• 視聴方法 日本映画専門チャンネルを見たい方はこちら! 詳しくみる
  • スカパー!で見る
  • J:COMで見る

注目のキーワード

HOME > 今月・来月のオススメ! > 5.6「追憶」公開記念
【24時間まるごと 監督・降旗康男×キャメラマン・木村大作の仕事】「駅 STATION<デジタルリマスター版>」ほか
今月・来月のオススメ!

「駅 STATION<デジタルリマスター版>」ほか

駅 STATION<デジタルリマスター版>
放送日:5月5日、5月6日、5月11日、5月13日、5月18日、5月26日、6月2日
1981年・映画・カラー    監督:降旗康男   脚本:倉本聰  
出演:高倉健/倍賞千恵子/いしだあゆみ/烏丸せつこ/古手川祐子/根津甚八/名古屋章/大滝秀治  

「北の国から」の脚本家・倉本聰が高倉健のために書き下ろしたというオリジナルシナリオをもとに映画化。北海道警察の刑事で、オリンピックの射撃選手に選ばれるほど射撃に関して優秀な刑事・三上英次(高倉)。刑事としてのプライドと責任感を持ちながら孤独に生きる一人の刑事の10年余にわたる軌跡を、三人の女たち(いしだ、倍賞、烏丸せつこ)の出会いと別れを通して描く。高倉健の魅力が満載された作品。

「駅 STATION<デジタルリマスター版>」(C)東宝
居酒屋兆治
放送日:5月5日、5月8日、5月11日、5月13日、5月19日、5月28日、5月30日、6月1日
1983年・映画・カラー    原作:山口瞳   監督:降旗康男   脚本:大野靖子  
出演:高倉健/加藤登紀子/大原麗子/田中邦衛/伊丹十三/平田満/左とん平/小松政夫/ちあきなおみ  

「駅 STATION」の降旗康男監督、高倉健主演のコンビで描く山口瞳原作の人間ドラマ。わけあって造船会社を辞めた兆治こと英治(高倉)は、女房の茂子(加藤)と函館のはずれで「兆治」というささやかな居酒屋を始めた。英治にはかつて、さよ(大原)という恋人がいて、今は牧場主のもとに嫁ぎ幸福に暮らしているはずだった。ところが、さよはある日突然、開店前の「兆治」にやってくる。さよは今でも英治を思いつづけていた。英治とかつての恋人、さよとの想いの流れを追いながら、茂子との日常や、「兆治」に集う客たちのそれぞれの人生を情感を込めて描く。

「居酒屋兆治」(C)東宝
夜叉
放送日:5月5日、5月6日、5月9日、5月13日、5月20日、5月25日、5月29日、6月2日
1985年・映画・カラー    監督:降旗康男   脚本:中村努  
出演:高倉健/田中裕子/いしだあゆみ/ビートたけし/乙羽信子/田中邦衛/あき竹城/小林稔侍  

背中一面に彫られた刺青から"夜叉"と呼ばれた大阪・ミナミの伝説の男、修治(高倉)は、女のためにヤクザから足を洗い、日本海で漁師となって妻子と暮らしていた。ある冬、ミナミから蛍子(田中)という女が流れてきて小さな居酒屋を開く。その都会の刺激と香りに満ちた妖しい魅力に男の心が揺れ動く。しばらくして、蛍子のヒモでシャブ中のヤクザ、矢島(たけし)が現れる。矢島が漁師仲間たちに覚醒剤を売っているのを知った時、再び修治の中の夜叉が蘇る・・・。高倉健が久しぶりのヤクザ役で出演、男の内面にあるギラリとした鮮烈な情念と哀感の翳りをいぶし銀の演技で見せる。

「夜叉」(C)東宝
魔の刻<R-15>
放送日:5月5日、5月10日、5月13日、5月15日、6月6日、6月14日、6月27日
1985年・映画・カラー    原作:北泉優子   監督:降旗康男   脚本:田中陽造  
出演:岩下志麻/坂上忍/岡田裕介/岡本かおり/石橋蓮司/神山繁/伊武雅刀  

