7→8月 2ヵ月連続 【生誕70周年 つかこうへい映画まつり】

Introduction

1948年 福岡県で産声をあげた、劇作家つかこうへい。
今年で生誕70周年を迎えることを記念して、日本映画専門チャンネルでは、
7月・8月のスペシャルプログラムとして、「つかこうへい映画まつり」を放送!
深作欣二が監督した代表作「蒲田行進曲」をはじめ、
原作・脚本つかこうへいの作品を特集します!

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー

番組詳細 program information

7月放送! 生誕70周年 つかこうへい映画まつり

つかこうへいの戯曲を自ら小説化し、直木賞を受賞した同名作の映画化。

「蒲田行進曲」


  • 蒲田行進曲
  • 監督:深作欣二
    原作:つかこうへい 脚本:つかこうへい
    出演:風間杜夫 松坂慶子 平田満 高見知佳 蟹江敬三 原田大二郎 清川虹子

    つかこうへいの戯曲を自ら小説化し、直木賞を受賞した同名作の映画化。つか独特の一筋縄ではいかない人間模様を、撮影所を知り尽くす深作欣二監督が、圧巻の“階段落ち”など映画愛を込め映像化し数々の賞に輝いたヒット作。時代劇のメッカ、京都撮影所。「新撰組」撮影中の人気スター、銀ちゃんこと銀四郎(風間)は、人情に篤いが激情家なのが玉にキズ。大部屋俳優のヤス(平田満)は銀ちゃんを強く慕っていた。ある日、ヤスのアパートに銀ちゃんが落ち目の女優の小夏(松坂慶子)を連れてやって来た。銀ちゃんの子を身ごもった小夏をスキャンダルになるからとヤスに押し付けに来たのだった。お腹の子のために危険な仕事ばかりこなすヤスの一途さと優しさに小夏は次第に惹かれていくが…。

    ★7/15(日)よる9時ほか放送【日曜邦画劇場】 ゲストに 松坂慶子、風間杜夫、平田満が登場!

時代錯誤な“かけおち”と銘打ち、つかこうへいが原作・脚色を手掛けた喜劇

「青春かけおち篇」


  • 青春かけおち篇
  • 監督:松原信吾
    原作:つかこうへい 脚本:つかこうへい
    出演:風間杜夫 大竹しのぶ 田中健 杉浦直樹 岸田今日子 柄本明

    時代錯誤な“かけおち”と銘打ち、つかこうへいが原作・脚色を手掛けた喜劇。誰からも反対されない駆け落ちというシニカルな設定の中で、隅々にまで芸達者を揃え、恋に恋する男女の不毛な愛の行方が、軽妙なタッチで綴られる。三十路を前に趣味の写真にうつつを抜かす康夫(風間)は、実家の工場は弟に譲り、女系家族で裕福なセツ子(大竹)の婿に収まろうと算段していたが、軽い気持ちで受けたセツ子の見合い相手が年商三十億の貿易商だったことで、雲行きが怪しくなる。

スタントの世界を舞台に、もつれ合う男女の愛をつかこうへいが描く人間ドラマ。

「この愛の物語」


  • この愛の物語
  • 監督:舛田利雄
    原作:つかこうへい 脚本:つかこうへい
    出演:中村雅俊 藤谷美和子 近藤真彦 根津甚八 和由布子 泉谷しげる 原田芳雄

    スタントの世界を舞台に、もつれ合う男女の愛をつかこうへいが描く人間ドラマ。数々の娯楽作を手掛ける舛田利雄監督の手腕が発揮された本格的スタントシーンの傍ら、つかならではの複雑な愛憎劇が展開するユニークな一本。スタントマンの立花(中村)は、10年前に親友の村雨(根津)との子を出産後に自殺した妻に代わり、男手ひとつで娘を育ててきたが、スタジオ経営が苦戦する中、暴走族から人気スタントマンへと育て上げた義弟の大介(近藤)主演の大作映画のオファーが舞い込む。

つかこうへいの同名戯曲をつか自ら脚色し、若松孝二が映画化した人情喜劇。

「寝盗られ宗介」


  • 寝盗られ宗介
  • 監督:若松孝二
    原作:つかこうへい 脚本:つかこうへい
    出演:原田芳雄 藤谷美和子 久我陽子 筧利夫 山谷初男 岡本信人

