必見!イチオシ企画

時代劇専門チャンネル開局20周年記念作品 新作オリジナル時代劇池波正太郎時代劇スペシャル 「雨の首ふり坂」

姉妹チャンネルの時代劇専門チャンネルが、開局20周年記念作品として製作した新作オリジナル時代劇「雨の首ふり坂」。時代劇専門チャンネルと同時放送でお届けします。

池波正太郎時代劇スペシャル 「雨の首ふり坂」特設サイトはこちら

池波正太郎時代劇スペシャル「雨の首ふり坂」
放送日:7月21日
2018年・オリジナル・カラー    監督:河毛俊作   脚本:大森寿美男  
出演:中村梅雀/三浦貴大/中尾明慶/泉谷しげる/大杉漣  

時代劇専門チャンネルが、開局20周年記念作品として製作した新作オリジナル時代劇。時代小説の大家・池波正太郎が1971年に発表した股旅ものの短篇「雨の杖つき坂」を自ら戯曲に書き改めた「雨の首ふり坂」を豪華キャストで初映像化。主演を務める名優・中村梅雀。さらに、大杉漣、泉谷しげるといったベテランから、三浦貴大、中尾明慶といった若手俳優まで、世代をまたがった様々な俳優たちが顔を揃え、ドラマに男の色気をただよわせます。音楽を担当したのは、ジャズや昭和歌謡を取り込んだ独自の世界観で多くの音楽ファンを魅了してきたEGO-WRAPPIN'。
一人の老いた渡世人・白須賀の源七(中村梅雀)は、奇妙な運命の糸に手繰られるように、信州小諸の首ふり坂へ向かっていた。遡ること27年、若き日の源七(馬場徹)は兄弟分の藪塚の半蔵(金井勇太)と共に、ある貸元から敵対する前坂一家の親分殺しを請け負ったが、負傷してしまい、髪結い・おふみ(芦名星)に助けられる。源七がおふみの家に転がり込んで数か月後、迫る刺客から逃れるため、源七は自分の子を宿したおふみを残して半蔵と姿を消した。それから25年後、年老いてもなお殺しを請負ながら諸国を渡り歩いていた源七は、信州追分で若い渡世人・白井の彦太郎(中尾明慶)と出会い、竹原一家の親分(矢島健一)殺しを二人で請け負うことになる。

「池波正太郎時代劇スペシャル「雨の首ふり坂」」(C)2017時代劇専門チャンネル/J:COM/松竹

視聴方法