• 視聴方法 日本映画専門チャンネルを見たい方はこちら! 詳しくみる
  • スカパー!で見る
  • J:COMで見る

注目のキーワード

カツライス劇場

大映が誇った奇跡の2枚看板、勝新太郎・市川雷蔵。
両名の名前から“カツライス”と称された2人の、それぞれの代表的シリーズを、
各シリーズ毎月1作品ずつ放送!さらに、“勝新・雷蔵傑作選”として、
それぞれの主演作品も毎月1作品セレクションしてお届け!

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
  • 勝新太郎 作品
  • 市川雷蔵 作品
勝新太郎 悪を演じて愛された男

1954年、二十三歳のときに映画「花の白虎隊」(監督:田坂勝彦)でデビュー。その後数十本の映画に出演し続け、1960年、二十九歳のときに映画「不知火検校」(監督:森一生)で極悪非道の盲目の鍼医者という汚れ役に熱を入れて取り組み、勝の主演作としては興行成績も良く、出演作品73本目にして演技開眼とも言える突破口となる。その後「悪名」シリーズがヒット。「不知火検校」の延長とも言える盲目でヤクザな型破りのキャラクターを演じた「座頭市物語」(監督:三隅研次)でも好評を呼び、時代劇映画に新たなヒーローを生み出した。そのほか「兵隊やくざ」シリーズ、「人斬り」など代表作多数。

市川雷蔵 尻尾を掴ませない男

勝新太郎と同じく、映画「花の白虎隊」(監督:田坂勝彦)にてデビュー。デビュー2作目にして、大御所長谷川一夫と共演するなど、めきめきと頭角を現し、日本の映画業界がピークに達した1958年には雷蔵の主演作が目白押しになる。同じ年に「炎上」(監督:市川崑)で各賞を総なめ。実力の伴ったスターとしての地位を獲得する。ある時は妖艶な男、ある時は悲壮な剣士、またある時はコミカルな表情。作品ごとに変幻自在に姿・かたちを変えるのが雷蔵の魅力。映画デビューから15年。37歳で亡くなった市川雷蔵の出演作品は158本にもおよび、永遠のヒーロー像をファンの脳裏に焼き付けた。代表作は「若親分」「眠狂四郎」シリーズなど。

勝新太郎 作品

カツライス劇場新春スペシャル カツシン最期の舞台にして妻・中村玉緒との初舞台共演作!

6/21(木)あさ11:00~ 5作品一挙放送

松五郎を勝新太郎が豪快に演じた1作。

無法松の一生1965年

監督:三隅研次 脚本:伊丹万作 原作:岩下俊作
出演:勝新太郎/有馬稲子/東野英治郎/大辻伺郎/五味龍太郎/宇津井健

阪東妻三郎(1943年・稲垣浩監督)、三船敏郎(1958年・同)、三國連太郎(1963年・村山新治監督)に続く4代目松五郎を勝新太郎が豪快に演じた1作。監督は「座頭市」シリーズや「子連れ狼」シリーズでおなじみの三隅研次。小倉の人力車夫が大尉の未亡人(有馬稲子)にひそから慕情を寄せ、彼女の息子の成長を見守っていく。乱暴だが誠実な松五郎という不滅のキャラクターに扮した勝新が見もの。

放送スケジュールはこちら

浪花の伝説の棋士・坂田三吉役を、勝新太郎が豪快に演じる。

王将1973年

監督:堀川弘通 脚本:笠原良三 原作:北條秀司
出演:勝新太郎/中村玉緒/音無美紀子/仲代達矢/藤田まこと

度々映画化されてきた北条秀司の人気戯曲を、堀川弘通監督がリメイク。これまでにも阪東妻三郎、辰巳柳太郎ら名だたるスターが演じてきた浪花の伝説の棋士・坂田三吉役を、勝新太郎が豪快に演じるかたわら、実際の妻でもある中村玉緒が献身的な女房を好演し、揺るがぬ夫婦愛を見事に体現している。大阪の棟割長屋で暮らす雪駄職人の三吉(勝)は、妻子がありながらも仕事そっちのけで将棋に没頭し、宿敵・関根(仲代)と遭遇する。

