• 視聴方法 日本映画専門チャンネルを見たい方はこちら! 詳しくみる
  • スカパー!で見る
  • J:COMで見る

注目のキーワード

HOME > 今月・来月のオススメ! > リニューアルスタート!
【おとなの2時間サスペンス】【12月池広一夫】
「嫁・姑殺人事件」
「家族ゲーム」ほか
今月・来月のオススメ!

【12月池広一夫】 <br />「嫁・姑殺人事件」<br />「家族ゲーム」ほか

嫁・姑殺人事件
放送日:12月11日
1985年・TV・カラー    原作:小林久三「蒼ざめた試写会」   監督:池広一夫   脚本:岡田正代  
出演:丘みつ子/西田健/宝生あやこ/中村晃子/山本圭/村井国夫/島村佳江  

原作は「皇帝のいない八月」などで知られる推理作家・小林久三の「蒼ざめた試写会」。水口靖代(丘みつ子)は結婚して10年経っても子供が出来ないこともあり、夫・義和(西田健)の母・静江(宝生あやこ)と折合いが悪い。結婚記念日の翌日、荒川近くのタイヤ処理場で義和が他殺死体となって発見される。静江は、靖代と彼女の学生時代の知り合いである新聞記者の原田(山本圭)が共謀して義和を殺したのだと取り乱し、靖代を道連れにしてガス中毒自殺を図って死んでしまう。助かった靖代は、原田と共に真相を探り始める。

「嫁・姑殺人事件」(C)松竹
十字路に立つ女
放送日:12月12日
1991年・TV・カラー    原作:逢坂剛   監督:池広一夫   脚本:柴英三郎   
出演:細川俊之/佳那晃子/菅原謙次/蟹江敬三/森口瑤子/伊佐山ひろ子/加藤和夫  

「百舌(もず)シリーズ」などで知られる逢坂剛の同名小説が原作。フリーライターの岡坂(細川俊之)は、顔見知りの助教授・理絵(佳那晃子)のマンションを訪ねるが、そこで暴行殺人犯・河野の脱走を報道するテレビを理絵が見て顔色を変えた。理絵は河野に暴行された被害者で、理絵の証言で河野は逮捕されたのだ。数日後、岡坂を訪ねてきた理絵を、河野が仕返しに襲って連れ去った。

「十字路に立つ女」(C)松竹
家族ゲーム
放送日:12月6日
1982年・TV・カラー    原作:本間洋平    監督:池広一夫   脚本:中島丈博  
出演:岸本加世子/南田洋子/鹿賀丈史/ハナ肇/伊藤康臣/加賀まりこ  

松田優作主演の映画「家族ゲーム」や、長渕剛の同名テレビシリーズでおなじみの原作による、鹿賀丈史版の2時間ドラマ。脚本を中島丈博が手がける。団地住まいの沼田家。小さな工場を営む盛男(ハナ肇)・妙子(南田洋子)夫婦の自慢は、優等生の長女・晶(岸本加世子)だった。一方、弟の茂之(伊藤康臣)はいじめられっ子の劣等生で、家庭教師をつけることに。やって来たのはアフロヘアで大学7年生という吉本(鹿賀丈史)という男だった。やがて、吉本のスパルタ特訓で茂之の学力は上がっていくが、かわりに吉本の荒っぽさに惹かれた姉の成績が下がってしまう。

「家族ゲーム」(C)松竹
家族ゲームⅡ
放送日:12月6日
1984年・TV・カラー    原作:本間洋平   監督:池広一夫   脚本:中島丈博  
出演:岸本加世子/鹿賀丈史/山田邦子/岡本富士太/伊藤康臣/南田洋子/ハナ肇  

鹿賀丈史が風変わりな家庭教師を演じる2時間ドラマ「家族ゲーム」のその後を描く続編。沼田家では、女子大生の晶(岸本加世子)、高校生の茂之(伊藤康臣)、母の妙子(南田洋子)、父の盛男(ハナ肇)の誰もが奇妙な焦りといらだちの中で暮らしていた。ある日、晶は街で、かつて恋心を抱いた茂之の家庭教師・吉本(鹿賀丈史)に出会う。吉本は新宮寺(岡本富士太)という医者を連れていた。

「家族ゲームⅡ」(C)松竹
万引夫人のとんでもない誤解
放送日:12月5日
1984年・TV・カラー    原作:日下圭介    監督:池広一夫   脚本:吉田剛   
出演:梶芽衣子/近藤正臣/中村晃子/森本レオ/桜むつ子/今福将雄  

デパートで高価な指輪を見ていた美保子(梶芽衣子)は、以前口説かれた井口(近藤正臣)に突然声をかけられた。驚いた美保子は井口の誘いを断り、そそくさと家に帰ってきた。だが、急ぐ余り指輪を間違って持ってきてしまった。翌日、美保子は指輪を返しにデパートへ行ったが…。江戸川乱歩賞作家、日下圭介の短編をドラマ化。


「万引夫人のとんでもない誤解」(C)松竹
見込み違い夫婦
放送日:12月7日
1985年・TV・カラー    監督:池広一夫   脚本:新藤兼人  
出演:平田満/中井貴恵/結城しのぶ/たこ八郎/谷隼人/原田大二郎/春やすこ/森川正太  

妻の美知子(結城しのぶ)に突然離婚宣告され、2人の子供を引き取った庄平(平田満)は家政婦を頼んだ。やって来た若い派遣主婦・葉子(中井貴恵)は仕事の手際が良く、子供たちのしつけもスパルタ式。やがて、庄平の生活はうまく行き始めた。が、そこへ美知子が戻ってくる。新藤兼人の脚本による2時間ドラマ。

「見込み違い夫婦」(C)松竹
刑事野呂盆六1・完全犯罪の女
放送日:12月13日
1993年・TV・カラー    監督:長尾啓司   脚本:長坂秀佳  
出演:橋爪功/小川知子/仲谷昇/西田健/北見敏之/三谷昇  

風采の上がらない中年だが実は切れ者の警視庁捜査一課の刑事の活躍を、刑事コロンボのタッチで描く、橋爪功主演ドラマ。大学教授の国場が、バイオを駆使した画期的な研究を発表する直前に殺された。第一発見者、国場の息子・威一郎は同大学で助教授をしており、彼の妻・貴津も又、助教授だ。国場の死因は頭蓋骨殴打による打撲とみられ、現場には貴津のゴルフクラブが残されていた。数日前、国場は貴津が、強い殺傷力を持つウイルスを作りだしたのを指摘。科学者にあるまじき行為として辞表を出すよう命じていた。

