12.16「ケイコ 目を澄ませて」公開記念 監督 三宅唱のまなざし

12月16日に公開される映画『ケイコ 目を澄ませて』。
耳の聞こえないボクサー ケイコに寄り添い、その姿を優しくじっと見つめるような本作の監督を務めたのは、
『きみの鳥はうたえる』『呪怨:呪いの家』の三宅唱。

チャンネルでは、その新作の公開を記念し、2夜連続でおよそ10年分の三宅唱監督作品を特集放送します。
彼の作品の中にはいつも、じっと見つめていたいと思える人物たちが映っているはずです。

さらに『密使と番人』『「ケイコ 目を澄ませて」公開記念特番』スカパー番組配信でもお楽しみいただけます。
詳細につきましてはスカパー番組配信利用ガイドをご確認ください。
(※『密使と番人』配信期間:12月16日(金)01:05~2023年1月16日(月) 01:05
『「ケイコ 目を澄ませて」公開記念 三宅唱×岸井ゆきの 特別対談』配信期間:12月14日(水)22:00~1月14日(土)22:00)

『ケイコ 目を澄ませて』へと続く彼の歩みを、是非ご覧ください。

12月14日(水)・15日(木)連日よる9時30分~

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
ワイルドツアー
放送日:12月15日、12月19日、1月23日
2019年・カラー    監督:三宅唱   脚本:三宅唱  
出演:伊藤帆乃花/安光隆太郎/栗林大輔/伊藤己織/髙椋優気/増田結妃/桝田七海/渡邊芽惟/渋谷圭香/河村百音/川俣実穂/福田未空/横山南  

注目の三宅唱監督が、山口情報芸術センターと協同し完成させた青春映画。スマホなどを使いビデオダイアリーも撮る三宅監督が、演技未経験のキャストと感化し合い、映画作りを探求する異色作。大学生のうめ(伊藤)は、山口市のアートセンターで行われるDNAを抽出し図鑑を作成するワークショップの進行役を務めていたが、参加者の中3のタケ(栗林)とシュン(安光)を伴い“新しい種”を求めて近隣の森を探索するうちに、思わぬ感情が3人に芽生え始める。※音声はオリジナルのまま3.1chで放送します。

「ワイルドツアー」(C) Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]
きみの鳥はうたえる
放送日:12月15日、12月17日、12月22日
2018年・カラー    原作:佐藤泰志   監督:三宅唱   脚本:三宅唱  
出演:柄本佑/石橋静河/染谷将太/足立智充/山本亜依/柴田貴哉/水間ロン/OMSB/Hi'Spec/渡辺真起子  

函館郊外の書店で働く「僕」(柄本佑)は、失業中の静雄(染谷将太)と小さなアパートで共同生活を送っていた。ある日、「僕」は同じ書店で働く佐知子(石橋静河)とふとしたきっかけで関係をもつ。彼女は店長の島田(萩原聖人)とも抜き差しならない関係にあるようだが、その日から、毎晩のようにアパートへ遊びに来るようになる。こうして、「僕」、佐知子、静雄の気ままな生活が始まった。

「きみの鳥はうたえる」(C)HAKODATE CINEMA IRIS
密使と番人
放送日:12月15日
2017年・カラー    監督:三宅唱   脚本:三宅唱/松井宏  
出演:森岡龍/渋川清彦/石橋静河/井之脇海/足立智充/柴田貴哉/嶋田久作  

十九世紀はじめ、鎖国下の日本。開国を望む蘭学者の一派が、幕府管理下にある日本地図の写しを密かに完成させる。彼らはオランダ人にその地図の写しを渡すため、若い蘭学者の道庵(森岡龍)を密使として送る。身を潜めながら、人気のない冬の山を進む道庵だが、高山(渋川清彦)をはじめとするその山の番人たちは、幕府が手配した道庵の人相書を手に山狩りを始めていた…。

