• 視聴方法 日本映画専門チャンネルを見たい方はこちら! 詳しくみる
  • スカパー!で見る
  • J:COMで見る

注目のキーワード

HOME > 今月・来月のオススメ! > 【1月-4月 4ヶ月連続企画 映画女優・夏目雅子】「鬼龍院花子の生涯」
「小説吉田学校」
今月・来月のオススメ!

「鬼龍院花子の生涯」<br />「小説吉田学校」

鬼龍院花子の生涯
放送日:1月11日、1月14日、1月19日、1月25日、1月31日
1982年・映画・カラー    原作:宮尾登美子   監督:五社英雄   脚本:高田宏治  
出演:仲代達矢/夏目雅子/岩下志麻/仙道敦子/佳那晃子/新藤恵美/室田日出男/夏木勲   

宮尾登美子の同名小説を、五社英雄監督がスケール豊かに映画化したヒット作。大正から昭和の激動期、運命に翻弄されつつ自身を貫く女性を熱演した夏目雅子が、ブルーリボン賞に輝き、名台詞“なめたらいかんぜよ”は流行語になった。土佐の侠客・政五郎(仲代)の養女となり、正妻と妾が同じ敷地で暮らす鬼龍院家で、男女の業を間近で見てきた松恵(夏目)だが、養父が実娘の婿として家を継がせようとしていた教師と、恋におちてしまう。

「鬼龍院花子の生涯」(C)東映
小説吉田学校
放送日:1月18日、1月27日、1月31日
1983年・映画・カラー    原作:戸川猪佐武   監督:森谷司郎   脚本:長坂秀佳/森谷司郎  
出演:森繁久彌/芦田伸介/夏目雅子/小沢栄太郎/竹脇無我/西郷輝彦/若山富三郎  

アメリカ占領下の戦後日本の政界に生きた吉田茂と保守本流の実力群像を描いた、戸川猪佐武のベストセラー小説の映画版。昭和23年、焼土と化した日本で、GHQの統制下、吉田(森繁)内閣は対日講和条約成立のために精魂を尽くしていた。しかし、その契約には日本の再軍備という付帯条件があり、政敵の鳩山一郎(芦田)と背後の謀将・三木武吉(若山)の影もちらついていた…。当時の政界に実在した主要人物が全て実名で登場する群像劇。

「小説吉田学校」(C)東宝
視聴サービス一覧
  • 日映シネマガ
  • ご加入はこちら 視聴方法

加入キャンペーン

スカパー!

  • スカパー!

スカパー!プレミアムサービス

  • スカパー!プレミアムサービス

J:COM

  • J:COMタブレット端末実質0円

ひかりTV

  • ひかりTV新規加入キャンペーン

PR

  • 衛星放送協会
  • 不正視聴防止キャンペーン
ページトップへ戻る

スマートフォン版

スマートフォン版

PC版

PC版