【森田芳光70祭】監督・森田芳光特集

2021年。森田芳光監督生誕70周年・没後10年 を迎え、周年記念プロジェクト「森田芳光70祭(ななじゅっさい)」が始動します。Blu-rayボックスセットの発売、記念本出版、劇場での特集上映にくわえ、放送ではチャンネルの垣根を越えて森田芳光監督を大特集。

日本映画専門チャンネル、東映チャンネル、映画・チャンネルNECO、衛星劇場の4チャンネルで、デビュー作から遺作まで、コメディからサスペンスまで、ロマンポルノから大作まで、森田監督のキャリアを一気に振り返る全18作品を2ヶ月にわたり放送します。

1981年「の・ようなもの」で長編監督デビューして以来、およそ30年にわたり日本映画界の第一線で、ポップで刺激的な作品を生み出し続けた森田監督。その足跡をじっくりとお楽しみください。

9月6日(月)から 毎週月曜よる放送

・さらに、他チャンネルではこちらの作品もあわせて放送!
■東映チャンネル
【9月】「海猫 umineko」「サウスバウンド」「僕達急行 A列車で行こう」
【10月】「ボーイズ & ガールズ」「それから」「悲しい色やねん」

■映画・チャンネルNECO
【9月】「39 刑法第三十九条」「黒い家」

■衛星劇場
【9月】「(本)噂のストリッパー」
【10月】「ピンクカット 太く愛して深く愛して」

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
の・ようなもの
放送日:9月6日、9月14日、10月29日
1981年・カラー    監督:森田芳光   脚本:森田芳光  
出演:秋吉久美子/伊藤克信/尾藤イサオ/麻生えりか/でんでん/鷲尾真知子  

「家族ゲーム」「間宮兄弟」などの森田芳光の劇場公開映画第1作。落語家二ツ目の志ん魚(とと)(伊藤)はソープランド嬢のエリザベス(秋吉)や、落語研究会で一目惚れした女子高生・由実(麻生えりか)とふわふわとした関係を続ける毎日。しかし同じ二ツ目だった志ん米(尾藤)が真打ちに昇格し、エリザベスも自分の元を去ったことで、なんとなく1人残された気分になり…。志ん魚が夜明けの町を歩く終盤近くのモノローグが秀逸。

「の・ようなもの」(C)1981 N.E.W.S.CORPORATION
ときめきに死す
放送日:9月13日、10月2日
1984年・カラー    原作:丸山健二   監督:森田芳光   脚本:森田芳光  
出演:沢田研二/樋口可南子/杉浦直樹/宮本信子  

丸山健二の同名小説をもとに大幅にストーリーを改変し、森田芳光らしいセリフまわし、スタイリッシュな空間の演出が光る異色のサスペンスドラマ。ある田舎町の駅で、自称・歌舞伎町の医者・大倉(杉浦)は1人の男を迎えた。ある組織から莫大な報酬と引き替えに、工藤と名乗るその男(沢田)の面倒を見る依頼を受けていたのだ。2人のもとにさらに梢(樋口)という謎の女が送り込まれ、3人での謎めいた共同生活が始まる。次第に工藤に惹かれていく大倉と梢だが、彼の使命を知って愕然とする…。主演の沢田が異色の役柄をクールに好演。

「ときめきに死す」(C)ハネシネマ
失楽園<R-15>
放送日:9月20日、9月27日、10月1日、10月16日、10月25日
1997年・カラー    原作:渡辺淳一   監督:森田芳光   脚本:筒井ともみ  
出演:役所広司/黒木瞳/星野知子/柴俊夫/寺尾聰/平泉成/木村佳乃  

"失楽園"という言葉が流行語大賞に選ばれるほどのブームを巻き起こした渡辺淳一の小説「失楽園」の大ヒットをうけての映画化。突然閑職に追いやられ虚無感を抱くサラリーマン・久木(役所)と、医師の夫との冷え切った関係をもてあます30代後半の人妻・凛子(黒木)。運命的に出会った二人は恋に落ち、やがて逃れることのできない深い世界にはまっていく。生命を絞るように求めあう二人の愛はやがて…。役所広司と黒木瞳が、正々堂々と自らの肉体をさらしてベッドシーンを演じるのが大きな話題となった。

「失楽園<R-15>」(C)1997 「失楽園」製作委員会
阿修羅のごとく
放送日:9月27日、10月1日、10月22日
2003年・カラー    原作:向田邦子   監督:森田芳光   脚本:筒井ともみ  
出演:大竹しのぶ/黒木瞳/深津絵里/深田恭子/仲代達矢/八千草薫/小林薫/中村獅童/桃井かおり/坂東三津五郎  

