大島渚 生誕90年記念特集 「愛のナギーサ」 大島渚 生誕90年記念特集 「愛のナギーサ」

今年の3月31日に生誕90年を迎えた、映画監督・大島渚。
この機会に、日本映画専門チャンネルでは、
愛を込めて代表作「愛の亡霊」<R-15>ほか、
1960~70年代に制作された貴重なテレビドキュメンタリー作品を発掘し放送!
さらに、オリジナル特番もお届け!
スカパー!キャンペーンバナースカパー!キャンペーンバナー

5月放送

「愛の亡霊」<R-15>

(1978年)
  • 監督:大島渚
    原作:中村糸子
    脚本:大島渚
    出演:吉行和子、藤竜也、田村高廣、小山明子、川谷拓三

大島渚監督が前作「愛のコリーダ」(1976)に続き日仏合作で撮り、カンヌ国際映画祭監督賞に輝いた。前作から連続登板となった藤竜也が、前作同様に鍛え上げた肉体美を披露し、年の離れた不倫相手と共謀して亭主を殺害するもその罪の重さにより次第に追いつめられる帰還兵を妙演した。実年齢よりも若々しい美貌をもつせき(吉行和子)は、兵隊帰りの若者との愛に溺れて、夫の儀三郎(田村高廣)を殺すが、その亡霊にとりつかれていく。

すばらしい世界旅行「南アフリカの旅 黒人国家誕生」

(1966年)
  • ディレクター:牛山純一・大島渚
    プロデューサー:牛山純一
    撮影:木村明
    ナレーター:久米明

1966年10月、アフリカに38番目の黒人独立国家として誕生した「レソト王国」独立の一日を克明に記録したドキュメンタリー。
一つの民族にとって欠けがえのない歴史的な日の高揚感と、異国の文化に目を奪われるわくわく感に満ちた作品。

「大島渚 生誕90年記念特別番組 Vol.3 自由のために戦い続けた人」

(2022年・オリジナル番組)
  • 出演:白石和彌 樋口尚文 富山加津江 大島新

大島渚の生誕90年を記念し、3月から3ヶ月連続で特別番組を放送。
5月は、大島渚が残した膨大な作品資料を紐解き、創作のルーツや制作の裏側に迫る。助監督時代の日記や、「愛のコリーダ」の仰天領収書など驚きの品々が発掘される。
さらに資料を手掛かりに『大島渚とは何だったのか』を考える。

「青春残酷物語」<4Kデジタル修復版><PG-12>※2Kダウンコンバートにて放送 

(1960年) リピート放送
  • 監督:大島渚
    脚本:大島渚
    出演:桑野みゆき、川津祐介、久我美子、渡辺文雄、田中晋二

衝動的な暴力、激しいラブシーン、やり場のない怒りをセンセーショナルに描き日本映画に大きな衝撃を与えた。ヌーヴェルヴァーグの始祖と言われる作品。

ノンフィクション劇場「反骨の砦」

(1964年) リピート放送
  • ディレクター:大島渚 吉田実
    プロデューサー:牛山純一
    撮影:市村浩 木村明 野村久敏
    ナレーター:徳川夢声

筑後川水系の下筌ダム建設反対運動「蜂の巣城紛争」。その蜂の巣城陥落の瞬間を記録した緊迫のドキュメンタリー。

「大島渚 生誕90年記念特別番組 Vol.2 世界を挑発する自主映画 」

(2022年・オリジナル番組) リピート放送
  • 出演:黒沢清 藤元明緒 足立正生 後藤和夫 冨永昌敬 大島新

大島渚の生誕90年を記念し、3月から3ヶ月連続で特別番組を放送。4月は、生前から親交のある足立正生、後藤和夫らが、創造社時代の貴重な思い出を語る。また黒沢清、冨永昌敬ら自主映画出身監督も登場。大島渚と自主映画を紐解く。

放送終了作品

ノンフィクション劇場「忘れられた皇軍」

(1963年)
  • ディレクター:大島渚 野口秀夫
    プロデューサー:牛山純一
    撮影:柴田定則
    ナレーター:小松方正

太平洋戦争で傷を負った朝鮮人の元日本兵達。手足や目を失いながらも韓国籍のため補償が受けられない。政府に陳情や請願書を送るが効果がないため、首相官邸や外務省、韓国代表部を訪れる。しかし現状は変わらず、国民に訴えるべく旗を持ち街中を行進、演説する。
元日本軍在日韓国人傷痍軍人の生活から、戦争犠牲者に対するヒューマニズム復活を訴える。
大島渚が甚大な傷を負う韓国の傷痍軍人の姿を容赦なく映し出し、戦争の矛盾や高度経済成長に沸く日本社会に疑問を呈したドキュメンタリーの傑作。

「戦場のメリークリスマス」<4K修復版>※2Kダウンコンバートにて放送

(1983年)
  • 監督:大島渚 原作:ローレンス ・ ヴァン ・ デル ・ ポスト
    出演:デヴィッド・ボウイ、トム・コンティ、坂本龍一、ビートたけし、ジャック・トンプソン、ジョニー大倉、内田裕也

第二次大戦時、ジャワ奥地の日本軍捕虜収容所。日本的軍人精神の権化である所長・ヨノイ(坂本)、彼の部下で粗暴な鬼軍曹・ハラ(ビートたけし)、英軍ロレンス中佐(コンティ)、ニュージーランド人のゲリラ戦の勇者であるセリアズ少佐(ボウイ)ら、極限状態のもとで出会った日英の男たちの奇妙な友情と葛藤を、
大島渚が独特の美学の中に浮き彫りにした名作。本作で映画音楽を初めて手掛けた坂本龍一作曲のテーマソング“メリー・クリスマスミスターローレンス”が一躍有名となった。

「大島渚 生誕90年記念特別番組『時代を超えるドキュメンタリー』」

(2022年・オリジナル番組)
  • 出演:是枝裕和 鈴木あづさ 山崎裕 原一男 大島新 ほか

大島渚の生誕90年を記念し、3月から3ヶ月連続で特別番組を放送。
3月は大島渚の衝撃のテレビドキュメンタリー「忘れられた皇軍」を、是枝裕和・原一男・大島新らドキュメンタリーを手掛ける映画監督が紐解く。

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー

「愛の亡霊」©大島渚プロダクション、「すばらしい世界旅行『南アフリカの旅 黒人国家誕生』」©NTV、
「青春残酷物語」<4Kデジタル修復版>©1960/2014松竹株式会社、「ノンフィクション劇場『反骨の砦』」©NTV、
「ノンフィクション劇場『忘れられた皇軍』」©NTV、「戦場のメリークリスマス」<4K修復版>©大島渚プロダクション