    つかこうへいの同名戯曲をつか自ら脚色し、若松孝二が映画化した人情喜劇。絶妙のコンビネーションを見せる原田芳雄と藤谷美和子が、別れを繰り返すことで絆を深める屈折した愛を情感豊かに魅せる。ドサ回り一座の座長にふんした原田芳雄が、恋女房への屈折した愛情を込めて、越路吹雪の弟と称して『愛の讃歌』を熱唱するクライマックスは、圧巻の一言。ドサ回り一座を率いる宗介(原田)は、看板女優で内縁関係のレイ子(藤谷)の駆け落ちを自らお膳立てしては、自分の許に戻って来る姿に愛を再確認していた。が、宗介が座員のジミー(筧)に腎臓手術を受けさせようと奔走するうちにレイ子との関係が狂い始める。

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー

8月放送! 8月18日(土) あさ10時より7作品一挙放送

スタントの世界を舞台に、もつれ合う男女の愛をつかこうへいが描く人間ドラマ。

「この愛の物語」


  • この愛の物語
  • 監督:舛田利雄
    原作:つかこうへい 脚本:つかこうへい
    出演:中村雅俊 藤谷美和子 近藤真彦 根津甚八 和由布子 泉谷しげる 原田芳雄

    スタントの世界を舞台に、もつれ合う男女の愛をつかこうへいが描く人間ドラマ。数々の娯楽作を手掛ける舛田利雄監督の手腕が発揮された本格的スタントシーンの傍ら、つかならではの複雑な愛憎劇が展開するユニークな一本。スタントマンの立花(中村)は、10年前に親友の村雨(根津)との子を出産後に自殺した妻に代わり、男手ひとつで娘を育ててきたが、スタジオ経営が苦戦する中、暴走族から人気スタントマンへと育て上げた義弟の大介(近藤)主演の大作映画のオファーが舞い込む。

時代錯誤な“かけおち”と銘打ち、つかこうへいが原作・脚色を手掛けた喜劇

「青春かけおち篇」


  • 青春かけおち篇
  • 監督:松原信吾
    原作:つかこうへい 脚本:つかこうへい
    出演:風間杜夫 大竹しのぶ 田中健 杉浦直樹 岸田今日子 柄本明

    時代錯誤な“かけおち”と銘打ち、つかこうへいが原作・脚色を手掛けた喜劇。誰からも反対されない駆け落ちというシニカルな設定の中で、隅々にまで芸達者を揃え、恋に恋する男女の不毛な愛の行方が、軽妙なタッチで綴られる。三十路を前に趣味の写真にうつつを抜かす康夫(風間)は、実家の工場は弟に譲り、女系家族で裕福なセツ子(大竹)の婿に収まろうと算段していたが、軽い気持ちで受けたセツ子の見合い相手が年商三十億の貿易商だったことで、雲行きが怪しくなる。

つかこうへいの同名戯曲をつか自ら脚色し、若松孝二が映画化した人情喜劇。

「寝盗られ宗介」


  • 寝盗られ宗介
  • 監督:若松孝二
    原作:つかこうへい 脚本:つかこうへい
    出演:原田芳雄 藤谷美和子 久我陽子 筧利夫 山谷初男 岡本信人

    つかこうへいの同名戯曲をつか自ら脚色し、若松孝二が映画化した人情喜劇。絶妙のコンビネーションを見せる原田芳雄と藤谷美和子が、別れを繰り返すことで絆を深める屈折した愛を情感豊かに魅せる。ドサ回り一座の座長にふんした原田芳雄が、恋女房への屈折した愛情を込めて、越路吹雪の弟と称して『愛の讃歌』を熱唱するクライマックスは、圧巻の一言。ドサ回り一座を率いる宗介(原田)は、看板女優で内縁関係のレイ子(藤谷)の駆け落ちを自らお膳立てしては、自分の許に戻って来る姿に愛を再確認していた。が、宗介が座員のジミー(筧)に腎臓手術を受けさせようと奔走するうちにレイ子との関係が狂い始める。

