必見!イチオシ企画

【おとなの2時間サスペンス】「女検事 霞夕子6(桃井かおり主演)」「救急指定病院6」ほか

映画以上に映画的!2時間サスペンスは、名監督による作品や実験的手法の宝庫!おとなを満足させるサスペンス作品を平日毎日3作品お届けします。

女検事 霞夕子6(桃井かおり主演)
放送日:9月3日
1988年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:恩地日出夫   脚本:石松愛弘  
出演:桃井かおり/岸部一徳/木野花/高岡健二/水原ゆう紀/吉沢健/佐野史郎  

かつての恋人が巻き込まれた殺人事件を担当した夕子。女検事の揺れ動く思いと推理を描く。検事の霞夕子(桃井かおり)は、大学時代の恋人・林田(岸部一徳)の別荘で発生した殺人事件の担当となり捜査を開始する。殺されたのは評論家の万里子で彼女は林田の愛人だった。やがて容疑者として林田の恋敵である大学講師・中尾が浮上する…。東京地検の女検事・霞夕子の活躍を描いたミステリーシリーズ第6弾。

「女検事 霞夕子6(桃井かおり主演)」(C)廣済堂プロダクション
女検事 霞夕子7(桃井かおり主演)
放送日:9月4日
1989年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:恩地日出夫   脚本:石松愛弘   
出演:桃井かおり/宮下順子/石橋蓮司/佐野史郎/奥村公延/高岡健二  

病院経営をめぐって理事長の美也子(宮下順子)と、婿で院長の洋平(西田健)が対立している。美也子が会計士の木暮(石橋蓮司)の口車にのって公金を投資、失敗した。洋平は理事長退陣を要求、一方、美也子は階段際の絵を傾けてからスポーツクラブへ。きちょうめんな洋平が額を直そうと身を乗り出したその時に、美也子が背後から突き落とした。保健調査員の小田(奥村公延)が夕子(桃井かおり)を訪ね、1000億円の保険金が美也子に支払われると告げる。

「女検事 霞夕子7(桃井かおり主演)」(C)廣済堂プロダクション
女検事 霞夕子8(桃井かおり主演)
放送日:9月5日
1991年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:(演出)嶋村正敏   脚本:大藪郁子   
出演:桃井かおり/左時枝/新克利/高松英郎/平泉成/荻島真一/大門正明/あめくみちこ  

入院中の回復が望めぬ植物状態の患者を暴力団組員が襲い負傷させた。被害者はゴルフ場で昏倒し、病院に運ばれていた中堅建設会社のオーナー社長・城之内剛一郎。被疑者の栗岡は、入院中の別の組の組長を殺害しようとし、間違って城之内を襲撃したと供述していた。城之内の遺産相続の遺言状を巡り、妻と愛人の陰湿な争いが始まる。

「女検事 霞夕子8(桃井かおり主演)」(C)NTV
女検事 霞夕子9(桃井かおり主演)
放送日:9月6日
1993年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:木下亮   脚本:石松愛弘  
出演:桃井かおり/内藤剛志/蜷川有紀/新克利/光石研/久米明  

新婚の歯科医が何者かに殺された。被害者は新婚の妻(蜷川有紀)と二人暮らしの宗田郁雄(山口仁)。現場からは拭き忘れたと見られる親指の指紋を鑑識が採取した。まもなく、被害者に恨みを抱く男の自殺死体が発見され、その指紋が殺人現場にあったものと一致した。事件は一件落着かと思われたが、女検事・霞夕子(桃井かおり)は、自殺死体に付いた妙な臭いに注目した。

「女検事 霞夕子9(桃井かおり主演)」(C)ユニオン映画
女検事 霞夕子10(桃井かおり主演)
放送日:9月7日
1993年・TV・カラー    原作:夏樹静子    監督:恩地日出夫   脚本:石松愛弘  
出演:桃井かおり/新克利/赤座美代子/中原ひとみ/下元勉/でんでん/北村総一朗/光石研  

人気女優・美原晶子(赤座美代子)を妻に持つ往年の名映画監督・伴池修造(下元勉)の他殺死体が発見された。女検事・霞夕子(桃井かおり)は、晶子が不倫中で、しかもその相手、女子大理事長・園弘和の妻(立石涼子)が、伴池が殺される少し前に変死していたと知り、事件に関連があるとにらむが…。

「女検事 霞夕子10(桃井かおり主演)」(C)ユニオン映画
救急指定病院6
放送日:9月24日
1996年・TV・カラー    監督:油谷誠至   脚本:齊藤珠緒  
出演:池上季実子/角替和枝/野川由美子/林泰文/大寶智子/中村繁之  

小諸久美子(池上季実子)は救急指定病院の主任看護婦。ある日、看護婦副島の恋人であり救急隊員の友永が自転車の転倒事故で意識不明の重体で運ばれてきた。友永の親友で救急車の機関員、橋口は事故の当日は自分のアパートで友永と飲んでいたという。自転車には不審な箇所があり、事件の可能性があるとして警察も動き出した。

「救急指定病院6」(C)NEP
救急指定病院7
放送日:9月25日
1997年・TV・カラー    監督:山本厚   脚本:渡辺善則  
出演:池上季実子/角替和枝/野川由美子/大高洋夫/山下容莉枝/あめくみちこ  

救急病院に勤めるベテラン看護婦・小諸久美子の活躍を描いたシリーズの第七弾。久美子は夫に先立たれ、息子の大吾と姉との3人暮らし。大吾の担任の浜崎響子から、愛人と暮らす夫と別居中で、離婚を考えていることを打ち明けられていた久美子はある日、響子の自宅を訪ね、そこで濡れたまま扇風機をかけて倒れている男を発見する。久美子の応急処置で助かった男が響子の夫・保であることを知った久美子は、響子と保、そして愛人の靖絵が旧知の仲であることを知る。

