おとなの2時間サスペンス

一度見はじめたら目が離せない、スリリングなサスペンスの数々を平日の日中に連続放送。おとなを満足させる厳選作品をお届けします。
7月は坂口良子主演の京都・女性記者シリーズ8作品を放送。
8月は空の国境を守る警視庁空港特捜部の捜査員たちの活躍を描く異色刑事ドラマ「大空港(主演・鶴田浩二)(全78話)」のほか、「愛と死の砂漠(主演・小川真由美)(全26話)」、「松本清張 帝銀事件(主演・仲谷昇)」、「松本清張 砂の器(主演・仲代達矢)」など松本清張原作サスペンスを放送。

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
京都妖怪地図1 嵯峨野に生きる900歳の新妻
放送日:7月6日、8月26日
1980年・カラー    原作:上田秋成「雨月物語」   監督:田中徳三   脚本:保利吉紀  
出演:宇津宮雅代/三田村邦彦/中条きよし/長谷直美/遠藤太津朗/月丘夢路  

血液研究所で働く学者の卵・城崎四郎(三田村邦彦)は、扇子屋の主人・黒津譲(中条きよし)の妹・玲奈(長谷直美)と将来を誓い合った仲。ある日、六甲山の別荘へ向かった時、黒津から結婚相手の小暮香織(宇津宮雅代)を紹介される。香織は京都嵯峨野の念仏寺近くに住む人形髪付け師。挨拶した時の香織の反応を怪訝に思う城崎に、さらに衝撃的な出来事が。

「京都妖怪地図1 嵯峨野に生きる900歳の新妻」(C)松竹
京都妖怪地図2 きらら坂に住む400歳の氷女
放送日:7月7日、8月26日
1981年・カラー    監督:田中徳三   脚本:保利吉紀  
出演:宇津宮雅代/名高達郎/芦屋小雁/遠藤太津朗/村田みゆき  

きらら坂近くで見つかった若い修行僧・日信(小林芳宏)の凍死体。死因に疑問を抱いた早川刑事(遠藤太津朗)は、低温科学研究所で働く甥っ子・山村三郎(名高達郎)を訪ねる。それから間もなく、今度は三郎の父・孝吉(芦屋小雁)の凍死体が、やはりきらら坂付近の古池で発見された。三郎と早川は孝吉の不倫相手である着物デザイナー・九条沙織(宇津宮雅代)に疑いの目を向ける。

「京都妖怪地図2 きらら坂に住む400歳の氷女」(C)松竹
京都妖怪地図3 鳥辺山に棲む八百歳の女子大生
放送日:7月8日、8月26日
1985年・カラー    監督:田中徳三   脚本:保利吉紀  
出演:三ツ矢歌子/児島美ゆき/神山繁/藤岡重慶/月亭八方/遠藤太津朗  

調査先の鳥辺山で古い人骨を発掘した歴史学助教授・佐竹まつ子(三ツ矢歌子)。鑑定の結果、750年~800年前の女性の骨と判明し、次の理事会で彼女を教授に推薦しようと考えている林教授(神山繁)は大喜び。しかし、まつ子と教授の座を争うライバル・香取なおみ(児島美ゆき)は、週刊誌記者・梶岡(月亭八方)と組んでまつ子の追い落としを画策。

「京都妖怪地図3 鳥辺山に棲む八百歳の女子大生」(C)松竹
京都妖怪地図4 河原町に棲む四百歳の不倫女医
放送日:7月13日、8月31日
1986年・カラー    監督:田中徳三   脚本:保利吉紀  
出演:三ツ矢歌子/中山仁/高田瞳/西山辰夫/桂ざこば/遠藤太津朗  

京都の医大に勤める折笠涼子(三ツ矢歌子)は美人で名医と評判の外科医長。ある日、医大のラグビー部に所属する田村(筧晃司)が三条河原で変死体となって発見された。検視にあたった涼子はホルモンの異常分泌による病死と断定するが、水品教授(西山辰夫)の娘婿で東京の医大から転勤してきた法医学専門の医師・草野洋平(中山仁)は他殺を疑う。

「京都妖怪地図4 河原町に棲む四百歳の不倫女医」(C)松竹
京都妖怪地図5 嵯峨野に生きた900歳の美人能面師
放送日:7月14日、8月31日
1993年・カラー    監督:原田雄一   脚本:石村嘉子/保利吉紀  
出演:叶和貴子/石原良純/芦屋雁之助/西山浩司/あいはら友子/高島礼子/南条弘二  

京女の妻・祥子(高島礼子)の案内で、葵祭の取材に訪れたルポライター・田原(石原良純)。前夜祭で烏丸流家元の記者会見が行われた際、能面作家・野宮しのぶ(叶和貴子)が打った般若の面に魅せられ、インタビューを申し込む。「あなたを心から待ち望んでいた」としのぶに熱っぽく迫られ驚く田原。その夜、不思議な事件が・・・。

「京都妖怪地図5 嵯峨野に生きた900歳の美人能面師」(C)松竹
京都妖怪地図6 時空を超えて時代祭に甦る愛の伝説! 1200歳の美女 VS 霊感デカ
放送日:7月15日、8月31日
1994年・カラー    監督:貞永方久   脚本:保利吉紀/貞永方久  
出演:萬田久子/美木良介/芦屋雁之助/藤吉久美子/中田浩二  

持ち前の霊感で数々の難事件を解決し、“霊感刑事”との異名をとる京都府警の大山刑事(芦屋雁之助)。娘・妙子(西部里菜)が時代祭の日に紫式部に扮して台車に乗るというので、晴れ姿を写真に収めに出向く。妙子の隣には清少納言役の篠笛の名手・花脊佳那(萬田久子)の姿があった。佳那は見物客の中にいた建築技師・残間(美木良介)を見て激しく動揺。残間は佳那の師匠・柊の娘・京子(藤吉久美子)の夫だった

「京都妖怪地図6 時空を超えて時代祭に甦る愛の伝説! 1200歳の美女 VS 霊感デカ」(C)松竹
新・赤かぶ検事奮戦記1(主演・橋爪功)
放送日:7月1日
1994年・カラー    原作:和久峻三   監督:杉村六郎   脚本:篠崎好  
出演:橋爪功/藤田弓子/畠田理恵/姿晴香/根本律子/渡辺哲/大出俊/山内としお  

サブタイ飛騨小糸坂の白骨 秘湯から消えた女と髙山カラクリ人形の謎秘湯の大牧温泉で2 4年振りの新婚旅行のやり直しをしていた柊に祭りで賑わう高山から緊急電話がはいった。飛騨高山の小糸坂近くの旅館の中庭から白骨死体が発見されたのだ。

「新・赤かぶ検事奮戦記1(主演・橋爪功)」(C)松竹
新・赤かぶ検事奮戦記2(主演・橋爪功)
放送日:7月1日
1995年・カラー    原作:和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:保利吉紀  
出演:橋爪功/藤田弓子/渡辺哲/増田恵子/冴島奈緒 他  

"サブタイ呪いの神草履越中おわら風の盆の謎 飛騨高山-白骨温泉"サブタイ呪いの神草履越中おわら風の盆の謎 飛騨高山-白骨温泉" 飛騨・丹生川村の磯松家の玄関前に紙の草履がおかれているのを娘のみどりが見つけた。草履の裏には「吃」の一字が…家に「呪いの紙草履」が投げこまれてから数日後、作太郎の娘みどりが無残な死体となって発見された。作太郎は飛騨一帯の山を所有する大地主徳之助の犯行だと主張し、赤かぶたちも戸隠徳之助周辺の本格的捜査を開始するが、徳之助は忽然と姿を消してしまった。そして飛騨の山奥の小屋で首吊り死体で発見された。"

「新・赤かぶ検事奮戦記2(主演・橋爪功)」(C)松竹
新・赤かぶ検事奮戦記3(主演・橋爪功)
放送日:7月6日
1996年・カラー    原作:和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:保利吉紀  
出演:橋爪功/藤田弓子/髙田万由子/渡辺哲/大場久美子/鹿内孝/有川博/丸尾好広  

サブタイ夢追い地蔵殺人事件検事の(柊)は、詐炊師・熊笹(丸尾)が殺された事件を調査。警部補・榊田(渡辺)の恋人・美弥子(大場)が詐炊師一味のリーダー格・畑(鹿内)と深い仲だったと知る。やがて当の美弥子までが殺され、榊田は執念で畑を逮捕。だが、柊の娘で弁護士の葉子(高田)が畑の弁護を引き受け、アリバイを立証。起訴撤回に追い込まれる。困惑した柊は、現場に落ちていた古銭を糸口に再び調査を開始する。

「新・赤かぶ検事奮戦記3(主演・橋爪功)」(C)松竹
新・赤かぶ検事奮戦記4(主演・橋爪功)
放送日:7月6日
1997年・カラー    原作:和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:大野武雄  
出演:橋爪功/藤田弓子/髙田万由子/川上麻衣子/渡辺哲/谷村昌彦/本田博太郎/火野正平/和久俊三(特別出演)  

サブタイ飛騨路を火魔が走る!墓の赤印は殺人予告奥飛騨で焼殺事件が連続発生する。元妻の公子(川上麻衣子)と無理やり離縁させられ、被害者を恨んでいた梅原カ(本田博太郎)が逮捕され、検事の柊(橋爪功)は、疑問点を持ちながらも起訴に踏み切った。ところが、カの母加代(小畠絹子)が犯行を告白する遺書を残して自殺。2件目の殺人が放火によるものでないとわかり、柊は力の起訴を取り下げた。新たに公子の犯行を裏付ける証拠が見つかり、柊は公子を起訴した。

「新・赤かぶ検事奮戦記4(主演・橋爪功)」(C)松竹
新・赤かぶ検事奮戦記5(主演・橋爪功)
放送日:7月7日
1997年・カラー    原作:和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:保利吉紀  
出演:橋爪功/藤田弓子/髙田万由子/渡辺哲/谷村昌彦/若林しほ/沢向要士/赤座美代子/勝部演之/片岡静香  

サブタイ飛騨古川かにくり殺人!ヒスイ海岸と遺言状の謎飛騨古川の腕のいい指物大工・荒木辰蔵(原哲男)が、ヒスイの原石を持ったまま遺体で発見された。辰蔵の弟子の和津代(佐藤直子)と、和津代の恋人で証券マンの武藤(美角優介)が同じ手口で殺害される。検事の柊茂(橋爪功)は、辰蔵に破門された田川正司(沢向要士)を怪しみ、富山県宮崎に彼を訪ねた。

「新・赤かぶ検事奮戦記5(主演・橋爪功)」(C)松竹
新・赤かぶ検事奮戦記6(主演・橋爪功)
放送日:7月7日
1998年・カラー    原作:和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:大野武雄  
出演:橋爪功/藤吉久美子/藤田弓子/渡辺哲/髙田万由子  

サブタイ北アルプス安房峠美女殺人事件岐阜と長野の県境にある北アルプス・安房峠で高山に住む丸山(谷口高史)が殺された。続いて、その近くの工事現場でも婦女暴行殺人事件を起こした男の白骨死体が見つかった。いずれも遺体からクモマツマキチョウという蝶が… 柊検事(橋爪)は14年前の殺人事件の被害者・和子の遺体からも同じ蝶が見つかった事を思い出す。やがて、丸山の妻・小夜子(藤吉)が夫殺しを自供。ところが彼女が和子の妹だったことがわかり・・

「新・赤かぶ検事奮戦記6(主演・橋爪功)」(C)松竹
新・赤かぶ検事奮戦記7(主演・橋爪功)
放送日:7月8日
1998年・カラー    原作:和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:吉田剛  
出演:橋爪功/藤田弓子/髙田万由子/谷村昌彦/渡辺哲/林泰文/三谷昇/宝城清子/小久保文二/中村久美  

