• 視聴方法 日本映画専門チャンネルを見たい方はこちら! 詳しくみる
  • スカパー!で見る
  • J:COMで見る

注目のキーワード

HOME > 今月・来月のオススメ! > 4.20「いぬやしき」公開記念 映画監督 佐藤信介の仕事「GANTZ<PG-12>
「アイアムアヒーロー<R-15>」ほか
今月・来月のオススメ!

「GANTZ<small><PG-12></small>」<br />「アイアムアヒーロー<small><R-15></small>」ほか

GANTZ<PG-12>
放送日:4月1日、4月8日、4月15日、4月20日、4月22日、5月2日
2011年・映画・カラー    原作:奥浩哉   監督:佐藤信介   脚本:渡辺雄介  
出演:二宮和也/松山ケンイチ/吉高由里子/本郷奏多/夏菜  

※本編前後に佐藤信介監督インタビューを放送 [4/15(日)] ※再放送は4/20(金)、4/22(日)

独創的な世界観で熱く支持される、奥浩哉の同名コミックの実写映画化。ハリウッド映画ばりのスタイリッシュな映像に、ローカルでブラックなユーモアが随所に散りばめられ、不思議な魅力のSFアクションに仕上がっている。就職活動中の玄野(二宮)は、地下鉄のホームで再会した幼なじみの加藤(松山)と電車にはねられるが、謎の黒い球体“ガンツ”が支配する異次元へと転送され、わけの分からぬ闘いに、強制的に参加させられることに。

「GANTZ<PG-12>」(C)奥浩哉/集英社(C)2011「GANTZ」FILM PARTNERS
GANTZ PERFECT ANSWER<PG-12>
放送日:4月1日、4月8日、4月15日、4月20日、4月22日、5月3日
2011年・映画・カラー    原作:奥浩哉   監督:佐藤信介   脚本:渡辺雄介  
出演:二宮和也/松山ケンイチ/吉高由里子/本郷奏多  

※本編前後に佐藤信介監督インタビューを放送 [4/15(日)] ※再放送は4/20(金)、4/22(日)

『週刊ヤングジャンプ』誌連載の原作の2部構成からなる映画化の後篇。親友や愛する者を救うため、異形の敵との理不尽な闘いに挑み続ける玄野の人間的成長がストーリーの軸に据えられ、前篇以上にボルテージの高い、共感を呼ぶ完結篇となった。活躍ぶりに応じて得点が加算される制度により、死んだ加藤を甦らせようと闘い続ける玄野(二宮)だが、ガンツが次なるターゲットに指名したのは、玄野に好意を寄せる多恵(吉高)だった。

「GANTZ PERFECT ANSWER<PG-12>」(C)奥浩哉/集英社(C)2011「GANTZ」FILM PARTNERS
アイアムアヒーロー<R-15>
放送日:4月4日、4月18日、4月20日、4月28日、5月4日、5月7日、5月9日
2016年・映画・カラー    監督:佐藤信介   脚本:野木亜紀子  
出演:大泉洋/有村架純/長澤まさみ/吉沢悠/岡田義徳/片瀬那奈/片桐仁/マキタスポーツ/塚地武雅  

想像を凌駕する先の読めない展開で読者を圧倒し、大ベストセラーとなっている花沢健吾のコミックを、「GANTZ」「図書館戦争」の佐藤信介監督、大泉洋主演で映画化した傑作パニックホラー。平凡で頼りない主人公・鈴木英雄(大泉洋)が、逃亡の道中で出会った女子高生・比呂美(有村架純)と、元看護師・藪(長澤まさみ)とともに、原因不明の感染によって理性を失った“ZQN(ゾキュン)”と呼ばれる生命体に襲われながらも、不器用に戦い、生き延びていく。スペインのシッチェス・カタロニア国際映画祭で最優秀特殊効果賞、観客賞のW受賞という快挙を成し遂げた。

「アイアムアヒーロー<R-15>」(C)2016 映画「アイアムアヒーロー」製作委員会 (C)2009 花沢健吾/小学館
「いぬやしき」公開記念 空飛ぶジジイの誕生
放送日:4月3日、4月6日、4月15日、4月19日、4月21日、4月22日、4月27日、4月28日、5月1日、5月3日、5月6日、5月9日
2018年・オリジナル・カラー   
出演:木梨憲武/佐藤健/本郷奏多/二階堂ふみ ほか  

