂口良子)
放送日:9月29日
1992年・TV・カラー    監督:木下亮   脚本:安本莞二  
出演:坂口良子/若林豪/阿藤海/長谷川初範/草川祐馬/千原しのぶ/絵沢萠子/梅津栄/早川純一/藤田宗久  

煎茶道仲小路の家元が急死し、娘婿・尚久(草川祐馬)が跡を継いだ。先代からの業者との癒着を被るため、茶会の菓子業者を公募する。そして新進の職人に決定しかけたが、撲殺された。

「京都・女性記者シリーズ5 京都大石殺人街道(主演・坂口良子)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ6 京都吉野殺人街道(主演・坂口良子)
放送日:9月30日
1992年・TV・カラー    監督:田中登   脚本:安本莞二  
出演:坂口良子/野村真美/若林豪/日向明子/高岡健二/千原しのぶ/早川純一/山内としお/西山辰夫/湖条千秋  

老舗の乾物問屋の主人・吉之助が首を切られ、密室で殺された。前夜、勘当同然の長男・達彦は吉之助を訪ねたが、呼んでも返事がなく、会わずに帰ったという。

「京都・女性記者シリーズ6 京都吉野殺人街道(主演・坂口良子)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ7 京都北国殺人街道(主演・坂口良子)
放送日:9月30日
1993年・TV・カラー    監督:田中登   脚本:安本莞二  
出演:坂口良子/南條玲子/若林豪/岡田英次/千原しのぶ/早川純/高峰圭二/片岡弘貴/呉原由希子/楠年明  

毎朝新聞京都支局の記者・旦子(坂口)は幻の屏風が2億円で落札されるのを見る。後日、美術誌の編集長映子が棚橋教授に鋭く質問をする。台風が通過した数日後に棚橋の水死体が上がる。

「京都・女性記者シリーズ7 京都北国殺人街道(主演・坂口良子)」(C)松竹
探偵・喜多嶋翔子の調査報告書(主演・室井滋)
放送日:9月7日
2002年・TV・カラー    監督:黒沢直輔   脚本:西岡琢也  
出演:室井滋/今井雅之/細川ふみえ/村井国夫/筒井真理子/円城寺あや/頭師佳孝/伊藤洋三郎/山﨑努  

喜多嶋翔子(室井滋)はこの道15年のベテラン女探偵。翔子は部長の亀渕(村井国夫)に新米の西田拓三(今井雅之)の指導を任される。リストラで転職して来た西田は、ドジの連続で翔子は気が重い。

翔子と西田は、探偵事務所の相談員・北山美加(細川ふみえ)からクライアントの黒須信子(筒井真理子)に直接浮気調査の報告をするように頼まれて、信子のマンションを訪ねるも、夫・弘幸(伊藤洋三郎)が浮気していることを告げると、信子は席をはずし、そのまま投身自殺を図る…。

「探偵・喜多嶋翔子の調査報告書(主演・室井滋)」(C)TSP/TBS
検察官 沢木穂乃歌2 悪の断層(主演・岩下志麻)
放送日:9月8日
2005年・TV・カラー    監督:大野木直之   脚本:金子成人  
出演:岩下志麻/大杉漣/床嶋佳子/鶴見辰吾/金田賢一/佐々木勝彦/丸岡奨詞/水島涼太/川岡大次郎/黒坂真美  

消費者金融社員殺人事件の陰に隠された怨念。岩下志麻扮する検察官・沢木穂乃歌は迷宮入り寸前の刺殺事件から恨みの細い糸を手繰り、巨悪へとたどり着く。こつこつと働き、幸せな生活を営んでいた一家を借金地獄へと突き落とし、家族を崩壊させたのは一体誰なのか?検察官という仕事に命をかけ、正義感に燃える沢木穂乃歌が執念で真相を明かしていく。

大杉漣と岩下の夫婦のやりとりもみどころのひとつ。

「検察官 沢木穂乃歌2 悪の断層(主演・岩下志麻)」(C)大野木オフィス/TBS
地方記者・立花陽介1 伊豆下田通信局
放送日:9月1日
1993年・TV・カラー    監督:森崎東   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/森口瑤子/井川比佐志/佐々木すみ江/高橋長英/竹井みどり/片桐竜次/伊藤達広/田武謙三  

陽介(水谷)は伊豆下田の通信局に単身赴任の途中、旧天城トンネル近くで地元の水口商店・福本店長(江角英明)の他殺死体を見つける。福本と子供のころから友だちの水口社長(高橋)は、全く心当たりはないという。福本が東京の大手・塚本食品の多木川部長(村松克己)と何度か会っていたと分かったが、多木川は行方不明。陽介は塚本食品の社長・のぶ子(佐々木)に会う。のぶ子は水口商店に資金援助していたが、多木川は乗っ取りを主張していたと分かる。福本は殺される少し前、葛飾の防空壕跡で発見された白骨他殺体の事件を調べていたらしい。

「地方記者・立花陽介1 伊豆下田通信局」(C)近代映画協会
地方記者・立花陽介2 伊賀上野通信局
放送日:9月1日
1993年・TV・カラー    監督:森崎東   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/森口瑤子/姿晴香/大和田獏/左時枝/奥村公延/片桐竜次/絵沢萠子/菅貫太郎/深江章喜  

陽介(水谷)が伊賀上野へ転勤の直後、妻・久美(森口)が呉服会社・手島社長(深江章喜)の他殺体を発見。そばに陶製のくいな笛が転がっていた。手島は女子大の理事長で、学長再選派だった。事件翌日、陽介は芭蕉の生家で手島と親しかった京友禅の画家・小村(大和田)を見かける。陽介はホステスから、小村は高校時代、くいな笛を吹いて女の子を呼び出し、デートをしていたらしいと聞く。手島がくいな笛を冗談に吹くと、「やめて」といったという。
久美の組ひもの先生・よしみ(姿)が、手島の反対派の学長候補夫人と分かった。

「地方記者・立花陽介2 伊賀上野通信局」(C)近代映画協会
地方記者・立花陽介3 釜石遠野通信局
放送日:9月2日
1994年・TV・カラー    監督:吉川一義   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/森口瑤子/山本學/杉田かおる/鶴田忍/片桐竜次/野村昭子/北村総一朗/有川博/樋浦勉  

岩手県釜石市に赴任した陽介(水谷)と妻の久美(森口)は、遠野で変死事件に遭遇。警察は事故死と断定。が、陽介は死んだ東山(有川博)の謎のメッセージから他殺と確信。現場の近くで会った大場(山本)が東山の幼なじみで、学童疎開で知り合った2人が、事件の2日前に49年ぶりに再会したと知る。疎開中、艦砲射撃の犠牲になった東山の妹の死に大場は責任を感じていた。事件前、東山は大金が入ると吹聴していた。陽介は大場が東山から脅されていたと推理し、大場の息子の嫁・より子(杉田)に接近し、夫婦の身辺を探る。

「地方記者・立花陽介3 釜石遠野通信局」(C)近代映画協会
地方記者・立花陽介4 青梅奥多摩通信局
放送日:9月2日
1994年・TV・カラー    監督:吉川一義   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/森口瑤子/内田稔/小野武彦/芦川よしみ/下川辰平/三谷昇/三條美紀/片桐竜次/阪上和子  

新聞記者の陽介(水谷)は、多摩川の渓谷で男の水死体を発見した。警察は自殺と断定する。が、陽介はその男・小高(下塚誠)が残した詩の一部のような遺書の存在に疑問を抱き、1人で調べ始める。小高の足取りを追ううち、今から35年ほど前、ダムの下に水没した小河内村へたどりつく。小高は死ぬ4日前、松島(内田)という男と会っていた。また小高の妻・加奈(芦川)の母・とよ子(三條)と松島が村の中学の同窓生で、しかも恋人同士であったことを突き止める。陽介は小高が当時の2人に起きた何らかの事件をネタに、松島にたかったと推理する。

「地方記者・立花陽介4 青梅奥多摩通信局」(C)近代映画協会
地方記者・立花陽介5 米沢蔵王通信局
放送日:9月3日
1995年・TV・カラー    監督:吉川一義   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/森口瑤子/下條アトム/斉藤晴彦/大和田伸也/松本留美/片桐竜次/石井愃一/志水正義/岩城力也  

山形県米沢市にある笹野観音で、香田産業の社長秘書・弘山(大家二志)が殺された。ポケットからは「新貝弥七郎見参」と書かれた紙がみつかり、付近に紅花と「1/734」と印字された紙が落ちていた。

東洋新聞の地元通信局記者の陽介(水谷)はさっそく取材を始め、弘山が1年前に暴行事件を起こしたとわかる。社長の香田(大和田)が立候補した県会議員選挙で、出納責任者の平井(下条)が買収容疑で逮捕され、香田が落選したためだ。平井の名前を聞いた陽介は、紅花工房の女主人・栄子(松本留美)が平井のことを話していたのを思い出す。

「地方記者・立花陽介5 米沢蔵王通信局」(C)オセロット
地方記者・立花陽介6 鎌倉湘南通信局
放送日:9月3日
1995年・TV・カラー    監督:吉川一義   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/森口瑤子/内藤武敏/津島恵子/石橋けい/江戸家猫八/苅谷俊介/片桐竜次/松井紀美江/山路和弘  

湘南・鎌倉山で死後30年は経過したと思われる白骨死体が発見された。東洋新聞の通信局記者・陽介(水谷)は取材を開始。新聞を読んだ鶴田(山路和弘)が、死体は知人かもしれない、と陽介を訪ねてきた。1週間後、鶴田の死体が発見される。ポケットには漢詩らしきメモが残されていた。陽介の妻・久美(森口)が、鎌倉彫りの教室で意外な情報を仕入れる。講師・綾子(津島)の孫・えり(石橋)が、漢詩の出典を知っていたのだ。えりの祖父・健二(内藤)と鶴田の父は南方戦線で同じ部隊だった。

「地方記者・立花陽介6 鎌倉湘南通信局」(C)オセロット
地方記者・立花陽介7 但馬城崎通信局
放送日:9月4日
1996年・TV・カラー    監督:吉川一義   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/森口瑤子/名古屋章/高田敏江/遠藤征慈/川地民夫/長谷川哲夫/片桐竜次/山下容莉枝/三谷侑未  

兵庫県城崎町の通信局に赴任した新聞記者の陽介(水谷)は西山(遠藤)の変死に遭遇する。所持品は小説「城の崎にて」の一節の走り書き。それが遺書ともとれるため高田刑事(名古屋)は自殺とみていた。西山は、輸入冷凍ガニを城崎産と偽って販売し、詐欺罪で警察に追われていた。西山にカニを卸した商事会社の社長・梶谷(川地)は西山の学生時代の友人だったが、西山の詐欺行為には憤慨していた。その梶谷も殺害され、死体の上にまた「城の崎にて」の一節が。調査を進めるうち、梶谷は学生時代に誤って女を死なせてしまったことを隠していたとわかる。このことを知る西山が梶谷を脅し、殺されたのだ。梶谷殺しの犯人を捜す陽介は、城崎の行商人・富子(高田)が、若いころ梶谷と婚約していたと知る。

