【蔵出し名画座】2月「日本フィルハーモニー物語 炎の第五楽章」 3月「別れて生きるときも」

専門チャンネルの名にかけて。数々の名作を生み出してきた名匠たちのフィルモグラフィーの中で、観る機会が限られてきた秀作を毎月1本ずつ発掘し放送。映画本編前には、映画評論家・佐藤忠男による解説をあわせて放送。

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
日本フィルハーモニー物語 炎の第五楽章
放送日:2月4日、2月8日、2月13日、2月19日、3月4日
1981年・映画・カラー    原作:今崎暁巳    監督:神山征二郎    脚本:神山征二郎/今崎暁巳   
出演:風間杜夫/田中裕子/内藤武敏/浜田光夫/長塚京三/鈴木ヒロミツ/長谷直美/志村喬   

日本の代表的オーケストラにまつわる、今崎暁巳のルポルタージュを映画化。社会に根差す作品で知られる神山征二郎監督が、実話を下敷きにしつつ、爽快な人間ドラマに仕上げた。56年に創立された日本フィルハーモニーでヴァイオリニストを務める昇(風間)は、資金援助を打ち切られた名門オーケストラを存続させるべく、同志の楽団員と運営するコンサートで、過疎化の進む村で教師となった同郷の伸子(田中)と再会する。

「日本フィルハーモニー物語 炎の第五楽章」(C)1981日活株式会社
明治天皇と日露大戦争<スタンダード版>
放送日:2月1日、2月15日
1957年・映画・カラー    原作:渡辺邦男    監督:渡辺邦男    脚本:館岡謙之助   
出演:嵐寛寿郎/阿部九洲男/高田稔/藤田進/田崎潤/丹波哲郎/宇津井健/高島忠夫/若山富三郎   

日露戦争の開戦から勝利までをパノラマ的に描き、日本映画史上空前の大ヒットを記録した戦争超大作。日本初のシネマスコープ超大作として製作された本作だが、今回は後に香港に渡り、ブルース・リー主演の「ドラゴンへの道」「死亡遊戯」などのキャメラマンとして活躍する西本正が撮影を担当した、貴重な<スタンダード版>を初ハイビジョン放送でお送りする。

「明治天皇と日露大戦争<スタンダード版>」(C)国際放映
別れて生きるときも
放送日:3月4日、3月20日
1961年・映画・カラー    原作:田宮虎彦    監督:堀川弘通    脚本:(脚色)松山善三/井手俊郎/堀川弘通   
出演:高島忠夫/司葉子/児玉清/小林桂樹/芥川比呂志/河津清三郎/田中絹代   

度々映像化された田宮虎彦の原作を基に、女性の波乱の半生を描く、名匠・堀川弘通監督作品。司葉子が時代の波に翻弄され、過酷な運命を強く生きる女性を熱演し代表作とした。詐欺罪で服役した父親が原因で、学生との恋に破れた美智(司葉子)は、満州事変の頃に京都から上京する。窮地を救ってくれた朴(小林桂樹)の会社で働き始めて5年、2.26事件の日に、仕事絡みで出逢った井波(高島忠夫)と地下鉄構内で足止めされた美智は、彼に求婚される。しかし、2ヵ月後、謙吾は思想関係で警察からチェックされている自分を思い、美智に結婚の取消しを願うのだった。

「別れて生きるときも」(C)東宝
日本フィルハーモニー物語 炎の第五楽章
放送日:2月4日、2月8日、2月13日、2月19日、3月4日
1981年・映画・カラー    原作:今崎暁巳    監督:神山征二郎    脚本:神山征二郎/今崎暁巳   
出演:風間杜夫/田中裕子/内藤武敏/浜田光夫/長塚京三/鈴木ヒロミツ/長谷直美/志村喬   

日本の代表的オーケストラにまつわる、今崎暁巳のルポルタージュを映画化。社会に根差す作品で知られる神山征二郎監督が、実話を下敷きにしつつ、爽快な人間ドラマに仕上げた。56年に創立された日本フィルハーモニーでヴァイオリニストを務める昇(風間)は、資金援助を打ち切られた名門オーケストラを存続させるべく、同志の楽団員と運営するコンサートで、過疎化の進む村で教師となった同郷の伸子(田中)と再会する。

「日本フィルハーモニー物語 炎の第五楽章」(C)1981日活株式会社