必見!イチオシ企画

【倉本聰劇場】「君は海を見たか」「昨日、悲別で」

昨日、悲別で(全13話)
1984年・TV・カラー    監督:(演出)石橋冠/小松伸生/中山秀一   脚本:倉本聰  
出演:天宮良/梨本謙次郎/布施博/石田えり/千秋実/大滝秀治/五月みどり/斉藤慶子  

東京と北海道を舞台に、倉本聰が人生を模索する若者の葛藤を描く青春群像劇。主演デビューの天宮良ら新進俳優陣が体現する、岐路に立つ若者の心の機微が共感を呼んで今も愛され続ける名作ドラマ。かつて炭鉱で栄えた北海道の悲別町の高校を卒業後、親友らと別れ上京した竜一(天宮良)は、赤坂でウエイターをして働きつつダンサー修行に励んでいた。父は炭坑事故で死に、故郷には昼間は炭坑で働き、夜は飲み屋をやっている母・春子(五月みどり)と妹・夕子(斉藤慶子)がいる。ある日、竜一はミュージカルのるオーディション会場で、故郷を飛び出して以来音信不通だった同級生のゆかり(石田えり)と再会する。

「昨日、悲別で(全13話)」(C)NTV
君は海を見たか(全11話)
1982年・TV・カラー    監督:杉田成道/山田良明   脚本:倉本聰  
出演:萩原健一/高橋恵子/伊藤蘭/田中邦衛/柴俊夫/六浦誠/小林薫/梅宮辰夫  

一流企業のエリートサラリーマン・増子一郎(萩原健一)は早くに妻を亡くし、一人息子の正一(六浦誠)、妹の弓子(伊藤蘭)と暮らしている。正一の世話は妹に任せきりで家庭など顧みない仕事人間の一郎だったが、正一が難病で余命3ヶ月と医師に告げられてしまう。息子の病気をきっかけに、一郎は父と子のふれあいを取り戻そうとする。1970年に日本テレビで放送されたドラマを、脚本の倉本聰自身がリメイクしたフジテレビ版。1970年版では8回だったシナリオを倉本みずから11回のシナリオに改訂。仕事とは、親とは、家族とは、人生とは、というテーマで綴る感動作。

「君は海を見たか(全11話)」(C)フジテレビジョン

視聴方法