「刑事野呂盆六1・完全犯罪の女」(C)国際放映/TBS
刑事野呂盆六2・殺意のマリア
放送日:12月14日
1994年・TV・カラー    監督:長尾啓司   脚本:長坂秀佳  
出演:橋爪功/島田陽子/有川博/石立鉄男/平栗あつみ  

風采の上がらない中年刑事だが実は切れ者の警視庁捜査一課刑事の活躍を、橋爪功主演で描く「野呂盆六」シリーズ第2弾。あるホテルの一室で、大物政治家・銭谷貫一(石立鉄男)が、「政界のプリンス」こと朝友政時(有川博)を弾みで殺してしまう。女優との醜聞を楯に政治的に有利な立場に立とうとする銭谷の要求を、朝友が拒んだ所為である。殺害後、我に返った銭谷は元愛人で、今を時めくマルチ評論家・景高水音(島田陽子)に電話し、犯行を自殺に見せかけるよう偽装を依頼する。

「刑事野呂盆六2・殺意のマリア」(C)国際放映/TBS
名無しの探偵 愛の復讐
放送日:12月18日
1987年・TV・カラー    原作:ビル・プロンジーニ「復讐」より   監督:村川透   脚本:柏原寛司  
出演:緒形拳/研ナオコ/小林稔侍/なべおさみ/土屋嘉男/風祭ゆき  

ある事件で誤って犯人を射殺してしまった事がきっかけで刑事を辞めて探偵を始めた名無し探偵。妻子に逃げられ寂しい暮らしを送っている俺に、今日も依頼がやってくる。人気ミステリー作家、ビル・プロンジーニの「名無しの探偵」シリーズを緒形拳主演でドラマ化。ある日、依頼にやってきたのは宮崎悦子。結婚詐欺に遭い、久松という男に探し出して欲しいという。田舎者まる出しの悦子は行く当てがないと言うので、事務所に泊めてやることにする。

「名無しの探偵 愛の復讐」(C)国際放映
名無しの探偵 愛の死角
放送日:12月19日
1988年・TV・カラー    原作:ビル・プロンジーニ「死角」   監督:工藤栄一   脚本:中岡京平  
出演:緒形拳/藤真利子/小林稔侍/大坂志郎/なべおさみ/山西道広  

ある事件で誤って犯人を射殺してしまった事がきっかけで刑事を辞めて名無し探偵を始めた男。妻子に逃げられ寂しい暮らしを送っている“俺”に、今日も依頼がやってくる。人気ミステリー作家、ビル・プロンジーニの「名無しの探偵」シリーズを緒形拳主演でドラマ化。“俺”は行き着けの喫茶店の常連客、倉持源三郎から、その店のママ・松森英子の素行調査を依頼される。倉持は、彼女に恋心を抱いていて、プロポーズしたいという。“俺”も英子に好意を持っていただけに戸惑うが、引き受けることに。翌日の閉店後、“俺”は英子を尾行するが、その日、事件が起きる。

「名無しの探偵 愛の死角」(C)国際放映
名無しの探偵 殺意のデッサン
放送日:12月20日
1989年・TV・カラー    原作:ビル・プロンジーニ   監督:工藤栄一    脚本:金子成人  
出演:緒形拳/小林稔侍/金沢碧/田中律子/なべおさみ/森山周一郎  

刑事を辞めて名無し探偵を始めた“俺”に、今日も依頼がやってくる。人気ミステリー作家、ビル・プロンジーニの「名無しの探偵」シリーズを緒形拳主演でドラマ化。刑事を辞めて探偵を始めた名無し探偵(緒形拳)は、妻子に逃げられ寂しい暮らしを送っている。仕事がなく事務所兼住居の家賃を滞納し追い出される“俺”。仕方なく、頼まれたアイドル歌手・山科千里の付き人のアルバイトをすることに。わがままな千里につい説教してしまうが、千里は俺に信頼を寄せる。山科千里の後援会のパーティーで20年ぶりに警察時代の同僚・横田に会う。

「名無しの探偵 殺意のデッサン」(C)国際放映
名無しの探偵 愛の虚構
放送日:12月21日
1990年・TV・カラー    原作:ビル・プロンジーニ   監督: 工藤 栄一    脚本:橋本以蔵   
出演:緒形拳/小林稔侍/渡辺えり子/一色彩子/なべおさみ/志水季里子   

人気ミステリー作家、ビル・プロンジーニの「名無しの探偵」シリーズを緒形拳主演でドラマ化。仕事がさっぱりこないので“俺”は探偵学校の講師になった。生徒の社長夫人・晴子から社の会計係・達彦の浮気調査を頼まれる。達彦は女とデート中、ビル工事の鉄材に直撃されて死ぬ。“俺”は殺しとにらんで晴子の夫を尾行。脱税した金を愛人の麻美のアパートに隠していた。麻美は達彦とデートしていた女だった。“俺”は晴子の本当のねらいを調べ始める。

「名無しの探偵 愛の虚構」(C)国際放映
名無しの探偵 愛の幻影
放送日:12月25日
1990年・TV・カラー    原作:ビル・プロンジーニ   監督:工藤栄一   脚本:畑啓美  
出演:緒形拳/島田陽子/小林稔侍/加藤治子/三橋達也/本田美奈子  

人気ミステリー作家、ビル・プロンジーニの「名無しの探偵」シリーズを緒形拳主演でドラマ化。女優のかほりがニューヨークでカムバック。65歳のはずが30歳の若さだ。かほりの昔の恋人・小暮に、「本物か調べてくれ」と頼まれ、俺はアメリカへ。マネージャーの律子に面会を断られ、外出したかほりをつかまえると「私、かほりじゃないんです」。かほりの主治医・石神の子・聡が殺された。石神の部屋には、かほりそっくりの響子の写真が・・・。

「名無しの探偵 愛の幻影」(C)国際放映
名無しの探偵 彼女の人生
放送日:12月26日
1992年・TV・カラー    原作:ビル・プロンジーニ   監督:井上昭   脚本:金子成人  
出演:緒形拳/渡辺梓/小林稔侍/なべおさみ/青木卓司/光石研/趙方豪  

人気ミステリー作家、ビル・プロンジーニの「名無しの探偵」シリーズを緒形拳主演でドラマ化。“俺”はさえない私立探偵。事務所の電話番号がテレクラの番号と一つ違いのため、間違い電話が多い。以前、仕事の依頼だと思って会った24歳の女が訪ねてくる。松山聖子といい、桐田幸恵という女を捜してほしいと依頼される。湯島のスナックで1、2度会い、金を貸してもらったが、来なくなったので返せなくなったからという。俺がスナックで調べると、幸恵は5日前にアパートで自殺していた。それでも聖子は、幸恵がどう生き、どう死んだか調べてほしいという。

