おとなのサスペンス劇場

一度見はじめたら目が離せない、スリリングなサスペンスの数々を平日の日中に連続放送。おとなを満足させる厳選作品をお届けします。

毎週月曜は松本清張作品を放送中。
7月は小日向文世が警察内部の不正を取り締まる監察官を演じる「嫌われ監察官 音無一六」シリーズのスペシャル版ほかを放送。
8月は十朱幸代主演のサスペンスミステリー「芸者小春姐さん奮闘記」シリーズほかを放送。

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
湯けむりドクター 華岡万里子の温泉事件簿(主演・かたせ梨乃)
放送日:7月4日
2005年・カラー    監督:村田忍   脚本:野口ゆかり  
出演: かたせ梨乃、星由里子、三林京子、寺門ジモン、遠藤憲一、佐々木すみ江、松澤一之、石立鉄男  

湯治宿『桃源』の露天風呂で、移動販売業の村人・佐々木昭三(石立鉄男)の遺体が見つかる。解剖の結果、死因は溺死。両腕に誰かと争った跡とみられる擦り傷があった。前科のある従業員の赤木吾郎(遠藤憲一)が疑われるが、女将の津村節子(星由里子)は赤木を庇う。温泉療法医として『桃源』に勤める華岡万里子(かたせ梨乃)は、ある不審な情報を知る。

湯けむりドクター 華岡万里子の温泉事件簿2(主演・かたせ梨乃)
放送日:7月5日
2006年・カラー    監督:水谷俊之   脚本:野口ゆかり  
出演:かたせ梨乃、藤真利子、宇津宮雅代、三林京子、寺門ジモン、山崎銀之丞、渡辺哲、西川忠志  

温泉療法医・華岡万里子(かたせ梨乃)の娘・芽衣(尾崎千瑛)は、友達と山奥に「やまんば」を見に出かけ、姿を消す。しかし怪我をした芽衣を助けたのは、「やまんば」こと島田早苗(藤真利子)だった。翌日、芽衣は父親の形見の懐中時計を落として来たことに気づくき山へ時計を探しに行くが…。

湯けむりドクター 華岡万里子の温泉事件簿3(主演・かたせ梨乃)
放送日:7月6日
2007年・カラー    監督:水谷俊之   脚本:野口ゆかり  
出演:かたせ梨乃、三林京子、馬渕晴子、山本圭、藤谷美紀、寺門ジモン、尾崎千瑛、阿知波悟美、渡辺哲、林泰文  

温泉療法医・華岡万里子(かたせ梨乃)が難事件を解決するシリーズ第3弾。村の温泉宿「雲水館」の跡取り息子・孝志(林泰文)が婚約者の朝美(藤谷美紀)を連れて帰郷。翌日挙式が執り行われるが、孝志の母・千鶴子(馬渕晴子)は、突然式を延期すると言い出す。どうやら、孝志と朝美が勤務していた会社の上司・西野(伊藤洋三郎)が殺害されたことに関係があるようだった。

湯けむりドクター 華岡万里子の温泉事件簿4(主演・かたせ梨乃)
放送日:7月7日
2008年・カラー    監督:水谷俊之   脚本:野口ゆかり  
出演:かたせ梨乃、三林京子、松原智恵子、丘みつ子、渡辺哲、寺門ジモン、宮本真希、池内万作  

温泉療法医・華岡万里子が難事件を解決するシリーズ第4弾。村の温泉宿『つじむら』の宿泊客・川嶋が何者かに殺害され、風呂場で発見された。部屋には荒らされた跡が。さらに、川嶋が殺害された日から、仲居の恵理子と宿泊客の山伏が行方不明なことが判明。すべては、村の「天狗祭り」当日に起きていることから、山から下りてきた天狗が神隠しをしたのではと囁かれるが…。

湯けむりドクター 華岡万里子の温泉事件簿5(主演・かたせ梨乃)
放送日:7月11日
2011年・カラー    監督:水谷俊之   脚本:野口ゆかり  
出演:かたせ梨乃、三林京子、原千晶、鳥羽潤、中本賢、清水紘治、野村宏伸、渡辺哲  

医師・華岡万里子(かたせ梨乃)の診療所がある信州の山村で、ダム建設の話が持ち上がる。計画を知った林業会社社長・森宮(鳥羽潤)は、工事下見のため村を訪れていた建設会社社長・黒沢(清水紘治)に対し、「山の報いを必ず受けることになる」と怒りをあらわにする。その黒沢と、ダム建設に賛成していた温泉旅館の主人・清水(伊東孝明)が何者かに殺害されてしまい…。

湯けむりドクター 華岡万里子の温泉事件簿6(主演・かたせ梨乃)
放送日:7月12日
2012年・カラー    監督:水谷俊之   脚本:吉川次郎  
出演:かたせ梨乃、三林京子、渡辺哲、淡路恵子、国広富之、米倉斉加年、石井愃一、三波豊和、湯江健幸、大高洋夫  

山村の診療所で医師を務めている華岡万里子(かたせ梨乃)は、一人娘の芽衣(尾崎千瑛)と暮らしながら村人たちの診療に携わる日々を送っている。折しも、村では村長選の真っ只中。現職の志村仙吉(石井愃一)と、新人の升川以蔵(大高洋夫)の一騎打ちが展開されていた。ある日、万里子が芽衣と看護師の青田富士子(三林京子)とともに、かつて実際に「姨捨て」が行われていたという山で山菜採りに興じていると、山奥のお堂の中で倒れている老女(淡路恵子)を発見する。

湯けむりドクター 華岡万里子の温泉事件簿7(主演・かたせ梨乃)
放送日:7月13日
2013年・カラー    監督:水谷俊之   脚本: 吉川次郎  
出演:かたせ梨乃、三林京子、渡辺哲、平泉成、野村真美、川野太郎、螢雪次朗  

信州奥信濃にある温泉地の渓谷で、男性の遺体が発見された。現場は常に高濃度の硫化水素が溜まっていて、うかつに立ち入ると即死の可能性がある危険な場所。そのため当初は、男性が誤って渓谷に転落し、硫化水素中毒で亡くなったと考えられたが、検死を担当した地元診療所の医師・華岡万里子(かたせ梨乃)は、遺体の状態から、男性はどこか別の場所で殺害された後、死因を偽装するためにここに運ばれたと推測する。

京都殺人案内17(主演・藤田まこと)
放送日:7月1日
1992年・カラー    原作:和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本: 保利吉紀  
出演:藤田まこと、萬田久子、三浦浩一、宮下順子、遠藤太津朗  

音川刑事(藤田まこと)の娘・洋子の挙式の日が迫り、仲人を頼まれた秋山課長は挙式の日に備えてスピーチの練習に余念がない。その秋山のところへ、鈴木道生と名乗る男が訪ねてきた。3ヶ月程前から、鈴木の妻・那美江に夜二十時十八分になると、耳元に死神が死への誘惑を囁きかけると言うのだった…。

※放送当時のシリーズ第2作(「呪われた婚約」)が原版不明のため、続き番号が1話ずつずれております。本作は当時の第18作です。あらかじめご了承をお願いします。

「京都殺人案内17(主演・藤田まこと)」(C)松竹
京都殺人案内18(主演・藤田まこと)
放送日:7月1日
1993年・カラー    原作:(原案)和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:保利吉紀  
出演:藤田まこと、黒沢年男、萬田久子、麻丘めぐみ、遠藤太津朗、織本順吉  

京都洛北に山荘「イーハトーブ」を構える人気作家・若杉が襲われ、重傷を負った。駆け付けた京都府警の音川刑事(藤田まこと)らに、犯人の似顔絵を渡す若杉。彼は犯人に心当たりがないという。その夜、音川は美人女将・早苗の店で、東北出身の野島と一緒になった。翌日、鞍馬川の川岸で、スナックのマスター立河の刺殺死体が発見される。

※放送当時のシリーズ第2作(「呪われた婚約」)が原版不明のため、続き番号が1話ずつずれております。本作は当時の第19作です。あらかじめご了承をお願いします。

「京都殺人案内18(主演・藤田まこと)」(C)松竹
京都殺人案内19(主演・藤田まこと)
放送日:7月8日
1994年・カラー    原作:(原案)和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:保利吉紀  
出演:藤田まこと、萬田久子、佐藤慶、遠藤太津朗、杉本哲太、南條玲子、麻丘めぐみ  

京都の美山町で児童誘拐事件が発生。犯人からは3千万円の要求があった。何十年振りかの小学校の同窓会に出席していた音川(藤田まこと)は、事件の被害者宅に向かったが、そこで意外な人物に会うことになる。

※放送当時のシリーズ第2作(「呪われた婚約」)が原版不明のため、続き番号が1話ずつずれております。本作は当時の第20作です。あらかじめご了承をお願いします。

「京都殺人案内19(主演・藤田まこと)」(C)松竹
京都殺人案内20(主演・藤田まこと)
放送日:7月8日
1995年・カラー    原作:(原案)和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本: 保利吉紀  
出演:藤田まこと、萬田久子、火野正平、遠藤太津朗、七瀬なつみ、小畠絹子、河原崎建三  

京都・円山公園内の崖下で、中年男性が頭から血を流し、胸をナイフで刺されて死んでいるのが発見された。男の名は石沢悟、東京のフリーカメラマンで仲間の滝田五郎と一緒に京都にやってきていたのだ。京都府警の音川は、石沢の宿泊先のホテルに残されていたフィルムを現像して、石沢が盗撮していた人物の顔を見て驚いた…。