「地方記者・立花陽介7 但馬城崎通信局」(C)オセロット
地方記者・立花陽介8 会津若松通信局
放送日:9月4日
1996年・TV・カラー    監督:吉川一義   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/森口瑤子/井川比佐志/赤座美代子/河原崎建三/中山仁/片桐竜次/草薙良一/斉藤暁/馬野裕朗  

会津若松の通信局に赴任した新聞記者・立花(水谷)は、飯盛山で起こった変死事件を他殺とみて調査を始める。被害者は建設重機リース会社の元社長・伊原(河原崎)。伊原は商社を通して約1億円の重機を購入していたが、頭金を払っただけで転売、多額の利益を得ていた。立花は、購入の窓口になった商社員で、伊原の高校時代の同級生でもある野村(中山)に事情を聞く。野村は事件当時、遊びに来た姉と自宅にいたとアリバイを供述。近くの住人が、姉の姿を目撃していた。まもなく、事件を調べていた地元紙の記者・米田(馬野)が殺された。米田が残した手がかり"火事""竹久夢二""歌声喫茶"をもとに捜査を進める中、伊原の先妻・昭子(赤座)の存在が浮かび…。

「地方記者・立花陽介8 会津若松通信局」(C)オセロット
地方記者・立花陽介9 信州上田通信局
放送日:9月7日
1997年・TV・カラー    監督:吉川一義   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/森口瑤子/岡本富士太/片桐竜次/金田明夫/鳥越まり/森川正太/横山通代/平泉成/犬塚弘  

東洋新聞の信州上田通信局に勤める記者・立花(水谷)は、本社の記者・根岸(片桐)から変死事件の調査を頼まれた。東京の路上で商社の営業マン・山浦(安藤)が服毒死したのだが、事件の直前「上田でパソコンが100台売れる」と話していたらしいのだ。立花はパソコン導入のウワサがあった私立高校の教務主任・土屋(岡本)を取材。土屋は事件当時、かつての教え子の佐伯(森川)と東京ドームで野球観戦をしていたとアリバイを主張し、証拠写真まで提示した。やがて容疑は山浦の同業者・リエ(鳥越)に。山浦の恋人だったリエは、警察に事情を聞かれた直後、姿を消していたのだ。そんな中、土屋の口座に山浦から200万円の買収金が振り込まれていたことが明らかに。

「地方記者・立花陽介9 信州上田通信局」(C)オセロット
地方記者・立花陽介10 伊豆大島通信局
放送日:9月7日
1997年・TV・カラー    監督:吉川一義   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/森口瑤子/佳那晃子/三浦浩一/片桐竜次/増田由紀夫/渋谷哲平/山野史人/竹本純平/志水正義  

伊豆大島に配属された新聞記者・陽介(水谷)は永子(佳那)という女性の依頼を受ける。11年前の暴行殺人事件で懲役刑を受けた宅間(三浦)が実は無罪で、真犯人を知っているから記事にしてほしいというのだ。陽介は調査を始めるが、事件には目撃者もあり、宅間の犯行であることは疑う余地もない。だが、数年前に傷害致死罪で刑務所にいた永子の弟・俊作(渋谷)が真犯人の男と話したと証言。刑期を終えた宅間も無実と認めた。まもなく、永子らの連れてきた真犯人に会った陽介は彼の挙動に不審を抱き、再調査。永子が11年前の目撃者だったと知る。

「地方記者・立花陽介10 伊豆大島通信局」(C)オセロット
地方記者・立花陽介11 山陰出雲通信局
放送日:9月8日
1998年・TV・カラー    監督:吉川一義   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/森口瑤子/北村総一朗/片桐竜次/田島令子/あめくみちこ/鷲尾真知子/中原丈雄/渡辺哲  

東洋新聞の記者・陽介(水谷)は島根県出雲市の通信局に赴任。海岸の岩場で起きた転落死事件に遭遇する。死亡したのは陶器商・高原(中原)。警察は事故とみたが、陽介は事件とにらんで調査を開始。高原は事業のため、多くの人から出資を募っていたが、その手口はサギまがい。最近も居酒屋の女将・里子(あめく)とそのことでもめていたという。やがて陽介は、高原の手帳から"あずきとぎ"という言葉を発見。このことから小泉八雲の小説に登場する"小豆磨ぎ橋"周辺を調べ始める。そんな中、橋の近くに住む高原の学生時代の恋人・夕子(田島)が浮上する。

「地方記者・立花陽介11 山陰出雲通信局」(C)オセロット
地方記者・立花陽介12 飛騨高山通信局
放送日:9月8日
1998年・TV・カラー    監督:吉川一義   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/森口瑤子/佐藤B作/片桐竜次/藤吉久美子/須部浩美/田中隆三/立川三貴/立石凉子/中帆登美  

飛騨高山の通信局員・陽介(水谷)は地元で起こった殺人事件の取材を始めた。被害者は、東京のバーのママ・ひろ子(須部)。彼女は多額の借金を抱え、白井(立川)という取り立て屋に追われていたらしい。また現場には、円空の仏像を型どったキーホルダーが残されていた。20年前、芸能界入りを目指していたひろ子が名古屋でのモデルの仕事を経て、上京していたと判明。そんな中、偶然名古屋の広告代理店に勤める夫をもつ百合(藤吉)がひろ子の同級生と分かる。彼女が同じく芸能界にあこがれていたことを知った陽介は、百合に着目し、事件との関わりを探る。

「地方記者・立花陽介12 飛騨高山通信局」(C)オセロット
地方記者・立花陽介13 日光今市通信局
放送日:9月9日
1999年・TV・カラー    監督:吉川一義   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/森口瑤子/左時枝/竹本孝之/今村恵子/松井範雄/片桐竜次/清水章吾/小鹿番/小池榮/手塚秀彰  

新聞記者の陽介(水谷)は栃木県今市市の通信局に赴任。日光に大型店舗を出店予定の大手コンビニチェーン企画課長・島本(手塚)の変死体が見つかり、陽介はさっそく取材を始めた。警察は島本と取引があったインテリア店経営者・佐山(竹本)を取り調べる。だが、佐山を知る陽介は無実と確信する。佐山は、ゼネコン社員の浅川(清水)と親しくなり、彼の紹介で島本の仕事を受けていたという。だが、佐山が島本に金を融通したことでトラブルが起きたらしい。そんな中、佐山が捜していた生き別れの母親・弓子(左)が見つかる。

「地方記者・立花陽介13 日光今市通信局」(C)オセロット
地方記者・立花陽介14 阿波鳴門通信局
放送日:9月9日
1999年・TV・カラー    監督:吉川一義   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/森口瑤子/前田吟/片桐竜次/岩本多代/小笠原良知/松金よね子/遠藤征慈/浜田晃/松澤一之  

四国八十八カ所霊場を巡る道で遍路姿の中道(遠藤)の変死体が見つかった。解剖の結果、死因は心不全と断定される。東洋新聞の徳島・鳴門通信局に赴任した記者・陽介(水谷)は、中道の仕事が競売で落札された家に居座る”占有屋”と知り、取材を開始。まもなく鳴門沖で、中道ともめていた不動産業者・上山(松沢)も変死体で見つかる。陽介は、なんらかの理由で中道を死なせた上山が、投身自殺を図ったと推理。そんな中、別件で取材した元教師の矢野(小笠原)が昭和20年当時、中道の国民学校の同級生だったことが分かる。

「地方記者・立花陽介14 阿波鳴門通信局」(C)オセロット
地方記者・立花陽介15 能登輪島通信局
放送日:9月10日
2000年・TV・カラー    監督:吉川一義   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/森口瑤子/綿引勝彦/三條美紀/平淑恵/松山政路/片桐竜次/長谷川哲夫/丸岡奨詞/斎藤清六  

立花(水谷)は東洋新聞能登輪島通信局の記者。東京の会社社長・川辺(松山)が変死体で発見され、立花は取材を開始。調べによると、川辺は会社の役職を公募すると偽って、失業した中高年から金をだまし取ったという。まもなく、輪島に住む川辺の母・たき(三條)が遺体を本人と確認。そんな中、立花は意外な事実をつかむ。中学卒業後すぐ上京した川辺は、その後、職を失ってホームレスに。ところが3カ月前、突然会社社長に変身していたというのだ。立花は川辺を操る人物がいたとみる。

「地方記者・立花陽介15 能登輪島通信局」(C)オセロット
地方記者・立花陽介16 別府国東通信局
放送日:9月10日
2000年・TV・カラー    監督:吉川一義   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/森口瑤子/竜雷太/浅茅陽子/片桐竜次/津嘉山正種/高田敏江/斎藤晴彦/河原崎次郎/藤田宗久  

大分県・別府の通信局に赴任した新聞記者の陽介(水谷)は、地元で起こった変死事件を取材。被害者の栗山(浅野和之)が東京で詐欺事件を起こして手配中だったことから、容疑は共犯者の風間(河原崎次郎)に向けられる。だがまもなく、その風間も殺された。調査を続ける陽介は、風間の学生時代の友人で会社重役の東山(津嘉山)が詐欺事件に関与していると知り…。

「地方記者・立花陽介16 別府国東通信局」(C)オセロット
地方記者・立花陽介17 越中高岡通信局
放送日:9月11日
2001年・TV・カラー    監督:吉川一義   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/森口瑤子/石橋蓮司/芦川よしみ/冨士眞奈美/片桐竜次/沖直未/中西良太/岩倉高子/棟里佳  

陽介(水谷)が富山県高岡の通信局に赴任早々、男の刺殺体が発見された。被害者は東京在住で高岡出身の佐山。佐山の妻のレイ子(芦川)は、佐山は最近、愛人と行方をくらませていたという。陽介は、詐欺事件などで逮捕寸前だった佐山が所持していた越中おわら節のはやし言葉のメモに着目。また、佐山が最後にバーのママ・加奈(沖)に電話したことをつかむが…。

「地方記者・立花陽介17 越中高岡通信局」(C)オセロット
地方記者・立花陽介18 津軽弘前通信局
放送日:9月11日
2002年・TV・カラー    監督:吉川一義   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/森口瑤子/林隆三/西川峰子/神山繁/片桐竜次/ベンガル/木之元亮/徳井優/横山通乃/今井和子  

陽介(水谷)が津軽弘前通信局に着任早々、元保険外交員・涼子が殺された。本社の根岸(片桐)は涼子には保険金殺害の共犯容疑がかかっていたという。事件は会社社長・福原(木之元)が妻の焼死により1億円の保険金を手にしたもので、彼は5年前にも前妻の焼死で保険金を入手。2件の契約に涼子が絡んでいた。福原の写真を見た陽介は、三味線の上手な美郷(坂田)に偽名でCDデビューを持ちかけていた男だと気づく。そんな中、福原が殺される。

「地方記者・立花陽介18 津軽弘前通信局」(C)オセロット
地方記者・立花陽介19 箱根小田原通信局
放送日:9月14日
2002年・TV・カラー    監督:吉川一義   脚本:坂田義和  
出演:水谷豊/森口瑤子/片桐竜次/美保純/有馬稲子/加門良/広田真吾/永島敏行/名古屋章/立川三貴  