「名無しの探偵 彼女の人生」(C)国際放映
名無しの探偵 ガーベラの女
放送日:12月27日
1993年・TV・カラー    原作:ビル・プロンジーニ   監督:井上昭   脚本:橋本以蔵  
出演:緒形拳/風吹ジュン/小林稔侍/平泉成/光石研/神保悟志  

人気ミステリー作家、ビル・プロンジーニの「名無しの探偵」シリーズを緒形拳主演でドラマ化。探偵の俺(緒形拳)は篠原警部から連続殺人捜査のオトリ役を押し付けられる。殺された男たちはエロ雑誌の交際欄の常連で、現場にはガーベラの花が残されていた。篠原は、犯人は交際欄を見て男に会った女に違いないという。俺が待つゲイバーに現れた女・いつみ(風吹ジュン)は、連絡先を教えてくれといい、すぐに去った。俺は偶然、いつみは連続殺人を書いた作家だと知る。

「名無しの探偵 ガーベラの女」(C)国際放映
名無しの探偵 少年
放送日:12月28日
1994年・TV・カラー    原作:ビル・プロンジーニ   監督:一倉治雄   脚本:畑啓美  
出演:緒形拳/余貴美子/小林稔侍/深水三章/上田耕一/神津はづき  

人気ミステリー作家、ビル・プロンジーニの「名無しの探偵」シリーズを緒形拳主演でドラマ化。売れない私立探偵の“俺”は、病院で幼い妹の診察を頼みにきた少年・信を見かける。診察を断られた信が気になり、兄妹の3人を尾行、信が万引きしたパンの代金を立て替えさせられる。数週間後、信の妹が餓死。友人の篠原警部に問い合わせると、母親の小夜子は行方不明で兄妹はすべて異父兄妹で戸籍もなく、学校にも通っていないという。オレは小夜子の失踪に事件のニオイを感じ、話を聞くために児童保護相談所を訪ねるが、信は脱走するところだった。

「名無しの探偵 少年」(C)国際放映
新任判事補 1
放送日:12月7日
1994年・TV・カラー    原作:佐木隆三「生きている裁判官」(中央公論社)/渡部保夫「刑事裁判ものがたり」(潮出版社   監督:森﨑東   脚本:国弘威雄  
出演:千堂あきほ/岸部一徳/中村敦夫/内海桂子/斎藤晴彦  

新任判事補・美奈子(千堂あきほ)は総括判事の大岡(中村敦夫)、判事の長谷部(岸部一徳)と「ホステス殺人事件」の担当になった。事件は少年二人がホステス・花子に暴行しようととして失敗し、ガケから落として殺害したものだ。少年たちは当初殺人を否定していたが、後に自供、再び否定へと供述を変えた。調書に疑問を持った美奈子は、少年たちが殺したのではなく花子自身が道を誤って落ちたのではないかと推理するが…。

「新任判事補 1」(C)近代映画協会
新任判事補 2
放送日:12月11日
1995年・TV・カラー    原作:佐木隆三   監督:森崎東   脚本:国弘威雄  
出演:千堂あきほ/斎藤晴彦/内海桂子/中村敦夫/高畑淳子  

都内で農業を営む老人・茂吉(近松敏夫)が猫いらずで毒殺された。新人判事補の美奈子(千堂あきほ)は、上司の大岡(中村敦夫)、先輩でベテラン判事の房枝(高畑淳子)らと審理に入る。被告は茂吉の娘・美和(上原由恵)、夫の与四郎(苅谷俊介)。猫いらずを茂吉の好きなモナカに仕掛けたと自供。与四郎は金融業者から2000万の借金返済を迫られており、遺産相続目当てだった。ところが、証人席に立った美和がモナカをすべて捨てたと証言する。

「新任判事補 2」(C)オセロット
新任判事補 3
放送日:11月30日、12月12日
1996年・TV・カラー    原作:佐木隆三   監督:増田天平   脚本:国弘威雄  
出演:千堂あきほ/斎藤晴彦/内海桂子/田中健/根岸季衣/尾美としのり/石橋蓮司  

美奈子(千堂あきほ)は東京地裁八王子支部の新任判事補。担当する事件は、弁護士の新高(田中健)が遺言状を偽造するなどして依頼人の遺産を着服。発覚を恐れて、依頼人の義弟で共犯の大濱(宮部昭夫)を殺害した、というもの。新高の弁護人・末吉(尾美としのり)は情状酌量で争うつもりだ。美奈子は、犯行後に犬に吠えられた、という新高の調書にひっかかる。

「新任判事補 3」(C)オセロット
検事 霞夕子 19
放送日:12月4日
2002年・TV・カラー    原作:夏樹静子    監督:猪崎宣昭   脚本:坂田義和  
出演:鷲尾いさ子/藤真利子/中本賢/沖直未/古尾谷雅人/斉藤洋介/村田雄浩/朝丘雪路  

鶴見川の河川敷で男の他殺死体が見つかった。被害者は村井康弘(菊池隆則)という商社マン。新聞に掲載されたこの村井の顔写真を見た夕子(鷲尾いさ子)は、4年前、居酒屋で発生したある殺人事件のことを思い出した。この事件は、田辺美奈という女子大生が星合勘一(中本賢)という男に撲殺されたというもの。その半年程前、電車内で美奈を狙った痴漢騒ぎがあり、美奈の証言などで無実を主張していた星合の有罪が決まった、という伏線があった。

「検事 霞夕子 19」(C)ユニオン映画
検事 霞夕子 20
放送日:12月5日
2003年・TV・カラー    原作:夏樹静子    監督:斎藤光正   脚本:橋本綾  
出演:鷲尾いさ子/丘みつ子/高橋長英/神山繁/原知佐子/斉藤洋介/村田雄浩/朝丘雪路  

横浜の住宅地にある民家で刺殺事件が発生した。被害者は、以前マルチ商法まがいのことをして世間を騒がせた金融業を営む郡進一(中原丈雄)。郡の家族は、遺体第一発見者で妻の安西葉子(山下容莉枝)と娘・美里(矢野詩多)の2人。葉子は事件当時、美里と小田原の実家に帰っていたとアリバイを主張していた。事件を担当した夕子(鷲尾いさ子)は、郡が葉子の連れ子の美里を虐待していたとの情報をキャッチ。また、郡が少年時代にレイプ事件を起こし、その被害者が自殺していたことも明らかになった。

「検事 霞夕子 20」(C)ユニオン映画
麗猫伝説
放送日:12月4日、12月22日
1983年・TV・カラー    監督:大林宣彦   脚本:桂千穂   
出演:入江たか子/入江若葉/柄本明/風吹ジュン/大泉滉/峰岸徹/平田昭彦/坊屋三郎   