※放送当時のシリーズ第2作(「呪われた婚約」)が原版不明のため、続き番号が1話ずつずれております。本作は当時の第21作です。あらかじめご了承をお願いします。

「京都殺人案内20(主演・藤田まこと)」(C)松竹
京都殺人案内21(主演・藤田まこと)
放送日:7月15日
1996年・カラー    原作:(原案)和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:保利吉紀  
出演:藤田まこと、萬田久子、近藤正臣、遠藤太津朗、酒井和歌子  

京都の郊外、京見峠で中年男性の刺殺死体が発見された。被害者は不動産会社社長の富田。富田が通っていたクラブのママ・節子(酒井和歌子)は、最近資金繰りに困っていた富田に5000万円の融資があったはずだという。だが取引銀行には5000万円の入金はなく、富田の弟・幸夫も金の行方を追っていた。

※放送当時のシリーズ第2作(「呪われた婚約」)が原版不明のため、続き番号が1話ずつずれております。本作は当時の第22作です。あらかじめご了承をお願いします。

「京都殺人案内21(主演・藤田まこと)」(C)松竹
京都殺人案内22(主演・藤田まこと)
放送日:7月15日
2000年・カラー    原作:(原案)和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:保利吉紀  
出演:藤田まこと、萬田久子、萩尾みどり、村野武範、速水けんたろう、遠藤太津朗  

工事現場で働く高木がラブホテルで殺された。犯人は逃亡した連れの若い女性と考えられたが、その後彼女の死体も発見される。続いて、高木の同僚、矢島の水死体が見つかるが、捜査は進展しない。

※放送当時のシリーズ第2作(「呪われた婚約」)が原版不明のため、続き番号が1話ずつずれております。本作は当時の第23作です。あらかじめご了承をお願いします。

「京都殺人案内22(主演・藤田まこと)」(C)松竹
京都殺人案内23(主演・藤田まこと)
放送日:7月22日
2001年・カラー    原作: (原案)和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本: 田村惠、土屋保文  
出演:藤田まこと、萬田久子、渡辺美佐子、大谷直子、奥村公延、遠藤太津朗  

京都で恐喝の前科のある大神の死体が発見された。音川(藤田まこと)は、大神が「高木俊也」の名刺と料亭「たちばな」の領収書を所持していたことから女将の智恵子を訪ねる。そんな中、大神の車が島根県で発見される。

※放送当時のシリーズ第24作(「呪われた婚約」)が原版不明のため、続き番号が1話ずつずれております。本作は当時の第4作です。あらかじめご了承をお願いします。

「京都殺人案内23(主演・藤田まこと)」(C)松竹
京都殺人案内24(主演・藤田まこと)
放送日:7月22日
2002年・カラー    原作:和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:田村惠  
出演: 藤田まこと、萬田久子、夏八木勲、小松みゆき、あき竹城、鈴木史朗、遠藤太津朗、平淑恵、宇津宮雅代  

京都府警の音川音次郎(藤田まこと)が殺人現場に出くわした。被害者は風俗店店長の大学生。北海道から被害者の父、鎌田一郎(夏八木勲)が駆けつける。警察に対し不信感を抱く彼は音川らに非協力的な態度をとり、息子が働いていた風俗店を訪問するが…。

※放送当時のシリーズ第2作(「呪われた婚約」)が原版不明のため、続き番号が1話ずつずれております。本作は当時の第25作です。あらかじめご了承をお願いします。

「京都殺人案内24(主演・藤田まこと)」(C)松竹
京都殺人案内25(主演・藤田まこと)
放送日:7月29日
2003年・カラー    原作:和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:田村惠  
出演:藤田まこと、中野良子、寺田農、萬田久子、遠藤太津朗、大出俊、平淑恵  

本間芙美子(中野良子)と名乗る女性から奇妙な電話を受けた音川刑事(藤田まこと)。次期選挙に出馬を予定している元大学教授の葛西登(寺田農)は人殺しだ、と伝えられる。その電話の内容を誰も信じようとしないが、音川は自費で調査を開始。訪れた宮島で16年前、20才の女性が殺害された事件に葛西が関わっているかもしれないことを知るが…。

※放送当時のシリーズ第2作(「呪われた婚約」)が原版不明のため、続き番号が1話ずつずれております。本作は当時の第26作です。あらかじめご了承をお願いします。

「京都殺人案内25(主演・藤田まこと)」(C)松竹
京都殺人案内26(主演・藤田まこと)
放送日:7月29日
2004年・カラー    原作:和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:田村惠  
出演: 藤田まこと、栗原小巻、萬田久子、遠藤太津朗、平淑恵  

警察官の和田(緒形幹太)が何者かに刺されて重傷を負った。現場近くから、不動産業と金融業を営む広瀬の死体が発見された。しかも犯人は和田の拳銃を奪って逃走していた。京都府警の刑事、音川(藤田まこと)は捜査を開始する。

※放送当時のシリーズ第2作(「呪われた婚約」)が原版不明のため、続き番号が1話ずつずれております。本作は当時の第27作です。あらかじめご了承をお願いします。

「京都殺人案内26(主演・藤田まこと)」(C)松竹
取調室16(主演・いかりや長介)
放送日:7月4日
2002年・カラー    原作: 笹沢左保(「暗鬼の旅路」より)   監督:田中登   脚本:那須真知子  
出演: いかりや長介、田中健、草笛光子、井川比佐志、渡辺哲、米倉斉加年、藤田弓子、有森也実、斉藤陽一郎、上田耕一  

佐賀市内にある旅館の離れの一室で男の他殺死体がみつかった。被害者は市内で金融業を営む常連客の矢崎幸之介(久保晶)。現場には割れた高級ワインのビンが散乱していたものの場所が離れだったため、事件の目撃者はいない。しかし、矢崎の娘・久美子(佐藤直子)の話からすぐに容疑者が浮上した。汐見ユカ(草笛光子)…自ら会社を起こし120人もの従業員を抱えるまでに育て上げた汐見製作所の女社長である。捜査二課の報告によると、ユカは現在証券取引法違反の疑いで取調べを受けている最中。実は、3ヵ月前、ユカが雇った三津田(米倉斉加年)という男が画期的な発明を新聞発表。この新発明の真偽をめぐって株価が乱高下した。ユカは緊急株主総会で三津田に説明させようとしたが、三津田はその当日に失踪。多額の融資をして矢崎は、この金の即時返却とユカの退陣を要求していたのだ。

「取調室16(主演・いかりや長介)」(C)AXON
取調室17(主演・いかりや長介)
放送日:7月5日
2002年・カラー    原作:笹沢左保   監督:鷹森立一   脚本: いずみ玲  
出演:いかりや長介、田中健、池内淳子、高橋かおり、藤田弓子、有森也実、渡辺哲、斉藤陽一郎、長谷川朝晴(ジョビジョバ)、深水三章  

佐賀県の鹿島市で医療機器メーカーに勤める熊沢孝之(長谷川朝晴)の刺殺死体が見つかった。熊沢は3年前に、元看護師のゆかり(高橋かおり)と結婚。2人の仲睦まじい姿はしばしば目撃された。現場付近で目撃された車を元に調べた捜査陣は、まもなく長崎県島原市内で児童福祉施設の園長をしている小宮山麻美(池内淳子)という女にたどりついた。調査によると、7年前、熊沢と同棲していた麻美の一人娘・美菜子(まきこ)がマンションのベランダから転落死しており、事件への関与は十分考えられた。熊沢からゆかりに掛かった電話を基に事件発生時刻を特定した捜査陣は、直ちに麻美を追及する。これに対し、麻美は、施設の不動産に関するトラブルで激しく対立していた通販会社の社長・森川康介(勝部演之)に会っていた、とアリバイを主張。だが、捜査陣は、麻美の車の中から検出した血痕がDNA鑑定で熊沢のものと特定されたこと、またそのアリバイに1時間の空白があったことから、麻美の逮捕に踏み切った。麻美の取り調べを担当した水木は、すぐにDV(ドメスティック・バイオレンス)のことを質した。実は、ゆかりの事情聴取をした際、その体にアザがあるのを見つけた水木は、美菜子も時々ひどいアザを作っていたとの報告を受けていたのだ。

「取調室17(主演・いかりや長介)」(C)AXON
取調室18(主演・いかりや長介)
放送日:7月6日
2002年・カラー    原作:笹沢左保   監督:鷹森立一   脚本: いずみ玲  
出演: いかりや長介、三田佳子、加藤治子、佐野浅夫、藤田弓子、有森也実、田中健、渡辺哲、斉藤陽一郎  

佐賀県内の山中で車の転落炎上事故が発生。車内で見つかった男の後頭部に鈍器で殴られた陥没痕があったことから、警察は他殺と断定。被害者は、佐賀市内の陶器販売会社社長・早見幹也。握りしめた手の中からは、一粒の真珠が発見された。幹也の家族は、妻の照子(木村翠)と親代わりとなって育てた姪で栄養士の遥子(三田佳子)の2人。捜査陣は目撃証言等から遥子の逮捕を決定。水木(いかりや長介)がその取り調べを担当することになった。

「取調室18(主演・いかりや長介)」(C)AXON
取調室19(主演・いかりや長介)
放送日:7月7日
2003年・カラー    原作:笹沢 左保   監督:鷹森立一   脚本:いずみ玲  
出演:いかりや長介、未來貴子、いしのようこ、宅麻伸、高橋一生、沖直未、田中健、渡辺哲、斉藤陽一郎  