箱根小田原通信局に赴任した陽介(水谷)は、老舗旅館の若女将・里美(美保)と親しくなる。里美は夫亡き後、大女将・静江(有馬)と旅館を切り盛りしているが、旅館周辺には再開発の波が押し寄せていた。そんな中、陽介も見覚えのある不動産業者・城山(立川)の死体が芦ノ湖畔で見つかる。江間刑事(永島)らは当初、スナック店員・杏子(有沢)に注目するが確たる証拠がない。実は陽介は、事件直前、一緒に出かける里美と城山を目撃していた。

「地方記者・立花陽介19 箱根小田原通信局」(C)オセロット
地方記者・立花陽介20 佐渡両津通信局
放送日:9月14日
2003年・TV・カラー    監督:吉川一義   脚本:難波江由紀子  
出演:水谷豊/森口瑤子/夏八木勲/萩尾みどり/鶴田忍/新克利/片桐竜次/白木万里/左時枝/角田英介  

東洋新聞の記者・陽介(水谷)が佐渡両津通信局に赴任してまもなく、詐欺事件の手配犯・大垣(鶴田忍)の他殺体が見つかる。大垣が佐渡の焼き物”無名異焼”の作家・坂本(新)のことを調べていたと知った陽介は、坂本を捜す女性を思い出す。民宿の女将・伸枝(左)の援助を受けて作品に取り組む坂本は、大垣殺害時刻のアリバイを主張。翌日、陽介は坂本の死体を発見する。

「地方記者・立花陽介20 佐渡両津通信局」(C)オセロット
目には目を(主演:大谷直子)
放送日:9月9日
1988年・TV・カラー    原作:草野唯雄   監督:富本壮吉   脚本:竹山洋  
出演:大谷直子/荻島真一/高橋昌也/島村佳江/向田弓子/中原早苗/小野武彦/山本紀彦/竹井みどり  

真弓(大谷)は妻子がいる旅館の若主人・隆(荻島)と駆け落ちして、雪の北陸から東京へ出てきた。1年後、美術予備校の教師を務める隆とともに幸せな生活を続けていた。ある夜、坂道を歩いていた2人に暴走バイクが突っ込んで来た。隆は真弓をかばってはねられ、両目を負傷。バイクは走り去った。病院で手当てを受けたが、隆は視力を失った。放置すれば完全失明。治すには眼球移植しかない。それにはアイバンクの予約待ちに時間がかかるという…。

「目には目を(主演:大谷直子)」(C)大映テレビ
競馬場の女(原作・高村薫/主演・倍賞美津子)
放送日:9月14日
1994年・TV・カラー    原作:高村薫   監督:小林俊一   脚本:押川国秋  
出演:倍賞美津子/阿藤海/小野武彦/高岡健二/松村達雄  

平凡でも堅実な家庭生活を守ってきた主婦の身に突然訪れた夫の失踪。現職の刑事でもある夫が何故突然、急に家を出たのか。同じ日に起きた強盗殺人事件に夫は関係しているのか?真実を知るために、夫の後を追いかける妻の見たものは?夫婦とは信頼とは何なのかを探るサスペンスです。

「競馬場の女(原作・高村薫/主演・倍賞美津子)」(C)彩の会
長く暑い夏の一日(原作・渡辺淳一/主演・池内淳子)
放送日:9月16日
1988年・TV・カラー    原作:渡辺淳一   監督:小林俊一   脚本:国弘威雄/小林竜雄  
出演:池内淳子/石黒賢/白龍光洋/神山繁/安部徹/荒木道子  

臓器移植をまつ患者のもとにようやく現れた提供者。担当医は松江へと向かい何とか提供を受けた腎臓を東京へと運ぶが、次々と災難に見舞われる。遅れる一方の腎臓の到着。待ちわびる患者への提供は間に合うのか。そんな中で、浮かび上がる患者の出生の秘密とは。

「長く暑い夏の一日(原作・渡辺淳一/主演・池内淳子)」(C)彩の会
夜行列車(原作・森村誠一/主演・榎木孝明)
放送日:9月15日
1992年・TV・カラー    原作:森村誠一   監督:小林俊一   脚本:吉田剛  
出演:榎木孝明/香坂みゆき/北詰友樹  

将来を嘱望される麻酔医と、夜行列車に乗り合わせた父娘。行方不明の娘を探しているという二人と松本で再会した医師は、次々と事件が起こる中で周囲の人々の人間性に疑問を感じていく。ひたむきに生きる娘との出会いは、常に冷静に計算した人生を選んできた男をどのように変えるのか。

「夜行列車(原作・森村誠一/主演・榎木孝明)」(C)彩の会
署名のない風景画(脚本・橋田壽賀子/主演・池内淳子)
放送日:9月16日
1986年・TV・カラー    監督:(演出)小林俊一   脚本:橋田壽賀子  
出演:池内淳子/和由布子/三浦浩一/伊藤孝雄/三崎千恵子/中丸新将/丸崎静香/相馬剛三/きくち英一  

幸福な結婚をしたはずの妹が自殺した。心当たりのないまま、姉は妹の新婚旅行の足跡を辿って傷心の旅へ…。その先々にちらつく男の影。
旅先で出会った画家は、妹の恋人だった。その事を妹はなぜ隠していたのだろう。そして彼の口からは思いもよらない言葉が…。

「署名のない風景画(脚本・橋田壽賀子/主演・池内淳子)」(C)彩の会
20時18分の死神 小樽発殺意の旅路(主演・古谷一行)
放送日:9月29日
2003年・TV・カラー    原作:和久峻三   監督:齋藤光正   脚本:中野顕彰  
出演:古谷一行/川上麻衣子/平泉成/かとうかずこ/甲本雅裕/原千晶/中島ひろ子/正木慎也/中根徹/上良早紀  

小樽中央署の通称“クマさん”こと熊沢真琴刑事(古谷)は、上司や部下からの信頼も厚いベテラン刑事。ある日、熊沢は、踏切を越えて線路内に入ろうとしていた男を間一髪取り押さえ、命を救う。男は、オリエント事務機・小樽支社の営業マンで鈴木道生といい、連絡を受けた道生の妻・美江(川上)の話では、今月に入って3度目という自殺の常習犯だった。一年前に道生の両親が飛行機事故で亡くなって以来、毎晩、両親が亡くなった時刻である20時18分に死にたくなるという…。

25時13分の首縊り 小樽・記憶喪失の女(主演・古谷一行)
放送日:9月30日
2004年・TV・カラー    原作:和久峻三   監督:齋藤光正   脚本:峯尾基三  
出演:古谷一行/国生さゆり/田中実/平泉成/遊井亮子/ケーシー高峰/かとうかずこ/絵沢萠子/日野陽仁  

ある朝、小樽中央署刑事・熊沢真琴(古谷)と同僚・一ノ瀬僚子(遊井)の乗った車の前を突然、赤いコートを着た女性が横切り、危うく轢きそうになる。女性は病院での診察の結果、「記憶喪失」と診断される。ただ、うわ言のように「25時13分」という時刻を繰り返し、さらに「人が死んだ」ともつぶやいていた。その頃、小樽市内の住居で首つり死体が発見される。被害者は住人の五十川直也(菊池)で、床には「25時13分」で止まった懐中時計が落ちていた。

過去からの殺人者(主演・池内淳子)
放送日:9月16日
1989年・TV・カラー    監督:脇田時三   脚本:松山善三  
出演:池内淳子/鳥越マリ/佐藤英夫/根岸季衣/船越栄一郎/並木史朗/深水三章/坂本長利/久米明/宮部昭夫  

木元医院の院長・健一(佐藤)が、訪ねてきた見知らぬ男に刺し殺された。一人娘・糸子(鳥越)の婚約者・勝男(並木)と、レストランで食事し、帰宅した直後のことだった。健一は信用金庫から、妻の文子(池内)に内緒で300万円借りていたが、金は家に見当たらない。そんな木元医院に、男の声で「事件の真相が知りたければ、野鳥公園に止めてある車で金沢八景まで来い」と電話がくる…。

「過去からの殺人者(主演・池内淳子)」(C)テレパック
横溝正史ミステリ大賞テレビ東京賞 みんな誰かを殺したい
放送日:9月17日
2004年・TV・カラー    原作:射逆裕二   監督:黒沢直輔   脚本:西岡琢也  
出演:三浦友和/高岡早紀/渡辺いっけい/洞口依子/深浦加奈子/浜田学/絵沢萠子/伊藤洋三郎/丸岡奨詞  

人を恨む―。それは人間なら誰しも持ちうる感情だ。しかしその解決法を「殺人」にしか見出せないとしたら…。そしてそんな人間が、同じ思いを抱くもう一人の人間に出会ったとしたら…。
心に傷を持ち、人に殺意を抱く人間たちが偶然に出会い、いくつもの殺人事件が起きる。
そして捜査にあたる警視庁捜査一課警部補・溝口(三浦友和)もまた、かつて人に殺意を抱いた、心に傷を持つ人間だった。溝口は自分の過去を重ねながら、事件の真相を追う。

横溝正史ミステリ大賞 約束 いつか、虹の向こうへ
放送日:9月17日
2005年・TV・カラー    監督:(演出)猪崎宣昭   脚本:坂田義和  
出演:石田純一/若村麻由美/渋谷飛鳥/平泉成/本田博太郎/筒井真理子/木下ほうか/石橋蓮司/中村俊太  

元刑事・尾木遼平(石田純一)は、傷害致死で5年の懲役を受けた。指定暴力団幹部・久保勇治と揉み合ううちに殺してしまったのだ。出所した尾木は、偽証をした久保の愛人・中塚美智江(青田典子)を訪ねるも、翌朝、美智江は死体で見つかり、尾木は容疑者扱いされてしまう。自分を陥れた事件の真相を解明するため、尾木はかつての“刑務所仲間”や傷害事件を起こした恭子(若村麻由美)、援交をしている女子高生らと奇妙な同居生活をしながら、警察組織を相手に一人で立ち向かっていく。

横溝正史ミステリ大賞テレビ東京賞 テネシーワルツ
放送日:9月18日
2010年・TV・カラー    原作:望月武   監督:児玉ヨシヒサ   脚本:西岡琢也  
出演:高島礼子/佐藤二朗/小野武彦/金田明夫/西田健/清水紘治/三條美紀/寺泉憲/夏八木勲  

「喫茶オリビエ」のオーナー・川村尋子(高島礼子)は夫と離婚後、再婚した元夫のところから転がり込んできた、義理の息子・孝之(佐藤拓也)と2人で暮らしている。そんな尋子にも、コンビニの店長をしている馬渕(乃木涼介)という婚約者がいる。
ある日、尋子は孝之から妙な話を聞く。孝之の同級生・明日香(柳本絵美)が、馬渕に頼まれた"仕事"の報酬が支払われないことに腹を立てているという。仕事の内容はわからないが、とにかく馬渕はひどい奴らしい。笑い飛ばす尋子であったが、数日後、馬渕が何者かに殺されて遺体で発見される―。

横溝正史ミステリ大賞テレビ東京賞 雪冤
放送日:9月18日
2010年・TV・カラー    原作:大門剛明   監督:黒沢直輔   脚本:西岡琢也  
出演:橋爪功/吹越満/大和田美帆/林泰文/本田大輔/鶴田忍/波岡一喜/神山繁/加藤武  

「雪冤」、それは無実の罪をすすぎ晴らすこと。15年前、大学生2名が何者かに刺殺され同級生の八木沼慎一(林泰文)が逮捕された。下された判決は、死刑。しかし、慎一の父・悦史(橋爪功)は息子の冤罪を信じ必死に情報提供を呼びかける街頭活動を続けている。いつ死刑執行されてもおかしくない。そんな状況の中、時効を目前にして事件は急展開をみせる。「あなたの息子は無実だ。」ある日かかってきた息子の無実を告げる1本の電話。15年前に何が起きたのか?父は隠された真実を追い始める…。死刑制度と冤罪を真っ向から描く社会派ミステリー!

