必見!イチオシ企画

【月イチ衝撃作】11月「最低。<R-15>」※TV初ほか 12月「クリーピー 偽りの隣人」※チャンネル初ほか

劇場公開時にスマッシュヒットを記録したスキャンダラスな近作を月に一回ずつ放送する“月イチ衝撃作”。毎週金曜深夜、月に一度しか観られない日本映画の衝撃作をお届け!

最低。<R-15>
放送日:11月30日、12月14日
2017年・映画・カラー    原作:紗倉まな   監督:瀬々敬久   脚本:小川智子/瀬々敬久  
出演:森口彩乃/佐々木心音/山田愛奈/忍成修吾/森岡龍/根岸季衣/高岡早紀  

人気AV女優・紗倉まなの同名短編集を、「64-ロクヨン-」「菊とギロチン」の瀬々敬久監督が映画化した官能的な群像ドラマ。退屈な毎日に嫌気が差し、AVへの出演を決意した主婦、元AV女優の奔放な母を持つ女子高生、軽い気持ちからAVの世界に飛び込んだ人気AV女優という3人の女性を主人公に、彼女たちと家族が織りなす葛藤の物語を綴る。

34歳の美穂(森口彩乃)は、夫(忍成修吾)の庇護のもと専業主婦として平穏に過ごしていたが、単調な日々から逃避すべくAVに出演する。海辺の田舎町で複雑な家庭に育った高校生のあやこ(山田愛奈)は、絵を描くことを心の拠り所にしてきたが、気ままな日常を送る母親に対するよからぬ噂に苦悩する。軽い気持ちでAVに出演し、そのまま人気AV女優として多忙な日々を送る彩乃(佐々木心音)は、彼女の仕事を知った母親からAVの仕事を辞めるよう懇願される。

「最低。<R-15>」(C) 2017 KADOKAWA
アンチポルノ(R-15版)<R-15>
放送日:11月23日、12月7日
2017年・映画・カラー    監督:園子温   脚本:園子温  
出演:冨手麻妙/筒井真理子/不二子/小谷早弥花/吉牟田眞奈  

かつて一世を風靡した“日活ロマンポルノ”を気鋭の映画監督5人を起用して現代に甦らせる“ロマンポルノ・リブート・プロジェクト”の1本。「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」の園子温監督が、カリスマ的人気の小説家兼アーティストとそのマネージャーを主人公に、2人が織りなす狂気と官能の悪夢を描き出す。主演は「新宿スワン」を皮切りに園作品に立て続けに出演する冨手麻妙。

共演に「淵に立つ」の筒井真理子。憂鬱な朝を迎えた人気小説家にしてアーティストの京子(冨手麻妙)。そこへマネージャーの典子(筒井真理子)が現われ、分刻みのスケジュールを読み上げる。不機嫌な京子はそんな典子を罵倒し、従順に従う典子へのサディスティックな要求をエスカレートさせていくのだったが…。

「アンチポルノ(R-15版)<R-15>」(C)2016日活
牝猫たち(R-15版)<R-15>
放送日:11月16日
2017年・映画・カラー    監督:白石和彌   脚本:白石和彌  
出演:井端珠里/真上さつき/美知枝/音尾琢真/郭智博/村田秀亮/吉澤健/白川和子  

5人の気鋭監督が、日活ロマンポルノを現代に甦らせたプロジェクトの1本。「日本で一番悪い奴ら」「孤狼の血」など快作を連発する白石和彌監督が、田中登監督の「牝猫たちの夜」にオマージュを捧げつつ、現代女性の性と生を活写。池袋の風俗店で働く雅子(井端)は、ネットカフェに寝泊まりする日々に孤独を感じつつ、高級マンションに引きこもる常連の高田(郭)と奇妙な関係で結ばれる。シングルマザーの結依(真上)や主婦の里枝(美知枝)ら同僚も苦悩を秘め、ワケありの客たちと身体を重ねていた。

「牝猫たち(R-15版)<R-15>」(C)2016日活
身体を売ったらサヨウナラ<R-15>
放送日:11月9日
2017年・映画・カラー    原作:鈴木涼美   監督:内田英治   脚本:伊藤秀裕/内田英治  
出演:柴田千紘/小西キス/久保田悠来/内田慈/冨手麻妙/筒井真理子/品川祐  

元新聞記者で、AV女優としての過去ももつ鈴木涼美の同名著書を基に映画化。注目の気鋭・内田英治監督が、AV界関係者らの率直な証言を交えつつ、二つの顔を使い分け満たされない日々を紛らす女性の生と性に迫る野心作。有名大から東大大学院修士課程を経て、新聞記者として働く29歳のリョウコ(柴田)は、順風満帆な昼の生活だけでは物足りず、友人や男友達らと派手なホスト通いを続ける一方、売れないミュージシャンの玲(久保田)と恋を育む矛盾した日常を送っていた。