飛騨高山の老不動産業者の三条(玉生司朗)が急死。遺産は9億円だが独身の三条に相続する妻子はいない。柊検事(橋爪)は榊田警部補(渡辺)からある推理を聞かされる。三条と4年前から暮らす愛人の摩也子(中村)が遺産目当てに殺したのではないかというのだ。だが摩也子は遺産相続を破棄。柊の娘・葉子(高田)と大西(三谷)の共同弁護士事務所に遺産の処分を委託して姿を消す。

「新・赤かぶ検事奮戦記7(主演・橋爪功)」(C)松竹
新・赤かぶ検事奮戦記8(主演・橋爪功)
放送日:7月8日
1999年・カラー    原作:和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:保利吉紀  
出演:橋爪功/藤田弓子/髙田万由子/渡辺哲/秋野太作  

岐阜・飛騨白川郷で、ロケ中の女優・三千絵(江口尚)が、共演の酒匂(丹波)の猟銃で殺害された。赤かぶ検事こと柊(橋爪)は、捜査から三千絵夫婦と酒匂夫婦のW不倫を知る。数日後、酒匂の妻・江津子(高瀬)が崖から突き落とされる。酒匂は三千絵の夫・大堂寺(木下浩之)が犯人だという。

「新・赤かぶ検事奮戦記8(主演・橋爪功)」(C)松竹
新・赤かぶ検事奮戦記9(主演・橋爪功)
放送日:7月13日
1999年・カラー    原作:和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:大野武雄  
出演:橋爪功/藤田弓子/高田万由子/ユースケ/土倉有貴/濱田万葉/渡辺哲/谷村昌彦/宝城清子/小久保丈二  

富山市内で女性の死体が見つかった。柊検事(橋爪功)は現場へ直行。死体のそばに残された女性の足跡に不審を抱く。3日後、高山署に現れた木戸(丸岡奨詞)により、被害者は彼の妻・里枝子と判明。遊び人の木戸と里枝子には別れ話があった。だが、木戸にはホステスの道子(濱田万葉)と旅行をしていたというアリバイが。そんな中、料理店経営者・今川 (三田村賢二)の他殺体が発見される。今川の浪費癖に悩んでいた妻・香代(松本留美) は香港へ旅行中だった。捜査の中で、岡田警部(谷村昌彦)は、これは交換殺人でないかと推理する。

「新・赤かぶ検事奮戦記9(主演・橋爪功)」(C)松竹
新・赤かぶ検事奮戦記10(主演・橋爪功)
放送日:7月13日
2000年・カラー    原作:和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:保利吉紀  
出演:橋爪功/藤田弓子/高田万由子/石川伸一郎/水島かおり/渡辺哲/谷村昌彦/梅津栄/小久保丈二  

宝石店経営者・三輪(谷口高史)の妻・千佳子(塚本加成子)が殺害される事件が発生。まもなく、スナックのママ・加津子(園英子)も殺される。いずれの事件も、遺体のそばには黒ユリの花が。柊検事(橋爪功)は不可解な黒ユリに着目する。そんな中、連続空き巣事件が発生。現場にはまたも黒ユリが残されていた。警察は、殺人事件と同一犯とみて捜査を開始。やがて、高山本陣前の朝市で黒ユリを買い求めていた音松(梅津栄)が空き巣の現行犯で逮捕された。音松は窃盗歴1 3犯。空き巣事件は犯行を認めたが、2つの殺人は否認する。

「新・赤かぶ検事奮戦記10(主演・橋爪功)」(C)松竹
新・赤かぶ検事奮戦記11(主演・橋爪功)
放送日:7月14日
2000年・カラー    原作:和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:大野武雄  
出演:橋爪功/藤田弓子/高田万由子/渋谷琴乃/内藤武敏/根岸季衣/石川伸一郎/土倉有貴/谷村昌彦/秋野太作  

飛騨地方の男女が節句のひな飾りにふんする「生きびな祭り」で、内裏役の森岡(西田健) が矢に射抜かれて死亡。森岡は人形店の当主で、有名な人形作家だった。捜査を始めた柊検事(橋爪功)は、森岡が死ぬ前にロにした言葉「紫式部」に着目。やがて、森岡の後妻・香織(村上聡美)と人形店の従業員・田辺(頭師佳孝)が、財産狙いで共謀した可能性が浮上する。が、その香織が殺され、和夫(水橋研二)という若い男性が犯行を自供。和夫は森岡と愛人の久子(根岸季衣)の間に生まれた隠し子だという。

「新・赤かぶ検事奮戦記11(主演・橋爪功)」(C)松竹
新・赤かぶ検事奮戦記12(主演・橋爪功)
放送日:7月14日
2001年・カラー    原作:和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:吉田剛  
出演:橋爪功/藤田弓子/高田万由子/石川伸一郎/土倉有貴/吉沢京子/中島宏海/渡辺哲/秋野太作  

乗鞍岳近くで生石灰で塗り固められた死体が発見された。柊検事(橋爪功)は、被害者が早川刑事(河原崎健三)と知り驚く。早川の妻・千寿(吉沢京子)が夫の借金を理由に、柊に離婚相談をした矢先だった。早川は悪徳建設会社社長・及川(廣田行生)逮捕のため、愛人・奈加子(中島宏海)にも接近していたという。柊は及川を疑うが、彼は1カ月前に病死していた。やがて千寿が大量の生石灰を購入した事実が判明。そんな中、奈加子の自宅周辺でお化け騒動が起こる。

「新・赤かぶ検事奮戦記12(主演・橋爪功)」(C)松竹
新・赤かぶ検事奮戦記13(主演・橋爪功)
放送日:7月15日
2002年・カラー    原作:和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:土屋保文  
出演:橋爪功/藤田弓子/高田万由子/小松千春/杉田かおる/長内美那子/渡辺哲/秋野太作/松岡由美/小林滋央  

会社社長・赤木(田畑猛雄)の変死体が見つかった。赤かぶ検事こと柊(橋爪功)は捜査を開始。8年前、真貴子(小松千春)にひと目ボレした赤木は、従業員の益男(小林滋央)を養子にして真貴子を嫁に迎えた。その上で彼女と関係を持ち、事実を知った益男は出奔する。一方、半年前に戻ってきた赤木の義理の娘・奈緒美(杉田かおる)は真貴子を追い出そうとして赤木ともめていたらしい。そんな中、真貴子は、益男が殺害を告白しアリバイ工作を依頼されたと言い出す。

「新・赤かぶ検事奮戦記13(主演・橋爪功)」(C)松竹
新・赤かぶ検事奮戦記14(主演・橋爪功)
放送日:7月15日
2002年・カラー    原作:和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:土屋保文  
出演:橋爪功/藤田弓子/西條三恵/中島史恵/石丸謙二郎/石倉三郎/渡辺哲/大路恵美/あいはら友子/坂田雅彦  

飛騨高山で造り酒屋の6歳の息子・栄太郎(倉益瑠我)が誘拐された。母・倫子(あいはら友子) の通報で、駆け付けた検事の柊(橋爪功)は、事件発生からすでに4日が経過し、身代金3 0 0 0万円が犯人に奪われたと知る。そんな中、栄太郎が帰宅。一同ホッとしたのもつかの間、翌朝、再び姿を消してしまう。数日後、ホステス・まゆみ(大路恵美)が、犯人は同居する大井(河本タダオ)だと高山署に出頭。まゆみは、栄太郎を返したのは自分だが2度目の誘拐は知らないと話す。

「新・赤かぶ検事奮戦記14(主演・橋爪功)」(C)松竹
新・赤かぶ検事奮戦記15(主演・橋爪功)
放送日:7月20日
2003年・カラー    原作:和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:稲葉一広  
出演:橋爪功/藤田弓子/西條三恵/中島史恵/石丸謙二郎/渡辺哲/有森也実/河原崎建三/片岡静香/中谷彰宏  

岐阜の山ろくで豪農・芹沢家の入り婿・一臣(中谷彰宏)の変死体が見つかった。検事の柊(橋爪功)は、彼が前夜、ホテルで同宿の3人と口論していた事実をつかむ。芹沢家当主・辰雄(河原崎健三)は心臓の持病があり、娘の翔子(有森也実)は父の勧めで子どもを連れた一臣と再婚していた。が、一臣はギャンプルで借金を抱える上、翔子らに暴力を振るっていたらしい。やがて、一臣が他殺と断定され、現場の足跡などから辰雄が逮捕される。柊は辰雄の起訴に踏み切るが、開廷中に辰雄が発作を起こし急死してしまう。

「新・赤かぶ検事奮戦記15(主演・橋爪功)」(C)松竹
新・赤かぶ検事奮戦記16(主演・橋爪功)
放送日:7月20日
2004年・カラー    原作:和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:櫻井武晴  
出演:橋爪功/藤田弓子/西條三恵/細川ふみえ/石倉三郎/渡辺哲/中島史恵/石丸謙二郎/京晋佑  

飛騨高山の山林から会社員・笹浦博(吉沢眞人)が遺体で発見される。検事の柊茂(橋爪功)は数日前、笹浦の妻・輝子(細川ふみえ)と朝市で話をしていた。矢部亨(京晋佑)は6年前、輝子の前夫だった坂口和夫を殺害しており容疑者として浮かぶ。坂口を殺した動機は、輝子に一方的に思いを寄せ、そのあげくの犯行だった。矢部は懲役8年の刑を言い渡されたが、模範囚として仮出所していた。

「新・赤かぶ検事奮戦記16(主演・橋爪功)」(C)松竹
松本清張 風の息
放送日:7月5日、8月10日、8月16日
1982年・カラー    原作:松本清張   監督:貞永方久   脚本:新藤兼人  
出演:栗原小巻/根津甚八/関根恵子/中谷一郎/可知靖之/袋正/小林哲子/中野誠也/片岡真由美/信欣三  

米軍占領下の昭和27年、羽田を飛び立った「もく星号」が大島三原山火口付近に墜落。執拗に事故の原因を探る男と女の前に立ちふさがる巨大な敵とは?事故から13年後、地質学を専攻する欣一は三原山のもく星号遭難碑付近でブローチを発掘。唯一の女性客だった八重子の遺品らしい。知人と調査を始めた欣一の前に、同じくもく星号事件を追い続ける女、佐紀子が現れた。

「松本清張 風の息」(C)松竹
松本清張 霧の旗(主演・大竹しのぶ)
放送日:7月16日、8月13日
1983年・カラー    原作:松本清張   監督:せんぼんよしこ   脚本:市川森一  
出演:大竹しのぶ/二谷英明/小川真由美/小林薫/松任谷正隆/佳那晃子  

殺人容疑で逮捕された兄・柳田正夫の無実を信じる妹・桐子は、高名な弁護士・大塚欽三に弁護を依頼する。しかし、高額な弁護料を望む大塚は、桐子の依頼を断った。半年後、兄は獄中で死刑の判決を受けたまま病死してしまう。

「松本清張 霧の旗(主演・大竹しのぶ)」(C)松竹
松本清張 鬼畜(主演・ビートたけし)
放送日:7月19日
2002年・カラー    原作:松本清張   監督:田中登   脚本:佐伯俊道  
出演:ビートたけし/黒木瞳/片岡涼/佐藤愛美/諸岡真尋/小野武彦/奥村公延/石倉三郎/日野陽仁/室井滋  

