俳優・大沢たかおに魅せられて

数々の人気ドラマ・映画に出演し、観客を魅了してやまない俳優・大沢たかお。
近年でも「キングダム」の王騎役を務め、圧倒的な存在感を放った大沢たかおだが、今年の8月13日に公開される主演・寺田心の映画「妖怪大戦争 ガーディアンズ」においても、狸の大軍を率いて豪快にバイクを走らせる狸の総帥・隠神刑部という印象的な役を演じている。

チャンネルではそんな俳優・大沢たかおの初期作品から最新作を8月から2ヶ月にわたって特集放送!
AI暴走テロの容疑をかけられ、決死の逃亡を図る天才科学者を演じた「AI崩壊」、カンヌにも正式出品されたアクション・サスペンス「藁の楯」など、俳優・大沢たかおの名演が光る映画作品をお届け。さらに、大沢たかおが若き日の作家・沢木耕太郎に扮し、香港からユーラシア大陸を横断してロンドンを目指す「劇的紀行 深夜特急」をはじめとした貴重なキャリア初期のTVドラマもお送りします。この機会に是非お楽しみください!

8月22日(日)ひる1時30分~

さらに「AI崩壊」の8月22日(日)、8月26日(木)、8月29日(日)の放送回では、
「日曜邦画劇場」支配人・軽部真一(フジテレビアナウンサー)を聞き手に、俳優・大沢たかおのインタビューをお送りいたします!

9月も大沢たかお出演の人気作品から貴重な未DVD化作品をお届け!

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
AI崩壊
放送日:8月1日、8月8日、8月22日、8月26日、8月29日
2020年・カラー    監督:入江悠   脚本:入江悠  
出演:大沢たかお、賀来賢人、広瀬アリス、岩田剛典、 高嶋政宏、芦名星、玉城ティナ、松嶋菜々子、三浦友和  

「SR サイタマノラッパー」「22年目の告白-私が殺人犯です-」の入江悠監督が大沢たかおを主演に迎えて贈る近未来サスペンス・アクション。10年後の日本を舞台に、国民の情報と健康を管理するAI(人工知能)が突如一人ひとりの命の価値を選別する暴走を始める。国家からテロリストとして追われる身となった開発者が、自ら真相を突き止めるべく決死の逃亡を繰り広げる。

「AI崩壊」(C)2019 映画「AI崩壊」製作委員会
藁の楯 わらのたて
放送日:8月12日、8月22日、8月23日
2013年・カラー    原作:木内一裕   監督:三池崇史   脚本:林民夫  
出演:大沢たかお/松嶋菜々子/藤原竜也/岸谷五朗  

「ビー・バップ・ハイスクール」で知られる漫画家、きうちかずひろが本名の木内一裕名義で発表した原作小説を、三池崇史が映画化したスリリングなアクション劇。日本の全国民から敵視され、警護にあたる警官らの理性にまで揺さぶりをかける凶悪犯を藤原竜也が怪演し、新境地を開いている。精鋭集団を率いるSPの銘苅(大沢)は、多額の懸賞金をかけられた殺人犯の清丸(藤原)を送検までの48時間で福岡から警視庁まで護送することになったが、行く先々で命を狙われることに…。

「藁の楯 わらのたて」(C)木内一裕/講談社 (C)2013映画「藁の楯」製作委員会
劇的紀行 深夜特急'96~熱風アジア編~
放送日:8月22日
1996年・カラー    原作:沢木耕太郎   監督:(演出)小野鉄二郎   脚本:水谷龍二  
出演:大沢たかお/松嶋菜々子(声の出演)  

沢木耕太郎原作のベストセラー『深夜特急』内のユーラシア大陸横断旅行編を大沢たかおが主人公に扮し、ドキュメンタリードラマ化。主人公・沢木耕太郎は、ある日友人たちと賭けをし、インド・デリーからロンドンまで乗合バスでいくという酔狂な旅に出かける。ガイドブックは一切持たず、アジアとヨーロッパの地図二枚だけを手にして、まずはインド・カルカッタへと向かう。最初は興味半分の沢木であったが、香港返還に象徴されるように、ダイナミックに変貌しているアジアの熱気の中で、ある時はシリアスに、ある時はコミカルに、ある時はハードボイルドにと変わっていく。そして、自由な心を持つ本当の旅を実感していくのである。

「劇的紀行 深夜特急'96~熱風アジア編~」(C)1996 名古屋テレビ/電通
劇的紀行 深夜特急'97~西へ!ユーラシア編~
放送日:8月22日
1997年・カラー    原作:沢木耕太郎   監督:(演出)小野鉄二郎   脚本:水谷龍二  
出演:大沢たかお/松嶋菜々子  

沢木耕太郎原作のベストセラー『深夜特急』内のユーラシア大陸横断旅行編をドキュメンタリードラマ化。インドに舞い戻った沢木はヒンズー教の聖地ベナレスへたどり着く。ガンジスの夜明けの中で祈りを捧げる人々の姿が心にしみる。沢木は石像寺院で有名なカジュラホ経由で本来の旅の出発地デリーへと向かう。いよいよロンドンまでの乗合バスの旅が始まる。偶然出会った日本人の中年旅行者・土屋とパキスタンの国境を目指して出発。バスはピカピカに飾り立てられ、猛スピードでひた走る。土屋とは国境の街・アムリトサルで別れ、ラワルピンディで一人映画館に入るが、外に出たところを警官に爆弾犯人と間違われてしまう。その後、沢木は一路アフガニスタン国境をめざす。

「劇的紀行 深夜特急'97~西へ!ユーラシア編~」(C)1997 名古屋テレビ/電通
劇的紀行 深夜特急'98~飛光よ!ヨーロッパ編~
放送日:8月22日
1998年・カラー    原作:沢木耕太郎   監督:(演出)竹村謙太郎/小野鉄二郎   脚本:水谷龍二  
出演:大沢たかお/松嶋菜々子  

沢木耕太郎原作のベストセラー『深夜特急』内のユーラシア大陸横断旅行編をドキュメンタリードラマ化。イランとトルコの国境を乗合バスで抜け、沢木は田舎町エルズルムに入る。いつものように安宿を探し、久しぶりの贅沢と思えるトルコ料理に満足する。次の街は黒海沿岸のトラブゾン、トルコを経由してイスタンブールへ。アジアとヨーロッパが混沌としているこの地で、沢木は香港と同じような熱気に興奮する。ギリシャ・アテネでヨーロッパの文明に刺激を受けた沢木は憧れの地ペロポネソス半島に向かうが、期待していた温かなふれあいはなく、あるのは空虚な美しさだった。手持ちの残金が底をついてしまったり、パスポートの盗難にあったりしながら、沢木の旅はイタリア、スペインからジブラルタル、セビリア、ポルトガルへと続いてゆく。

「劇的紀行 深夜特急'98~飛光よ!ヨーロッパ編~」(C)1998 名古屋テレビ/電通