• 視聴方法 日本映画専門チャンネルを見たい方はこちら! 詳しくみる
  • スカパー!で見る
  • J:COMで見る

注目のキーワード

HOME > 今月・来月のオススメ! > 【ひるの2時間サスペンス】「わが町 1」
「浅見光彦ミステリー1 平家伝説殺人事件」ほか
今月・来月のオススメ!

「わが町 1」 <br />「浅見光彦ミステリー1 平家伝説殺人事件」ほか

わが町 1
放送日:10月2日、10月19日
1992年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:吉川一義   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/川野太郎/根岸季衣/黒田福美  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作に、舞台を東京・月島の警察署に置き換えた渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。下町の交番が襲われ拳銃が奪われた。犯人の美浦(根岸季衣)はさらに警察署に侵入して、拳銃を振り回し、刑事・吾郎(渡辺謙)を出せという。美浦は吾郎が担当する事件の容疑者・斉藤(後藤哲夫)の愛人だった。斉藤は取り調べ中にぜんそくの発作で突然死していた。

「わが町 1」(C)オセロット
わが町 2
放送日:10月3日、10月20日
1993年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:森﨑東   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/川野太郎/春川ますみ/美保純  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にした渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。相田という中年男が猟銃で頭を撃ち自殺した。遺書はない。刑事の吾郎(渡辺謙)は同僚の鳴海(蟹江敬三)と相田の愛人・美佳(美保純)に会う。相田とはホステス時代に知り合い、ミュージカルに出たいという夢を話すと、「金を出してやるから、夢を捨てるな」と言ってくれたと話す。相田と取引のあった高野(草野裕)を捕まえると相田が恐喝屋だったと知る。

「わが町 2」(C)オセロット
わが町 3
放送日:10月4日、10月23日
1993年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:吉川一義   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/川野太郎/平田満/佐藤B作  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にした渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。「たか子を殺す」とだけ書かれた手紙を、少年が西月島署に届けてきた。警官に頼まれたという。署では該当するような警官を集め、ひそかに少年に面通しさせると、似ているかもしれないと杉山(安藤一夫)を指した。杉山の友人・森田刑事(渡辺謙)は、ニセ警官の仕業にちがいないと主張するが、同僚の向井(平田満)は甘い見方だと反発。向井と鳴海(蟹江敬三)は杉山を尾行するが…。

「わが町 3」(C)オセロット
わが町 4
放送日:10月5日、10月24日
1994年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:木下亮   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/佐藤B作/川野太郎/平田満/北村総一朗  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にした渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。ディスカウント酒店の店員・隆子(大野ゆり)が殺され、森田刑事(渡辺謙)は捜査を始める。隆子は酒好きがもとで離婚し、酒屋の主人・真鍋(北村総一朗)の愛人になった。給料の他に愛人手当ももらっていたらしい。隆子はボランティアで、盲目のサックス奏者・水木(井田州彦)に週1度、本を読んでやっていた。また、森田の同僚の黒土刑事(佐藤B作)が隆子と浮気をしていたらしい。隆子の身辺を洗う森田は、隆子の几帳面な仕事ぶりなど意外な素顔を知っていくが、やがて疑いが黒土の妻に及ぶ。

「わが町 4」(C)オセロット
わが町 5
放送日:10月6日、10月25日
1994年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:出目昌伸   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/平田満/斉藤暁/川上麻衣子  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にしたシリーズ第5作。今回の原作は黒澤明が「天国と地獄」で映画化したものと同じ『キングの身代金』。社長令息と間違えて誘拐した犯人と刑事の息詰まる駆け引きを描く。社長付き運転手・久保(斎藤暁)の子供が、社長・浅倉の子供と間違えられ誘拐された。ミスに気付いた犯人・白井(中丸新将)と律子(川上麻衣子)は、「他人の子には金を払わないのか」と浅倉に金を要求する。警察は金を取られ、犯人も取り逃がす。

「わが町 5」(C)オセロット
わが町 6
放送日:10月9日、10月26日
1995年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:吉川一義   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/佐藤B作/春川ますみ/平田満/川野太郎  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にした渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。管内で女性の飛び降り自殺が発生した。吾郎(渡辺謙)の説得中に、彼女の携帯電話に電話してきた田口(毛利賢一)から「死ね!」と言われたらしい。田口は事情聴取に対して「俺のせいじゃない」の一点張り。今度はマンションでガス爆発が起き、検証の結果、被害者は爆発前に青酸入りのタバコで死亡していたことが判明する。吾郎は上の階に住む関本が事件直前、タバコを吸わないにもかかわらず、パチンコでタバコを取った、との証言を得る。

「わが町 6」(C)オセロット
わが町 7
放送日:10月10日、10月27日
1996年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:吉川一義   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/川野太郎/佐藤B作/平田満  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にした渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。ファッションヘルスで時限爆弾が爆発し6人が死亡した。その中に森田刑事(渡辺謙)の同僚・栗山(川野太郎)の恋人がいた。栗山は拳銃を持ち出し姿を消す。森田刑事は事件当時、銀行の重役・磐田が現場にいたことを突きとめ、犯人の狙いは磐田であるとにらんだ。

「わが町 7」(C)オセロット
わが町 8
放送日:10月11日、10月30日
1997年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:吉川一義   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/平田満/川野太郎/松井範雄/勝部演之  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にした渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。女性のバラバラ殺人事件が発生。やがて被害者の身元が判明し、容疑者として取り調べられた元恋人の赤沢(柄沢次郎)は犯行を否認するが、数日後、自殺した赤沢が遺書で犯行を認める。一件落着したかに思われたが、吾郎(渡辺謙)は赤沢は他殺ではないかと疑う。向井(平田満)は、自分に接近してきた赤沢の同僚・美和(久野真紀子)が気になる。

