このドキュメンタリーがすごい!

あなたの価値観、揺さぶります。
日本映画専門チャンネルPRESENTS。いま本当に見てほしい、すごいドキュメンタリーだけを厳選してお届け!

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
ちょっと北朝鮮まで行ってくるけん。
放送日:7月3日、7月6日、7月15日、7月22日、7月27日、8月3日、8月19日
2021年・カラー    監督:島田陽磨  

1959年から84年にかけて行われた北朝鮮への帰国事業によって生き別れとなった姉妹の顛末を追う異色ドキュメンタリー。日朝に翻弄された姉妹の再会を、制約も多い北朝鮮の撮影に挑み実現させた注目作。熊本県で平穏に暮らす67歳の林恵子さんには、1960年に在日朝鮮人の夫と北朝鮮に渡った実姉・愛子さんがいたが、それを周囲に伏せていた。長年絶縁状態が続いていたが、姉の消息を知った恵子さんは、子どもらの反対を押し切り北朝鮮へ発つ。監督・プロデューサー・撮影は、TVのドキュメンタリー作品を数多く手掛ける島田陽磨。

「ちょっと北朝鮮まで行ってくるけん。」(C)Nihon Denpa News Co.,Ltd.
タリナイ
放送日:8月7日、8月11日、8月15日、8月25日
2018年・カラー    監督: 大川史織  プロデューサー:藤岡みなみ  

戦死した父が最期を迎えた島を、息子が訪ねる旅に同行するドキュメンタリー。1988年生まれの大川史織監督のデビュー作で、自然豊かな美しい島に潜む残酷な記憶も掘り起こし、戦争の悲惨さを次世代に伝える意欲作。1945年4月、戦地マーシャル諸島で佐藤冨五郎さんが飢餓で絶命し、死の数時間前まで綴っていた日記は戦後、家族に届けられた。2016年4月、74歳になった息子・勉さんは日記を携え、父の亡くなるまでの足跡をたどる旅に出る。

「タリナイ」(C)shunminsha
ちょっと北朝鮮まで行ってくるけん。
放送日:7月3日、7月6日、7月15日、7月22日、7月27日、8月3日、8月19日
2021年・カラー    監督:島田陽磨  

1959年から84年にかけて行われた北朝鮮への帰国事業によって生き別れとなった姉妹の顛末を追う異色ドキュメンタリー。日朝に翻弄された姉妹の再会を、制約も多い北朝鮮の撮影に挑み実現させた注目作。熊本県で平穏に暮らす67歳の林恵子さんには、1960年に在日朝鮮人の夫と北朝鮮に渡った実姉・愛子さんがいたが、それを周囲に伏せていた。長年絶縁状態が続いていたが、姉の消息を知った恵子さんは、子どもらの反対を押し切り北朝鮮へ発つ。監督・プロデューサー・撮影は、TVのドキュメンタリー作品を数多く手掛ける島田陽磨。

「ちょっと北朝鮮まで行ってくるけん。」(C)Nihon Denpa News Co.,Ltd.