【このドキュメンタリーがすごい!】8月「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」9月「つつんで、ひらいて」※TV初

あなたの価値観、揺さぶります。

日本映画専門チャンネルPRESENTS。いま本当に見てほしい、すごいドキュメンタリーだけを厳選してお届け!

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー
放送日:8月15日、8月21日、8月31日、9月22日
2017年・映画・カラー    監督:佐古忠彦  
出演:(語り)山根基世/大杉漣  

「筑紫哲也NEWS23」でキャスターを務め、筑紫哲也氏の薫陶を受けた佐古忠彦の初監督作品。沖縄で先行公開された後に東京で公開され、動員7万人を記録した大ヒットドキュメンタリー。

第二次大戦後、米軍統治下の沖縄で唯一人"弾圧"を恐れず米軍にNOと叫んだ日本人がいた。「不屈」の精神で立ち向かった沖縄のヒーロー、瀬長亀次郎。民衆の前に立ち、演説会を開けば毎回何万人も集め、人々を熱狂させた亀次郎。彼を恐れた米軍は様々な策略を巡らすが、亀次郎は民衆に支えられ、那覇市長、国会議員と立場を変えながら闘い続けた。その知られざる実像と、信念を貫いた抵抗の人生を、関係者の証言を通して浮き彫りにしていくドキュメンタリー。

「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」(C)TBSテレビ
沖縄スパイ戦史
放送日:8月2日、8月5日、8月11日、8月14日、9月4日、9月22日
2018年・映画・カラー    監督:三上智恵 /大矢英代  

多大な犠牲を払った敗戦直前の沖縄戦の秘めたる真実に迫るドキュメンタリー。戦時下にも似た不穏な現代への洞察鋭い気鋭ジャーナリストが組み、キネ旬ベスト・テン文化映画第1位ほか数々の映画賞に輝く力作。第二次大戦末期、米軍上陸を機に民間人を含む20万人以上が犠牲となり終結したかに見えた沖縄戦だったが、本島北部では、陸軍中野学校出身のエリート将校が鍛えた10代半ばの少年らが組織した“護郷隊”によるゲリラ戦やスパイ戦が継続されていた。

「沖縄スパイ戦史」(C)2018『沖縄スパイ戦史』製作委員会
湾生回家
放送日:8月9日
2016年・映画・カラー    監督:ホァン・ミンチェン  

“湾生”とは日本統治下の台湾で生まれ育った約20万人の日本人をさす言葉。日本の敗戦後、彼らは日本本土に強制送還された。本作は、そんな歴史に翻弄された湾生の人々を訪ね、彼らが“故郷"に寄せる積年の思いを描いた、笑いあり涙ありの傑作ドキュメンタリー。日本にいても故郷・台湾によせる望郷の念を抱き続ける彼らの物語を通して日本と台湾の絆を見つめる。口コミで火が付き、台湾、日本でドキュメンタリー作品として異例のロングランヒットを記録した。

「湾生回家」(C)田澤文化有限公司
つつんで、ひらいて
放送日:9月6日、9月14日
2019年・映画・カラー    監督:広瀬奈々子  
出演:菊地信義/水戸部功/古井由吉  

本を手に取るとき、本にふれるとき、あなたを「動かしている」もの、それは本の装幀かもしれない。1万5千冊以上もの本を手掛け、40年以上にわたり日本のブックデザイン界をリードしてきた稀代の装幀家・菊地信義。本作は、読者を魅了し、作家たちに愛されてきた菊地の仕事を通して“本をつくること”を見つめた、おそらく世界初のブックデザイン・ドキュメンタリーである。

「つつんで、ひらいて」(C) 2019『つつんで、ひらいて』製作委員会
沖縄スパイ戦史
放送日:8月2日、8月5日、8月11日、8月14日、9月4日、9月22日
2018年・映画・カラー    監督:三上智恵 /大矢英代  

多大な犠牲を払った敗戦直前の沖縄戦の秘めたる真実に迫るドキュメンタリー。戦時下にも似た不穏な現代への洞察鋭い気鋭ジャーナリストが組み、キネ旬ベスト・テン文化映画第1位ほか数々の映画賞に輝く力作。第二次大戦末期、米軍上陸を機に民間人を含む20万人以上が犠牲となり終結したかに見えた沖縄戦だったが、本島北部では、陸軍中野学校出身のエリート将校が鍛えた10代半ばの少年らが組織した“護郷隊”によるゲリラ戦やスパイ戦が継続されていた。

「沖縄スパイ戦史」(C)2018『沖縄スパイ戦史』製作委員会
米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー
放送日:8月15日、8月21日、8月31日、9月22日
2017年・映画・カラー    監督:佐古忠彦  
出演:(語り)山根基世/大杉漣  

「筑紫哲也NEWS23」でキャスターを務め、筑紫哲也氏の薫陶を受けた佐古忠彦の初監督作品。沖縄で先行公開された後に東京で公開され、動員7万人を記録した大ヒットドキュメンタリー。

第二次大戦後、米軍統治下の沖縄で唯一人"弾圧"を恐れず米軍にNOと叫んだ日本人がいた。「不屈」の精神で立ち向かった沖縄のヒーロー、瀬長亀次郎。民衆の前に立ち、演説会を開けば毎回何万人も集め、人々を熱狂させた亀次郎。彼を恐れた米軍は様々な策略を巡らすが、亀次郎は民衆に支えられ、那覇市長、国会議員と立場を変えながら闘い続けた。その知られざる実像と、信念を貫いた抵抗の人生を、関係者の証言を通して浮き彫りにしていくドキュメンタリー。

「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」(C)TBSテレビ