【蔵出し名画座】4月「嵐の中の男」 5月「ゴンドラ」※TV初

専門チャンネルの名にかけて。数々の名作を生み出してきた名匠たちのフィルモグラフィーの中で、観る機会が限られてきた秀作を毎月1本ずつ発掘し放送。映画本編前には、映画評論家・佐藤忠男による解説をあわせて放送。

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
嵐の中の男
放送日:4月1日、4月4日、4月17日
1957年・映画・モノクロ    監督:谷口千吉   脚本:松浦健郎/谷口千吉  
出演:三船敏郎/香川京子/小堀明男/田崎潤/磯村みどり/根岸明美/柳永二郎/村上冬樹/小杉義男 /堤康久  

明治時代を舞台に、柔道の達人と彼を取り巻く男女の愛憎を描くアクション。娯楽映画の名手・谷口千吉監督がメガホンをとり、日露戦争終結後の世相を背景に、虚実が入り乱れる活劇。高齢の柔道師範に代わり下田警察署に赴任してきた渡(三船)は、道場で暴れる水兵らを投げ飛ばし混乱を鎮めるも、騒動の責任をとり東京に去る。車夫として働く渡は、彼を慕う師範の娘・秋子(香川)と再会するが、彼女に横恋慕する辻堂(小堀)の魔の手が伸びる。

「嵐の中の男」(C)1957 東宝
ゴンドラ
放送日:5月13日
1987年・映画・カラー    原作:(原案)伊藤智生/棗耶子   監督:伊藤智生   脚本:伊藤智生/棗耶子  
出演:上村佳子/界健太/木内みどり/佐々木すみ江/佐藤英夫/出門英  

都会の片隅で生きる孤独な少女と青年との交流を、瑞々しく綴る人間ドラマ。TOHJIRO名義でAV界でも活躍する伊藤智生監督の処女作で、川喜多かしこら著名人に絶賛され、約30年ぶりのリバイバルも好評を得た。離婚し不在がちな母(木内)と二人暮らしの11歳のかがり(上村)は、家庭にも学校にも居場所がなく寂しい日々を過ごしていたが、大切な文鳥が重傷を負い途方に暮れていたところ、ゴンドラに乗り高層ビルの窓拭きをする良(界)と出会う。

「ゴンドラ」(C)TEAMゴンドラ