保夫(ビートたけし)と春江(黒木瞳)の夫婦は小さな印刷所を営み、子供はいない。ある日、保夫の愛人・昌代(室井滋)が5歳の保(片岡涼)、4歳の良子(佐藤愛美)、1 0ヶ月の庄二(諸岡真尋)を連れて生活費と養育費を要求しにくる。春江は保夫が3人を認知していると知り、怒りが収まらない。やがて昌代が失跡、子供たちの世話は保夫がすることに。そんな中、顔に毛布が落ちて庄二が窒息死してしまう。サブタイトル「愛人の子が憎い!ニ男は布団で窒息死?長女は捨て子で行方不明、毒オニギリと断崖で絶体絶命の長男の運命は・ 鬼になった夫婦の愛欲地獄1 7日間の犯罪」

「松本清張 鬼畜(主演・ビートたけし)」(C)松竹
松本清張 殺人行おくのほそ道(主演・竹下景子)
放送日:7月19日、8月11日
1983年・カラー    原作:松本清張   監督:池広一夫   脚本:吉田剛  
出演:竹下景子/八千草薫/菅原謙次/荻嶋真一/鹿賀丈史/ハナ肇/島村佳江/梅津栄/西村晃 ほか  

アメリカ留学中の芦名麻佐子(竹下景子)は、日系三世のボーイフレンド五郎(鹿賀丈史)を連れて久しぶりに帰国した。大学の講師をしている父・信雄(菅原謙次)と、銀座でブティックを経営している母・隆子(八千草薫)の表情にかげりがあるのが気がかりだ。五郎の大学での専攻は日本文学。麻佐子と共に松尾芭蕉の“奥の細道”をたどるつもりでいる。そんなある日、信雄の商談相手である不動産業者の海野(梅津栄)が山形で謎の死をとげる。

「松本清張 殺人行おくのほそ道(主演・竹下景子)」(C)松竹
書道教授(原作・松本清張/主演・近藤正臣)
放送日:7月1日
1982年・カラー    原作:松本清張   監督:野田幸男   脚本:吉田剛  
出演:近藤正臣/風吹ジュン/加藤治子/佐野浅夫/生田悦子/池波志乃/井上昭文/有馬昌彦/富田恵子/住吉道博  

愛人に多額の慰謝料を請求された銀行員がせっぱつまって女を殺し、完全犯罪をやりとげるが…。

「書道教授(原作・松本清張/主演・近藤正臣)」(C)松竹
松本清張の黒革の手帖(主演・山本陽子)
1982年・カラー    原作:松本清張   監督:山内和郎   脚本:服部ケイ  
出演:山本陽子/井上孝雄/小沢米太郎/田村正和/万田久子  

原口元子は銀行の支店に勤務する地味なOLだった。しかし彼女は架空預金者帳簿の存在を知ったことから、銀行から大金を横領、それを元手に銀座のクラブのママにのし上がる。競争や葛藤が渦巻く夜の銀座で、更なる野望へ向け彼女が狙う次の獲物は…。

「松本清張の黒革の手帖(主演・山本陽子)」(C)松竹
松本清張の老春(主演・井上順)
放送日:7月12日
1990年・カラー    原作:松本清張   監督:鷹森立一   脚本:大藪郁子  
出演:井上順/花沢徳衛/浅利香津代/岡本麗/野村昭子/七瀬なつみ/安孫子里香/早川勝也/里木佐甫良  

栄造は妻の比佐子と食器店を営んでいる。若い女店員、好子を雇うと、ボケ始めた同居の父、重吉が喜び、元気になった。重吉は、面倒見のいい好子を自分の女だと思い込む。

「松本清張の老春(主演・井上順)」(C)松竹
松本清張スペシャル やさしい地方(主演・古谷一行)
放送日:7月30日
1988年・カラー    原作:松本清張   監督:松尾昭典   脚本:大野靖子  
出演:古谷一行/沢田亜矢子/加藤治子/沖直美/佐々木すみ江/草野大悟/三條泰子/小松方正/望月太郎/森篤夫  

沼地(古谷)は一介の弁護士としての人生に飽き足らず国会議員に立候補して当選する。予算委員会の代表質問で大臣の汚職を鋭く追及して華々しくマスコミに報道されるが、裏で黒い金を受け取り追及は尻つぼみとなる。

「松本清張スペシャル やさしい地方(主演・古谷一行)」(C)松竹
松本清張の知られざる動機(主演・藤真利子)
放送日:7月5日
1983年・カラー    原作:松本清張   監督:松尾昭典   脚本:大藪郁子  
出演:藤真利子/吉行和子/井川比佐志/内田朝雄/高岡健二/小松方正/茅島成美/木村夏江/伊庭剛/斉藤真  

夫になる男が自分の母親と関係があることを知らない娘。だが、その事実を知った父が、母に殺されてしまう。奔放な母と、母の血を嫌悪する娘が落ち込んでいく悲劇を描く。

「松本清張の知られざる動機(主演・藤真利子)」(C)松竹
松本清張スペシャル 捜査圏外の条件(主演・古谷一行)
放送日:7月30日
1989年・カラー    原作:松本清張   監督:田中登   脚本:宮川一郎  
出演:古谷一行/伊藤蘭/前田吟/甲斐智枝美/瑳峨周平/若菜孝史/西川さくら/川島美津子/吹田明日香  

銀行員の忠男(古谷)は、夫を亡くした妹・光子(甲斐)と2人暮らし。ある日、光子が亡夫の墓参りに山形へ向かったが、予定を過ぎても帰宅しない。忠男は心配になり心当たりに連絡したが、行方がわからない。

「松本清張スペシャル 捜査圏外の条件(主演・古谷一行)」(C)松竹
恐喝者(原作・松本清張/主演・古谷一行)
放送日:7月2日
1997年・カラー    原作:松本清張   監督:松尾昭典   脚本:大野靖  
出演:古谷一行/藤真利子/本田博太郎/矢崎滋/ベンガル/田中公行/井上博一/高峰圭一/及森玲子/梅津栄  

家具店を経営する尾村(古谷)は、かつて一緒に銀行強盗をした加治(本田)の会社が倒産したと聞く。金をせびられると感じた尾村は、加治を襲うことを決意。

「恐喝者(原作・松本清張/主演・古谷一行)」(C)松竹
真夏の恐怖劇場 ファミリー(主演・とよた真帆)
放送日:7月20日
1999年・カラー    原作:森村誠一   監督:水谷俊之   脚本:西岡琢也  
出演:とよた真帆/石黒賢/鰐淵晴子/穂積隆信/なべおさみ/根岸季衣/江藤漢/藤木悠/長田江身子/小沢和義  

婚約者を交通事故で失った弓子(とよた真帆)は、資産家の息子・裕也(石黒賢)と結婚した。広大な屋敷で夫の両親、妹、弟も含めた新生活を始めるも、あまりにも仲の良すぎる家族に弓子は疑問を感じるようになる。そんなある日、弓子は使われていないタンスの中から、猫と一緒に写っている5人家族の写真を見つける。そこに写っている5人の家族は明らかに今の家族とは違っていた…。

「真夏の恐怖劇場 ファミリー(主演・とよた真帆)」(C)Gカンパニー/ TBS
真夏の恐怖劇場 呪いの5キャラットダイヤ(主演・田中美里)
放送日:7月21日
2000年・カラー    原作:橘綾香   監督:水谷俊之   脚本:いずみ玲  
出演:田中美里/原田龍二/江波杏子/平田満/小沢和義/清水紘治/中原丈雄/伊藤洋三郎/山路和弘/橘雪子  

CDショップに勤める室井江美子(田中美里)は、資産家の息子で音楽評論家の聖堂裕次(原田龍二)と婚約、聖堂家の嫁に代々受け継がれてきた5カラットのダイヤのネックレスを贈られ幸せな日々を送っている。が、その一方で浅川(小沢和義)という男からの執拗なストーカー行為に悩まされていた…。

「真夏の恐怖劇場 呪いの5キャラットダイヤ(主演・田中美里)」(C)Gカンパニー/ TBS
京都・女性記者シリーズ1 京都周山殺人街道(主演・坂口良子)
放送日:7月21日
1988年・カラー    原作:夏樹静子   監督:田中登   脚本:安倍徹郎/保利吉紀  
出演:坂口良子/本田博太郎/若林豪/内田朝雄/芦川よしみ/加納竜/小野さやか/西田健/千原しのぶ  

毎朝新聞京都支局の記者・旦子(坂口)は京都・京見峠の茶屋付近で偶然、日本舞踏の洞院流家元夫人・由紀(芦川)の自殺未遂を目撃し記事にするが、本社の指示でボツにされる。

「京都・女性記者シリーズ1 京都周山殺人街道(主演・坂口良子)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ2 京都鞍馬殺人街道(主演・坂口良子)
放送日:7月21日
1989年・カラー    監督:田中登   脚本:保利吉紀/上岡一美  
出演:坂口良子/姿晴香/若林豪/河原崎建三/三ツ木清隆/蜷川有紀/千原しのぶ/高峰圭二/山本清/早川純一  

毎朝新聞京都支局の記者・旦子(坂口)は、友人の優子(姿)から人を殺したと電話を受けた。優子は古美術店の主人・慎太郎の妻で、強盗ともみ合ううちに相手を刺したという。

「京都・女性記者シリーズ2 京都鞍馬殺人街道(主演・坂口良子)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ3 京都物集女(もずめ)殺人街道
放送日:7月27日
1990年・カラー    監督:田中登   脚本:押川国秋  
出演:坂口良子/若林豪/黒田福美/島村佳江/山内としお/芦明香/早川純一/高峰圭二/朝日完記/千原しのぶ  

毎朝新聞京都支局の記者・旦子(坂口)を典子(黒田)という女が訪ねてきた。旦子が一年半前に記事にした殺人事件の犯人の妻で真犯人というのだ。当時アルバイトでコンパニオンをしていた典子は、マネージャーの浅井に言い寄られ持っていた包丁で殺したのだ。

「京都・女性記者シリーズ3 京都物集女(もずめ)殺人街道」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ4 京都大原殺人街道(主演・坂口良子)
放送日:7月27日
1991年・カラー    監督:木下亮   脚本:安本莞二  
出演:坂口良子/若林豪/香坂みゆき/鷲生功/千原しのぶ/荒木雅子/西山嘉孝/吉本真由美/西園寺章雄/梓笙子  

人形師・真紀(吉本)が水死した。友人で毎朝新聞記者・旦子(坂口)は調査を開始する。真紀は妊娠していた。妹の夏子(香坂)は相手を捜すため、姉が勤めていた人形店に弟子入りする。

「京都・女性記者シリーズ4 京都大原殺人街道(主演・坂口良子)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ5 京都大石殺人街道(主演・坂口良子)
放送日:7月28日
1992年・カラー    監督:木下亮   脚本:安本莞二  
出演:坂口良子/若林豪/阿藤海/長谷川初範/草川祐馬/千原しのぶ/絵沢萠子/梅津栄/早川純一/藤田宗久  

煎茶道仲小路の家元が急死し、娘婿・尚久(草川祐馬)が跡を継いだ。先代からの業者との癒着を被るため、茶会の菓子業者を公募する。そして新進の職人に決定しかけたが、撲殺された。

「京都・女性記者シリーズ5 京都大石殺人街道(主演・坂口良子)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ6 京都吉野殺人街道(主演・坂口良子)
放送日:7月28日
1992年・カラー    監督:田中登   脚本:安本莞二  
出演:坂口良子/野村真美/若林豪/日向明子/高岡健二/千原しのぶ/早川純一/山内としお/西山辰夫/湖条千秋  

