• 視聴方法 日本映画専門チャンネルを見たい方はこちら! 詳しくみる
  • スカパー!で見る
  • J:COMで見る

注目のキーワード

カツライス劇場

大映が誇った奇跡の2枚看板、勝新太郎・市川雷蔵。
両名の名前から“カツライス”と称された2人の、それぞれの代表的シリーズを、
各シリーズ毎月1作品ずつ放送!さらに、“勝新・雷蔵傑作選”として、
それぞれの主演作品も毎月1作品セレクションしてお届け!

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
  • 勝新太郎 作品
  • 市川雷蔵 作品
勝新太郎 悪を演じて愛された男

1954年、二十三歳のときに映画「花の白虎隊」(監督:田坂勝彦)でデビュー。その後数十本の映画に出演し続け、1960年、二十九歳のときに映画「不知火検校」(監督:森一生)で極悪非道の盲目の鍼医者という汚れ役に熱を入れて取り組み、勝の主演作としては興行成績も良く、出演作品73本目にして演技開眼とも言える突破口となる。その後「悪名」シリーズがヒット。「不知火検校」の延長とも言える盲目でヤクザな型破りのキャラクターを演じた「座頭市物語」(監督:三隅研次)でも好評を呼び、時代劇映画に新たなヒーローを生み出した。そのほか「兵隊やくざ」シリーズ、「人斬り」など代表作多数。

市川雷蔵 尻尾を掴ませない男

勝新太郎と同じく、映画「花の白虎隊」(監督:田坂勝彦)にてデビュー。デビュー2作目にして、大御所長谷川一夫と共演するなど、めきめきと頭角を現し、日本の映画業界がピークに達した1958年には雷蔵の主演作が目白押しになる。同じ年に「炎上」(監督:市川崑)で各賞を総なめ。実力の伴ったスターとしての地位を獲得する。ある時は妖艶な男、ある時は悲壮な剣士、またある時はコミカルな表情。作品ごとに変幻自在に姿・かたちを変えるのが雷蔵の魅力。映画デビューから15年。37歳で亡くなった市川雷蔵の出演作品は158本にもおよび、永遠のヒーロー像をファンの脳裏に焼き付けた。代表作は「若親分」「眠狂四郎」シリーズなど。

勝新太郎 作品

『悪名』シリーズ
勝新太郎と田宮二郎共演の痛快任侠アクション「悪名」シリーズの第6作。

悪名市場1963年

監督:森一生 脚本:依田義賢 原作:今東光
出演:勝新太郎/田宮二郎/瑳峨三智子/芦屋雁之助/芦屋小雁/藤田まこと/白木みのる

勝新太郎と田宮二郎共演の痛快任侠アクション「悪名」シリーズの第6作。港町を舞台に朝吉と清次が、自分たちの名をかたる詐欺師と対決する。マドンナ役には瑳峨三智子。刑務所に入れられた清次(田宮)を陥れたペテン師のいる港町を訪れた朝吉(勝)は、そこで自分の名を騙る妙な男たちと出会う。パチンコ店の美人店主・咲枝(瑳峨)もニセの朝吉にぞっこんだ。一方、町では暴力団・追風組の勢力拡大の陰謀が進められていた。

放送スケジュールはこちら

前作「悪名市場」に続いて森一生が監督した「悪名」シリーズ第7作。

悪名波止場1963年

監督:森一生 脚本:依田義賢 原作:今東光
出演:勝新太郎/田宮二郎/滝瑛子/水原弘/藤田まこと

前作「悪名市場」に続いて森一生が監督した「悪名」シリーズ第7作。麻薬中毒の女を助けるため、名コンビ・朝吉と清次が町を食い物にする鬼瓦一家に立ち向かう。四国から帰る船上で、朝吉(勝)と清次(田宮)は清次の名をかたる男・三郎(藤田)と出会う。悪事をはたらくのは自分の妹のためと弁解する三郎。その妹おとし(紺野ユカ)は、鬼瓦一家が密輸する麻薬の中毒になっていた。さらに三郎は一家から大金を盗み、姿をくらます…。

