【月イチ衝撃作】3月「ホワイトリリー<R-15>」ほか 4月「ディストラクション・ベイビーズ<R-15>」ほか

劇場公開時にスマッシュヒットを記録したスキャンダラスな近作を月に一回ずつ放送する“月イチ衝撃作”。毎週土曜深夜、月に一度しか観られない日本映画の衝撃作をお届け!

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
ホワイトリリー<R-15>
放送日:3月30日、4月6日
2015年・映画・カラー    監督:中田秀夫   脚本:加藤淳也/三宅隆太  
出演:飛鳥凛/山口香緒里/町井祥真/西川カナコ/三上市朗/鎌倉太郎  

数々の名作を生んだ日活ロマンポルノを、気鋭の映画監督5人を起用して現代に甦らせる“ロマンポルノ・リブート・プロジェクト”の1本。ロマンポルノの現場で鍛えた中田秀夫監督がレズビアンの世界をテーマに、2人の女の禁断の愛と葛藤の行方を官能的に綴る。

人気陶芸家・登紀子(山口香緒里)の自宅に住み込みで働く弟子のはるか(飛鳥凛)は、苦い過去から逃れるように男遊びに耽る登紀子を心配しつつ尊敬を超えた情愛を注ぎ慕っていた。ある日、登紀子が著名陶芸家の息子・悟(町井祥真)を弟子に招いたことで、はるかと登紀子の関係は大きく狂い始めるのだった。

「ホワイトリリー<R-15>」(C)2016日活
風に濡れた女(R-15版)<R-15>
放送日:3月9日
2016年・映画・カラー    監督:塩田明彦    脚本:塩田明彦   
出演:間宮夕貴/永岡佑/テイ龍進/鈴木美智子/中谷仁美/加藤貴宏   

一時代を築いた日活ロマンポルノを気鋭の監督たちによって甦らせるリブート企画の1本。「害虫」「月光の囁き」の鬼才・塩田明彦監督が、シニカルなユーモアを交えつつ、ロマンポルノにオマージュを捧げた意欲作。ロカルノ国際映画祭コンペティション部門に選出され<若手審査員賞>を受賞した。

劇作家として名を馳せた過去に背を向け、辺鄙な山小屋で独り暮らす高介(永岡佑)。ある昼下がり、彼の目の前で突然若い女(間宮夕貴)が自転車に乗ったまま海に突っ込んだ。濡れた肢体をおしげもなくさらけ出す野性味溢れる魅力を放つ女は、男に「5000円でいいよ」とつげると、野良犬のように男にまとわりついてくる。この出会いをきっかけに、高介は迫りくる女の欲望にどんどん巻き込まれていくのだった…。

「風に濡れた女(R-15版)<R-15>」(C)2016日活
最低。<R-15>
放送日:3月2日
2017年・映画・カラー    原作:紗倉まな   監督:瀬々敬久   脚本:小川智子/瀬々敬久  
出演:森口彩乃/佐々木心音/山田愛奈/忍成修吾/森岡龍/根岸季衣/高岡早紀  

人気AV女優・紗倉まなの同名短編集を、「64-ロクヨン-」「菊とギロチン」の瀬々敬久監督が映画化した官能的な群像ドラマ。退屈な毎日に嫌気が差し、AVへの出演を決意した主婦、元AV女優の奔放な母を持つ女子高生、軽い気持ちからAVの世界に飛び込んだ人気AV女優という3人の女性を主人公に、彼女たちと家族が織りなす葛藤の物語を綴る。

34歳の美穂(森口彩乃)は、夫(忍成修吾)の庇護のもと専業主婦として平穏に過ごしていたが、単調な日々から逃避すべくAVに出演する。海辺の田舎町で複雑な家庭に育った高校生のあやこ(山田愛奈)は、絵を描くことを心の拠り所にしてきたが、気ままな日常を送る母親に対するよからぬ噂に苦悩する。軽い気持ちでAVに出演し、そのまま人気AV女優として多忙な日々を送る彩乃(佐々木心音)は、彼女の仕事を知った母親からAVの仕事を辞めるよう懇願される。