北泉優子の同名小説を田中陽造が脚本化、「居酒屋兆治」の降旗康男監督と木村大作撮影のコンビによるサスペンスドラマ。受験の失敗に悩む息子を愛するがあまり、彼を男として受け入れてしまった母。やがて二人は、奇妙な過去を持つ中年男と、少年に激しく愛を迫る少女と出会い…。母親が息子との愛を清算し自立していくまでを岩下志麻が熱演。母としての微妙な心理を見事に演じきった。天才子役と言われた坂上忍がそれまでのイメージを捨てて初のベッドシーンを演じ新境地を見せた。

「魔の刻<R-15>」(C)東映
別れぬ理由<R-15>
放送日:5月5日、5月8日、5月15日、5月20日、5月24日
1987年・映画・カラー    原作:渡辺淳一   監督:降旗康男   脚本:那須真知子  
出演:三田佳子/津川雅彦/古尾谷雅人/南條玲子/今陽子/平尾昌晃  

「ひとひらの雪」「失楽園」の渡辺淳一原作小説を映画化。外科医の夫と雑誌記者であるその妻は、それぞれ相手の目を盗んで人妻と、同僚の年下男性と浮気をしている。顔を合わせるとそれぞれにしらばくれながらの、綱渡りの浮気合戦をコメディータッチで描いた快作。

「別れぬ理由<R-15>」(C)東映
あ・うん
放送日:5月5日、5月8日、5月12日
1989年・映画・カラー    原作:向田邦子   監督:降旗康男   脚本:中村努  
出演:高倉健/富司純子/板東英二/富田靖子/宮本信子/山口美江/三木のり平/大滝秀治  

向田邦子の代表作「あ・うん」を高倉健主演で映画化。友情で結ばれた門倉(高倉)、水田(板東)と、門倉が秘めたる思慕を寄せる水田の妻・たみ(富司)の3人の微妙な人間模様を描く。羽振り良い中小企業の社長・門倉とつましい月給暮らしの水田は、見栄えも性格も対照的ながら、まるで神社の鳥居にならぶ一対の狛犬、阿(あ)と吽(うん)のように親密な友情で結ばれている。太平洋戦争の影が忍び寄る世相を背景に、家族の交流や庶民の喜怒哀楽をユーモアと哀歓を交えて描く。

「あ・うん」(C)東宝
遺産相続
放送日:5月5日、5月7日、5月9日、5月16日、5月20日、5月24日、5月29日、6月5日、6月13日、6月20日、6月28日
1990年・映画・カラー    監督:降旗康男   脚本:松田寛夫  
出演:佐久間良子/小川真由美/宮崎萬純/ 清水美砂/野々村真/尾美としのり/風間杜夫   

とある中小企業の社長の急死によって巻き起こる、内縁の妻と本妻の壮絶な遺産相続戦争をブラックユーモアたっぷりに綴ったドラマ。セントラル工芸の社長・藤島元春は内縁の妻・喜久恵と中小企業ながらもなんとか会社を切り盛りしていた。そんなある日、藤島が急死、遺産は50億円を超えていた。しかし、遺言書がなかったために法律通り、遺産は本妻と子供たちで半分ずつ分配されることになる。この会社を大きくしたのは喜久恵の力あってこそ。内縁の妻であるため遺産が入って来ないと冷たく言い放つ弁護士・安西に喜久恵は怒り狂った…。

「遺産相続」(C)東映
ホタル
放送日:5月5日、5月10日、5月21日、5月23日、5月27日、5月31日
2001年・映画・カラー    監督:降旗康男   脚本:竹山洋/降旗康男  
出演:高倉健/田中裕子/夏八木勲/原田龍二/水橋貴己/小林綾子/中井貴一/奈良岡朋子  

「鉄道員」の高倉健と監督・降旗康男、キャメラマン・木村大作による、戦争が遺した深い傷を静謐なタッチで見つめる力作。桜島を望む鹿児島の小さな港町で静かに暮らす山岡(高倉)と妻の知子(田中)。漁師をしていた山岡は、知子が14年前に肝臓を患い人工透析が必要になったのを機に沖合での漁をやめカンパチの養殖を始めた。時代が“平成”に変わったある日、同じ特攻隊の生き残りの戦友の自殺に動揺する山岡は、隊員に慕われた富子(奈良岡)に頼まれ、朝鮮人の特攻隊員の遺品を届けに夫婦で韓国に飛ぶ。

