• 視聴方法 日本映画専門チャンネルを見たい方はこちら! 詳しくみる
  • スカパー!で見る
  • J:COMで見る

注目のキーワード

カツライス劇場

大映が誇った奇跡の2枚看板、勝新太郎・市川雷蔵。
両名の名前から“カツライス”と称された2人の、それぞれの代表的シリーズを、
各シリーズ毎月1作品ずつ放送!さらに、“勝新・雷蔵傑作選”として、
それぞれの主演作品も毎月1作品セレクションしてお届け!

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
  • 勝新太郎 作品
  • 市川雷蔵 作品
勝新太郎 悪を演じて愛された男

1954年、二十三歳のときに映画「花の白虎隊」(監督:田坂勝彦)でデビュー。その後数十本の映画に出演し続け、1960年、二十九歳のときに映画「不知火検校」(監督:森一生)で極悪非道の盲目の鍼医者という汚れ役に熱を入れて取り組み、勝の主演作としては興行成績も良く、出演作品73本目にして演技開眼とも言える突破口となる。その後「悪名」シリーズがヒット。「不知火検校」の延長とも言える盲目でヤクザな型破りのキャラクターを演じた「座頭市物語」(監督:三隅研次)でも好評を呼び、時代劇映画に新たなヒーローを生み出した。そのほか「兵隊やくざ」シリーズ、「人斬り」など代表作多数。

市川雷蔵 尻尾を掴ませない男

勝新太郎と同じく、映画「花の白虎隊」(監督:田坂勝彦)にてデビュー。デビュー2作目にして、大御所長谷川一夫と共演するなど、めきめきと頭角を現し、日本の映画業界がピークに達した1958年には雷蔵の主演作が目白押しになる。同じ年に「炎上」(監督:市川崑)で各賞を総なめ。実力の伴ったスターとしての地位を獲得する。ある時は妖艶な男、ある時は悲壮な剣士、またある時はコミカルな表情。作品ごとに変幻自在に姿・かたちを変えるのが雷蔵の魅力。映画デビューから15年。37歳で亡くなった市川雷蔵の出演作品は158本にもおよび、永遠のヒーロー像をファンの脳裏に焼き付けた。代表作は「若親分」「眠狂四郎」シリーズなど。

勝新太郎 作品

『悪名』シリーズ

勝新太郎の映画スターとしての人気を決定的なものにした記念すべき1作!

悪名1961年

監督:田中徳三 脚本:依田義賢 原作:今東光
出演:勝新太郎/田宮二郎/中村玉緒/中田康子/水谷良重

今東光の人気小説を原作にした勝新太郎主演の人気シリーズ第1作。勝新太郎演じる朝吉と、田宮二郎扮する"モートルの貞"が、卑劣な極道に立ち向かう痛快任侠アクション。百姓の生まれで無類の暴れん坊・朝吉(勝)は、遊郭で揉め事を起こし、土地の札付き・モートルの貞(田宮)と対決する。貞を叩きのめした朝吉はヤクザの親分に見込まれて、客分として一家に身を預ける。そこへ朝吉のなじみの遊女・琴糸(水谷)が逃げ込んでくるが・・・。

放送スケジュールはこちら

『兵隊やくざ』シリーズ

豪快にして痛快!!「座頭市」「悪名」に続く、勝新太郎“第三”の大ヒットシリーズ!

兵隊やくざ1965年

監督:増村保造 菊島隆三 脚本:有馬頼義(「貴三郎一代」より)
出演:勝新太郎/田村高廣/滝瑛子/淡路恵子/成田三樹夫

第二次大戦末期の中国大陸を舞台に、無頼の二等兵に扮した勝新が、対照的な相棒・田村高廣と共に暴れまくる痛快アションシリーズの第1作。また、増村監督と勝新太郎が初めてコンビを組んだ。戦渦広がる昭和18年。ソ連国境間際の関東軍兵舎に、札付きのワル・大宮貴三郎(勝)が入隊してきた。指導役の上等兵・有田(田村)は貴三郎の荒くれぶりに頭を抱えるが、次第に彼らの間に友情が芽生え・・・。二人が機関車を乗っ取り、大地を疾走するラストシーンは痛快そのもの。

放送スケジュールはこちら

市川雷蔵 作品

『若親分』シリーズ

元・海軍士官のエリートで南条組の若親分・南条武を、市川雷蔵がスタイリッシュに演じる!

若親分1965年

監督:池広一夫 脚本:高岩肇/浅井昭三郎
出演:市川雷蔵/朝丘雪路/藤村志保/三波春夫/山下洵一郎/成田三樹夫/佐藤慶

紙屋五平の原案を、ヤクザ映画の傑作「沓掛時次郎」で雷蔵と組んだ池広一夫が監督。明治の末期、元海軍士官という異色の経歴を持つヤクザが、父の仇を討つため奔走する。南條組の親分・辰五郎が闇討ちされ、犯人は滝沢組と判明。辰五郎の長男で海軍少尉の武(市川)は父の跡目を継ぎ、滝沢組組長・巳之助(石黒達也)の右腕を斬り落とす。しかし真の黒幕は、新興ヤクザ太田黒組の伊蔵親分(佐藤)だった。武は単身、太田黒組に殴りこむ…。

放送スケジュールはこちら

『陸軍中野学校』シリーズ

市川雷蔵の現代劇の代表作にして、日本映画史を代表する和製スパイシリーズの第1作!

陸軍中野学校1966年

監督:増村保造 脚本:星川清司
出演:市川雷蔵/小川真由美/待田京介/E・H・エリック/加東大介

「陸軍中野学校」シリーズの1作目。「刺青」の増村保造監督が、実在したスパイ養成機関の活動をリアルに描いたドキュメント風の作品。市川のクールな魅力が話題になった。昭和13年、陸軍少尉の三好次郎(市川)ら18名は、スパイ養成学校に入れられ、その日から外部との連絡を一切絶って訓練を受けることになった。しかし訓練も終わりに近づく頃、次郎の前に英国のスパイとなった婚約者の雪子(小川)が現れる…。

放送スケジュールはこちら

近衛十四郎と市川雷蔵の初共演作にして、市川雷蔵の遺作

博徒一代 血祭り不動1969年

監督:安田公義 脚本:高田宏治
出演:市川雷蔵/近衛十四郎/亀井光代/長谷川待子/金田龍之介/金内吉男

昭和初期の北陸を舞台に仁侠の道一筋に生きた男の半生と、博徒世界の厳しさ、哀しさを格調高く描く。近衛十四郎が市川雷蔵と初共演。37歳で夭折した雷蔵の遺作となった。6年ぶりに出所した桜田丈吉(市川)は、石油景気に賑わう新津の大戸国五郎一家を訪ねる。弟分の勇一(金内)は代貸として羽振りをきかせており、丈吉は自分の恩人である代貸の小洗音次郎(近衛)と再会する。だが音次郎は丈吉に新津を去るよう促すのだった。

放送スケジュールはこちら

「悪名」©KADOKAWA 1961 「兵隊やくざ」©KADOKAWA 1965 「若親分」©KADOKAWA 1965
「陸軍中野学校」©KADOKAWA 1966 「博徒一代 血祭り不動」©KADOKAWA 1969