放送スケジュールはこちら

勝新太郎、田宮二郎共演の人気シリーズ「悪名」第12作。

悪名桜1966年

監督:田中徳三 脚本:依田義賢 原作:今東光
出演:勝新太郎/田宮二郎/市原悦子/須賀不二男/藤岡琢也/沢村貞子

勝新太郎、田宮二郎共演の人気シリーズ「悪名」第12作。商店街で焼き鳥屋を営む朝吉と清次が、愚連隊の少年を更生させるために奮闘する。監督は「悪名幟」「悪名無敵」の田中徳三。カタギの生活を送るべく大阪で焼き鳥屋を営んでいた朝吉(勝)は、愚連隊の少年・猛(酒井修)と出会う。朝吉は彼を真人間にしようと考えるが、猛の父である大地主・沢村(多々良純)はそれを快く思わず、馴染みのヤクザに朝吉の襲撃を頼むのだった。

放送スケジュールはこちら

戦況に翻弄される正義漢の激動の人生を、勝新太郎が悲哀をにじませ人間味豊かに熱演したお宝作品が登場!

鉄砲安の生涯1962年【BS・CS初】

監督:木村恵吾 脚色:八尋不二 原作:小橋博
出演:勝新太郎/浦路洋子/丹羽又三郎/近藤美恵子/三島雅夫/菅井一郎

明治24年の大津事件が題材の、小橋博・作のTVドラマ『こがね虫』を映画化。多彩な作品で手腕を発揮するベテラン木村恵吾監督の許、戦況に翻弄される正義漢の激動の人生を、勝新太郎が悲哀をにじませ人間味豊かに熱演した。琵琶湖観光に訪れたロシア皇太子の命を暗殺から救った、“鉄砲安”の異名をもつ人力車夫の安五郎(勝)は、時の英雄として故郷に錦を飾るが、ロシア政府からの終生年金目当ての結婚生活に苦しんだ上、日露戦争の開戦により国賊扱いされてしまう。

放送スケジュールはこちら

カツシン最期の舞台にして妻・中村玉緒との初舞台共演作!

夫婦善哉 東男京女1996年

演出:奥村 脚本:奥村/吉村哲雄
出演:勝新太郎/中村玉緒/鴈龍太郎/三浦綺音/遠藤太津朗/萬代峰子 ほか

1997年6月、65歳で亡くなった名優・勝新太郎。『座頭市』シリーズ『悪名』シリーズ等、日本映画史に残る作品に多数出演したほか、プライベートでも数多くの逸話を残す、まさに"伝説の俳優"と呼ぶにふさわしい存在だ。2014年、そんな勝新太郎が最期に出演した舞台「夫婦善哉 東男京女」(1996年7月上演)の映像が、TMプロダクション(旧勝プロ)の倉庫から奇跡的に発見された。
当時映像の撮影に凝っていたという勝新太郎自らの指示によるカメラワークは今見ても斬新なもの。1996年に上演されたこの舞台は、カツシン最期の舞台というだけでなく、妻・中村玉緒との初の舞台共演作であり、劇中でも二人が夫婦役を演じるという点でも貴重な作品だ。
今回チャンネルでは、その舞台映像を、上演当時勝新太郎と一緒に撮影・編集に携わっていた永田陽介氏の指示のもと再編集し、テレビ初放送!上演以来一度も観ることができなかった幻の"カツシン最期の舞台"が蘇る。
舞台は昭和7年の東京。戦争に向かう混沌とした時代を背景にしながら、有方伯爵家の跡取り・頼親(勝新太郎)と柳橋の芸者・絹子(中村玉緒)の恋路が描かれる。勝新太郎と中村玉緒の実際の夫婦関係を彷彿とさせるコミカルな掛け合いが随所に見られ、全編温かい笑いにつつまれた人情喜劇となっている。
※本編前に中村玉緒さんのインタビューがつきます。

