【3.6『Fukushima50』公開記念企画 “現場”を生きる男たち】「はやぶさ 遥かなる帰還」 「クライマーズ・ハイ」 ほか

2011年3月11日に起こった、東日本大震災。
福島第一原発を襲う史上最大の危機の中、原発内で戦い続けた50人の作業員たちの姿を描いた新作映画『Fukushima50』が公開される。
未曾有の大災害をテーマに扱いながらも、何よりも目の前の困難を乗り越えようとひたむきに奮闘する人々の姿を描く本作。
日本映画専門チャンネルではこの『Fukushima50』の公開にあわせ、“現場”を生きる男たちを描いた作品を特集放送。
大きな困難はいつも訪れる。そのときに、仲間たちを信じ、協力し合い、自分にできることを実行する…
そんな風に立ち向かう人々の姿は、きっと日々を生きる私たちを勇気づけてくれるのではないでしょうか。
全4作品の一挙放送、是非ご覧ください。

3月14日(土)ひる12時30分から連続放送 ほか

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
BRIDGE はじまりは1995.1.17 神戸
放送日:3月14日、4月2日
2019年・TV・カラー    監督:(演出)白木啓一郎   脚本:一色伸幸  
出演:井浦新/野村周平/葵わかな/葉山奨之/松尾諭/波岡一喜/吉田羊/ユースケ・サンタマリア/椎名桔平  

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災。未曽有の災害に襲われがれきの山と化した神戸は、交通が分断され陸の孤島に。そんな中、工事所長の高倉(井浦新)らは、倒壊したJR六甲駅の復旧工事を大幅短縮で進める。そんなある日、高倉は常にビデオカメラを持つ少年・春日(野村周平)と出会う…。

震災という非常事態の中で輝く、人間の強さと優しさ。難工事に立ち向かう男たちと、彼らを見つめる地元の人々の姿を、超豪華キャストで描く巨編。

「BRIDGE はじまりは1995.1.17 神戸」(C)カンテレ
はやぶさ 遥かなる帰還
放送日:3月3日、3月14日、3月24日、4月14日、4月26日
2012年・映画・カラー    原作:山根一眞   監督:瀧本智行   脚本:西岡琢也  
出演:渡辺謙/江口洋介/夏川結衣/小澤征悦/中村ゆり/吉岡秀隆/石橋蓮司/藤竜也/山崎努  

宇宙へと飛び立つ「はやぶさ」を万感の思いで見守るプロジェクトマネージャーの山口(渡辺謙)は、「長い旅路の始まりだ」と決意を新たにする。新聞記者の真理(夏川結衣)と町工場の経営者・東出(山﨑努)の親子もまた、熱いまなざしで見送った。しかし、その後「はやぶさ」には幾多の苦難が発生。イオンエンジン担当の藤中(江口洋介)と民間企業の森内(吉岡秀隆)、カプセル担当の鎌田(小澤征悦)、学生当番の松本(中村ゆり)らプロジェクトの面々は、山口の指揮のもと全身全霊を注ぐも、〈イオンエンジン全停止〉という絶望的状況に瀕する…。

「はやぶさ 遥かなる帰還」(C)2012「はやぶさ 遥かなる帰還」製作委員会
クライマーズ・ハイ
放送日:3月2日、3月10日、3月14日、4月2日、4月8日、4月20日、4月26日
2008年・映画・カラー    原作:横山秀夫   監督:原田眞人   脚本:加藤正人/成島出/原田眞人  
出演:堤真一/堺雅人/尾野真千子/高嶋政宏/山崎努/遠藤憲一/田口トモロヲ/滝藤賢一  

日航機墜落事故を報道する新聞記者たちの激動の一週間を描く実録ドラマ。原作は、当時、地元紙記者として取材した横山秀夫の傑作群像小説。組織と個人の軋轢を描くのを得意とする原田眞人が監督した。1985年8月、群馬県御巣鷹山で520人もの死者を出す航空機事故が起こった。地元紙の遊軍記者・悠木(堤)は、社長の白河(山崎)から全権デスクを任される。やがて記者たちは興奮状態に陥り、社内での人間関係がねじれてゆく。

「クライマーズ・ハイ」(C)「クライマーズ・ハイ」フィルム・パートナーズ
陽はまた昇る
放送日:3月14日、3月17日、4月14日
2002年・映画・カラー    原作:佐藤正明   監督:佐々部清   脚本:西岡琢也/佐々部清  
出演:西田敏行/渡辺謙/緒形直人/仲代達矢  

70年代を背景に家庭用ビデオ開発競争に関わった企業戦士たちの感動秘話。TV番組『プロジェクトX』で好評を呼んだ日本ビクタービデオの回に基づいて映画化した。「半落ち」「夕凪の街 桜の国」の佐々部清の監督デビュー作。日本ビクター開発部に勤める技師・加賀谷(西田)は、突然、横浜工場への異動を受ける。そこでの新たな仕事は大規模なリストラ敢行だった。しかし加賀谷は従業員たちに家庭用VTR開発を提案し、ライバル社ソニーと闘おうと呼びかける。

「陽はまた昇る」(C)2002「陽はまた昇る」製作委員会
映画「Fukushima 50」メイキング
放送日:3月2日、3月3日、3月5日、3月10日、3月14日、3月15日、3月17日
2020年・オリジナル・カラー   

3.6「Fukushima50」の公開を記念した特別番組を放送!

「映画「Fukushima 50」メイキング」(C) 2020『Fukushima 50』製作委員会