【月イチ衝撃作】5月「リバーズ・エッジ<R-15>」ほか 6月「光<R-15>」ほか

劇場公開時にスマッシュヒットを記録したスキャンダラスな近作を月に一回ずつ放送する“月イチ衝撃作”。毎週土曜深夜、月に一度しか観られない日本映画の衝撃作をお届け!

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
リバーズ・エッジ<R-15>
放送日:5月25日、6月21日
2018年・映画・カラー    原作:岡崎京子   監督:行定勲   脚本:瀬戸山美咲  
出演:二階堂ふみ/吉沢亮/上杉柊平/SUMIRE/土居志央梨/森川葵  

90年代に発表された岡崎京子の伝説的名作コミックを、行定勲監督が二階堂ふみ主演で映画化した青春ストーリー。河原に放置された死体という秘密を共有する若者たちの欲望と焦燥を鮮烈に描き出す。

若草ハルナ(二階堂ふみ)は彼氏の観音崎(上杉柊平)にイジメられていた山田(吉沢亮)を助けたのがきっかけで、彼の秘密の宝物を教えられる。それは河原に放置された死体だった。ゲイであることを隠して生きる山田は、夜の街で売春をしていた。ハルナの後輩で摂食障害を抱えるモデルのこずえ(SUMIRE)もまた、死体の秘密を山田と共有していた。

「リバーズ・エッジ<R-15>」(C)2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社
牝猫たち(R-15版)<R-15>
放送日:5月3日、6月14日
2017年・映画・カラー    監督:白石和彌   脚本:白石和彌  
出演:井端珠里/真上さつき/美知枝/音尾琢真/郭智博/村田秀亮/吉澤健/白川和子  

5人の気鋭監督が、日活ロマンポルノを現代に甦らせたプロジェクトの1本。「日本で一番悪い奴ら」「孤狼の血」など快作を連発する白石和彌監督が、田中登監督の「牝猫たちの夜」にオマージュを捧げつつ、現代女性の性と生を活写。池袋の風俗店で働く雅子(井端)は、ネットカフェに寝泊まりする日々に孤独を感じつつ、高級マンションに引きこもる常連の高田(郭)と奇妙な関係で結ばれる。シングルマザーの結依(真上)や主婦の里枝(美知枝)ら同僚も苦悩を秘め、ワケありの客たちと身体を重ねていた。

「牝猫たち(R-15版)<R-15>」(C)2016日活
ディストラクション・ベイビーズ<R-15>
放送日:5月18日、6月7日
2016年・映画・カラー    監督:真利子哲也    脚本:真利子哲也/喜安浩平   
出演:柳楽優弥/菅田将暉/小松菜奈/村上虹郎/池松壮亮/北村匠海/三浦誠己/でんでん  

暴力への衝動に駆られ続ける男の狂気が、周囲にもたらす波紋を描く衝撃作。「イエローキッド」の真利子哲也監督が柳楽優弥を主演に迎えて贈る衝撃のバイオレンス・ドラマ。所構わず喧嘩をふっかける狂気の男と、そんな彼の危険なゲームに巻き込まれていく若者たちの運命が描かれる。主演の柳楽優弥が本作でキネマ旬報主演男優賞ほか国内の数々の賞を受賞、真利子監督もロカルノ国際映画祭最優秀新進監督賞を受賞するなど、国内外で高く評価された。

愛媛県松山市の小さな港町で暮らす将太(村上虹郎)は、ケンカに没頭し姿を消した兄・泰良(柳楽優弥)の消息を案じていた。流れ着いた松山市内で、屈強な者を見ては闘いを挑む泰良は、彼に惹かれた高校生の裕也(菅田将暉)と組むうちに暴力はゲーム性を帯び過激さを増す。

「ディストラクション・ベイビーズ<R-15>」(C)2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会
光<R-15>
放送日:6月29日
2017年・映画・カラー    原作:三浦しをん   監督:大森立嗣   脚本:大森立嗣  
出演:井浦新/瑛太/長谷川京子/橋本マナミ/梅沢昌代/南果歩/平田満  

