月イチ衝撃作

劇場公開時にスマッシュヒットを記録したスキャンダラスな近作を月に一回ずつ放送する“月イチ衝撃作”。毎週土曜深夜、月に一度しか観られない日本映画の衝撃作をお届け!

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
ギャングース<R-15>
放送日:1月16日
2018年・映画・カラー    原作:肥谷圭介・鈴木大介『ギャングース』(講談社)   監督:入江悠   脚本:入江悠/和田清人  
出演:高杉真宙/加藤諒/渡辺大知(黒猫チェルシー)/林遣都/山本舞香  

親から虐待され、ろくに学校にも行けず、青春期を少年院で過ごしたサイケ(高杉真宙)、カズキ(加藤諒)、タケオ(渡辺大知)。社会に見放された3人が生き抜くためにつかんだ仕事は、犯罪者だけをターゲットにした“タタキ”稼業だった。情報収集、作戦立案担当のサイケ。工具に関する秀でた見識を持つカズキ。そして、車両担当のタケオ。彼らは、振り込め詐欺や窃盗、ドラッグの密売など裏稼業のアガリ(収益金)を狙う窃盗団を結成する。

「ギャングース<R-15>」(C)2018「ギャングース」FILM PARTNERS (C)肥谷圭介・鈴木大介/講談社
ビジランテ<R-15>
放送日:1月9日、2月6日
2017年・映画・カラー    監督:入江悠    脚本:入江悠   
出演:大森南朋/鈴木浩介/桐谷健太/篠田麻里子/嶋田久作/間宮夕貴/菅田俊   

閉鎖的な地方都市で父親の死をきっかけに再会した兄弟3人だったが、それぞれの欲望や野心、プライドがぶつかり、運命を狂わせていく。「SR サイタマノラッパー」「22年目の告白 私が殺人犯です」の入江悠監督が、自身の故郷・埼玉県深谷市を舞台にオリジナル脚本で描く。

大型施設の誘致計画が進む地元市議会議員の二郎(鈴木浩介)は、予定地に含まれる亡父の土地の譲渡を、風俗店店長の弟・三郎(桐谷健太)からは承諾されるが、30年音信不通だった兄・一郎(大森南朋)が遺言書を盾に相続権を主張したことで、運命の歯車が狂いだす。

「ビジランテ<R-15>」(C)2017「ビジランテ」製作委員会
チワワちゃん<R-15>
放送日:1月22日
2019年・映画・カラー    原作:岡崎京子   監督:二宮健   脚本:二宮健  
出演:門脇麦/成田凌/寛一郎/玉城ティナ/吉田志織/村上虹郎/栗山千明/浅野忠信  

チワワちゃん(吉田志織)が、バラバラ遺体となって東京湾で発見された。チワワを偲ぶために、ミキ(門脇麦)は仲間たちと久しぶりに集まったが、誰も最近のチワワを知らなかった。その後、追悼記事の依頼を受け、仲間たちにあらためてチワワとの思い出を聞きに行ったミキを待ち受けていたのは、それぞれの記憶の中の全く違うチワワだった…。

「チワワちゃん<R-15>」(C)2019「チワワちゃん」製作委員会
火口のふたり(R-15版)<R-15>
放送日:1月30日、2月13日
2019年・映画・カラー    原作:白石一文   監督:荒井晴彦   脚本:荒井晴彦  
出演:柄本佑/瀧内公美  

直子(瀧内公美)は挙式まであと10日となる中、故郷の秋田に帰省したかつての恋人・賢治(柄本佑)と数年ぶりに再会。新生活に向け片付けていた荷物から、直子は1冊のアルバムを取り出す。そこには、一糸纏わぬふたりの姿が写ったモノクロームの写真が収められていた。ただ欲望のままに生きていた青春の日々が蘇り、直子の婚約者が戻るまでの5日間、抗いがたい欲動に身を委ねていく。

「火口のふたり(R-15版)<R-15>」(C)2019「火口のふたり」製作委員会
花芯<R-15>
放送日:2月20日
2016年・映画・カラー    原作:瀬戸内寂聴   監督:安藤尋黒沢久子   脚本:黒沢久子  
出演:村川絵梨/林遣都/安藤政信/藤本泉/落合モトキ/奥野瑛太/毬谷友子  

親が決めた許婚・雨宮(林遣都)と結婚した園子(村川絵梨)は息子も授かっていたが、夫に愛情を感じてはいなかった。ある日、雨宮が転勤となり、園子は京都に移り住む。そこで雨宮の上司・越智(安藤政信)と出会い、好きになった園子は、生まれて初めての恋に戸惑いながらも、次第に越智との関係にどっぷり浸かり、肉体の悦びに目覚めていく。

「花芯<R-15>」(C)2016「花芯」製作委員会
ビジランテ<R-15>
放送日:1月9日、2月6日
2017年・映画・カラー    監督:入江悠    脚本:入江悠   
出演:大森南朋/鈴木浩介/桐谷健太/篠田麻里子/嶋田久作/間宮夕貴/菅田俊   

閉鎖的な地方都市で父親の死をきっかけに再会した兄弟3人だったが、それぞれの欲望や野心、プライドがぶつかり、運命を狂わせていく。「SR サイタマノラッパー」「22年目の告白 私が殺人犯です」の入江悠監督が、自身の故郷・埼玉県深谷市を舞台にオリジナル脚本で描く。

大型施設の誘致計画が進む地元市議会議員の二郎(鈴木浩介)は、予定地に含まれる亡父の土地の譲渡を、風俗店店長の弟・三郎(桐谷健太)からは承諾されるが、30年音信不通だった兄・一郎(大森南朋)が遺言書を盾に相続権を主張したことで、運命の歯車が狂いだす。

「ビジランテ<R-15>」(C)2017「ビジランテ」製作委員会
火口のふたり(R-15版)<R-15>
放送日:1月30日、2月13日
2019年・映画・カラー    原作:白石一文   監督:荒井晴彦   脚本:荒井晴彦  
出演:柄本佑/瀧内公美  

直子(瀧内公美)は挙式まであと10日となる中、故郷の秋田に帰省したかつての恋人・賢治(柄本佑)と数年ぶりに再会。新生活に向け片付けていた荷物から、直子は1冊のアルバムを取り出す。そこには、一糸纏わぬふたりの姿が写ったモノクロームの写真が収められていた。ただ欲望のままに生きていた青春の日々が蘇り、直子の婚約者が戻るまでの5日間、抗いがたい欲動に身を委ねていく。

「火口のふたり(R-15版)<R-15>」(C)2019「火口のふたり」製作委員会