「救急指定病院7」(C)NEP
救急指定病院8
放送日:9月26日
1998年・TV・カラー    監督:真船匡氏    脚本:渡辺善則  
出演:池上季実子/野川由美子/角替和枝/佐々木すみ江/根岸季衣/北村総一朗  

看護婦の久美子(池上季実子)が働く病院で、患者の克枝(佐々木すみ江)を狙う殺人未遂事件が発生。少し前、病院の内科医が襲われ、患者のデータが記録されたフロッピーディスクとパソコンが盗まれた。久美子は入院中の姉でフリーライターの菖子(角替和枝)とともに周囲から話を聞き、克枝の娘で、30年前に養女に出された初美(根岸季衣)の家族が怪しいとにらむ。

「救急指定病院8」(C)東北新社クリエイツ
救急指定病院9
放送日:9月27日
1998年・TV・カラー    監督:真船匡氏   脚本:渡辺善則  
出演:池上季実子/角替和枝/野川由美子/下條アトム/赤座美代子  

救急指定病院の看護婦・久美子(池上季実子)の部下で、准看護婦の美鈴(早勢美里)が殺された。美鈴は、風俗店でアルバイトをしていた。売春絡みの事件だと騒がれる中、久美子は美鈴の汚名をそそごうと真相究明に乗り出す。

「救急指定病院9」(C)東北新社クリエイツ
救急指定病院10
放送日:9月28日
1999年・TV・カラー    監督:増田天平   脚本:渡辺善則  
出演:池上季実子/野川由美子/寺島しのぶ/角替和枝/鶴見辰吾/三條美紀  

救急病院に勤めるベテラン看護婦・小諸久美子(池上季実子)の活躍を描いたシリーズ第10弾。久美子(池上季実子)が働く病院に、患者を殺すという脅迫状が届く。まもなく計画的な停電事故が発生。医療機器の停止で患者の会社社長の二階堂靖(佐渡稔)が昏睡状態に陥る。警察は、事故の経緯から社長の命を狙ったものと断定するが…。

「救急指定病院10」(C)東北新社クリエイツ
救急指定病院1
放送日:8月13日、9月10日
1992年・TV・カラー    原作:斎藤澪「白衣のふたり 横浜コインロッカー殺人事件」(勁文社刊)   監督:油谷誠至   脚本:重森孝子  
出演:池上季実子/角替和枝/野川由美子/茅島成美/石丸謙二郎  

救急病院に勤めるベテラン看護婦・小諸久美子を池上季実子が演じたシリーズの第一弾。交通事故で緊急入院した患者・早川の担当をする看護婦・小諸久美子。早川の部下という男から執拗に、彼が持っていたらしい重要な「物」の行方を聞かれていた。そのうち早川が死亡してしまう。同じころ、久美子が気になっていた挙動不審の付添婦・加代が姿を見せなくなり、紹介所をやめていることがわかる。そしてその2日後、加代がトランク詰め死体で発見される。

「救急指定病院1」(C)NEP
救急指定病院2
放送日:8月14日、9月11日
1994年・TV・カラー    原作:斎藤澪「ハモニカを吹く男」(勁文社刊)   監督:油谷誠至   脚本:清水喜美子  
出演:池上季実子/角替和枝/野川由美子/姿晴香/辰巳琢郎  

救急病院に勤めるベテラン看護婦・小諸久美子を池上季実子が演じた人気シリーズ。ある雨の日、新米医師が不注意から投薬ミスを起こしそうになるが、久美子の機転で未然に防ぐことができた。数日後、初期ガンのため、入院していた市会議員の岩倉が突然死亡、病院内では医療ミスではないかと噂が立つが病理解剖の結果、殺人事件と判明する。死亡した岩倉の過去を調べるうち、意外な事実が判明する。

「救急指定病院2」(C)NEP
救急指定病院3
放送日:8月15日、9月12日
1995年・TV・カラー    監督:澁谷正行   脚本:渡辺善則  
出演:池上季実子/野川由美子/角替和枝/とよた真帆  

救急病院に勤めるベテラン看護婦・小諸久美子の活躍を描いたシリーズ第三弾。久美子は、若い後輩看護婦から見知らぬ男に襲われたという連絡を内密に受けた。幸い暴行は未遂に終わるが、その犯行の手口が、1年前に病院付近一帯を騒がせ、現在も指名手配中の連続強盗強姦犯と同一であることが判明し、病院内に波紋が起きる。

「救急指定病院3」(C)NEP
救急指定病院4
放送日:8月16日、9月13日
1995年・TV・カラー    監督:油谷誠至    脚本:渡辺善則   
出演:池上季実子/野川由美子/角替和枝/山口果林/布川敏和  

救急指定病院は患者の大半は初対面、既往症やデータもわからないまま治療に挑むことになる。使用する薬品のアレルギーなどで、医療行為がたちまち死に至らしめる事態もあり得る。そして、第三者が故意に危険な薬を与えることによって、医療が殺人に手を貸す可能性もある。そんな中、久美子の勤務する救急病院で謎の死が発生する。

「救急指定病院4」(C)NEP
救急指定病院5
放送日:8月17日、9月14日
1996年・TV・カラー    監督:油谷誠至    脚本:渡辺善則   
出演:池上季実子/野川由美子/角替和枝/馬渕晴子/渡部篤郎   