放送スケジュールはこちら

『兵隊やくざ』シリーズ
65年にスタートした勝新太郎第三のヒットシリーズ「兵隊やくざ」の第6作!監督は前作に続き田中徳三。

兵隊やくざ 俺にまかせろ1967年

監督:田中徳三 脚本:高岩肇 原作:有馬頼義(「貴三郎一代」より)
出演:勝新太郎/田村高廣/内田良平/渡辺文雄/須賀不二男/渚まゆみ

ソ連軍の侵攻でいよいよ緊迫感を増した戦況下、捨て駒部隊に配属された名コンビ・大宮と有田がみごと仲間の仇を討つシリーズ第6作目。監督はベテラン・田中徳三。昭和20年、関東軍独立守備隊に拾われた大宮(勝)と有田(田村)は、南方への転進作戦という困難な局面に遭遇する。八路ゲリラを突破して南へ向かうには、囮となって敵を引きつける部隊が必要だ。重傷の中国人女性を助けた大宮は、ゲリラに襲われ捕虜となるが・・・。

放送スケジュールはこちら

田中徳三が監督したシリーズ第7作目。

兵隊やくざ殴り込み1967年

監督:田中徳三 脚本:笠原良三/東条正年 原作:有馬頼義(「貴三郎一代」より)
出演:勝新太郎/田村高廣/細川俊之/岩崎加根子/野川由美子/安部徹/小松方正

田中徳三が監督したシリーズ第7作目。ついに終戦を迎え、固い友情で結ばれた大宮二等兵と有田上等兵が軍にサヨナラするまでをテンポ良い演出で見せる。激戦の度を増す大陸の最前線。相変わらず上官に盾突いては、制裁を受ける大宮(勝)と有田(田村)。そんな2人を何かとかばう香月少尉(細川)だが、戦況が逼迫し香月隊は全滅。大宮は敵陣に潜入して大手柄を立てるが、戻ってくると戦争は終わっていた。

放送スケジュールはこちら

勝新・雷蔵傑作選

後の大映映画を支えていくことになる市川雷蔵と勝新太郎の共演作

薄桜記1959年

監督:森一生 脚本:伊藤大輔 原作:五味康祐
出演:市川雷蔵/勝新太郎/真城千都世/三田登喜子

時は元禄7年、高田馬場の決闘の助勢にかけつけようと道中をひた走る中山安兵衛(勝新太郎)の襷の不具合が気になった旗本・丹下典膳(市川雷蔵)は忠告しようとするが・・・。典膳は決闘場所である馬場へ赴くが、安兵衛の対する相手が同門知心流の村上兄弟だと知ると、公用の最中でもあり、その場から立ち去った。そのことがきっかけとなり、二人は数奇な運命を辿ることになる…。後の大映映画を支えていくことになる市川雷蔵と勝新太郎の共演作。忠臣蔵の外伝的ストーリーで、安兵衛と典膳の交流を軸に悲恋を絡め、二人のキャラクターを浮き彫りにしていく。勝新太郎は白塗りの二枚目を売りにしていた頃で、アウトローな魅力はまだなりを潜めているが、人間味あふれる安兵衛を熱演。

放送スケジュールはこちら

「網走番外地」シリーズで有名な石井輝男の脚本を、任侠映画でおなじみの山下耕作監督がケレン味豊かに映像化!

海軍横須賀刑務所1973年

監督:山下耕作 脚本:石井輝男
出演:勝新太郎/菅原文太/松方弘樹/長谷川明男/三上真一郎/太田博之/森秋子/赤木春恵

東映初出演の勝新太郎が、「兵隊やくざ」シリーズを彷彿とさせる正義漢を快演し、冷静な菅原文太と絶妙のコンビをなす刑務所もの。「網走番外地」シリーズで有名な石井輝男の脚本を、任侠映画でおなじみの山下耕作監督がケレン味豊かに映像化。昭和初期、新兵への古参兵のしごきが常態化した海軍海兵団に入った志村(勝新太郎)は、理不尽な暴力に怒りを覚え、可愛がる仲間を自殺に追い込んだ隊長をめった斬りにしてしまう。事件後に収監された海軍横須賀刑務所で、終身刑の滝川(菅原文太)と同房になる。

放送スケジュールはこちら

市川雷蔵 作品

『若親分』シリーズ
市川雷蔵による人気任侠シリーズ『若親分』の第7作。

若親分兇状旅1967年

監督:森一生 脚本:高岩肇
出演:市川雷蔵/江波杏子/葉山葉子/都はるみ/藤巻潤/渡辺文雄

「陸軍中野学校 密命」の今井ひろしが撮影し、数々の雷蔵主演作品を手がけた森一生が監督した「若親分」シリーズの第7作目。海軍時代の親友の無念を晴らすため、若親分が港町で大活躍。海軍以来の親友・高木少佐(石黒三郎)が自決し、軍港に近い港町にやってきた南條武(市川)。土建屋を営む小山組の女親分・千代子(江波)の裏には、土屋子爵がいた。高木の紹介で子爵は汽船を買い、武器を密輸していることを知った武は千代子に接触する…。

