• 視聴方法 日本映画専門チャンネルを見たい方はこちら! 詳しくみる
  • スカパー!で見る
  • J:COMで見る

注目のキーワード

カツライス劇場

大映が誇った奇跡の2枚看板、勝新太郎・市川雷蔵。
両名の名前から“カツライス”と称された2人の、それぞれの代表的シリーズを、
各シリーズ毎月1作品ずつ放送!さらに、“勝新・雷蔵傑作選”として、
それぞれの主演作品も毎月1作品セレクションしてお届け!

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
  • 勝新太郎 作品
  • 市川雷蔵 作品
勝新太郎 悪を演じて愛された男

1954年、二十三歳のときに映画「花の白虎隊」(監督:田坂勝彦)でデビュー。その後数十本の映画に出演し続け、1960年、二十九歳のときに映画「不知火検校」(監督:森一生)で極悪非道の盲目の鍼医者という汚れ役に熱を入れて取り組み、勝の主演作としては興行成績も良く、出演作品73本目にして演技開眼とも言える突破口となる。その後「悪名」シリーズがヒット。「不知火検校」の延長とも言える盲目でヤクザな型破りのキャラクターを演じた「座頭市物語」(監督:三隅研次)でも好評を呼び、時代劇映画に新たなヒーローを生み出した。そのほか「兵隊やくざ」シリーズ、「人斬り」など代表作多数。

市川雷蔵 尻尾を掴ませない男

勝新太郎と同じく、映画「花の白虎隊」(監督:田坂勝彦)にてデビュー。デビュー2作目にして、大御所長谷川一夫と共演するなど、めきめきと頭角を現し、日本の映画業界がピークに達した1958年には雷蔵の主演作が目白押しになる。同じ年に「炎上」(監督:市川崑)で各賞を総なめ。実力の伴ったスターとしての地位を獲得する。ある時は妖艶な男、ある時は悲壮な剣士、またある時はコミカルな表情。作品ごとに変幻自在に姿・かたちを変えるのが雷蔵の魅力。映画デビューから15年。37歳で亡くなった市川雷蔵の出演作品は158本にもおよび、永遠のヒーロー像をファンの脳裏に焼き付けた。代表作は「若親分」「眠狂四郎」シリーズなど。

勝新太郎 作品

『悪名』シリーズ

勝新太郎の人気を決定的なものにした、勝新最初のヒットシリーズの第2作!

続・悪名1961年

監督:田中徳三 脚本:依田義賢 原作:今東光
出演:勝新太郎/田宮二郎/中村玉緒/水谷良重/中村鴈治郎

百姓生まれの暴れん坊・朝吉の活躍を描いた「悪名」シリーズ第2作。監督は前作に続いて田中徳三。公開後の1962年に勝新太郎と女房役の中村玉緒が結婚して大きな話題となった。故郷の河内に帰ってきた朝吉(勝)は女房・お絹(中村)と百姓仕事を始めるが、弟分・モートルの貞(田宮)の訪問で大阪へ逆戻り。恩人の吉岡親分を窮地に陥れた松島長五郎を半殺しにするが、松島一家の元締めから強さを見込まれてしまい・・・。

放送スケジュールはこちら

前作で死んだ貞を演じた田宮二郎が、貞の弟に扮して再登場!

新・悪名1962年

監督:森一生 脚本:依田義賢 原作:今東光
出演:勝新太郎/田宮二郎/中村玉緒/浜田ゆう子/藤原礼子/万里昌代

勝新太郎主演の任侠映画の名作「悪名」シリーズ第3作。戦後の混乱期を背景に、庶民の味方となった朝吉が戦後派ヤクザの無法に立ち向かう。田宮二郎が前作で死んだ貞の弟に扮して再登場。復員した朝吉(勝)は、恋女房・お絹(中村)の再婚を知って落胆。朝吉の歓迎宴の晩に、幼友だちの妹・月枝(浜田ゆう子)が進駐軍に乱暴されてしまい、姿を消す。月枝を捜しに朝吉は大阪へ行くが、そこで今は亡きモートルの貞の弟・清次(田宮)と出会う。

放送スケジュールはこちら

『兵隊やくざ』シリーズ

65年にスタートした勝新太郎第三のヒットシリーズ『兵隊やくざ』の第2作!