老舗の乾物問屋の主人・吉之助が首を切られ、密室で殺された。前夜、勘当同然の長男・達彦は吉之助を訪ねたが、呼んでも返事がなく、会わずに帰ったという。

「京都・女性記者シリーズ6 京都吉野殺人街道(主演・坂口良子)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ7 京都北国殺人街道(主演・坂口良子)
放送日:7月29日
1993年・カラー    監督:田中登   脚本:安本莞二  
出演:坂口良子/南條玲子/若林豪/岡田英次/千原しのぶ/早川純/高峰圭二/片岡弘貴/呉原由希子/楠年明  

毎朝新聞京都支局の記者・旦子(坂口)は幻の屏風が2億円で落札されるのを見る。後日、美術誌の編集長映子が棚橋教授に鋭く質問をする。台風が通過した数日後に棚橋の水死体が上がる。

「京都・女性記者シリーズ7 京都北国殺人街道(主演・坂口良子)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ8 京都丹後殺人街道(主演・坂口良子)
放送日:7月29日
1993年・カラー    監督:田中登   脚本:押川國秋  
出演:坂口良子/未來貴子/若林豪/佐々木すみ江/高林由紀子/千原しのぶ/早川純一/高峰圭二/田畑猛雄  

丹後半島の伊根湾で、京友禅の職人を統括する悉皆屋の老舗主人・瀬川の刺殺死体が見つかる。新聞記者・旦子(坂口)の友人で友禅作家・妙子(未来)は、瀬川の勧めで京都で仕事をしている。丹後で縮緬を織る妙子の母親・志乃(佐々木)は、古くから瀬川と取引があった。瀬川の血痕の残る車が京都で発見された。

「京都・女性記者シリーズ8 京都丹後殺人街道(主演・坂口良子)」(C)松竹
松本清張 帝銀事件(主演・仲谷昇)
放送日:7月12日、8月11日、8月30日
1980年・カラー    原作:松本清張   監督:森崎東   脚本:新藤兼人  
出演:仲谷昇/田中邦衛/橋本功/中谷一郎/木村理恵  

戦後最大の犯行と言われた「帝銀殺人事件」の真相に迫る実録ドラマ。画家平沢貞通は占領下、日本の軍政の犠牲となったドラマと訴える。昭和23年、敗戦国日本はまだ混迷の最中、1月26日午後3時ころ、帝国銀行椎名町支店で日本中を揺るがす殺人事件がおこった。都の防疫班に腕章をつけた男がGHQの命令で予防薬を飲むようにいってきた。やがて断末魔の惨劇の場に。

「松本清張 帝銀事件(主演・仲谷昇)」(C)松竹
松本清張 わるいやつら(主演・古谷一行)
放送日:7月2日
1985年・カラー    原作:松本清張   監督:山根成之   脚本:大野靖子  
出演:古谷一行/原田芳雄/名取裕子/加藤治子  

新進デザイナー槙村隆子(名取裕子)のファッションショーが華やかにくりひろげられている。その一偶の席から彼女に熱い視線を注いでいる1人の男・戸谷(古谷一行)。彼は都心の総合病院の院長で亡父のあとを継いだ二代目だが、病院の経営には無関心で、もつばらもっぱらプレイボーイとしての生活を送っている。戸谷は目下、妻と離婚係争中で、同時に二人の人妻との不倫を続けている。二人の人妻の共通な願いは、亭主が消えて欲しい、という恐るべき執念だった。

「松本清張 わるいやつら(主演・古谷一行)」(C)松竹
松本清張 事故(主演・古谷一行)
放送日:7月2日
2002年・カラー    原作:松本清張   監督:三村晴彦   脚本:荒井晴彦  
出演:古谷一行/十朱幸代/斉藤慶子/金田明夫/鶴見辰吾/松田洋治/角替和枝/平泉成/大口ひろし/蜷川みほ  

妻の久子(十朱幸代)と探偵事務所を営む幸雄(古谷一行)は、5ヶ月前、会社重役の妻・美保 (斉藤慶子)から夫・山西(鶴見辰吾)の浮気調査を依頼される。しかし幸雄は調査を進めるうち、美保と関係を持ってしまう。そんな中、偶然にも今度は山西から久子に、美保に対する浮気調査の依頼が。幸雄は何も知らず相談してくる久子の話を開く一方、久子の目をかいくぐり美保との関係を続ける。ある日、久子から山西宅のドアから顔を出す自分の写真を突きつけられる。 サブタイトル「群馬県水上に探偵事務所女所長の絞殺死体残された猫の毛が示す還暦すぎた男の色欲」

「松本清張 事故(主演・古谷一行)」(C)松竹
伊勢志摩 密封死体の女(主演・西郷輝彦)
放送日:7月27日
1992年・カラー    原作:福田洋   監督:小林俊一   脚本:長野洋   
出演:西郷輝彦/高樹沙耶/沖直美   

製鉄会社のお抱え運転手が射殺され、当初は人違いによる殺人かと思われた。だが被害者が身元を偽っていた事から、事件の背後には社長一族の複雑な事情が見えて来 る。御曹司に疑惑の目を向け、事件の解明に躍起になる刑事。その陰には行方不明の 妹に対する深い愛情が秘められていた。

「伊勢志摩 密封死体の女(主演・西郷輝彦)」(C)彩の会
父からの手紙(檀れい・大杉漣)
放送日:7月29日
2007年・カラー    原作:小杉健治   監督:井上昭   脚本:金子成人  
出演:檀れい/大杉漣/村田雄浩/本田博太郎/竹下景子/杉本哲太/渡辺梓  

麻美子(壇れい)の失踪した父・伸吉(大杉漣)の事と、恋人・圭一(杉本哲太)の事を尋ねてきた犬塚(本田博太郎)が殺害された。失踪した父からの「手紙」が鍵を握る。

十年 妻が夫を裏切った日(大杉漣・風吹ジュン)
放送日:7月28日
2004年・カラー    原作:小杉健治   監督:井上昭   脚本:金子成人  
出演:大杉漣/風吹ジュン/寺島しのぶ/藤真利子/三浦浩一/本田博太郎/遠藤憲一  

漆原製作所社長・漆原和樹(大杉漣)は、末期がんに冒されている妻・冴子(風吹ジュン)のある秘密を探るため、京都・高雄の神護寺に向かっていた。治る見込みのない妻の闘病生活を支え、病院でも仲睦まじいと評判の夫婦仲に何の疑いもなかった和樹だったが、ある1枚のメモが妻への疑惑を抱かせた。

京都の芸者弁護士事件簿1(主演・涼風真世)
放送日:8月17日
1997年・カラー    原作: 和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本: 保利吉紀  
出演:涼風真世、山本陽子、名高達男、火野正平、水野久美、平沙織、神山繁、Mr.マリック  

和久峻三法廷サスペンス。「覗かれた新妻の秘密 美人ストリップ嬢連続殺人」昼は弁護士、夜は京都の売れっ子芸者という二つの顔を持つ清香(涼風真世)が事件の謎を追う。

「京都の芸者弁護士事件簿1(主演・涼風真世)」(C)松竹
京都の芸者弁護士事件簿2(主演・涼風真世)
放送日:8月18日
1998年・カラー    原作:和久峻三   監督:松本明   脚本:保利吉紀  
出演: 涼風真世、火野正平、松原智恵子、原田大二郎、名高達男、清水紘治、前田耕陽、黒沢あすか、芦屋小雁、あき竹城  

和久峻三法廷サスペンス。「恥じらうビーナス連続殺人 みちのく蔵王に隠された紅花の秘密」昼は弁護士、夜は京都の売れっ子芸者という二つの顔を持つ清香(涼風真世)が事件の謎を追う。ある日、清香の芸者仲間・染子が殺害された。容疑者として逮捕されたのは、清香の恋人・多喜男の友人だった。多喜男は清香に弁護を頼むが、事件の真相はなかなか解明できなかった

「京都の芸者弁護士事件簿2(主演・涼風真世)」(C)松竹
京都の芸者弁護士3(主演・涼風真世)
放送日:8月19日
1999年・カラー    原作:和久峻三   監督:松本明   脚本:保利吉紀  
出演:涼風真世、火野正平、名高達男、京本政樹、西崎緑、三島ゆり子、谷村昌彦、南條豊、神山繁  

和久峻三法廷サスペンス。「三方五湖、悪魔の逆転殺人!なめたらあきまへんで」昼は弁護士、夜は京都の売れっ子芸者という二つの顔を持つ清香(涼風真世)が事件の謎を追う。売却問題で揺れる化学研究所の副所長、中島慎吾(南條豊)が毒殺され、秘書の加奈江(三田篤子)に容疑がかかる。加奈江の婚約者で所長の藤沢幸次郎(頭師孝雄)は清香に弁護を依頼する。

「京都の芸者弁護士3(主演・涼風真世)」(C)松竹
京都の芸者弁護士4(主演・涼風真世)
放送日:8月24日
2000年・カラー    原作: 和久峻三   監督:松本明   脚本:土屋保文  
出演:涼風真世、火野正平、名高達男、藤吉久美子、平泉成、あいはら友子、水野麗奈、渋谷天外  

和久峻三法廷サスペンス。「嫉妬の炎に鬼が舞う!貴船、白浜連続殺人・浮気を暴く踊りの譜」昼は弁護士、夜は京都の売れっ子芸者という二つの顔を持つ清香(涼風真世)が事件の謎を追う。文化センターの所長秘書が殺され、彼女と不倫関係にあった所長の谷口(石田太郎)が逮捕された。京舞の師匠をしている谷口の妻、佐智子(藤吉久美子)は、芸者でもある弁護士の清香(涼風真世)に谷口の弁護を頼む。

「京都の芸者弁護士4(主演・涼風真世)」(C)松竹
京都の芸者弁護士5(主演・涼風真世)
放送日:8月25日
2001年・カラー    原作: 和久峻三   監督:松本明   脚本: 土屋保文  
出演:涼風真世、名高達男、火 正平、山本学、田嶋陽子、伊吹吾郎、仁藤優子、東風平千香、神山繁  

和久峻三法廷サスペンス。「清香危うし!芸者の入廷を禁ず 扇連続殺人仰天アカペラ法廷!」昼は弁護士、夜は京都の売れっ子芸者という二つの顔を持つ清香(涼風真世)が事件の謎を追う。女優の千草(仁藤優子)が殺害され、かつて彼女と同じ劇団にいた女優の恭子(東風平千香)が逮捕された。恭子はテレビ時代劇の主役を奪われ千草を恨んでいたという。芸者で弁護士の清香(涼風真世)は、無実を訴える恭子の弁護を引き受ける。

「京都の芸者弁護士5(主演・涼風真世)」(C)松竹
愛と死の砂漠(原作・松本清張/主演・小川真由美)#16-19
放送日:8月2日
1971年・カラー    原作:松本清張「砂漠の塩」   監督:井上昭/西河克己   脚本:田坂啓/中島丈博/岡田正代  
出演:小川真由美/平幹二朗/香山美子/井上孝雄/夏川静江/藤岡琢也/佐久間良子/有馬稲子  

朝昼夜と色彩を変える広大なシリア砂漠で不倫の愛を昇華させるため死を求めてさまよう男と女。そして、この二人を追う無気味な影を、香港、パリ、ギリシャ、イスラエルと雄大なスケールを背景に描く愛のロマン大作。推理小説界の巨匠・松本清張がみずから中近東におもむいて筆をとった「砂漠の塩」(原作)のテレビ映画化。<各話開始時間>12:20-#16 13:02-#17 13:50-#18 14:38-#19(各46分・全26話)