「わが町 8」(C)オセロット
わが町 9
放送日:10月12日、10月31日
1997年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:吉川一義   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/平田満/佐藤B作/蟹江敬三/有森也実/国広富之  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にした渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。刑事の吾郎(渡辺謙)が所属する西月島署の管内で会社社長・古池(田中隆三)の妻・紗耶が暴行され殺された。発見当時、まだ息のあった紗耶が言い残した言葉は「なな」。捜査陣は紗耶と離婚話のあった古池をマーク。だが古池は愛人と船に乗っていたとアリバイを主張した。やがて連続婦女暴行犯が紗耶殺害を自供するが、吾郎ら刑事課は、古池への疑いを捨て切れない。

「わが町 9」(C)オセロット
わが町 10
放送日:10月13日
1998年・TV・カラー    原作:エド・マクベイン   監督:吉川一義   脚本:鎌田敏夫  
出演:渡辺謙/有森也実/蟹江敬三/川野太郎/佐藤B作/平田満  

エド・マクベインの『87分署シリーズ』を原作にした渡辺謙主演の刑事ドラマシリーズ。吾郎(渡辺謙)の妻・繭(有森成実)の妹・若菜(長谷川真弓)が結婚することに。相手は元アメフトの全日本選手・富川(井上智之)。吾郎は彼の黒い噂を知り捜査を始める。大学時代、アメフト部のチームメート・立花が突然死した際に、当時の仲間はこれを富川の犯行だという。仲間の一人、神島は、富川が立花の恋人だった京子(麻生侑里)と今も交際中であると証言する。

「わが町 10」(C)オセロット
浅見光彦ミステリー1 平家伝説殺人事件
放送日:10月16日
1987年・TV・カラー    原作:内田康夫   監督:藤井克彦   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/有森也実/乙羽信子/高橋悦史/松山政路/泉晶子  

水谷豊主演による浅見光彦ミステリー第1弾。難事件を直感と推理で解決していくルポライター・浅見光彦の活躍を描く。浅見光彦を演じた水谷豊が、名探偵ぶりと茶目っ気を遺憾なく発揮している。

母親と高知に向かうフェリーの旅を楽しんでいたルポライターの光彦(水谷豊)は、甲板で教由という男から平家の落人の村・相ノ川に帰る途中なのだと話しかけられる。男が去って間もなく、悲鳴とともに男の姿が船上から消える…。一年後、光彦が乗っていたフェリーの船員が自殺をはかる。光彦の直感が2つの事件の真相を解き明かしていく。

「浅見光彦ミステリー1 平家伝説殺人事件」(C)近代映画協会
浅見光彦ミステリー2 天城峠殺人事件
放送日:10月17日
1987年・TV・カラー    原作:内田康夫   監督:藤井克彦   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/加納みゆき/木曽秋一/花輪理恵/金田明夫/角野卓造/乙羽信子  

ルポライターの光彦(水谷豊)は、車の免許を取得したばかりのアイドル夕紀(花輪理恵)にインタビューした。1ヵ月後、光彦は取材先の伊豆で朝美(加納みゆき)と知りあう。朝美の父は1ヶ月前にひき逃げされて、犯人は捕まっていなかった。朝美は、亡き父が貼り歩いていたという「下司」という千社札をたよりに、父親の足跡をたどっていた。そんなとき、アイドルの夕紀が、マネージャーの藤田(金田明夫)と心中してしまう。疑問に思った光彦は取材を始めるが・・・。

「浅見光彦ミステリー2 天城峠殺人事件」(C)近代映画協会
浅見光彦ミステリー3 佐渡伝説殺人事件
放送日:10月18日
1988年・TV・カラー    原作:内田康夫   監督:藤井克彦   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/鮎川いずみ/高橋悦史/ポール牧/乙羽信子/橋本功  

水谷豊主演によるルポライター浅見光彦の活躍を描く人気シリーズ全8作品。ルポライターの光彦(水谷豊)は、出版社の社長塚原(ポール牧)と酒を飲んだあと、男の死体を発見する。その瞬間に麻酔薬をかがされ意識を失い、気がつくと殺人容疑で逮捕されていた。殺されていたのは会社役員の駒津だった。光彦は警察庁幹部の兄(高橋悦史)に頼んで釈放してもらい、真相究明にのりだした。数日後、駒津の大学時代の友人で大学教授の三輪の死体が発見された。2つの事件に関連があるとみた光彦は佐渡へ渡る。

「浅見光彦ミステリー3 佐渡伝説殺人事件」(C)近代映画協会
浅見光彦ミステリー4 美濃路殺人事件
放送日:10月19日
1988年・TV・カラー    原作:内田康夫   監督:吉川一義   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/岩崎良美/乙羽信子/高橋悦史/三谷昇/武藤章生  

原作・内田康夫、主演・水谷豊。ルポライター浅見光彦の活躍を描く人気シリーズ全8作品。宝石商の月岡(勝部演之)が宝石と現金を持ったまま姿を消し、姿なき殺人事件と騒がれる。ルポライターの光彦(水谷豊)も雑誌社に依頼されて取材するが、できあがったルポは編集長を満足させられなかった。あらためて殺人事件ではなく、美濃紙の取材を指示された光彦が美濃で和紙の取材をしていると、近くの犬山で月岡の友人だった高桑(武藤章生)が殺される事件が起こる。光彦は、高桑の殺された現場に残されていた1枚の和紙の謎を追う。

「浅見光彦ミステリー4 美濃路殺人事件」(C)近代映画協会
浅見光彦ミステリー5 越後路殺人事件
放送日:10月20日
1989年・TV・カラー    原作:内田康夫   監督:吉川一義   脚本:岡本勝己  
出演:水谷豊/黒木瞳/高橋悦史/乙羽信子/樋浦勉/戸浦六宏  