「ホタル」(C)2001「ホタル」製作委員会
赤い月<PG-12>
放送日:5月5日、5月9日、5月14日、5月27日、6月6日、6月8日、6月27日
2004年・映画・カラー    原作:なかにし礼   監督:降旗康男   脚本:井上由美子/降旗康男  
出演:常盤貴子/伊勢谷友介/香川照之/布袋寅泰/山本太郎/反田孝幸/大杉漣  

直木賞作家・なかにし礼が実母をモデルに執筆した小説を「鉄道員(ぽっぽや)」の降旗康男が監督。動乱の時代に情熱的な人生をまっとうするヒロインを常盤貴子が力強く演じる。1930年代、満州。栄華を極める森田酒造の社長夫人・波子(常盤)は、奔放な恋愛を繰り広げていた。1945年、ソ連軍が満州に侵攻し、波子は子供を連れて夫(香川)のいるハルピンへ逃れる。そこでかつて想いを寄せていた氷室(伊勢谷)と再会する。

「赤い月<PG-12>」(C)「赤い月」製作委員会
単騎、千里を走る。
放送日:5月5日、5月11日、5月24日、5月30日、6月5日
2006年・映画・カラー    原作:(原案)チャン・イーモウ/ヅォウ・ジンジー/ワン・ビン   監督:チャン・イーモウ   脚本:ヅォウ・ジンジー  
出演:高倉健/寺島しのぶ/リー・ジャーミン/ヤン・ジェンボー/(声)中井貴一  

高倉健演じる主人公が、息子の最期の願いを叶えるため単身中国へわたり旅をする人間ドラマ。巨匠チャン・イーモウが長年の希望である高倉健を主役に起用した日中合作映画。漁村で静かに暮らす高田(高倉)の元に、東京から息子の健一が重病だと知らせが届く。しかし親子は長年にわたって絶縁状態で、健一は父親の面会を拒む。高田は、民俗学者である息子がやり残した仕事を自分が代わって成し遂げようと、中国の麗江市へ旅立つ。

「単騎、千里を走る。」(C)2005 Elite Group(2004) Enterprises Inc.
憑神
放送日:5月6日、5月9日、5月19日、5月20日、5月22日、6月7日、6月19日、6月27日
2007年・映画・カラー    原作:浅田次郎   監督:降旗康男   脚本:降旗康男/小久保利己/土屋保文  
出演:妻夫木聡/西田敏行/石橋蓮司/佐々木蔵之介/夏木マリ/鈴木砂羽/香川照之/江口洋介  

大ヒット映画「鉄道員」の原作・浅田次郎と、監督・降旗康男が8年ぶりにタッグを組んだ話題作にして、妻夫木聡演じる幕末の侍の数奇な運命を描いた時代劇コメディ。別所彦四郎(妻夫木)は下級武士ながら由緒ある家柄の出だったが、ある事件をキッカケに婿養子に行った家から離縁され、兄の家に居候する身だった。そんな彼はささやかな出世を祈って神頼みするが、よりによって祈ったお稲荷様が災いを呼び寄せるお稲荷様だったからサア大変!こうして貧乏神(西田)・疫病神(赤井英和)・死神(森迫永依)に取り憑かれ、彦四郎に受難の日々が始まるのだが…。

「憑神」(C)2007「憑神」製作委員会
「追憶」公開記念特番 活動屋・木村大作伝説~キャメラで見つめた、あの人の背中~
2017年・オリジナル・カラー   
出演:木村大作/聞き手:笠井信輔(フジテレビアナウンサー)  

5月6日公開の最新作「追憶」に至るまで、時代を代表する映画俳優を撮り続けてきた、キャメラマン・木村大作。“活動屋”としての自らの映画人生、そして盟友・高倉健への想いを、余すところなく語り尽くす。

「「追憶」公開記念特番 活動屋・木村大作伝説~キャメラで見つめた、あの人の背中~」(C)日本映画放送
視聴サービス一覧
  • 日映シネマガ
  • ご加入はこちら 視聴方法

加入キャンペーン

スカパー!

  • スカパー!

スカパー!プレミアムサービス

  • スカパー!プレミアムサービス

J:COM

  • J:COMタブレット端末実質0円

ひかりTV

  • ひかりTV新規加入キャンペーン

PR

  • 衛星放送協会
  • 不正視聴防止キャンペーン
ページトップへ戻る

スマートフォン版

スマートフォン版

PC版

PC版