月イチ衝撃作

劇場公開時にスマッシュヒットを記録したスキャンダラスな近作を月に一回ずつ放送する“月イチ衝撃作”。毎週土曜深夜、月に一度しか観られない日本映画の衝撃作をお届け!

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
バット・オンリー・ラヴ<R-15>
放送日:7月2日、8月13日
2016年・カラー    監督:佐野和宏    脚本:佐野和宏   
出演:佐野和宏、 円城ひとみ、飯島洋一、酒井あずさ、蜷川みほ、芹澤りな、柄本佑   

“ピンク四天王”として活躍した佐野和宏監督が、18年ぶりに手掛ける注目作。主演・脚本も兼ねるスタイルで一時代を築いた佐野監督が、咽頭がんを患い声帯を失った実体験を脚本に色濃く投影し、劇的な復帰を果たした渾身作。咽頭がんが見つかり声を失った宏(佐野和宏)は、長年連れ添う妻・晴美(円城ひとみ)と筆談も交えた平穏な日々を過ごしていたが、成人し親元を離れた一人娘と血縁関係にないことが発覚し、嫉妬や愛憎の混じる妻への疑念を募らせていく。

「バット・オンリー・ラヴ<R-15>」(C)「But only love…」製作運動体
海辺の彼女たち
放送日:7月9日
2021年・カラー    監督:藤元明緒    脚本:藤元明緒   
出演:ホアン・フォン、フィン・トゥエ・アン 、クィン・ニュー   

外国人技能実習生として来日した3人のベトナム人女性の置かれた現実を圧巻のリアリズムで描く。在日ミャンマー人一家を描く初長篇「僕の帰る場所」が高評を得た藤元明緒監督が、取材を基に外国人技能実習生の実態にドキュメンタリー的手法で迫る意欲作。技能実習生のフォン、アン、ニューは不当な扱いを受けた職場から脱走し、不法滞在となる危険に怯えつつ、ブローカーの斡旋で北の港町で働き始めるが、倒れたフォンを心配したふたりは、身分証のないまま病院に付き添う。

「海辺の彼女たち」(C)2020 E.x.N K.K. / ever rolling films
ダブルミンツ<R-15>
放送日:7月30日
2017年・カラー    原作:中村明日美子   監督: 内田英治   脚本:内田英治  
出演:淵上泰史、田中俊介、須賀健太、川籠石駿平、冨手麻妙、毎熊克哉  

同じ名をもつ男性二人の愛憎を描く、中村明日美子の同名BL漫画を実写化。『全裸監督』「ミッドナイトスワン」など話題作を手掛ける内田英治が、依存し合う男同士の運命を、暴力描写も交え激写。“女を殺した”と聞き覚えのある声の電話を受けた光夫(淵上泰史)は、高校の同級生の光央(田中俊介)と再会。主従関係にあった過去に縛られる光夫は、光央の恋人・麻美(冨手麻妙)の遺体を言われるまま山中に遺棄するが、久々の対面で両者の関係にも変化が生じる。

「ダブルミンツ<R-15>」(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社
ソワレ<PG-12>
放送日:7月16日、8月20日
2020年・カラー    監督:外山文治   脚本:外山文治  
出演: 村上虹郎、芋生悠、岡部たかし、康すおん、塚原大助、花王おさむ、田川可奈美  

行き場を失った若い男女の逃避行を、スリリングかつ劇的に映す人間ドラマ。豊原功補と小泉今日子らが立ち上げた“新世界合同会社”初プロデュース作で、今後の映画界を担う村上虹郎と芋生悠が稀有な関係性を育むカップルを好演。俳優として芽が出ず、オレオレ詐欺で日銭を稼ぐ翔太(村上虹郎)は、故郷・和歌山の高齢者施設で演劇を教えることになるが、施設で働くタカラ(芋生悠)の自宅で衝撃の現場に遭遇し、衝動的に彼女を連れて逃亡を図る。

「ソワレ<PG-12>」(C) 2020ソワレフィルムパートナーズ
ベイビーわるきゅーれ<PG-12>
放送日:7月23日、7月28日、8月2日、8月29日
2021年・カラー    監督: 阪元裕吾   脚本:阪元裕吾  
出演: 髙石あかり、伊澤彩織、三元雅芸、秋谷百音、うえきやサトシ、本宮泰風  