内田康夫原作、水谷豊主演。ルポライター浅見光彦の活躍を描く人気シリーズ全8作品。ルポライターの光彦(水谷豊)は、鎌倉で10年ぶりに大学の先輩である宏(樋浦勉)と再会する。失業中の宏は、その3日後に釣りに出かけたまま水死体として発見されてしまう。警察は自殺とみたが、宏の妹・肇子(黒木瞳)は他殺を主張。宏の死を知らせに来た肇子を送っていった光彦は、血まみれで倒れている肇子の母を発見してしまう。「シシ・ハマダ」とだけ言い残し睦子は息絶えた。光彦は謎を追う。

「浅見光彦ミステリー5 越後路殺人事件」(C)近代映画協会
浅見光彦ミステリー6 唐津・佐用姫伝説殺人事件
放送日:10月23日
1989年・TV・カラー    原作:内田康夫   監督:吉川一義   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/遥くらら/新克利/小野みゆき/内藤武敏/乙羽信子/高橋悦史  

水谷豊主演。ルポライター浅見光彦の活躍を描く人気シリーズ全8作品。ルポライターの光彦(水谷豊)は、母親の代理として陶芸家・登陽(内藤武敏)の個展にでかける。案内してくれた弟子の久子(遥くらら)が、師匠の子・忠緒(新克利)を見る様子から、光彦は2人が恋仲だと思ったが、忠緒には婚約者がいた。かつて登陽をけなした評論家景山が現われると、登陽は「帰れ!」とどなりつけた。しかしその夜、景山がホテルで殺されてしまう。事件を知った光彦はホテルへ向かうが、そこで奇妙な手がかりを知ることに…。

「浅見光彦ミステリー6 唐津・佐用姫伝説殺人事件」(C)近代映画協会
浅見光彦ミステリー7 備後路殺人事件
放送日:10月24日
1990年・TV・カラー    原作:内田康夫   監督:吉川一義   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/河原崎長一郎/田中隆三/丸山秀美/高橋悦史/乙羽信子  

内田康夫原作、水谷豊主演。ルポライター浅見光彦の活躍を描く人気シリーズ全8作品。後鳥羽伝説の残る備後路を舞台に描く。ルポライターの光彦(水谷豊)は、兄嫁から美也子(丸山秀美)を紹介される。美也子は10年前に広島へ旅行した時、民宿ががけ崩れになり友人を亡くしていた。いまもショックで事故当時の記憶は戻らず、神経過敏気味だった。光彦にはげまされた美也子は、同じ現場へ訪れる。ところが、「なにか思い出せそうです」と電話したその日の夕方、殺されてしまう。光彦は何が起こったのかを知るために動き始めた。

「浅見光彦ミステリー7 備後路殺人事件」(C)近代映画協会
浅見光彦ミステリー8 琵琶湖周航殺人歌
放送日:10月25日
1990年・TV・カラー    原作:内田康夫   監督:吉川一義   脚本:岡本克己  
出演:水谷豊/伊藤つかさ/神山繁/仲谷昇/乙羽信子/高橋悦司  

内田康夫原作、水谷豊主演。ルポライター浅見光彦の活躍を描く人気シリーズ全8作品。琵琶湖の水を守る会会長の広岡(神山繁)が服毒死した。警察は自殺とみたが、湖水汚染を取材中だったルポライター光彦(水谷豊)は、環境保護に燃えていた広岡の自殺はありえないと調べ始める。その翌日、広岡の友人だった加賀が死体で発見された。死んだ二人には、共通の友人上島(仲谷昇)がいた。上島の経営する開発会社は、かつてレジャー施設を計画していたが、広岡に反対されて断念していた過去があった。光彦は上島を疑うが…。

「浅見光彦ミステリー8 琵琶湖周航殺人歌」(C)近代映画協会
西村京太郎サスペンス 冤罪
放送日:9月5日、10月16日
2000年・TV・カラー    原作:(原案)西村京太郎   監督:藤嘉行   脚本:鶴島光重  
出演:加藤剛/伊藤かずえ/沢向要士/早野ゆかり/山村紅葉   

突然襲った冤罪という理不尽に立ち向かう大学教授の姿を軸に、信じ合い支え合う家族の絆を描く。

娘の夫に突然ふりかかった強盗殺人の汚名!死刑判決を覆すために一人立ち上がった父親 執念の追跡劇は実るのか。

大学で民族学の主任教授をつとめる若杉(加藤剛)の娘・咲の夫・義巳が突然逮捕された。金融業者の家族三人を、元暴走族仲間の羽賀と共謀して殺害したという事件だが、義巳はまったく身に覚えがないと無実を主張。だが、犯行時刻のアリバイが立証できない。やがて、羽賀が弟と凶行におよんだ事実が濃厚になるが…。

「西村京太郎サスペンス 冤罪」(C)俳優座/TBS
西村京太郎サスペンス 冤罪Ⅱ
放送日:9月6日、10月17日
2000年・TV・カラー    原作:(原案)西村京太郎「殺人者はオーロラを見た」より   監督:藤嘉行   脚本:鶴島光重/小林悦子  
出演:加藤剛/伊藤かずえ/滝田裕介/浜田寅彦/岩崎加根子/石橋真帆/山村紅葉  

突然襲った冤罪という理不尽に立ち向かう大学教授の姿を軸に、痴呆老人に罪を着せた殺人事件の真相を解き明かす。

犯人は本当に痴呆症の老人なのか?善良な老人を食い物にする悪徳老人ホーム業者に若杉が立ち向かう。

若杉徹(加藤剛)は民族学を研究する大学教授。亡妻の母親・妙子と恩師・三条との間に再婚話が持ち上がり、徹は久しぶりに三条と再会。三条はM妙子と暮らす有料老人ホームの経営陣による悪質な不正行為について調査していると伝えるが、そのために嫌がらせや脅迫を受けていると若杉に伝える。その夜、浴室で三条が溺死する。