放送スケジュールはこちら

『悪名』シリーズ
仁侠映画の原点ともいえる勝新太郎主演の任侠アクションシリーズ第11作。

悪名無敵1965年

監督:田中徳三 脚本:依田義賢 原作:今東光
出演:勝新太郎/田宮二郎/八千草薫 /藤村志保

仁侠映画の原点ともいえる勝新太郎主演の任侠アクションシリーズ第11作。名コンビ・朝吉と清次が、家出娘に売春させて荒稼ぎする組織を壊滅すべく奮闘する。監督は田中徳三。スケコマシの常公(千波丈太郎)に騙された家出娘・お君を探してジャンジャン横丁にやって来た朝吉(勝)と清次(田宮)。案の定、売春をしているお君を見つけた二人はその境遇に同情して、売春婦たちを逃がそうとする。しかし清次が売春組織に捕まってしまう。

放送スケジュールはこちら

勝新太郎、田宮二郎共演の人気シリーズ「悪名」第12作。

悪名桜1966年

監督:田中徳三 脚本:依田義賢 原作:今東光
出演:勝新太郎/田宮二郎/市原悦子/須賀不二男/藤岡琢也/沢村貞子

勝新太郎、田宮二郎共演の人気シリーズ「悪名」第12作。商店街で焼き鳥屋を営む朝吉と清次が、愚連隊の少年を更生させるために奮闘する。監督は「悪名幟」「悪名無敵」の田中徳三。カタギの生活を送るべく大阪で焼き鳥屋を営んでいた朝吉(勝)は、愚連隊の少年・猛(酒井修)と出会う。朝吉は彼を真人間にしようと考えるが、猛の父である大地主・沢村(多々良純)はそれを快く思わず、馴染みのヤクザに朝吉の襲撃を頼むのだった。

放送スケジュールはこちら

『やくざ坊主』シリーズ
勝新太郎が破戒僧・竜全に扮して悪党相手に大暴れする異色時代劇アクションの続篇。

続やくざ坊主1968年

監督:池広一夫 脚本:笠原良三/杉浦久
出演:勝新太郎/朝丘雪路/松尾嘉代/内藤武敏

勝新太郎が破戒僧・竜全に扮して悪党相手に大暴れする異色時代劇アクションの続篇。房総の門前町を舞台に、竜全が小判を作る金座一家の家督相続争いに巻き込まれる。日本中の小判を作る房総へやって来た竜全(勝)は、地元の賭場で有金を全部すってしまう。そこで江戸新川の親分・東兵衛の情婦・お紺(朝丘)を口説く。ある日、波打ち際に意識を失った娘を助け、彼女が金座一家の跡取り娘のお露(松尾)と知った竜全は・・・。

放送スケジュールはこちら

勝新傑作選

原作は谷崎潤一郎の戯曲『無明と愛染』、脚本を新藤兼人が手がけ、時代劇の名匠・三隅研次が監督した文芸ドラマ。

鬼の棲む館1969年

監督:三隅研次 脚本:新藤兼人 原作:谷崎潤一郎
出演:勝新太郎/高峰秀子/新珠三千代/佐藤慶

原作は谷崎潤一郎の戯曲『無明と愛染』、脚本を新藤兼人が手がけ、時代劇の名匠・三隅研次が監督した文芸ドラマ。南北朝時代の山寺を舞台に4人の男女が愛欲に苦悩する姿を描く。新珠三千代の悪女演技が強烈。戦火を免れた山寺で、盗賊の太郎(勝)と愛人の愛染(新珠)が潜伏していた。太郎の妻・楓(高峰)が夫を取り戻すために訪れるが、2人の生活を見せつけられて苦しむ。そこへ一夜の宿を乞う高名な寺院の上人(佐藤)が現われ、愛染を見て驚愕する。