名探偵金田一耕助 横溝正史の真珠郎(主演:小野寺昭)
放送日:9月24日
1983年・TV・カラー    原作:横溝正史   監督:田中登   脚本:田坂啓  
出演:小野寺昭/夏木勲/真野響子/渡辺篤史/岡田英次/風祭ゆき/斉藤林子/三戸部スエ/小沢象/中丸新将  

敗戦間もなく、金田一耕助は大学講師・三四郎の誘いで、浅間山近くの山村にある旧家を訪れた。ある夜、金田一耕助は蛍を食べる美少年を目撃する、何かを隠していると感じる耕助…。この旧家を舞台に「真珠郎」が連続殺人事件を巻き起こす!その影にかくされた数奇な運命に操られる哀しい女の悲劇!世にも恐ろしい事件の幕が開かれる…!

「名探偵金田一耕助 横溝正史の真珠郎(主演:小野寺昭)」(C)日活
名探偵金田一耕助 仮面舞踏会(主演:小野寺昭)
放送日:9月24日
1986年・TV・カラー    原作:横溝正史   監督:野村孝   脚本:下飯坂菊馬  
出演:小野寺昭/松尾嘉代/白川和子/鈴木瑞穂/松原千明/荒木道子/坂西良太/田中浩二/左右田一平/清川新吾  

1964年初夏。金田一耕助は、山中湖へやってきた。旧知の実業家・飛鳥が湖畔にある別荘で開く婚約披露パーティーに招かれたのだ。飛鳥の相手で、大物女優の鳳千代子は結婚する男を恐ろしい目にあわせると言われている女で、4回の離婚歴をもっていた。そこへなぜかひとり招待されなかった泰久が、酒気をおびて乱入。翌朝、その泰久の死体が、ホテルのプールに浮かぶ…!

「名探偵金田一耕助 仮面舞踏会(主演:小野寺昭)」(C)日活
名探偵金田一耕助 三つ首塔(主演:小野寺昭)
放送日:9月23日
1988年・TV・カラー    原作:横溝正史   監督:野村孝   脚本:佐治乾  
出演:小野寺昭/松原千明/露口茂/古尾谷雅人/武田久美子/江木俊夫/菅貫太郎/高林由紀子/水原ゆう紀  

金田一耕助の知人・上杉の養女が、莫大な遺産を相続することになった。ただし、アメリカに住んでいた曾祖父の遺言で、高頭という見ず知らずの男との結婚が条件だった…!

「名探偵金田一耕助 三つ首塔(主演:小野寺昭)」(C)日活
名探偵金田一耕助 夜歩く女(主演:小野寺昭)
放送日:9月23日
1990年・TV・カラー    原作:横溝正史   監督:山本迪夫   脚本:猪又憲吾  
出演:小野寺昭/南條玲子/三浦浩一/西岡徳馬/加藤善博/伊藤幸雄/坂本あきら/伊藤美紀/小田薫/北城真記子  

新潟の山奥・鬼首(おにこべ)村にある旧家古神家の一人娘・八千代は、不気味な手紙を受け取る。手紙には、「定めにより近く汝と結婚せん」と書かれ、首がなく上半身に痣がある男の写真が同封されていた。八千代は同郷の作家・屋代寅太を介して、金田一耕助を紹介してもらう…!

「名探偵金田一耕助 夜歩く女(主演:小野寺昭)」(C)日活
西村京太郎サスペンス 四つの終止符(主演・かたせ梨乃)
放送日:9月25日、10月21日
2001年・TV・カラー    原作:西村京太郎   監督:齋藤光正   脚本:齋藤珠緒  
出演:かたせ梨乃/西村和彦/高橋かおり/河相我聞/美保純/坂上忍/大鶴義丹/山村紅葉/ケーシー高峰  

うらぶれたスナック「美どり」では、ママの坂井キク(山村紅葉)のもと、ベテラン・ホステスの松浦時枝(かたせ梨乃)、そして年若い石母田幸子(高橋かおり)が住み込みで働いていた。普段は愛想の悪い幸子は、近所の町工場の工員・佐々木晋一(河相我聞)とは、手話を使って親しく話をしていた。そんなある日、佐々木家の隣人・田辺ウメが部屋で死んでいるのが発見される。警察は、発見者の息子である晋一に事情を聞こうとするも、晋一は事件以来、行方をくらませていた…。

西村京太郎サスペンス 海の沈黙(主演・松下由樹)
放送日:9月25日、10月26日
2001年・TV・カラー    原作:西村京太郎   監督:木下亮   脚本:冨川元文  
出演:松下由樹/蟹江敬三/名古屋章/勝村政信/黒田アーサー/小松政夫/船戸順/加藤登紀子/南田洋子  

福祉事務所の手話通訳士・小早川京子(松下由樹)は警察所に到着する。中年夫婦殺害事件の被疑者である、殺された夫婦のお手伝いさんであり、聴覚障害をもつ、秋本つね子(南田洋子)の取り調べのためだ。事件当日、つね子は事件現場で、手とエプロンに血がついたまま放心状態で座り込んでいた。筆談にも全く応じないというつね子に、京子はさっそく手話で話しかけるも、何を聞いてもつね子は反応しない…。

長崎で消えた女
放送日:9月1日
2002年・TV・カラー    原作:多岐川恭   監督:村橋明郎   脚本:佐伯俊道  
出演:渡瀬恒彦/一路真輝/夏樹陽子/宍戸錠/財津一郎/蛭子能収/大河内浩/中西良太/長森雅人/山辺有紀  

妻を亡くした後、上司を殴って退職に追い込まれた二本松秋彦(渡瀬恒彦)は、元の会社の専務・新開賢三(宍戸錠)から、会社の裏金の3億円を横領して逃げた営業部長・網野孝行(大河内浩)を探して欲しいと頼まれる。網野は二本松の辞職の引き金になった元上司だった。網野には長崎に女がいることがわかっており、さっそく二本松は”にわか探偵”として、長崎に向かう。

見知らぬわが子(主演・小川知子)
放送日:9月2日
1983年・TV・カラー    原作:夏樹靜子   監督:(演出)藤田明二   脚本:秋田佐知子  
出演:小川知子/村井国夫/加賀まりこ/中島久之/淡海季史子/淡海早映子/高沢順子/本郷淳  

岡村啓子(小川知子)は、夫・陽一(村井国夫)の出張中のある日、不思議なことに気づいた。娘・ユリ子が嫌いなはずのピーマンを平気で食べるのだ。注意していると、ユリ子の言動が以前と変わっているのだ。出張から帰った陽一は、啓子の思いちがいだと相手にしないが、啓子は自分に恨みをもつ者が、ユリ子をすりかえたと確信する。

「見知らぬわが子(主演・小川知子)」(C)テレパック
真夏の恐怖劇場 ファミリー(主演・とよた真帆)
放送日:9月15日
1999年・TV・カラー    原作:森村誠一   監督:水谷俊之   脚本:西岡琢也  
出演:とよた真帆/石黒賢/鰐淵晴子/穂積隆信/なべおさみ/根岸季衣/江藤漢/藤木悠/長田江身子/小沢和義  

婚約者を交通事故で失った弓子(とよた真帆)は、資産家の息子・裕也(石黒賢)と結婚した。広大な屋敷で夫の両親、妹、弟も含めた新生活を始めるも、あまりにも仲の良すぎる家族に弓子は疑問を感じるようになる。そんなある日、弓子は使われていないタンスの中から、猫と一緒に写っている5人家族の写真を見つける。そこに写っている5人の家族は明らかに今の家族とは違っていた…。

「真夏の恐怖劇場 ファミリー(主演・とよた真帆)」(C)Gカンパニー/ TBS
真夏の恐怖劇場 呪いの5キャラットダイヤ(主演・田中美里)
放送日:9月15日
2000年・TV・カラー    原作:橘綾香   監督:水谷俊之   脚本:いずみ玲  
出演:田中美里/原田龍二/江波杏子/平田満/小沢和義/清水紘治/中原丈雄/伊藤洋三郎/山路和弘/橘雪子  

CDショップに勤める室井江美子(田中美里)は、資産家の息子で音楽評論家の聖堂裕次(原田龍二)と婚約、聖堂家の嫁に代々受け継がれてきた5カラットのダイヤのネックレスを贈られ幸せな日々を送っている。が、その一方で浅川(小沢和義)という男からの執拗なストーカー行為に悩まされていた…。

「真夏の恐怖劇場 呪いの5キャラットダイヤ(主演・田中美里)」(C)Gカンパニー/ TBS
京都・女性記者シリーズ8 京都丹後殺人街道(主演・坂口良子)
放送日:10月1日
1993年・TV・カラー    監督:田中登   脚本:押川國秋  
出演:坂口良子/未來貴子/若林豪/佐々木すみ江/高林由紀子/千原しのぶ/早川純一/高峰圭二/田畑猛雄  

丹後半島の伊根湾で、京友禅の職人を統括する悉皆屋の老舗主人・瀬川の刺殺死体が見つかる。新聞記者・旦子(坂口)の友人で友禅作家・妙子(未来)は、瀬川の勧めで京都で仕事をしている。丹後で縮緬を織る妙子の母親・志乃(佐々木)は、古くから瀬川と取引があった。瀬川の血痕の残る車が京都で発見された。

「京都・女性記者シリーズ8 京都丹後殺人街道(主演・坂口良子)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ9 京都氷室殺人街道(主演・坂口良子)
放送日:10月1日
1993年・TV・カラー    監督:田中登   脚本:安本莞二  
出演:坂口良子/川上麻衣子/若林豪/田中隆三/千原しのぶ/早川純一/高田次郎/香月京子/高峰圭二/朝日完記  

北山杉の枝じめ作業中の竜介が墜落死した。ロープがすり切れたように偽装切断した他殺と判明。竜介は大川商店の次男で、大川家は北山杉の生産をめぐり野村家と犬猿の仲。記者の旦子(坂口)は竜介の婚約者・光江(川上)から、両家の父親は反目し合っているが、息子たちに対立はないと聞く。竜介の高校時代の写真に、奈良支局から転勤してきた関沢記者(田中)を見つける。

