【日曜邦画劇場】「アウトレイジ 最終章<R-15>」※TV初 「キセキ -あの日のソビト-」ほか

毎週日曜午後より最新作や話題作を連続編成でお届け!

アウトレイジ 最終章<R-15>
放送日:2月3日、2月7日、2月10日、2月17日、2月24日、2月27日
2017年・映画・カラー    監督:北野武   脚本:北野武  
出演:ビートたけし/西田敏行/塩見三省/松重豊/大杉漣/ピエール瀧/大森南朋/岸部一徳  

ヤクザ同士の血で血を洗う仁義なき抗争劇を描き大ヒットした北野武監督・主演の「アウトレイジ」「アウトレイジ ビヨンド」に続くシリーズ第3弾。裏切りや打算まみれの現代黒社会を漂う昔気質の極道が、彼なりの美学を貫くフィナーレに胸打たれる完結篇。
東の山王会と西の花菱会との凄惨な抗争を見届けた大友(ビートたけし)は、国際的な権力をもつフィクサーを頼り韓国に身を寄せる。ある時、花菱会の幹部・花田(ピエール瀧)が滞在中の韓国でトラブルを起こし、張会長の手下を殺して日本へと逃げ帰ってしまう。これが引き金となり、張会長率いる張グループと内紛を抱えた花菱会が一触即発状態に。そんな中、いくつもの怒りを抱えた大友は手下の市川(大森南朋)を伴い、日本へと舞い戻ってくるのだったが…。

「アウトレイジ 最終章<R-15>」(C)2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会
博奕打ち 総長賭博
放送日:2月1日、2月3日、2月8日、2月10日、2月14日、2月15日、2月20日、2月28日
1968年・映画・カラー    監督:山下耕作   脚本:笠原和夫  
出演:鶴田浩二/藤純子/桜町弘子/名和宏/若山富三郎/金子信雄  

鶴田浩二が任侠道に邁進する極道の葛藤を演じた、「博奕打ち」シリーズ第4作にして、東映任侠映画史上に残る傑作。あの三島由紀夫が「ギリシャ悲劇のようだ」と絶賛したことでも有名。鶴田と度々組み、東映任侠路線を牽引した山下耕作監督の情感豊かな描写が光る。また、本作での名演により、以後若山富三郎は数々の任侠シリーズで主演を務めることになる。昭和9年、総長が病に倒れ、後継問題が勃発する天竜一家では、二代目に推された中井(鶴田)は、服役中の松田(若山)にその座を譲るべく辞退するが、一家の乗っ取りを目論む仙波(金子)の画策により、悲劇の連鎖を生むことに。

「博奕打ち 総長賭博」(C)東映
キセキ -あの日のソビト-
放送日:2月3日、2月10日、2月17日、2月21日、2月24日
2017年・映画・カラー    監督:兼重淳   脚本:斉藤ひろし  
出演:松坂桃李/菅田将暉/忽那汐里/平祐奈/横浜流星/成田凌/杉野遥亮/早織/奥野瑛太/小林薫  

素顔を出さずに活動し、若者を中心に絶大な人気を誇る4人組アーティスト、GReeeeNのデビュー秘話を、松坂桃李と菅田将暉のダブル主演で映画化した大ヒット青春ストーリー。

厳格な医師を父に持つ兄弟、ジン(松坂桃李)とヒデ(菅田将暉)。兄ジンはメタルバンド“ハイスピード”のボーカルとして活動し、弟ヒデは医大を目指して受験勉強に励んでいた。その後ジンは父の反対を押し切り家を飛び出してバンド活動を続け、一浪したヒデは目標を歯科大に変えてみごと合格する。そんな中、ジンのバンドが解散状態となる一方、ヒデは仲間と共にバンド活動に目覚めていく。

「キセキ -あの日のソビト-」(C)2017「キセキ -あの日のソビト-」製作委員会
交渉人 真下正義<4Kデジタルリマスター版>※2Kダウンコンバートにて放送
放送日:2月3日、2月10日、2月17日、2月24日、2月28日
2005年・映画・カラー    原作:(原案)君塚良一   監督:本広克行   脚本:十川誠志  
出演:ユースケ・サンタマリア/寺島進/小泉孝太郎/松重豊/柳葉敏郎/水野美紀/西村雅彦  

大ヒットシリーズ「踊る大捜査線」のスピンオフ第1弾。警視庁初のネゴシエイター=交渉人となったユースケ・サンタマリア演じる真下正義が、地下鉄乗っ取り犯人に頭脳戦を挑む。クリスマス・イヴ、恋人・雪乃(水野)とデートの約束をしていた真下(ユースケ)に室井管理官(柳葉)から呼び出しが。地下鉄の最新鋭実験車両が何者かに乗っ取られ、乗降客200万人が危険にさらされていた。そして犯人は真下を交渉相手に指名した。



1998年の第1作目の公開から20年を記念して制作された「踊る大捜査線」シリーズ全6作の4K版を、10月から順次お届けしております。(※2Kダウンコンバートにて放送)

「交渉人 真下正義<4Kデジタルリマスター版>※2Kダウンコンバートにて放送」(C)フジテレビジョン ROBOT 東宝 スカパー!WT