月イチ衝撃作

劇場公開時にスマッシュヒットを記録したスキャンダラスな近作を月に一回ずつ放送する“月イチ衝撃作”。毎週土曜深夜、月に一度しか観られない日本映画の衝撃作をお届け!

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
岬の兄妹<R-15>
放送日:10月23日、11月13日
2019年・カラー    監督: 片山慎三   脚本: 片山慎三  
出演: 松浦祐也、和田光沙、北山雅康、中村祐太郎、風祭ゆき  

地方の港町を舞台に、社会の底辺であえぐ兄妹の悲痛な顛末を描く。ポン・ジュノらの助監督を経て長編デビューを飾る片山慎三監督が、世間から見放された兄妹の窮状に、詩的表現を交えつつ容赦ない描写で肉迫し高評を得た。失職した良夫(松浦)は、自閉症の妹・真理子(和田)が男に体を許し金を得たと知り、罪悪感を胸に兄妹で売春業を始めるが、性の喜びに目覚めた妹の言葉にできない心の機微に触れ、複雑なジレンマに陥る。

「岬の兄妹<R-15>」(C)SHINZO KATAYAMA
牝猫たち(R-15版)<R-15>
放送日:10月27日、11月6日
2017年・カラー    監督:白石和彌   脚本:白石和彌  
出演:井端珠里/真上さつき/美知枝/音尾琢真/郭智博/村田秀亮/吉澤健/白川和子  

5人の気鋭監督が、日活ロマンポルノを現代に甦らせたプロジェクトの1本。「日本で一番悪い奴ら」「孤狼の血」など快作を連発する白石和彌監督が、田中登監督の「牝猫たちの夜」にオマージュを捧げつつ、現代女性の性と生を活写。池袋の風俗店で働く雅子(井端)は、ネットカフェに寝泊まりする日々に孤独を感じつつ、高級マンションに引きこもる常連の高田(郭)と奇妙な関係で結ばれる。シングルマザーの結依(真上)や主婦の里枝(美知枝)ら同僚も苦悩を秘め、ワケありの客たちと身体を重ねていた。

「牝猫たち(R-15版)<R-15>」(C)2016日活
ゼニガタ<R-15>
放送日:10月9日
2018年・カラー    監督: 綾部真弥   脚本: 永森裕二  
出演: 大谷亮平、 小林且弥、 佐津川愛美、田中俊介、玉城裕規、安達祐実、升毅、渋川清彦  

寂れた田舎町が舞台の、居酒屋を隠れ蓑に闇金業を営む兄弟をめぐる人間模様。映画初主演の大谷亮平が、凶暴な弟とは対照的にクールな闇金屋を好演するほか、多彩な演技派が債務者役で集結。漁港の片隅で居酒屋を営みつつ、深夜からは法外な高金利で金を貸す富男(大谷)と静香(小林)の銭形兄弟の元を、ブランド狂いのキャバクラ嬢の珠(佐津川)や、脱サラし農業を始めるも負債を抱える留美(安達)らが訪れる。

「ゼニガタ<R-15>」(C)2018「ゼニガタ」製作委員会
完全なる飼育 etude<R-15>
放送日:10月16日
2020年・カラー    原作:松田美智子   監督:加藤卓哉   脚本:山本浩貴  
出演:月船さらら/市川知宏/金野美穂/竹中直人/永井すみれ/寺中寿之  

かつては演劇界の寵児だった演出家・彩乃。ここ数年は観客動員が伸び悩み、とことん追い込む演出が俳優から敬遠されている。舞台「完全なる飼育」の公演を2日後に控え、主演俳優が降板。代役も決まらず、彩乃が公演を諦め劇場を後にしようとした時、一人の青年・蒼が駆け込んでくる。オーディションを受けさせてほしいと懇願する蒼に、彩乃は“飼育”するように過酷な稽古を始めるが、やがて、その立場は逆転していく。