放送スケジュールはこちら

浪花の伝説の棋士・坂田三吉役を、勝新太郎が豪快に演じる。

王将1973年

監督:堀川弘通 脚本:笠原良三 原作:北條秀司
出演:勝新太郎/中村玉緒/音無美紀子/仲代達矢/藤田まこと

度々映画化されてきた北条秀司の人気戯曲を、堀川弘通監督がリメイク。これまでにも阪東妻三郎、辰巳柳太郎ら名だたるスターが演じてきた浪花の伝説の棋士・坂田三吉役を、勝新太郎が豪快に演じるかたわら、実際の妻でもある中村玉緒が献身的な女房を好演し、揺るがぬ夫婦愛を見事に体現している。大阪の棟割長屋で暮らす雪駄職人の三吉(勝)は、妻子がありながらも仕事そっちのけで将棋に没頭し、宿敵・関根(仲代)と遭遇する。

放送スケジュールはこちら

松五郎を勝新太郎が豪快に演じた1作。

無法松の一生1965年

監督:三隅研次 脚本:伊丹万作 原作:岩下俊作
出演:勝新太郎/有馬稲子/東野英治郎/大辻伺郎/五味龍太郎/宇津井健

阪東妻三郎(1943年・稲垣浩監督)、三船敏郎(1958年・同)、三國連太郎(1963年・村山新治監督)に続く4代目松五郎を勝新太郎が豪快に演じた1作。監督は「座頭市」シリーズや「子連れ狼」シリーズでおなじみの三隅研次。小倉の人力車夫が大尉の未亡人(有馬稲子)にひそから慕情を寄せ、彼女の息子の成長を見守っていく。乱暴だが誠実な松五郎という不滅のキャラクターに扮した勝新が見もの。

放送スケジュールはこちら

市川雷蔵 作品

『眠狂四郎無頼控』シリーズ
市川雷蔵主演の人気シリーズ「眠狂四郎シリーズ」第5作。

眠狂四郎炎情剣1965年

監督:三隅研次 脚本:星川清司 原作:柴田錬三郎
出演:市川雷蔵/中村玉緒/姿美千子/中原早苗/西村晃

市川雷蔵主演の人気シリーズ「眠狂四郎シリーズ」第5作。中村玉緒がシリーズ二度目の出演、男を手玉に取る非情な悪役を演じる。眠狂四郎(市川雷蔵)は武士の妻だという檜垣ぬい(中村玉緒)の仇討ちを助勢した。その晩、ぬいは助太刀のお礼に肌を許すと言ったが、狂四郎の寝室へ忍び込んできたのは刺客であった。翌日、狂四郎のもとへ鳴海屋太兵衛(西村晃)が接近してきた。鳴海屋は藤堂藩に滅ぼされた海賊の財宝を幕府に献上する仕事に携わっていたが、江戸家老・跡部将監(安部徹)によって財宝が横領されてしまったというのだ。

放送スケジュールはこちら

市川雷蔵主演の人気シリーズ第8作。

眠狂四郎無頼剣1966年

監督:三隅研次 脚本:伊藤大輔 原作:柴田錬三郎
出演:市川雷蔵/天知茂/藤村志保/工藤堅太郎/島田竜三/遠藤辰雄/上野山功一/香川良介

市川雷蔵主演の人気シリーズ第8作。監督は『勝負』、『炎情剣』に続いて三隅研次が担当。脚本を時代劇映画の巨匠・伊藤大輔が手がけ、スタッフ・キャストの熱情が結集したこのシリーズの中でも最も格調高く傑出した作品。
眠狂四郎(市川雷蔵)は、居酒屋である事件の話を聞いた。江戸で1、2を争う油問屋弥彦屋へ白昼、浪人・愛染(天知茂)が忍び込み、ランプ燈に使う油精製の原理が書かれた図録が盗まれたという。それは大塩中斎とその息子によって研究されていたもので、父子はその権利を一万両で譲り、貧民救済資金に充てるつもりであったが、商人の裏切りに遭い、大塩父子の首は河原にさらされることとなった。愛染(天知茂)は父子を死に追いやった張本人・老中水野忠邦への恨みを晴らすべく、江戸を火の海にしようと企てていたのであった。狂四郎は愛染一味と対決する!