唐津の高級住宅地で水産加工会社の女社長・八坂多美子(未來貴子)の他殺死体が見つかった。捜査を開始した佐賀県警の警部補・水木正一郎(いかりや長介)らは、アリバイ工作をした多美子の夫で入婿の新太郎(宅麻伸)を逮捕するが、犯行を否認し、取り調べにも反発。そんな中、新太郎の逮捕の後、現場から消えていた多美子の銀行カードが何者かに使われたことが判明し、事件が強盗殺人だった可能性が出てくるが…。

「取調室19(主演・いかりや長介)」(C)AXON
うさぎと亀 桜の樹の下で(主演・市原悦子)
放送日:7月12日
2003年・カラー    監督:雨宮望   脚本:石原武龍  
出演:市原悦子/淡路恵子/金久美子/萩原流行/松澤一之/あめくみちこ/大和田伸也  

小学校の給食部職員・愛川千代(市原悦子)は、人員削減の指示が伝わったことから、同僚で幼なじみの森島多恵(淡路恵子)に仕事を譲って辞め、仕事探しを始める。だが、学歴も資格もなく、64歳になる千代に仕事は見つからない。身寄りのない千代は困り果てる。そんな中、河川敷で焼死体が見つかり、遺留品などから、リストラされて求職中だった多恵の娘婿・大場文彦(萩原流行)の可能性が強まり…。

「うさぎと亀 桜の樹の下で(主演・市原悦子)」(C)NTV
うさぎと亀2 川の流れのように(主演・市原悦子)
放送日:7月13日
2004年・カラー    監督:(演出)雨宮望    脚本:石原武龍  
出演:市原悦子/草笛光子/戸田恵子/李麗仙  

小学校のパート給食師をしている愛川千代(市原悦子)が通っているちぎり絵教室の生徒で、一人暮らしの盛田宏子(李麗仙)が他殺体が見つかる。宏子は陰で高利貸しをしていたとのこと。千代は、宏子と共に仲が良かった同僚の調理員・菊池亜希子(戸田恵子)の叔母の花井房枝(草笛光子)から話を聞くが、事件に繋がる話は聞けなかった。そんな中、亜希子の家と宏子との間に金にまつわるトラブルがあったと分かり―。

「うさぎと亀2 川の流れのように(主演・市原悦子)」(C)NTV
雨やどりの恋~うさぎと亀より~(主演・市原悦子)
放送日:7月14日
2006年・カラー    監督:(演出)雨宮望   脚本:石原武龍   
出演:市原悦子/忌野清志郎/羽田美智子/小西美帆/宮川一朗太/相本久美子  

私立の小学校の給食師をしている愛川千代(市原悦子)は、家の前の軒先で雨宿りをしている男がケガをしていると気付き、家に上げて手当てをする。人相の悪い借金取りに追いかけられているらしい男の名は、平田紀彦(忌野清志郎)。千代は、この平田を匿ってあげるうち、次第に淡い恋心を抱くようになる。だが、平田を追いかけている女・三宅奈々(小西美帆)の話から、その正体が明らかになる。以前、小さな証券会社の社長をしていた平田は、自分が儲けるために、多くの客を詐欺のような手口で騙したらしいのだった…。

「雨やどりの恋~うさぎと亀より~(主演・市原悦子)」(C)NTV
京女刑事・真行寺メイ1 死蛍(しぼたる)(主演・富田靖子)
放送日:7月19日
2003年・カラー    原作: 浅黄斑「死蛍」   監督:黒沢直輔   脚本: 柏原寛司  
出演: 富田靖子、床嶋佳子、蟹江敬三、石倉三郎、矢島健一、飯星景子、松澤一之  

群馬県高崎市にある八雲クリスタルの社長・八雲弘之(武野功雄)が誘拐された。犯人は、妻の紗織(床嶋佳子)に身代金1億円を要求し、弘之を監禁したビデオテープを送りつけてきた。数日後、ゲンジボタルの生息地として有名な京都の清滝渓谷で、男の変死体が発見される。現場に駆けつけた嵯峨野署の女刑事・真行寺明(メイ)(富田靖子)は、死体が流れついた場所の上流に廃屋を見つける。

京女刑事・真行寺メイ2 絹の道・殺人事件(主演・富田靖子)
放送日:7月20日
2005年・カラー    原作:浅黄斑   監督:黒沢直輔   脚本:よしだあつこ  
出演: 富田靖子、蟹江敬三、藤真利子、石倉三郎、平田満、松澤一之  

京都府嵯峨野署の女刑事・真行寺明(メイ)(富田靖子)が事件解決に奔走するサスペンスドラマ。京都府警嵯峨野署の女刑事・真行寺明(メイ)(富田靖子)は、人気着物ブランドのオーナー・藤川泉美(藤真利子)からストーカー被害の相談を受ける。その男は泉美の夫・喜多川芳治を殺した犯人、宮崎政義(平田満)だという。やがて泉美の周辺で次々と殺人事件が起きる。すべての事件は喜多川殺害事件へと繋がり、やがて恐るべき企みが明らかになる…。

嫌われ監察官 音無一六スペシャル(主演・小日向文世)
放送日:7月20日
2017年・カラー    原作:(原案)酒井直行   監督:倉貫健二郎   脚本: 吉本昌弘  
出演:小日向文世、室井滋、田中美佐子、小野武彦、中越典子、佐戸井けん太、山崎銀之丞  

小日向文世主演の人気シリーズ!監察官の毒殺事件が発生。その直後に届いた一通の告発文が意味するものとは…?監察官・音無一六が“深読み力”で事件の真実を突き止める!とあるマンションで監察官の毒殺体が発見される。左頬に『悪』の烙印があり、ワンピースの女装姿という異様な状態で…。監察官の音無一六(小日向文世)は捜査を監察すべく西調布署の刑事・三条渚(中越典子)らに同行する。

「嫌われ監察官 音無一六スペシャル(主演・小日向文世)」(C)テレビ東京
産婦人科医・南雲綾子1(主演・十朱幸代)
放送日:7月21日
2003年・カラー    監督:田中登   脚本: 井沢満  
出演:十朱幸代、荻野目慶子、いしのようこ、大沢樹生、新藤栄作、鈴木ヒロミツ、馬渕 晴子、赤木春恵  

産婦人科医・南雲綾子(十朱幸代)に子宮と卵巣の摘出を勧められた患者・迫田有紀(荻野目慶子)の夫・迫田正彦(新藤栄作)が何者かに刺殺された。これを聞いた迫田の愛人で妊娠中の小幡ゆかり(いしのようこ)は、ショックで綾子のクリニックに緊急入院。院内は、迫田を巡って敵対する2人の女が火花を散らすことに。警察は凶器から、ゆかりの弟・真治(大沢樹生)に目を付けるが…。

「産婦人科医・南雲綾子1(主演・十朱幸代)」(C)AX-ON
産婦人科医・南雲綾子2(主演・十朱幸代)
放送日:7月25日
2003年・カラー    監督:出目昌伸   脚本:野口ゆかり  
出演:十朱幸代、宮崎美子、東ちづる、さとう珠緒、清水由貴子、高橋克実、鈴木ヒロミツ、赤木春恵  

腹痛で搬送されてきた臨月間近の秋元珠代(清水由貴子)の処置をし終えた綾子(十朱幸代)は、見舞いにやってきた2人の女、折原佐和子(宮崎美子)と鴨居響子(東ちづる)がそれぞれ、以前、自分の患者だったことに気付いた。3人はかつてのOL仲間で、共に43歳。珠代はすでに2児の母であったが、残りの2人に子供はいなかった。

「産婦人科医・南雲綾子2(主演・十朱幸代)」(C)AX-ON
産婦人科医・南雲綾子3(主演・十朱幸代)
放送日:7月26日
2004年・カラー    監督:淡野健   脚本: 野口ゆかり  
出演:十朱幸代、池上季実子、山田まりや、大沢健、天宮良、井上晴美、鈴木ヒロミツ、大場久美子、田中健、赤木春恵  

南雲綾子(十朱幸代)の大学の後輩で総合病院の産婦人科医をしている藤沢清美(池上季実子)の一人娘・詩織(山田まりや)が妊娠。綾子は、詩織の恋人・吉崎要(大沢健)とも顔見知りだっただけに笑顔を見せる。そんな中、清美の病院の元看護婦が殺害され、吉崎が容疑者に…。吉崎が黙秘をしたことから、警察は取り調べを強化。綾子は、詩織の卵巣に悪性腫瘍があると判明したこともあり、苦悩する…。

「産婦人科医・南雲綾子3(主演・十朱幸代)」(C)AX-ON
産婦人科医・南雲綾子4(主演・十朱幸代)
放送日:7月27日
2004年・カラー    監督:出目昌伸   脚本:大石哲也  
出演:十朱幸代、有森也実、深沢邦之、中島ひろ子、赤木春恵、南田洋子、鈴木ヒロミツ、本田博太郎、吉行和子  

南雲綾子(十朱幸代)の病院で、臨月間近の加藤由美(有森也実)と夫・祐介(深沢邦之)をめぐって騒ぎが起きる。元不倫相手・中島玲子(中島ひろ子)が騒ぎの主。その夜、玲子が転落死体で見つかる。

「産婦人科医・南雲綾子4(主演・十朱幸代)」(C)AX-ON
産婦人科医・南雲綾子5(主演・十朱幸代)
放送日:7月28日
2006年・カラー    監督:柿沼竹生   脚本:大石哲也  
出演: 十朱幸代、古手川祐子、前田愛、永島敏行、萩原流行、春やすこ、米倉斎加年、鈴木ヒロミツ、赤木春  