続兵隊やくざ1965年

監督:田中徳三 脚本:舟橋和郎 原作:有馬頼義(「貴三郎一代」より)
出演:勝新太郎/田村高廣/小山明子/水谷良重/須賀不二男/芦屋小雁/芦屋雁之助

「座頭市」「悪名」に続く勝新太郎主演のヒットシリーズ第2作目。前作の増村保造に変わって田中徳三が監督。自由奔放な大宮二等兵と頭脳派・有田上等兵が戦場に舞い戻り、規律を無視して大暴れする。脱走を試みた大宮二等兵(勝)と有田上等兵(田村)だが、地雷に吹き飛ばされて陸軍病院に入院。看護士・恭子(小山)の手厚い看護を受けるも、最前線に逆戻り。有田の配慮で当番兵になった大宮だが、またもや騒動を引き起こしてしまう。

放送スケジュールはこちら

シリーズ第3作。敵役として成田三樹夫が初登場!

新・兵隊やくざ1966年

監督:田中徳三 脚本:舟橋和郎 原作:有馬頼義(「貴三郎一代」より)
出演:勝新太郎/田村高廣/成田三樹夫/藤岡琢也/瑳峨三智子/玉川良一

「続兵隊やくざ」に続いて田中徳三が監督。名コンビ・大宮二等兵と有田上等兵が軍隊の物資を略奪して女郎屋を開業、ハチャメチャぶりに磨きがかかったシリーズ第3作目。中国大陸を逃げ回る大宮(勝)と有田(田村)は、八路軍の攻撃を受けて不本意ながらも軍隊に復帰する。大暴れをした挙句に脱走し天津にたどり着いた2人は、物資略奪計画を練る。みごと荷馬車一杯の砂糖を奪取して遊郭で豪遊するが、博打で全て失ってしまい・・・。

放送スケジュールはこちら

勝新傑作選

情にもろい酔っ払い医師を勝新太郎新が豪快に演じる傑作。

酔いどれ博士1966年

監督:三隅研次 脚本:新藤兼人
出演:勝新太郎/江波杏子/東野英治郎/ミヤコ蝶々/藤岡琢也/小林幸子

勝新太郎が酒飲みの無免許医にふんしたシリーズ第1作。座頭市的英雄が現代に現れたら?という着想から、新藤兼人が勝新太郎のために書き下ろしたオリジナルシナリオ。情にもろい酔っ払い医師を勝新太郎新が豪快に好演する。過去に起こした暴力事件により、医師免許を剥奪された大松(勝)は、ひょんなことから流れついたドヤ街で診療所を開業することになり、様々な人間模様を目撃していく。

放送スケジュールはこちら

代表作「座頭市物語」の基になったとも言われる、ピカレスク時代劇の傑作!

不知火検校1960年

監督:森一生 脚本:犬塚稔 原作:宇野信夫
出演:勝新太郎/中村玉緒/近藤美恵子/若杉曜子/倉田マユミ/安部徹/鶴見丈二

宇野信夫の同名戯曲を、犬塚稔が脚色、森一生が監督した悪漢時代劇の佳作。杉の市(勝)は意地汚く貯め込んだ金を旗本の若奥様(中村)に貸し、その弱みにつけこんで犯す。彼は師の検校(荒木忍)を殺し、自らが成り代わり悪業の限りをつくすが、ついには役人(丹波又三郎)に捕えられる。勝新太郎扮する盲目の演技は、のちの「座頭市」への布石ともいえる。

放送スケジュールはこちら

市川雷蔵 作品

『若親分』シリーズ

市川雷蔵による人気任侠シリーズ『若親分』の第3作。

若親分喧嘩状1966年

監督:池広一夫 脚本:高岩肇
出演:市川雷蔵/高田美和/江波杏子/小山明子/滝田裕介/内藤武敏/戸浦六宏

市川雷蔵の人気作「若親分」シリーズ中、もっとも異彩を放つ一作。前作「若親分出獄」のラストで大陸に逃亡した若親分が、さらわれた外国の姫を助けて東京に舞い戻る。海軍少尉から若親分に転身し、大陸へ去った南條武(市川)。上海で誘拐された蒙古の王女トクーズ姫(江波)を救った武は、東京へ戻り憂国の士・木島(小山田輝男)の許に王女を預ける。そして、革命にかこつけ私腹を肥やそうとする新興ヤクザと再び対決することに…。