昭和を代表する名脚本家にして直木賞作家・向田邦子の代表作を、「椿三十郎」(2007年版)の森田芳光監督が映画化。それぞれ葛藤を抱える四姉妹とその両親、一家を取り巻く人間模様を豪華俳優陣で滋味豊かに描く。昭和54年冬。竹沢家の三女・滝子(深津)は姉妹たちに、父 (仲代達矢)に愛人と子供がいることを告げる。母 (八千草薫)には内緒にしようと約束するが、娘たちも悩み多き日々を過ごしていた。長女・綱子(大竹)は妻子ある男性(坂東三津五郎)と不倫中。次女・巻子(黒木)は夫(小林薫)の浮気を疑い、潔癖症の滝子は内気な探偵(中村獅童)との恋に悩み、四女・咲子(深田)は売れないボクサー(RIKIYA)と同棲していたのだった。

「阿修羅のごとく」(C)2003「阿修羅のごとく」製作委員会
家族ゲーム<4Kデジタルリマスター版> ※2Kダウンコンバートにて放送
放送日:10月25日、10月30日
1983年・カラー    原作: 本間洋平   監督:森田芳光   脚本:森田芳光  
出演:松田優作、伊丹十三、由紀さおり、宮川一朗太、阿木燿子、松金よね子、岡本かおり、戸川純、白川和子  

森田芳光の才気あふれる演出が冴える傑作ホームドラマ。高校受験を控える息子を持つ沼田一家は、成績のパッとしない息子・茂之(宮川)のために家庭教師をつける。だがやって来た吉本(松田)は三流大学の7年生という風変わりな男だった。父の孝助(伊丹)は息子の成績が上がれば特別の報酬を払うと約束。吉本は時に優しく、時に暴力的に茂之を仕込むが・・・。独創的な画面構成と辛辣な人間観察眼、シニカルなユーモアに彩られ、現代日本の家庭のあり方を痛烈に批判、キネマ旬報をはじめ、ブルーリボン賞監督賞、日本アカデミー賞新人賞など各賞を総ナメし、海外でも高い評価を得た作品。

「家族ゲーム<4Kデジタルリマスター版> ※2Kダウンコンバートにて放送」(C)1983 日活/東宝
キッチン
放送日:10月4日、10月15日、10月24日
1989年・カラー    原作:吉本ばなな   監督:森田芳光   脚本:森田芳光  
出演:川原亜矢子/松田ケイジ/橋爪功/浜美枝  

吉本ばななの同名ベストセラー小説を映画化。舞台は函館。たったひとりの肉親だった祖母に死なれ、天涯孤独となった少女みかげ(川原亜矢子)は、ひょんなことからある青年(松田ケイジ)のマンションで暮らすことに。そのマンションには青年の母(実はゲイの父親)(橋爪功)も同居していた・・・。孤独を抱える人間同士の、性別を越えた心の交流を描く。当時高校3年生でモデルとして活躍していた川原亜矢子の映画デビュー作。

「キッチン」(C)光和インターナショナル
(ハル)
放送日:10月11日、10月27日、10月30日
1996年・カラー    監督:森田芳光   脚本:森田芳光  
出演:深津絵里/内野聖陽/戸田菜穂/宮沢和史/鶴久政治/平泉成  

パソコン通信によって見知らぬ男女が出会い、恋が生まれていくまでを描いたラブストーリー。"ハル"というネームでパソコン通信の映画フォーラムにアクセスし始めた昇(内野聖陽)。仕事も恋もうまくいかずに屈折している彼のもとにある日"ほし"(深津絵里)というネームの人物から励ましのメールが送られてくる。お互い正体がわからないまま本音を伝え始めた二人は、"ほし"の住む盛岡で会うことを提案するが…。

「(ハル)」(C)光和インターナショナル
模倣犯
放送日:10月7日、10月17日、10月18日、10月30日
2002年・カラー    原作:宮部みゆき   監督:森田芳光   脚本:森田芳光  
出演:中居正広、山﨑努、藤井隆、津田寛治、木村佳乃、田口淳之介、寺脇康文、伊東美咲  

宮部みゆきの長編ベストセラー小説を森田芳光監督が大胆に脚色して映像化したミステリー大作。前代未聞の劇場型殺人事件を軸に、現代日本の闇を描き出す。東京の下町で豆腐屋を営む有馬(山﨑努)の孫娘・鞠子(伊東美咲)が失踪して10ヶ月。ある日、切断された女性の右腕とバッグが発見され、TV局に犯人から「バッグの持ち主は鞠子」と告げる電話がかかる。日本中が事件に熱狂する中、有馬は単身鞠子を捜すが・・・。