“元女子高生”殺し屋コンビが、社会になじもうと奮闘する様を追う青春活劇。髙石あかりの華麗な銃さばきと、スタントウーマンでもある伊澤彩織の超絶アクションに見惚れる一方、2人のゆるい日常や対話とのギャップも魅力で、ロングランヒットを記録。高校卒業を控え社会人を演じる必要に迫られた殺し屋のちさと(髙石あかり)とまひろ(伊澤彩織)は、組織からルームシェアを命じられる。バイトも器用にこなすちさとにコミュ力皆無のまひろが嫉妬する中、ある任務で恨みを買った二人は厄介事に巻き込まれる。

「ベイビーわるきゅーれ<PG-12>」(C)2021「ベイビーわるきゅーれ」製作委員会
名前のない女たち<R-15>
放送日:8月6日、8月15日
2010年・カラー    原作: 中村淳彦   監督: 佐藤寿保   脚本: 西田直子  
出演: 安井紀絵、佐久間麻由、鳥肌実、河合龍之介、木口亜矢、渡辺真起子  

AV界の名もなき“企画女優”にまつわる中村淳彦のノンフィクションの映画化。“ピンク四天王”として人気を誇る佐藤寿保監督が、AV界の光と影を、ある女性の波乱の軌跡を通し、リアルかつ詩情豊かに描く。自分に自信がもてぬまま生きてきたOLの純子(安井紀絵)は、渋谷でスカウトされ、コスプレ女優“ルル”として売れっ子に。元ヤンキーの先輩・綾乃(佐久間麻由)とも親しくなった純子は、居場所を見つけた喜びを感じるが、AV界の厳しい現実に直面していく。

「名前のない女たち<R-15>」(C)2010「名前のない女たち」製作委員会
バット・オンリー・ラヴ<R-15>
放送日:7月2日、8月13日
2016年・カラー    監督:佐野和宏    脚本:佐野和宏   
出演:佐野和宏、 円城ひとみ、飯島洋一、酒井あずさ、蜷川みほ、芹澤りな、柄本佑   

“ピンク四天王”として活躍した佐野和宏監督が、18年ぶりに手掛ける注目作。主演・脚本も兼ねるスタイルで一時代を築いた佐野監督が、咽頭がんを患い声帯を失った実体験を脚本に色濃く投影し、劇的な復帰を果たした渾身作。咽頭がんが見つかり声を失った宏(佐野和宏)は、長年連れ添う妻・晴美(円城ひとみ)と筆談も交えた平穏な日々を過ごしていたが、成人し親元を離れた一人娘と血縁関係にないことが発覚し、嫉妬や愛憎の混じる妻への疑念を募らせていく。

「バット・オンリー・ラヴ<R-15>」(C)「But only love…」製作運動体
ゴーストマスター<R-15>
放送日:8月27日
2019年・カラー    監督: ヤングポール   脚本:楠野一郎、ヤングポール  
出演:三浦貴大、成海璃子、板垣瑞生、永尾まりや、川瀬陽太、森下能幸、柴本幸、麿赤兒  

助監督が引き寄せた悪霊により、恋愛映画の現場が地獄と化すホラーコメディ。数々の才能を輩出するTSUTAYA CREATORS’PROGRAMで受賞したヤングポールのデビュー作で、80年代のホラー映画愛溢れるチープ感も魅力。監督デビューを夢見て理不尽な日常に耐える助監督の黒沢(三浦貴大)の鬱屈が、撮影が中断した壁ドン映画の事態収拾に当たる間に限界に到達。呼び寄せられた悪霊が彼の悲願の脚本に憑依し、現場はホラー映画のごとき惨状に。

「ゴーストマスター<R-15>」(C)2019「ゴーストマスター」製作委員会
ソワレ<PG-12>
放送日:7月16日、8月20日
2020年・カラー    監督:外山文治   脚本:外山文治  
出演: 村上虹郎、芋生悠、岡部たかし、康すおん、塚原大助、花王おさむ、田川可奈美  

行き場を失った若い男女の逃避行を、スリリングかつ劇的に映す人間ドラマ。豊原功補と小泉今日子らが立ち上げた“新世界合同会社”初プロデュース作で、今後の映画界を担う村上虹郎と芋生悠が稀有な関係性を育むカップルを好演。俳優として芽が出ず、オレオレ詐欺で日銭を稼ぐ翔太(村上虹郎)は、故郷・和歌山の高齢者施設で演劇を教えることになるが、施設で働くタカラ(芋生悠)の自宅で衝撃の現場に遭遇し、衝動的に彼女を連れて逃亡を図る。

「ソワレ<PG-12>」(C) 2020ソワレフィルムパートナーズ