カツライス劇場

大映が誇った奇跡の2枚看板、勝新太郎・市川雷蔵。
両名の名前から"カツライス"と称された2人の、それぞれの代表的シリーズを、
各シリーズ毎月1作品ずつ放送!さらに、"勝新・雷蔵傑作選"として、
それぞれの主演作品も毎月1作品セレクションしてお届け!

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
  • 勝新太郎 作品
  • 市川雷蔵 作品
勝新太郎 悪を演じて愛された男

1954年、二十三歳のときに映画「花の白虎隊」(監督:田坂勝彦)でデビュー。その後数十本の映画に出演し続け、1960年、二十九歳のときに映画「不知火検校」(監督:森一生)で極悪非道の盲目の鍼医者という汚れ役に熱を入れて取り組み、勝の主演作としては興行成績も良く、出演作品73本目にして演技開眼とも言える突破口となる。その後「悪名」シリーズがヒット。「不知火検校」の延長とも言える盲目でヤクザな型破りのキャラクターを演じた「座頭市物語」(監督:三隅研次)でも好評を呼び、時代劇映画に新たなヒーローを生み出した。そのほか「兵隊やくざ」シリーズ、「人斬り」など代表作多数。

市川雷蔵 尻尾を掴ませない男

勝新太郎と同じく、映画「花の白虎隊」(監督:田坂勝彦)にてデビュー。デビュー2作目にして、大御所長谷川一夫と共演するなど、めきめきと頭角を現し、日本の映画業界がピークに達した1958年には雷蔵の主演作が目白押しになる。同じ年に「炎上」(監督:市川崑)で各賞を総なめ。実力の伴ったスターとしての地位を獲得する。ある時は妖艶な男、ある時は悲壮な剣士、またある時はコミカルな表情。作品ごとに変幻自在に姿・かたちを変えるのが雷蔵の魅力。映画デビューから15年。37歳で亡くなった市川雷蔵の出演作品は158本にもおよび、永遠のヒーロー像をファンの脳裏に焼き付けた。代表作は「若親分」「眠狂四郎」シリーズなど。

勝新太郎 作品

市川崑と勝新太郎の初の本格的な顔合わせであり、ヒロインに江利チエミ、脇の殺し屋に浜村純、船越英二、ロイ・ジェームスを配した犯罪活劇。

ど根性物語 銭の踊り1964年

監督:市川崑 脚本:久里子亭
出演:勝新太郎/江利チエミ/船越英二/浜村純/ロイ・ジェームス

喧嘩の強い男が殺し屋にスカウトされるが、冷徹な仕事内容に嫌気が差して組織と対立する犯罪アクション。市川崑がスタイリッシュに演出。曲がったことは大嫌いな正義漢・八百(勝)は、江戸(浜村)をリーダーとする殺し屋グループに高給でスカウトされる。彼らはボスの指令によって法で裁けない悪人たちを抹殺していた。しかし組織の過激なやり方についていけなくなった八百は、江戸と対立する。

放送スケジュールはこちら

『駿河遊侠傳』シリーズ
勝新太郎扮する清水の次郎長が活躍する「駿河遊侠傳」シリーズの最終作。

駿河遊侠伝 度胸がらす1965年

監督:森一生 脚本:(脚色)笠原良三 原作:子母沢寛
出演:勝新太郎/藤由紀子/桑野みゆき/小沢昭一/水原弘/大辻伺郎/小池朝雄

勝新太郎扮する清水の次郎長が活躍する「駿河遊侠傳」シリーズの最終作。一家を成した次郎長が不義理をはたらく穂北の久六に殴り込みをかける。監督は第一作「賭場荒らし」の森一生。一家の親分となった次郎長(勝)の元に、ヤクザの親分を斬った関取りの八尾ケ嶽(里井茂)が久六(小池朝雄)を連れて現われた。迎え入れる次郎長だが、代官所の手がまわり、八尾ケ嶽は遠州森の五郎親分の所まで逃亡する。一年後、再び久六がやって来た。

放送スケジュールはこちら

勝新傑作選

勝新主演の大型痛快喜劇!

とむらい師たち1968年

監督:三隅研次 脚本:藤本義一 原作:野坂昭如
出演:勝新太郎/伊藤雄之助/藤村有弘/藤岡琢也/財津一郎

三隅研次監督が、葬式を生業とする男たちの繰り広げる狂騒をテンポ良く描く。宮川一夫のカメラ、勝新太郎の迫力、三隅監督のセンスが見事に溶け合ったブラック・コメディの秀作。死者のデスマスクを作るガンめん(勝)は、最近の葬儀社のあり様に不満を感じ、国際葬儀協会を設立。奇抜なアイディアを生かした葬儀方法が受け"国葬"は順調に発展する。しかし繁盛するほど仲間たちは金儲けへと走り、ガンめんは彼らと決別に至る。

放送スケジュールはこちら

市川雷蔵 作品

市川雷蔵主演の人気シリーズ最終作。

眠狂四郎悪女狩り1969年

監督:池広一夫 (脚色)高岩肇/宮川一郎 原作:柴田錬三郎
出演:市川雷蔵/藤村志保/久保菜穂子/松尾嘉代/吉田日出子/朝丘雪路/江原真二郎

市川雷蔵主演の人気シリーズ最終作。大奥の争いに隠れ切支丹のニセ狂四郎が絡む話。本作の公開からおよそ半年後に、雷蔵は37歳で死去した。 江戸城大奥では、将軍の子を身ごもった二人の女、側室の環(行友圭子)とお千加の方(松尾嘉代)の権力争いが繰り広げられていた。そして大目付の板倉将監(小池朝雄)と組んだ大奥総取締役の錦小路(久保菜穂子)の企てで、敵対する人間が次々と殺され、それは眠狂四郎の仕業として広められた。そのため、江戸市中では、眠狂四郎が血と女に狂ってしまったと大騒ぎになっていた。

放送スケジュールはこちら

市川雷蔵主演で映像化された「大菩薩峠」シリーズ第3作にして完結篇。

大菩薩峠 完結篇1961年

監督:森一生 脚本:衣笠貞之助 原作:中里介山
出演:市川雷蔵/中村玉緒/本郷功次郎/小林勝彦

市川雷蔵主演「大菩薩峠」シリーズ第3作にして完結篇。監督は前二作を手がけた三隅研次からベテラン・森一生にバトンタッチ、完結編に相応しく重厚なタッチで竜之助と兵馬の最後の対決を描く。竜神の滝近くにそそりたつ断崖で刃を交える机竜之助(市川)と宇津木兵馬(本郷)。盲目の竜之助は断崖から落下するが、お豊(中村)に助けられる。お豊はやがて廓に身を沈めた後、病に侵され自害して果てる。やがて、竜之助は顔半分にヤケドの跡があるお銀(中村・二役)とともに大菩薩峠に舞い戻り、兵馬と宿命の対決となるが…。

放送スケジュールはこちら

「ど根性物語 銭の踊り」©KADOKAWA 1964 「駿河遊侠伝 度胸がらす」©KADOKAWA 1965 「とむらい師たち」©KADOKAWA 1968
「眠狂四郎悪女狩り」©KADOKAWA 1969 「大菩薩峠 完結篇」©KADOKAWA 1961