新宿歌舞伎町の産婦人科医・南雲綾子に、一人の女性・井坂冬子が妊娠を告げられた。彼女は45歳で、南雲レディスクリニックで更年期障害の治療中である。23年前、友禅職人である夫と離婚し、その夫との間に新宿の伝統工芸・手描き友禅の職人として働く娘・千春がいる。そんな彼女が恋をし、妊娠が明らかになったのだ。相手の男性は、友禅職人で娘の師匠でもある木戸毅。しかも、娘はその師匠を密かに恋していた。

「産婦人科医・南雲綾子5(主演・十朱幸代)」(C)AX-ON
松本清張スペシャル 霧の旗(主演・市川海老蔵)
放送日:7月14日
2010年・カラー    原作:松本清張   監督:重光亨彦   脚本:中園健司  
出演: 市川海老蔵、相武紗季、戸田菜穂、津川雅彦、中井貴一、東貴博、中澤裕子、カンニング竹山、山下真司  

主人公・大塚欽也(市川海老蔵)は、立て続けに冤罪事件で勝利している若き敏腕弁護士。この主人公が、若く貧しい地方在住の女・柳田桐子(相武紗季)から、強盗殺人の犯人として逮捕された兄を助けて欲しいと何度も懇願される。多忙な主人公は、弁護を断わり、無期懲役の判決を受けた依頼人の兄は、控訴審中に獄死する。やがて、上京し銀座のクラブのホステスとなった桐子は、薄幸の素朴な女から美しく妖艶な女へと変貌し、ある決意を秘めて欽也に近づく…。

「松本清張スペシャル 霧の旗(主演・市川海老蔵)」(C)NTV
松本清張スペシャル 書道教授(主演・船越英一郎)
放送日:7月28日
2010年・カラー    原作:松本清張   監督:山田大樹   脚本:ジェームス三木  
出演: 船越英一郎、杉本彩、賀来千香子、野川由美子、荻野目慶子、岡本麗、大場久美子、手塚理美、的場浩司、嶋田久作  

火遊びが過ぎた一人の中年男に降りかかった悲劇を描く。主人公は、妻・保子(賀来千香子)とごく普通の夫婦生活を送っている銀行員・川上克次(船越英一郎)。陰では、ホステス・神谷文子(荻野目慶子)を愛人にし、愛欲の蟻地獄から抜け出せずにいた。この主人公が、書道教室の女性教授・勝村久子(杉本彩)の書に心打たれて弟子になり、個人指導を受けるため教授の元に通ううち、屋敷内に漂う奇妙な雰囲気に気づく。未亡人の書道教授は、お手伝いと二人暮らし。しかし、屋敷内では、どこからともなく微かに女の話し声が聞こえてくる。やがて、殺人事件が発生…。

「松本清張スペシャル 書道教授(主演・船越英一郎)」(C)NTV
松本清張の犯罪広告(主演・檀ふみ)
放送日:7月11日
1979年・カラー    原作:松本清張「犯罪広告」   監督:水川淳三   脚本: 吉田剛  
出演:檀ふみ、田村亮、南原宏治、多々良純、小倉 一郎、渡辺篤史  

16年前に起きた殺人事件で、殺された女の息子が小さな地域社会のボスを告発する復讐劇。八年も町を出ていた甚吉が帰ってきた。甚吉は町中のポストに奇妙な“犯罪広告”を張って回っていた。そのビラは殺人告発書だった。十六年前に男と駆け落ちしたと言われていた甚吉の母の殺人事件。甚吉は義父・源作こそ犯人ときめつけるが…。

「松本清張の犯罪広告(主演・檀ふみ)」(C)松竹
松本清張の駆ける男(主演・浜木綿子)
放送日:7月8日
1980年・カラー    原作:松本清張   監督: 水川淳三 監修:野村芳太郎   脚本:池田雄一  
出演: 浜木綿子、田中明夫、山城新伍、松橋登、長谷直美、日高澄子、常田富士男  

土地成金の老人が若い後妻と食事した後に急死。幽霊のような女の姿を見て脱兎のごとく走り出し、そのまま心臓麻痺で死亡したのだった…。

「松本清張の駆ける男(主演・浜木綿子)」(C)松竹
松本清張 球形の荒野(主演・若村麻由美)
放送日:7月27日
1992年・カラー    原作:松本清張   脚本:野上龍雄  
出演:若村麻由美/田中実/河内桃子/勝野洋/浅田美代子/大出俊/津村鷹志  

節子(浅田美代子)は奈良・唐招提寺の芳名帳に名前は違うが亡き叔父・顕一郎にそっくりの筆跡を見かけた。顕一郎は死亡しているはずと気になった節子は、顕一郎の娘・久美子(若村麻由美)に知らせる。久美子の恋人で新聞記者の彰一(田中実)は興味を抱き、外交官だった頃の顕一郎を調べ始める。だが、当時の公使館員はみな顕一郎の死について語りたがらない。そんな折、世田谷で奈良の雑貨商が絞殺死体で見つかる。

「松本清張 球形の荒野(主演・若村麻由美)」(C)日本映画放送
松本清張スペシャル 共犯者(主演・賀来千香子)
放送日:7月26日
2006年・カラー    原作: 松本清張   監督:上川伸廣   脚本:西荻弓絵、大河明日香  
出演: 賀来千香子、室井滋、とよた真帆、加藤治子、細川茂樹、浅見れいな、佐野史郎、小橋賢児、あいはら友子  

日本食レストラン「TAKUMI」のチェーン展開に成功した女性社長・内堀江梨子(賀来千香子)は、IT業界の革命児といわれる会社社長・倭 誠一(佐野史郎)との会食が「親密デート」としてマスコミに報道されたと知り、思わず顔をくもらせた。実は、江梨子には誰にも明かせないある過去があった。この騒ぎで過去が暴かれることを、江梨子は心底恐れていたのだ。

「松本清張スペシャル 共犯者(主演・賀来千香子)」(C)NTV
松本清張スペシャル 地方紙を買う女(主演・内田有紀)
放送日:7月21日
2007年・カラー    原作: 松本清張   監督: 雨宮望   脚本:橋本綾  
出演:内田有紀、秋野暢子、高嶋政伸、左時枝、国分佐智子、あめくみちこ、千原ジュニア、温水洋一  

完全犯罪をたくらむ女性と、それを暴こうとする作家の心理を描くミステリー。東京に住む芳子(内田有紀)は、宮城県の山中で不倫カップル(千原ジュニア、国分佐智子)を心中に見せかけて殺害。帰京後、その後の捜査状況が気になった芳子は、地方紙「仙台新報」を定期購読する。営業担当に購読理由を聞かれた芳子は、とっさに連載小説のファンだと答えるが…。

「松本清張スペシャル 地方紙を買う女(主演・内田有紀)」(C)NTV
松本清張 一年半待て(主演・多岐川裕美)
放送日:7月25日
1991年・カラー    原作:松本清張「一年半待て」   監督:永野靖忠   脚本:吉田剛  
出演:多岐川裕美、篠田三郎、小川真由美、本田博太郎、神津はづき  

保険外務員のさと子が、夫を殺し自首をした。無職で酒乱の夫に首を絞められて起こった仕方のない事件だと世間ではさと子に同情が集まり、人気評論家のたき子が弁護を買って出たことでも話題となった。そして、裁判ではかつて、さと子にプロポーズした男・岡島から有利な証言を得られていた。その1年半後、さと子に執行猶予の判決がくだる。プロポーズしたとき、「1年半待って」と言われたことを思い出した岡島は、さと子の計画犯罪だと気付くが…。

「松本清張 一年半待て(主演・多岐川裕美)」(C)松竹
年下のひと(主演・名取裕子)
放送日:7月19日
2005年・カラー    監督:田中登   脚本:奥村俊雄  
出演:名取裕子、沢村一樹、地井武男、入江若葉、山下容莉枝、松澤一之  

無期懲役の判決を受け、18年の服役の後に仮出獄した朝田牧子(名取裕子)は、保護司・杉本勘太郎(地井武男)の後見で、運輸会社で働き始める。牧子が犯した罪は、不倫相手を殺害し、さらに自宅に放火して不倫相手の妻を死亡させたというもの。何としても遺族に謝罪したい牧子は、杉本らにその居場所探しを依頼する。やがて牧子は、家族のいない孤独な13歳年下の運転手・上田英一(沢村一樹)と恋に落ちるが…。

「年下のひと(主演・名取裕子)」(C)松竹
芸者小春姐さん奮闘記1 向島血文字殺人事件(主演・十朱幸代)
放送日:8月1日
2005年・カラー    監督:関本郁夫   脚本:中岡京平  
出演:十朱幸代、若村麻由美、石倉三郎、遠野凪子、寺泉憲、六平直政、渋谷琴乃、井上晴美  

美しくも逞しい女将・小春(十朱幸代)が事件の謎に迫る。東京・向島の花街にある料亭『花乃屋』の常連、鬼塚が殺された。現場には「マリコ」と血で書かれた文字が…。続く殺人事件にも「オガタ」と血文字が残されていた。被害者2人は7年前の殺人事件で、重要な証言をした人物。決着したはずの事件が今頃なぜ…?