救急病院に勤めるベテラン看護婦・小諸久美子の活躍を描いたシリーズの第五弾。久美子の勤務する救急病院で、放火騒ぎが連続して発生。主任看護師として事態の究明に当たった久美子は、その放火日が以前から嫌がらせ電話を受けていた看護師の勤務日と一致することから、その看護師に交際を断られていた男の愛情がらみの仕打ちと推理するのだが…。

「救急指定病院5」(C)NEP
タクシードライバーの推理日誌1
放送日:9月25日
1992年・TV・カラー    原作:笹沢左保    監督:(演出)吉田啓一郎   脚本:岡本克己  
出演:渡瀬恒彦/七瀬なつみ/風見しんご/平田満/横須賀昌美/高島礼子/でんでん  

「殺人化粧の女 山が動いた!?」

渡瀬恒彦扮する元敏腕刑事で、今はタクシードライバーの夜明日出夫が、持ち前の推理力を生かして事件の謎に挑む人気シリーズ第1作目。刑事を辞め、タクシードライバーに転身した夜明日出夫(渡瀬恒彦)は、ある日、ホステスの小百合(七瀬なつみ)とホステスの仲間を乗せたことがキッカケで、夜明は殺人事件に巻き込まれることに。小百合が働いているクラブのママ・平松妙子が別荘で殺されていたのだ。別荘に行くことを知っていた小百合たちは事情聴取されるが、殺された妙子の過去を調べていくうち、10年前に湖で起きた人身事故との接点が見つかる・・・。

「タクシードライバーの推理日誌1」(C)NEP
タクシードライバーの推理日誌2
放送日:9月26日
1993年・TV・カラー    原作:笹沢左保    監督:吉田啓一郎   脚本:岡本克己   
出演:渡瀬恒彦/香坂みゆき/風見しんご/河原さぶ/平田満/斉藤洋介/林美穂/長谷川初範  

「昼下がりの危険な乗客 浴槽に美女の死体が!」

元刑事のタクシードライバー夜明日出夫(渡瀬恒彦)はある昼下がり、顔見知りの未亡人十和田香織(香坂みゆき)を偶然乗せたことから殺人事件に巻き込まれてしまった。香織の勤め先の社長・鐘先史朗(長谷川初範)が三重県田曽浦に所属する別荘の中で、吉川菜々子(川村一代)という女性の他殺死体が発見されたのだ。当の鐘崎は全く知らない女性だと言い、完璧なアリバイもあったが、その直後、被害者と香織が高校時代の親友だったことがわかる。後輩の東山刑事(風見しんご)や三重県警の土上刑事(河原さぶ)たちと情報を交換するうち、持ち前のデカ魂を甦らせた夜明は次第に事件に深入りしていく…。

「タクシードライバーの推理日誌2」(C)NEP
タクシードライバーの推理日誌3
放送日:9月27日
1994年・TV・カラー    原作:笹沢左保    監督:吉田啓一郎   脚本:竹山洋  
出演:渡瀬恒彦/風見しんご/南田洋子/斉木しげる/大寳智子/平田満/林美穂  

「春呼ぶ殺人 女の死体に桜が散った…」

人気シリーズ第3弾。ゴルフ場用地で所有者の1人が変死。土地買収のトラブルか、財産狙いか?元刑事のタクシー運転手・夜明(渡瀬恒彦)が巧妙な犯罪に挑む。夜明はある日、元同僚の神谷から一人の老婆・若宮承子を岩手県一関までタクシーで送っていって欲しいと依頼される。承子の遠縁の千秋が、ゴルフ場の造成地の谷底に車ごと落ち亡くなったのだ。岩手の資産家で莫大な土地を所有している承子は、ゴルフ場造成に伴うトラブルに巻き込まれているため一人では危険だった。千秋の遺体に不審なところは無かったが、唇に現場には咲いていない花弁がついていた…。

「タクシードライバーの推理日誌3」(C)NEP
タクシードライバーの推理日誌4
放送日:9月28日
1994年・TV・カラー    原作:笹沢左保    監督:吉田啓一郎   脚本:竹山洋  
出演:渡瀬恒彦/風見しんご/寺尾聰/桐生ユウ子/若林志穂/平田満/林美穂  

「幸福の代償 妻と別れたい男の殺人契約!?」

渡瀬恒彦扮する元敏腕刑事で、今はタクシードライバーの夜明日出夫が、持ち前の推理力を生かして事件の謎に挑むシリーズ第4弾。刑事を辞め、現在はタクシードライバーとして働いている夜明日出夫(渡瀬恒彦)。ある日、夜明は一人の男性を川治温泉まで乗せた。夜明の宿泊代を出してでもタクシーで行きたいという。話を聞くと、男は井狩と名乗り、殺人で五年の刑期を終えて出所、現在は妻と離婚調停中などと夜明に聞かせた。その晩、夜明と語り合った井狩だったが、ちょうどその頃、井狩の妻・真由美から警察へ助けを求める110番通報が入っていた…。

「タクシードライバーの推理日誌4」(C)NEP
死のハネムーン
放送日:9月3日
1990年・TV・カラー    原作:山浦弘靖   監督:山本邦彦   脚本:篠崎好  
出演:錦織一清/岡田奈々/布施明/網浜直子   

『死のハネムーン 東京発18時50分「出雲1号」のダブルトリック 花嫁は初夜に殺される…』

結婚式を挙げたばかりの花嫁が、寝台特急で刺殺された。同乗していた花婿は失踪してしまう。

「死のハネムーン」(C)国際放映
裏窓の花嫁
放送日:9月3日
1986年・TV・カラー    原作:小林 久三「シンデレラは眠れない」   監督:鷹森立一   脚本:猪又憲吾  
出演:桜田淳子/佳那晃子/藤岡琢也/清水章吾/加納竜  