ウルトラマンでおなじみの円谷プロが制作。テレビ用映画として作られ、のちに劇場公開された16ミリ作品。引退した大女優の起用を企み、再起を掛ける脚本家が翻弄される姿を描く。スランプから再起を掛ける脚本家の志村(柄本)は、企画部長から「竜造寺明子(入江たか子・二人一役)の映画を30年ぶりに再映画化したい」と持ちかけられる。明子はすでに芸能界から引退し、マスコミの前から遠ざかっていた。志村は、美貌が衰えない明子(入江若葉・二人一役)を映画出演にひっぱり出そうとするが・・・。

「麗猫伝説」(C)円谷プロ
警部補 佃次郎 10
放送日:12月1日
2000年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:大室清   脚本:佐藤茂  
出演:西郷輝彦/六平直政/ベンガル/石野真子/香坂みゆき/奈美悦子/下川辰平  

都内の住宅地で貸ビル・金融業を営む阿久根恒造(下川辰平)の撲殺死体が見つかった。阿久根は親子ほども年が離れた妻・千代(奈美悦子)と二人暮らし。捜査陣は、阿久根に恨みを抱く人間が多数いたことから怨恨絡みとみて聞き込みを開始。同時に、20億円を超える遺産の受取人となった千代と、姪・津川芙美恵の調査も始めた。5億円を受け取る芙美恵は、阿久根の病死した弟の一人娘で、夫の津川透は、2ヶ月程前の帰宅途中、何者かに刺されて死亡していた。

「警部補 佃次郎 10」(C)テレパック
警部補 佃次郎 11
放送日:12月1日
2000年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:広瀬襄   脚本:佐藤茂  
出演:西郷輝彦/六平直政/ベンガル/西川峰子/音無美紀子/水沢アキ  

都内の邸宅で一人暮らしの老人が殺害される事件が発生した。殺されたのは大手倉庫会社会長の永坂昭(川合伸旺)、70歳。最近仕事から身を引き、骨董の収集に熱中していた被害者の資産は10億円を超える額といわれた。捜査陣は現場の手口や現場の状況から、怨恨による殺人とみて周辺の聞き込みを開始。遺産の相続人は被害者の長女と長男の2人で、長男の勝久(伊藤洋三郎)には妊娠4ヶ月の愛人がおり、子供がいない今の妻(西川峰子)との離婚を考えていると捜査員に明かす。

「警部補 佃次郎 11」(C)テレパック
警部補 佃次郎 12
放送日:12月1日
2001年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:広瀬襄   脚本:佐藤茂  
出演:西郷輝彦/六平直政/ベンガル/かとうかずこ/藤田朋子/三原じゅん子  

警察に自殺予告の電話が入り、捜査の結果、山梨県富士吉田市内の別荘で、井上由香というバーのママの自殺体が見つかった。警察に通報してきた主婦・立原時子の話によると、由香は時子の夫で会社社長・立原剛志の愛人。佃(西郷輝彦)が周辺捜査をしようとした矢先、その立原の絞殺死体が東京都渋谷区の由香の自宅で、立原の弟で専務の立原章吾らによって発見された。捜査陣は、立原、由香の死亡時刻、由香が残した遺書などから、不倫関係の清算を考えた無理心中ではないかとにらむが…。

「警部補 佃次郎 12」(C)テレパック
警部補 佃次郎 13
放送日:12月8日
2001年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:広瀬襄   脚本:佐藤茂  
出演:西郷輝彦/六平直政/ベンガル/いしだあゆみ/長谷川初範/羽場裕一/岡まゆみ/矢部美穂  

都内のマンションで女の絞殺死体が発見された。殺されたのは、ゴルフブティックに勤めている杉山こずえ、28歳。夫・次森正治が病院に検査入院している間に起きた惨劇であった。首に残った線状痕から、凶器はロープ状のものとわかるが、現場からは発見されなかった。捜査陣は、状況から被害者の上司・矢島春子を重要参考人として事情聴取、だが、春子は現場に行ったことは認めつつも。その時すでにこずえが死んでいた、と犯行を否認した。春子には動機がなく、傷痕から男の仕業の可能性が高かったことで、捜査は行きづまった。

「警部補 佃次郎 13」(C)テレパック
警部補 佃次郎 14
放送日:12月8日
2002年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:広瀬襄   脚本:佐藤茂  
出演:西郷輝彦/六平直政/ベンガル/渡辺梓/火野正平/洞口依子/大場久美子/松尾貴史  

路上駐車していた車の中から、男の撲殺死体が見つかった。殺されたのは東洋新聞学芸部所属の記者・高井。捜査陣がまず注目したのが、高井の記事を巡りトラブルになった画家・田沼(松尾貴史)だった。しかし、まもなく捜査線上に、高井と密接な関係にあった平林恭子(大場久美子)というギャラリー勤務の女が浮上。自宅を調べた結果、高井が恭子の家の中で殺されたことが分かった。捜査陣の追及に、恭子は死んでいた高井を車で運び出したことは認めたものの、犯行は否定する。

「警部補 佃次郎 14」(C)テレパック
警部補 佃次郎 15
放送日:12月8日
2002年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:広瀬襄   脚本:佐藤茂  
出演:西郷輝彦/六平直政/ベンガル/田村亮/藤真利子/筒井真理子/渋谷琴乃/銀粉蝶  

首都高の高架下で女の絞殺死体が発見された。紺のスーツ、赤い柄のスカーフ姿の被害者は、免許証などからトヤマ紡績富山支社の営業ウーマン・三沢吉美(筒井真理子)と判明。死体は、かつての上司で、現在東京本社に単身赴任中の新倉伸夫(田村亮)によって確認された。吉美は、両親が死亡したため、現在、富山で妹の七美(渋谷琴乃)と2人暮らし。東京には、姉妹の叔母夫婦、土屋真知子(銀粉蝶)と大学教授の土屋啓吾(矢島健一)が住んでいる。佃(西郷輝彦)ら捜査陣は、これら親族から事情を聞くとともに関係者への聞き込みを開始した。

「警部補 佃次郎 15」(C)テレパック
警部補 佃次郎 16
放送日:12月15日
2002年・TV・カラー    原作:五十嵐均   監督:広瀬襄   脚本:佐藤茂  
出演:西郷輝彦/六平直政/ベンガル/床嶋佳子/大鶴義丹/熊谷真実/石丸謙二郎/布川敏和  

都内の住宅で旅行代理店に勤務する町田雄一(石丸謙二郎)という男が殺害された。町田は4年前に離婚後、ずっと一人住まい。捜査陣は、遺体の第一発見者で、町田と親密な関係にあった医療事務員・中村優美子(熊谷真実)の周辺を中心に聞き込みを始めた。会社関係を当たった佃(西郷輝彦)は、町田が柴竜太(大鶴義丹)という元部下の近況をしきりに気にしていたと知り興味を抱く。

