【日本映画専門チャンネル「ワールドカップバレー2019」開催記念 【蔵出し名画座】日ソ合作映画「甦れ魔女」特別放送】「甦れ魔女」

国際バレーボール連盟(FIVB)が主催する、オリンピック・世界選手権と並び世界3大大会のひとつで4年に一度開催される、FIVBワールドカップ。
日本映画専門チャンネルでは、「ワールドカップバレー2019」の開催を記念し、1980年のモスクワオリンピックの国家事業の一環として製作された「甦れ魔女」を放送!

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
甦れ魔女
放送日:9月4日、9月23日、10月7日、10月26日
1980年・映画・カラー    監督:佐藤純彌   脚本:松田寛夫/Y・ラケルヴァイ/A・ステファノフ  
出演:磯貝恵/横手房江/西郷輝彦/タチアナ・ワシレエヴァ/三橋達也/菊池真由美/野口ひとみ/斉藤真由美  

80年のモスクワ五輪を目指し、バレーボールに打ち込む少女らの奮闘を描く。日ソ合作で製作が進められるも、ソ連のアフガニスタン侵攻の影響で日本も五輪不参加を決めたため、企画の意義が揺らいでしまった不遇の作品。瀬戸内の小島で育った伴子(磯貝)は、白血病を患った母(中村)の死を乗り越え、バレーボールの名門アキツ産業に入社し、モスクワ五輪を控えて、強化委員長の増田(三橋)の要請で全日本チームに参加するが、練習中に骨折してしまう。

「甦れ魔女」(C)東映