芸者小春姐さん奮闘記2 赤い折鶴殺人事件(主演・十朱幸代)
放送日:8月2日
2006年・カラー    監督:関本郁夫   脚本:中岡京平、関本郁夫  
出演:十朱幸代、櫻井淳子、石倉三郎、寺田農、永澤俊矢、渋谷琴乃、井上晴美  

十朱幸代主演のサスペンスミステリードラマ第2弾。東京・向島で置屋兼料亭を切り盛りする美人女将が殺人事件の謎に挑む。向島の花街では、祇園から売れっ子芸妓・雪乃(櫻井淳子)が移籍してきて評判になっていた。ある夜、向島・花街の老舗料亭「花乃屋」に、3人の建築デザイナーが訪れ、直後に3人のうちの2人が不審死を遂げる。デザインコンペの裏に何が?賑やかな花街を舞台に、複雑に絡んだ過去が明かされる。

芸者小春姐さん奮闘記3 宵待草殺人事件(主演・十朱幸代)
放送日:8月3日
2006年・カラー    監督:関本郁夫   脚本:峯尾基三  
出演:十朱幸代、多岐川裕美、大路恵美、石倉三郎、渋谷琴乃、中原丈雄、坂上香織、越智静香、大島蓉子、鈴木ヒロミツ  

美しくも逞しい小春姐さん(十朱幸代)が活躍する人気シリーズ第3弾。向島・花街の料亭「花乃屋」に古美術協会会員が訪れる。その座敷の席で、美術評論家の三上雅也と美大学芸員の一ノ瀬宏美の婚約が発表されるが、その夜三上がかんざしで刺殺される。三上と秘かに交際していた「花乃屋」芸者・彦乃(大路恵美)は、事件当夜に彼と会った可能性が浮上するが…。

芸者小春姐さん奮闘記4 乱れ桜殺人事件(主演・十朱幸代)
放送日:8月4日
2007年・カラー    監督:関本郁夫   脚本: 峯尾基三  
出演:十朱幸代、藤真利子、姿晴香、石倉三郎、前田亜季、渋谷琴乃、越智静香、大島蓉子、濱田万葉、でんでん  

向島の老舗料亭の女将・小春(十朱幸代)が事件解決に奔走する人気シリーズ第4弾。小春の日舞の師匠、松代流十三代目家元・輝正(青山良彦)が心筋梗塞で死亡した。薬を携帯していたことを知る小春は疑問を抱く。通夜の席には、正妻の冨士子(藤真利子)の元を愛人の君蝶(姿晴香)が弔問に訪れ波紋を呼んだ。

芸者小春姐さん奮闘記5 別れ舞殺人事件(主演・十朱幸代)
放送日:8月8日
2008年・カラー    監督:吉川一義   脚本:峯尾基三  
出演:十朱幸代、石倉三郎、笛木優子、火野正平、磯野貴理子、六平直政、渋谷琴乃、原久美子、芦川よしみ、井上純一  

老舗銘菓の若旦那・廣川輝之(井上純一)が刺殺体で発見された。現場周辺の目撃情報から、銭湯『虎ノ屋』主人・虎松(石倉三郎)に容疑がかかる。虎松は潔白を訴えたが、廣川の先代から数百万円の借金をしている点や、事件現場から指紋が発見され不利な状況に陥る。老舗料亭『花乃屋』女将・小春(十朱幸代)は、虎松の濡れ衣を晴らすため事件を調べる。

芸者小春姐さん奮闘記6 加賀vs江戸友禅殺人事件(主演・十朱幸代)
放送日:8月9日
2009年・カラー    監督:吉川一義   脚本: 峯尾基三  
出演:十朱幸代、中山忍、秋本奈緒美、鳥羽潤、石倉三郎、磯野貴理子、松金よね子、ケーシー高峰、渋谷琴乃  

ある日、老舗料亭「花乃屋」の元芸者・寿美花(中山忍)の夫・総太郎(吉満涼太)が刺殺された。総太郎の弟子・京平(鳥羽潤)の証言から、事件当夜、着物問屋の深町(石田登星)が総太郎を訪ねていた事が判明する。2人の間には、仕事上のトラブルが囁かれていたことから、深町に殺人の容疑がかかるが…。

駐在刑事 奥多摩渓谷・殺意の夜想曲(主演・寺島進)
放送日:8月16日
2014年・カラー    原作: 笹本稜平   監督:皆元洋之助   脚本:石原武龍  
出演:寺島進、北村有起哉、竜雷太、市毛良枝、杉本彩、星野真里、鳥羽潤、小野 真弓、小林星蘭、鈴之助、つまみ枝豆、本宮泰風  

巧妙なトリックの謎を解く刑事・江波(寺島進)の活躍を描く。江波は闇金融の老婆殺人事件の取り調べ中、被疑者を自殺させた責任で一課を追われ駐在所勤務に。そんな中、江波が老婆殺人の犯人とにらんでいた男・山崎(山口祥行)の死体が見つかる。警察は自殺と断定するが、江波は疑う。

駐在刑事2(主演・寺島進)
放送日:8月17日
2015年・カラー    原作: 笹本稜平   監督:皆元洋之助   脚本: 石原武龍、早野円  
出演: 寺島進、北村有起哉、市毛良枝、多岐川裕美、嶋田久作、笛木優子、鳥羽潤、河合美智子、ダンカン、鈴之助、小林星蘭、つまみ枝豆  

元警視庁捜査一課の刑事で、今は奥多摩の“駐在さん”こと江波敦史(寺島進)は、山中で白骨遺体を発見。遺体と一緒に“K”と刻印されたプレートも見つかる。遺体は行方不明になっていた宮原智樹と判明。さらに渓谷で男性の遺体が見つかる。遺体は10年前に江波と管理官・加倉井国広(北村有起哉)が追っていた強盗殺人犯の赤木だった。やがて赤木の部屋から宮原智樹の遺品が発見され、2人の接点が浮かび上がるが・・・。

京都殺人案内27(主演・藤田まこと)
放送日:8月5日
2005年・カラー    原作:和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:佐藤茂  
出演:藤田まこと、萬田久子、田中健、遠藤太津朗、平淑恵、猪野学、松澤一之、芦屋小雁  

京都は、総選挙の真最中。上杉候補と兼松候補の一騎打ちだが、買収工作が噂されるだけに、京都府警は神経を尖らせる。そんな中、悪評高い企業コンサルタントの藤尾健の殺害事件が発生する。

※放送当時のシリーズ第2作(「呪われた婚約」)が原版不明のため、続き番号が1話ずつずれております。本作は当時の第28作です。あらかじめご了承をお願いします。

「京都殺人案内27(主演・藤田まこと)」(C)松竹
京都殺人案内28(主演・藤田まこと)
放送日:8月5日
2006年・カラー    原作:和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:平林幸恵  
出演:藤田まこと、萬田久子、遠藤太津朗、酒井美紀、近藤正臣、石倉三郎、山口馬木也  

石川県の刑事・田辺が京都市内で殺害された。捜査に駆けつけた京都府警の音川刑事(藤田まこと)は、遺体のそばに立つ絵蝋燭に首をかしげる。事件当夜、被害者が建設会社社長・脇田(近藤正臣)と会っていたことを知った音川は、田辺の後輩・赤沢(山口馬木也)と共に脇田を訪ねる。

※放送当時のシリーズ第2作(「呪われた婚約」)が原版不明のため、続き番号が1話ずつずれております。本作は当時の第29作です。あらかじめご了承をお願いします。

「京都殺人案内28(主演・藤田まこと)」(C)松竹
京都殺人案内29(主演・藤田まこと)
放送日:8月12日
2007年・カラー    原作:和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:田村惠  
出演:藤田まこと、萬田久子、山本陽子、石橋蓮司、平淑恵、遠藤太津朗  

京都郊外の山中で遺体が発見された。遺体の主は、金策のため時価5千万の壷を持った行方不明になっていた古美術商の熊谷。京都府警捜査一課は金目当ての犯行と見て捜査を開始するが、音川(藤田まこと)だけはその捜査方法に疑問を抱く。捜査の結果、被害者の足取りは、雄山と呼ばれる陶芸家・山吉辰雄(石橋蓮司)の息子の骨董商・山吉友則の店で途絶えていることが判明した。

※放送当時のシリーズ第2作(「呪われた婚約」)が原版不明のため、続き番号が1話ずつずれております。本作は当時の第30作です。あらかじめご了承をお願いします。

「京都殺人案内29(主演・藤田まこと)」(C)松竹
京都殺人案内30(主演・藤田まこと)
放送日:8月12日
2008年・カラー    原作: 和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:田村惠  
出演:藤田まこと、萬田久子、波乃久里子、榎木孝明、遠藤太津朗、平淑恵、三浦浩一  

祇園のクラブママ神谷怜子が自分の車の中から、1000万円の現金と共に遺体で発見された。京都府警の音川(藤田まこと)らは、怜子の足取りから捜査を開始。怜子はクラブのオーナーで新進不動産投資家の岩松の愛人だったが、岩松は最近、由梨という女性に乗り換えており、失踪前日、怜子と由梨による大ケンカが判明した。

※放送当時のシリーズ第2作(「呪われた婚約」)が原版不明のため、続き番号が1話ずつずれております。本作は当時の第31作です。あらかじめご了承をお願いします。

「京都殺人案内30(主演・藤田まこと)」(C)松竹
京都殺人案内31(主演・藤田まこと)(終)
放送日:8月19日
2010年・カラー    原作: 和久峻三   監督:岡屋龍一   脚本:田上雄  
出演:藤田まこと、萬田久子、多岐川裕美、遠藤太津朗、井上和香、平淑恵、清水紘治  