累計発行部数200万部を突破する奥浩哉(「GANTZ」)の人気漫画、待望の実写映画化!4/20(金)公開の映画「いぬやしき」(佐藤信介監督 出演:木梨憲武志、佐藤健ほか)のメイキング映像をお届け。

「「いぬやしき」公開記念 空飛ぶジジイの誕生」(C)2018 映画「いぬやしき」製作委員会 (C)奥浩哉/講談社
寮内厳粛
放送日:4月20日、4月22日、5月5日
1996年・映画・モノクロ    監督:佐藤信介   脚本:佐藤信介  
出演:石黒紀之/川野弘毅/宮本牧子/長島篤史/河津太郎/山本泰二郎  

PFFアワード1994グランプリ作品。冬季講習前の、ある予備校の学生寮。石黒は、同室で寮の牢主のような存在の篠原から、1つの噂を聞かされる。最近、隣室の橘の成績が急上昇しているのは、薬を使っているかららしい、というのだ。半信半疑の石黒に篠原は、橘の部屋に忍び込んで真偽を確かめようと誘う。そして2人は、彼の机の上に薬のビンを見つける。
ただ1つの目的のために費やす時間は、長いか、短いか。「過ぎてしまった時間の重みから逃げ出すには、自分自身が軽くなること」とばかりに飄々と生きる篠原をはじめ、プレッシャーに飽きた浪人生達の、長くて短いいつもの1日を、名随筆に通じる軽くて枯れたタッチで切り取る。 

「寮内厳粛」(C)Angle Pictures Inc.
月島狂奏
放送日:4月20日、4月22日、5月5日
1996年・映画・カラー    監督:佐藤信介    脚本:佐藤信介   
出演:千葉祐子/服部良次/長谷川慎治/伊藤聖子/中村靖日/内野勝就/佐藤信介  

隅田川の花火大会当日の朝、元恋人の藤崎の家から帰った正人は、父親が胃にできた腫瘍のために入院したことを妹・よしえから聞かされる。的外れな心配ばかりする家族に正人はイライラしていたが、そんな正人をあおるかのように叔父の稲垣が花火見物にやって来て、母親といい雰囲気で主のようにふるまうのだった。よしえは正人の高校時代の同級生・石井と結婚話を進めていて、長野にある父親名儀の土地をしきりに気にしていた。叔父と母親が土地を見に行こうと算段を始めると、何故か石井までもが参加しようとする。収まりのつかない正人は、偶然、藤崎と石井が一緒にいるところを目撃して、これをきっかけにイライラを爆発させる。花火大会に沸き返る人々の間をぬって逃げる石井を追う正人。心配したよしえも自転車でふたりを追った。夜が明けて、待ちくたびれた母親と叔父はふたりだけで長野へ向けて出発する。よしえは石井とふたりでタクシーに飛び乗り、叔父の車を追った。残った正人も藤崎のバイクの後ろに乗せてもらい、彼らを追いかけるのだった。午後の静けさから感情が奔走する夜のざわめきへと移ろいゆく月島をリリカルに描く。

「月島狂奏」(C)Angle Pictures Inc.
正門前行
放送日:4月20日、4月22日、5月6日
1997年・映画・カラー    監督:佐藤信介   脚本:佐藤信介  
出演:内野勝就/伊藤聖子/川野弘毅/坂野友香/脇坂宏志/金子泰子/中村靖日  

美術大学の卒業制作の季節、同級生の作品“金のリンゴのブレスレット”が盗まれ、元彼氏が犯人という噂がたつ。卒業制作に、この男を題材に映画を撮ろうと決めた神崎は、さっそく聞き込み調査を開始。そんなある日、自分の彼女がその男のアパートにいるところを発見してしまう…。当時若手とは思えぬ“わびさび感”と、練り上げられた脚本から、映画ファンの熱い支持を得た佐藤信介監督初期の代表作。

「正門前行」(C)Angle Pictures Inc.
視聴方法
  • 日映シネマガ
  • ご加入はこちら 視聴方法

加入キャンペーン

スカパー!

  • スカパー!

スカパー!プレミアムサービス

  • スカパー!プレミアムサービス

J:COM

  • J:COMタブレット端末実質0円

ひかりTV

  • ひかりTV新規加入キャンペーン

PR

  • 衛星放送協会
  • 不正視聴防止キャンペーン
ページトップへ戻る

スマートフォン版

スマートフォン版

PC版

PC版