「いってきます!~岐阜・飛騨 古川やんちゃ物語~」放送記念特集

東海テレビで2021年正月に放送されたばかりの「いってきます! ~ 岐阜・飛騨 古川やんちゃ物語~」が早くも登場!
昨年度放送された正月ドラマ「おかえり~とこわかの町・伊勢~」もあわせてご覧ください。

2月27日(土)あさ11時

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
いってきます! ~ 岐阜・飛騨 古川やんちゃ物語~
放送日:2月27日
2021年・TV・カラー    原作:いとう菜のは   監督:(演出)金澤友也   脚本:いとう菜のは  
出演:内田理央/宇梶剛士/テツandトモ/ユージ/冨田佳輔/岡田優 ナレーション:根尾昂(中日ドラゴンズ)  

2020年秋。池澤真理は情報番組のリポーターとして約10年ぶりに岐阜県飛騨市古川の町に帰って来た。地元の酒蔵で働く父に「女優として東京で成功するから、上京を許して欲しい」と言って飛び出したものの実際に演じたことがあるのは死体役か台詞のないエキストラ。そんな真理が番組のリポーターに抜擢されたのは、あるミッションがあったからであった…。

「いってきます! ~ 岐阜・飛騨 古川やんちゃ物語~」(C)東海テレビ
おかえり~とこわかの町・伊勢~
放送日:2月27日
2020年・TV・カラー    監督:(演出)進藤丈広   脚本:いとう菜のは  
出演:本田望結/桐山漣/萩原護/敦士/厚切りジェイソン/小倉久寛/大塚寧々  

三重県伊勢市河崎にあるゲストハウス「とこわか」。看板娘である高校2年生の西川夏美(本田望結)は母・しのぶ(大塚寧々)と一緒にゲストハウスを切り盛りしていた。美術部に所属している夏美は絵画コンクールで入賞するほどの腕前で、美術系の大学に進学したいという夢があったが、故郷を離れることに戸惑いもあった。ある日、町にフリーの若手カメラマン・田中恭平(桐山漣)がやって来る。夏美は、彼と一緒に伊勢の歴史や文化を学び、「常若」の精神を知っていく。自分の未来について深く考え始めた夏美に、「使われていない蔵をギャラリーとして再利用するにあたって、最初の絵を描いてほしい」という依頼が舞い込む…。

「おかえり~とこわかの町・伊勢~」(C)東海テレビ