「京都・女性記者シリーズ9 京都氷室殺人街道(主演・坂口良子)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ10 京都近江殺人街道(主演・若村麻由美)
放送日:10月2日
1994年・TV・カラー    監督:広瀬襄   脚本:大藪郁子  
出演:若村麻由美/田中実/阿藤海/岩本多代/水島かおり/香野百合子/花沢徳衛/伊藤栄子/立石涼子/汐路章  

雑誌記者の桂(若村)は、毒キノコを使った殺人事件に遭遇する。被害者の雅之は、桂が特集で取り上げる予定の大津絵の画家・次郎の兄だった。兄弟の姉・初美は、極道だった正之のせいで一家が没落、郷里を追われたと桂に話す。正之はさらに、父親の忠次から家の権利証を奪って、多額の借金もしていた。

「京都・女性記者シリーズ10 京都近江殺人街道(主演・若村麻由美)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ11 京都奈良殺人街道(主演・若村麻由美)
放送日:10月2日
1994年・TV・カラー    監督:三村晴彦   脚本:大藪郁子  
出演:若村麻由美/田中実/内藤武敏/阿藤海/岩本多代/水野久美/三谷昇/田中傑幸/絵沢萠子/山本亘  

輸入調理器具「アゴラ」のセールスレディ・苑子(水野)が自宅の2階から転落死した。川北刑事(阿藤)らは、後頭部の陥没を不審に思い捜査を進める。雑誌記者の桂(若村)は、奈良の墨工房を取材中に墨職人で苑子の息子・幸夫が警察に連行されたことから事件に関心を持つ。日頃から苑子にバカにされていた夫の克雄(内藤)は、アリバイがあるが、母親に反発していた幸夫にはない。桂は「アゴラ」のライバル・ユリ、多額の焦げつきを作っていた鈴木を怪しいとにらむ。

「京都・女性記者シリーズ11 京都奈良殺人街道(主演・若村麻由美)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ12 京都塩津殺人街道(主演・若村麻由美)
放送日:10月5日
1994年・TV・カラー    監督:松尾昭典   脚本:安本莞二  
出演:若村麻由美/阿藤海/永島暎子/田中実/岩本多代/亀石征一郎/伊藤栄子/立石凉子/小野武彦/左右田一平  

桂は、日本の塩文化に興味を持つ雑誌記者。亡き父も塩問題の専門家で、足跡を辿るように塩田などの取材を始める。ある日、桂は母親の珠枝と2人で、父の弟子・下山の出版記念パーティーに出席する。だが数日後、下山が仕事用の別宅で殺されてしまう。

「京都・女性記者シリーズ12 京都塩津殺人街道(主演・若村麻由美)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ13 京都日野殺人街道(主演・若村麻由美)
放送日:10月5日
1995年・TV・カラー    監督:井上昭   脚本:大藪郁子  
出演:若村麻由美/田中実/阿藤海/佐川満男/岩本多代/鷲生功/正司照枝/小宮久美子/伊藤栄子/立石凉子  

京都の清滝で女性の死体が発見された。近くに珍しい金属製の和鏡が埋め込まれていて、捜査についた川北刑事は首をかしげる。一方、隣の家に住む雑誌記者の桂は、露店で古い和鏡を見つけひかれて購入する。なんと、母の珠枝が昔婚約者にもらい、別れるときに鏡神社に奉納した鏡だという。

「京都・女性記者シリーズ13 京都日野殺人街道(主演・若村麻由美)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ14 京都九里半殺人街道(主演・若村麻由美)
放送日:10月6日
1995年・TV・カラー    監督:井上昭   脚本:安本莞二  
出演:若村麻由美/田中実/阿藤海/本田博太郎/藤吉久美子/岩本多代/織本順吉/佐川満男/篠塚勝/伊藤栄子  

会社社長・早川が殺された。捜査を開始した川北刑事は、現場から赤杉の箸を発見する。箸職人の中村が、事件直前に早川と会っていたことが判明。だが中村にはアリバイがあり、現場の箸は、一也の作と証言する。そして一也があっさりと犯行を自供した。桂は一也が誰かをかばっていると直感する。

「京都・女性記者シリーズ14 京都九里半殺人街道(主演・若村麻由美)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ15 京都北陸殺人街道(主演・若村麻由美)
放送日:10月6日
1995年・TV・カラー    監督:井上昭   脚本:中村努  
出演:若村麻由美/阿藤海/中村久美/河合美智子/田中実/岩本多代/鈴木弥生/佐川満男/赤羽秀之/伊藤栄子  

記者の桂(若村)は同窓会で親友の紀代(河合)と再会した。紀代は七宝焼作家・市子(中村)の個展を企画中だという。折しも、市子の作った花瓶を凶器に、画廊店主が殺される事件が起きたばかりで、警察は市子の周辺を探っていた。

「京都・女性記者シリーズ15 京都北陸殺人街道(主演・若村麻由美)」(C)松竹
恐喝者(原作・松本清張/主演・古谷一行)
放送日:10月1日、10月16日
1997年・TV・カラー    原作:松本清張   監督:松尾昭典   脚本:大野靖  
出演:古谷一行/藤真利子/本田博太郎/矢崎滋/ベンガル/田中公行/井上博一/高峰圭一/及森玲子/梅津栄  

家具店を経営する尾村(古谷)は、かつて一緒に銀行強盗をした加治(本田)の会社が倒産したと聞く。金をせびられると感じた尾村は、加治を襲うことを決意。

「恐喝者(原作・松本清張/主演・古谷一行)」(C)松竹
留守宅の事件(原作・松本清張/主演・古谷一行)
放送日:10月2日、10月22日
1996年・TV・カラー    原作:松本清張   監督:嶋村正敏   脚本:大野靖子  
出演:古谷一行/余貴美子/内藤剛志/洞口依子/芳本美代子/平泉成/加地凌馬/内田大介/岡崎公彦/小畑二郎  

恋した人妻との密会を企てた男の不運。秘密の行動が原因で、犯人と疑われた男が真実を探る。

「留守宅の事件(原作・松本清張/主演・古谷一行)」(C)松竹
一年半待て(原作・松本清張/主演・小柳ルミ子)
放送日:10月8日、10月23日
1984年・TV・カラー    原作:松本清張   監督:松尾昭典   脚本:大野靖子  
出演:小柳ルミ子/勝野洋/樹木希林/高橋長英/東てる美/利根はる恵/茅島成美/鶴賀二郎/宗近晴見  

夫を亡き者として愛人と結ばれようとした妻の、一年半かけた緻密な計算。貞淑な妻の仮面を演じきる女のしたたかな素顔に迫る。

「一年半待て(原作・松本清張/主演・小柳ルミ子)」(C)松竹
書道教授(原作・松本清張/主演・近藤正臣)
放送日:10月9日、10月29日
1982年・TV・カラー    原作:松本清張   監督:野田幸男   脚本:吉田剛  
出演:近藤正臣/風吹ジュン/加藤治子/佐野浅夫/生田悦子/池波志乃/井上昭文/有馬昌彦/富田恵子/住吉道博  

愛人に多額の慰謝料を請求された銀行員がせっぱつまって女を殺し、完全犯罪をやりとげるが…。

「書道教授(原作・松本清張/主演・近藤正臣)」(C)松竹
紐(原作・松本清張/主演・酒井和歌子)
放送日:10月15日、10月30日
1979年・TV・カラー    原作:松本清張   監督:水川淳二   脚本:吉田剛  
出演:酒井和歌子/中条きよし/宇津宮雅代/河原崎長一郎/中山仁/青木義朗/小林昭二/三戸部スエ/今井健二  

巨額な借金に追われ、保険金目当てに死のうとする男が、妻に首を絞めさせる。

「紐(原作・松本清張/主演・酒井和歌子)」(C)松竹
名探偵雅楽登場(主演・中村勘三郎)
放送日:10月19日
1979年・TV・カラー    原作:戸板康二   監督:斎藤武市   脚本:吉田剛  
出演:中村勘三郎/波乃久里子/近藤正臣/山城新伍/大出俊/村井国夫/高瀬春奈/早乙女愛/伊藤雄之助  

東都新聞学芸部記者の竹野(近藤正臣)は、推理小説マニアの歌舞伎の名優・中村雅楽(中村勘三郎)に会うのが楽しみ。ある日突然、舞台で殺人事件が起こる。雅楽が名探偵気取りで乗り出した。劇場は騒然、客席で観劇していた江川刑事(山城新伍)も舞台にとびあがる。

「名探偵雅楽登場(主演・中村勘三郎)」(C)松竹
名探偵雅楽再び登場!(主演・中村勘三郎)
放送日:10月19日
1980年・TV・カラー    原作:戸板康二   監督:斎藤武市   脚本:吉田剛  
出演:中村勘三郎/淡島千景/近藤正臣/山城新伍/中村勘九郎/早乙女愛/古手川祐子/中村雀右衛門/入川保則  

大東劇場の舞台で、演技中の女形・紫紅が殺された。若女形の芙蓉(中村勘九郎)に疑いが…。高松屋シャーロック・ホームズといわれる歌舞伎の大御所・雅楽(中村勘三郎)が事件を推理。そのとき、芙蓉ファンの銀座のママが刺殺された。

「名探偵雅楽再び登場!(主演・中村勘三郎)」(C)松竹
名探偵雅楽三度登場!(主演・中村勘三郎)
放送日:10月19日
1980年・TV・カラー    原作:戸板 康二   監督:斎藤武市   脚本:吉田剛  
出演:中村勘三郎/林与一/近藤正臣/山城新伍/高橋洋子/早乙女愛/有島一郎/井上昭文/白石奈緒美/有川博  

“忠臣蔵”の定九郎が舞台で射殺された。幽霊が出る芝居小屋を背景に、うず巻く愛憎の波を見事に裁くおなじみ中村勘三郎の名探偵・雅楽、三度目の登場。劇中劇の“忠臣蔵”で、勘三郎が初めて与市兵衛を演じるのが楽しみ。

「名探偵雅楽三度登場!(主演・中村勘三郎)」(C)松竹
悪い電話(主演・加賀まりこ)
放送日:10月6日
1991年・TV・カラー    監督:小林俊一   脚本:押川國秋  
出演:加賀まりこ/秋野太作/河原崎健三/浅利香津代  

多額の借金を抱え取り立てに追われる夫婦のもとに、ある日かかった一本の間違い電話。誘拐事件に気付いた夫婦は、これを利用して大金を手に入れようと綿密な計画を立てる。しかし人々の欲望が複雑に絡み合い、事件は思いがけない方向へと進んでいく。平凡な夫婦が陥った転落への道とは…。

「悪い電話(主演・加賀まりこ)」(C)彩の会
検察捜査(主演・黒木瞳)
放送日:10月5日
1995年・TV・カラー    原作:中嶋博行   監督:山本邦彦   脚本:山田信夫  
出演:黒木瞳/布施博/竜雷太/ガッツ石松/高橋悦史/佐藤B作/沖田浩之/千石規子/名高達男/柳生博/中尾彬  

弁護士界の大物・西垣が拷問の末、殺された。事件の担当になった横浜地検の新米検事・美紀子(黒木)は、検察事務官の伊藤(布施)を連れて捜査に当たる。美紀子は、神奈川県警の郡司刑事(ガッツ)に協力を求めようと会いに行くが…。

