• 視聴方法 日本映画専門チャンネルを見たい方はこちら! 詳しくみる
  • スカパー!で見る
  • J:COMで見る

注目のキーワード

カツライス劇場

大映が誇った奇跡の2枚看板、勝新太郎・市川雷蔵。
両名の名前から“カツライス”と称された2人の、それぞれの代表的シリーズを、
各シリーズ毎月1作品ずつ放送!さらに、“勝新・雷蔵傑作選”として、
それぞれの主演作品も毎月1作品セレクションしてお届け!

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
  • 勝新太郎 作品
  • 市川雷蔵 作品
勝新太郎 悪を演じて愛された男

1954年、二十三歳のときに映画「花の白虎隊」(監督:田坂勝彦)でデビュー。その後数十本の映画に出演し続け、1960年、二十九歳のときに映画「不知火検校」(監督:森一生)で極悪非道の盲目の鍼医者という汚れ役に熱を入れて取り組み、勝の主演作としては興行成績も良く、出演作品73本目にして演技開眼とも言える突破口となる。その後「悪名」シリーズがヒット。「不知火検校」の延長とも言える盲目でヤクザな型破りのキャラクターを演じた「座頭市物語」(監督:三隅研次)でも好評を呼び、時代劇映画に新たなヒーローを生み出した。そのほか「兵隊やくざ」シリーズ、「人斬り」など代表作多数。

市川雷蔵 尻尾を掴ませない男

勝新太郎と同じく、映画「花の白虎隊」(監督:田坂勝彦)にてデビュー。デビュー2作目にして、大御所長谷川一夫と共演するなど、めきめきと頭角を現し、日本の映画業界がピークに達した1958年には雷蔵の主演作が目白押しになる。同じ年に「炎上」(監督:市川崑)で各賞を総なめ。実力の伴ったスターとしての地位を獲得する。ある時は妖艶な男、ある時は悲壮な剣士、またある時はコミカルな表情。作品ごとに変幻自在に姿・かたちを変えるのが雷蔵の魅力。映画デビューから15年。37歳で亡くなった市川雷蔵の出演作品は158本にもおよび、永遠のヒーロー像をファンの脳裏に焼き付けた。代表作は「若親分」「眠狂四郎」シリーズなど。

勝新太郎 作品

靴磨きの少女ひろみ(赤城)との交流が物語りの軸となるシリーズ第4作。

続・新悪名1962年

監督:田中徳三 脚本:依田義賢 原作:今東光
出演:勝新太郎/田宮二郎/水谷良重/赤城まり/阿井美千子/ミヤコ蝶々

勝新太郎と田宮二郎がコンビを組んだ「悪名」シリーズの第4作。靴磨きの少女ひろみ(赤城)との交流が物語りの軸となる。闇市を追放された朝吉が女剣劇一座のピンチを救うべく、モートルの貞の弟・清次(田宮)と共に奔走する。闇市が閉鎖され故郷へ戻った朝吉(勝)だが、百姓暮らしは肌に合わなく再び大阪へ。そこで昔の知人おぎん(茶川一郎)と再会する。おぎんは演芸館主の女剣劇一座に身を寄せるが、館主の玉島(遠藤辰雄)が上演を許可しないという。玉島に話をつけにいった朝吉は、そこで用心棒をしている清次(田宮)と邂逅する。

放送スケジュールはこちら

田中徳三が監督を務めた、いつもの軽妙さよりも社会派極道ドラマの色合いが強い、人気シリーズ第5作。

第三の悪名1963年

監督:田中徳三 脚本:依田義賢 原作:今東光
出演:勝新太郎/田宮二郎/長門裕之/月丘夢路/西村晃/菅井一郎/夢路いとし/喜味こいし

今東光原作「悪名」シリーズの第5作。勝新太郎演じる朝吉がかつての上官と再会し、共に巨悪に立ち向かう。いつもの軽妙さよりも社会派極道ドラマの色合いが強く、長門裕之の演技が光る。朝吉(勝)は死んだ弟分、ロートルの貞の妻・お照(藤原礼子)の家に貞の弟・清次(田宮)と居候中。歓楽街でヤクザの起こしたケンカを収めた朝吉は、自分を探しているという親分のところへ出向く。そこにいたのは戦争時代の上官・粟津(長門)だった。