新人女優覗きの代償! 霊枢車は深夜三度走る!
大学教授が殺された事件で容疑がかけられた下積み女優が、影なき殺人者の恐怖に脅える。

「裏窓の花嫁」(C)国際放映
雨の中の殺人者
放送日:9月4日
1992年・TV・カラー    原作:森真沙子「眼のない人形たち」   監督:松島稔   脚本:猪又憲吾  
出演:中原理恵/萩原流行/土田早苗/小坂一也/宝生あやこ/深水三章/渡辺裕之  

『雨の中の殺人者 人妻を狙う黒いシルエット、西伊豆ツアーの中に犯人がいる…』

連続通り魔殺人が起き、知らない間にその殺人鬼を目撃していたことを知った主婦の恐怖。

「雨の中の殺人者」(C)国際放映
臆病刑事&元気ギャルのみちのく大追跡!!
放送日:9月4日
1991年・TV・カラー    監督:土屋統吾郎   脚本:北村篤子   
出演:名高達郎/山口美也子/相川恵里/芦川よしみ/宝生あやこ/八神康子/宮尾すすむ  

『臆病刑事&元気ギャルのみちのく大追跡!! 謎の温泉ストリッパーを追え!!』

暴力団に痛めつけられてからすっかり暴力恐怖症になった刑事・夏目は、湯治に訪れた飯坂温泉ではなという老女から昔の恋人探しを頼まれる。はなの娘・千春と共に菅原というその男を追うが、菅原は崖から転落死していた。

「臆病刑事&元気ギャルのみちのく大追跡!!」(C)松竹芸能
京都ぽんと町殺人なべ料理 愛欲スクランブル
放送日:9月5日
1988年・TV・カラー    監督:山像信夫   脚本:岡本克己  
出演:浜木綿子/斉藤慶子/田村高廣/戸浦六宏/船越英一郎  

京都のふぐ料理屋の仲居・きぬ子(浜木綿子)は、夫に先立たれてから娘のマリ子(斉藤慶子)と二人暮らし。きぬ子は娘には内緒で和菓子屋の主人・山根(戸浦六宏)と付き合っていた。男やもめの山根は無類の女好きで、マリ子をきぬ子の娘と知らずに、言葉巧みに誘い出してレイプしてしまう。マリ子は山根を警察に訴えるが、山根から「あんたの娘に強姦罪で訴えられた」と聞かされたきぬ子はショックを受けて…。

「京都ぽんと町殺人なべ料理 愛欲スクランブル」(C)PDS
温泉劇場殺人事件 女座長とさすらいの男
放送日:9月5日
1991年・TV・カラー    監督:和泉聖治   脚本:鴨井達比古  
出演:田中邦衛/香山美子/渡辺梓/火野正平/織本順吉/高沢順子  

元刑事の大山権太郎(田中邦衛)は10年前に逮捕した暴力団幹部の寺田(火野正平)から命を狙われている。権太郎は寺田の愛人と愛し合うようになり、刑事を辞めた。そして女は1年前に死んだ。寺田から逃げる旅の途中、若竹一座の女座長・冨美代(香山美子)と知り合い、一座に身を置くことに。ある日、小屋主の郷田が殺された。契約のことで郷田ともめていた富美代のハンカチが犯行現場で発見され、富美代が逮捕された。折しも、座員にしてほしいと東京から茜(渡辺梓)が来たところだ。茜は富美代の娘。母を助けてほしいと茜は権太郎に訴える。

「温泉劇場殺人事件 女座長とさすらいの男」(C)松竹芸能
フランスグルメ殺人事件
放送日:9月6日
1987年・TV・カラー    監督:大熊邦也   脚本:田上雄  
出演:多岐川裕美/平田満/中条きよし/山村聰/真木洋子  

『フランスグルメ殺人事件 夫の知らないフルコース、美人妻13時間の謎?』

学生時代の友人に誘われて豪華な晩餐会に出席した主婦が、殺人事件に巻き込まれてしまった。

「フランスグルメ殺人事件」(C)国際放映
キャットショー連続殺人
放送日:9月7日
1987年・TV・カラー    監督:(演出)松尾昭典    脚本:小森名津  
出演:市原悦子/伊武雅刀/左時枝/泉じゅん/丹阿弥谷津子  

船上キャットショーで愛猫家の女性が相次いで惨殺される事件が発生。

「キャットショー連続殺人」(C)国際放映
目撃者ご一報下さい
放送日:9月6日
1983年・TV・カラー    原作:山村美紗    監督:(演出)上野隆    脚本:高橋玄洋  
出演:風吹ジュン/田村亮/夏樹陽子/仲谷昇/三島ゆり子/山村紅葉  

『目撃者ご一報下さい 二人妻を持つ男が殺された!犯人は…?』

長年連れ添った夫に愛人と七歳になる娘がいた。嫉妬に駆られ夫を殺害した妻は、完全犯罪を確信したが…。

「目撃者ご一報下さい」(C)松竹芸能
眠れぬ夜の悪魔
放送日:9月7日
1986年・TV・カラー    原作:青柳友子    監督:野村孝    脚本:田村多津夫   
出演:眞野あずさ/石橋蓮司/島村佳江/峰岸徹   

大富豪の祖父(鈴木清順)が死に、光子(真野あずさ)に全財産が渡された。ショックを受けた光子はいとこの佳代(島村佳江)のすすめで別荘へ。さらに夫・維彦(石橋蓮司)に愛人と隠し子がいることがわかり、光子は夫が自分を殺して全財産を奪おうとしていると推理した。