「最低。<R-15>」(C) 2017 KADOKAWA
ディストラクション・ベイビーズ<R-15>
放送日:3月16日、4月13日
2016年・映画・カラー    監督:真利子哲也    脚本:真利子哲也/喜安浩平   
出演:柳楽優弥/菅田将暉/小松菜奈/村上虹郎/池松壮亮/北村匠海/三浦誠己/でんでん  

暴力への衝動に駆られ続ける男の狂気が、周囲にもたらす波紋を描く衝撃作。「イエローキッド」の真利子哲也監督が柳楽優弥を主演に迎えて贈る衝撃のバイオレンス・ドラマ。所構わず喧嘩をふっかける狂気の男と、そんな彼の危険なゲームに巻き込まれていく若者たちの運命が描かれる。主演の柳楽優弥が本作でキネマ旬報主演男優賞ほか国内の数々の賞を受賞、真利子監督もロカルノ国際映画祭最優秀新進監督賞を受賞するなど、国内外で高く評価された。

愛媛県松山市の小さな港町で暮らす将太(村上虹郎)は、ケンカに没頭し姿を消した兄・泰良(柳楽優弥)の消息を案じていた。流れ着いた松山市内で、屈強な者を見ては闘いを挑む泰良は、彼に惹かれた高校生の裕也(菅田将暉)と組むうちに暴力はゲーム性を帯び過激さを増す。

「ディストラクション・ベイビーズ<R-15>」(C)2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会
ホワイトリリー<R-15>
放送日:3月30日、4月6日
2015年・映画・カラー    監督:中田秀夫   脚本:加藤淳也/三宅隆太  
出演:飛鳥凛/山口香緒里/町井祥真/西川カナコ/三上市朗/鎌倉太郎  

数々の名作を生んだ日活ロマンポルノを、気鋭の映画監督5人を起用して現代に甦らせる“ロマンポルノ・リブート・プロジェクト”の1本。ロマンポルノの現場で鍛えた中田秀夫監督がレズビアンの世界をテーマに、2人の女の禁断の愛と葛藤の行方を官能的に綴る。

人気陶芸家・登紀子(山口香緒里)の自宅に住み込みで働く弟子のはるか(飛鳥凛)は、苦い過去から逃れるように男遊びに耽る登紀子を心配しつつ尊敬を超えた情愛を注ぎ慕っていた。ある日、登紀子が著名陶芸家の息子・悟(町井祥真)を弟子に招いたことで、はるかと登紀子の関係は大きく狂い始めるのだった。

「ホワイトリリー<R-15>」(C)2016日活
ディストラクション・ベイビーズ<R-15>
放送日:3月16日、4月13日
2016年・映画・カラー    監督:真利子哲也    脚本:真利子哲也/喜安浩平   
出演:柳楽優弥/菅田将暉/小松菜奈/村上虹郎/池松壮亮/北村匠海/三浦誠己/でんでん  

暴力への衝動に駆られ続ける男の狂気が、周囲にもたらす波紋を描く衝撃作。「イエローキッド」の真利子哲也監督が柳楽優弥を主演に迎えて贈る衝撃のバイオレンス・ドラマ。所構わず喧嘩をふっかける狂気の男と、そんな彼の危険なゲームに巻き込まれていく若者たちの運命が描かれる。主演の柳楽優弥が本作でキネマ旬報主演男優賞ほか国内の数々の賞を受賞、真利子監督もロカルノ国際映画祭最優秀新進監督賞を受賞するなど、国内外で高く評価された。

愛媛県松山市の小さな港町で暮らす将太(村上虹郎)は、ケンカに没頭し姿を消した兄・泰良(柳楽優弥)の消息を案じていた。流れ着いた松山市内で、屈強な者を見ては闘いを挑む泰良は、彼に惹かれた高校生の裕也(菅田将暉)と組むうちに暴力はゲーム性を帯び過激さを増す。

「ディストラクション・ベイビーズ<R-15>」(C)2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会