人間国宝級との誉れ高い京友禅作家の工藤弘輝(清水紘治)が毒殺された。作品展のパーティーで飲んだワインに、トリカブトの毒が混入されていたのだ。他にワインを飲んだのは夫人の美和(多岐川裕美)をはじめ、気鋭の友禅作家・坪井正伸(鷲生功)ら4人。美和夫人の容態は深刻だったが、他の3人は幸い軽症だった。

※放送当時のシリーズ第2作(「呪われた婚約」)が原版不明のため、続き番号が1話ずつずれております。本作は当時の第32作(最終回)です。あらかじめご了承をお願いします。

「京都殺人案内31(主演・藤田まこと)(終)」(C)松竹
信濃のコロンボ事件ファイル1「死者の木霊」(主演・中村梅雀)
放送日:8月18日
2001年・カラー    原作:内田康夫「死者の木霊」   監督:(演出)江崎実生   脚本: 佐伯俊道  
出演: 中村梅雀、原日出子、松村雄基、三浦浩一、里見浩太朗  

「信濃のコロンボ」こと竹村岩男が難事件に挑むシリーズ第1弾。長野県飯田市の夜鳥湖でバラバラ死体が発見される。調べからビルの管理人・野本敏夫の叔父・孝平の死体と判明。敏夫が孝平と借金がらみの争いをし、殺人を引き起こしたと考えられた。飯田署・竹村刑事(中村梅雀)は、事件の日から行方をくらます敏夫とその妻を追うが、長野県鳥居川の橋で首を吊った敏夫と妻が見つかる。犯人の自殺で事件は一挙に解決されたかに見えたが…。

信濃のコロンボ事件ファイル2「北国街道殺人事件」(主演・中村梅雀)
放送日:8月19日
2002年・カラー    原作:内田康夫「北国街道殺人事件」   監督:江崎実生   脚本:佐伯俊道  
出演:中村梅雀、原日出子、里見浩太朗、ベンガル、遠藤久美子、斉藤洋介、松村雄基  

長野県野尻湖で3年に一度訪れる渇水期に化石の発掘作業が行われた際、死後3年経った人間の大腿骨が発見された。その周辺からはバラバラになった各部の骨が見つかったが、頭蓋骨だけは見つからなかった。被害者の右の肋骨は2本欠けており、右の下腿骨には昔のものと思われる弾痕があった。長野県警捜査一課の警部補に昇進した「信濃のコロンボ」こと竹村岩男(中村梅雀)は、捜査本部に助っ人として呼ばれ、捜査に参加する。

信濃のコロンボ事件ファイル3「『信濃の国』殺人事件」(主演・中村梅雀)
放送日:8月22日
2003年・カラー    原作:内田康夫「「信濃の国」殺人事件」   監督:江崎実生   脚本:佐伯俊道、牧野繁  
出演:中村梅雀、中山忍、原日出子、松村雄基、里見浩太朗、秋野太作  

長野県の水内ダムで、信州毎朝編集局次長・牧田祐三の絞殺された死体が発見された。被害者の車は現場と離れた場所で発見され、犯人は犯行後に死体を運び、遺棄したと見られた。水内ダム事件で容疑者として拘留されたのは、牧田の部下の中嶋だった。中嶋はダム建設の是非をめぐる社内の派閥争いで被害者と対立しており、前日人事異動をめぐり激しく口論をしているのを目撃されていた。中嶋にはアリバイもなかった。その数日後、今度は姥捨山近くにある田毎寺で歯科医の妻・甘利知美の死体が発見される。

信濃のコロンボ事件ファイル4「戸隠伝説殺人事件」(主演・中村梅雀)
放送日:8月23日
2003年・カラー    原作:内田康夫「戸隠伝説殺人事件」(徳間文庫)より   監督:江崎実生   脚本:佐伯俊道  
出演:中村梅雀、里見浩太朗、原日出子、細川俊之、松村雄基  

長野県の建設・不動産業界に君臨する大物、武田建設会社社長・武田喜助の死体が、戸隠の毒の平(ぶすのだいら)で発見された。死後2~3日経過しており、その後の調べで、死因は青酸性の毒物による中毒死で、別の場所で殺害されて運ばれたと推定される。武田は、失踪した日の7月15日の夜、戸隠高原ホテルで開かれた「戸隠ゴルフ場建設促進祝賀会」に出席したが、その懇親パーティーの途中で急に「気分が悪くなった」と言って6時すぎに部屋に引き上げ、その1時間後の7時、ホテルから外出するところを目撃されたのを最後に行方不明となっていた。

信濃のコロンボ事件ファイル5「追分殺人事件」(主演・中村梅雀)
放送日:8月24日
2004年・カラー    原作:内田康夫「追分殺人事件」(ハルキ文庫・刊)   監督:江崎実生   脚本:佐伯俊道  
出演:中村梅雀、原日出子、里見浩太朗、田中美奈子、松村雄基  

“信濃のコロンボ”こと長野県警捜査一課警部・竹村岩男(中村梅雀)が長野の信濃追分で起きた身元不明の毒物殺人事件を調査中、東京の本郷追分で第二の事件が起こる。信濃追分で起きた事件との共通点が多いこの事件を担当するのは、竹村と強い信頼関係で結ばれたエリート警部、警視庁捜査一課の岡部(松村雄基)。岡部に呼ばれ部下と上京した竹村は、2つの殺人事件に共通する「追分節」に事件の鍵があると睨み事件を追う。

信濃のコロンボ事件ファイル6「軽井沢殺人事件」(主演・中村梅雀)
放送日:8月25日
2004年・カラー    原作: 内田康夫 「軽井沢殺人事件」(角川文庫)   監督:江崎実生   脚本: 佐伯俊道  
出演:中村梅雀、里見浩太朗、原日出子、岡田茉莉子、神山繁、松村雄基  

警視庁公安部の男の死体が碓井湖ダムで発見される。同じ頃、都内で指名手配中の詐欺師が刺殺され、「ホトケのオデコ」という謎の言葉と「九条亜矢子」という旧華族の名刺を残して死んだ。各々の事件を捜査していくと、共通する人物と会社にぶつかる。その裏には、旧華族の秘められた過去と政財界の闇が隠されていた…。

信濃のコロンボ事件ファイル7「見知らぬ鍵」(主演・中村梅雀)
放送日:8月26日
2005年・カラー    原作: 内田康夫「見知らぬ鍵」より(「軽井沢の霧の中で」(角川文庫・刊)収録)   監督:江崎実生   脚本:佐伯俊道  
出演:中村梅雀、原日出子、里見浩太朗、田中、松村雄基  

竹村は、すでに所轄署が自殺と断定した事件の再捜査を任される。大手銀行に勤める峰岸雄司が白樺湖畔で死体となって発見され、遺留品から妻の小夜子も知らない鍵が見つかった。数日後、峰岸と同じ支店に勤める立原恭子が死体となって発見され、心中するという峰岸の遺書が見つかる。さらにその鍵が何者かに盗まれる。自殺か、それとも偽装殺人か…。

信濃のコロンボ事件ファイル8「アリスの騎士」(主演・中村梅雀)
放送日:8月29日
2005年・カラー    原作:内田 康夫「アリスの騎士」(「軽井沢の霧の中で」所収)より(角川文庫:刊)   監督:江崎実生   脚本: 佐伯俊道  
出演:中村梅雀、原日出子、里見浩太朗、松村雄基、喜多嶋舞、松澤一之  

小諸城址にある懐古園の地獄谷で、頭部が血まみれの男性の変死体が発見された。被害者は税理士・萩原春男、死亡時刻は前夜の午後11時から午前1時。現場に駆けつけた「信濃のコロンボ」こと竹村岩男(中村梅雀)は、被害者のポケットに入っていた上田駅前ホテルのラウンジの2人分のディナーコースの領収書と、死亡当日の欄に「午後五時・打ち合わせ・軽井沢アリスの館」とハートマークが書かれた手帳に目をつける。竹村はペンション「アリスの館」を訪ねる。そこには清楚な雰囲気を漂わすオーナー・根岸絵里(喜多嶋舞)と、その外壁の修理を依頼された工務店社長・土屋勉(林泰文)が親しげに話す姿があった。

信濃のコロンボ事件ファイル9「乗せなかった乗客」(主演・中村梅雀)
放送日:8月30日
2005年・カラー    原作:内田康夫「乗せなかった乗客」(「軽井沢の霧の中で」(角川文庫)所収)   監督:江崎実生   脚本: 佐伯俊道  
出演:中村梅雀、原日出子、松村雄基、里見浩太朗、保坂尚輝  

タクシー運転手・宮下愛子(椋木美羽)は、黒ずくめの不気味な男を乗せて軽井沢の別荘地を走っていた。黙りこくったままの男の指示に従ううちに、愛子は乗り逃げされてしまう。翌日、男がタクシーに乗り込んだ現場の別荘を訪ねると、そこにはタクシー会社の社長夫人・遠山峰子(内田春菊)の絞殺体があった。会社買収をめぐって峰子に企業舎弟・柳沢勝一が近づいていたというが…。

早乙女千春の添乗報告書1 金沢湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)
放送日:8月1日
1995年・カラー    監督:長尾啓司   脚本:いとう斗士八  
出演:名取裕子、美木良介、芳本美代子、綿引勝彦、吉満涼太、沼田爆、長谷川恒之、蟹江敬三  