「身体を売ったらサヨウナラ<R-15>」(C)2017東映ビデオ/エクセレントフィルムズ
クリーピー 偽りの隣人
放送日:12月28日
2016年・映画・カラー    原作:前川裕   監督:黒沢清   脚本:黒沢清/池田千尋  
出演:西島秀俊/竹内結子/川口春奈/東出昌大/香川照之/戸田昌宏/馬場徹/笹野高史  

第15回日本ミステリー文学大賞新人賞に輝いた前川裕のベストセラー『クリーピー』を、「岸辺の旅」の黒沢清監督が映画化したミステリー・スリラー。犯罪心理学者の主人公が、謎めいた隣人によって妻との平穏な日常を浸食され、いつしか深い闇へと引きずり込まれていく。


 大学で犯罪心理学を教える元刑事の高倉(西島秀俊)は。ある事件をきっかけに郊外の一軒家に引っ越し、妻・康子(竹内結子)と2人で穏やかな新生活をスタートさせる。ある日彼は、刑事の野上(東出昌大)から6年前に起きた未解決の一家失踪事件の分析を依頼される。事件の鍵を握るのはひとりだけ残された一家の長女・早紀(川口春奈)。そんな中、高倉と康子は、謎めいた隣人・西野(香川照之)の不可解な言動に次第に振り回され始める。

「クリーピー 偽りの隣人」(C)2016「クリーピー」製作委員会
ジムノペディに乱れる(R-15版)<R-15>
放送日:12月21日
2016年・映画・カラー    監督:行定勲   脚本:行定勲/堀泉杏  
出演:板尾創路/芦那すみれ/岡村いずみ/田山由起/田嶋真弓/木嶋のりこ/風祭ゆき  

日活ロマンポルノを気鋭監督が競作し現代へと甦らせたリブート企画の1本。初のロマンポルノに挑む行定勲監督が、サティの『ジムノペディ』に切ない秘密を忍ばせた官能ラブストーリー。

かつて国際的な名声を得るも、長いスランプに陥る映画監督の古谷(板尾創路)。撮影中の新作も、主演女優とのトラブルで製作中止に追いやられるが、暇を持て余し街をぶらつく中で映画学校の教え子の結花(芦那)に出逢い、思わせぶりな態度をとる彼女の部屋に転がり込む。

「ジムノペディに乱れる(R-15版)<R-15>」(C)2016日活
最低。<R-15>
放送日:11月30日、12月14日
2017年・映画・カラー    原作:紗倉まな   監督:瀬々敬久   脚本:小川智子/瀬々敬久  
出演:森口彩乃/佐々木心音/山田愛奈/忍成修吾/森岡龍/根岸季衣/高岡早紀  

人気AV女優・紗倉まなの同名短編集を、「64-ロクヨン-」「菊とギロチン」の瀬々敬久監督が映画化した官能的な群像ドラマ。退屈な毎日に嫌気が差し、AVへの出演を決意した主婦、元AV女優の奔放な母を持つ女子高生、軽い気持ちからAVの世界に飛び込んだ人気AV女優という3人の女性を主人公に、彼女たちと家族が織りなす葛藤の物語を綴る。

34歳の美穂(森口彩乃)は、夫(忍成修吾)の庇護のもと専業主婦として平穏に過ごしていたが、単調な日々から逃避すべくAVに出演する。海辺の田舎町で複雑な家庭に育った高校生のあやこ(山田愛奈)は、絵を描くことを心の拠り所にしてきたが、気ままな日常を送る母親に対するよからぬ噂に苦悩する。軽い気持ちでAVに出演し、そのまま人気AV女優として多忙な日々を送る彩乃(佐々木心音)は、彼女の仕事を知った母親からAVの仕事を辞めるよう懇願される。

「最低。<R-15>」(C) 2017 KADOKAWA
アンチポルノ(R-15版)<R-15>
放送日:11月23日、12月7日
2017年・映画・カラー    監督:園子温   脚本:園子温  
出演:冨手麻妙/筒井真理子/不二子/小谷早弥花/吉牟田眞奈  

かつて一世を風靡した“日活ロマンポルノ”を気鋭の映画監督5人を起用して現代に甦らせる“ロマンポルノ・リブート・プロジェクト”の1本。「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」の園子温監督が、カリスマ的人気の小説家兼アーティストとそのマネージャーを主人公に、2人が織りなす狂気と官能の悪夢を描き出す。主演は「新宿スワン」を皮切りに園作品に立て続けに出演する冨手麻妙。

共演に「淵に立つ」の筒井真理子。憂鬱な朝を迎えた人気小説家にしてアーティストの京子(冨手麻妙)。そこへマネージャーの典子(筒井真理子)が現われ、分刻みのスケジュールを読み上げる。不機嫌な京子はそんな典子を罵倒し、従順に従う典子へのサディスティックな要求をエスカレートさせていくのだったが…。

「アンチポルノ(R-15版)<R-15>」(C)2016日活

視聴方法