放送スケジュールはこちら

シリーズ第4作!監督はシリーズで唯一、森一生が務めた。

兵隊やくざ 脱獄1966年

監督:森一生 脚本:舟橋和郎 原作:有馬頼義(「貴三郎一代」より)
出演:勝新太郎/田村高廣/小川真由美/田中邦衛/五味龍太郎/中谷一郎

シリーズ唯一の森一生監督による第4作目。処刑寸前の大宮二等兵と有田上等兵が今度はソ連国境へ送り込まれる。アウトローぶりが板についてきた勝&田村の掛け合いが楽しい。敵前逃亡で刑務所に入れられた大宮(勝)と有田(田村)は、脱獄を図るが失敗。あわや銃殺刑というところでソ連国境へ送られるが、軍曹から徹底的にしぼられてどうにも面白くない。そんな中ソ連軍の猛攻が始まるが、将校たちはトラックで逃げ出そうとする。

放送スケジュールはこちら

大宮が成田三樹夫演じる宿敵・青柳と決着をつけるシーンはシリーズ屈指の名シーン!

兵隊やくざ大脱走1966年

監督:田中徳三 脚本:舟橋和郎 原作:有馬頼義(「貴三郎一代」より)
出演:勝新太郎/田村高廣/安田道代/成田三樹夫/南都雄二/芦屋雁之助/芦屋小雁

田中徳三監督が再びメガホンをとったシリーズ第5作目。避難民を連れた大宮と有田が北満州を所狭しと逃げ回る。大宮が成田三樹夫演じる宿敵・青柳と決着をつけるシーンは見どころ。終戦直前の北満州。慰問団からはぐれた親子を助けた大宮(勝)は、その娘・弥生(安田)を、女に飢えた兵隊たちから守って護送する。戻ってみると部隊は全滅。ただひとり生き残った有田(田村)と共に将校に化け、避難民を連れて馬廠(ばしょう)に向うが・・・。

放送スケジュールはこちら

勝新・雷蔵傑作選

助さんを雷蔵、格さんを勝新が演じる、大映版「水戸黄門」!

水戸黄門海を渡る1961年

監督:渡辺邦男 脚本:川内康範/杜松吉 原作:川内康範
出演:長谷川一夫/勝新太郎/市川雷蔵/野添ひとみ/宇治みさ子/藤原礼子/林成年/千葉敏郎

水戸黄門(長谷川一夫)と助さん(市川雷蔵)格さん(勝新太郎)は、松前藩の御用船に遭遇し、公儀へ献上する蝦夷地の地図を何者かに奪われたことを聞く。かくして一行は蝦夷地へ足を踏み入れることとなった。松前藩では家老の一柳がアイヌを利用して蝦夷地を我がものにしようと企んでいたのだ。黄門は地図を取り戻し、この野望を粉砕することができるのか!?
大映がお盆興行向けに企画したオールスター時代劇で、長谷川一夫、市川雷蔵、勝新太郎の三大スターが、あの黄門一行を演じている。また長谷川一夫は水戸黄門のほか、アイヌの英雄シャグシャイン役も演じており、その演じ分けにも注目してほしい。脚本を『月光仮面』の川内康範、監督を長谷川とのコンビも多い渡辺邦男が手がけている。

放送スケジュールはこちら

市川雷蔵 作品

『若親分』シリーズ

「座頭市の歌が聞える」の高岩肇が脚本を手がけた、「若親分」シリーズの第5作。

若親分あばれ飛車1966年

監督:田中重雄 脚本:高岩肇
出演:市川雷蔵/瑳峨三智子/藤巻潤/青山良彦

「座頭市の歌が聞える」の高岩肇が脚本を手がけた、「若親分」シリーズの第5作。ヤクザ稼業から足を洗おうとする若親分だが、生まれ故郷の荒廃を救うため悪徳ヤクザと闘うことに。軍港に隣接する大浜市は、築港拡張工事で賑わっていた。その頃、伝説の英雄・南條武(市川)の姿を見かけたという噂が立ち、元南條組の人々の心は浮き立つ。しかし武は、足を洗って新しい人生を拓こうと決心するため、故郷に帰ってきたのだった…。

