【月イチ衝撃作】「私の奴隷になりなさい<R-15>」「友罪」 ほか

劇場公開時にスマッシュヒットを記録したスキャンダラスな近作を月に一回ずつ放送する“月イチ衝撃作”。毎週土曜深夜、月に一度しか観られない日本映画の衝撃作をお届け!

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
風に濡れた女(R-15版)<R-15>
放送日:11月2日
2016年・映画・カラー    監督:塩田明彦    脚本:塩田明彦   
出演:間宮夕貴/永岡佑/テイ龍進/鈴木美智子/中谷仁美/加藤貴宏   

一時代を築いた日活ロマンポルノを気鋭の監督たちによって甦らせるリブート企画の1本。「害虫」「月光の囁き」の鬼才・塩田明彦監督が、シニカルなユーモアを交えつつ、ロマンポルノにオマージュを捧げた意欲作。ロカルノ国際映画祭コンペティション部門に選出され<若手審査員賞>を受賞した。

劇作家として名を馳せた過去に背を向け、辺鄙な山小屋で独り暮らす高介(永岡佑)。ある昼下がり、彼の目の前で突然若い女(間宮夕貴)が自転車に乗ったまま海に突っ込んだ。濡れた肢体をおしげもなくさらけ出す野性味溢れる魅力を放つ女は、男に「5000円でいいよ」とつげると、野良犬のように男にまとわりついてくる。この出会いをきっかけに、高介は迫りくる女の欲望にどんどん巻き込まれていくのだった…。

「風に濡れた女(R-15版)<R-15>」(C)2016日活
光<R-15>
放送日:11月30日、12月7日
2017年・映画・カラー    原作:三浦しをん   監督:大森立嗣   脚本:大森立嗣  
出演:井浦新/瑛太/長谷川京子/橋本マナミ/梅沢昌代/南果歩/平田満  

人間のもつ深い闇をえぐる三浦しをんの異色作を実力派キャストで映画化。鬼才・大森立嗣監督が「まほろ駅前」シリーズに続き三浦原作に挑み、過去に縛られる人々の愛憎を洞察した意欲作。世界的テクノミュージシャン、ジェフ・ミルズが音楽を担当したことも話題に。

25年前、当時交際していた恋人を守るために人を殺め、津波に乗じて故郷の離島を後にした信之(井浦新)は、南海子(橋本マナミ)と結婚し娘にも恵まれ、幸せに暮らしていたが、ある日、過去を知る幼なじみの輔(瑛太)と再会、封印してきたはずの罪に翻弄されていく。

「光<R-15>」(C)三浦しをん/集英社・(C)2017『光』製作委員会
ホワイトリリー<R-15>
放送日:11月9日、12月21日
2015年・映画・カラー    監督:中田秀夫   脚本:加藤淳也/三宅隆太  
出演:飛鳥凛/山口香緒里/町井祥真/西川カナコ/三上市朗/鎌倉太郎  

数々の名作を生んだ日活ロマンポルノを、気鋭の映画監督5人を起用して現代に甦らせる“ロマンポルノ・リブート・プロジェクト”の1本。ロマンポルノの現場で鍛えた中田秀夫監督がレズビアンの世界をテーマに、2人の女の禁断の愛と葛藤の行方を官能的に綴る。

人気陶芸家・登紀子(山口香緒里)の自宅に住み込みで働く弟子のはるか(飛鳥凛)は、苦い過去から逃れるように男遊びに耽る登紀子を心配しつつ尊敬を超えた情愛を注ぎ慕っていた。ある日、登紀子が著名陶芸家の息子・悟(町井祥真)を弟子に招いたことで、はるかと登紀子の関係は大きく狂い始めるのだった。

「ホワイトリリー<R-15>」(C)2016日活
私の奴隷になりなさい<R-15>
放送日:11月9日、12月14日
2012年・映画・カラー    原作:サタミシュウ   監督:亀井亨   脚本:港岳彦  
出演:壇蜜/真山明大/板尾創路/古舘寛治/杉本彩  

累計45万部を突破したサタミシュウの官能小説シリーズを代表する作品を、これがスクリーン・デビューとなる人気グラビア・タレント、壇蜜主演で映画化した官能ドラマ。監督は「心中エレジー」「くろねこルーシー」の亀井亨。ごく普通の生活を送る既婚OLが、ひょんなきっかけからある男性の奴隷と化し、美しく覚醒していく様を鮮烈に描く。職場の先輩で清楚な印象の人妻、香奈(壇)にひと目ぼれした“僕”(真山)は、いつしか彼女と関係を持つようになる。ある日、自宅に招かれた僕は彼女の本性を知ってしまう。彼女は先生と呼ばれるご主人様(板尾)に調教されることに悦びを覚える“奴隷”だったのだ…。