「眠れぬ夜の悪魔」(C)KADOKAWA
過去を消す女
放送日:9月10日
1984年・TV・カラー    原作:小池真理子    監督:永野靖忠   脚本:鴨井達比古  
出演:酒井和歌子/山口果林/田村亮/山内明/江幡高志/北原 義郎  

『過去を消す女 私の結婚のために死んで下さい』

秘書の留美(酒井和歌子)は結婚相手の社長・掛川(山内明)と信州のホテルへ出かけた。ところが、そこで留美は、自分が自殺に追いやった男の息子で、かつての恋人・倉本(田村亮)と出会う。自分の過去を掛川にばらされることを恐れた留美は、深夜倉本に会うが…。

「過去を消す女」(C)松竹芸能
わが町 1
放送日:9月10日
1992年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:吉川一義   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/川野太郎/根岸季衣/黒田福美  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作に、舞台を東京・月島の警察署に置き換えた渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。下町の交番が襲われ拳銃が奪われた。犯人の美浦(根岸季衣)はさらに警察署に侵入して、拳銃を振り回し、刑事・吾郎(渡辺謙)を出せという。美浦は吾郎が担当する事件の容疑者・斉藤(後藤哲夫)の愛人だった。斉藤は取り調べ中にぜんそくの発作で突然死していた。

「わが町 1」(C)オセロット
わが町 2
放送日:9月11日
1993年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:森﨑東   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/川野太郎/春川ますみ/美保純  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にした渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。相田という中年男が猟銃で頭を撃ち自殺した。遺書はない。刑事の吾郎(渡辺謙)は同僚の鳴海(蟹江敬三)と相田の愛人・美佳(美保純)に会う。相田とはホステス時代に知り合い、ミュージカルに出たいという夢を話すと、「金を出してやるから、夢を捨てるな」と言ってくれたと話す。相田と取引のあった高野(草野裕)を捕まえると相田が恐喝屋だったと知る。

「わが町 2」(C)オセロット
わが町 3
放送日:9月12日
1993年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:吉川一義   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/川野太郎/平田満/佐藤B作  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にした渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。「たか子を殺す」とだけ書かれた手紙を、少年が西月島署に届けてきた。警官に頼まれたという。署では該当するような警官を集め、ひそかに少年に面通しさせると、似ているかもしれないと杉山(安藤一夫)を指した。杉山の友人・森田刑事(渡辺謙)は、ニセ警官の仕業にちがいないと主張するが、同僚の向井(平田満)は甘い見方だと反発。向井と鳴海(蟹江敬三)は杉山を尾行するが…。

「わが町 3」(C)オセロット
わが町 4
放送日:9月13日
1994年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:木下亮   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/佐藤B作/川野太郎/平田満/北村総一朗  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にした渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。ディスカウント酒店の店員・隆子(大野ゆり)が殺され、森田刑事(渡辺謙)は捜査を始める。隆子は酒好きがもとで離婚し、酒屋の主人・真鍋(北村総一朗)の愛人になった。給料の他に愛人手当ももらっていたらしい。隆子はボランティアで、盲目のサックス奏者・水木(井田州彦)に週1度、本を読んでやっていた。また、森田の同僚の黒土刑事(佐藤B作)が隆子と浮気をしていたらしい。隆子の身辺を洗う森田は、隆子の几帳面な仕事ぶりなど意外な素顔を知っていくが、やがて疑いが黒土の妻に及ぶ。

「わが町 4」(C)オセロット
わが町 5
放送日:9月14日
1994年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:出目昌伸   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/平田満/斉藤暁/川上麻衣子  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にしたシリーズ第5作。今回の原作は黒澤明が「天国と地獄」で映画化したものと同じ『キングの身代金』。社長令息と間違えて誘拐した犯人と刑事の息詰まる駆け引きを描く。社長付き運転手・久保(斎藤暁)の子供が、社長・浅倉の子供と間違えられ誘拐された。ミスに気付いた犯人・白井(中丸新将)と律子(川上麻衣子)は、「他人の子には金を払わないのか」と浅倉に金を要求する。警察は金を取られ、犯人も取り逃がす。

「わが町 5」(C)オセロット
わが町 6
放送日:9月18日
1995年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:吉川一義   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/佐藤B作/春川ますみ/平田満/川野太郎  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にした渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。管内で女性の飛び降り自殺が発生した。吾郎(渡辺謙)の説得中に、彼女の携帯電話に電話してきた田口(毛利賢一)から「死ね!」と言われたらしい。田口は事情聴取に対して「俺のせいじゃない」の一点張り。今度はマンションでガス爆発が起き、検証の結果、被害者は爆発前に青酸入りのタバコで死亡していたことが判明する。吾郎は上の階に住む関本が事件直前、タバコを吸わないにもかかわらず、パチンコでタバコを取った、との証言を得る。

「わが町 6」(C)オセロット
わが町 7
放送日:9月19日
1996年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:吉川一義   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/川野太郎/佐藤B作/平田満  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にした渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。ファッションヘルスで時限爆弾が爆発し6人が死亡した。その中に森田刑事(渡辺謙)の同僚・栗山(川野太郎)の恋人がいた。栗山は拳銃を持ち出し姿を消す。森田刑事は事件当時、銀行の重役・磐田が現場にいたことを突きとめ、犯人の狙いは磐田であるとにらんだ。

「わが町 7」(C)オセロット
わが町 8
放送日:9月20日
1997年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:吉川一義   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/平田満/川野太郎/松井範雄/勝部演之  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にした渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。女性のバラバラ殺人事件が発生。やがて被害者の身元が判明し、容疑者として取り調べられた元恋人の赤沢(柄沢次郎)は犯行を否認するが、数日後、自殺した赤沢が遺書で犯行を認める。一件落着したかに思われたが、吾郎(渡辺謙)は赤沢は他殺ではないかと疑う。向井(平田満)は、自分に接近してきた赤沢の同僚・美和(久野真紀子)が気になる。