「警部補 佃次郎 16」(C)テレパック
警部補 佃次郎 17
放送日:12月15日
2003年・TV・カラー    原作:五十嵐均   監督:広瀬襄   脚本:佐藤茂  
出演:西郷輝彦/六平直政/ベンガル/山本陽子/美保純/平泉成/長門裕之/酒井敏也  

都内の住宅地にある一軒家で男の他殺死体が見つかった。殺されたのは、中堅のクリーニング会社、白鴎クリーニング社長の宇津見浩一(長門裕之)。4か月前に脳梗塞で倒れ自宅で療養中の宇津見は、妻で副社長の千代(山本陽子)の協力で厳しいリハビリに挑戦していたところだった。捜査陣は、付近で発生していた連続窃盗事件との関連が強いと見て捜査を開始。佃(西郷輝彦)と早田(六平直政)は、関係者の事情聴取に取り掛かった。会社の専務・高野透(平泉成)の話によると、現場に入るための鍵の置き場を知っているのは、宇津見、千代、高野、宇津見の介護を手伝っているルミ子(宝積有香)だけだった。

「警部補 佃次郎 17」(C)テレパック
警部補 佃次郎 18
放送日:12月15日
2003年・TV・カラー    原作:五十嵐均   監督:淡野健   脚本:野口ゆかり  
出演:西郷輝彦/六平直政/ベンガル/栗原小巻/山口果林/美木良介/中島ひろ子  

不良グループとの喧嘩で捕まった若者、西條聡(芦田昌太郎)の姿を見つけた佃(西郷輝彦)は、複雑な思いにかられた。聡は、佃がかつて世話になった上司の息子で、父の死後、警察官の採用試験に合格したこともある男だった。だが、明るく輝いていたその夢は、1年前に起きたある交通事故で無残にも砕け散っていた。当時、母・伸子(栗原小巻)から、姉の山下恭子(中島ひろ子)が産気づいたとの連絡を受けた聡は、バイクを飛ばして病院に向かう途中、女子高生とぶつかり死亡させてしまったのだった。

「警部補 佃次郎 18」(C)テレパック
警部補 佃次郎 19
放送日:12月22日
2004年・TV・カラー    原作:五十嵐均   監督:淡野健   脚本:篠田富雄/野口ゆかり  
出演:西郷輝彦/六平直政/ベンガル/音無美紀子/草刈正雄/沢田雅美/石倉三郎/渡辺典子  

都内の住宅で中村良市(織本順吉)という脳梗塞で寝たきりの一人暮らしの老人が殺害された。死因は、枕で顔を押さえつけられたことによる窒息死。事件は荒らされた現場の状況から、物盗りの犯行と思われた。死体の第一発見者は、被害者の娘、伊藤孝子(沢田雅美)。兄・中村洋介(草刈正雄)の妻・美香子(音無美紀子)、ヘルパーの植木勝子(あき竹城)と3人で被害者の介護をしていた孝子は、当番のその日に実家に行き、死亡している父を発見した。

「警部補 佃次郎 19」(C)テレパック
警部補 佃次郎 20
放送日:12月22日
2005年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:淡野健   脚本:野口ゆかり  
出演:西郷輝彦/六平直政/ベンガル/伊東ゆかり/小野武彦/布施明/橋幸夫/中尾ミエ/喜多嶋舞  

都内にある郵政官舎の屋上で、北川典子(大西結花)という郵便局員の絞殺死体が見つかった。現場の遺留品は、典子の携帯電話、サイフのほかに、お守り袋が一つ。死体の第一発見者は、佃(西郷輝彦)が先日、静岡県川根町で開かれた小学校の同窓会で会ったばかりの“初恋の人”小出秋子(伊東ゆかり)であった。秋子の話によると、電話をしている間にいなくなった1歳半の孫の泣き声が屋上でしたため現場に行き、そこで死体を発見したという。

「警部補 佃次郎 20」(C)テレパック
警部補 佃次郎 21
放送日:12月22日
2005年・TV・カラー    原作:五十嵐均   監督:淡野健   脚本:篠田富雄  
出演:西郷輝彦/六平直政/ベンガル/秋吉久美子/国広富之/岡本麗/仲本工事/高橋一生  

都内の宝石店で強盗傷害事件が発生し、500万を超える現金、貴金属類が奪われた。佃(西郷輝彦)と早田(六平直政)は、現場から逃走する犯人とぶつかった主婦・大内麗子(秋吉久美子)の証言を元に似顔絵を作成。犯人らしき男から麗子の元に脅迫電話が入ったことから、警察は大内家周辺の警戒を強化した。まもなく、大内家の庭先で、隣家の主婦・鵜沢初江(岡本麗)の他殺死体が見つかった。

「警部補 佃次郎 21」(C)テレパック
火災調査官・紅蓮次郎 1
放送日:12月4日
2003年・TV・カラー    原作:鍋島雅治(作)/田中つかさ(画)   監督:岡本弘   脚本:今井詔二  
出演:船越英一郎/河相我聞/純名りさ/平泉成/筒井真理子  

火事で妻を亡くした火災調査官・紅蓮次郎が、「火を弄ぶ人間は許さない」を信念に、放火や殺人の謎を解明していく船越英一郎主演のシリーズ第1作。紅蓮次郎(船越英一郎)は、神奈川県下の消防署の火災調査官。妻を亡くし、今は12歳になる一人息子と二人で暮らしている。ある夜、蓮次郎は部下の白井(河相我聞)が想いを寄せている女性・緑川百合子(床嶋佳子)と会うため、白井とともに居酒屋にいた。翌朝、蓮次郎は白井からの連絡で、百合子のレストランが前夜火災に見舞われたことを知り、火災原因を調査するため現場に急行する。

「火災調査官・紅蓮次郎 1」(C)大映テレビ
火災調査官・紅蓮次郎 2
放送日:12月5日
2003年・TV・カラー    原作:鍋島雅治(作)/田中つかさ(画)   監督:岡本弘   脚本:今井詔二  
出演:船越英一郎/河相我聞/宇梶剛士/平泉成/井上晴美/松田洋治/小林綾子  

紅蓮次郎(船越英一郎)は、神奈川県美津原市消防署の火災調査官。ある夜、蓮次郎のもとに放火騒ぎが起こったと連絡が入る。このところ、美津原市では、立て続けに放火事件が発生していた。さらに数日後、人気のない倉庫で火災が発生。現場近くの神社の境内で美津原消防署・水谷の死体が発見された。死体近くに灯油入りペットボトルが転がっていたことから、水谷に疑いがかかるが…。

