カツライス劇場

大映が誇った奇跡の2枚看板、勝新太郎・市川雷蔵。
両名の名前から“カツライス”と称された2人の、それぞれの代表的シリーズを、
各シリーズ毎月1作品ずつ放送!さらに、“勝新・雷蔵傑作選”として、
それぞれの主演作品も毎月1作品セレクションしてお届け!

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
  • 勝新太郎 作品
  • 市川雷蔵 作品
勝新太郎 悪を演じて愛された男

1954年、二十三歳のときに映画「花の白虎隊」(監督:田坂勝彦)でデビュー。その後数十本の映画に出演し続け、1960年、二十九歳のときに映画「不知火検校」(監督:森一生)で極悪非道の盲目の鍼医者という汚れ役に熱を入れて取り組み、勝の主演作としては興行成績も良く、出演作品73本目にして演技開眼とも言える突破口となる。その後「悪名」シリーズがヒット。「不知火検校」の延長とも言える盲目でヤクザな型破りのキャラクターを演じた「座頭市物語」(監督:三隅研次)でも好評を呼び、時代劇映画に新たなヒーローを生み出した。そのほか「兵隊やくざ」シリーズ、「人斬り」など代表作多数。

市川雷蔵 尻尾を掴ませない男

勝新太郎と同じく、映画「花の白虎隊」(監督:田坂勝彦)にてデビュー。デビュー2作目にして、大御所長谷川一夫と共演するなど、めきめきと頭角を現し、日本の映画業界がピークに達した1958年には雷蔵の主演作が目白押しになる。同じ年に「炎上」(監督:市川崑)で各賞を総なめ。実力の伴ったスターとしての地位を獲得する。ある時は妖艶な男、ある時は悲壮な剣士、またある時はコミカルな表情。作品ごとに変幻自在に姿・かたちを変えるのが雷蔵の魅力。映画デビューから15年。37歳で亡くなった市川雷蔵の出演作品は158本にもおよび、永遠のヒーロー像をファンの脳裏に焼き付けた。代表作は「若親分」「眠狂四郎」シリーズなど。

勝新太郎 作品

今東光原作、勝新太郎主演の任侠アクションシリーズ第13作目。

悪名一代1967年

監督:安田公義 脚本:依田義賢 原作:今東光
出演:勝新太郎/田宮二郎/森光子/長門勇

今東光原作、勝新太郎主演の任侠アクションシリーズ第13作目。一人旅をしていた朝吉が遺産相続問題とヤクザの陰謀に巻き込まれ、金の亡者を一掃する。仲居役、森光子のコメディ演技が光る。旅を楽しむ朝吉(勝)は汽車の中で渡り仲居のお澄(森)と出会い、彼女の勤める旅館に泊まる。そこには軟禁されている美女・蔦江(浜田ゆう子)が。蔦江は伯母の遺産を相続することになっており、その3億円を目当てに金の亡者が集まっていた。

放送スケジュールはこちら

勝新太郎、田宮二郎共演による仁侠シリーズ「悪名」第14作目。

悪名十八番1968年

監督:監督:森一生 脚本:依田義賢 原作:今東光
出演:勝新太郎/田宮二郎/安田道代/森光子/西村晃/藤田まこと/金田竜之助/芦屋小雁

勝新太郎、田宮二郎共演による仁侠シリーズ「悪名」第14作目。監督は「悪名市場」「悪名太鼓」なども手がけたベテラン森一生。"悪名コンビ"が朝吉の兄のために土地の悪徳ボスへ殴り込みをかける。喧嘩騒ぎで逮捕された朝吉(勝)は、兄である市会議員候補・辰吉(金田龍之介)の尽力で仮出所。しかし辰吉は土地の悪徳ボス・中沢(西村晃)に大怪我を負わされる。更に朝吉を邪魔と思った中沢は罠を仕組み、朝吉を殺人犯に仕立て上げ…。

放送スケジュールはこちら

若き日の清水次郎長の成長物語

駿河遊侠傳 賭場荒し1964年

監督:森一生 脚本:新藤兼人 原作:子母沢寛
出演:勝新太郎/瑳峨三智子/藤村志保/天知茂

「座頭市」シリーズの原作で知られる子母沢寛の小説を新藤兼人が脚色し、「悪名」「座頭市」シリーズで勝新太郎と組んだ森一生が監督。勝新太郎扮する若き日の清水次郎長が、無鉄砲な若者から侠客として成長してゆく。清水港の次郎(勝)は相棒の髪常(大辻伺郎)と得意のイカサマ博奕で東海道を渡り歩いていた。ある日、次郎が愛する女・お時(藤村)を売りとばした富五郎(守田学)に会い、髪常は彼を刺してしまう。逃げる二人は治助親分(山本礼三郎)の元に身を寄せるが…。