「完全なる飼育 etude<R-15>」(C) SEDIC INTERNATIONAL, SEDIC-DILON
リアル鬼ごっこ2015 劇場版<R-15>
放送日:11月27日
2015年・カラー    原作:山田悠介   監督:園子温    脚本:園子温   
出演: トリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜、桜井ユキ、高橋メアリージュン、磯山さやか   

度々映像化される山田悠介のベストセラーを、鬼才・園子温が大胆に映画化。鬼ごっこの標的を“佐藤さん”から女子高生に切り替え、園監督得意のエログロ描写満載で賛否両論を生んだ問題作。女子高生を乗せたバスが風に襲われ唯一生き残ったミツコ(トリンドル)、ブタの覆面男と結婚させられそうな花嫁姿のケイコ(篠田)、駅伝参加中のいづみ(真野)の運命が、何者かに追われる中で交錯していく。

「リアル鬼ごっこ2015 劇場版<R-15>」(C)2015「リアル鬼ごっこ」学級委員会
岬の兄妹<R-15>
放送日:10月23日、11月13日
2019年・カラー    監督: 片山慎三   脚本: 片山慎三  
出演: 松浦祐也、和田光沙、北山雅康、中村祐太郎、風祭ゆき  

地方の港町を舞台に、社会の底辺であえぐ兄妹の悲痛な顛末を描く。ポン・ジュノらの助監督を経て長編デビューを飾る片山慎三監督が、世間から見放された兄妹の窮状に、詩的表現を交えつつ容赦ない描写で肉迫し高評を得た。失職した良夫(松浦)は、自閉症の妹・真理子(和田)が男に体を許し金を得たと知り、罪悪感を胸に兄妹で売春業を始めるが、性の喜びに目覚めた妹の言葉にできない心の機微に触れ、複雑なジレンマに陥る。

「岬の兄妹<R-15>」(C)SHINZO KATAYAMA
風に濡れた女(R-15版)<R-15>
放送日:10月2日、11月20日
2016年・カラー    監督:塩田明彦    脚本:塩田明彦   
出演:間宮夕貴/永岡佑/テイ龍進/鈴木美智子/中谷仁美/加藤貴宏   

一時代を築いた日活ロマンポルノを気鋭の監督たちによって甦らせるリブート企画の1本。「害虫」「月光の囁き」の鬼才・塩田明彦監督が、シニカルなユーモアを交えつつ、ロマンポルノにオマージュを捧げた意欲作。ロカルノ国際映画祭コンペティション部門に選出され<若手審査員賞>を受賞した。劇作家として名を馳せた過去に背を向け、辺鄙な山小屋で独り暮らす高介(永岡佑)。ある昼下がり、彼の目の前で突然若い女(間宮夕貴)が自転車に乗ったまま海に突っ込んだ。濡れた肢体をおしげもなくさらけ出す野性味溢れる魅力を放つ女は、男に「5000円でいいよ」とつげると、野良犬のように男にまとわりついてくる。この出会いをきっかけに、高介は迫りくる女の欲望にどんどん巻き込まれていくのだった…。

「風に濡れた女(R-15版)<R-15>」(C)2016日活
牝猫たち(R-15版)<R-15>
放送日:10月27日、11月6日
2017年・カラー    監督:白石和彌   脚本:白石和彌  
出演:井端珠里/真上さつき/美知枝/音尾琢真/郭智博/村田秀亮/吉澤健/白川和子  

5人の気鋭監督が、日活ロマンポルノを現代に甦らせたプロジェクトの1本。「日本で一番悪い奴ら」「孤狼の血」など快作を連発する白石和彌監督が、田中登監督の「牝猫たちの夜」にオマージュを捧げつつ、現代女性の性と生を活写。池袋の風俗店で働く雅子(井端)は、ネットカフェに寝泊まりする日々に孤独を感じつつ、高級マンションに引きこもる常連の高田(郭)と奇妙な関係で結ばれる。シングルマザーの結依(真上)や主婦の里枝(美知枝)ら同僚も苦悩を秘め、ワケありの客たちと身体を重ねていた。

「牝猫たち(R-15版)<R-15>」(C)2016日活