金沢湯けむりツアー殺人事件。社長令嬢・早乙女千春は、ツアーコンダクターをしながら“花”の独身生活を送っていた。ある日、千春は休暇を取って、プライベート旅行に出かけようとしている矢先、金沢のツアーに同乗して欲しいという仕事の依頼が舞い込んできた。 最初は、行く気のない千春だったが、会社の前で出会った美男子・片倉祐輔がそのツアーに参加するということを聞いた途端、金沢に行くことにした。

「早乙女千春の添乗報告書1 金沢湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)」(C)ホリプロ/TBS
早乙女千春の添乗報告書2 青森湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)
放送日:8月2日
1996年・カラー    監督:長尾啓司   脚本:いとう斗士八  
出演:名取裕子、橋爪淳、中山忍、蟹江敬三、五代高之、長谷川哲夫、松澤一之  

青森湯けむりツアー殺人事件。ツアーコンダクターの千春(名取裕子)は、青森県の十和田湖や奥入瀬へのツアーに添乗する。ところが、先日急に見合いを断って来た大財閥の御曹司である武彦(五代高之)と婚約したばかりの君子(中山忍)が参加することになった。

「早乙女千春の添乗報告書2 青森湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)」(C)ホリプロ/TBS
早乙女千春の添乗報告書3 草津湯けむりツアー殺人事件 (主演・名取裕子)
放送日:8月3日
1996年・カラー    監督:長尾啓司   脚本:いとう斗士八  
出演:名取裕子、神田正輝、阿藤海、蟹江敬三、渡辺典子大門正明、風見章子  

千春(名取裕子)は、ツアーコンダクターの仕事をしながら理想の結婚相手を探している。今回担当する群馬・草津温泉への旅には、以前出会った好みの男性・早瀬(神田正輝)が参加するのでいつもより気合いが入っていた。目的地に無事到着するが、ツアー客の敦子(渡辺典子)が何者かに刺殺された。ところが死体を発見した千春と早瀬が警察に通報している間に死体が消える。

「早乙女千春の添乗報告書3 草津湯けむりツアー殺人事件 (主演・名取裕子)」(C)ホリプロ/TBS
早乙女千春の添乗報告書4 伊豆湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)
放送日:8月4日
1996年・カラー    監督:長尾啓司   脚本: いとう斗士八  
出演:名取裕子、布施博、阿藤海、水野久美、石倉三郎  

ツアーコンダクターの千春(名取裕子)が担当する伊豆へのツアーに、千春に思いを寄せる刑事の近藤(阿藤海)が参加することになった。千春はツアーの担当を降りたいと上司の須藤(蟹江敬三)に直訴するが、ツアー参加者の戸田(布施博)を見た途端行く気になる。

「早乙女千春の添乗報告書4 伊豆湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)」(C)ホリプロ/TBS
早乙女千春の添乗報告書5 萩・津和野湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)
放送日:8月8日
1997年・カラー    監督:長尾啓司   脚本:いとう斗士八  
出演:名取裕子、世良公則、蟹江敬三、竹本孝之、小沢真珠、沼田爆、鈴木ヒロミツ、なべおさみ  

ツアーコンダクターの千春(名取裕子)は、山口・萩、島根・津和野へのツアーに添乗。萩焼陶芸家の和也(世良公則)が同行するツアーは、秋芳洞へ向かう。

「早乙女千春の添乗報告書5 萩・津和野湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)」(C)ホリプロ/TBS
早乙女千春の添乗報告書6 湯布院湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)
放送日:8月9日
1998年・カラー    監督:長尾啓司   脚本:いとう斗士八  
出演:名取裕子、榎木孝明、石野真子、蟹江敬三、今井雅之、梶原善、モロ師岡  

添乗員の千春(名取裕子)は、自分の見合いの相手・石沢(榎木孝明)に一目惚れ。石沢が参加する大分・湯布院ツアーの添乗を引き受けた。ツアー客の里美(石野真子)が夫が行方不明になったと訴えてきた。千春は刑事の大竹(今井雅之)らとともに捜索をはじめるが、里美の夫は遺体で発見される。

「早乙女千春の添乗報告書6 湯布院湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)」(C)ホリプロ/TBS
早乙女千春の添乗報告書7 函館湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)
放送日:8月10日
1999年・カラー    監督:長尾啓司   脚本:いとう斗士八  
出演:名取裕子、蟹江敬三、沼田爆、永島敏行、若林しほ、大和田伸也、黛ジュン、山田スミ子  

旅行会社の女性添乗員が、北海道・函館を旅行中に発生した殺人事件の謎を解明する。千春(名取裕子)は、函館へのツアーに申し込んだ客の職員(永島敏行)にひかれ、そのツアーに添乗した。旅行中、四人組で参加していたOLの一人が死体で発見される。

「早乙女千春の添乗報告書7 函館湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)」(C)ホリプロ/TBS
早乙女千春の添乗報告書8 日光・鬼怒川湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)
放送日:8月15日
1999年・カラー    監督:長尾啓司   脚本:いとう斗士八  
出演:名取裕子、羽場裕一、布川敏和、吉行和子、蟹江敬三、山口香緒里、沼田爆、中村繁之  

ツアーコンダクター・早乙女千春(名取裕子)が鬼怒川で行われたお見合いツアーの客が次々殺される事件の謎に迫る。お見合いツアーの添乗を依頼された千春。自分の結婚相手も見つかっていないのになぜ、他人の見合いの世話をしなくてはならないのかと断る。しかし、このツアーの参加者に千春がお目当ての歯科医・潮崎拓哉がいるという情報を得た千春は喜んで添乗を引き受けるが、ツアー中に殺人事件が起こる。

「早乙女千春の添乗報告書8 日光・鬼怒川湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)」(C)ホリプロ/TBS
早乙女千春の添乗報告書9 箱根・湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)
放送日:8月16日
2000年・カラー    監督:長尾啓司   脚本: いとう斗士八  
出演:名取裕子、デビット伊東、蟹江敬三、沼田爆、原久美子、六平直政、正司照枝、正司花江、斉藤洋介  

ツアーガイドの千春(名取裕子)は「箱根デラックスツアー」に添乗。客は自己破産した親子や、事情のありそうな石垣(河野靖)と里菜(及川仲)のカップルなど。だが、千春は、一目惚れした同行の着付け講師・伊庭(伊藤努)に夢中。ツアー初日の夜、石垣が殺された。昼の観光中、伊庭が石垣を殴っていたという里菜の証言から、警察は伊庭を疑う。

「早乙女千春の添乗報告書9 箱根・湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)」(C)ホリプロ/TBS
早乙女千春の添乗報告書10 山梨湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)
放送日:8月17日
2000年・カラー    監督:長尾啓司   脚本:いとう斗士八  
出演:名取裕子、辰巳琢郎、細川ふみえ、周富徳、蟹江敬三、仁藤優子、中西良太、相本久美子  

お嬢さま添乗員・千春(名取裕子)が恋の成就を賭けて連続殺人事件の謎に挑む。料理学校の講師・沢入敦子(細川ふみえ)から「山梨デラックスツアー」の申込みを頼まれた千春(名取裕子)は日頃の恩返しにとツアーの添乗を担当。ツアー参加者は沢入恭介(辰巳琢郎)・敦子兄妹の他、仲良し主婦3人組、山田一郎(中西良太)・千鶴子(相本久美子)夫妻、更に合コン目的の男女4人とそのグループを仕切る高飛車なお嬢様の白川美穂(仁藤優子)たちである。

「早乙女千春の添乗報告書10 山梨湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)」(C)ホリプロ/TBS
早乙女千春の添乗報告書11 千葉湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)
放送日:8月18日
2001年・カラー    監督:長尾啓司   脚本: いとう斗士八  
出演:名取裕子、加勢大周、渡辺典子、北原佐和子、音無美紀子、沢向要士、蟹江敬三、沼田爆、  

女性添乗員が千葉・勝浦で起きた連続殺人事件の解明に挑む。添乗員の千春(名取裕子)は矢代(加勢大周)と知り合い、恋を予感する。だが、連絡しようにも手がかりは千葉・勝浦という地名だけだった。

「早乙女千春の添乗報告書11 千葉湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)」(C)ホリプロ/TBS
早乙女千春の添乗報告書12 仙台松島湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)
放送日:8月22日
2002年・カラー    監督:長尾啓司   脚本:いとう斗士八  
出演:名取裕子、大浦龍宇一、二宮さよ子、中山仁、矢部美穂、山口美也子、沼田爆、蟹江敬三、肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵  

日本三景の一つ・松島と仙台を巡る豪華ツアーで殺人事件が発生。現場に残された謎の血文字。そして殺害を匂わす愛人のことば…。執事・神崎(沼田爆)の姪っ子3人を遊園地に連れて行った早乙女千春(名取裕子)は、警備員の肥田(肥後克広)と寺原(寺門ジモン)、清掃員の上村(上島竜兵)から誘拐犯扱いされてヘトヘトに。そんな千春の疲れを吹き飛ばしたのは、近くの薬局店主・加賀美(大浦龍宇一)のクールな笑顔。幸運にも加賀美が仙台松島を巡るドリームツアーに参加すると知った千春は、須藤(蟹江敬三)に無断で添乗員を決め込んだ。

「早乙女千春の添乗報告書12 仙台松島湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)」(C)ホリプロ/TBS
早乙女千春の添乗報告書13 神戸・淡路湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)
放送日:8月23日
2003年・カラー    監督:長尾啓司   脚本: いとう斗士八  
出演:名取裕子、風間トオル、高橋ひとみ、山口果林、緒形幹太、沼田爆、蟹江敬三、山下徹大、仁藤優子、西川忠志、イジリー岡田、なべやかん  

