月イチ衝撃作

劇場公開時にスマッシュヒットを記録したスキャンダラスな近作を月に一回ずつ放送する“月イチ衝撃作”。毎週土曜深夜、月に一度しか観られない日本映画の衝撃作をお届け!

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
二十六夜待ち<R-15>
放送日:4月10日、5月8日
2017年・映画・カラー    原作:佐伯一麦   監督:越川道夫   脚本:越川道夫  
出演:井浦新/黒川芽以/山田真歩/諏訪太朗  

由美は、震災で何もかもを失い、今は福島県いわき市の叔母の工務店に一人身を寄せていた。心に傷を抱える由美は、少しは外に出なければと叔母に促されるように小さな飲み屋で働くようになる。店主の杉谷には謎めいたところがあった。彼は、記憶を失い、山の中で発見されたのだ。彼はどこの誰ともわからない。はっきりしているのは、“手”料理を覚えていることだけ。あたたかな人々に囲まれながらも、彼の心はいつも怯え、孤独を抱え込んでいたのだった。傷ついた魂を持つ杉谷と由美。ふたりは、やがてその心と体を寄り添い合わせるようになる。

「二十六夜待ち<R-15>」(C)佐伯一麦/『二十六夜待ち』製作委員会
凪待ち<PG-12>
放送日:4月13日、5月10日
2018年・映画・カラー    監督:白石和彌   脚本:加藤正人  
出演:香取慎吾/恒松祐里/西田尚美/吉澤健/音尾琢真/リリー・フランキー  

日々を無為に過ごしていた木野本郁男(香取慎吾)は、ギャンブルから足を洗い、恋人・亜弓(西田尚美)の故郷・石巻で人生をやり直す決意を固める。だが、亜弓の娘・美波(恒松祐里)から亜弓との結婚について尋ねられても、仕事もせずにぶらぶらしている自分の境遇を考えると、結婚を言い出すことのできない郁男。辿り着いた石巻には、末期がんに侵されながらも漁師として働く亜弓の父・勝美(吉澤健)が待っていた。亜弓の実家で勝美や美波と一緒に暮らすことになった郁男は、近所の小野寺(リリー・フランキー)とも親しくなる。仕事も見つかり、印刷会社で働き始めた郁男はある日、同僚に誘われ、競輪のノミ屋を訪れる。

「凪待ち<PG-12>」(C) 2018「凪待ち」フィルムパートナーズ
花芯<R-15>
放送日:4月3日、5月22日、5月24日
2016年・映画・カラー    原作:瀬戸内寂聴   監督:安藤尋   脚本:黒沢久子  
出演:村川絵梨/林遣都/安藤政信/藤本泉/落合モトキ/奥野瑛太/毬谷友子  

親が決めた許婚・雨宮(林遣都)と結婚した園子(村川絵梨)は息子も授かっていたが、夫に愛情を感じてはいなかった。ある日、雨宮が転勤となり、園子は京都に移り住む。そこで雨宮の上司・越智(安藤政信)と出会い、好きになった園子は、生まれて初めての恋に戸惑いながらも、次第に越智との関係にどっぷり浸かり、肉体の悦びに目覚めていく。

「花芯<R-15>」(C)2016「花芯」製作委員会
火口のふたり(R-15版)<R-15>
放送日:4月17日、4月25日、5月15日、5月26日
2019年・映画・カラー    原作:白石一文   監督:荒井晴彦   脚本:荒井晴彦  
出演:柄本佑/瀧内公美  

直子(瀧内公美)は挙式まであと10日となる中、故郷の秋田に帰省したかつての恋人・賢治(柄本佑)と数年ぶりに再会。新生活に向け片付けていた荷物から、直子は1冊のアルバムを取り出す。そこには、一糸纏わぬふたりの姿が写ったモノクロームの写真が収められていた。ただ欲望のままに生きていた青春の日々が蘇り、直子の婚約者が戻るまでの5日間、抗いがたい欲動に身を委ねていく。

「火口のふたり(R-15版)<R-15>」(C)2019「火口のふたり」製作委員会
完全なる飼育 etude<R-15>
放送日:5月10日、5月29日
2020年・映画・カラー    原作:松田美智子   監督:加藤卓哉   脚本:山本浩貴  
出演:月船さらら/市川知宏/金野美穂/竹中直人/永井すみれ/寺中寿之  

かつては演劇界の寵児だった演出家・彩乃。ここ数年は観客動員が伸び悩み、とことん追い込む演出が俳優から敬遠されている。舞台「完全なる飼育」の公演を2日後に控え、主演俳優が降板。代役も決まらず、彩乃が公演を諦め劇場を後にしようとした時、一人の青年・蒼が駆け込んでくる。オーディションを受けさせてほしいと懇願する蒼に、彩乃は“飼育”するように過酷な稽古を始めるが、やがて、その立場は逆転していく。

「完全なる飼育 etude<R-15>」(C) SEDIC INTERNATIONAL, SEDIC-DILON
二十六夜待ち<R-15>
放送日:4月10日、5月8日
2017年・映画・カラー    原作:佐伯一麦   監督:越川道夫   脚本:越川道夫  
出演:井浦新/黒川芽以/山田真歩/諏訪太朗  

由美は、震災で何もかもを失い、今は福島県いわき市の叔母の工務店に一人身を寄せていた。心に傷を抱える由美は、少しは外に出なければと叔母に促されるように小さな飲み屋で働くようになる。店主の杉谷には謎めいたところがあった。彼は、記憶を失い、山の中で発見されたのだ。彼はどこの誰ともわからない。はっきりしているのは、“手”料理を覚えていることだけ。あたたかな人々に囲まれながらも、彼の心はいつも怯え、孤独を抱え込んでいたのだった。傷ついた魂を持つ杉谷と由美。ふたりは、やがてその心と体を寄り添い合わせるようになる。

「二十六夜待ち<R-15>」(C)佐伯一麦/『二十六夜待ち』製作委員会
花芯<R-15>
放送日:4月3日、5月22日、5月24日
2016年・映画・カラー    原作:瀬戸内寂聴   監督:安藤尋   脚本:黒沢久子  
出演:村川絵梨/林遣都/安藤政信/藤本泉/落合モトキ/奥野瑛太/毬谷友子  

親が決めた許婚・雨宮(林遣都)と結婚した園子(村川絵梨)は息子も授かっていたが、夫に愛情を感じてはいなかった。ある日、雨宮が転勤となり、園子は京都に移り住む。そこで雨宮の上司・越智(安藤政信)と出会い、好きになった園子は、生まれて初めての恋に戸惑いながらも、次第に越智との関係にどっぷり浸かり、肉体の悦びに目覚めていく。

「花芯<R-15>」(C)2016「花芯」製作委員会
火口のふたり(R-15版)<R-15>
放送日:4月17日、4月25日、5月15日、5月26日
2019年・映画・カラー    原作:白石一文   監督:荒井晴彦   脚本:荒井晴彦  
出演:柄本佑/瀧内公美  

直子(瀧内公美)は挙式まであと10日となる中、故郷の秋田に帰省したかつての恋人・賢治(柄本佑)と数年ぶりに再会。新生活に向け片付けていた荷物から、直子は1冊のアルバムを取り出す。そこには、一糸纏わぬふたりの姿が写ったモノクロームの写真が収められていた。ただ欲望のままに生きていた青春の日々が蘇り、直子の婚約者が戻るまでの5日間、抗いがたい欲動に身を委ねていく。

「火口のふたり(R-15版)<R-15>」(C)2019「火口のふたり」製作委員会