「西村京太郎サスペンス 冤罪Ⅱ」(C)俳優座/TBS
西村京太郎サスペンス 冤罪Ⅲ
放送日:9月7日、10月18日
2002年・TV・カラー    原作:(原案)西村京太郎「殺人者はオーロラを見た」「失踪計画」   監督:藤嘉行   脚本:鶴島光重  
出演:加藤剛/伊藤かずえ/いしだあゆみ/山村紅葉/加藤小次郎/石橋真帆  

突然襲った冤罪という理不尽に立ち向かう大学教授の姿を軸に、強盗傷害の容疑をかけられた若者の無実を証明する。

最愛の息子が突然5000万円強奪指名手配犯に…無実を信じる借金苦の母に宅配便で届いた1000万円の謎…執念の捜査が呼ぶ大逆転。

パチンコチェーン店の社長が襲われ、巨額の現金が強奪された。直後、姿を消した店のアルバイトで社長の娘の家庭教師の風岡が容疑者として浮上。凶器は風岡がコーチを務めるソフトボールチームのバットだという。孫娘・奈保の家庭教師でもある風岡の無実を信じる大学教授の若杉(加藤剛)だったが…。

「西村京太郎サスペンス 冤罪Ⅲ」(C)俳優座/TBS
西村京太郎サスペンス 冤罪Ⅳ
放送日:9月8日、10月19日
2003年・TV・カラー    原作:西村京太郎「ハイビスカス殺人事件」「殺人者はオーロラを見た」   監督:藤嘉行   脚本:池田幻/津田さより   
出演:加藤剛/伊藤かずえ/石橋真帆/山村紅葉/原田龍二/田中壮太郎/渡辺典子  

突然襲った冤罪というリ不理尽に立ち向かう大学教授の姿を軸に教え子の友人にかけられた殺人容疑の無実を証明するサスペンス。

骨髄ドナーは殺人犯!白血病の妹の命が危ない…11年前冤罪事件はなぜ起きた?手術までの48時間以内に真犯人を暴け!

長野県警の元刑事・松本が殺害された。逮捕された容疑者は若杉教授(加藤剛)の教え子・宇津木。彼は自分がやったと自供しているが、若杉は何かを隠していると感じ、若杉の娘・咲の親友で新聞記者の美津子と調査を開始。すると、11年前、殺人事件で逮捕された宇津木の親友・安藤の存在が浮かび上がった。現在、仮出所中の安藤を事件当時担当していたのが松本だったのだ。

「西村京太郎サスペンス 冤罪Ⅳ」(C)俳優座/TBS
殺意の証明
放送日:9月4日、9月14日、10月12日
1995年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:山内宗信   脚本:篠崎好  
出演:池上季実子/堤大二郎/西岡徳馬/石橋保/白川和子/清水ひとみ/高杢禎彦  

「夏樹静子旅情サスペンス 殺意の証明 不倫の代償?石巻-平泉と見えない影におびえる女!陸奥の連続殺人…恋人のために女が最後に賭けたものとは?驚きの結末」

夏樹静子の小説「駅に佇つ人」をドラマ化したラブ・サスペンス。サスペンス。宮城・石巻市内の公園で、焼き肉店店主・岸建造(江藤漢)が殺される事件が発生。現場に居合わせた学習塾教師・市原保夫(堤大二郎)が逮捕された。市原は犯行を自供。返り血が付着した上着も証拠となり、大貫警部補(西岡徳馬)は市原の犯行と断定する。だが、佐伯圭子(池上季実子)と名のる女性が面会に訪れ、私は事件とは無関係だと告げ帰った翌日、市原は突然自供を翻し、無実を主張。不審に思った大貫は2人の関係を調べはじめる。

「殺意の証明」(C)テレパック/TBS
秘めた絆
放送日:9月8日、9月25日、10月11日
1998年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:坂﨑彰   脚本:井上由美子  
出演:手塚理美/森口瑤子/神田正輝/渡辺裕之/神山繁  

「夏樹静子サスペンス 秘めた絆 夫が切り出したDNA鑑定で私の過去が暴かれる!高過ぎた仕返し不倫の代償」

DNA鑑定をテーマにした夏樹静子原作による異色サスペンス。会社社長・康平(神田正輝)の愛人・薫(森口瑶子)が彼との間の子ども・暁を連れ、正妻・珠子(手塚理美)を訪問。不倫を精算し、別の男性と家族三人で暮らしたいと告げる。

「秘めた絆」(C)PDS/TBS
襲われた二人
放送日:9月15日、9月29日、10月12日
1995年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:黒沢直輔   脚本:竹山洋  
出演:山本陽子/峰岸徹/黒沢あすか/中山仁/中尾彬/左時枝/浜田光夫/山田スミ子  

「襲われた二人 女子大生レイプ犯は夫!?妻のアリバイ崩し」

結婚16年目の主婦・八代冴子(山本陽子)の夫・真吾(浜田光夫)が海岸で刺殺された。通報者の女子大生・磯崎あき子(黒沢あすか)は、愛人の真吾とデート中、2人組の強盗に襲われたと証言。しかも、真吾が1000万円の手形を会社から横領していたとわかる。だが、夫の潔白を信じる冴子は、魚住刑事(峰岸徹)の協力で調査を開始。夫を殺した真犯人は、あき子の本当の恋人で真吾の親友・藤川良次(中山仁)と推理するが、藤川にはアリバイがあった。

「襲われた二人」(C)大映テレビ
大雪山殺人事件
放送日:9月11日、10月4日、10月16日
1989年・TV・カラー    原作:梓林太郎「大雪山殺人事件」   監督:井上芳夫   脚本:安本莞二/井上芳夫  
出演:伊藤かずえ/露口茂/広岡瞬/甲斐智枝美/長門裕之  