放送スケジュールはこちら

無念の死を遂げたヤクザの親分の死に疑問を持った若親分が、真相を暴くべく暗躍する。

若親分乗り込む1966年

監督:井上昭 脚本:浅井昭三郎
出演:市川雷蔵/本郷功次郎/藤村志保/松尾嘉代

「若親分」シリーズの第4作目で、監督は「ザ・ガードマン 東京用心棒」の井上昭。無念の死を遂げたヤクザの親分の死に疑問を持った若親分が、真相を暴くべく暗躍する。息子が軍隊を脱走して自殺したため、憲兵隊の厳しい取調べを受けて死んだ津の崎の磯田親分。葬式に参列した南條武(市川)は、土地の実力者を後ろ盾にのし上がった郷田組が怪しいとにらむ。やがて、憲兵が郷田組と癒着していることを知り、武の怒りが爆発する。

放送スケジュールはこちら

『陸軍中野学校』シリーズ

市川雷蔵の現代劇の代表作『陸軍中野学校』シリーズ第2作。

陸軍中野学校 雲一号指令1966年

監督:森一生
出演:市川雷蔵/村松英子/佐藤慶/加東大介

時代劇スター、市川雷蔵がスパイに扮する「陸軍中野学校」シリーズ第2作。軍用船爆破事件の真相を探るべく、スパイ・椎名次郎が国際諜報機関に挑んで頭脳戦を繰り広げる。陸軍中野学校を優秀な成績で卒業した椎名次郎(市川)は雲一号指令を受け、神戸の地に立つ。最近神戸港では大型軍用船の爆破が相次ぎ、敵スパイが潜伏中との情報が入った。椎名は中野学校一期生の杉本(仲村隆)と調査を開始、売れっ子芸者・梅香(村松)が浮上する…。

放送スケジュールはこちら

シリーズ第3作。国際スパイ団が火花を散らす上海を舞台に、陸軍中野学校の精鋭・椎名次郎が敵スパイに化けて潜入する。

陸軍中野学校 竜三号指令1967年

監督:田中徳三
出演:市川雷蔵/安田道代/松尾嘉代/加東大介/滝田裕介/稲葉義男/松村達雄

市川雷蔵が国際謀報戦で活躍するスパイに扮する人気シリーズの第3作。国際スパイ団が火花を散らす上海を舞台に、陸軍中野学校の精鋭・椎名次郎が敵スパイに化けて潜入する。昭和15年、和平交渉で上海へ派遣した大佐一行が何者かに襲撃される。現地に飛んだ椎名次郎(市川)は現地軍の辻井機関の一員となり、襲撃犯を探す。強硬論者の辻井参謀が要人の張氏と親しいことを突き止めるうち、謎の上海娘を追う同期の杉本と再会する。

放送スケジュールはこちら

雷蔵傑作選

近衛十四郎と市川雷蔵の初共演作にして、市川雷蔵の遺作

博徒一代 血祭り不動1969年

監督:安田公義 脚本:高田宏治
出演:市川雷蔵/近衛十四郎/亀井光代/長谷川待子/金田龍之介/金内吉男

昭和初期の北陸を舞台に仁侠の道一筋に生きた男の半生と、博徒世界の厳しさ、哀しさを格調高く描く。近衛十四郎が市川雷蔵と初共演。37歳で夭折した雷蔵の遺作となった。6年ぶりに出所した桜田丈吉(市川)は、石油景気に賑わう新津の大戸国五郎一家を訪ねる。弟分の勇一(金内)は代貸として羽振りをきかせており、丈吉は自分の恩人である代貸の小洗音次郎(近衛)と再会する。だが音次郎は丈吉に新津を去るよう促すのだった。

放送スケジュールはこちら

「続・悪名」©KADOKAWA 1961 「新・悪名」©KADOKAWA 1962 「続兵隊やくざ」©KADOKAWA 1965 「新・兵隊やくざ」©KADOKAWA 1966 「酔いどれ博士」©KADOKAWA 1966 「不知火検校」©KADOKAWA 1960
「若親分喧嘩状」©KADOKAWA 1966 「若親分乗り込む」©KADOKAWA 1966 「陸軍中野学校 雲一号指令」©KADOKAWA 1966 「陸軍中野学校 竜三号指令」©KADOKAWA 1967 「博徒一代 血祭り不動」©KADOKAWA 1969