日曜邦画劇場

毎週日曜午後より最新作や話題作を連続編成でお届け!

※8月22日(日)、8月26日(木)、8月29日(日)放送の「AI崩壊」では大沢たかおをゲストに、軽部支配人とのトークをお送りいたします。
※「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」では片渕須直監督がご出演。作品について語っていただきます。

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
秘密
放送日:8月1日、8月8日、8月13日、8月27日
1999年・カラー    原作:東野圭吾   監督:滝田洋二郎   脚本:斉藤ひろし  
出演:広末涼子/小林薫/岸本加世子/金子賢/石田ゆり子/伊藤英明/大杉漣  

99年度日本推理作家協会賞を受賞した東野圭吾の同名小説を映画化。ミステリータッチの甘く切ないラブ・ストーリー。満ち足りた生活を送る杉田平介(小林薫)は、 妻の直子(岸本加世子)と娘の藻奈美(広末涼子)が乗ったスキーバスの事故で妻を失う。 娘のほうは一命を取りとめたものの、その体には妻の魂が宿っていた。かくして父と17歳の娘との不思議な夫婦生活が始まる…。複雑な役に挑んだ広末の演技が話題に。

「秘密」(C)1999 TBS
紙の月<PG-12>
放送日:8月8日、8月14日
2014年・カラー    原作:角田光代   監督:吉田大八   脚本:早船歌江子  
出演:宮沢りえ/池松壮亮/大島優子/小林聡美/田辺誠一/近藤芳正/石橋蓮司  

角田光代の同名ベストセラー小説を宮沢りえ主演で映画化したクライムサスペンス。「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督。ごく平凡なアラフォー主婦が、若い男との出会いをきっかけに巨額の横領に手を染めてしまう欲望の暴走とその顛末を描く。バブル崩壊後の94年、空虚な夫婦生活の傍ら、銀行の契約社員を務める梨花(宮沢)は、外回りの仕事が縁で出逢った大学生の光太(池松)にときめきを覚えるが、軽い気持ちで客の預金に手をつけ、後戻りできない迷走を続けることに。

「紙の月<PG-12>」(C)2014「紙の月」製作委員会
コンフィデンスマンJP プリンセス編
放送日:8月29日
2020年・カラー    監督:田中亮   脚本:古沢良太  
出演:長澤まさみ 東出昌大 小手伸也 / 小日向文世 ほか  

三者三様の個性も魅力の詐欺師トリオが活躍する、人気ドラマの劇場版第2弾。TV版のレギュラー陣の息の合ったやり取りに加え、劇場版ならではの豪華ゲストが顔を揃え、スケール豊かに展開する注目作。世界的大富豪の莫大な遺産をめぐり、3人の実子が争う中、誰も存在を知らない隠し子が相続人として指名されたのを知ったダー子(長澤)は、元詐欺師仲間の娘を隠し子に仕立て遺産を奪う、大胆な詐欺計画を実行に移す。

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会
この世界の(さらにいくつもの)片隅に
放送日:8月15日、8月19日、8月29日
2019年・カラー    原作:こうの史代   監督:片渕須直   脚本:片渕須直  
出演:(声)のん/細谷佳正/稲葉菜月/尾身美詞/小野大輔/潘めぐみ  

世代を越えた熱い支持を集めて社会現象を巻き起こした「この世界の片隅に」に、約30分におよぶ新たなシーンを追加して見えてきたもうひとつのすずさんの顔。すずと遊郭で働く同年代の女性リンとの交流を中心に、すずの周りに暮らす人々の人生をより深く掘り下げて描き出す。声の出演はのん、岩井七世、細谷佳正ら前作のキャストに加え、花澤香菜が新たに参加。

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」(C)2019こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会
AI崩壊
放送日:8月1日、8月8日、8月22日、8月26日、8月29日
2020年・カラー    監督:入江悠   脚本:入江悠  
出演:大沢たかお、賀来賢人、広瀬アリス、岩田剛典、 高嶋政宏、芦名星、玉城ティナ、松嶋菜々子、三浦友和  

「SR サイタマノラッパー」「22年目の告白-私が殺人犯です-」の入江悠監督が大沢たかおを主演に迎えて贈る近未来サスペンス・アクション。10年後の日本を舞台に、国民の情報と健康を管理するAI(人工知能)が突如一人ひとりの命の価値を選別する暴走を始める。国家からテロリストとして追われる身となった開発者が、自ら真相を突き止めるべく決死の逃亡を繰り広げる。

「AI崩壊」(C)2019 映画「AI崩壊」製作委員会