「私の奴隷になりなさい<R-15>」(C)KADOKAWA 2012
私の奴隷になりなさい 第2章 ご主人様と呼ばせてください<R-15>
放送日:11月16日、12月21日
2018年・映画・カラー    原作:サタミシュウ   監督:城定秀夫   脚本:城定秀夫/石川均  
出演:毎熊克哉/行平あい佳/百合沙/三浦誠己  

サタミシュウの小説を基に、壇蜜主演で注目された官能映画のシリーズ第2弾。巧みな展開のピンク映画で評価の高い城定秀夫監督が、性愛絡みの関係性に翻弄される男女の顛末をスリリングに描出。大手広告デザイン会社勤務の目黒(毎熊)は、清楚さに妖艶さを秘めた人妻の明乃(行平)を口説き、婚約中ながら彼女と逢瀬を重ねるが、妻の不貞を知った夫の奇妙な脅迫通りに明乃の調教を続けるうち、彼女の奴隷としての素養が開花する。

「私の奴隷になりなさい 第2章 ご主人様と呼ばせてください<R-15>」(C)KADOKAWA 2018
私の奴隷になりなさい 第3章 おまえ次第<R-15>
放送日:11月16日、12月28日
2018年・映画・カラー    原作:サタミシュウ   監督:城定秀夫   脚本:城定秀夫/石川均  
出演:毎熊克哉/杉山未央/百合沙/行平あい佳/池田良/石田佳央/原田裕章/川合瑞恵/範田紗々/山根千芽  

サタミシュウの小説に気鋭監督・城定秀夫が挑んだ、官能映画の続篇。前作に続き、人気上昇中の毎熊克哉が性奴隷の調教に溺れる男性役で続投し、オーディションで選ばれた杉山未央が、女性の変貌を体当たりで熱演する。人妻との歪んだ関係にのめり込んだ末に引き離された、苦い過去を引きずる目黒(毎熊)は、バーで出逢った見るからに奥手の繭子(杉山)に惹かれて調教を始めるが、自身の内なる欲望に目覚めた繭子は、予期せぬ早さで変化を遂げる。

「私の奴隷になりなさい 第3章 おまえ次第<R-15>」(C)KADOKAWA 2018
娼年(R-15版)<R-15>
放送日:11月23日、12月14日
2018年・映画・カラー    原作:石田衣良   監督:三浦大輔   脚本:三浦大輔  
出演:松坂桃李/真飛聖/冨手麻妙/猪塚健太/桜井ユキ/小柳友/馬渕英里何/荻野友里/西岡徳馬/江波杏子  

主人公の森中領(もりなかりょう)は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。ある日、領の中学校の同級生で、ホストクラブに勤める田嶋進也(たじましんや)が、美しい女性をバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。「女なんてつまんないよ」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香が手がける女性専用コールクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。
入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく。

「娼年(R-15版)<R-15>」(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
友罪
放送日:12月28日
2018年・映画・カラー    原作:薬丸岳   監督:瀬々敬久   脚本:瀬々敬久  
出演:生田斗真/瑛太/夏帆/山本美月/富田靖子/佐藤浩市  

何人もの人生を決定的に変えた”事件”は、ふたりの男の出会いから始まった―。
ある町工場で働き始めた、元週刊誌ジャーナリストの益田と、他人との交流を頑なに避ける鈴木。共通点は何もなかったふたりだが、同じ寮で暮らすうちに、少しずつ友情を育ててゆく。そんななか彼らが住む町の近くで児童殺人事件が起こり、SNSで17年前に日本中を震撼させた凶悪事件との類似性が指摘される。当時14歳だった犯人の少年Aはすでに出所していて、今度も彼の犯行ではないかというのだ。ネットに拡散していた少年Aの写真を見た益田は愕然とする。そこにはまだ幼さの残る鈴木が写っていた。
驚きと疑問に突き動かされ、調査を始める益田。それは、17年前に自ら犯した”ある罪”と向き合うことでもあった。一度は人生を捨てたふたりの過去と現在が交錯し、止まっていた時計が激しく動き始める―。
それはまた、ふたりに関わる人々の人生も大きく動かすことになる―。

「友罪」(C)薬丸 岳/集英社 (C)2018映画「友罪」製作委員会
光<R-15>
放送日:11月30日、12月7日
2017年・映画・カラー    原作:三浦しをん   監督:大森立嗣   脚本:大森立嗣  
出演:井浦新/瑛太/長谷川京子/橋本マナミ/梅沢昌代/南果歩/平田満  

人間のもつ深い闇をえぐる三浦しをんの異色作を実力派キャストで映画化。鬼才・大森立嗣監督が「まほろ駅前」シリーズに続き三浦原作に挑み、過去に縛られる人々の愛憎を洞察した意欲作。世界的テクノミュージシャン、ジェフ・ミルズが音楽を担当したことも話題に。