みどり(伊藤かずえ)は旭川九条署に初めて誕生した24歳の女刑事。友人と大雪連峰の旭岳に登り、「ヒグマだ!」の声に避難小屋へ逃げる。連れとはぐれたという大高(広岡瞬)が転がり込み、やがて大高の愛人・千代子の死体が発見される。解剖の結果、熊のツメ跡とは違う、深さ10センチの刺し傷が。みどりはベテランの筑前刑事(露口茂)と捜査を始める。

「大雪山殺人事件」(C)大映テレビ
八甲田山・死の誘い
放送日:9月12日、10月5日、10月17日
1990年・TV・カラー    原作:梓林太郎   監督:井上芳夫   脚本:安本莞二  
出演:伊藤かずえ/露口茂/金田賢一/星野雄史/川崎敬三  

八甲田に登山に来た東京の電機店店員の3人が、原生林に迷い込み遭難した。偶然、山歩きしていた旭川署の刑事・みどり(伊藤かずえ)が、迷っていた江尻(星野雄史)を救助。が、残り二人は遺体で発見されるた。事情聴取後、江尻は青森発の寝台車で帰京した。が、深夜何者かに刺殺される。みどりと上司の筑前(露口茂)が捜査を開始した。

「八甲田山・死の誘い」(C)大映テレビ
白馬岳殺意の峰
放送日:9月13日、10月6日、10月18日
1990年・TV・カラー    原作:梓林太郎    監督:岡屋龍一    脚本:安本莞二   
出演:伊藤かずえ/露口茂/宮田恭男/菊地陽子/織本順吉  

石狩川でレストラン経営者・池田の変死体が発見される。続いて、池田の息子・直彦が登山中に誰かに突き落とされ重体。娘の那保子も誘拐される。犯人は、池田の現住所を知るために、「20年前万引きした代金を返したからから、捜してくれ」と匿名の手紙を警察に出していた。事件を追うみどり(伊藤かずえ)と筑前(露口茂)は、池田の友人・森山に会う。

「白馬岳殺意の峰」(C)大映テレビ
ダイエット三姉妹の旅情事件簿 1
放送日:9月19日、10月26日
1997年・TV・カラー    監督:岡屋龍一   脚本:篠崎好  
出演:片平なぎさ/高瀬春奈/森公美子/坂上二郎/若林豪/山口嘉三  

三樹子(片平なぎさ)の勤める探偵事務所の依頼人が殺された。手口から、14年前に悪徳金融業者・小宮山を殺した人物の犯行と断定されるが、事件は未解決のまま時効が迫っていた。捜査に乗り出した三樹子は、所長の島村(坂上二郎)や姉の太重子(高瀬春奈)、奈加子(森公美子)と、事件の前に被害者が訪れていた富山県の大牧温泉へ向かう。やがて浮かんだ容疑者・柚木(若林豪)にはアリバイがあった。

「ダイエット三姉妹の旅情事件簿 1」(C)大映テレビ
ダイエット三姉妹の旅情事件簿 2
放送日:9月20日、10月27日
1998年・TV・カラー    監督:岡屋龍一   脚本:篠崎好  
出演:千堂あきほ/高瀬春奈/大場久美子/竹内都子/火野正平  

三樹子(千堂あきほ)の勤める探偵事務所に弥生(大場久美子)が夫・北沢の捜索を依頼してきた。が、その北沢は他殺体で発見される。北沢は死の直前、愛人の真弓(宝城清子)と北海道を旅行。彼女を受取人に高額の生命保険に加入しており、真弓に保険金殺人の疑いが浮上する。真弓を追う三樹子は彼女の故郷・小樽へ向かう。姉の太重子(高瀬春奈)、奈加子(竹内都子)も強引に動向するが…。

「ダイエット三姉妹の旅情事件簿 2」(C)大映テレビ
ダイエット三姉妹の旅情事件簿 3
放送日:9月21日、10月30日
1999年・TV・カラー    監督:岡屋龍一   脚本:難波江由紀子  
出演:藤田朋子/高瀬春奈/竹内都子/若林豪/赤座美代子/中原果南/星遥子/甲本雅裕/白川和子  

島村探偵事務所は、元警視庁の刑事で所長の島村(若林豪)と三樹子(藤田朋子)の二人だけでやっている。短大時代の友人の紫織(中原果南)から連絡を受けた三樹子は、姉の太重子(高瀬春奈)や奈加子(竹内都子)と共に紫織のいる岩手の安比へ向かう。紫織の用件は、横領の疑いを掛けられて指名手配され、ずっと行方不明になっていた実の父が、最近、七時雨山で白骨死体で発見されたことだった。

「ダイエット三姉妹の旅情事件簿 3」(C)大映テレビ
ダイエット三姉妹の旅情事件簿 4
放送日:9月22日、10月31日
2000年・TV・カラー    監督:岡屋龍一   脚本:保利吉紀  
出演:藤田朋子/高瀬春奈/竹内都子/若林豪/沢本忠雄/黒沢裕美/あずみれいか/誠直也  

母の好子(あずみれいか)が失踪し、冴子(黒沢裕美)は島村探偵事務所所長の島村(若林豪)に相談する。所員の三樹子(藤田朋子)は島村に頼まれ、姉の太重(高瀬春奈)、奈加子(竹内都子)と共に冴子のいる釧路へ向かう。三樹子は釧路市内で不動産屋を経営している須貝の死体を発見し、20年前に2人組の男に暴行を受けたことがある好子が独自に犯人を突き止めて復讐を果たしたのではないかと推理する。

「ダイエット三姉妹の旅情事件簿 4」(C)大映テレビ
新任判事補 1
放送日:10月13日
1994年・TV・カラー    原作:佐木隆三「生きている裁判官」(中央公論社)/渡部保夫「刑事裁判ものがたり」(潮出版社   監督:森﨑東   脚本:国弘威雄  
出演:千堂あきほ/岸部一徳/中村敦夫/内海桂子/斎藤晴彦  