放送スケジュールはこちら

勝新太郎が清水の次郎長に扮する子母沢寛原作の「駿河遊侠傳」の第二部。

駿河遊侠傳 破れ鉄火1964年

監督:田中徳三 脚本:高岩肇  原作:子母沢寛
出演:勝新太郎/藤由紀子/水原弘/大辻伺郎

勝新太郎が清水の次郎長に扮する子母沢寛原作の「駿河遊侠傳」の第二部。大恩ある治助親分が病に倒れ、次郎長は縄張りを狙うヤクザ一味を相手に大立ち回りする。相棒・髪常(大辻)と共に武州高萩の万次郎親分(嵐三右ヱ門)の元へわらじを脱いだ次郎長(勝)。そこへ世話になった寺津の治助親分(山本礼三郎)が中風で倒れたと知らせが届き寺津へ戻る。病床の治助から、行方不明になった一人息子を探し改心させてくれと頼まれるが…。

放送スケジュールはこちら

市川雷蔵 作品

カツライス劇場スペシャル - 市川雷蔵よ永遠に -

7/17(火)あさ9:00~ 4作品一挙放送

市川雷蔵主演の人気シリーズ第9作。

眠狂四郎無頼控 魔性の肌1967年

監督:池広一夫 脚本:髙岩肇 原作:柴田錬三郎
出演:市川雷蔵/鰐淵晴子/久保菜穂子/金子信雄/成田三樹夫

市川雷蔵主演の人気シリーズ第9作。監督は、第4作『眠狂四郎女妖剣』をヒットさせた池広一夫。本作では再び狂四郎の出生の秘密に関わるドラマが描かれるが、道中もののテイストが加味され、狂四郎を様々な罠が待ち受ける息をもつかせぬ展開となっている。
眠狂四郎(市川雷蔵)は、闕所物奉行・朝比奈修理亮(金子信雄)から京都御所へ運ぶ献上品の警護を懇願されたが、それを拒否する。だが、狂四郎は余命いくばくもない姉が京都の尼寺にいることを聞きつけ、京都へと向かった。一方、江戸を旅立った献上品警護の一行は、三枝右近(成田三樹夫)を首領とする隠れキリシタンの一派・黒指党の襲撃を受けた。彼らが宝物と崇める南蛮渡来の純金のクルスを奪還するためであった。さらに、黒指党は二人の女を使って狂四郎を狙う!

放送スケジュールはこちら

『眠狂四郎』と並ぶ市川雷蔵主演のヒットシリーズ第六作。

忍びの者 伊賀屋敷1965年

監督:森一生 脚本:直居欽哉/服部佳
出演:市川雷蔵/八千草薫/山形勲/鈴木瑞穂/今井健二/島田竜三/北竜二/殿山泰司

『眠狂四郎』と並ぶ市川雷蔵主演のヒットシリーズ第六作。本作では主人公が二代目才蔵へと代替わりし、慶安の変をベースに松平伊豆守信綱が操る甲賀忍者と才蔵との対決を描く。また百合姫役を八千草薫が演じ、清楚で可憐な魅力を振りまくが、やがて明かされる正体もしかと見届けてほしい。巧みなストーリー展開と仕組まれた意外性が秀逸な一遍だ。
寛永14年。関ヶ原以来の豊臣の残党は島原の乱に多数参加し、死力を尽くして戦ったが、ついに壊滅した。徳川軍は総大将・松平伊豆守信綱(山形勲)を先頭に、意気揚々と江戸に向かって凱旋する。だが、あくまで徳川を仇敵と狙う最後の一人がいた。その男・霧隠才蔵(市川雷蔵)は、息子・才助と共に育てた真田幸村の遺児・百合姫に別れを告げるや、単身徳川軍勢に斬り込み、命果てた。それから10余年、徳川封建の時代となり、天下は平定したかにみえたが、由比正雪(鈴木瑞穂)らは幕府転覆を企てていた。

放送スケジュールはこちら

市川雷蔵の飛躍のきっかけともなった作品。

歌ごよみ お夏清十郎1954年

監督:冬島泰三 脚本:舟橋和郎 原作:旗一兵
出演:市川雷蔵/美空ひばり/香川良介/三條美紀

但馬屋の娘・お夏(美空ひばり)と、美男で働き者の手代・淸十郎(市川雷蔵)は、秘かに思いを寄せながらも、主従の一線をしっかり守りあっていた。商売仇の謀略で、盗みの濡れ衣を着せられた淸十郎をお夏は必死に庇うが、彼は市中引き回しの上、島流しにされてしまう。しかし、その後但馬屋を襲った不幸で、お夏は…。思いあまった淸十郎は流刑場を脱出する。
市川雷蔵の飛躍のきっかけともなった本作では、はじめは柔和な美男子という体で登場しながら、お夏を助けるために島流しから戻った姿ではすっかり貫禄がついて凄みのある表情を見せており、二つの顔を見事に演じ分けている。また、随所で美空ひばりによる美しい歌声が入り、映画に華を添えている。前半はひばりの大店の娘らしい気品ある演技で映画を引っ張り、後半は雷蔵の男らしい魅力でぐいぐいと引き込まれる。