舞台での上演が相次ぐつかこうへいの代表作を映画化。

「熱海殺人事件」


  • 熱海殺人事件
  • 監督:高橋和男
    原作:つかこうへい 脚本:つかこうへい
    出演:仲代達矢 風間杜夫 志穂美悦子 竹田高利 大滝秀治

    熱海海岸でさえない工員が名もない女子工員を絞め殺した。新聞の三面記事にも載らないような、ぱっとしない殺人事件を、"捜査は芸術だ"がモットーの、警視庁名物刑事が"捜査のし甲斐のある立派な殺人事件"に仕立て上げていく・・・。'73年の初演から現在まで形を変えて上演され続けてきた、つかこうへいの傑作戯曲の映画化。名物刑事役を演じた仲代達矢が怪演を見せる。

つかこうへい原作のチャンバラ・ラブ・コメディ。

「幕末純情伝」


  • 幕末純情伝
  • 監督:薬師寺光幸
    原作:つかこうへい 脚本:薬師寺光幸
    出演:渡辺謙 牧瀬里穂 杉本哲太 伊武雅刀 木村一八 榎木孝明 柄本明 津川雅彦

    "新選組の沖田総司は実は女だった!"というハチャメチャな設定で描くつかこうへい原作のチャンバラ・ラブ・コメディ。激動の幕末を舞台に、剣の腕は超一流の美剣士・沖田総司(牧瀬)を巡って、幕末の風雲児・坂本龍馬(渡辺)と新撰組副長・土方歳三(杉本)が丁々発止と恋の火花を散らす姿をコミカルに描く。他にも、近藤勇役に伊武雅刀、桂小五郎役に柄本明、岩倉具視役に津川雅彦、そして西郷隆盛役に桜金造という魅力的なキャスティングが楽しい。

シスターが組長に!つかこうへいによる原作・脚本を井筒和幸監督がテンポよく描き上げた。

「二代目はクリスチャン」


  • 二代目はクリスチャン
  • 監督:井筒和幸
    原作:つかこうへい 脚本:つかこうへい
    出演:志穂美悦子 岩城滉一 柄本明 室田日出男 かたせ梨乃 蟹江敬三 北大路欣也

    教会に仕える純真なシスターが、ひょんなことから暴力団の組長となって対抗する組に反撃に出る。つかこうへい原作・脚本、井筒和幸監督による絶妙なテンポとスピード感あふれる快作。シスター、今日子(志穂美)と天竜組二代目の天竜晴彦(岩城)は念願かなって結婚することになったが、晴彦は結婚式の最中にあえなく急死。今日子は天竜組二代目を襲名することになる。

つかこうへいの戯曲を自ら小説化し、直木賞を受賞した同名作の映画化。

「蒲田行進曲」


  • 蒲田行進曲
  • 監督:深作欣二
    原作:つかこうへい 脚本:つかこうへい
    出演:風間杜夫 松坂慶子 平田満 高見知佳 蟹江敬三 原田大二郎 清川虹子

    つかこうへいの戯曲を自ら小説化し、直木賞を受賞した同名作の映画化。つか独特の一筋縄ではいかない人間模様を、撮影所を知り尽くす深作欣二監督が、圧巻の“階段落ち”など映画愛を込め映像化し数々の賞に輝いたヒット作。時代劇のメッカ、京都撮影所。「新撰組」撮影中の人気スター、銀ちゃんこと銀四郎(風間)は、人情に篤いが激情家なのが玉にキズ。大部屋俳優のヤス(平田満)は銀ちゃんを強く慕っていた。ある日、ヤスのアパートに銀ちゃんが落ち目の女優の小夏(松坂慶子)を連れてやって来た。銀ちゃんの子を身ごもった小夏をスキャンダルになるからとヤスに押し付けに来たのだった。お腹の子のために危険な仕事ばかりこなすヤスの一途さと優しさに小夏は次第に惹かれていくが…。

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー

「蒲田行進曲」©1982松竹株式会社 、「青春かけおち篇」©1987松竹株式会社 、「この愛の物語」©1987松竹 、「寝盗られ宗介」©1992松竹株式会社 、「幕末純情伝」©KADOKAWA 1991 、「二代目はクリスチャン」©KADOKAWA 1985