新任判事補・美奈子(千堂あきほ)は総括判事の大岡(中村敦夫)、判事の長谷部(岸部一徳)と「ホステス殺人事件」の担当になった。事件は少年二人がホステス・花子に暴行しようととして失敗し、ガケから落として殺害したものだ。少年たちは当初殺人を否定していたが、後に自供、再び否定へと供述を変えた。調書に疑問を持った美奈子は、少年たちが殺したのではなく花子自身が道を誤って落ちたのではないかと推理するが…。

「新任判事補 1」(C)近代映画協会
新任判事補 2
放送日:10月13日
1995年・TV・カラー    原作:佐木隆三   監督:森崎東   脚本:国弘威雄  
出演:千堂あきほ/斎藤晴彦/内海桂子/中村敦夫/高畑淳子  

都内で農業を営む老人・茂吉(近松敏夫)が猫いらずで毒殺された。新人判事補の美奈子(千堂あきほ)は、上司の大岡(中村敦夫)、先輩でベテラン判事の房枝(高畑淳子)らと審理に入る。被告は茂吉の娘・美和(上原由恵)、夫の与四郎(苅谷俊介)。猫いらずを茂吉の好きなモナカに仕掛けたと自供。与四郎は金融業者から2000万の借金返済を迫られており、遺産相続目当てだった。ところが、証人席に立った美和がモナカをすべて捨てたと証言する。

「新任判事補 2」(C)オセロット
エステ美女連続殺人事件!
放送日:10月9日、10月31日
1997年・TV・カラー    監督:井上芳夫   脚本:掛札昌裕  
出演:中村梅雀/近藤正臣/原日出子/羽場裕一/久我陽子/若林豪/加納竜/あめくみちこ  

立花(中村梅雀)は日本舞踊の家元の跡継ぎでありながら刑事になった変わり種。ある日、「東洋エステ」のチーフコンダクター・由加里が殺された。先輩刑事の柊(近藤正臣)と「東洋エステ」に向かった立花は、由加里に不審な無言電話があったと知る。社長の岩井(加納竜)や現場責任者のひかる(あめくみちこ)からは重要な証言を聞けなかったが、立花と同じマンションに住む「東洋エステ」の広報担当・夏子(原日出子)から、事件の前に黒枠で囲んだ由加里の写真が届いていたことを聞く。

「エステ美女連続殺人事件!」(C)大映テレビ
ランジェリーモデル殺人事件
放送日:10月10日
1997年・TV・カラー    監督:井上芳夫   脚本:掛札昌裕  
出演:中村梅雀/近藤正臣/根本りつ子/山下規介/白島靖代/羽場裕一/久野真紀子/筒井真理子  

下着メーカー、アストリードのモデル・千鶴(桜樹ルイ)が殺された。警部補の勇一郎(中村梅雀)と柊刑事(近藤正臣)は、千鶴がアストリードの専務・久男(山下規介)の恋人だったことに着目、捜査の中で、久男の姉で社長の美奈(根本りつ子)が3年前に事故で失明したことを知る。やがてチーフデザイナーの由紀子(久野真紀子)が襲われ、久男と関係のあったデザイナー・アキ(中嶋宏海)が殺される。

「ランジェリーモデル殺人事件」(C)大映テレビ
介護ヘルパー殺人事件簿
放送日:9月19日、10月3日
2001年・TV・カラー    監督:伊藤寿浩   脚本:佐伯俊道   
出演:水谷豊/床嶋佳子/東恵美子/黒田アーサー/藤岡琢也/岡まゆみ  

平太郎(水谷豊)はホームヘルパーの資格を持つ介護タクシーの運転手、妻のみゆき(床嶋佳子)は小学校の保健教諭だ。平太郎は、休日にコーチをする子供たちのサッカーチームで、直樹が貢をいじめるのを目撃。貢は直樹の担任・麻美(岡まゆみ)の息子だった。そんな中、直樹の母親の死体が公園で見つかる。

「介護ヘルパー殺人事件簿」(C)オセロット
おんせんデカ 修善寺温泉駐在日記
放送日:9月15日、10月2日
1999年・TV・カラー    監督:伊藤寿浩   脚本:櫻井武晴  
出演:水谷豊/吉田日出子/朝丘雪路/城後光義/片桐竜次/竹本孝之  

温夫(水谷豊)は亡妻の実家の温泉旅館を手伝うために刑事を辞め、伊豆・修善寺駐在所の警官に。しかし、義母・清子(朝丘雪路)には警官も辞めるように言われている。そんな折、管内の別荘で老舗和菓子屋社長・吉村が殺された。温夫は現場から逃走する古川(城後光義)の姿を目撃するが、犯行を否認。温夫は事件の捜査主任で刑事時代の同僚・千賀子(吉田日出子)と真相を追う。

「おんせんデカ 修善寺温泉駐在日記」(C)オセロット
臨床心理士 1
放送日:10月20日
2000年・TV・カラー    監督:猪崎宣昭   脚本:坂上かつえ  
出演:坂口良子/野際陽子/加賀まりこ/菊池麻衣子/小野武彦/梨本謙次郎  

百合(坂口良子)は総合病院の臨床心理士。悪夢に悩まされ、通院していた悦子(菊池麻衣子)が殺人事件に巻き込まれた。被害者は悦子の父で税理士の忠男(牧村泉三郎)。目撃証言などから犯人は悦子とみられているが、彼女は事件当時のことを覚えていないと証言しているという。百合は悦子の記憶の回復に着手する。

「臨床心理士 1」(C)ノアズ
臨床心理士 2
放送日:10月23日
2000年・TV・カラー    監督:猪崎宣昭   脚本:坂上かつえ  
出演:坂口良子/野際陽子/川岡大次郎/左時枝/小野武彦/梨本謙次郎/石倉三郎   