「火災調査官・紅蓮次郎 2」(C)大映テレビ
火災調査官・紅蓮次郎 3
放送日:12月6日
2004年・TV・カラー    監督:岡本弘   脚本:今井詔二  
出演:船越英一郎/河相我聞/宇梶剛士/マギー/平泉成/小川範子/美保純  

マンションの一室で灯油の引火による火災が発生し、この部屋の借主である病院院長の妻が焼死した。失火による事故死と断定する警察に対し、蓮次郎(船越英一郎)は火災の原因は石油ストーブではなく、部屋に大量に撒かれた灯油によるものだと推理する。

「火災調査官・紅蓮次郎 3」(C)大映テレビ
火災調査官・紅蓮次郎 4
放送日:12月7日
2004年・TV・カラー    原作:鍋島雅治(作)/ 田中つかさ(画)   監督:岡本弘   脚本:今井詔二  
出演:船越英一郎/河相我聞/長谷川初範/マギー/平泉成/勝村政信/池田政典  

火災調査官・紅蓮次郎(船越英一郎)は管内の美津原市で連続放火事件が発生、消防署にも早く犯人を見つけてくれという市民の声が寄せられていた。その日、団地の一室から出火、老女が焼死する。どうやら放火らしく、調査のため現場に急行した蓮次郎は、消防隊の梨田中隊長(長谷川初範)から放火犯は柚木竜一(勝村政信)だと耳打ちされる。消火活動中に野次馬の中にいる柚木を見たというのだ。

「火災調査官・紅蓮次郎 4」(C)大映テレビ
火災調査官・紅蓮次郎 5
放送日:12月11日
2005年・TV・カラー    原作:鍋島雅治(作)/ 田中つかさ(画)   監督:岡本弘   脚本:今井詔二  
出演:船越英一郎/河相我聞/宇梶剛士/大路恵美/内田朝陽/前田耕陽  

消防署の火災調査官をしていた紅蓮次郎(船越英一郎)は、車輌火災の現場に駆けつけた。このところ管轄内で車への放火事件が頻発していることから、同一犯の仕業ではないかと推察された。だが車の持ち主の浅黄邦子(塩崎沙織)に事情を聞いても、どうも要領を得ない。そんな中、またしても車輌火災が発生。しかも燃えた車のトランクから発見された死体は、蓮次郎が13年前に妻を火災で亡くす原因となった人物だった・・・。

「火災調査官・紅蓮次郎 5」(C)大映テレビ
火災調査官・紅蓮次郎 6
放送日:12月12日
2006年・TV・カラー    原作:鍋島雅治(作)/ 田中つかさ(画)   監督:岡本弘   脚本:今井詔二  
出演:船越英一郎/河相我聞/宇梶剛士/羽場裕一/櫻井淳子/大浦龍宇一  

消防署の火災調査官である紅蓮次郎(船越英一郎)のもとに、市内の廃工場で人が焼き殺されたという連絡が入る。被害者はなんと20年前に自分が火災現場の炎の中から救い出した姉妹の妹(櫻井淳子)だった。姉によれば、妹は20年前にゴルフ場を建設しようとした両親が「村の祟り」で焼死させられて以来、炎に対して極端な恐怖心を抱くようになり、しかも最近、再び何者かによって村の祟りによる脅迫を受けていたという。

「火災調査官・紅蓮次郎 6」(C)大映テレビ
火災調査官・紅蓮次郎 8
放送日:12月13日
2008年・TV・カラー    原作:鍋島雅治(作)/ 田中つかさ(画)   監督:岡本弘   脚本:今井詔二  
出演:船越英一郎/河相我聞/平泉成/甲本雅裕/若林志穂/遠野凪子  

消防署の火災調査官として働く紅蓮次郎(船越英一郎)は、高校生の息子・俊介と二人暮らし。ある夜、旅行会社のオーナー・恩田の家から出火、焼け跡から妻の加奈の死体が発見される。調査の結果、灯油を使った放火の可能性が浮上する。そんな中、蓮次郎は野次馬の中に挙動不審の女・永谷みちる(遠野凪子)を見つけ後を追う。その女が、「私が燃やしたかったのはこの家じゃない」と口走ったため、蓮次郎は女を警察に引き渡すが…。

「火災調査官・紅蓮次郎 8」(C)大映テレビ
わが町 1
放送日:12月13日
1992年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:吉川一義   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/川野太郎/根岸季衣/黒田福美  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作に、舞台を東京・月島の警察署に置き換えた渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。下町の交番が襲われ拳銃が奪われた。犯人の美浦(根岸季衣)はさらに警察署に侵入して、拳銃を振り回し、刑事・吾郎(渡辺謙)を出せという。美浦は吾郎が担当する事件の容疑者・斉藤(後藤哲夫)の愛人だった。斉藤は取り調べ中にぜんそくの発作で突然死していた。

「わが町 1」(C)オセロット
わが町 2
放送日:12月14日
1993年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:森﨑東   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/川野太郎/春川ますみ/美保純  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にした渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。相田という中年男が猟銃で頭を撃ち自殺した。遺書はない。刑事の吾郎(渡辺謙)は同僚の鳴海(蟹江敬三)と相田の愛人・美佳(美保純)に会う。相田とはホステス時代に知り合い、ミュージカルに出たいという夢を話すと、「金を出してやるから、夢を捨てるな」と言ってくれたと話す。相田と取引のあった高野(草野裕)を捕まえると相田が恐喝屋だったと知る。

「わが町 2」(C)オセロット
わが町 3
放送日:12月18日
1993年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:吉川一義   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/川野太郎/平田満/佐藤B作  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にした渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。「たか子を殺す」とだけ書かれた手紙を、少年が西月島署に届けてきた。警官に頼まれたという。署では該当するような警官を集め、ひそかに少年に面通しさせると、似ているかもしれないと杉山(安藤一夫)を指した。杉山の友人・森田刑事(渡辺謙)は、ニセ警官の仕業にちがいないと主張するが、同僚の向井(平田満)は甘い見方だと反発。向井と鳴海(蟹江敬三)は杉山を尾行するが…。

「わが町 3」(C)オセロット
わが町 4
放送日:12月19日
1994年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:木下亮   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/佐藤B作/川野太郎/平田満/北村総一朗  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にした渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。ディスカウント酒店の店員・隆子(大野ゆり)が殺され、森田刑事(渡辺謙)は捜査を始める。隆子は酒好きがもとで離婚し、酒屋の主人・真鍋(北村総一朗)の愛人になった。給料の他に愛人手当ももらっていたらしい。隆子はボランティアで、盲目のサックス奏者・水木(井田州彦)に週1度、本を読んでやっていた。また、森田の同僚の黒土刑事(佐藤B作)が隆子と浮気をしていたらしい。隆子の身辺を洗う森田は、隆子の几帳面な仕事ぶりなど意外な素顔を知っていくが、やがて疑いが黒土の妻に及ぶ。