「愛と死の砂漠(原作・松本清張/主演・小川真由美)#16-19」(C)松竹
愛と死の砂漠(原作・松本清張/主演・小川真由美)#20-23
放送日:8月16日
1971年・カラー    原作:松本清張「砂漠の塩」   監督:井上昭/西河克己   脚本:田坂啓/中島丈博/岡田正代  
出演:小川真由美/平幹二朗/香山美子/井上孝雄/夏川静江/藤岡琢也/佐久間良子/有馬稲子  

朝昼夜と色彩を変える広大なシリア砂漠で不倫の愛を昇華させるため死を求めてさまよう男と女。そして、この二人を追う無気味な影を、香港、パリ、ギリシャ、イスラエルと雄大なスケールを背景に描く愛のロマン大作。推理小説界の巨匠・松本清張がみずから中近東におもむいて筆をとった「砂漠の塩」(原作)のテレビ映画化。<各話開始時時間>13:00-#20 13:50-#21 14:39-#22 15:27-#23(各44~47分・全26話)

「愛と死の砂漠(原作・松本清張/主演・小川真由美)#20-23」(C)松竹
愛と死の砂漠(原作・松本清張/主演・小川真由美)#24-26(終)
放送日:8月23日
1971年・カラー    原作:松本清張「砂漠の塩」   監督:井上昭/西河克己   脚本:田坂啓/中島丈博/岡田正代  
出演:小川真由美/平幹二朗/香山美子/井上孝雄/夏川静江/藤岡琢也/佐久間良子/有馬稲子  

朝昼夜と色彩を変える広大なシリア砂漠で不倫の愛を昇華させるため死を求めてさまよう男と女。そして、この二人を追う無気味な影を、香港、パリ、ギリシャ、イスラエルと雄大なスケールを背景に描く愛のロマン大作。推理小説界の巨匠・松本清張がみずから中近東におもむいて筆をとった「砂漠の塩」(原作)のテレビ映画化。

「愛と死の砂漠(原作・松本清張/主演・小川真由美)#24-26(終)」(C)松竹
山村美紗京都サスペンス 哲学の小径の少女(主演・三田寛子)
放送日:8月3日
1990年・カラー    原作:山村美紗   監督:(演出)杉村六郎   脚本:小森名津  
出演:三田寛子/木内みどり/津田充博/田中千絵/北村総一朗/オスマン・サンコン/古尾谷雅人/山下真司  

小学生の娘を殺害し、中学生の長男を一人置き去りにしたまま蒸発した母親の足取りを、京都の大学研究室に勤めるヒロインと、東京・浅草生まれ、教会・シスターのコンビが追い求める。

「山村美紗京都サスペンス 哲学の小径の少女(主演・三田寛子)」(C)松竹
山村美紗京都サスペンス 水仙の花言葉は死(主演・真野あずさ)
放送日:8月4日
1990年・カラー    原作:山村美紗   監督:(演出)岡屋龍一   脚本:秋田佐知子  
出演:真野あずさ/高橋長英/山村紅葉/島村佳江/真木洋子/井上倫宏/山内としお/伊庭剛  

華道教室の女師範が青酸カリで毒殺された。弟子や周囲の人々から慕われていた被害者には3つ年下の恋人がいた。警察は重要容疑者と見なしたが、彼には完璧と思えるアリバイがあった。

「山村美紗京都サスペンス 水仙の花言葉は死(主演・真野あずさ)」(C)松竹
山崎洋子のあなたのいない夜(主演・小川真由美)
放送日:8月5日
1989年・カラー    原作:山崎洋子   監督:広瀬襄   脚本:冨川元文  
出演:小川真由美/石橋蓮司/風見章子/黒沢大輔/左時枝/江崎裕子  

無口で温厚な夫を、まるで邪魔な同居人ぐらいにしか考えていないキャリアウーマンの妻。 そんな妻の横暴ぶりに耐えかねたのか、ある朝、 夫は離婚届を残して婆を消した。 ところが、血のりの付いた夫の衣類が宅急便で届いた。いったい夫の身の上に何が起きたのか―。

「山崎洋子のあなたのいない夜(主演・小川真由美)」(C)松竹
黒井千次の灰色の記念碑(主演・古谷一行)
放送日:8月17日
1993年・カラー    原作:黒井千次   監督:田中登   脚本:相葉芳久  
出演:古谷一行/黒田福美/阿藤海/角替和枝  

志田隆吉(古谷一行)宅は、 隣家の田名部家と鉄条網で区分けしている。田名部家の息子がその鉄条網でケガをした。母親の令子(角替和枝)は血相を変えブロック塀を作ることを提案してきた。渋々、ブロック塀作りを了承する隆吉だが/塀の高さをめぐって隆吉の妻・民子(黒田福美)と令子が激しく対立する―。

「黒井千次の灰色の記念碑(主演・古谷一行)」(C)松竹
立松和平の白い空(主演・古尾谷雅人)
放送日:8月18日
1993年・カラー    原作:立松和平   監督:岡屋龍一   脚本:清水喜美子  
出演:古尾谷雅人/増田恵子/石橋蓮司/桜金造  

高山清一(古尾谷雅人)は、身に覚えのない交通事故で警察に呼ばれた。割り切れない気持ちのまま、示談の手続きをとろうとした高山だった、被害者の水木(石橋蓮司)という男は頑なに応じようとしない。しかも妻・美代子(増田恵子)にイヤガラセ電話をかけてくるようになった。

「立松和平の白い空(主演・古尾谷雅人)」(C)松竹
小池真理子の隣の女(主演・小川真由美)
放送日:8月19日
1993年・カラー    原作:小池真理子   監督:貞永方久   脚本:松平繁子  
出演:小川真由美/二木てるみ/布施明/神林茂典  

念願のマイホームを入手した主婦・寺島久仁子(二木てるみ)には悩み事があった。隣家の未亡人、服部美弥子(小川真由美)の存在だ。久仁子は全く知らなかったが/美弥子と久仁子の夫・辰夫(布施明)はかつて恋人同士で、その関係は今も秘かに続いていた。

「小池真理子の隣の女(主演・小川真由美)」(C)松竹
小池真理子の喪服を着る女(主演・藤真利子)
放送日:8月24日
1993年・カラー    原作:小池真理子   監督:長尾啓司   脚本:相葉芳久  
出演:藤真利子/五十嵐めぐみ/金田賢一/奥村公延  

ドレス工房の女主人、二宮伊都子(藤真利子)は、朝比奈園子(五十嵐めぐみ)から喪服の注文を受け取るが、園子の一人息子・守(池田貴尉)の言葉が耳に残った。「ママが喪服を作るのは、もうすぐパパを殺すつもりなんだよ」園子は本当に夫の殺害をもくろんでいるのだろうか。

「小池真理子の喪服を着る女(主演・藤真利子)」(C)松竹
山崎洋子の愛する人にきらめく死を(主演・黒木瞳)
放送日:8月25日
1993年・カラー    原作:山崎洋子   監督:藤嘉行   脚本:田中晶子  
出演:黒木瞳/伊原剛志/浅利香津代/あめくみちこ/高島礼子  

角野秋美(黒木瞳)は、仕事をしようとしない夫、和人(伊原剛志)に業を煮やして離婚話を切り出した。数日後、秋美はカードのローンに追われ金に困ってるはずの夫が、無断で夫婦名義の生命保険に加入したことを知る。駆け引きをすればするほどお互いへの不信感がつのる。

「山崎洋子の愛する人にきらめく死を(主演・黒木瞳)」(C)松竹
阿刀田高の迷い道(主演・橋爪功)
放送日:8月26日
1993年・カラー    原作:阿刀田高   監督:広瀬襄   脚本:小森名津  
出演:橋爪功/浅茅陽子/左とん平/長谷川稀世  

国広信義(橋爪功)は、妻・佐知子(長谷川稀世)の表情が日増しに険悪になるのに、頭を痛めていた。そんなある夜、信義は見知らぬ男から頼母子講に誘われる。一番クジを引いた信義だったが、「一番クジを引いた人は奥さんが死にます」。翌朝帰宅してみると、佐和子は交通事故死していた。

「阿刀田高の迷い道(主演・橋爪功)」(C)松竹
乱歩賞作家サスペンス まだ眠らない(主演・鳥越マリ)
放送日:8月31日
1989年・カラー    原作:海渡英祐   監督:広瀬襄   脚本:押川國秋  
出演:鳥越マリ/名高達郎/磯部勉/南原宏治  

男運の悪い0L由起子が初めて恋らしい恋をした。相手は青年実業家・杉山。知りあって3ヶ月後、2人は結婚、由起子は幸せだった。1ヶ月後、杉山が自動車事故で死んだ。生前、杉山は誰かを脅し、金をもらっていた形跡がある。夫は殺されたと、由起子は直感した。

「乱歩賞作家サスペンス まだ眠らない(主演・鳥越マリ)」(C)松竹
嫁・姑殺人事件(原作/小林久三・主演・丘みつ子)
放送日:8月3日
1985年・カラー    原作:小林久三「蒼ざめた試写会」   監督:池広一夫   脚本:岡田正代  
出演:丘みつ子/西田健/宝生あやこ/中村晃子/山本圭/村井国夫/島村佳江  

原作は「皇帝のいない八月」などで知られる推理作家・小林久三の「蒼ざめた試写会」。水口靖代(丘みつ子)は結婚して10年経っても子供が出来ないこともあり、夫・義和(西田健)の母・静江(宝生あやこ)と折合いが悪い。結婚記念日の翌日、荒川近くのタイヤ処理場で義和が他殺死体となって発見される。静江は、靖代と彼女の学生時代の知り合いである新聞記者の原田(山本圭)が共謀して義和を殺したのだと取り乱し、靖代を道連れにしてガス中毒自殺を図って死んでしまう。助かった靖代は、原田と共に真相を探り始める。

「嫁・姑殺人事件(原作/小林久三・主演・丘みつ子)」(C)松竹
美談の団地心中(原作/小林久三・主演/坂口良子)
放送日:8月4日
1982年・カラー    原作:小林久三   監督:野田幸男   脚本:吉田剛  
出演:坂口良子/山本学/横山エリ/篠田三郎/ジョニー大倉  

ある日、刑事の田村はふとしたことで保母の章子と知り合う。章子は不治の病にかかっている園児・一郎のめんどうも見ていた。章子のやさしさに感動した田村は交際を求めるが、章子にはすでに愛する人がいるらしい。

「美談の団地心中(原作/小林久三・主演/坂口良子)」(C)松竹
女の中の二つの顔(主演・余貴美子)
放送日:8月5日、8月20日
2004年・カラー    監督:中原俊   脚本:西岡琢也  
出演:余貴美子/村上弘明/山中聡/本田博太郎/岸田今日子/杉本彩/でんでん/甲本雅裕  

滝川絵美子(余貴美子)の弟・孝介は、不可解な言葉を残したまま、車の転落事故で死亡。同乗者だった佐島彩乃(杉本彩)だけが生き残っていた。それから6年。彩乃の夫・佐島雅夫(村上弘明)は、偶然にも絵美子の子ども達が通う小学校で教師をしていた。ある朝、絵美子は、彩乃の絞殺死体が発見されたと知り、愕然とする。彩乃が殺害された時刻と同じ頃、彼女のマンション近くで夫の誠一郎(本田博太郎)の姿を見かけていた。

無人霊柩車殺人事件(原作/小林久三・主演・坂上二郎)
放送日:8月3日
1980年・カラー    原作:小林久三   監督:長谷和夫   脚本:池田雄一  
出演:坂上二郎/伊藤孝雄/長内美那子/片桐夕子  

司法畑のエリートコースを歩む倉森検事の妻・征子が、無意識に万引きをする。目撃者の珠江が征子をユスる。驚いた倉森は珠江を訪ね、もみ合ううちに彼女を絞殺。皮肉にも、倉森は刑事の松田とこの事件を担当することに…