「検察捜査(主演・黒木瞳)」(C)大映テレビ
出戻り弁護士(主演:泉ピン子)
放送日:10月7日
2002年・TV・カラー    監督:吉川一義   脚本:坂上かつえ  
出演:泉ピン子/森本レオ/熊谷真実/神田正輝/美保純/うえだ峻/中山麻理/中村愛美/野口ふみえ/若松俊秀  

主婦・花村万里子(泉ピン子)は、弁護士である夫・秀一(森本レオ)、娘・美樹(半田美保子)との3人暮らし。しかしある日、秀一が八王子の民家で女性と焼死、しかもその女性の死体にはナイフが突き刺さっていた。殺された女性は、建設会社の社長・藤崎寛子(中山麻理)。刑事・松田(神田正輝)は、3年前夫を亡くした寛子が秀一と不倫の関係になり、2人が無理心中したとにらむが…。

「出戻り弁護士(主演:泉ピン子)」(C)近代映画協会
襲われた二人(夏樹静子原作/主演・山本陽子)
放送日:10月7日
1995年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:黒沢直輔   脚本:竹山洋  
出演:山本陽子/峰岸徹/黒沢あすか/中山仁/中尾彬/左時枝/浜田光夫/山田スミ子  

「襲われた二人 女子大生レイプ犯は夫!?妻のアリバイ崩し」

結婚16年目の主婦・八代冴子(山本陽子)の夫・真吾(浜田光夫)が海岸で刺殺された。通報者の女子大生・磯崎あき子(黒沢あすか)は、愛人の真吾とデート中、2人組の強盗に襲われたと証言。しかも、真吾が1000万円の手形を会社から横領していたとわかる。だが、夫の潔白を信じる冴子は、魚住刑事(峰岸徹)の協力で調査を開始。夫を殺した真犯人は、あき子の本当の恋人で真吾の親友・藤川良次(中山仁)と推理するが、藤川にはアリバイがあった。

「襲われた二人(夏樹静子原作/主演・山本陽子)」(C)大映テレビ
跳びおりる(夏樹静子原作・主演・大空真弓)
放送日:10月7日
1987年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:富本壮吉   脚本:竹山洋  
出演:大空真弓/角野卓造/梶芽衣子/中尾彬/岡本富士太/生田悦子/有川博/長谷川初範/久保田民絵/出光元  

女流評論家・悠子(梶)の家に俊子(大空)という新しい家政婦がきた。夫(岡本)が単身赴任中なので、悠子は息子の充と家政婦の3人で、マンション暮らしだ。来たときから、俊子の目はなぜか復讐に燃えていた。家政婦としては有能なので、悠子は気に入っていたが、俊子は悠子に睡眠薬を飲ませ、ストーブをひっくり返した。火の海を見た悠子は充をそのままにして避難してしまったので、俊子が火中に飛び込んで救出した。

「跳びおりる(夏樹静子原作・主演・大空真弓)」(C)大映テレビ
雨の中の女(主演・佐藤友美)
放送日:10月8日
1988年・TV・カラー    監督:大室清   脚本:小林政広  
出演:佐藤友美/長谷直美/柴俊夫/早坂あきよ/フィリッポ・マズウロー/ビートきよし/斉木しげる/鶴田忍  

怜子は、夫が自分に保険をかけて殺そうとしていると知り、パリから日本へ逃げる。ある夜、順一は雨の中を車の故障で困っている女を助けるが、雨にぬれた女のからだに魅せられ犯してしまう。翌日、妻・好子を友人が訪ねてくる。その友人とは、昨夜の女・怜子だった…。

「雨の中の女(主演・佐藤友美)」(C)テレパック
嫉妬 東京、土・日妻VS仙台、月~金妻(主演・市原悦子)
放送日:10月8日
1986年・TV・カラー    原作:佐野洋   監督:田中登   脚本:吉田剛  
出演:市原悦子/橋爪功/野川由美子/中村久美/風見章子・出光元  

独身のブティック経営者。幼友達の夫の浮気調査に乗り出すが、夫には愛人がいて、幼友達は自殺未遂をしてしまう。

「嫉妬 東京、土・日妻VS仙台、月~金妻(主演・市原悦子)」(C)テレパック
追いつめる 老刑事・最後の張り込み
放送日:10月9日
2006年・TV・カラー    原作:森詠   監督:井上昭   脚本:中村努  
出演:藤田まこと/竹下景子/荻野目慶子/松村雄基/高橋かおり/平泉成/山田純大/渡辺哲/木下ほうか  

京都市内で拳銃による強盗殺人事件が連続して発生。弾の条痕からすべて同一犯の犯行とみられた。そんな中、刑事の矢島が検問中、またしても同じ犯人に銃殺される。やがて、元外車販売員の近藤譲二が犯人として浮上。刑事の海原(藤田まこと)は、近藤が10年前に起きた事件の容疑者だったことを思い出す。そして、近藤が元恋人に接触してくると予測し、女性の張り込みを続ける。近藤は現れるのか!?愛し合う男女の深層心理にベテラン刑事が鋭く迫る。

屋形船の女
放送日:10月12日
2003年・TV・カラー    監督:下村優   脚本:下村優/外村朋子  
出演:坂口良子/杉本哲太/草笛光子/藤村俊二/布施博/秋本奈緒美  

東京は下町・柳橋にある創業80年の船宿・小松屋。芸者上がりの清美を母にもつ若女将・小松志保子は、今日も年下の入婿・匠と共に店を切り盛りしている。ある日、志保子は釣りに行ってるはずの匠が喫茶店で泣いてる女の手を握っているのを目撃。浮気をしているとにらんだ志保子は、まもなく携帯で呼び出されたらしい匠を尾行。だが、夜の墨田公園内でその姿を見失ってしまった。翌日、志保子は警察からの連絡で前夜無断外泊をした匠が警察の取り調べを受けていると知った。

「屋形船の女」(C)近代映画協会
屋形船の女2
放送日:10月12日
2003年・TV・カラー    監督:吉村潤   脚本:重森孝子/外村朋子  
出演:坂口良子/杉本哲太/草笛光子/藤村俊二/藤真利子/夏八木勲  

隅田川の川風が心地いい東京の柳橋で、船宿の若女将をしている小松志保子と仲がいい、高島造船社長・高島千恵の夫の十七回忌の直後、その事務員・矢野啓子が殺されて発見される。
啓子は金遣いが荒くサラ金などに借金をしているとの噂がある女。警察は、16年前千恵の夫を殺害し、最近仮釈放になった相川聖治が啓子と関係があったとみて、取り調べを開始するが…。

「屋形船の女2」(C)近代映画協会
屋形船の女3
放送日:10月13日
2004年・TV・カラー    監督:吉川一義   脚本:重森孝子  
出演:坂口良子/杉本哲太/草笛光子/藤村俊二/渡辺いっけい/蟹江一平  

小松屋の屋台船にも乗ったことがある有名花火師が殺害された。
被害者に掴みかかった男とその兄の周辺を調べた志保子らは、20年前に発生した花火会場での花火師のミスによる死亡事故が事件に関係していると気付く。

「屋形船の女3」(C)近代映画協会
隅田川の花嫁慕情
放送日:10月13日
2005年・TV・カラー    監督:下村優   脚本:下村優/松本美弥子  
出演:坂口良子/杉本哲太/草笛光子/藤村俊二/岩崎ひろみ/山口果林  

東京の下町隅田川沿いで、屋形船「小松屋」を営む志保子は、夫の匠と母の清美、船で働く源三とともに忙しくも、充実した毎日を過ごしていた。そんなある朝、船の中で寝ていた男、吉沼が突如として現れ、ひょんな事からしばらくの間、志保子の船で働くことに。一方で、志保子の母清美の妹分で、向島で置屋の女将をしている吉野花枝が、隅田川沿いの公園で起きた殺人事件の参考人として、警察に連行される。殺された男は、花枝が女手一つで育てた娘綾子の父親では?と噂が広がり、志保子たちは綾子や花枝のために真相究明に乗り出す。

「隅田川の花嫁慕情」(C)近代映画協会
花ふぶき女スリ三姉妹1
放送日:10月14日
1988年・TV・カラー    監督:吉田啓一郎   脚本:小森名津  
出演:叶和貴子/美保純/宮下順子/佐野浅夫/美木良介/八名信夫  

先祖代々のスリ一家に育った三姉妹、美恵・佳恵・沙恵は父譲りの妙技でスリを働いていた。そんな三人が、温泉とスリの旅にみちのくへ向かう。三人を見張る老刑事堀田もその後を追った。
旅先で沙恵は松岡というエリート風の青年に出会い一目惚れ。その彼が会社の重要書類を盗まれて困っていると知り、沙恵たち三人は、川田たち三人のスリグループから、書類を取り返そうとする…。

「花ふぶき女スリ三姉妹1」(C)東通企画
花ふぶき女スリ三姉妹2
放送日:10月14日
1988年・TV・カラー    監督:水川淳三   脚本:小森名津  
出演:叶和貴子/美保純/宮下順子/佐野浅夫/草薙幸二郎/並木史朗  

三姉妹に亡き父の子分であった、じゃのめの市が、秘蔵の名画を、悪徳美術商の角田と美術評論家の唐沢の二人に奪われたという。絵を取り戻そうと秘策を練る三人に、スリ専門の刑事・堀田の目が光る。そんななか佳恵は美術館の学芸員と名乗る男、林に心ひかれ始める。

「花ふぶき女スリ三姉妹2」(C)東通企画
花ふぶき女スリ三姉妹3
放送日:10月14日
1989年・TV・カラー    監督:水川淳三   脚本:小森名津  
出演:叶和貴子/宮下順子/松本典子/佐野浅夫/四方堂亘/川野太郎  

花吹雪家の三姉妹が、テレビのクイズ番組で旅行券を当てて九州へ旅をすることとなった。ただし賞金が出たのは長女・美恵と三女・沙恵にだけで、問題に答えることができなかった次女・佳恵は飛行機の出発までに空港で旅費をスリ取って調達しなければならない。そこへ捜査三課の堀田刑事が現れる…。
女三姉妹が長崎~阿蘇~大分と、九州横断の旅先で思わぬ事件に巻き込まれる。…ふりかかる災難に、どんなスリの秘技が飛び出すやら?