放送スケジュールはこちら

市川雷蔵初カラー作品にして出世作。

新・平家物語1955年

監督:溝口健二 脚本:依田義賢/成沢昌茂/辻久一 原作:吉川英治
出演:市川雷蔵/久我美子/林成年/木暮実千代/大矢市次郎/進藤英太郎/中村玉緒

吉川英治作「新・平家物語」を「楊貴妃」の依田義賢、成沢昌茂と辻久一が共同脚色、同じく溝口健二が監督した。市川雷蔵演じる平清盛の出生の秘密と天下取りの足がかりまでを軽快に描く。保延3年、長らく続いた藤原一族による貴族政権は疲弊し、白河上皇は院政による朝廷の復権を目指していた。平家は長年の貧窮の結果、祝宴の金にも困り馬まで売る始末。そんな平家の長男・清盛(市川雷蔵)は、藤原時信の娘・時子(久我美子)と出会い恋に落ちる。時子の弟・時忠(林成年)と東市の酒場で飲んでいた清盛は、商人・朱鼻の伴卜(進藤英太郎)から自分の父が白河上皇(柳永二郎)だと聞かされ衝撃を受ける。

放送スケジュールはこちら

市川雷蔵主演の人気シリーズ第9作。

眠狂四郎無頼控 魔性の肌1967年

監督:池広一夫 脚本:髙岩肇 原作:柴田錬三郎
出演:市川雷蔵/鰐淵晴子/久保菜穂子/金子信雄/成田三樹夫

市川雷蔵主演の人気シリーズ第9作。監督は、第4作『眠狂四郎女妖剣』をヒットさせた池広一夫。本作では再び狂四郎の出生の秘密に関わるドラマが描かれるが、道中もののテイストが加味され、狂四郎を様々な罠が待ち受ける息をもつかせぬ展開となっている。
眠狂四郎(市川雷蔵)は、闕所物奉行・朝比奈修理亮(金子信雄)から京都御所へ運ぶ献上品の警護を懇願されたが、それを拒否する。だが、狂四郎は余命いくばくもない姉が京都の尼寺にいることを聞きつけ、京都へと向かった。一方、江戸を旅立った献上品警護の一行は、三枝右近(成田三樹夫)を首領とする隠れキリシタンの一派・黒指党の襲撃を受けた。彼らが宝物と崇める南蛮渡来の純金のクルスを奪還するためであった。さらに、黒指党は二人の女を使って狂四郎を狙う!

放送スケジュールはこちら

市川雷蔵主演の人気シリーズ第10作。

眠狂四郎女地獄1968年

監督:田中徳三 脚本:髙岩肇 原作:柴田錬三郎
出演:市川雷蔵/高田美和/水谷良重/田村高廣/小沢栄太郎/伊藤雄之助

市川雷蔵主演の人気シリーズ第10作。剣難、女難にサスペンスも込め、眠狂四郎が降りしきる雪の中、円月殺法で斬りまくる怒涛の太刀さばきが見もの。雷蔵は角兵衛獅子姉妹に優しさを見せるものの、その全身から放たれる凄みはいよいよ深い。

放送スケジュールはこちら

『眠狂四郎』と並ぶ市川雷蔵主演のヒットシリーズ第六作。

忍びの者 伊賀屋敷1965年

監督:森一生 脚本:直居欽哉/服部佳
出演:市川雷蔵/八千草薫/山形勲/鈴木瑞穂/今井健二/島田竜三/北竜二/殿山泰司

『眠狂四郎』と並ぶ市川雷蔵主演のヒットシリーズ第六作。本作では主人公が二代目才蔵へと代替わりし、慶安の変をベースに松平伊豆守信綱が操る甲賀忍者と才蔵との対決を描く。また百合姫役を八千草薫が演じ、清楚で可憐な魅力を振りまくが、やがて明かされる正体もしかと見届けてほしい。巧みなストーリー展開と仕組まれた意外性が秀逸な一遍だ。
寛永14年。関ヶ原以来の豊臣の残党は島原の乱に多数参加し、死力を尽くして戦ったが、ついに壊滅した。徳川軍は総大将・松平伊豆守信綱(山形勲)を先頭に、意気揚々と江戸に向かって凱旋する。だが、あくまで徳川を仇敵と狙う最後の一人がいた。その男・霧隠才蔵(市川雷蔵)は、息子・才助と共に育てた真田幸村の遺児・百合姫に別れを告げるや、単身徳川軍勢に斬り込み、命果てた。それから10余年、徳川封建の時代となり、天下は平定したかにみえたが、由比正雪(鈴木瑞穂)らは幕府転覆を企てていた。