「無人霊柩車殺人事件(原作/小林久三・主演・坂上二郎)」(C)松竹
デートの裏で殺人が(原作/小林久三・主演/池上季実子)
放送日:8月4日
1981年・カラー    原作:小林久三   監督:水川淳三   脚本:猪又憲吾  
出演:池上季実子/中山仁/牟田悌三/小野ヤスシ/岡本富士太  

サブタイトル:うりふたつの女広告会社に勤務する千秋は、コピーライターの猛に求婚されていた。が、千秋はふとしたことから一流商社の課長・寺本と交際し始めた。やがて、寺本の妻が変死。猛は、寺本が千秋とうりふたつの令嬢と愛人関係にあることを探り出す。

「デートの裏で殺人が(原作/小林久三・主演/池上季実子)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ9 京都氷室殺人街道(主演・坂口良子)
放送日:8月3日
1993年・カラー    監督:田中登   脚本:安本莞二  
出演:坂口良子/川上麻衣子/若林豪/田中隆三/千原しのぶ/早川純一/高田次郎/香月京子/高峰圭二/朝日完記  

北山杉の枝じめ作業中の竜介が墜落死した。ロープがすり切れたように偽装切断した他殺と判明。竜介は大川商店の次男で、大川家は北山杉の生産をめぐり野村家と犬猿の仲。記者の旦子(坂口)は竜介の婚約者・光江(川上)から、両家の父親は反目し合っているが、息子たちに対立はないと聞く。竜介の高校時代の写真に、奈良支局から転勤してきた関沢記者(田中)を見つける。

「京都・女性記者シリーズ9 京都氷室殺人街道(主演・坂口良子)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ10 京都近江殺人街道(主演・若村麻由美)
放送日:8月4日
1994年・カラー    監督:広瀬襄   脚本:大藪郁子  
出演:若村麻由美/田中実/阿藤海/岩本多代/水島かおり/香野百合子/花沢徳衛/伊藤栄子/立石涼子/汐路章  

雑誌記者の桂(若村)は、毒キノコを使った殺人事件に遭遇する。被害者の雅之は、桂が特集で取り上げる予定の大津絵の画家・次郎の兄だった。兄弟の姉・初美は、極道だった正之のせいで一家が没落、郷里を追われたと桂に話す。正之はさらに、父親の忠次から家の権利証を奪って、多額の借金もしていた。

「京都・女性記者シリーズ10 京都近江殺人街道(主演・若村麻由美)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ11 京都奈良殺人街道(主演・若村麻由美)
放送日:8月5日
1994年・カラー    監督:三村晴彦   脚本:大藪郁子  
出演:若村麻由美/田中実/内藤武敏/阿藤海/岩本多代/水野久美/三谷昇/田中傑幸/絵沢萠子/山本亘  

輸入調理器具「アゴラ」のセールスレディ・苑子(水野)が自宅の2階から転落死した。川北刑事(阿藤)らは、後頭部の陥没を不審に思い捜査を進める。雑誌記者の桂(若村)は、奈良の墨工房を取材中に墨職人で苑子の息子・幸夫が警察に連行されたことから事件に関心を持つ。日頃から苑子にバカにされていた夫の克雄(内藤)は、アリバイがあるが、母親に反発していた幸夫にはない。桂は「アゴラ」のライバル・ユリ、多額の焦げつきを作っていた鈴木を怪しいとにらむ。

「京都・女性記者シリーズ11 京都奈良殺人街道(主演・若村麻由美)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ12 京都塩津殺人街道(主演・若村麻由美)
放送日:8月17日
1994年・カラー    監督:松尾昭典   脚本:安本莞二  
出演:若村麻由美/阿藤海/永島暎子/田中実/岩本多代/亀石征一郎/伊藤栄子/立石凉子/小野武彦/左右田一平  

桂は、日本の塩文化に興味を持つ雑誌記者。亡き父も塩問題の専門家で、足跡を辿るように塩田などの取材を始める。ある日、桂は母親の珠枝と2人で、父の弟子・下山の出版記念パーティーに出席する。だが数日後、下山が仕事用の別宅で殺されてしまう。

「京都・女性記者シリーズ12 京都塩津殺人街道(主演・若村麻由美)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ13 京都日野殺人街道(主演・若村麻由美)
放送日:8月18日
1995年・カラー    監督:井上昭   脚本:大藪郁子  
出演:若村麻由美/田中実/阿藤海/佐川満男/岩本多代/鷲生功/正司照枝/小宮久美子/伊藤栄子/立石凉子  

京都の清滝で女性の死体が発見された。近くに珍しい金属製の和鏡が埋め込まれていて、捜査についた川北刑事は首をかしげる。一方、隣の家に住む雑誌記者の桂は、露店で古い和鏡を見つけひかれて購入する。なんと、母の珠枝が昔婚約者にもらい、別れるときに鏡神社に奉納した鏡だという。

「京都・女性記者シリーズ13 京都日野殺人街道(主演・若村麻由美)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ14 京都九里半殺人街道(主演・若村麻由美)
放送日:8月19日
1995年・カラー    監督:井上昭   脚本:安本莞二  
出演:若村麻由美/田中実/阿藤海/本田博太郎/藤吉久美子/岩本多代/織本順吉/佐川満男/篠塚勝/伊藤栄子  

会社社長・早川が殺された。捜査を開始した川北刑事は、現場から赤杉の箸を発見する。箸職人の中村が、事件直前に早川と会っていたことが判明。だが中村にはアリバイがあり、現場の箸は、一也の作と証言する。そして一也があっさりと犯行を自供した。桂は一也が誰かをかばっていると直感する。

「京都・女性記者シリーズ14 京都九里半殺人街道(主演・若村麻由美)」(C)松竹
京都・女性記者シリーズ15 京都北陸殺人街道(主演・若村麻由美)
放送日:8月24日
1995年・カラー    監督:井上昭   脚本:中村努  
出演:若村麻由美/阿藤海/中村久美/河合美智子/田中実/岩本多代/鈴木弥生/佐川満男/赤羽秀之/伊藤栄子  

記者の桂(若村)は同窓会で親友の紀代(河合)と再会した。紀代は七宝焼作家・市子(中村)の個展を企画中だという。折しも、市子の作った花瓶を凶器に、画廊店主が殺される事件が起きたばかりで、警察は市子の周辺を探っていた。

「京都・女性記者シリーズ15 京都北陸殺人街道(主演・若村麻由美)」(C)松竹
探偵・喜多嶋翔子の調査報告書(主演・室井滋)
放送日:8月5日
2002年・カラー    監督:黒沢直輔   脚本:西岡琢也  
出演:室井滋/今井雅之/細川ふみえ/村井国夫/筒井真理子/円城寺あや/頭師佳孝/伊藤洋三郎/山﨑努  

喜多嶋翔子(室井滋)はこの道15年のベテラン女探偵。翔子は部長の亀渕(村井国夫)に新米の西田拓三(今井雅之)の指導を任される。リストラで転職して来た西田は、ドジの連続で翔子は気が重い。翔子と西田は、探偵事務所の相談員・北山美加(細川ふみえ)からクライアントの黒須信子(筒井真理子)に直接浮気調査の報告をするように頼まれて、信子のマンションを訪ねるも、夫・弘幸(伊藤洋三郎)が浮気していることを告げると、信子は席をはずし、そのまま投身自殺を図る…。

「探偵・喜多嶋翔子の調査報告書(主演・室井滋)」(C)TSP/TBS
天才神津恭介の殺人推理1(主演・村上弘明)
放送日:8月6日
2002年・カラー    原作:高木彬光   監督:山本邦彦   脚本:猪又憲吾  
出演:村上弘明/麻乃佳世/鶴田忍/早勢美里/栗田よう子  

大学教授・神津(村上弘明)は多くの難事件を解決してきた名探偵。ある夜、フィットネスクラブの社長・田島が急死する。発見者の秘書・恵子によれば、田島は前妻の弟・早川の訪問を受けていた。恵子がブランデー入り紅茶を運んでまもなく、早川が部屋を飛び出し、田島は死んでいたと言う。現場に駆けつけた神津はトイレでガラス片を見つけ、不審を抱く。サブタイトル:時速240㎞東北新幹線遠隔殺人トリック!

「天才神津恭介の殺人推理1(主演・村上弘明)」(C)松竹
天才神津恭介の殺人推理2(主演・村上弘明)
放送日:8月6日
2002年・カラー    原作:高木彬光   監督:長尾啓司   脚本:小林竜雄  
出演:村上弘明/根本りつ子/北原佐和子/磯部勉/麻乃佳世  

大学教授が、現場にバラが残される連続殺人事件の真相に迫る。作家の由紀の夫・寛次(堀内正美)の絞殺体が発見される。現場に駆けつけた大学教授の神津(村上弘明)は、死体の背広の胸にバラが差してあるのに気付く。捜査を続けていた警部の野上(鶴田忍)は、寛次がかつて働いていた証券会社の部長・石黒(堀田眞三)をゆすっていたと知る。サブタイトル:ふた組の夫婦のからみ合う殺意!

「天才神津恭介の殺人推理2(主演・村上弘明)」(C)松竹
復讐するは我にあり(主演・柳葉敏郎)
放送日:8月6日
2007年・カラー    原作:佐木 隆三   監督:猪崎宣昭   脚本:西岡琢也  
出演:柳葉敏郎/大地康雄/岸本加世子/古谷一行/中村梅雀/余貴美子/前田愛/塩見三省  

昭和38年、榎津(柳場)は10月からの3ヵ月間で福岡、浜松で数々の詐欺や窃盗を繰り返し4人の男女を殺害、指名手配されていた。警戒の目をかいくぐって東京に入り、更に5人目の被害者となる弁護士を殺害、彼になりすまして詐欺の罪も重ねる。警察は榎津の足取りを追っていたが、自殺にみせかけた工作や様々な目撃証言に惑わされる。会津若松から北に向かっているとの情報に、捜査の手を北に伸ばしていた。翌年昭和39年元日、榎津が現れた場所は熊本だった。

紐(原作・松本清張/主演・酒井和歌子)
放送日:8月10日、8月16日
1979年・カラー    原作:松本清張   監督:水川淳二   脚本:吉田剛  
出演:酒井和歌子/中条きよし/宇津宮雅代/河原崎長一郎/中山仁/青木義朗/小林昭二/三戸部スエ/今井健二  

巨額な借金に追われ、保険金目当てに死のうとする男が、妻に首を絞めさせる。

「紐(原作・松本清張/主演・酒井和歌子)」(C)松竹
松本清張の種族同盟(主演・小川真由美)
放送日:8月12日、8月30日
1979年・カラー    原作:松本清張   監督:井上昭    脚本:吉田剛  
出演:小川真由美/高橋幸治/金沢碧/下条アトム/中村竹弥  

千鶴子(小川真由美)は旅館から旅館、仕事から仕事へと流れ歩く「渡り仲居」。海千山千のつわものだ。そんな千鶴子に思わぬ災難が 。彼女の色気に目をつけた議員秘書に犯されたのだ。そして、もみ合っているうちに崖から突き落としてしまった。

「松本清張の種族同盟(主演・小川真由美)」(C)松竹
松本清張原作 死んだ馬(主演・小川真由美)
放送日:8月11日、8月30日
1981年・カラー    原作:松本清張   監督:井上昭   脚本:吉田剛  
出演:小川真由美/山本亘/山形勲/池波志乃  

銀座でクラブを経営していた三沙子(小川)が高名な建築家の池野(山形)と結婚した。老いた池野は既に才能の枯渇し、若い設計技師・秋岡(山本)が事務所を維持している状態。間もなく三沙子と秋岡は深い関係になり、それに気づいた池野を殺害する。

