勝新太郎「兵隊やくざ」シリーズ連続放送

『座頭市』や『悪名』と並ぶ俳優・勝新太郎の代表作『兵隊やくざ』のシリーズを連続放送!

毎週日曜あさ放送

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
続兵隊やくざ
放送日:7月11日
1965年・モノクロ    原作:有馬頼義(「貴三郎一代」より)   監督:田中徳三   脚本:舟橋和郎  
出演:勝新太郎/田村高廣/小山明子/水谷良重/須賀不二男/芦屋小雁/芦屋雁之助   

「座頭市」「悪名」に続く勝新太郎主演のヒットシリーズ第2作目。前作の増村保造に変わって田中徳三が監督。自由奔放な大宮二等兵と頭脳派・有田上等兵が戦場に舞い戻り、規律を無視して大暴れする。脱走を試みた大宮二等兵(勝)と有田上等兵(田村)だが、地雷に吹き飛ばされて陸軍病院に入院。看護士・恭子(小山)の手厚い看護を受けるも、最前線に逆戻り。有田の配慮で当番兵になった大宮だが、またもや騒動を引き起こしてしまう。

「続兵隊やくざ」(C)KADOKAWA 1965
新・兵隊やくざ
放送日:7月18日
1966年・モノクロ    原作:有馬頼義(「貴三郎一代」より)   監督:田中徳三   脚本:舟橋和郎  
出演:勝新太郎/田村高廣/成田三樹夫/藤岡琢也/瑳峨三智子/玉川良一   

「続兵隊やくざ」に続いて田中徳三が監督。名コンビ・大宮二等兵と有田上等兵が軍隊の物資を略奪して女郎屋を開業、ハチャメチャぶりに磨きがかかったシリーズ第3作目。中国大陸を逃げ回る大宮(勝)と有田(田村)は、八路軍の攻撃を受けて不本意ながらも軍隊に復帰する。大暴れをした挙句に脱走し天津にたどり着いた2人は、物資略奪計画を練る。みごと荷馬車一杯の砂糖を奪取して遊郭で豪遊するが、博打で全て失ってしまい・・・。

「新・兵隊やくざ」(C)KADOKAWA 1966
兵隊やくざ 脱獄
放送日:7月25日
1966年・モノクロ    原作:有馬頼義(「貴三郎一代」より)   監督:森一生   脚本:舟橋和郎  
出演:勝新太郎/田村高廣/小川真由美/田中邦衛/五味龍太郎/中谷一郎   

シリーズ唯一の森一生監督による第4作目。処刑寸前の大宮二等兵と有田上等兵が今度はソ連国境へ送り込まれる。アウトローぶりが板についてきた勝&田村の掛け合いが楽しい。敵前逃亡で刑務所に入れられた大宮(勝)と有田(田村)は、脱獄を図るが失敗。あわや銃殺刑というところでソ連国境へ送られるが、軍曹から徹底的にしぼられてどうにも面白くない。そんな中ソ連軍の猛攻が始まるが、将校たちはトラックで逃げ出そうとする。

「兵隊やくざ 脱獄」(C) KADOKAWA 1966
兵隊やくざ★強奪
放送日:7月15日、7月24日
1968年・モノクロ    原作:有馬頼義(「貴三郎一代」より)   監督:田中徳三   脚本:舟橋和郎/吉田哲郎  
出演:勝新太郎/田村高廣/佐藤友美/夏八木勲  

終戦直後、混乱期の満州を舞台に、ついに子連れになってしまった大宮と有田の珍道中を田中徳三が監督した第8作目。女ゲリラのお色気シーンや豪快な喧嘩アクションなど、見せどころが多数。終戦を迎え、部隊を飛び出した名コンビ・大宮(勝)と有田(田村)は、ゲリラに襲われる日本兵5人を救う。さらに銃殺寸前の美人ゲリラ(佐藤)を助け出し、彼女を追いかけた大宮は赤ん坊を拾ってしまう。やむなく子連れで旅を続けるが・・・。

「兵隊やくざ★強奪」(C)KADOKAWA 1968