「わが町 4」(C)オセロット
わが町 5
放送日:12月20日
1994年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:出目昌伸   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/平田満/斉藤暁/川上麻衣子  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にしたシリーズ第5作。今回の原作は黒澤明が「天国と地獄」で映画化したものと同じ『キングの身代金』。社長令息と間違えて誘拐した犯人と刑事の息詰まる駆け引きを描く。社長付き運転手・久保(斎藤暁)の子供が、社長・浅倉の子供と間違えられ誘拐された。ミスに気付いた犯人・白井(中丸新将)と律子(川上麻衣子)は、「他人の子には金を払わないのか」と浅倉に金を要求する。警察は金を取られ、犯人も取り逃がす。

「わが町 5」(C)オセロット
わが町 6
放送日:12月21日
1995年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:吉川一義   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/佐藤B作/春川ますみ/平田満/川野太郎  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にした渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。管内で女性の飛び降り自殺が発生した。吾郎(渡辺謙)の説得中に、彼女の携帯電話に電話してきた田口(毛利賢一)から「死ね!」と言われたらしい。田口は事情聴取に対して「俺のせいじゃない」の一点張り。今度はマンションでガス爆発が起き、検証の結果、被害者は爆発前に青酸入りのタバコで死亡していたことが判明する。吾郎は上の階に住む関本が事件直前、タバコを吸わないにもかかわらず、パチンコでタバコを取った、との証言を得る。

「わが町 6」(C)オセロット
わが町 7
放送日:12月25日
1996年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:吉川一義   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/川野太郎/佐藤B作/平田満  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にした渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。ファッションヘルスで時限爆弾が爆発し6人が死亡した。その中に森田刑事(渡辺謙)の同僚・栗山(川野太郎)の恋人がいた。栗山は拳銃を持ち出し姿を消す。森田刑事は事件当時、銀行の重役・磐田が現場にいたことを突きとめ、犯人の狙いは磐田であるとにらんだ。

「わが町 7」(C)オセロット
わが町 8
放送日:12月26日
1997年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:吉川一義   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/平田満/川野太郎/松井範雄/勝部演之  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にした渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。女性のバラバラ殺人事件が発生。やがて被害者の身元が判明し、容疑者として取り調べられた元恋人の赤沢(柄沢次郎)は犯行を否認するが、数日後、自殺した赤沢が遺書で犯行を認める。一件落着したかに思われたが、吾郎(渡辺謙)は赤沢は他殺ではないかと疑う。向井(平田満)は、自分に接近してきた赤沢の同僚・美和(久野真紀子)が気になる。

「わが町 8」(C)オセロット
わが町 9
放送日:12月27日
1997年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:吉川一義   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/平田満/佐藤B作/蟹江敬三/有森也実/国広富之  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にした渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。刑事の吾郎(渡辺謙)が所属する西月島署の管内で会社社長・古池(田中隆三)の妻・紗耶が暴行され殺された。発見当時、まだ息のあった紗耶が言い残した言葉は「なな」。捜査陣は紗耶と離婚話のあった古池をマーク。だが古池は愛人と船に乗っていたとアリバイを主張した。やがて連続婦女暴行犯が紗耶殺害を自供するが、吾郎ら刑事課は、古池への疑いを捨て切れない。

「わが町 9」(C)オセロット
わが町 10
放送日:11月1日、12月28日
1998年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:吉川一義   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/川野太郎/佐藤B作/平田満  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にした渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。吾郎(渡辺謙)の妻・繭(有森成実)の妹・若菜(長谷川真弓)が結婚することに。相手は元アメフトの全日本選手・富川(井上智之)。吾郎は彼の黒い噂を知り捜査を始める。大学時代、アメフト部のチームメート・立花が突然死した際に、当時の仲間はこれを富川の犯行だという。仲間の一人、神島は、富川が立花の恋人だった京子(麻生侑里)と今も交際中であると証言する。

「わが町 10」(C)オセロット
上条麗子の事件推理 1
放送日:11月1日、12月14日
2001年・TV・カラー    監督:鷹森立一   脚本:土屋斗紀雄  
出演:眞野あずさ/船越英一郎/増田恵子/野村昭子/藤岡弘、/秋本奈緒美   

聡明な女性会計士・上条麗子が、専門知識や天性のカンを駆使して殺人事件の解明に挑むサスペンスドラマ。公認会計士・上条麗子(眞野あずさ)の事務所に勤める大次郎(船越英一郎)が、殺人容疑で任意の事情聴取を受ける。大次郎の依頼人・女性実業家の里沙子が自宅で殺され、第一発見者となった大次郎に嫌疑がかかったのだ。証拠不十分で釈放された大次郎の無実を証明し、事務所の信用を取り戻そうと麗子は、独自に調査に乗り出す。

「上条麗子の事件推理 1」(C)TSP/TBS
上条麗子の事件推理 2
放送日:11月2日、12月18日
2002年・TV・カラー    監督:鷹森立一   脚本:土屋斗紀雄  
出演:眞野あずさ/船越英一郎/野村昭子/北原佐和子/田山涼成/藤岡弘、  

聡明な女性会計士・上条麗子が、専門知識や天性のカンを駆使して殺人事件の解明に挑むサスペンスドラマ。

公認会計士・上条麗子(眞野あずさ)の元にサカエ商事を早期退職し喫茶店を開業したいという男・樫村と妻であるという幸枝が経営の相談にやってきた。が、その数日後、麗子と大次郎(船越英一郎)が借店舗へ訪れると樫村は何者かに殺害されていた。彼が用意した契約金の100万円と持参していた小切手800万円は現場から消えていた。その上、事情聴取に訪れた樫村の妻が幸枝とは違う人物・伸子であった事に麗子らは驚く。

「上条麗子の事件推理 2」(C)TSP/TBS
上条麗子の事件推理 3
放送日:11月6日、12月19日
2003年・TV・カラー    監督:鷹森立一   脚本:土屋斗紀雄  
出演:眞野あずさ/船越英一郎/野村昭子/高橋かおり/藤岡弘、/河原崎建三  

聡明な女性会計士・上条麗子が、専門知識や天性のカンを駆使して殺人事件の解明に挑むサスペンスドラマ。

女性公認会計士・上条麗子(眞野あずさ)は同僚の大次郎(船越英次郎)と、亡き父との思い出の地・長野を訪ね、父の旧友・椎名(河原崎建三)のわさび園へ。経営コンサルタント・服部学にそそのかされた椎名の息子・公平が父親のわさび園を担保にしてレストランを開業しようとしているという。

