追悼・橋本忍 10月~1月 4ヶ月連続企画

映画史に残る名作を数多く手がけた脚本家・橋本忍さんが、
今年7月に100歳で亡くなられた。「羅生門」など黒澤明監督の全盛期を支え、
「砂の器」など松本清張の社会派推理小説の脚色を手掛け、
「日本沈没」など重厚な人間ドラマを描いた橋本忍さんの
フィルモグラフィーは、日本が世界に誇る映画史そのものだった。

日本映画専門チャンネルでは、映画界に多大な功績を遺した橋本忍さんのご逝去を偲び、
10月から4ヶ月連続で橋本忍さんが脚本を手掛けた4作品を月1作品ずつ追悼放送。

スカパー! スカパー!
10月放送※11月リピート放送あり [11/24(土)]
「人間革命」
観る機会が限られてきた幻の一作をTV初放送!
「人間革命」(1973年)TV初

原作:池田大作/製作:田中友幸/脚本:橋本忍/監督:舛田利雄/特技監督:中野昭慶
出演:丹波哲郎、芦田伸介、仲代達矢、新珠三千代、渡哲也、佐藤允、雪村いづみ、江角英明、黒沢年男

原作者・池田大作の師、戸田城聖が主人公。戦時中の思想弾圧下における苛烈な闘いを経て、戸田は民衆の救済を心に誓う。3.5億円の予算、東宝トップレベルのスタッフなど当時の日本映画界最高の体制で製作。丹波哲郎ほか出演陣の熱演、「ゴジラ」シリーズや「日本沈没」を手掛けた特技監督・中野昭慶による大迫力の特撮シーンなど映画として見所満載。1973年邦画配給収入第2位(11.9億円)の大ヒットも記録!

11月放送
「続・人間革命」
1976年邦画配給収入で第1位(16億円)を記録した大ヒット作!
「続・人間革命」(1976年)TV初

原作:池田大作/製作:田中友幸/脚本:橋本忍/監督:舛田利雄/特技監督:中野昭慶
出演:丹波哲郎、新珠三千代、山田慶造、あおい輝彦、仲代達矢、渡哲也、尾藤イサオ、岸田森、志村喬

前作と同スタッフで製作され、海外24ヶ国に実景ロケを展開した続編。デフレの波を被り事業に失敗した後、学会活動に専念する決意を固めた戸田城聖を中心に、師弟愛や慈悲の心を壮大なスケールで描く。あおい輝彦は本作のオーディションで1,000人の応募者の中から大役を射止め映画初出演。前作に続き東宝特撮スタッフにより地球創世期から人類誕生までの大ドラマや、鎌倉時代の天変地異を大スペクタクルで描く。

12月放送
「八甲田山」
木村大作撮影監督が映像監修!名作が史上最高画質で甦る!
「八甲田山」(1977年)
<4Kデジタルリマスター版>※2Kダウンコンバートにて放送TV初

※本編後に、9月4日TOHOシネマズ 日比谷にて開催した「八甲田山」特別上映後の公開収録の模様を放送。★ゲスト:北大路欣也、木村大作撮影監督

監督:森谷司郎/脚本:橋本忍/原作:新田次郎/製作:橋本忍、野村芳太郎、田中友幸
撮影:木村大作
出演:高倉健、北大路欣也、加山雄三、栗原小巻、加賀まりこ、秋吉久美子、三国連太郎、緒形拳、森田健作、小林桂樹、藤岡琢也、島田正吾、丹波哲郎

厳冬の八甲田山を南北から踏破する雪中行軍を行う二連隊、二百三十七名の姿を、空前絶後のスケールで描くオールスター巨編。7億円の製作費をかけ、3年がかりで撮影。壮絶な現場から数々の伝説が生まれ、北大路欣也演じる神田大尉が呟く「天は我々を見放した…」の台詞も流行。そんな名作を4Kデジタルリマスター化。吹雪の中で行軍する男たちの鬼気迫る表情や、人間を飲み込む大自然の厳しさや美しさが鮮明に浮かび上がる。
※「八甲田山」4K化に密着し、4Kの現状に迫ったドキュメント番組
「八甲田山」<4Kデジタルリマスター版>放送記念 フィルム・ミーツ・デジタル
も、11月-12月に放送

2019年1月放送
「幻の湖」
橋本忍が原作・脚本・監督を務めた東宝創立50周年記念作品。
「幻の湖」(1982年)

原作・脚本・監督:橋本忍/音楽:芥川也寸志/特技監督:中野昭慶
出演:南條玲子、隆大介、星野知子、長谷川初範、光田昌弘、かたせ梨乃、デビ・カムダ、室田日出男、谷幹一、下條アトム、北大路欣也、関根恵子、宮口精二、大滝秀治

「砂の器」「八甲田山」に続く、橋本プロダクション第3作。橋本忍が原作・脚本・監督を務めるほか、製作スタッフ、キャストともに豪華布陣で臨んだ東宝創立50周年記念作。時は現代から遥か戦国時代まで、舞台は琵琶湖から宇宙にまで広がる壮大なサスペンス。琵琶湖畔で1年のロケが敢行された、カルト的人気を誇る超大作。

スカパー! スカパー!

「人間革命」©シナノ企画 「続・人間革命」©シナノ企画 「八甲田山」<4Kデジタルリマスター版>©橋本プロ/東宝映画/シナノ企画 「幻の湖」©東宝