「わが町 8」(C)オセロット
わが町 9
放送日:9月21日
1997年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:吉川一義   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/平田満/佐藤B作/蟹江敬三/有森也実/国広富之  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にした渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。刑事の吾郎(渡辺謙)が所属する西月島署の管内で会社社長・古池(田中隆三)の妻・紗耶が暴行され殺された。発見当時、まだ息のあった紗耶が言い残した言葉は「なな」。捜査陣は紗耶と離婚話のあった古池をマーク。だが古池は愛人と船に乗っていたとアリバイを主張した。やがて連続婦女暴行犯が紗耶殺害を自供するが、吾郎ら刑事課は、古池への疑いを捨て切れない。

「わが町 9」(C)オセロット
わが町 10
放送日:9月24日
1998年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:吉川一義   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/川野太郎/佐藤B作/平田満  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にした渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。吾郎(渡辺謙)の妻・繭(有森成実)の妹・若菜(長谷川真弓)が結婚することに。相手は元アメフトの全日本選手・富川(井上智之)。吾郎は彼の黒い噂を知り捜査を始める。大学時代、アメフト部のチームメート・立花が突然死した際に、当時の仲間はこれを富川の犯行だという。仲間の一人、神島は、富川が立花の恋人だった京子(麻生侑里)と今も交際中であると証言する。

「わが町 10」(C)オセロット
失踪・夫が消えた!
放送日:9月28日
1986年・TV・カラー    監督:(演出)藤田明二    脚本:和泉聖治/原田菜緒子  
出演:佐藤友美/平幹二朗/村井国夫/露原千草  

商社マンの夫・信一(村井国夫)が転勤先のロサンゼルスで消息を絶ってから3ヶ月。夫の行方を探しに転勤先のロサンゼルスを訪れた妻・涼子(佐藤友美)だったが、現地でトラブルに巻き込まれ、貿易商・桂木(平幹二郎)に助けられる。彼を頼りに夫の行方を追っていく中で、夫の失跡の秘密が明らかになっていく。

「失踪・夫が消えた!」(C)共同テレビジョン
浅見光彦ミステリー1 平家伝説殺人事件
放送日:9月11日
1987年・TV・カラー    原作:内田康夫   監督:藤井克彦   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/有森也実/乙羽信子/高橋悦史/松山政路/泉晶子  

水谷豊主演による浅見光彦ミステリー第1弾。難事件を直感と推理で解決していくルポライター・浅見光彦の活躍を描く。浅見光彦を演じた水谷豊が、名探偵ぶりと茶目っ気を遺憾なく発揮している。

母親と高知に向かうフェリーの旅を楽しんでいたルポライターの光彦(水谷豊)は、甲板で教由という男から平家の落人の村・相ノ川に帰る途中なのだと話しかけられる。男が去って間もなく、悲鳴とともに男の姿が船上から消える…。一年後、光彦が乗っていたフェリーの船員が自殺をはかる。光彦の直感が2つの事件の真相を解き明かしていく。

「浅見光彦ミステリー1 平家伝説殺人事件」(C)近代映画協会
浅見光彦ミステリー2 天城峠殺人事件
放送日:9月12日
1987年・TV・カラー    原作:内田康夫   監督:藤井克彦   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/加納みゆき/木曽秋一/花輪理恵/金田明夫/角野卓造/乙羽信子  

ルポライターの光彦(水谷豊)は、車の免許を取得したばかりのアイドル夕紀(花輪理恵)にインタビューした。1ヵ月後、光彦は取材先の伊豆で朝美(加納みゆき)と知りあう。朝美の父は1ヶ月前にひき逃げされて、犯人は捕まっていなかった。朝美は、亡き父が貼り歩いていたという「下司」という千社札をたよりに、父親の足跡をたどっていた。そんなとき、アイドルの夕紀が、マネージャーの藤田(金田明夫)と心中してしまう。疑問に思った光彦は取材を始めるが・・・。

「浅見光彦ミステリー2 天城峠殺人事件」(C)近代映画協会
浅見光彦ミステリー3 佐渡伝説殺人事件
放送日:9月13日
1988年・TV・カラー    原作:内田康夫   監督:藤井克彦   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/鮎川いずみ/高橋悦史/ポール牧/乙羽信子/橋本功  

水谷豊主演によるルポライター浅見光彦の活躍を描く人気シリーズ全8作品。ルポライターの光彦(水谷豊)は、出版社の社長塚原(ポール牧)と酒を飲んだあと、男の死体を発見する。その瞬間に麻酔薬をかがされ意識を失い、気がつくと殺人容疑で逮捕されていた。殺されていたのは会社役員の駒津だった。光彦は警察庁幹部の兄(高橋悦史)に頼んで釈放してもらい、真相究明にのりだした。数日後、駒津の大学時代の友人で大学教授の三輪の死体が発見された。2つの事件に関連があるとみた光彦は佐渡へ渡る。

「浅見光彦ミステリー3 佐渡伝説殺人事件」(C)近代映画協会
浅見光彦ミステリー4 美濃路殺人事件
放送日:9月14日
1988年・TV・カラー    原作:内田康夫   監督:吉川一義   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/岩崎良美/乙羽信子/高橋悦史/三谷昇/武藤章生  