「上条麗子の事件推理 3」(C)TSP/TBS
上条麗子の事件推理 4
放送日:11月7日、12月20日
2004年・TV・カラー    監督:鷹森立一   脚本:土屋斗紀雄  
出演:眞野あずさ/船越英一郎/未來貴子/山田スミ子/野村昭子/布川敏和  

聡明な女性会計士・上条麗子が、専門知識や天性のカンを駆使して殺人事件の解明に挑むサスペンスドラマ。

公認会計士・上条麗子(眞野あずさ)の同僚・仙波大次郎(船越英一郎)に彼の昔の同僚で、現在、介護センターの社長をやっている津山弥生(未來貴子)から、豊かな老後の生き方について講演を依頼される。その壇上で大次郎は「人殺し!」と3人の老婆・大滝ハル(山田スミ子)、長谷川梅子(長内美那子)、白井光代(弓恵子)にヤジられ、講演は中止になってしまう。会計事務所はそれをきっかけに信用失墜。麗子たちは信用回復のため、3人の老婆たちの行方を追う。

「上条麗子の事件推理 4」(C)TSP/TBS
上条麗子の事件推理 5
放送日:11月8日、12月21日
2006年・TV・カラー    監督:鷹森立一   脚本:外村朋子  
出演:眞野あずさ/赤井英和/阿知波悟美/須藤温子/鈴木ヒロミツ/加藤貴子/若林豪  

上条麗子(眞野あずさ)は、婿入り寿退社してしまった公認会計士・仙波大二郎(船越英一郎)が担当していたクライアントからの依頼で、北海道へ出張することに。運転手を頼んでいた風間望(須藤温子)がバイクの事故で怪我をしてしまい、その代わりに望の母・風間文江(阿知波悟美)の弟で、元質屋の宝田銀平(赤井英和)が出張に同行することに。麗子はクライアントである三島不動産の社長の三島岳彦(石橋蓮司)から、監査ではなく、グループ会社内での横領の調査の依頼を引き受けるが…。

「上条麗子の事件推理 5」(C)TSP/TBS
上条麗子の事件推理 6
放送日:11月9日、12月25日
2009年・TV・カラー    監督:津崎敏喜   脚本:外村朋子   
出演:眞野あずさ/松原智恵子/中村梅雀/三原じゅん子/野村昭子/須藤温子  

公認会計士の上条麗子(眞野あずさ)は、営業マンから転身した新人の会計士・山本武蔵(中村梅雀)と共に佐渡へ向かう。大手通信販売会社が佐渡の名産品を扱うことになり、商品を納める業者を監査するためである。二人は、商工会の職員、小谷比呂志(西川忠志)の案内で店舗を巡る。しかし監査を受けることができるのは一部の業者だけ。監査から漏れた人々には不満もあるようだ。 現地で調査を進めながら、麗子と武蔵は、産業廃棄物処理場の建設計画を巡って島では意見が分かれ、激しく対立していることを知った。

「上条麗子の事件推理 6」(C)TSP/TBS
上条麗子の事件推理 7
放送日:11月13日、12月26日
2010年・TV・カラー    監督:津崎敏喜   脚本:外村朋子  
出演:眞野あずさ/東ちづる/渡辺徹/田中実/芦川よしみ/内田春菊/馬渕英俚可  

公認会計士の上条麗子(眞野あずさ)は会計士見習いの尾崎健作(渡辺徹)を伴い、美容室チェーン店の財務監査のため、富山県を訪れた。美容室のオーナー、瀬川亜沙美(東ちづる)の依頼で系列店の業務を見直し、効率化を計るためだ。亜沙美には小西ユリ(馬渕英俚可)、石崎和恵(水谷ケイ)、山岡良之(森宮隆)ほかの弟子がおり、それぞれ独立して美容室を構えている。麗子と健作は女将の古谷恭子(芦川よしみ)が営む大牧温泉の旅館に滞在し、監査作業を始める。その矢先、旅館の従業員、苑田常子(内田春菊)が何者かに首を絞められて殺された。

「上条麗子の事件推理 7」(C)TSP/TBS
上条麗子の事件推理 8
放送日:11月14日、12月27日
2011年・TV・カラー    監督:津崎敏喜   脚本:外村朋子  
出演:眞野あずさ/渡辺徹/中山忍/河相我聞/有坂来瞳/デビット伊東/山下規介  

公認会計士の上条麗子(眞野あずさ)は、会計士志願の尾崎健作(渡辺徹)と共に秋田県の角館を訪れる。公共施設の改修計画を立てるために、麗子の力を借りたいと担当職員の佐竹賢吾(デビット伊東)は語る。施設の設計は大阪の建築士、北島聡史(河相我聞)が担当することになっていた。田沢湖駅に着いた麗子と健作は、中原茜(中山忍)が運転するタクシーでホテルに到着する。すると、茜を待ち構えていた伊藤満寿夫(本城丸裕)が、異様な剣幕で茜を罵り、その様子に麗子と健作は驚く。その翌朝、伊藤の死体が発見された。





「上条麗子の事件推理 8」(C)TSP/TBS
上条麗子の事件推理 9
放送日:11月15日、12月28日
2011年・TV・カラー    監督:津崎敏喜   脚本:外村朋子  
出演:眞野あずさ/渡辺徹/荻野目慶子/寺田農/小沢真珠/阿知波悟美/須藤温子  

公認会計士の上条麗子(眞野あずさ)は、会計士志望の尾崎健作(渡辺徹)と共に滋賀県の近江八幡へ出張する。県の所有地を民間に払い下げることになり、入札を希望している複数の会社の財務調査をすることになったのだ。 地元を代表して、近江牛の味噌漬の老舗業者、武村雅之(寺田農)が、麗子の事務所を訪ねてきた。顧客を大切にする近江商人気質の武村は、儲けだけを考える会社が落札しては困ると語る一方で、麗子の前任の会計士、三好直子(平淑恵)が不審なケガを負って入院したと打ち明ける。

「上条麗子の事件推理 9」(C)TSP/TBS
視聴サービス一覧
  • 日映シネマガ
  • ご加入はこちら 視聴方法

加入キャンペーン

スカパー!

  • スカパー!

スカパー!プレミアムサービス

  • スカパー!プレミアムサービス

J:COM

  • J:COMタブレット端末実質0円

ひかりTV

  • ひかりTV新規加入キャンペーン

PR

  • 衛星放送協会
  • 不正視聴防止キャンペーン
ページトップへ戻る

スマートフォン版

スマートフォン版

PC版

PC版