【年末年始特別企画 巨匠たちのミステリー傑作選 横山秀夫篇「横山秀夫サスペンス 沈黙のアリバイ」 「横山秀夫サスペンス モノクロームの反転」

年末年始、時間がある今だからこそじっくりと楽しめるミステリーがある―。
日本映画専門チャンネルの年末年始は、朝から夜まで4人のミステリー巨匠たちの作品をお届けいたします。大晦日も三が日も、豪華な料理とお酒のお供に、傑作ミステリーを是非ご覧ください!

1月3日、あさ10:00からよる8:30まで放送!

【12月31日~1月3日の4日間、連日特集】
12月31日:松本清張篇
1月1日:横溝正史篇
1月2日:森村誠一篇

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
横山秀夫サスペンス 沈黙のアリバイ
放送日:12月2日、1月3日
2002年・TV・カラー    原作:横山秀夫   監督:(演出)清弘誠   脚本:久松真一  
出演:渡辺謙/北村一輝/大浦龍宇一/唐渡亮/寺田農/余貴美子/中島ひろ子/光石研/矢崎滋/橋爪功/田中要次  

山梨県警捜査一課の警部・朽木は9年前に人身事故を起こした。死亡した少女の母親から「二度と笑わないで下さい。この子は笑いたくても、もう笑えない」と言われた朽木は、それ以来、笑いを忘れた。妻子にも去られ、朽木はその母親の言葉を振り払うような気持ちで仕事に打ち込んできた。

「横山秀夫サスペンス 沈黙のアリバイ」(C)アミューズ/TBS
横山秀夫サスペンス 第三の時効
放送日:12月3日、1月3日
2003年・TV・カラー    原作:横山秀夫   監督:榎戸耕史   脚本:久松真一  
出演:緒形直人/段田安則/余貴美子/いしのようこ/寺田農/黒川芽以/橋爪功/金山一彦/唐渡亮/大河内浩  

15年前、本間ゆき絵がレイプされ、その夫が殺害されるという事件が起きた。捜査は捜査一課二班が担当しながらも、犯人と思われる武内は逃亡し何も手掛かりのないまま時効成立の時を迎えようとしていた。捜査一課一班・森隆弘は捜査一課長・田畑から時効成立防止のため、助っ人として二班の捜査に参加するよう命じられる。

「横山秀夫サスペンス 第三の時効」(C)アミューズ/TBS
横山秀夫サスペンス 密室の抜け穴
放送日:12月4日、1月3日
2003年・TV・カラー    原作:横山秀夫   監督:榎戸耕史   脚本:森岡利行  
出演:石橋凌/伊武雅刀/橋爪功/寺田農/隆大介/光石研/小林恵/丹古母鬼馬二/中西良太/田中哲司/真瀬樹里  

山林で白骨死体が見つかった。死後、かなりの時間が経過しており捜査は難航を極めることが予想された。この事件を担当する捜査課三班の東出は捜査中脳梗塞で倒れた班長・村瀬に替わって班長代理に任命される。しかし三班内部では東出が先に昇進したことで同期の石上が強烈なライバル意識を剥き出しにして、最悪な捜査の進行状況に東出は頭を悩ませる。

「横山秀夫サスペンス 密室の抜け穴」(C)アミューズ/TBS
横山秀夫サスペンス ペルソナの微笑
放送日:12月5日、1月3日
2004年・TV・カラー    原作:横山秀夫   監督:長谷川康   脚本:久松真一  
出演:金子賢/段田安則/高杉瑞穂/橋爪功/三船美佳/深水三章/田島令子/寺田農/佐戸井けん太/水木薫  

今回の主役・矢代勲を演じるのは金子賢。「幼少期に犯罪に巻き込まれて以来、心の底から笑うことが出来なくなった」という矢代を好演している。また矢代と同じような境遇の青年・阿部祐樹を演じるのは高杉瑞穂。そして同シリーズ『第三の時効』に引き続き矢代が所属する捜査一課二班の班長・楠見役の段田安則が、冷徹な演技を見せる。
青酸カリを使った殺人事件の裏に隠された謎とは?矢代と勇樹、楠見という3人が織り成す静と動の感情がぶつかり合う。心の底から笑える日は来るのだろうか。

「横山秀夫サスペンス ペルソナの微笑」(C)アミューズ/TBS
横山秀夫サスペンス 囚人のジレンマ
放送日:12月9日、1月3日
2004年・TV・カラー    原作:横山秀夫   監督:榎戸耕史   脚本:久松真一  
出演:橋爪功/伊武雅刀/段田安則/金子賢/上田耕一/寺田農/石橋凌/立川三貴/田中哲司/伊藤洋三郎  

『沈黙のアリバイ』『第三の時効』『密室の抜け穴』『ペルソナの微笑』に続く同シリーズ第5段。本作の主演は刑事課長・田畑昭信役の橋爪功。同時に起きた殺人事件と人間関係との間で苦悩する中間管理職の悲哀を全編にわたって表現している。
また本作はこれまでの集大成ともいえる作品で、段田安則、石橋凌、伊武雅刀、金子賢と同シリーズの主人公たちが一同に会し、田畑課長もとでクセのある刑事を演じている。

「横山秀夫サスペンス 囚人のジレンマ」(C)コブラピクチャーズ/TBS
横山秀夫サスペンス モノクロームの反転
放送日:12月10日、1月3日
2005年・TV・カラー    原作:横山秀夫   監督:長谷川康   脚本:久松真一  
出演:段田安則/伊武雅刀/橋爪功/石橋凌/金子賢/寺田農/高橋かおり/津田寛治/深水三章/堀部啓亮  

山梨県警捜査一課・強行班には3つの班がある。いずれも検挙率は100%。「最強軍団」と称される3つの班には、ことあるごとに張り合い、競い合っている。3人の班長とその部下たちは、決して相手の風下には立たない男たちだった。ある日、県警捜査一課に事件発生の連絡が入った。過疎の村で5歳の子供を含む一家三人が惨殺されたのだ。

「横山秀夫サスペンス モノクロームの反転」(C)コブラピクチャーズ/TBS