臨床心理士・百合(坂口良子)は大学の非常勤講師に。大学近くで、刑事の佐川(井上博一)が変死した。佐川は、15年前に群馬の赤城山中で起こった変死事件を再調査中で、百合の講義の聴講生・智哉(川岡大次郎)に接触を試みていた。やがて、智哉が5歳のころに誘拐され、赤城山中で発見されたとわかる。智哉の心理分析を行った百合は、事件に“長い髪の女”が関係していると気づく。

「臨床心理士 2」(C)ノアズ
臨床心理士 3
放送日:9月1日、10月24日
2001年・TV・カラー    監督:猪崎宣昭   脚本:坂上かつえ  
出演:坂口良子/川上麻衣子/野際陽子/小野武彦/高橋かおり/梨本謙次郎/野川由美子/平泉成  

臨床心理士・百合(坂口良子)が勤務する病院に、有能な看護婦・千尋(川上麻衣子)を訪ねて川上刑事(平泉成)が現れた。千尋の妹・美幸(高橋かおり)に印刷会社勤務の後藤(青島健介)殺しの容疑がかかったのだ。美幸は出版社社員・八木沢(中丸新将)と結婚予定で、警察は男遊びの過去を消すための口封じだとにらむが…。

「臨床心理士 3」(C)ノアズ
臨床心理士 4
放送日:9月4日、10月25日
2001年・TV・カラー    監督:当摩寿史   脚本:いずみ玲  
出演:坂口良子/丘みつ子/野際陽子/小野武彦/洞口依子/梨本謙次郎/新藤恵美  

弁当店で働く弓枝(丘みつ子)のアパートで別居中の夫・良彦(佐戸井けん太)の刺殺体が見つかった。警察は事件後、姿を消した息子のミツオ(沢木哲)を捜す。臨床心理士の百合(坂口良子)は、友人の滝田刑事(梨本謙次郎)の依頼で、事件を目撃したショックから当時の記憶を失っている弓枝のカウンセリングを開始する。が、ミツオの身柄が拘束されると、弓枝の証言は二転三転し…。

「臨床心理士 4」(C)ノアズ
臨床心理士 5
放送日:9月5日、10月26日
2002年・TV・カラー    監督:猪崎宣昭   脚本:坂上かつえ/真部千晶  
出演:坂口良子/野際陽子/未來貴子/藤田朋子/羽場裕一/前田亜季/藤田弓子/梨本謙次郎  

臨床心理の百合(坂口良子)の元へ、万引きした14歳の奈月(前田亜季)がカウンセリングを受けに来た。百合は滝田刑事(梨本謙次郎)から、奈月の殺人事件への関与の疑いを知らされる。事件はフリーライターの金子が他殺体で発見されたもの。その最重要容疑者で現在行方不明の直美の家を、奈月が1人で訪ねていたという。百合に対して態度を軟化させた奈月は、父・秀明(羽場裕一)と直美が依然から不倫関係にあると明かす。

「臨床心理士 5」(C)ノアズ
臨床心理士 6
放送日:9月6日、10月27日
2002年・TV・カラー    監督:猪崎宣昭   脚本:坂上かつえ/真部千晶  
出演:坂口良子/渡辺梓/野際陽子/藤田朋子/中島ひろ子/渡辺典子/梨本謙次郎/モロ師岡  

臨床心理士の百合(坂口良子)は洋食店で、患者の真純(中島ひろ子)と遭遇。老舗呉服店に嫁いだ真純はストレスによる過食症で、百合のカウンセリングを受けていた。洋食店を夫と営む千佳(渡辺典子)と店にいた和子(渡辺梓)は、真純の中学からの親友だという。そんな折、百合は滝田刑事(梨本謙次郎)から、数日前、殺害された恐喝屋・西島(モロ師岡)が千佳夫婦を脅していたという話を聞く。が、千佳は、自分の店より大金が取れるからと、真純の秘密を西島にバラしたらしいことがわかってくる。

「臨床心理士 6」(C)ノアズ
臨床心理士 7
放送日:9月7日、10月30日
2002年・TV・カラー    監督:猪崎宣昭   脚本:坂上かつえ/真部千晶  
出演:坂口良子/中田喜子/野際陽子/藤田朋子/萩尾みどり/梨本謙次郎/津嘉山正種/すまけい  

臨床心理士・百合(坂口良子)の元に、以前カウンセリングを受けていた15歳の美佳(邑野未亜)から自殺予告の電話が。幸い美佳は軽いケガで済むが、両親は多くを語らない。百合は美佳がカウンセリングをやめた後、長野県にある問題のある子どもの施設に入っていたことを知る。さらに施設の職員・大橋(武野功雄)が殺された件で、刑事が美佳の身辺を調べていたことが分かる。

「臨床心理士 7」(C)ノアズ
女検事 霞夕子 13
放送日:10月2日
1998年・TV・カラー    原作:夏樹静子「橋の下の凶器」より   監督:猪崎宣昭   脚本:橋本綾  
出演:鷲尾いさ子/長山藍子/内藤武敏/茅島成美/朝丘雪路/村田雄浩/斉藤洋介  

検事の夕子(鷲尾)は、大学の名誉教授・城崎(内藤)が自宅で殺された事件を担当。妻と死別した城崎は近くスナックのママ・怜花(茅島)と再婚する予定だった。警察は以前怜花と内縁関係に遭ったスナックの従業員に容疑をかけるが・・・。

「女検事 霞夕子 13」(C)ユニオン映画
検事 霞夕子 14
放送日:10月3日
1999年・TV・カラー    原作:夏樹静子「早朝の手紙」より   監督:猪崎宣昭   脚本:中岡京平  
出演:鷲尾いさ子/床嶋佳子/沖直未/あめくみちこ/長塚圭史/斉藤洋介/朝丘雪路  

マンションの一室で美術評論家の槙(西田)の刺殺体が見つかり、屋上で妻・みさき(あめく)の首つり死体が発見された。警察は、槙の浮気や父・矢嶋(織本)の病気を苦に、みさきが無理心中を図ったとみるが、夕子(鷲尾)は事件に不審を抱く。