「花ふぶき女スリ三姉妹3」(C)東通企画
花ふぶき女スリ三姉妹4
放送日:10月15日
1990年・TV・カラー    監督:水川淳三   脚本:中村勝行  
出演:叶和貴子/宮下順子/松本典子/佐野浅夫/八名信夫/美角優介  

資産家の島野光江が奥多摩の山中で殺された。地元の警察では、ベテラン刑事・後藤の主張で夫・和正を逮捕する。が、和正は遊び仲間の洋子と香織と口裏を合わせてアリバイ工作をしていた。堀田は親友である後藤を助けるために、アリバイを崩す証拠の財布をスリ取ってほしいと、三人へ協力を頼んでくる…。
恒例のロケは、信州を中心に、別所温泉~霧ヶ峰~白樺湖~松本~白骨温泉を巡る。

「花ふぶき女スリ三姉妹4」(C)東通企画
花ふぶき女スリ三姉妹5
放送日:10月15日
1991年・TV・カラー    監督:皆元洋之助   脚本:小森名津  
出演:叶和貴子/宮下順子/松本典子/佐野浅夫/石原良純/八名信夫  

江戸時代からのスリ一家としてその世界では名高い、花吹雪家の三姉妹・美恵、佳恵、沙恵が小料理店を開いた。が、商売っ気のない三人は採算を無視した経営で赤字はふくらんでいくばかり。
やむを得ず店を閉める決心をした晩、一人の男が店に飛び込んできた。その男が翌日、死体となって発見された。

「花ふぶき女スリ三姉妹5」(C)東通企画
花吹雪女スリ三姉妹1
放送日:10月16日
1994年・TV・カラー    監督:皆元洋之助   脚本:篠崎好  
出演:叶和貴子/白都真理/大和田獏/中條かな子/桑名正博/高梨亜矢/八名信夫  

東京から京都に引っ越ししてきた美人スリ三姉妹は、祇園で芸者として暮らし始めていた。美恵のひいき筋の座敷に出ていてた夜、佐賀県の有田から美恵に電話がはいった。相手は、昔美恵がスリの女王の座を争った黒髪のお竜であった。約束の夜、お竜は現れず、お竜の着てくるはずだった着物を着た女がダイイングメッセージを残し殺された。
すべての謎を解くたびに三姉妹は出ることとなった。

「花吹雪女スリ三姉妹1」(C)東通企画
花吹雪女スリ三姉妹2
放送日:10月16日
1995年・TV・カラー    監督:皆元洋之助   脚本:中村勝行  
出演:叶和貴子/中尾ミエ/中條かな子/神田正輝/八名信夫/美角優介  

京都・祇園で妹の佳恵、沙恵と共に芸妓づとめの美恵は、青年実業家三村とお見合いをするために、彼の住む山形県の天童市へ向かう。
一方、北川と呼ばれる男から山形周辺の地図を託された佳恵は、そのいわくありげな地図を奪い取られたのを機に沙恵を連れて山形へ。三姉妹は三村の案内で山形観光としゃれこむが彼女たちの周りで北川やかつての仲間が殺されていく。託された地図には何が隠されているのか。また三村の正体は。

「花吹雪女スリ三姉妹2」(C)東通企画
警視庁鑑識課1
放送日:10月20日
1996年・TV・カラー    原作:(原案)前川洋一   監督:下村優   脚本:坂田義和  
出演:西村和彦/三浦浩一/角野卓造/本田博太郎/根岸季衣/大和田伸也/清水章吾/中西良太/竹井みどり  

不動産ブローカーの野口が殺され、容疑者の竹田は死体で発見された。捜査陣は、野口を殺した竹田が自殺したと断定するが、鑑識官の岩崎(角野)は竹田のツメから花粉が検出されたことで、殺される前に誰かと争ったと推理、他殺とみる。花粉は珍種の花のもの。岩崎の部下・中山(西村)らの捜査から、この花を扱う大手の花店社長・静子(竹井)が浮上。静子は6年前の連続放火事件で夫を亡くしていた。

「警視庁鑑識課1」(C)ヴィステックエンタテインメント
警視庁鑑識課2
放送日:10月20日
1996年・TV・カラー    監督:下村優   脚本:坂田義和  
出演:西村和彦/角野卓造/沖直未/吉行和子/清水章吾/堀田眞三/三浦浩一/根岸季衣/北山雅康/本田博太郎  

都内の金融会社で社長の長谷川(堀田)が殺された。現場に向かった鑑識課の中山(西村)らは、犯人が使ったと思われる茶わんから指紋を検出。また、貝の破片などを発見した。さらに、犯行後、死体が動かされていたことも判明。まもなく、長谷川の愛人・藍子(沖)に容疑が向けられた。藍子が病院の副院長との縁談を進めていると知った長谷川は、藍子の職場に押しかけていたらしい。が、茶わんの指紋が藍子のものでないと判明。

「警視庁鑑識課2」(C)ヴィステックエンタテインメント
警視庁鑑識班3
放送日:10月20日
1997年・TV・カラー    監督:下村優   脚本:坂田義和  
出演:西村和彦/三浦浩一/角野卓造/本田博太郎/根岸季衣/大和田伸也/清水章吾/佳那晃子/北山雅康  

都内の公園で小学1年生の拓也が誘拐され、警察は直ちに警戒態勢に入った。まもなく、動物病院を経営する拓也の父・増田に電話をかけてきた犯人は、身代金を要求。さらに拓也の母・玲子(佳那)に金を運ばせるよう指示してきた。玲子と増田は離婚しており、現在、増田は別の女性と再婚している。犯人は拓也の実母まで知る、増田家の事情にくわしい人物らしい。犯人の指示を受けながら身代金の受け渡し場所へ向かう玲子。捜査陣は犯人との接触の時を逃すまいと玲子の後を追った。

「警視庁鑑識班3」(C)ヴィステックエンタテインメント
警視庁鑑識班4
放送日:10月21日
1997年・TV・カラー    監督:下村優   脚本:坂田義和  
出演:西村和彦/三浦浩一/角野卓造/本田博太郎/根岸季衣/清水章吾/毬谷友子/佐々木勝彦/不破万作  

東京・下町の邸宅で惨殺事件が発生した。殺されたのは家の主で都議会議員の今関汰市(新原和丸)。直ちに出動した警視庁現場鑑識班の中山(西村和彦)、岩崎(角野卓造)らは、犯行が行われた二階寝室、庭などを調査。まもなく、刑事の取り調べを受けた今関の妻・圭子(毬谷友子)が犯行を自供した。

「警視庁鑑識班4」(C)ヴィステックエンタテインメント
警視庁鑑識班5
放送日:10月21日
1998年・TV・カラー    監督:(演出)下村優   脚本:坂田義和  
出演:西村和彦/角野卓造/岸部一徳/松本留美/三浦浩一/根岸季衣/清水ひとみ/清水章吾/増田未亜/利倉大輔  

都内で連続して通り魔事件が発生する中、下町・月島のマンションで飛び降りの変死体が見つかった。死亡したのは17歳の高校2年生・江島祐一(利倉大輔)。現場の屋上には、ワープロで書かれた遺書らしきものがあったが、遺体の位置関係から他殺の線もあると判明。警視庁の捜査陣は直ちに捜査に乗り出した。

「警視庁鑑識班5」(C)ヴィステックエンタテインメント
警視庁鑑識班6
放送日:10月22日
1998年・TV・カラー    監督:下村優   脚本:坂田義和  
出演:西村和彦/角野卓造/八名信夫/三浦浩一/奥山佳恵/本田博太郎/清水章吾/根岸季衣/伏見哲夫/風祭ゆき  

都内でゲームソフト会社の社長を狙った営利誘拐事件が発生した。誘拐されたのは、『キッズ』のオーナー社長・桧山勝彦(藤野晃)。犯人は、身代金の受け渡し場所を指定するが姿を現さず、翌日、奥多摩の山中で桧山の他殺死体が発見された。
警視庁鑑識課の中山(西村和彦)、岩崎(角野卓造)らは、現場で27センチの靴の足跡と血痕が付着したコートを発見。犯人が180センチ前後の男で、桧山宅で殺害した後、遺体を奥多摩に運んだと、断定した。

「警視庁鑑識班6」(C)ヴィステックエンタテインメント
警視庁鑑識班7
放送日:10月22日
1999年・TV・カラー    監督:(演出)/下村優   脚本:坂田義和/下村優  
出演:西村和彦/角野卓造/阿藤海/木村理恵/三浦浩一/根岸季衣/本田博太郎/清水章吾/中島久之/北山雅康  

東京港区の高級ブティックで、拳銃を使った強盗殺人事件が発生した。殺されたのは店の社長・福原敏夫(中島久之)。直ちに出動した岩崎・中山ら警視庁鑑識課の面々は、現場の事務室周辺を調査。ドアのノブから被害者の血痕指紋を採取すると共に、被害者の体内及び庭から犯人が発射したとみられる2個の弾丸を発見した。

「警視庁鑑識班7」(C)ヴィステックエンタテインメント
警視庁鑑識班8
放送日:10月23日
1999年・TV・カラー    監督:下村優   脚本:扇澤延男  
出演:西村和彦/角野卓造/金久美子/岸部一徳/新井康弘/小宮孝泰/三浦浩一/清水章吾/本田博太郎/石井洋祐  

都内の公園で後頭部を鈍器状のもので撲られた男の他殺死体が見つかった。殺されたのは東洋タイムスの社会部記者・菅野隆一。一課の刑事らと共に現場に到着した中山、岩崎(角野卓造)ら鑑識課の面々は、周辺の遺留品を回収し調査。まもなく菅野の所持していた煙草のパッケージから思わぬ指紋を検出した。
指紋の主とは、14年前、大阪で発生した強盗殺人事件の犯人・吉国潤子。資料によると、潤子は名前を変えて逃走。事件はあと半年で時効を迎えるのだ。

「警視庁鑑識班8」(C)ヴィステックエンタテインメント
警視庁鑑識班9
放送日:10月23日
2000年・TV・カラー    監督:下村優   脚本:石川雅也/下村優  
出演:西村和彦/赤井英和/角野卓造/手塚理美/上原真希子/天宮良/本田博太郎/高杢禎彦/清水章吾/三浦浩一  

池袋のラブホテル街でハデな身なりの女の絞殺死体がみつかった。一課の刑事と共に出動した鑑識班の中山(西村和彦)、岩崎(角野卓造)らは、被害者の首に付着していたカシミヤの繊維片、着衣から犬のものと思われる毛を発見。強く引っぱられた痕跡のあるバッグからは、被害者以外の指紋を検出した。
まもなく夜ごと相手を替えて遊び回っていた被害者が、評判のいい印刷会社OL・塚田淳子(上原真季子)と判明。その体から検出された体液から、淳子は殺される前、AB型の男とホテルにいたことが明らかになった。

「警視庁鑑識班9」(C)ヴィステックエンタテインメント
警視庁鑑識班10
放送日:10月26日
2000年・TV・カラー    監督:下村優   脚本:下村優/坂上かつえ  
出演:西村和彦/角野卓造/五月みどり/杉田かおる/加納竜/景山仁美/深水三章/伊藤洋三郎/清水章吾  

都内のマンションで服毒したとみられる医師の変死体が見つかった。死亡したのは新宿にある病院勤務の内科医・橋田智幸(加納竜)。中山(西村和彦)ら鑑識班の面々は直ちに現場の調査を行うが肝心の毒物を発見できず、他殺の公算が高まった。

「警視庁鑑識班10」(C)ヴィステックエンタテインメント
警視庁鑑識班11
放送日:10月26日
2001年・TV・カラー    監督:下村優   脚本:江良至/下村優  
出演:西村和彦/角野卓造/大谷直子/菊池麻衣子/河原崎建三/三浦浩一/清水章吾/根岸季衣/本田博太郎  