放送スケジュールはこちら

『忍びの者』シリーズ
『眠狂四郎』と並ぶ市川雷蔵主演のヒットシリーズ「忍びの者」シリーズ第四作。

忍びの者 霧隠才蔵1964年

監督:田中徳三 脚本:高岩肇
出演:市川雷蔵/磯村みどり/城健三朗/中村鴈治郎/小林勝彦/成田純一郎/島田竜三

『眠狂四郎』と並ぶ市川雷蔵主演のヒットシリーズ第四作。前作までの設定はリセットされ、本作より映画オリジナルの物語となった。霧隠才蔵が主人公として創造され、新たな趣向と構想も盛り込まれたが、市川雷蔵の芝居は、前三作のイメージを引き継いだものであり、作品カラーとしては一貫したものとなっている。またクライマックスとなる大坂夏の陣は、大勢のエキストラや実物大セットによる大坂城の崩壊が、迫力満点の映像で描かれ、必見。関ヶ原の合戦によって天下統一を成し遂げた徳川家康(中村鴈治郎)は、豊臣家断絶の機会を虎視眈々と狙い、大坂冬の陣が勃発した。秀吉の遺児・秀頼とその母・淀君は、天下の名城と謳われた大坂城に立てこもり、家康軍を迎えうつが、和議が成立して戦は終わった。だが、大坂城にはせ参じた数少ない武将の中で真田幸村(城健三朗、のちの若山富三郎)だけは、家康への抵抗を誓い、紀州九度山へ立てこもった。伊賀忍者・霧隠才蔵(市川雷蔵)は、幸村から命令され、家康が再び攻撃を仕掛けてくる時期を探るため、駿府へと潜入した。

放送スケジュールはこちら

『眠狂四郎』と並ぶ市川雷蔵主演のヒットシリーズ第五作。

忍びの者 続・霧隠才蔵1964年

監督:池広一夫 脚本:高岩肇
出演:市川雷蔵/藤由紀子/藤村志保/城健三朗/小沢栄太郎/小林勝彦/五味竜太郎/島田竜三

『眠狂四郎』と並ぶ市川雷蔵主演のヒットシリーズ第五作。前作の続編として製作された。みどころとなる忍術描写も一層の力が注がれ、本作では、才蔵は水中戦を披露している。 大坂夏の陣。徳川軍勢の猛攻により、大坂城はついに落城した。だがそこに真田幸村の死骸はなかった。徳川家康(小沢栄太郎)は服部半蔵(伊達三郎)から、一艘の小船が城から脱出したとの報告を受ける。家康は霧隠才蔵(市川雷蔵)の仕業であると確信した。幸村は落城と共に、自害しようとするが才蔵に助けられ、薩摩の島津家へと逃れたのだった。

放送スケジュールはこちら

「無法松の一生」©KADOKAWA 1965 「王将」©東宝 「悪名桜」©KADOKAWA 1966 「鉄砲安の生涯」©KADOKAWA 1962 「夫婦善哉 東男京女(舞台)」©ティーエムプロダクション 「悪名無敵」©KADOKAWA 1965 「続やくざ坊主」©KADOKAWA 1968 「鬼の棲む館」©KADOKAWA 1969
「眠狂四郎炎情剣」©KADOKAWA 1965 「眠狂四郎無頼剣」©KADOKAWA 1966 「忍びの者 霧隠才蔵」©KADOKAWA 1964 「忍びの者 続・霧隠才蔵」©KADOKAWA 1964