「検事 霞夕子 14」(C)ユニオン映画
検事 霞夕子 15
放送日:10月4日
2000年・TV・カラー    原作:夏樹静子「知らなかった」より   監督:猪崎宣昭   脚本:橋本綾  
出演:鷲尾いさ子/小松政夫/冨士眞奈美/石野真子/水橋研二/斉藤洋介/朝丘雪路  

夕子の事情聴取を受けた昌江は、トヨノが保険以外にもう一つラブレターを隠していたと証言。仲のいい2人の唯一のトラブルは、コーヒーが好きか嫌いだけだったらしい。ところが、昌江は、半年前、荒れるトヨノを見た、と続けた。それまでわが子のように大切にしていた花壇の手入れをやめたトヨノは、昌江に“私の心はもう死んでしまった”と明かしたという。まもなく、守が行きつけの喫茶店のバイト店員・工藤三鈴(石野真子)と不倫関係に陥り、半年前にそのことがトヨノにバレていたことが分かった。

「検事 霞夕子 15」(C)ユニオン映画
検事 霞夕子 16
放送日:10月5日
2000年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:吉本潤   脚本:坂上かつえ  
出演:鷲尾いさ子/中村梅雀/余貴美子/織本順吉/斉藤洋介/朝丘雪路/村田雄浩  

横浜市内のマンションで転落死亡事件が発生。現場となった部屋を調べた警察は、指紋がきれいにふき取られていたことなどから、争った末の殺人事件と断定した。死亡したのは佐久間和義というインテリア輸入業者。県警の警部・黒沢紀一(中村梅雀)から報告を受けた霞夕子(鷲尾いさ子)は、女性関係が派手だった佐久間が痴情絡みで殺されたとにらんだ。

「検事 霞夕子 16」(C)ユニオン映画
検事 霞夕子 17
放送日:10月6日
2001年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:吉本潤   脚本:橋本綾  
出演:鷲尾いさ子/手塚理美/布川敏和/美保純/斉藤洋介/村田雄浩/朝丘雪路  

横浜市内の住宅で明石啓一郎(布川敏和)という広告代理店勤務の男が刺し殺された。現場は、明石の愛人で、海外のブランド品メーカーの部長をしている岸本由加(美保純)の自宅。現場検証に立ち会った夕子(鷲尾いさ子)は、高価な調度品の中にあった、10枚程の1円玉が入った空のペットボトルと、由加が台所から消えたと証言した茶筒に注目した。

「検事 霞夕子 17」(C)ユニオン映画
検事 霞夕子 18
放送日:10月9日
2001年・TV・カラー    原作:夏樹静子   監督:吉本潤   脚本:坂上かつえ  
出演:鷲尾いさ子/平田満/中島ひろ子/高橋克実/斉藤洋介/村田雄浩/朝丘雪路  

横浜港の空き倉庫で女の絞殺死体が発見された。被害者は東京・板橋のアパートに住むクラブ歌手兼ホステスの真野玲子。捜査を担当した県警刑事・富田の報告によると、玲子が横浜のクラブで働き始めて約4ヶ月、その前は3年程金沢にいたらしい。 そんな折、夕子(鷲尾いさ子)の元に、かつての部下で現在は大宮で勤務している事務官・山野一平が現れ、犯人はアパレル関連の会社を経営する田部井俊彦に違いない、と話した。

「検事 霞夕子 18」(C)ユニオン映画
検事 霞夕子 19
放送日:10月10日
2002年・TV・カラー    原作:夏樹静子    監督:猪崎宣昭   脚本:坂田義和  
出演:鷲尾いさ子/藤真利子/中本賢/沖直未/古尾谷雅人/斉藤洋介/村田雄浩/朝丘雪路  

鶴見川の河川敷で男の他殺死体が見つかった。被害者は村井康弘(菊池隆則)という商社マン。新聞に掲載されたこの村井の顔写真を見た夕子(鷲尾いさ子)は、4年前、居酒屋で発生したある殺人事件のことを思い出した。この事件は、田辺美奈という女子大生が星合勘一(中本賢)という男に撲殺されたというもの。その半年程前、電車内で美奈を狙った痴漢騒ぎがあり、美奈の証言などで無実を主張していた星合の有罪が決まった、という伏線があった。

「検事 霞夕子 19」(C)ユニオン映画
検事 霞夕子 20
放送日:9月1日、10月11日
2003年・TV・カラー    原作:夏樹静子    監督:斎藤光正   脚本:橋本綾  
出演:鷲尾いさ子/丘みつ子/高橋長英/神山繁/原知佐子/斉藤洋介/村田雄浩/朝丘雪路  

横浜の住宅地にある民家で刺殺事件が発生した。被害者は、以前マルチ商法まがいのことをして世間を騒がせた金融業を営む郡進一(中原丈雄)。郡の家族は、遺体第一発見者で妻の安西葉子(山下容莉枝)と娘・美里(矢野詩多)の2人。葉子は事件当時、美里と小田原の実家に帰っていたとアリバイを主張していた。事件を担当した夕子(鷲尾いさ子)は、郡が葉子の連れ子の美里を虐待していたとの情報をキャッチ。また、郡が少年時代にレイプ事件を起こし、その被害者が自殺していたことも明らかになった。

「検事 霞夕子 20」(C)ユニオン映画
視聴サービス一覧
  • 日映シネマガ
  • ご加入はこちら 視聴方法

加入キャンペーン

スカパー!

  • スカパー!

スカパー!プレミアムサービス

  • スカパー!プレミアムサービス

J:COM

  • J:COMタブレット端末実質0円

ひかりTV

  • ひかりTV新規加入キャンペーン

PR

  • 衛星放送協会
  • 不正視聴防止キャンペーン
ページトップへ戻る

スマートフォン版

スマートフォン版

PC版

PC版