原作・内田康夫、主演・水谷豊。ルポライター浅見光彦の活躍を描く人気シリーズ全8作品。宝石商の月岡(勝部演之)が宝石と現金を持ったまま姿を消し、姿なき殺人事件と騒がれる。ルポライターの光彦(水谷豊)も雑誌社に依頼されて取材するが、できあがったルポは編集長を満足させられなかった。あらためて殺人事件ではなく、美濃紙の取材を指示された光彦が美濃で和紙の取材をしていると、近くの犬山で月岡の友人だった高桑(武藤章生)が殺される事件が起こる。光彦は、高桑の殺された現場に残されていた1枚の和紙の謎を追う。

「浅見光彦ミステリー4 美濃路殺人事件」(C)近代映画協会
浅見光彦ミステリー5 越後路殺人事件
放送日:9月18日
1989年・TV・カラー    原作:内田康夫   監督:吉川一義   脚本:岡本勝己  
出演:水谷豊/黒木瞳/高橋悦史/乙羽信子/樋浦勉/戸浦六宏  

内田康夫原作、水谷豊主演。ルポライター浅見光彦の活躍を描く人気シリーズ全8作品。ルポライターの光彦(水谷豊)は、鎌倉で10年ぶりに大学の先輩である宏(樋浦勉)と再会する。失業中の宏は、その3日後に釣りに出かけたまま水死体として発見されてしまう。警察は自殺とみたが、宏の妹・肇子(黒木瞳)は他殺を主張。宏の死を知らせに来た肇子を送っていった光彦は、血まみれで倒れている肇子の母を発見してしまう。「シシ・ハマダ」とだけ言い残し睦子は息絶えた。光彦は謎を追う。

「浅見光彦ミステリー5 越後路殺人事件」(C)近代映画協会
浅見光彦ミステリー6 唐津・佐用姫伝説殺人事件
放送日:9月19日
1989年・TV・カラー    原作:内田康夫   監督:吉川一義   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/遥くらら/新克利/小野みゆき/内藤武敏/乙羽信子/高橋悦史  

水谷豊主演。ルポライター浅見光彦の活躍を描く人気シリーズ全8作品。ルポライターの光彦(水谷豊)は、母親の代理として陶芸家・登陽(内藤武敏)の個展にでかける。案内してくれた弟子の久子(遥くらら)が、師匠の子・忠緒(新克利)を見る様子から、光彦は2人が恋仲だと思ったが、忠緒には婚約者がいた。かつて登陽をけなした評論家景山が現われると、登陽は「帰れ!」とどなりつけた。しかしその夜、景山がホテルで殺されてしまう。事件を知った光彦はホテルへ向かうが、そこで奇妙な手がかりを知ることに…。

「浅見光彦ミステリー6 唐津・佐用姫伝説殺人事件」(C)近代映画協会
浅見光彦ミステリー7 備後路殺人事件
放送日:9月20日
1990年・TV・カラー    原作:内田康夫   監督:吉川一義   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/河原崎長一郎/田中隆三/丸山秀美/高橋悦史/乙羽信子  

内田康夫原作、水谷豊主演。ルポライター浅見光彦の活躍を描く人気シリーズ全8作品。後鳥羽伝説の残る備後路を舞台に描く。ルポライターの光彦(水谷豊)は、兄嫁から美也子(丸山秀美)を紹介される。美也子は10年前に広島へ旅行した時、民宿ががけ崩れになり友人を亡くしていた。いまもショックで事故当時の記憶は戻らず、神経過敏気味だった。光彦にはげまされた美也子は、同じ現場へ訪れる。ところが、「なにか思い出せそうです」と電話したその日の夕方、殺されてしまう。光彦は何が起こったのかを知るために動き始めた。

「浅見光彦ミステリー7 備後路殺人事件」(C)近代映画協会
浅見光彦ミステリー8 琵琶湖周航殺人歌
放送日:9月21日
1990年・TV・カラー    原作:内田康夫   監督:吉川一義   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/伊藤つかさ/神山繁/仲谷昇/乙羽信子/高橋悦史  

内田康夫原作、水谷豊主演。ルポライター浅見光彦の活躍を描く人気シリーズ全8作品。琵琶湖の水を守る会会長の広岡(神山繁)が服毒死した。警察は自殺とみたが、湖水汚染を取材中だったルポライター光彦(水谷豊)は、環境保護に燃えていた広岡の自殺はありえないと調べ始める。その翌日、広岡の友人だった加賀が死体で発見された。死んだ二人には、共通の友人上島(仲谷昇)がいた。上島の経営する開発会社は、かつてレジャー施設を計画していたが、広岡に反対されて断念していた過去があった。光彦は上島を疑うが…。

「浅見光彦ミステリー8 琵琶湖周航殺人歌」(C)近代映画協会
チャイドルママの事件簿-南紀白浜幽霊殺人事件-
放送日:9月27日
1998年・TV・カラー    監督:(演出)小野原和宏    脚本:福田靖  
出演:岡江久美子/布施博/前田愛/仲本工事/秋野太作/上村香子/河原さぶ  

その昔、『マコは名探偵』の主役・マコで人気子役だった如月冴子(岡江久美子)。今は子役タレントの事務所社長で、14歳のわが娘・七海(前田愛)を売り出そうと懸命だ。子役アイドルの母親、つまり“チャイドルママ”の冴子が、七海ともども事件に巻き込まれて名探偵ぶりを発揮していく。今回は、ロケ隊一行と南紀白浜へやってきた七海と冴子が、ロケ現場で首なし幽霊にからまる殺人事件に挑戦する。

「チャイドルママの事件簿-南紀白浜幽霊殺人事件-」(C)共同テレビジョン
言えない関係
放送日:9月24日
2002年・TV・カラー    原作:佐野洋「言えない関係」   監督:井上昭   脚本:中村努  
出演:風吹ジュン/永島敏行/大杉漣/内藤武敏/高橋一生/金久美子/本田博太郎  