「松本清張原作 死んだ馬(主演・小川真由美)」(C)松竹
松本清張原作 支払い過ぎた縁談(主演・名取裕子)
放送日:8月13日
1985年・カラー    原作:松本清張   監督:瀬川昌治   脚本:佐藤繁子  
出演:名取裕子/若山富三郎/名高達郎/大和田獏  

地方の大名の末裔だが、今は落ちぶれ、財産は数千万するツボ一つという父娘に、詐欺師グループの魔の手が伸びる。

「松本清張原作 支払い過ぎた縁談(主演・名取裕子)」(C)松竹
松本清張 帝銀事件(主演・仲谷昇)
放送日:7月12日、8月11日、8月30日
1980年・カラー    原作:松本清張   監督:森崎東   脚本:新藤兼人  
出演:仲谷昇/田中邦衛/橋本功/中谷一郎/木村理恵  

戦後最大の犯行と言われた「帝銀殺人事件」の真相に迫る実録ドラマ。画家平沢貞通は占領下、日本の軍政の犠牲となったドラマと訴える。昭和23年、敗戦国日本はまだ混迷の最中、1月26日午後3時ころ、帝国銀行椎名町支店で日本中を揺るがす殺人事件がおこった。都の防疫班に腕章をつけた男がGHQの命令で予防薬を飲むようにいってきた。やがて断末魔の惨劇の場に。

「松本清張 帝銀事件(主演・仲谷昇)」(C)松竹
松本清張 風の息
放送日:7月5日、8月10日、8月16日
1982年・カラー    原作:松本清張   監督:貞永方久   脚本:新藤兼人  
出演:栗原小巻/根津甚八/関根恵子/中谷一郎/可知靖之/袋正/小林哲子/中野誠也/片岡真由美/信欣三  

米軍占領下の昭和27年、羽田を飛び立った「もく星号」が大島三原山火口付近に墜落。執拗に事故の原因を探る男と女の前に立ちふさがる巨大な敵とは?事故から13年後、地質学を専攻する欣一は三原山のもく星号遭難碑付近でブローチを発掘。唯一の女性客だった八重子の遺品らしい。知人と調査を始めた欣一の前に、同じくもく星号事件を追い続ける女、佐紀子が現れた。

「松本清張 風の息」(C)松竹
松本清張 殺人行おくのほそ道(主演・竹下景子)
放送日:7月19日、8月11日
1983年・カラー    原作:松本清張   監督:池広一夫   脚本:吉田剛  
出演:竹下景子/八千草薫/菅原謙次/荻嶋真一/鹿賀丈史/ハナ肇/島村佳江/梅津栄/西村晃 ほか  

アメリカ留学中の芦名麻佐子(竹下景子)は、日系三世のボーイフレンド五郎(鹿賀丈史)を連れて久しぶりに帰国した。大学の講師をしている父・信雄(菅原謙次)と、銀座でブティックを経営している母・隆子(八千草薫)の表情にかげりがあるのが気がかりだ。五郎の大学での専攻は日本文学。麻佐子と共に松尾芭蕉の“奥の細道”をたどるつもりでいる。そんなある日、信雄の商談相手である不動産業者の海野(梅津栄)が山形で謎の死をとげる。

「松本清張 殺人行おくのほそ道(主演・竹下景子)」(C)松竹
松本清張 溺れ谷(主演:近藤正臣)
放送日:8月10日
1983年・カラー    原作:松本清張   監督:池広一夫   脚本:吉田剛  
出演:近藤正臣/梶芽衣子/浅茅陽子/佐藤慶、内田朝雄/神山繁/鈴木瑞穂 ほか  

昭和30年代のはじめ、水上温泉近くの渓谷で、農務省食品課長・吉岡が自殺死体で発見された。彼こそが当時騒がれていた砂糖汚職事件の鍵を握る男だったが、吉岡の死で事件はウヤムヤに。

「松本清張 溺れ谷(主演:近藤正臣)」(C)松竹
松本清張原作 中央流沙(主演・緒形拳)
放送日:8月12日
1998年・カラー    原作:松本清張   監督:三村晴彦   脚本:佐伯俊道  
出演:緒形拳/石橋凌/石橋蓮司/藤真利子/鶴田忍  

通産省情報産業局に激震が走った。贈収賄容疑で検察が地元の業者を逮捕、次に矛先は情報産業局に向けられた。事情聴取を受けたのは、ノンキャリア組の出世頭・倉橋秋彦(鶴田忍)。以前、官舎で隣に住んでいた事務官の山田喜一郎(緒形拳)は、出世した倉橋に同情を禁じ得なかった。

「松本清張原作 中央流沙(主演・緒形拳)」(C)松竹
松本清張 坂道の家(主演・坂口良子)
放送日:8月12日
1983年・カラー    原作:松本清張   監督:松尾昭典   脚本:宮川一郎  
出演:坂口良子/長門裕之/石田純一/永島瑛子/佐藤英夫  

サブタイトル:おじいさん好きよ!都会の片隅に咲く若い娘と中年男の愛欲の果てに待つものは…小悪魔的なホステス・りえ子に一目ぼれした寺島は、年がいもなく夜ごと彼女の勤めるクラブに通いつづける。だが、彼女には山口という恋人がいる。二人は自分たちの店を持つ資金作りに寺島から金をしぼり取ろうと計画。りえ子は寺島を誘惑する。

「松本清張 坂道の家(主演・坂口良子)」(C)松竹
松本清張原作 連環(主演・片平なぎさ)
放送日:8月12日、8月30日
1983年・カラー    原作:松本清張   監督:齋藤武市   脚本:吉田剛  
出演:片平なぎさ/森本レオ/谷隼人/ちあきなおみ/なべおさみ/織本順吉/賀田裕子/中川加奈/南原宏治  

九州福岡の上田藤子(賀田裕子)の家で、藤子とそのパトロンである印刷会社の社長・豊太郎(織本順吉)の死体が発見された。ガス事故が原因とされていたが、実は仕組まれた計画殺人であった。

「松本清張原作 連環(主演・片平なぎさ)」(C)松竹
松本清張 指(主演・名取裕子)
放送日:8月13日
1982年・カラー    原作:松本清張   監督:出目昌伸   脚本:八木柊一郎  
出演:名取裕子/松尾嘉代/吉行和子/目黒祐樹  

サブタイトル:雨の夜、あの女との出会いから私の運命は狂い始めた暗い過去を背負ったホステスの弓子は、ふと知りあった恒子に同性愛の世界に引き込まれる。だが、異常なまでの恒子の愛に嫌気がさした弓子は別れる決意を。悲観した恒子は自殺。数か月後、弓子は金持ちの息子と結婚する。だが、幸福の絶頂のとき、弓子の過去を知る女が現れた。

「松本清張 指(主演・名取裕子)」(C)松竹
松本清張 脊梁(せきりょう)(主演・池上季実子)
放送日:8月13日
1982年・カラー    原作:松本清張   監督:山根成之   脚本:古田求/一色伸幸  
出演:池上季実子/清水健太郎/名古屋章/披岸喜美子  

サブタイトル:十年かかってもあなたの無実を証明してみせる恋人の村尾宗一が強盗殺人容疑で逮捕された。犯行のあった夜、宗一と床を共にしていたトモ子は弁護側の有力な証言となったが、裁判は長引き十年の歳月が流れた。

「松本清張 脊梁(せきりょう)(主演・池上季実子)」(C)松竹
松本清張 霧の旗(主演・大竹しのぶ)
放送日:7月16日、8月13日
1983年・カラー    原作:松本清張   監督:せんぼんよしこ   脚本:市川森一  
出演:大竹しのぶ/二谷英明/小川真由美/小林薫/松任谷正隆/佳那晃子  

殺人容疑で逮捕された兄・柳田正夫の無実を信じる妹・桐子は、高名な弁護士・大塚欽三に弁護を依頼する。しかし、高額な弁護料を望む大塚は、桐子の依頼を断った。半年後、兄は獄中で死刑の判決を受けたまま病死してしまう。

「松本清張 霧の旗(主演・大竹しのぶ)」(C)松竹
松本清張 球形の荒野(主演・栗原小巻)#1-5(終)
放送日:8月2日
1978年・カラー    原作:松本清張   監督:(演出)河村雄太郎   脚本:稲垣俊   
出演:栗原小巻/村井国夫/加藤治子/滝沢修/滝田裕介/岩崎加根子/内藤武敏/下條正巳  

松本清張の傑作ミステリーを栗原小巻主演でドラマ化。客死したはずの父が“生きていた”という証拠をみつけたことからヒロイン・久美子の身辺に連続殺人が起こる。久美子の恋人の新聞記者に村井国夫、久美子の父親に滝沢修が扮する。久美子(栗原小巻)は外交官だった亡父と同じ筆跡を奈良の寺で見た。戦時外交史を取材中の恋人・添田(村井国夫)はこの話に興味を持つ。<各話開始時間>8:00-#1 8:52-#2 9:40-#3 10:28-#4 11:16-#5(終)(各46分・全5話)

「松本清張 球形の荒野(主演・栗原小巻)#1-5(終)」(C)日本映画放送
松本清張 砂の器(主演・仲代達矢)#1-6(終)
放送日:8月23日
1977年・カラー    原作:松本清張   監督:(演出)富永卓二   脚本:隆巴  
出演:仲代達矢/田村正和/真野響子/小川知子/中尾彬/奈美悦子  

昭和35年に発表され映画化もされて大ヒットを記録した松本清張原作小説をドラマ化。殺人事件を追うベテラン刑事と新人刑事の執念の捜査を描く。昭和49年夏・東京。目蒲線の蒲田操車場構内で、男性の死体が発見された。本庁刑事の今西(仲代達矢)は、蒲田署の新人刑事・吉村(山本)と組んで聞き込みを開始。被害者が東北弁で「カメダ」の話をしていたのを頼りに、東北各県の亀田姓を洗うが・・・。<各話開始時時間>8:00-#1 8:52-#2 9:40-#3 10:28-#4 11:16-#5 12:04-#6(終)(各話46分)

「松本清張 砂の器(主演・仲代達矢)#1-6(終)」(C)日本映画放送
森村誠一サスペンス 不信(主演・小林稔侍)
放送日:8月17日
1994年・カラー    原作:森村誠一   監督:奥村正彦   脚本:岡本克己  
出演:小林稔侍/浅田美代子/渡辺梓/冨家規政  

出版社の販売部長の健次は年下の妻の由美と二人暮し。健次は由美が見知らぬ男と車でマンションに入るのを目撃した。その男は女たらしで有名な藤田だという。数日後、死後1週間の藤田の死体がマンションで発見され、由美は行方不明になった。

「森村誠一サスペンス 不信(主演・小林稔侍)」(C)松竹
森村誠一サスペンス 街角の切り花(主演・風間杜夫)
放送日:8月18日
1994年・カラー    原作:森村誠一   監督:長尾啓司   脚本:吉田剛  
出演:風間杜夫/芳本美代子/大島智子/長谷川初範  

東京に単身赴任している大学教授の藤岡は、妻から突然離婚を切り出される。また、次期教授の座を狙うライバルの倉本からは、教授選からおりてくれと買収を持ちかけられる。怒りとやるせなさがこみ上げ、電話したデートクラブでさゆみと出会う。ある日、さゆみは何者かに殺されてしまう。

「森村誠一サスペンス 街角の切り花(主演・風間杜夫)」(C)松竹
森村誠一サスペンス 雪の絶唱(主演・村上弘明)
放送日:8月19日
1996年・カラー    原作:森村誠一   監督:長尾啓司   脚本:小林竜雄  
出演:村上弘明/とよた真帆/野村真美/沖田浩之/夏八木勲  

