【俳優・萩原健一 永遠のスター・ショーケンの美学】「傷だらけの天使(全26話)」

昨年3月26日、“ショーケン”の愛称で親しまれてきた萩原健一さんが亡くなられた。
1967年、グループ・サウンズのボーカルとしてデビューし、1970年のグループ解散後、「約束」(1972年)や「青春の蹉跌」(1974年)等の映画に出演し、俳優としても高い評価を得た。
その後も、黒澤明監督「影武者」(1980年)や深作欣二監督「いつかギラギラする日」(1992年)等、日本を代表する巨匠たちの作品にも出演し、日本映画界にも大きな影響を与えた。

日本映画専門チャンネルでは、萩原健一さんを偲んで、彼の代表作であり、今なお根強い人気を誇る、
「傷だらけの天使」全26話を、3月28日(土)、29日(日)の二日間にわたり一挙に放送する。

さらに、3月26日(木)には「おとなの2時間サスペンス」にて、萩原健一さん主演の2時間ドラマ、「豆腐屋直次郎の裏の顔」全3作をあさ9時から連続放送。
「豆腐屋直次郎の裏の顔」(1990年) 演出:杉村六郎 脚本:柏原寛司 出演:萩原健一/浅田美代子/藤岡琢也/渡辺えり子/寺田農 ほか
「豆腐屋直次郎の裏の顔2」(1991年) 演出:小原宏裕 脚本:柏原寛司 出演:萩原健一/佐藤B作/渡辺えり子/可愛かずみ ほか
「豆腐屋直次郎の裏の顔3」(1991年) 演出:小原宏裕 脚本:田部俊行/柏原寛司 出演:萩原健一/渡辺えり子/佐藤B作/上條恒彦 ほか

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
傷だらけの天使 #1-#6
放送日:3月28日
1974年・TV・カラー    監督:(演出)深作欣二/恩地日出夫/神代辰巳   脚本:柴英三郎/市川森一/永原秀一/峯尾基三/大野靖子   
出演:萩原健一/水谷豊/岸田今日子/岸田森  

大都会で危険な依頼に奮闘する兄弟分の日常を、スタイリッシュに描く青春劇。初回の演出を担当した深作欣二やカメラマンの木村大作など、映画界からも錚々たる顔ぶれが腕を競い、TVの枠にとらわれず後世へと語り継がれる伝説的な連続ドラマとなった。ビルの屋上のペントハウスで弟分のアキラ(水谷)と暮らす修(萩原)が、綾部社長(岸田今日子)が運営する探偵事務所から毎回やっかいな依頼を受ける。

「傷だらけの天使 #1-#6」(C)東宝
傷だらけの天使 #7-#13
放送日:3月28日
1974年・TV・カラー    監督:(演出)児玉進/鈴木英雄/土屋統吾郎   脚本:市川森一/渡辺由自/鎌田敏夫  
出演:萩原健一/水谷豊/岸田今日子/岸田森  

大都会で危険な依頼に奮闘する兄弟分の日常を、スタイリッシュに描く青春劇。初回の演出を担当した深作欣二やカメラマンの木村大作など、映画界からも錚々たる顔ぶれが腕を競い、TVの枠にとらわれず後世へと語り継がれる伝説的な連続ドラマとなった。ビルの屋上のペントハウスで弟分のアキラ(水谷)と暮らす修(萩原)が、綾部社長(岸田今日子)が運営する探偵事務所から毎回やっかいな依頼を受ける。

「傷だらけの天使 #7-#13」(C)東宝
傷だらけの天使 #14-#19
放送日:3月29日
1974年・TV・カラー    監督:(演出)土屋統吾郎/恩地日出夫/鈴木英夫   脚本:山本邦彦/市川森一/篠崎好/鎌田敏夫  
出演:萩原健一/水谷豊/岸田今日子/岸田森  

大都会で危険な依頼に奮闘する兄弟分の日常を、スタイリッシュに描く青春劇。初回の演出を担当した深作欣二やカメラマンの木村大作など、映画界からも錚々たる顔ぶれが腕を競い、TVの枠にとらわれず後世へと語り継がれる伝説的な連続ドラマとなった。ビルの屋上のペントハウスで弟分のアキラ(水谷)と暮らす修(萩原)が、綾部社長(岸田今日子)が運営する探偵事務所から毎回やっかいな依頼を受ける。

「傷だらけの天使 #14-#19」(C)東宝
傷だらけの天使 #20-#26(終)
放送日:3月29日
1974年・TV・カラー    監督:(演出)工藤栄一/児玉進   脚本:宮内婦貴子/篠崎好/田上雄/市川森一  
出演:萩原健一/水谷豊/岸田今日子/岸田森  

大都会で危険な依頼に奮闘する兄弟分の日常を、スタイリッシュに描く青春劇。初回の演出を担当した深作欣二やカメラマンの木村大作など、映画界からも錚々たる顔ぶれが腕を競い、TVの枠にとらわれず後世へと語り継がれる伝説的な連続ドラマとなった。ビルの屋上のペントハウスで弟分のアキラ(水谷)と暮らす修(萩原)が、綾部社長(岸田今日子)が運営する探偵事務所から毎回やっかいな依頼を受ける。

「傷だらけの天使 #20-#26(終)」(C)東宝