25年前、当時交際していた恋人を守るために人を殺め、津波に乗じて故郷の離島を後にした信之(井浦新)は、南海子(橋本マナミ)と結婚し娘にも恵まれ、幸せに暮らしていたが、ある日、過去を知る幼なじみの輔(瑛太)と再会、封印してきたはずの罪に翻弄されていく。

「光<R-15>」(C)三浦しをん/集英社・(C)2017『光』製作委員会
ホワイトリリー<R-15>
放送日:11月9日、12月21日
2015年・映画・カラー    監督:中田秀夫   脚本:加藤淳也/三宅隆太  
出演:飛鳥凛/山口香緒里/町井祥真/西川カナコ/三上市朗/鎌倉太郎  

数々の名作を生んだ日活ロマンポルノを、気鋭の映画監督5人を起用して現代に甦らせる“ロマンポルノ・リブート・プロジェクト”の1本。ロマンポルノの現場で鍛えた中田秀夫監督がレズビアンの世界をテーマに、2人の女の禁断の愛と葛藤の行方を官能的に綴る。

人気陶芸家・登紀子(山口香緒里)の自宅に住み込みで働く弟子のはるか(飛鳥凛)は、苦い過去から逃れるように男遊びに耽る登紀子を心配しつつ尊敬を超えた情愛を注ぎ慕っていた。ある日、登紀子が著名陶芸家の息子・悟(町井祥真)を弟子に招いたことで、はるかと登紀子の関係は大きく狂い始めるのだった。

「ホワイトリリー<R-15>」(C)2016日活
私の奴隷になりなさい<R-15>
放送日:11月9日、12月14日
2012年・映画・カラー    原作:サタミシュウ   監督:亀井亨   脚本:港岳彦  
出演:壇蜜/真山明大/板尾創路/古舘寛治/杉本彩  

累計45万部を突破したサタミシュウの官能小説シリーズを代表する作品を、これがスクリーン・デビューとなる人気グラビア・タレント、壇蜜主演で映画化した官能ドラマ。監督は「心中エレジー」「くろねこルーシー」の亀井亨。ごく普通の生活を送る既婚OLが、ひょんなきっかけからある男性の奴隷と化し、美しく覚醒していく様を鮮烈に描く。職場の先輩で清楚な印象の人妻、香奈(壇)にひと目ぼれした“僕”(真山)は、いつしか彼女と関係を持つようになる。ある日、自宅に招かれた僕は彼女の本性を知ってしまう。彼女は先生と呼ばれるご主人様(板尾)に調教されることに悦びを覚える“奴隷”だったのだ…。

「私の奴隷になりなさい<R-15>」(C)KADOKAWA 2012
私の奴隷になりなさい 第2章 ご主人様と呼ばせてください<R-15>
放送日:11月16日、12月21日
2018年・映画・カラー    原作:サタミシュウ   監督:城定秀夫   脚本:城定秀夫/石川均  
出演:毎熊克哉/行平あい佳/百合沙/三浦誠己  

サタミシュウの小説を基に、壇蜜主演で注目された官能映画のシリーズ第2弾。巧みな展開のピンク映画で評価の高い城定秀夫監督が、性愛絡みの関係性に翻弄される男女の顛末をスリリングに描出。大手広告デザイン会社勤務の目黒(毎熊)は、清楚さに妖艶さを秘めた人妻の明乃(行平)を口説き、婚約中ながら彼女と逢瀬を重ねるが、妻の不貞を知った夫の奇妙な脅迫通りに明乃の調教を続けるうち、彼女の奴隷としての素養が開花する。

「私の奴隷になりなさい 第2章 ご主人様と呼ばせてください<R-15>」(C)KADOKAWA 2018
私の奴隷になりなさい 第3章 おまえ次第<R-15>
放送日:11月16日、12月28日
2018年・映画・カラー    原作:サタミシュウ   監督:城定秀夫   脚本:城定秀夫/石川均  
出演:毎熊克哉/杉山未央/百合沙/行平あい佳/池田良/石田佳央/原田裕章/川合瑞恵/範田紗々/山根千芽  

サタミシュウの小説に気鋭監督・城定秀夫が挑んだ、官能映画の続篇。前作に続き、人気上昇中の毎熊克哉が性奴隷の調教に溺れる男性役で続投し、オーディションで選ばれた杉山未央が、女性の変貌を体当たりで熱演する。人妻との歪んだ関係にのめり込んだ末に引き離された、苦い過去を引きずる目黒(毎熊)は、バーで出逢った見るからに奥手の繭子(杉山)に惹かれて調教を始めるが、自身の内なる欲望に目覚めた繭子は、予期せぬ早さで変化を遂げる。

「私の奴隷になりなさい 第3章 おまえ次第<R-15>」(C)KADOKAWA 2018