放送スケジュールはこちら

第1作目「若親分」の監督・池広一夫がメガホンを取ったシリーズ最終作。

若親分千両肌1967年

監督:池広一夫 脚本:直居欽哉
出演:市川雷蔵/藤村志保/久保菜穂子/坂本スミ子/長門勇/藤巻潤/東野英治郎/山口崇

第1作目「若親分」の監督・池広一夫がメガホンを取ったシリーズ最終作。海軍時代の仲間から自決を迫られる若親分が、豪傑な奇術師・辰丸の手を借りて悪党どもをなぎ倒す。南條武(市川)は人違いから殺し屋に襲われ、奇術一座の辰丸(長門)に助けられる。一座の裏方を手伝いながら宇島に来た武は、自分が土地の顔役・青柳組親分の息子と間違われたことを知る。そこで武は海軍時代の同期生・水上少尉(藤巻)と再会するが…。

放送スケジュールはこちら

『眠狂四郎無頼控』シリーズ
柴田錬三郎『眠狂四郎無頼控』シリーズの記念すべき第一作!

眠狂四郎殺法帖1963年

監督:田中徳三 脚本:星川清司 原作:柴田錬三郎
出演:市川雷蔵/中村玉緒/城健三朗/小林勝彦/扇町景子/真城千都世

柴田錬三郎の『眠狂四郎無頼控』シリーズを市川雷蔵主演で映画化。シリーズは1963年から1969年にかけて12本製作された。その記念すべき第一作。雷蔵演じる狂四郎といえば、孤独、虚無感がその大きな魅力だが、第一作では、狂四郎に取り巻きが登場し、狂四郎自身も積極的に事件に絡んでいくなど、後のシリーズとは趣を異にする。また敵役として城健三朗(後の若山富三郎)が少林寺拳法の使い手を豪快に演じ、狂四郎と壮絶な闘いを繰り広げる。

放送スケジュールはこちら

雷蔵傑作選

「ある殺し屋」の第2作。

ある殺し屋の鍵1967年

監督:森一生 脚本:小滝光郎 原作:藤原審爾「消される男」より
出演:市川雷蔵/西村晃/佐藤友美/山形勲/中谷一郎

市川雷蔵が表の顔は日本舞踊の師匠、裏の顔は凄腕の殺し屋に扮する和製フィルム・ノワール。「ある殺し屋」の第2作。モダンな色気のヒロイン佐藤友美をはじめ、西村晃、山形勲など個性派俳優が出演。日本舞踊の師匠・新田(市川)は、高額な報酬で殺人を請け負う殺し屋である。暴力団幹部・荒木の依頼で政財界の秘密を握る男の始末を引き受け、ホテルのプールサイドでみごと仕留める。その後、口封じとして荒木に襲われるが逆に殺し、黒幕の存在を知る。

放送スケジュールはこちら

カツライス劇場新春スペシャル
カツシン最期の舞台にして妻・中村玉緒との初舞台共演作!

夫婦善哉 東男京女1996年

演出:奥村 脚本:奥村/吉村哲雄
出演:勝新太郎/中村玉緒/鴈龍太郎/三浦綺音/遠藤太津朗/萬代峰子 ほか

昭和7年の東京、五・一五事件や迫りくる第2次世界大戦の足音などを背景に、有方伯爵家の跡取り・頼親(勝新太郎)と柳橋の芸者・絹子(中村玉緒)の恋路を描く。戦争に向かう混沌とした時代を背景にしながらも、勝新太郎と中村玉緒の実際の夫婦関係を彷彿とさせるコミカルな掛け合いが随所に見られ、全編温かい笑いにつつまれた人情喜劇となっている。

放送スケジュールはこちら

「悪名市場」©KADOKAWA 1963 「悪名波止場」©KADOKAWA 1963 「兵隊やくざ 俺にまかせろ」©KADOKAWA 1967 「兵隊やくざ殴り込み」©KADOKAWA 1967 「薄桜記」©KADOKAWA 1959 「海軍横須賀刑務所」©東映
「若親分兇状旅」©KADOKAWA 1967 「若親分千両肌」©KADOKAWA 1967 「眠狂四郎殺法帖」©KADOKAWA 1963 「ある殺し屋の鍵」©KADOKAWA 1967 「夫婦善哉 東男京女(舞台)」©ティーエムプロダクション