「模倣犯」(C)2002「模倣犯」製作委員会
の・ようなもの
放送日:9月6日、9月14日、10月29日
1981年・カラー    監督:森田芳光   脚本:森田芳光  
出演:秋吉久美子/伊藤克信/尾藤イサオ/麻生えりか/でんでん/鷲尾真知子  

「家族ゲーム」「間宮兄弟」などの森田芳光の劇場公開映画第1作。落語家二ツ目の志ん魚(とと)(伊藤)はソープランド嬢のエリザベス(秋吉)や、落語研究会で一目惚れした女子高生・由実(麻生えりか)とふわふわとした関係を続ける毎日。しかし同じ二ツ目だった志ん米(尾藤)が真打ちに昇格し、エリザベスも自分の元を去ったことで、なんとなく1人残された気分になり…。志ん魚が夜明けの町を歩く終盤近くのモノローグが秀逸。

「の・ようなもの」(C)1981 N.E.W.S.CORPORATION
ときめきに死す
放送日:9月13日、10月2日
1984年・カラー    原作:丸山健二   監督:森田芳光   脚本:森田芳光  
出演:沢田研二/樋口可南子/杉浦直樹/宮本信子  

丸山健二の同名小説をもとに大幅にストーリーを改変し、森田芳光らしいセリフまわし、スタイリッシュな空間の演出が光る異色のサスペンスドラマ。ある田舎町の駅で、自称・歌舞伎町の医者・大倉(杉浦)は1人の男を迎えた。ある組織から莫大な報酬と引き替えに、工藤と名乗るその男(沢田)の面倒を見る依頼を受けていたのだ。2人のもとにさらに梢(樋口)という謎の女が送り込まれ、3人での謎めいた共同生活が始まる。次第に工藤に惹かれていく大倉と梢だが、彼の使命を知って愕然とする…。主演の沢田が異色の役柄をクールに好演。

「ときめきに死す」(C)ハネシネマ
失楽園<R-15>
放送日:9月20日、9月27日、10月1日、10月16日、10月25日
1997年・カラー    原作:渡辺淳一   監督:森田芳光   脚本:筒井ともみ  
出演:役所広司/黒木瞳/星野知子/柴俊夫/寺尾聰/平泉成/木村佳乃  

"失楽園"という言葉が流行語大賞に選ばれるほどのブームを巻き起こした渡辺淳一の小説「失楽園」の大ヒットをうけての映画化。突然閑職に追いやられ虚無感を抱くサラリーマン・久木(役所)と、医師の夫との冷え切った関係をもてあます30代後半の人妻・凛子(黒木)。運命的に出会った二人は恋に落ち、やがて逃れることのできない深い世界にはまっていく。生命を絞るように求めあう二人の愛はやがて…。役所広司と黒木瞳が、正々堂々と自らの肉体をさらしてベッドシーンを演じるのが大きな話題となった。

「失楽園<R-15>」(C)1997 「失楽園」製作委員会
阿修羅のごとく
放送日:9月27日、10月1日、10月22日
2003年・カラー    原作:向田邦子   監督:森田芳光   脚本:筒井ともみ  
出演:大竹しのぶ/黒木瞳/深津絵里/深田恭子/仲代達矢/八千草薫/小林薫/中村獅童/桃井かおり/坂東三津五郎  

昭和を代表する名脚本家にして直木賞作家・向田邦子の代表作を、「椿三十郎」(2007年版)の森田芳光監督が映画化。それぞれ葛藤を抱える四姉妹とその両親、一家を取り巻く人間模様を豪華俳優陣で滋味豊かに描く。昭和54年冬。竹沢家の三女・滝子(深津)は姉妹たちに、父 (仲代達矢)に愛人と子供がいることを告げる。母 (八千草薫)には内緒にしようと約束するが、娘たちも悩み多き日々を過ごしていた。長女・綱子(大竹)は妻子ある男性(坂東三津五郎)と不倫中。次女・巻子(黒木)は夫(小林薫)の浮気を疑い、潔癖症の滝子は内気な探偵(中村獅童)との恋に悩み、四女・咲子(深田)は売れないボクサー(RIKIYA)と同棲していたのだった。

「阿修羅のごとく」(C)2003「阿修羅のごとく」製作委員会