大手商社の営業課長・重文に、妊娠中の妻・智恵の父でもある常務の菅野から昇進の内示があった。その矢先、重文の愛人・房子も妊娠。困った重文は課長補佐の並木に嘘をつき、房子と飛騨へ不倫清算の旅行に出かける。翌日、出社した重文に飛騨で房子の死体発見の知らせが入る。

「森村誠一サスペンス 雪の絶唱(主演・村上弘明)」(C)松竹
森村誠一サスペンス 孤独の密葬(主演・中野良子)
放送日:8月24日
1985年・カラー    原作:森村誠一   監督:渡辺祐介   脚本:長野洋  
出演:中野良子/黒澤年男/岡本富士太/宮下順子/左時枝  

フリーの翻訳家で独身の礼子は、引っ越し先の前住者で彫金デザイナーの満智子と知り合い、意気投合した。が、数日後、満智子自殺のニュースが。疑問を抱く礼子は真相を究明しようと行動を開始。そんな折、礼子は医師の桜田と知り合う。

「森村誠一サスペンス 孤独の密葬(主演・中野良子)」(C)松竹
森村誠一サスペンス 侵略夫人(主演・泉ピン子)
放送日:8月25日
1984年・カラー    原作:森村誠一   監督:富本壮吉   脚本:北泉優子  
出演:泉ピン子/結城しのぶ/伊藤孝雄/なべおさみ/牧伸二  

情報通の都美子は、紹介料稼ぎに勝手に隣人の初枝の名前を訪問先カードに記入、セールスマンの香川に渡した。香川は客の肉体を奪い、弱みにつけこんで物を買わせる常習犯で、初枝も犠牲に。だが翌日、香川が死体で発見された。

「森村誠一サスペンス 侵略夫人(主演・泉ピン子)」(C)松竹
死刑台のロープウェイ(原作・夏樹静子/主演・東ちづる)
放送日:8月20日
2001年・カラー    原作:夏樹静子   監督:小林俊一   脚本:池田太郎  
出演:東ちづる/勝村政信/長門裕之/愛川欽也/大場久美子  

ロープウェーの中で女性の他殺死体が発見された。被害者は2年前に起きた未解決の殺人事件の容疑者の一人、ナオミ(石井苗子)だった。刑事の吉富(愛川欽也)は、2年前の事件のもう一人の容疑者で、当時ナオミと愛人関係にあった 不二木(勝村政信)が犯人ではないかと疑う。

「死刑台のロープウェイ(原作・夏樹静子/主演・東ちづる)」(C)彩の会
検察官 沢木穂乃歌2 悪の断層(主演・岩下志麻)
放送日:8月25日
2005年・カラー    監督:大野木直之   脚本:金子成人  
出演:岩下志麻/大杉漣/床嶋佳子/鶴見辰吾/金田賢一/佐々木勝彦/丸岡奨詞/水島涼太/川岡大次郎/黒坂真美  

消費者金融社員殺人事件の陰に隠された怨念。岩下志麻扮する検察官・沢木穂乃歌は迷宮入り寸前の刺殺事件から恨みの細い糸を手繰り、巨悪へとたどり着く。こつこつと働き、幸せな生活を営んでいた一家を借金地獄へと突き落とし、家族を崩壊させたのは一体誰なのか?検察官という仕事に命をかけ、正義感に燃える沢木穂乃歌が執念で真相を明かしていく。大杉漣と岩下の夫婦のやりとりもみどころのひとつ。

「検察官 沢木穂乃歌2 悪の断層(主演・岩下志麻)」(C)大野木オフィス/TBS
京都妖怪地図1 嵯峨野に生きる900歳の新妻
放送日:7月6日、8月26日
1980年・カラー    原作:上田秋成「雨月物語」   監督:田中徳三   脚本:保利吉紀  
出演:宇津宮雅代/三田村邦彦/中条きよし/長谷直美/遠藤太津朗/月丘夢路  

血液研究所で働く学者の卵・城崎四郎(三田村邦彦)は、扇子屋の主人・黒津譲(中条きよし)の妹・玲奈(長谷直美)と将来を誓い合った仲。ある日、六甲山の別荘へ向かった時、黒津から結婚相手の小暮香織(宇津宮雅代)を紹介される。香織は京都嵯峨野の念仏寺近くに住む人形髪付け師。挨拶した時の香織の反応を怪訝に思う城崎に、さらに衝撃的な出来事が。

「京都妖怪地図1 嵯峨野に生きる900歳の新妻」(C)松竹
京都妖怪地図2 きらら坂に住む400歳の氷女
放送日:7月7日、8月26日
1981年・カラー    監督:田中徳三   脚本:保利吉紀  
出演:宇津宮雅代/名高達郎/芦屋小雁/遠藤太津朗/村田みゆき  

きらら坂近くで見つかった若い修行僧・日信(小林芳宏)の凍死体。死因に疑問を抱いた早川刑事(遠藤太津朗)は、低温科学研究所で働く甥っ子・山村三郎(名高達郎)を訪ねる。それから間もなく、今度は三郎の父・孝吉(芦屋小雁)の凍死体が、やはりきらら坂付近の古池で発見された。三郎と早川は孝吉の不倫相手である着物デザイナー・九条沙織(宇津宮雅代)に疑いの目を向ける。

「京都妖怪地図2 きらら坂に住む400歳の氷女」(C)松竹
京都妖怪地図3 鳥辺山に棲む八百歳の女子大生
放送日:7月8日、8月26日
1985年・カラー    監督:田中徳三   脚本:保利吉紀  
出演:三ツ矢歌子/児島美ゆき/神山繁/藤岡重慶/月亭八方/遠藤太津朗  

調査先の鳥辺山で古い人骨を発掘した歴史学助教授・佐竹まつ子(三ツ矢歌子)。鑑定の結果、750年~800年前の女性の骨と判明し、次の理事会で彼女を教授に推薦しようと考えている林教授(神山繁)は大喜び。しかし、まつ子と教授の座を争うライバル・香取なおみ(児島美ゆき)は、週刊誌記者・梶岡(月亭八方)と組んでまつ子の追い落としを画策。

「京都妖怪地図3 鳥辺山に棲む八百歳の女子大生」(C)松竹
京都妖怪地図4 河原町に棲む四百歳の不倫女医
放送日:7月13日、8月31日
1986年・カラー    監督:田中徳三   脚本:保利吉紀  
出演:三ツ矢歌子/中山仁/高田瞳/西山辰夫/桂ざこば/遠藤太津朗  

京都の医大に勤める折笠涼子(三ツ矢歌子)は美人で名医と評判の外科医長。ある日、医大のラグビー部に所属する田村(筧晃司)が三条河原で変死体となって発見された。検視にあたった涼子はホルモンの異常分泌による病死と断定するが、水品教授(西山辰夫)の娘婿で東京の医大から転勤してきた法医学専門の医師・草野洋平(中山仁)は他殺を疑う。

「京都妖怪地図4 河原町に棲む四百歳の不倫女医」(C)松竹
京都妖怪地図5 嵯峨野に生きた900歳の美人能面師
放送日:7月14日、8月31日
1993年・カラー    監督:原田雄一   脚本:石村嘉子/保利吉紀  
出演:叶和貴子/石原良純/芦屋雁之助/西山浩司/あいはら友子/高島礼子/南条弘二  

京女の妻・祥子(高島礼子)の案内で、葵祭の取材に訪れたルポライター・田原(石原良純)。前夜祭で烏丸流家元の記者会見が行われた際、能面作家・野宮しのぶ(叶和貴子)が打った般若の面に魅せられ、インタビューを申し込む。「あなたを心から待ち望んでいた」としのぶに熱っぽく迫られ驚く田原。その夜、不思議な事件が・・・。

「京都妖怪地図5 嵯峨野に生きた900歳の美人能面師」(C)松竹
京都妖怪地図6 時空を超えて時代祭に甦る愛の伝説! 1200歳の美女 VS 霊感デカ
放送日:7月15日、8月31日
1994年・カラー    監督:貞永方久   脚本:保利吉紀/貞永方久  
出演:萬田久子/美木良介/芦屋雁之助/藤吉久美子/中田浩二  

持ち前の霊感で数々の難事件を解決し、“霊感刑事”との異名をとる京都府警の大山刑事(芦屋雁之助)。娘・妙子(西部里菜)が時代祭の日に紫式部に扮して台車に乗るというので、晴れ姿を写真に収めに出向く。妙子の隣には清少納言役の篠笛の名手・花脊佳那(萬田久子)の姿があった。佳那は見物客の中にいた建築技師・残間(美木良介)を見て激しく動揺。残間は佳那の師匠・柊の娘・京子(藤吉久美子)の夫だった

「京都妖怪地図6 時空を超えて時代祭に甦る愛の伝説! 1200歳の美女 VS 霊感デカ」(C)松竹
事件記者・三上雄太1(主演・水谷豊)
放送日:8月27日
2004年・カラー    監督:吉川一義   脚本:峯尾基三  
出演:水谷豊/風間杜夫/蟹江敬三/未來貴子/斎藤陽子/国広富之/山本未來  

雑誌記者の三上(水谷豊)は、1年前に長野で発生した雪山遭難事故の行方不明者・野木 (風間杜夫)の家を訪ねる。野木の家族は妻・浅子(未來貴子)と小学生の息子・昭太(伊瀬知悠)。 行政書士の遠山(国広富之)の尽力で、家裁は野木の死亡を認定、浅子は3000万円を超える生命保険金を受け取っていた。そんな中、浅子と山に行った昭太が、無精ひげを生やした野木の姿を描いたことに注目した三上は・・・。サブタイトル:アルプス遭難でラジオから聞いた悪魔の囁き 妻の保険金疑惑と遺体のない葬儀

「事件記者・三上雄太1(主演・水谷豊)」(C)松竹
事件記者・三上雄太2(主演・水谷豊)
放送日:8月27日
2005年・カラー    監督:吉川一義   脚本:峯尾基三  
出演:水谷豊/蟹江敬三/金田明夫/山本未來/山下徹大/斎藤陽子/国生さゆり  

フリーライター・山崎日出男(梨本謙次郎)の変死体が、故郷、長野県穂高町の渓谷で見つかったと知った 三上(水谷豊)は、思わず顔色を変えた。山崎は、三上を先輩と慕う新聞記者時代の同僚で、その日、会う予 定になっていたのだ。司法解剖で山崎が殺されたと知った三上は、その敵を討つべく、若手の一ノ瀬礼子(山本未來)と組んで調査に乗り出した。サブタイトル:帰らぬ母娘のピアノの連弾?水死体の恋人が浮かぶ安曇野の川と密室の救急治療

「事件記者・三上雄太2(主演・水谷豊)」(C)松竹
事件記者・三上雄太3(主演・水谷豊)
放送日:8月27日
2005年・カラー    監督:吉本潤   脚本:峯尾基三   
出演:水谷豊/蟹江敬三/金田明夫/山本未來/斎藤陽子/山下徹大  

週刊誌記者・三上(水谷豊)は、知人の元桐生署刑事・吉野(高橋長英)が都内で階段から転落して危篤だと知る。三上には7年前、強盗殺人犯・松木(大村波彦)に発砲、その結果、死亡させた過去があった。病院に駆けつけた三上は、吉野の娘・旬子(黒坂真美)が恋人・敦(葛山信吾)の母・美和(結城しのぶ)を殺害した容疑で起訴されていると知る。

「事件記者・三上雄太3(主演・水谷豊)」(C)松竹