人間のもつ深い闇をえぐる三浦しをんの異色作を実力派キャストで映画化。鬼才・大森立嗣監督が「まほろ駅前」シリーズに続き三浦原作に挑み、過去に縛られる人々の愛憎を洞察した意欲作。世界的テクノミュージシャン、ジェフ・ミルズが音楽を担当したことも話題に。

25年前、当時交際していた恋人を守るために人を殺め、津波に乗じて故郷の離島を後にした信之(井浦新)は、南海子(橋本マナミ)と結婚し娘にも恵まれ、幸せに暮らしていたが、ある日、過去を知る幼なじみの輔(瑛太)と再会、封印してきたはずの罪に翻弄されていく。

「光<R-15>」(C)三浦しをん/集英社・(C)2017『光』製作委員会
リバーズ・エッジ<R-15>
放送日:5月25日、6月21日
2018年・映画・カラー    原作:岡崎京子   監督:行定勲   脚本:瀬戸山美咲  
出演:二階堂ふみ/吉沢亮/上杉柊平/SUMIRE/土居志央梨/森川葵  

90年代に発表された岡崎京子の伝説的名作コミックを、行定勲監督が二階堂ふみ主演で映画化した青春ストーリー。河原に放置された死体という秘密を共有する若者たちの欲望と焦燥を鮮烈に描き出す。

若草ハルナ(二階堂ふみ)は彼氏の観音崎(上杉柊平)にイジメられていた山田(吉沢亮)を助けたのがきっかけで、彼の秘密の宝物を教えられる。それは河原に放置された死体だった。ゲイであることを隠して生きる山田は、夜の街で売春をしていた。ハルナの後輩で摂食障害を抱えるモデルのこずえ(SUMIRE)もまた、死体の秘密を山田と共有していた。

「リバーズ・エッジ<R-15>」(C)2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社
ディストラクション・ベイビーズ<R-15>
放送日:5月18日、6月7日
2016年・映画・カラー    監督:真利子哲也    脚本:真利子哲也/喜安浩平   
出演:柳楽優弥/菅田将暉/小松菜奈/村上虹郎/池松壮亮/北村匠海/三浦誠己/でんでん  

暴力への衝動に駆られ続ける男の狂気が、周囲にもたらす波紋を描く衝撃作。「イエローキッド」の真利子哲也監督が柳楽優弥を主演に迎えて贈る衝撃のバイオレンス・ドラマ。所構わず喧嘩をふっかける狂気の男と、そんな彼の危険なゲームに巻き込まれていく若者たちの運命が描かれる。主演の柳楽優弥が本作でキネマ旬報主演男優賞ほか国内の数々の賞を受賞、真利子監督もロカルノ国際映画祭最優秀新進監督賞を受賞するなど、国内外で高く評価された。

愛媛県松山市の小さな港町で暮らす将太(村上虹郎)は、ケンカに没頭し姿を消した兄・泰良(柳楽優弥)の消息を案じていた。流れ着いた松山市内で、屈強な者を見ては闘いを挑む泰良は、彼に惹かれた高校生の裕也(菅田将暉)と組むうちに暴力はゲーム性を帯び過激さを増す。

「ディストラクション・ベイビーズ<R-15>」(C)2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会
牝猫たち(R-15版)<R-15>
放送日:5月3日、6月14日
2017年・映画・カラー    監督:白石和彌   脚本:白石和彌  
出演:井端珠里/真上さつき/美知枝/音尾琢真/郭智博/村田秀亮/吉澤健/白川和子  

5人の気鋭監督が、日活ロマンポルノを現代に甦らせたプロジェクトの1本。「日本で一番悪い奴ら」「孤狼の血」など快作を連発する白石和彌監督が、田中登監督の「牝猫たちの夜」にオマージュを捧げつつ、現代女性の性と生を活写。池袋の風俗店で働く雅子(井端)は、ネットカフェに寝泊まりする日々に孤独を感じつつ、高級マンションに引きこもる常連の高田(郭)と奇妙な関係で結ばれる。シングルマザーの結依(真上)や主婦の里枝(美知枝)ら同僚も苦悩を秘め、ワケありの客たちと身体を重ねていた。

「牝猫たち(R-15版)<R-15>」(C)2016日活