東京郊外の宅地造成地で茶髪の若い男の白骨死体が見つかり、検視の結果、死因が絞殺で死後5年から10年たっていることが分かった。現場の調査を担当した岩崎(角野卓造)、中山(西村和彦)らは、死体と共にライター、”N.T”とのイニシャルの入った万年筆、眼鏡のレンズ片などを発見。捜査陣は、これらの手掛かりを元に被害者の身元の洗い出しを開始した。

「警視庁鑑識班11」(C)ヴィステックエンタテインメント
警視庁鑑識班12
放送日:10月27日
2001年・TV・カラー    監督:下村優   脚本:田部俊行  
出演:西村和彦/角野卓造/森口博子/河相我聞/佐藤裕/嶋田豪/清水章吾/本城丸裕/小林すすむ/松永久仁彦  

都内北千住のブックストアで、改造拳銃を使った強盗事件が発生、撃たれた店員は意識不明の重体になった。中山(西村和彦)ら鑑識班の面々は、その手口、遺留品などから、3ヶ月前、中目黒のドラッグストアで起きた拳銃強盗と類似点を発見。まもなく、弾丸の条痕検査、指紋照合の結果、同一犯による犯行と判明した。

「警視庁鑑識班12」(C)ヴィステックエンタテインメント
警視庁鑑識班13
放送日:10月27日
2002年・TV・カラー    監督:下村優   脚本:宮村優子  
出演:西村和彦/角野卓造/金久美子/左時枝/大谷みつほ/三浦浩一/清水章吾/根岸季衣/深水三章/山本竜二  

都内の公園で刃物を使った傷害事件が発生した。被害者は近くでクリーニング店を営む中里三千代(左時枝)の一人娘・幸(大谷みつほ)。悲鳴を聞きつけた顔見知りの美容師・和泉英子(金久美子)が警察に通報していた。

「警視庁鑑識班13」(C)ヴィステックエンタテインメント
警視庁鑑識班14
放送日:10月28日
2002年・TV・カラー    監督:下村優   脚本:高橋正弥/下村優  
出演:西村和彦/角野卓造/夏八木勲/小川範子/モロ師岡/大西結花/藤野晃/伊崎充則/清水章吾/本城丸裕  

目黒区内のマンションで中原祐子(大西結花)という34歳のブティック店員の絞殺死体が見つかった。一課の刑事と共に出動した中山(西村和彦)らは、現場で色のついた繊維片、毛髪、さらに犯人の指紋が付着している割れたコップ片を発見。刑事らがホストクラブで分不相応な遊びをしていたらしい祐子の捜査に取り掛かる中、中山らはさっそく割れたコップの復元作業に取り掛かった。

「警視庁鑑識班14」(C)ヴィステックエンタテインメント
警視庁鑑識班15
放送日:10月28日
2002年・TV・カラー    監督:下村優   脚本:坂田義和/下村優  
出演:西村和彦/角野卓造/浅田美代子/美木良介/毬谷友子/長谷川待子/矢田響/久富惟晴/近衛れい子  

郊外のスーパーで幼児の誘拐事件が発生、中山(西村和彦)ら鑑識班も現場で活動を始めた。誘拐されたのは訪問看護師・内田芙美子(浅田美代子)の1歳の子供・理奈(矢田響)。夫を2年前に亡くした芙美子は、仕事を通じて仲良くなった河本民江(長谷川待子)と買物をしていてこの事件に巻き込まれたのだ。

「警視庁鑑識班15」(C)ヴィステックエンタテインメント
警視庁鑑識班16
放送日:10月29日
2003年・TV・カラー    監督:下村優   脚本:下村優/岡崎由紀子  
出演:西村和彦/角野卓造/大鶴義丹/渡辺梓/雛形あきこ/大島さと子/並樹史朗/清水章吾/本城丸裕  

都内のマンションの一室で、40歳になる独身の保育士・篠田雅美(大島さと子)の他殺死体が見つかった。捜査陣は、雅美が握りしめていた”調査し、告発してほしい”との文字が残った紙の切れ端を発見。雅美の着衣から植物の葉の断片を採取した中山(西村和彦)らは、紙の切れ端とともに分析を始めた。

「警視庁鑑識班16」(C)ヴィステックエンタテインメント
警視庁鑑識班17
放送日:10月29日
2004年・TV・カラー    監督:下村優   脚本:武井由美/下村優  
出演:西村和彦/角野卓造/高橋かおり/秋本奈緒美/下元史朗/清水章吾/ベンガル/小林すすむ/松永久仁彦  

都内のマンションで、渋谷紀枝(高橋かおり)というブティックの店長が姿を消す騒ぎがあり、物色の形式があるその部屋からは血痕が検出された。紀枝と幼なじみで現在も付き合いがあるという歯科技工士・南条景子(秋本奈穂美)の話によると、紀枝は、最近、ストーカーに付きまとわれていたとのこと。拉致か失踪かで意見が分かれる中、中山(西村和彦)ら鑑識班の面々は、ストーカーを目撃したという景子の証言を元に、似顔絵を作成した。

「警視庁鑑識班17」(C)ヴィステックエンタテインメント
警視庁鑑識班18
放送日:10月30日
2005年・TV・カラー    監督:下村優   脚本:武井由美/下村優  
出演:西村和彦/角野卓造/藤真利子/深浦加奈子/重田千穂子/林寛子/清水章吾/ベンガル/小林すすむ  

東京の郊外で手配中の強盗傷害犯・杉浦健司(奥本東五)が逮捕された。杉浦の車を調べた中山(西村和彦)、岩崎(角野卓造)ら鑑識班は、フロント部分に人と接触した痕跡を発見。取り調べに対し、杉浦は、山道で急に飛び出してきた女をはね、そのまま逃げたと供述した。車の痕跡から、被害者が即死か重体と見られたが、事故現場にその姿が見当らない。杉浦の車に被害者を運んだ形跡はなく、本人も死体の遺棄を強く否認した。

「警視庁鑑識班18」(C)ヴィステックエンタテインメント
警視庁鑑識班19
放送日:10月30日
2005年・TV・カラー    監督:下村優   脚本:下村優  
出演:西村和彦/林隆三/角野卓造/吉満涼太/前田淳/大口広司/清水章吾/ベンガル/小林すすむ/三浦浩一  

東京・八王子の山林で男の他殺死体が見つかった。現場の状況から、犯人は死体をどこかから運んで遺棄したらしく身元は不明。中山(西村和彦)岩崎(角野卓造)ら鑑識班は、血痕と汗が付着した遺留品のハンカチの血液操作を行う一方、採取した被害者の靴底の土砂の分析を始めた。中に含まれていた花粉がミツガシワという水性植物だったことから、殺害現場は池の近辺らしい。

「警視庁鑑識班19」(C)ヴィステックエンタテインメント
冤罪 父と子の旅路(主演・橋爪功)
放送日:10月13日
2005年・TV・カラー    原作:小杉健治   監督:長谷部安春   脚本:石原武龍/程島健  
出演:橋爪功/中村俊介/宮本真希/伊吹吾郎/松本留美/穂積隆信/山西道広/若林豪/市毛良枝/竜雷太  

一家強盗殺人事件の罪で死刑判決を受けた柳瀬光三(橋爪功)は、今は獄中で刑の執行を待つ身。そんな柳瀬の再審請求の弁護人として、浅利祐介(中村俊介)が任命される。実は祐介は、28年前のその事件で惨殺された家族の、ただ一人の生き残りであった…。

「冤罪 父と子の旅路(主演・橋爪功)」(C)Gカンパニー/ TBS
西村京太郎サスペンス 海の沈黙(主演・松下由樹)
放送日:9月25日、10月26日
2001年・TV・カラー    原作:西村京太郎   監督:木下亮   脚本:冨川元文  
出演:松下由樹/蟹江敬三/名古屋章/勝村政信/黒田アーサー/小松政夫/船戸順/加藤登紀子/南田洋子  

福祉事務所の手話通訳士・小早川京子(松下由樹)は警察所に到着する。中年夫婦殺害事件の被疑者である、殺された夫婦のお手伝いさんであり、聴覚障害をもつ、秋本つね子(南田洋子)の取り調べのためだ。事件当日、つね子は事件現場で、手とエプロンに血がついたまま放心状態で座り込んでいた。筆談にも全く応じないというつね子に、京子はさっそく手話で話しかけるも、何を聞いてもつね子は反応しない…。

西村京太郎サスペンス 天使の傷痕(主演・村上弘明)
放送日:10月27日
2001年・TV・カラー    原作:西村京太郎   監督:田中康隆   脚本:吉田弥生  
出演:村上弘明/遠野凪子/原田大二郎/千石規子/岡元夕紀子/室田日出男/石倉三郎/床嶋佳子/佐野史郎  

新聞記者の田島伸治(村上弘明)は、美術館で知り合った清楚な女性・山崎昌子(遠野凪子)と山へハイキングに出かけた。付き合いはじめてまもないデートで幸せいっぱいの二人であったが、突然背後から獣のうめき声のようなものが聞こえてきた。振り返ると、胸にナイフが深々と突き刺さった男が道の角から現れた。男は、力尽きて道の下に転がり落ち、急いで駆け下りてきた田島に、「て、ん…。」という謎の言葉を言い残し、息絶えてしまう…。

西村京太郎サスペンス 脅迫者(主演・伊藤蘭)
放送日:10月28日
2001年・TV・カラー    原作:西村京太郎   監督:齋藤光正   脚本:中野顕彰  
出演:伊藤蘭/佐藤B作/ケーシー高峰/斎藤洋介/山村紅葉/朝丘雪路/大塚良重/石野真子/林泰文/田京恵  

東京の下町・暁町で理髪店を経営している野村国子(伊藤蘭)は、10年前に夫を亡くし、女手ひとつで息子を育てていた。ある日、国子の店に汚らしい身なりをした初老の男が入ってきた。男は、一週間前の夜、国道の入口で目撃したひき逃げ事件の犯人が国子だと言い放つ。しかし国子は、マンション建設に反対する住民の決起集会に出ていたアリバイがあり、これは建設業者が仕組んだワナだと疑う。しかし男が目撃したという白い軽四輪のナンバーは、紛れもなく国子の車だった…。

西村京太郎サスペンス 四つの終止符(主演・かたせ梨乃)
放送日:9月25日、10月21日
2001年・TV・カラー    原作:西村京太郎   監督:齋藤光正   脚本:齋藤珠緒  
出演:かたせ梨乃/西村和彦/高橋かおり/河相我聞/美保純/坂上忍/大鶴義丹/山村紅葉/ケーシー高峰  

うらぶれたスナック「美どり」では、ママの坂井キク(山村紅葉)のもと、ベテラン・ホステスの松浦時枝(かたせ梨乃)、そして年若い石母田幸子(高橋かおり)が住み込みで働いていた。普段は愛想の悪い幸子は、近所の町工場の工員・佐々木晋一(河相我聞)とは、手話を使って親しく話をしていた。そんなある日、佐々木家の隣人・田辺ウメが部屋で死んでいるのが発見される。警察は、発見者の息子である晋一に事情を聞こうとするも、晋一は事件以来、行方をくらませていた…。