【日曜邦画劇場】「潤一 ディレクターズカット版<PG-12>」「すかんぴんウォーク」

毎週日曜午後より最新作や話題作を連続編成でお届け!

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
すかんぴんウォーク
放送日:7月11日、7月19日、7月23日
1984年・映画・カラー    監督:大森一樹   脚本:丸山昇一  
出演:吉川晃司/山田辰夫/田中邦衛/宍戸錠/鹿取容子/蟹江敬三/原田芳雄/平田満/赤座美代子  

デビュー直後の吉川晃司と大森一樹監督が組んだ、青春映画シリーズ第1弾。映画初出演の吉川晃司が自身と重なる新進スターを好演する傍ら、夢に破れる若者らの挫折も心に響く逸品。演劇界を志して広島から東京に家出してきた高3の裕司(吉川)は、アルバイト先の同僚でロッカーを目指す吉夫(山田)と意気投合。ひょんなことから歌手としてスター街道を上り始める裕司だが、一向に芽の出ぬ吉夫は、裕司との暴露話をネタに毒舌タレントの道を進む。

「すかんぴんウォーク」(C)渡辺プロダクション
潤一 ディレクターズカット版<PG-12> #1-#6(終)
放送日:7月26日、7月30日
2019年・TV・カラー    原作:井上荒野   監督:北原栄治/広瀬奈々子   脚本:砂田麻美  
出演:志尊淳/藤井美菜/夏帆/原田美枝子/江口のりこ/蒔田彩珠/伊藤万理華  

無職・宿無し、気まぐれに女から女へと渡り歩く潤一。出産をひかえた妊婦、映子。妹の旦那と寝る姉、環。亡くなった夫の不倫を疑う未亡人、あゆ子。夫に束縛された装丁家の女、千尋。処女を捨てたい女子高生、瑠依。毎日男漁りに出掛ける女、美夏…。それぞれの孤独な日常の隙間に、潤一はいつの間にか現れて、消える。潤一はどこから来て、どこへ行くのか…。

※2019年9月8日(日)に放送(初回)したインタビューを再放送いたします。

「潤一 ディレクターズカット版<PG-12> #1-#6(終)」(C)2019「潤一」製作委員会