千春(名取裕子)の記事が雑誌を飾った。その雑誌を見たからと、桑田鋭吾(風間トオル)が千春の添乗を希望してツアーを申し込んできた。二枚目の出現に千春は舞い上がる。桑田とその友達・基健治(緒形幹太)ほか、13人の客と千春、須藤を乗せたバスは神戸市内を巡る。須藤は客の女子大生から苦情を持ち込まれる。岩波秀和(イジリー岡田)、秀男(なべやかん)兄弟に盗撮され、気味が悪いというのだ。須藤が注意したところ、兄弟が開き直ったため口論になってしまった。その直後、秀和の死体が発見された。

「早乙女千春の添乗報告書13 神戸・淡路湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)」(C)ホリプロ/TBS
早乙女千春の添乗報告書14 奥飛騨・下呂湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)
放送日:8月24日
2003年・カラー    監督:長尾啓司   脚本: いとう斗士八  
出演:名取裕子、松平健、朝加真由美、蟹江敬三、沼田爆、高知東生、木村理恵、山本みどり  

早乙女千春(名取裕子)は、理想の恋人と待ち合わせをしていたが、相手が来ない。次第に不機嫌になる千春は、隣のテーブルで同じく待ちぼうけをくっていた五条幸人(松平健)とけんかになってしまった。気を取り直して仕事に取り組む千春。今回のコースは奥飛騨と下呂温泉、コンビの須藤(蟹江敬三)も一緒だ。とんでもないことに、五条がツアーに申し込んできた。千春は最悪の気分で出発する。だが、千春好みの二枚目、黒岩哲也(高知東生)も客の中にいることが分かった。今度こそ恋人をゲットできると千春の期待は膨らむが…。

「早乙女千春の添乗報告書14 奥飛騨・下呂湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)」(C)ホリプロ/TBS
早乙女千春の添乗報告書15 奥軽井沢湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)
放送日:8月25日
2004年・カラー    監督:長尾啓司   脚本: いとう斗士八  
出演:名取裕子、葛山信吾、伊藤裕子、蟹江敬三、不破万作、沼田爆、宮下順子、畑中葉子、仁藤優子  

軽井沢の別荘で優雅な休暇を楽しんでいた早乙女千春(名取裕子)のもとへ須藤(蟹江敬三)から電話が。今、自分が担当している軽井沢ウェディングプランツアーを手伝って欲しいとの依頼だ。幸せそうな恋人たちがいっぱいのツアーなんてとんでもない!当然断るつもりの千春だったが、迎えに来たウェディングプランナー、如月哲也(葛山信吾)の顔を見て気が変わった。千春好みの二枚目だったからだ。ツアーの3組のカップルたちと教会などをめぐる千春と哲也。ところが、のんびりしたムードをぶち壊す事件が起きた。原口が落ちてきた植木鉢に直撃され、けがを負ったのだ。現場には復讐を臭わせるメモが残っていた。

「早乙女千春の添乗報告書15 奥軽井沢湯けむりツアー殺人事件(主演・名取裕子)」(C)ホリプロ/TBS
死体を置いていかないで(主演・片平なぎさ)
放送日:8月31日
1996年・カラー    原作: 五十嵐均   監督:田中登   脚本:岩佐憲一  
出演:片平なぎさ、伊原剛志、鳥越マリ、山本學、南条弘二  

佳澄(片平)は資産数十億と言われる弁護士・鷹取哲也(南条)の妻。ある朝、哲也が自宅のベッドで急死、死因は心不全と診断された。所轄の刑事が鷹取家の屋敷に現れた。哲也の愛人・優子(鳥越)が佳澄 を殺人犯として告発したのだ。佳澄の弁護人に哲也の後輩弁護士である貝塚(伊原)が名乗りを上げる。 その後、ベッドに今度は哲也の下で働いていた調査員・呉(市川勇)の死体が。貝塚は密かに死体を運び 出す。

「死体を置いていかないで(主演・片平なぎさ)」(C)松竹
江戸ッ子探偵殺人案内1(主演・地井武男)
放送日:8月10日
1997年・カラー    監督:吉田啓一郎   脚本:井川公彦  
出演:地井武男、細川直美、菅井きん、柏木由紀子、渡辺裕之  

元刑事・山内(地井武男)は、向島で寿司屋を経営している。その山内の幼馴染・春枝(松井紀美江)の首吊り死体が発見された。春枝はパチンコで借金を抱えていたため、警察は借金を苦にしての自殺であると判断する。しかし、アナゴが嫌いなはずの春枝が、死ぬ前にアナゴを口にしていたことから山内は殺人の疑いを抱き、事件の真相を探り始める。春夜は生前、幼ななじみの智寿子(柏木由紀子)に金をせびっていたが、そのことを知っていた智寿子の愛人・片岡が殺され、さらに妻の加奈子(細川直美)が何者かに襲われる。

「江戸ッ子探偵殺人案内1(主演・地井武男)」(C)松竹
江戸ッ子探偵殺人案内2(主演・地井武男)
放送日:8月15日
1999年・カラー    監督:吉田啓一郎   脚本:小林竜雄  
出演:地井武男、細川直美、菅井きん、倉田てつを、徳井優  

向島の寿司屋の主人で元刑事の山内鬼一はある夜、オートバイに乗った通り魔に襲われていた若い女性を助ける。その女性は、売れない落語家・永楽亭さん菊の婚約者で社長令嬢の弥生だった。やがて、さん菊の独演会の夜、弥生が殺され、さん菊に容疑がかかるが鬼一は信じない。

「江戸ッ子探偵殺人案内2(主演・地井武男)」(C)松竹
赤かぶ検事奮戦記1(主演・フランキー堺)
放送日:8月26日
1980年・カラー    原作: 和久峻三   監督:瀬川昌治   脚本:北村篤子  
出演:フランキー堺、倍賞千恵子、森田健作、春川ますみ、奈美悦子  

「司法試験に合格したエリートではなく、検察事務官からたたき上げで検事になった柊茂(ひいらぎ・しげる)が活躍する法廷ミステリー。第18回ギャラクシー賞奨励賞受賞作品。

「赤かぶ検事奮戦記1(主演・フランキー堺)」(C)松竹
赤かぶ検事奮戦記2(主演・フランキー堺)
放送日:8月26日
1980年・カラー    原作:和久峻三   監督:瀬川昌治   脚本:保利吉紀  
出演:フランキー堺、森田 健作、沖雅也、春川ますみ  

「司法試験に合格したエリートではなく、検察事務官からたたき上げで検事になった柊茂(ひいらぎ・しげる)が活躍する法廷ミステリー。第18回ギャラクシー賞奨励賞受賞作品。

「赤かぶ検事奮戦記2(主演・フランキー堺)」(C)松竹
赤かぶ検事奮戦記3(主演・フランキー堺)
放送日:8月29日
1980年・カラー    原作:和久峻三   監督:瀬川昌治   脚本:吉田剛  
出演:フランキー堺、倍賞千恵子、森田健作、沖雅也、春川ますみ、赤座美代子、和久峻三  

「司法試験に合格したエリートではなく、検察事務官からたたき上げで検事になった柊茂(ひいらぎ・しげる)が活躍する法廷ミステリー。第18回ギャラクシー賞奨励賞受賞作品。

「赤かぶ検事奮戦記3(主演・フランキー堺)」(C)松竹
赤かぶ検事奮戦記4(主演・フランキー堺)
放送日:8月29日
1980年・カラー    原作: 和久峻三   監督:瀬川昌治   脚本:北村篤子  
出演:フランキー堺、森田健作、沖雅也、春川ますみ、長門勇  

「司法試験に合格したエリートではなく、検察事務官からたたき上げで検事になった柊茂(ひいらぎ・しげる)が活躍する法廷ミステリー。第18回ギャラクシー賞奨励賞受賞作品。

「赤かぶ検事奮戦記4(主演・フランキー堺)」(C)松竹
赤かぶ検事奮戦記5(主演・フランキー堺)
放送日:8月30日
1980年・カラー    原作:和久峻三   監督:瀬川昌治   脚本:吉田剛  
出演:フランキー堺、倍賞千恵子、森田健作、沖雅也、春川ますみ、岩井友見  

「司法試験に合格したエリートではなく、検察事務官からたたき上げで検事になった柊茂(ひいらぎ・しげる)が活躍する法廷ミステリー。第18回ギャラクシー賞奨励賞受賞作品。

「赤かぶ検事奮戦記5(主演・フランキー堺)」(C)松竹
赤かぶ検事奮戦記Ⅱ(主演・フランキー堺)
1981年・カラー    原作: 和久峻三   監督:貞永方久、田中徳三、前田陽一、井上梅次   脚本:吉田剛、石森史郎、保利吉紀、鴨井達比古、高橋稔、貞永方久  
出演:フランキー堺、片平なぎさ、森田健作、勝野洋、春川ますみ、桂木文  

和久峻三による法廷ミステリー小説『赤かぶ検事シリーズ』を原作にしたフランキー堺主演ドラマシリーズ第2弾。検察事務官から叩き上げで検事になった赤かぶ検事こと柊茂(ひいらぎ しげる)が活躍する。前シリーズに引き続き舞台は岐阜県高山市。娘役が前作の倍賞千恵子から片平なぎさ、敵役の弁護士・法眼正法役が沖雅也から勝野洋にチェンジした。

「赤かぶ検事奮戦記Ⅱ(主演・フランキー堺)」(C)松竹