「密使と番人」(C)時代劇専門チャンネル・日本映画専門チャンネル
NAGAHAMA/八月八日
放送日:12月15日、12月21日、1月10日、1月16日
2016年・カラー    監督:三宅唱  
出演:石橋静河  

幼少時よりバレエ、ダンスを続けてきた女優の石橋静河と、三宅唱監督と撮影の四宮秀俊によるコラボレーションから生まれた短編作品。日常にあるさまざまなからだの動きとダンスの運動との行き来によって、映画における魅力的なからだのあり方を一緒に探ってゆく。

「NAGAHAMA/八月八日」(C)Pigdom, MIYAKE Sho
THE COCKPIT
放送日:12月14日、12月19日
2015年・カラー    監督:三宅唱  
出演:OMSB/Bim/Hi'Spec/VaVa/Heiyuu  

「Playback」の三宅唱監督が、ヒップホップ・アーティストOMSBとBimの創作の現場に密着し、ひとつの曲が出来上がっていく過程を臨場感たっぷりに記録した音楽ドキュメンタリー。ジャパニーズヒップホップの中でも、ひときわ異彩を放つクルー「SIMI LAB」のMC/トラックメイカーOMSB。そして彼と同じレーベルSUMMITに所属し、音楽シーンのみならずファッションシーンでも注目を集める「THE OTOGIBANASHI'S」のBim。互いをリスペクトしあう二人に、これまでとは別の映画づくりを模索する三宅唱監督はヒップホップの音楽創作に刺激とヒントを求めて曲の共同制作を依頼する……。

「THE COCKPIT」(C)Aichi Arts Center, MIYAKE Sho
Playback
放送日:12月14日、12月21日、1月12日
2012年・モノクロ    監督:三宅唱   脚本:三宅唱  
出演:村上淳/渋川清彦/三浦誠己/河井青葉/山本浩司/渡辺真起子/菅田俊  

40歳を目前にして人生に行き詰った俳優が、これまで生きてきた道を辿り直すことで再生してゆく姿を、美しいモノクローム映像と緻密な構図で描き出す劇場公開第1作。現在と過去が交錯し反復される、映画というものを再発見させるような世界観をつくりだし、国内外の評論家や多くの映画ファンの注目を集めた。2012年の公開以来、現在でも35ミリフィルムによる上映が定期的に行われている傑作。 仕事にも私生活にも行き詰まる四十路前のハジ(村上淳)は、長く疎遠の旧友ボン(三浦誠己)に誘われ、地元の友人の結婚式のため帰郷するが、その道中で居眠りから目覚めると、現在の姿のまま高校時代にタイムスリップしていた。現在と過去が交錯し、反復されるその世界で、果たして彼は再び自分の人生を取り戻せるのか…?

「Playback」(C)2012 Decade,Pigdom
やくたたず
放送日:12月14日、1月6日
2010年・モノクロ    監督:三宅唱   脚本:三宅唱  
出演:柴田貴哉/玉井英棋/山段智昭/櫛野剛一/足立智充   

一面雪に覆われた北海道を舞台に、3人の男子高校生の一瞬一瞬をザラついたモノクロームで捉えた青春群像。高校卒業を間近に控えた男子高生3人は、地元の先輩が勤める防犯警備会社に通い始める。無為に過ごす時間を抜け出し、なんとか仕事の役に立とうと車の運転を教えてもらうのだが…。村上淳が本作に惚れ込んだことにより「Playback」が生まれた、という逸話のある1本。

「やくたたず」(C) MIYAKE Sho
「ケイコ 目を澄ませて」公開記念 三宅唱×岸井ゆきの 特別対談
放送日:12月14日、12月15日、1月12日
2022年・カラー   

映画「ケイコ 目を澄ませて」の公開を記念したチャンネルオリジナル番組。
本作の完成披露イベントの日、舞台挨拶を終えたばかりの監督の三宅唱と主演の岸井ゆきのによる対談の模様をお届けいたします。