平凡な主婦のささいな心の揺れが、殺人事件につながるサスペンス。光子(風吹ジュン)は公務員の夫(大杉漣)と、体の不自由な舅と暮らす専業主婦。夫婦のすれ違いや介護で疲れていた折に、高校の後輩の県警刑事・依井(永島敏行)と再会し、ささやかなデートを重ねるようになる。光子は誕生日の夜も依井と食事を楽しむが、いつも通り出勤した夫がその日を境に行方不明になり、数日後に他殺体で発見された。夫に何があったのか。

「言えない関係」(C)松竹
虚飾の醜聞
放送日:9月25日
1990年・TV・カラー    監督:井上昭   脚本:鴨井達比古   
出演:山本陽子/江守徹/伊藤かずえ/鷲生功/岩本千春/内田朝雄/西田健  

世界的に著名なファッションデザイナーで資産家の麻生順子(山本陽子)は、恋人で政界再編を賭けて新党を結成する政治家・橋爪(江守徹)に政治資金を提供、さらに新党の目玉として入党することになった。「どんな理想も1つのスキャンダルで潰れる。」新党のドンから男女の仲を牽制された二人は、人目を忍んで逢瀬を重ねる。ある日、順子は橋爪から秘書としてユカリ(伊藤かずえ)という若い女性を紹介される。ユカリは順子の大ファンだというが…。

「虚飾の醜聞」(C)松竹
喪服のにあう人妻ふたり
放送日:9月26日
1986年・TV・カラー    原作:菊村到    監督:井上昭   脚本:篠崎好   
出演:叶和貴子/荻島真一/結城しのぶ/松本ちえこ/山形勲/下条アトム  

ある会社の社長秘書をしている木村由紀(叶和貴子)は、社長の仲田(山形勲)の勧めにより社長の息子の豊(荻島真一)との結婚を承諾する。豊は愛人のホステス(松本ちえこ)と別れ話をするが彼女から自殺をほのめかされる。慌てて彼女のもとにかけつけようとするが、タクシー乗り場である男を殴打してしまう。翌日、男が死んだというニュースが流れ、豊の犯行だと悟った愛人が金を要求してくるが…。

「喪服のにあう人妻ふたり」(C)松竹
白の処刑 絞首台から生き返った男
放送日:8月22日、9月18日
1986年・TV・カラー    原作:太田蘭三   監督:西村潔   脚本:柏原寛司  
出演:三浦友和/大場久美子/池波志乃/大坂志郎/川崎麻世/藤岡重慶  

土木作業員の石破(三浦友和)は強盗殺人罪で絞首刑に処せられた。だがレスリングで鍛えた首のおかげで奇跡的に蘇生した…。5年前、作業現場近くの別荘で3人の女が殺され、現金と血液型から石破に容疑がかかっていたのだ。石破は無実を訴えたが刑事たちの拷問で嘘の自白をさせられていた。釈放された石破は、真犯人捜しを開始する。三浦友和主演で以後「墓場から生きかえった男」「地底から生きかえった男」が連続して作られた。

「白の処刑 絞首台から生き返った男」(C)松竹芸能
墓場から生きかえった男
放送日:8月23日、9月19日
1988年・TV・カラー    監督:西村潔   脚本:柏原寛司  
出演:三浦友和/白都真理/田中美佐子/角野卓造/石橋蓮司/中島葵/中村竹弥  

カメラマンの彰(三浦友和)は、会社社長の父・源造(中村竹弥)に借金を依頼したが断られる。翌日、源造の死体が発見された。600万が奪われていたため彰が容疑者となるが、アリバイの証明ができない彰は秩父山中に逃亡。だが追い詰められて崖から転落、死んでしまう。警察は彰を犯人と断定し死体は土葬された。だがその夜、彰は奇跡的によみがえった…。

「墓場から生きかえった男」(C)松竹芸能
地底から生き返った男
放送日:8月24日、9月20日
1990年・TV・カラー    監督:黒沢直輔   脚本:柏原寛司  
出演:三浦友和/石野陽子/結城しのぶ/本田博太郎/戸浦六宏/水原ゆう紀  

仕手師の前島は、脱税容疑をかけられた直後失跡、その後死体で発見された。捜査を担当した飯岡刑事(三浦友和)は前島の愛人・えりかを追うが、えりかは殺害される。現場に飯岡のライターが落ちていたために、飯岡は捜査からはずされることになる。イラつく飯岡を仲間の大川(本田博太郎)や順子(石野陽子)が鍾乳洞探検に誘った。そこで落盤事故が発生。鍾乳洞で飯岡は生き埋めになってしまう。

「地底から生き返った男」(C)松竹芸能
真夏の女子高生連続殺人
放送日:8月10日、9月21日
1990年・TV・カラー    原作:樋口有介   監督:石山昭信   脚本:佐伯俊道   
出演:江守徹/松原智恵子/大沢健/浜田万葉/あめくみちこ/土屋嘉男/新藤恵美  

女子高生の訓子(長瀬静香)が多摩川の鉄橋から転落死した。訓子は妊娠していて、警察では妊娠を苦にした自殺とみる。旧友の麻子(浜田万葉)はボーイフレンドの春一(大沢健)に、妊娠させた男が殺したのかもしれないから調べようともちかける。二人は動き始めた直後、訓子の仲間だった恵子(山口裕子)がひき逃げされる。春一の父で刑事の秋雄(江守徹)が捜査を担当するが…。

「真夏の女子高生連続殺人」(C)大映テレビ

視聴方法