放送スケジュールはこちら

「若親分」シリーズの脚本を多く手がける浅井昭三郎がシナリオを執筆し、中西忠三が監督した第6作目。

若親分を消せ1967年

監督:中西忠三 脚本:浅井昭三郎
出演:市川雷蔵/藤村志保/柴田美保子/木暮実千代/千波丈太郎/平泉成/鳳啓助/京唄子

「若親分」シリーズの脚本を多く手がける浅井昭三郎がシナリオを執筆し、中西忠三が監督した第6作目。若親分が恩人の仇討ちに立ち上がり、藤村志保扮するヒロインと切ない恋心を絡ませる。亡き父の親友で、出獄した武(市川)を温かく迎えてくれた三野組の弥五郎(伊東光一)が殺される。仇の手がかりをつかむため、武は板前として料亭に潜入。やがて任侠一筋の源八親分(佐々木孝丸)が新興ヤクザの鎧組に殺され、武は鎧組に目を付けるが…。

放送スケジュールはこちら

『陸軍中野学校』シリーズ

アクションが多く、シリーズ屈指の娯楽作とも言われる、第4作。

陸軍中野学校 密命1967年

監督:井上昭 脚本:舟橋和郎
出演:市川雷蔵/高田美和/野際陽子/加東大介/山形勲/山下洵一郎

英国スパイの正体を暴くため、スパイ・椎名次郎がゲシュタポと共同作戦を計画する「陸軍中野学校」シリーズ第4作。井上昭が監督し、シリーズ屈指の娯楽作と高い評価を得た。中国に潜伏していた椎名次郎(市川)は逮捕され、スパイ容疑で日本へ強制送還される。激しい拷問を受け、釈放された次郎を待っていたのは中野学校の創設者・草薙中佐(加東)だった。次郎はイギリスのスパイ、キャッツ・アイの正体を探る指令を受けるが…。

放送スケジュールはこちら

和製スパイの活躍を描く「陸軍中野学校」シリーズの最終作。

陸軍中野学校 開戦前夜1968年

監督:井上昭 脚本:長谷川公之
出演:市川雷蔵/小山明子/浜田ゆう子/船越英二/細川俊之/加東大介/内藤武敏/久米明

和製スパイの活躍を描く「陸軍中野学校」シリーズの最終作で、前作「密命」に続いて井上昭が監督。開戦決定がなされた御前会議の情報をめぐり、香港・東京を舞台に日米スパイが火花を散らす。開戦前夜の昭和16年11月、椎名次郎(市川)は英米仏の重要書類を奪うべく香港へ発つ。目的を達するも敵に捕まり過酷な拷問を受けた次郎は、同じくスパイの磯村大尉(細川)に救われる。そして二人は強敵スパイ組織・P機関壊滅を計る。

放送スケジュールはこちら

雷蔵傑作選

時代劇スター・市川雷蔵が現代社会の裏側を行く殺し屋に…。スタイリッシュな異色現代劇!

ある殺し屋1967年

監督:森一生 脚本:増村保造/石松愛弘
出演:市川雷蔵/野川由美子/成田三樹夫/渚まゆみ/千波丈太郎/小林幸子/小池朝雄

雷蔵がニヒルでストイックな殺し屋に扮したハードボイルド映画の傑作。普段は無口な板前として生きる塩沢(市川)は裏では名の知られた殺人請負人。塩沢はある暴力団から敵対するボス・大和田の殺人を2千万円で請け負い、ボスを刺殺するが、その報酬の横取りを狙う者が現れて・・・。

放送スケジュールはこちら

「続・新悪名」©KADOKAWA 1962 「ある殺し屋」©KADOKAWA 1967 「兵隊やくざ 脱獄」©KADOKAWA 1966 「兵隊やくざ大脱走」©KADOKAWA 1966 「兵隊やくざ大脱走」©KADOKAWA 1966 「水戸黄門海を渡る」©KADOKAWA 1961
「若親分あばれ飛車」©KADOKAWA 1966 「若親分を消せ」©KADOKAWA 1967 「陸軍中野学校 密命」©KADOKAWA 1967 「陸軍中野学校 開戦前夜」©KADOKAWA 1968