放送スケジュールはこちら

『眠狂四郎』と並ぶ市川雷蔵主演のヒットシリーズ第七作。

忍びの者 新・霧隠才蔵1966年

監督:森一生 脚本:高岩肇
出演:市川雷蔵/藤村志保/楠侑子/田村高廣/千波丈太郎/五味龍太郎/内田朝雄/小沢栄太郎

『眠狂四郎』と並ぶ市川雷蔵主演のヒットシリーズ第七作。時代は大坂夏の陣の頃へと戻り、小沢栄太郎演じる徳川家康が再び登場する。ヒロインはシリーズ4度目の出演となる藤村志保で、忍者装束も見逃せない。また才蔵と敵対する風魔忍者は火を武器とし、生の迫力を押し出したダイナミックな立ち回りは、CG映像に見慣れた現在では逆に新鮮である。
大坂夏の陣が終わって、徳川の時代が到来した。家康(小沢栄太郎)は74歳の生涯をかけた野望を遂げ、将軍職も秀忠に譲り渡したが、行方をくらました伊賀忍者の行方が気がかりだった。霧隠才蔵(市川雷蔵)らは家康への復讐を誓い、身を隠していた。くノ一のあかね(藤村志保)から情報を得た伊賀忍者は、ついに行動を起こすが、風魔一族の首領・大十郎(田村高廣)が立ちはだかり、暗殺は失敗に終わる。仲間を失った才蔵は、大奥の女主人・弥生(楠侑子)に助けられるが・・・・・・。

放送スケジュールはこちら

雷蔵傑作選

市川雷蔵の飛躍のきっかけともなった作品。

歌ごよみ お夏清十郎1954年

監督:冬島泰三 脚本:舟橋和郎 原作:旗一兵
出演:市川雷蔵/美空ひばり/香川良介/三條美紀

但馬屋の娘・お夏(美空ひばり)と、美男で働き者の手代・淸十郎(市川雷蔵)は、秘かに思いを寄せながらも、主従の一線をしっかり守りあっていた。商売仇の謀略で、盗みの濡れ衣を着せられた淸十郎をお夏は必死に庇うが、彼は市中引き回しの上、島流しにされてしまう。しかし、その後但馬屋を襲った不幸で、お夏は…。思いあまった淸十郎は流刑場を脱出する。
市川雷蔵の飛躍のきっかけともなった本作では、はじめは柔和な美男子という体で登場しながら、お夏を助けるために島流しから戻った姿ではすっかり貫禄がついて凄みのある表情を見せており、二つの顔を見事に演じ分けている。また、随所で美空ひばりによる美しい歌声が入り、映画に華を添えている。前半はひばりの大店の娘らしい気品ある演技で映画を引っ張り、後半は雷蔵の男らしい魅力でぐいぐいと引き込まれる。

放送スケジュールはこちら

江戸時代の実在の医師・華岡青洲を描いた有吉佐和子のベストセラー小説を増村保造が映画化。

華岡青洲の妻1967年

監督:増村保造 脚本:新藤兼人 原作:有吉佐和子
出演:市川雷蔵/若尾文子/高峰秀子/伊藤雄之助/渡辺美佐子  語り手/杉村春子

江戸時代の実在の医師・華岡青洲を描いた有吉佐和子のベストセラー小説を増村保造が映画化。高峰秀子と若尾文子が姑と嫁に扮し、青洲を巡る女の闘いを色濃く繰り広げる。武家の娘・加恵(若尾)は、貧乏医師・華岡家に父の反対を押し切って嫁ぐ。姑の於継(高峰)と仲睦まじくしながら夫・青洲(市川)の留守を守っていたが、青洲が遊学先から帰ってくると姑と嫁の関係に変化が生じる・・・。

放送スケジュールはこちら

「悪名一代」©KADOKAWA 1967 「悪名十八番」©KADOKAWA 1968 「駿河遊侠傳 賭場荒し」©KADOKAWA 1964 「駿河遊侠傳 破れ鉄火」©KADOKAWA 1964 「眠狂四郎無頼控 魔性の肌」©KADOKAWA 1967
「忍びの者 伊賀屋敷」©KADOKAWA 1965 「歌ごよみ お夏淸十郎」©ひばりプロダクション 「新・平家物語」©KADOKAWA 1955
「眠狂四郎女地獄」©KADOKAWA 1968 「忍びの者 新・霧隠才蔵」©KADOKAWA 1966 「華岡青洲の妻」©KADOKAWA 1967